my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
謎のなぞなぞヒタチオビガイを..
at 2017-03-22 14:43
深海まんじゅう
at 2017-03-20 14:25
やどやど日記 16
at 2017-03-18 11:53
本と〇〇
at 2017-03-16 14:10
クリーニング ⑤
at 2017-03-14 19:37
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:11
fossil1129です..
by fossil1129 at 21:13
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:51
こんばんは~。 ヒタチ..
by コニアシアン at 20:30
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 22:32
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 22:23
こんばんは~! テヅル..
by fossil1129 at 21:04
先ほどはどうもです~^^..
by apogon2 at 21:02
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 15:47
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや婦人 at 07:38
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

下実験

何かを知りたい時、掘り下げて調べるのは当然の行為である。

例えば、化石を採った時に 先人の文献等の資料や標本を見るのも
もし生きていれば(現生していたら)それ(や近親種)を調べるのも然り。

そんな感じで 良く知りたい。やってみたい。
と好奇心が広がるのも 採集していると自然であろう。

古代の生物をロマンでは終わらせたくはないかも。
と思ったが良いは、
今回はさすがにムズイかも・・・と 早々にへこたれている なう!!(爆)

要するに フィギュアだとか 売ってるのを買ったりとかしないで、自分で標本を作ってしまおう。
(化石を作ってしまおう ではない)と思ったが
これは厳しかった。

海でウニ拾って来て漂白するぐらい
貝殻拾って来てピカらせる(ベビーオイル塗るんだよー)ぐらいなら しごく簡単な事なんだけど
生きている物から 骨標本を作るのは無謀な挑戦なのかもしれない。

とりあえず身近な物で実験。と スーパーをウロウロしたが、
骨にするのは簡単だけど(ウソ)バラバラになった時に相当な数のパーツが出る魚類は短気な私には向かない。
なら、と購入して来たのが コレ。
d0318386_13114126.jpg
おいしそうな豚足。(^_^;)
骨組み立てがわかりやすそうな 動物、の一部。(笑)

んー・・・。
まず煮る。
d0318386_13124032.jpg
ムチムチ可愛い♪

あまりコタコタに煮ると骨組織が変化するのではないかとサッと煮て取り出して皮を剥き
d0318386_13161235.jpg

排水溝洗浄剤に浸けたものの・・・
d0318386_13155754.jpg
全然付いてる肉が取れない。

ならばと入れ歯用洗浄剤につけるも・・・
d0318386_13173283.jpg
やはり取れなかった。

なので更に煮て柔らかくしたものを出来るだけ手でこそげ落して4本の指に分け
d0318386_13182851.jpg
さらに入れ歯用洗浄剤に一晩浸したものの・・・
d0318386_13191410.jpg
この軟骨とか筋?は相当手強いとわかった。

山や海で骨が落ちてるのを見るが 獣に食われ鳥につつかれ虫に食われバクテリアに分解され
キレイになっちゃう自然ってスゴイ!!と改めて思った。

ここまで 忙しい中で行ったので 4-5日。

ヤバイ、とうとう明日には ワタクシがなけなしの探索力と営業力と財力を使って(笑)取り寄せた本「標本の素」が届いてしまう。
タイムリミット。

この状態では・・・相当ヤバイ!!
じゅりあユニットリーダー すでに頓挫しております。(^_^;)ダラダラ...

・テーマは「家庭にある物で骨標本を作ろう」。
・ここまでの結論。「1週間で獣や鳥や虫やバクテリアには勝てない」。

by jurijuri555 | 2014-12-01 13:49 | 生物 | Comments(10)
Commented by canis-majoris at 2014-12-01 14:07
 間違えて、人形廃墟別館 仮想博物館さんのブログを開いたのかと思ってしまいました;
 研究熱心ですね~;いや~しかしグロイですねぇ。
 私は骨格標本にはあまり興味がないのですが、次カズラガイの中身入りを拾ったらどうやって中身を出そうかと、考えています。
 おそらく“煮る”ことになるんだろうなぁ。
Commented by jurijuri555 at 2014-12-01 17:56
canis-majorisさん
言われると思いました。(爆)
グロさはギリでしょー。
内蔵系はないですから。(^_^;)
まぁ、これは手始めの実験で、
今度はちとグロくなります。(汗)
でも 御本家ほどではないですからー。(^_^;)
貝は、煮ると中身の骨と違って 貝殻自体が変色したり傷んだりしそうですよね~。
そのまま水に浸して外に放置、腐らせて中身出して・・・でしょうか?
Commented by メガロ丼 at 2014-12-01 19:21 x
カズラガイの生きたの標本にするときは、臭いが強烈なので注意が必要かもです。
腐らせないでも結構くちゃい(個体差はありますが)
腐らせたら相当(恐ろしく)くちゃいであります!!

