my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
H龍クリ
at 2017-06-20 22:08
初夏のホタテ漁
at 2017-06-17 20:53
やどやど日記 21
at 2017-06-13 16:40
沸石
at 2017-06-10 17:09
晴れ間にモーライ
at 2017-06-09 17:10
最新のコメント
望来層との共通点/相違点..
by Macrowavecat at 21:02
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:36
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 19:56
ねずみや主人さん こ..
by jurijuri555 at 19:45
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 19:33
ねずみや主人さん こ..
by jurijuri555 at 19:23
新生代らしく、いろいろ採..
by fossil1129 at 19:14
こんばんは~ エッチな..
by アルビアン at 19:01
こんばんは〜。 H龍は..
by コニアシアン at 18:39
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 15:47
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
タグ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

年越し解体ライブ~ネズミザメ その②

さて続きです。
昨日の午後、少し置いて解凍させてから いよいよ解体に入りましたが、
マジんこ超~グロなのでご注意!!!!

もう手慣れたもの。(?)
顎だけ外そう。
と思ったものの やはり皮の上からでは見づらいし切り取りにくい。(皮で)
仕方なく、皮でもむくか・・・。とカッターを入れ様としたが、
もとろんさんはアイザメより解体しやすかった。と書かれていましたが、
マグロ並みに皮も厚く硬く、キレイに切り取れません。(泣)
d0318386_23321054.jpg
そ、それに何コレ!!??
アイザメでは見なかった(気づかなかった?)助骨の様な軟骨があります。エラ骨の様です。
d0318386_23393864.jpg

調べると 同じネズミザメ科のホホジロの骨格図があって、見ると なるほど~。コレか。と。
d0318386_23372320.jpg


とりあえず、顎はわかる様になった。
d0318386_23381047.jpg
しかし これも形状がやや違うので外すのに少し時間がかかった。
そして、血まみれ~!!
さすがにグロ過ぎるので少し色を落しましたが、それでも充分グロいっす。(汗)
d0318386_026379.jpg
スプラッター!!!!
美しいもとろんさんの標本作りとのこの差はなんでしょうね。(爆)
d0318386_0414271.jpg


顎歯を外した後は、残りは用はないのですが、あまりにもアイちゃんと違うので少し解体して見学。
頭をはずし、骨を開いてみました。
d0318386_0434936.jpg
エラの面積が広く 全てが口(舌肉)につながっています。
正確には鰓孔(さいこう)と言うらしいのですが、
サメはエラによって呼吸するのですが、海水を口からとりこむとエラで酸素を吸収し、エラから水だけを排出しているそうです。
より多くの酸素を取り込む様な構造になってるのですね。
でもアイザメのは違いました。

サメのエラには2種あって、
ひとつは、ネズミザメの様に遊泳性のサメのエラで、つねに泳いでいないと酸素を取りこむことは出来ません。
なので、止まってしまえば呼吸困難になって死んでしまいます。
アイちゃんとかの 「底生性」のサメは、じっとしていても目の後ろの穴から海水を吸い込むことが出来、
それで呼吸出来るんだそうです。

又、なんでこんなにスプラッターなんでしょう・・・と思ったら、
奇網と呼ばれる毛細血管の熱交換システムを発達させて体温を海水温よりも高く保っててる、つまり血管が多い?からみたいです。

『ほとんどの種が外温動物(変温動物)である魚類の中にあって、ネズミザメは外部温度にかかわらず体温をある程度一定に保持することができる性質(内温性)を備えている。
内温性魚類は、同じネズミザメ科のアオザメやホホジロザメ、真骨魚ではマグロやカツオ、カジキといった種類である。
これらはみな高速遊泳を行うという点で共通している。
ネズミザメの赤筋(遅筋、血合い肉)の分布位置は他の魚と異なり、体の中央深部、脊椎骨の周囲に集中している。
持続的遊泳に使われる赤筋を外界から遠ざけることで代謝熱を保持し、周囲にある白筋(速筋)へ効率良く伝導させる。
さらに筋肉には奇網が発達し、保温能力を高めている。
奇網では体内からの温かい血液と体表からの冷たい血液が対向流交換系をなし、熱の伝導が行われる。
この内温性により、ネズミザメは大抵のサメ類が寄り付かない亜寒帯海域を獲得している。』

