my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
懐かしのP&H
at 2017-09-23 21:45
ヤド水汲み
at 2017-09-22 16:30
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
最新のコメント
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 18:33
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 18:20
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 16:24
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 09:39
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 04:14
ZX9-Rさん 秋の..
by jurijuri555 at 03:43
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:23
ヤド達もお元気そうで何よ..
by apogon2 at 22:05
う~ん秋の海ですね。夕暮..
by ZX9-R at 21:47
大きなオウナガイ、実体の..
by fossil1129 at 21:01
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

ミュージアムサロン参加

今日は、鉱物の先輩に呼ばれて 山の手博物館のミュージアムサロンに行って来ました。

沢山の鉱物本を出版されている地質標本館名誉館長 青木正博先生の講演で、
『石に魅せられて・人に魅せられて』 と言うお題だった。

ちなみに青木先生は、札幌育ちで、東大出の理学博士です。
主に熱水鉱床を研究されている方で、水晶や金、マンガンなど まさに札幌の鉱山と縁の深い方です。
d0318386_3191441.jpg
私は初の対面だったが、
あまりにも鉱物界では有名で、いかつい感じなのかな~と思ったら 本当に少年の様に目をキラキラさせて石の事を語り
全然 私達と変わらない ただの「石好き」の方・・・と言う雰囲気でした。

お話の内容も いかにして自分が地学少年としてスットンキョウに生きて来たか とか
地学に興味を持ってもらうのに どのような努力(?)が必要なのか・・・と言う様な内容で
本当に是非「学校の先生」に聞いてもらいたい講演内容でした。

昔は札幌の住宅地や道路も 鉱山ズリを持って来て砂利代わりに敷いていたので
学校の行き帰りに ほころびた道端をほじくって紫水晶を採っていた。とか、
団塊の世代で学校の生徒も飽和状態だったから先生の目も届かず
廃薬品瓶の液を集めて実験していたり クラスメイト引き連れて巡検に行っていたとか
操業中の鉱山に見学を申し込んで見せて貰ったりサンプルを貰って歩いたとか・・・etc...
武勇伝も面白おかしく話して聞かせて下さいました。

要約すると そんな自分の中の好奇心の芽生えを摘まれる事なく 満足させられる環境、
自分の前に立ち指導してくれる先輩(大人や先生とは又別に)や 話を聞いて共感してくれる友達が居る事。
そして最後に 熟成を待つ事。これが大事だとおっしゃっていました。

講習会や巡検で出会って指導しても つい期待して次に「で、どうなの?」と先をせかしてしまわないのも大事。
勉強として学ぶのも大事だけど 体験に優る物はない。と 青木先生はおっしゃい
実際にご自分でも 自宅の標本を公開し 惜しげも無く見せ触らせ、ボランティアで近所の子供と巡検とかにも回るそうです。
そんな中から 将来の理学少年が沢山生まれてくれれば・・・。との事でした。