できるだけピンピンしてるやつなら、バケツに熱湯を入れ(80度くらいには冷める)その中にポチャンと・・・
3~5分くらいで半茹でになると思います。
かちんかちんにゆでると、身が固くなり抜けにくくなります。
もし身が残ってしまい出せない場合は、サヨナラした方が良いですよ(笑)

もし、たくさん身が残って腐ってしまったら、1度興味本位で嗅いでみましょう。

鼻がもげます(笑)

Commented by アルビアン at 2014-12-01 21:53 x
こんばんは!!本日は凄い短時間ですみませんでした!
サプライズに感謝します。ウレピ過ぎますよ~
例の物は解凍してまして、明日からやりますよ~
久しぶりにお会い出来てありがとうございます!(^^)!
あの卵!まだ温めてますよ~困りましたね~
豚足実験は成る程!確かにー!
こちらはどうなるか?
楽しみですよ~、
本日は忙しい中!嬉しい楽しいで、雨がなければーと
では、マタマタマタマタ!!!!!!
(~o~)
Commented by Macrowavecat at 2014-12-01 21:59 x
動物の骨取りは、沸騰させないようにしながら長時間煮るのが基本だと...今、痛感しています(泣)。海獣とかブタは骨の油がすごいので、煮込みが足りないと後で酷いことになると思います。軟骨はとげ抜きを使って毟り取ると良いようですよ。
じゅりあさんの本命に関しては、生のまま骨を取っているブログを見た記憶があります。獣系とはやり方が違うんですかね。
Commented by jurijuri555 at 2014-12-02 00:35
メガロ丼さん
カズラガイって匂った事ないのですが、そんなに臭いんですねー?
それは、ドリアンよりも 缶詰が発酵した物よりも
オヤヂの加齢臭よりもスゴイのでしょうか?(爆)
嗅ぎたくないです・・・。(泣)
Commented by jurijuri555 at 2014-12-02 00:44
アルビアンさん
超B型よりもスゴイ速攻行動、驚きました。(爆)
速ぇ~!!!!
ワタクシ、パジャマのまま生肉かかえてオロオロしていましたからー。(^_^;)
遠くから大変ありがとうございました。
アイルトン・セナ並みでしたね。
卵、孵ったら何が出て来たか教えて下さい。
ヒヨコかなー、ヘビかなー、やっぱり××だと良いですねー。(笑)
割れちゃわない事をお祈りしています。(^_^;)
いやー、久々にお会い出来たのに本当にアッと言うまで・・・。
又改めて訪問致しますよ。
さてさて、プロジェクト開始ですよ!!!!(*^◇^*)/
Commented by jurijuri555 at 2014-12-02 00:53
Macrowavecat さん
脂抜きは、更にアセトン追加します。
とにかくコタコタに煮る、と。(^_^;)
動物肉と魚肉は違いますね。使う家庭薬品も違います。
標本にする部位にもよると思いますが、
骨の強度も違うので 魚類はある程度肉は取りやすいけど
繊細さに根気が要りそう。
何にせよ、「腐らないうちに骨にしろ!」が共通なのですかね?(爆)
死体の様に(と言うか死体なんですが)バスタブに転がしてあります・・・(^_^;)
相当デカくて困りまくり・・・
りょうしさんハッチャキコキ過ぎ。
「コレなら文句ないべー!」みたいな・・・(^_^;)
Commented by ユキ at 2014-12-02 23:25 x
メガロ丼さん、じゅりあさん:

 カズラガイ…夏に上ノ国で拾ったとき、中に腐って溶けた?身が残っていて、それが手に付いて臭いが取れず、困り果てました;
 いくら手を洗っても取れなくて、虫よけのために持っていたハッカ油を手に振り掛けて紛らわしてました;
 家に持ち帰って、水に浸けたり湯通ししたりしてだいぶマシになりましたが、それでも臭いの消えないモノがあり、おそらく多少の臭いは気にしないであろう資料館の学芸員さんに差し上げました(--;)
Commented by jurijuri555 at 2014-12-03 03:08
ユキさん
うわー、なんか最悪の気分になりそうな話ですね。(^_^;)
何で取れるんでしょうね?
アルコールとか せっけんだとか
わかっているなら取る方法もあるのでしょうが・・・。
クサイのヤダ・・・。(笑)
<< 突然の初本番実験 標本作りアレコレ >>