だって。
すごいですねー。
たった2種のサメを解体しただけで、今までただサメはサメ。としか認識なかった物の謎が次々と解明して行き
とても勉強になり、ますますサメに興味が湧きますね。

さて、ネズミ~に戻り、
外した顎歯は簡単に除肉をしただけで、とりあえずパイプ●ニッシュにドボン。
d0318386_12145255.jpg

今回採れたのは、わずかなノド肉とホホ肉。
d0318386_12164875.jpg

あと水晶体。
d0318386_1217978.jpg
アイちゃんより小さいです。

2時間半パイプ●ニッシュに浸けた後、一旦出して・・・
d0318386_12234437.jpg
まだタップリ肉が付いています。

軽く除肉してアセトン。
d0318386_12193656.jpg
とにかく除肉と血抜きが大変。

昨日はこの後、このまま水に浸けて終了。

by jurijuri555 | 2014-12-30 14:00 | 生物 | Comments(4)
Commented by ZX9-R at 2014-12-31 10:59 x
もとろんさんのブログを拝見してからこちらにきたので、少しは耐性ができているかな、と思ったのですが、ウギャ~!!ですね。警察にこのブログを見られたら検挙されそうな感じです(笑)
ブログではヌメリも血の香りも無いので大丈夫ですが、作業される方々は、これらをタップリ味わいながらの作業なんですよね? 知識欲はこれらに勝る欲求なんですね~。
内温性魚類、はじめて知りました。グロさに目が行ってしまいますが、体の構造がわかれば、生態もわかる。なんて高尚なブログなんでしょ。でもやっぱりグロイ~!!
Commented by jurijuri555 at 2014-12-31 11:28
ZX9-Rさん
スイマセーン!!
グロすぎですよね~。
一応、シャワーで流しながらやってたのですが、
なにせ新鮮な献体の為、次から次へとドクドクと流れ出して来るのですよ・・・。(^_^;)
まぁ、実験の為には致し方なし・・・(汗)(汗)
Commented by motoronron at 2014-12-31 12:19
DoCoMo茸〜(+∀+)!!!
爆笑(+∀+)!!!!!!想像以上に超酸鼻凄惨阿鼻叫喚!!
完全に強制捜査で乗り込んだ新米刑事が嘔吐する状況じゃないですか〜。高尚な説明が間に挟まるも、どうしても皆様写真に目が行ってしまうかもですね(笑)。ただの魚をここまでグロく写せるなんて...なんて....ゴイス才能なのでしょか〜(+∀+)ボーヨミ。。。コチラは前回同様、淡々と進めております。お年始からホルマリン臭漂う生活どえす(+∀+;)。。。こーしてコメントを書いていると、大晦日とは思えませんね(笑)。
Commented by jurijuri555 at 2014-12-31 12:30
motoronronさん
いやー、ほんとうに面目ないです。
excite側から強制削除されても仕方ない画像ですよね~。(^_^;)
でもワタクシ平気~。サメだから。(笑)
これがイヌネコならリバースものですが・・・。
内蔵がないなら ただの赤い「物」ですから、グロではありません。(^_^;)
ここにグニョグニョとブツがあるとオエーですよね。(汗)
全然OK!!!!!
なかなか面白い解体でした。
本日の分は他の骨~ですよ♪
もとろんさんもやってるかしらー?

ほんとうにアッと言う間に大晦日ですね・・・。
ワタクシはこれから5連勤ですよー!!!!(泣)
なんじゃいソレー!!!!と言う悲しい年末年始・・・
サメの続きをする時間もございません。
同じく、風呂場がサメ臭が・・・連日。(爆)
<< 年越し解体ライブ~ネズミザメ その③ 年越し解体ライブ~ネズミザメ >>