先生の本に使われている素晴らしい鉱物の写真は 自らお撮りになっているそうで、
今回も何枚もの画像を見せて頂きました。
d0318386_342838.jpg


講演後もほのぼとした感じで、私も本を持参してサインをもらっちゃったり お話したりしました。
d0318386_343791.jpg

d0318386_3432182.jpg


そして・・・

by jurijuri555 | 2014-10-11 23:30 | 鉱物 | Comments(9)
Commented by ブー at 2014-10-12 08:47 x
クゥ~ 行きたかったなぁ 仕事さえなければ・・・。 
そして・・・ 採集に行ったとか!?
Commented by jurijuri555 at 2014-10-12 09:27
ブー先輩
おーYes!!爆
突然、余市に長石採りに行きますよ。とTeさん。横にはE氏。
あー、それは持ってるから。と言うと じゃゼオライト・・・と言うので
いらね。爆
新鉱山・・・と言う事で 地図から第二Mズリの探検に行きましたが みごとにボウズでありました!!爆
軽く藪探検して来ました。
寂しく第一の海岸に寄り さらにボウズで帰宅しました。爆爆
それより、E氏の素晴らしいドライビングテクニックで生きて帰れたのが一番嬉しかったです!!!!!!泣
Commented by もとろん at 2014-10-12 10:41 x
どぅもようございよまろす(+∀+)!!!
あ〜、楽しそうな講演だったのですね〜。こーゆーお話伺うの大好きです〜。青木センセが熱水鉱床の研究をされていたので、あの博物館にはチムニーとかそれ系がドカドカ置いてあったのですか〜(+∀+)! 久しく行ってまてんが、相変わらず奥のケースに近づけないほどゴシャゴシャですか?鑑定依頼の鉱物の入った袋が所狭しと並ぶテーブルと床は壮観でした。個人的には、あのカオス結構好きなのでした(笑)。
そして...??
そして...帰宅後サインの誤字に気が付いた
そして...青木センセに苦情を入れた
そして...センセは誤字をクシャクシャとマジックで塗りつぶした
そして...そんなセンセとトートツに恋に落ちた
そして...ここまで全て夢だった
そして...この世は全て幻である事を知ってしまった
そして...誰もいなくなった...
そして...それでもお腹がすくのでローソンに行ってみた
そして...新作スィーツを山盛り買ってしまい
そして...ダイエット計画は頓挫した
Commented by jurijuri555 at 2014-10-12 11:08
もとろんさん
やーめーてー!!(爆)
一応ダイエット作戦は継続中です。(^_^;)
でも昨日小樽のセブンで買った 室蘭焼き鳥(?)風なんとかって言うオニギリが生姜(ワサビ?)がピリリ効いて美味しかったです。(^_^;)
青木先生のお話は、わかりやすく優しくほのぼのとしていて楽しかったです。
こうでなくちゃ 取り掛かりも難しいですよね。
ワタクシなど、センセの前で他の方に この石なんでしょうねー?
と聞かれて、海で拾ったと言うから 珪化木じゃね?と言うと
青木先生にドビシ!!と流紋岩です。と言われて大恥かきました。(爆)
地下室で薄暗くてメガネもルーペもなかったから見えなかったんだもーん。(^_^;)とか言い訳・・・
岩石なんて知らんがなー!!(泣)
えーと あそこはゴチャゴチャが良いのです。(^_^;)
でも前よりキレイに並べてありましたよ・・・。
前はマジでズリ山でしたから。(汗)
Commented by fossil1129 at 2014-10-12 20:26
耳の痛い「ガッコのセンセー」です(笑)

12歳相手では、難しいのですが、
「ミョウバンとフローライトの結晶が同じ形だ」程度の話はしたいものです。

ちょっぴり、余裕のできたおさ~んでした。
Commented by apogon2 at 2014-10-12 21:31 x
えーーじゅりあさんがダイエットですか(+_+)。それ以上細くなったら案山子になってしまいますよ(笑)。
なかなか面白そうな講演だったのですね。
>勉強として学ぶのも大事だけど 体験に優る物はない・・
この言葉良いですね~(^^♪。
Commented at 2014-10-12 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jurijuri555 at 2014-10-13 01:11
fossil1129さん
お勉強を教えるのは大変ですよね。
でも例えば 将来 理科クラブとかの顧問になっちゃったりした時に
子供達がキラキラワクワクした体験を沢山させてあげられると
もしかしたら将来の理学博士が生まれたりするかもしれません。
fossil1129先生の授業が面白くて・・・って言われたら 教師冥利につきますね。
青木先生も小学生の時から鉱物拾ったり巡検行ったりしていたそうですよ。
興味を持った時が学び時。年齢は関係ありません。
でも fossil1129先生もポップコーン植えたり 色々と興味持たせる努力をしてらして素晴らしいと思いますよ!!
でもどちらかと言うと植物博士より 調理師とか食の評論家とかになりそうですが・・・。(爆)
Commented by jurijuri555 at 2014-10-13 01:20
apogon2さん
巡検時のブカブカ装備ではパッと見気づきませんでしょうが
もう中年ババァは少し油断するとタプタプなのです。(^_^;)
実際、自己ベストよりだいぶ何もかも増えているのでヤバシ。
来月初めに健診なので、少しでも絞っておきますわー。(汗)

体験が大事なのは何でもそうですよね。
鉱物巡検では、どうしてもお決まりの半素人ツアーでは安全性を重視してしまいますが、
本当は登ったり滑落したりの苦労や多少の危険を知ってこそ、経験による知識が増すのです。
なので噴火口に蹴落としたり崖を登らせたり・・・は出来なかったそうですが。(爆)
サブチーが硫黄採りとかで巡検コースの下見したりの時の話。(チーフやサブブチー達は大学や博物館のイベントコースの企画をしたりしているので)
<< 突然の巡検 標本作り >>