my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑬
at 2017-11-23 13:38
アブラツノザメ3号
at 2017-11-20 16:56
クリーニング ⑫
at 2017-11-17 18:22
骨の無い標本?
at 2017-11-14 09:00
セノマの貝 ②
at 2017-11-10 08:22
最新のコメント
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 04:18
こんばんは! 白亜紀の..
by fossil1129 at 18:55
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:43
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 15:55
いわき男 さん こんに..
by jurijuri555 at 16:08
juriaさん、こんにち..
by いわき男 at 12:53
アルビアンさん おはよ..
by jurijuri555 at 08:56
おはようございます(^^..
by アルビアン at 08:23
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:55
КOЙВДЙЩДヽ(*'..
by fossil1129 at 19:45
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

スタンプコレクション-⑩

あー、これで最後の回・・・のつもりだったのですが、ちょっと飛び入り(?)で番外になります。

題は、「スタンプコレクションと絵画」とでも。

とりあえず、先日画用紙が足りなくなったので仕入れて来たのですが・・・
d0318386_22503283.jpg
日本の切手の額もつくるのに「和」っぽい だん紙とか・・・
その時に たまたま寄った所に近代美術館の次回の催しのパンフがあったので
これも素材として頂戴して来た。
ミュシャ。

アルフォンス・ミュシャは、19世紀を代表する アール・ヌーヴォー様式の芸術家です。
何気に ポスターやお菓子の箱のデザインで目にした事があると思います。

結構、こう言う西洋と東洋が融合した細かい絵画が好きで、元々絵本に関わりもあり
絵本では、エロール・ル・カインが大好きです。
d0318386_22553717.jpg
出ている絵本はこれの3倍はあります。(日本でも)
ほとんどは所有しています。

エロール・ル・カインは、
「イメージの魔術師」と言われたイギリスで活動した挿絵家・アニメーターです。
1941年にシンガポール生まれの欧亜のハーフで、幼少の頃から日本を含む東洋の様々な文化に親しんだ。
「アーサー王の剣」「キャベツ姫」などでケイト・グリーナウェイ賞の候補となり、「ハイワサのちいさかったころ」でついに受賞するも 1989年に若くして癌で死去する。

で、話は戻りまして、このミュシャ展のパンフを見て すぐにヒラメキ、台紙にするのに持ち帰りました。(笑)
そして出来た作品がこちら。
d0318386_22594668.jpg
左から トパーズ・ルビー・アメジスト・エメラルドの題がついています。
ルビーは無くてバラ輝石になりましたが、ロシアの鉱物切手とピッタリでした。

絵画としては手が届かなくても 絵本にしても切手にしても 限られた小さなスペースに夢がいっぱい詰まった
そんな感じが好きで収集しちゃっているんだろうな~と思います。(^_^;)

ちなみにミュシャ展は 4月5日~6月15日まで北海道近代美術館で開催されます。

by jurijuri555 | 2014-03-16 23:12 | 日常 | Comments(6)
Commented by Macrowavecat at 2014-03-17 20:45 x
ミュシャ&宝石鉱物とは、すばらしい着想ですね。
ミュシャ展は行くつもりです♪
Commented by fossil1129 at 2014-03-17 21:26
ミュシャ…misiaしか知りませんでした凹

もう少し勉強します........ ( ..) スゴスゴ
Commented by jurijuri555 at 2014-03-18 02:52
Macrowavecatさん
たまたま絵の題名が4つの宝石だかで、宝石名もたまたま切手にあるものだったのでピピンと来ました。(^_^;)
私もミュシャ展行きます~♪
Commented by jurijuri555 at 2014-03-18 03:15
fossil1129さん
いや、絶対見れば 皆さん見た事あると思いますよ。
日本に所蔵品が沢山あるらしく、たぶんその美術館に行けばいつでも見られるんではないかと・・・。
個人の所有物を譲り受けたみたいだから。
昔はそんなパトロンとか固定ファン(?)とかが付いていたんだよね~。
Commented by もとふぉんす at 2014-03-18 15:43 x
どぅもも(+∀+)!!
ミュシャ、ワタクシ好きです。あの時代の香りも好きです〜。 最初のカタログ?を目にして、たしか、宝石のタイトルのついたのがあったハズ...と思ったら、ちゃんと切手額に使われてますね(笑)流石系です〜(+∀+)!!!
Commented by jurijuri555 at 2014-03-18 19:39
もとふぉんすさん
こんばんはー。
お、お好きですか~?この時代のガレも好きで、ガレ展も素晴らしかったです~♪
次のアール・デコも嫌いじゃないです。
モダンレトロな感じが良いですねー。
この感じは、化石採りさんや瓶類の収集家さん達に似ているのだと思ったり・・・。(^_^;)
神薬瓶見つけておおーっ!!とかと同じ系かも・・・
もちろん、パンフだろうと台紙にチョキチョキして使っちゃいますよ~。(笑)
<< 没・放浪ビーチコの旅 シードラゴン2 と アクアリウム >>