my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
モーライ石ふたたび
at 2017-04-19 15:31
セノマの貝
at 2017-04-17 20:59
クリーニング ⑥
at 2017-04-14 21:51
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:45
巨大キヌタレ欲しいな~。..
by Macrowavecat at 20:14
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 19:39
こんばんは~内容が凄くて..
by アルビアン at 18:35
apogon2さん 難..
by jurijuri555 at 03:10
私も望来で採れる白くて長..
by apogon2 at 22:24
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:25
こんばんは~! 三紀含..
by fossil1129 at 19:14
アルビアンさん まーた..
by jurijuri555 at 18:31
オゲレツとのコメントに嬉..
by アルビアン at 17:36
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

昨年採集品の整理 その③

昨年の と書いたが、実際はいままでの の事で、
今日のアップは一昨年以前に採った物になる。

この頃は、化石専門のお仲間が居なく 鉱物仲間で化石にも興味のある先輩とポツポツと歩いていた程度だが、
もちろん今でも化石の名前もわからないのに サッパリな時代だった。
全て「アンモ」。
もしくは「貝」(アンモ以外の貝)、「植物化石」、「ゴミ」。(^_^;)

そんな時期に ちゃんと採ってる自分。を見るのもガクブルだが、
その時の採集品がどこ行ったか・・・が最大の難関だった。

「知らない」と言うのはスゴイ武器であり凶器で、
欲しいと言う邪念ばかりで良い物が取れない今より 結構(私的には)大物を採っていたり
よくこんなの持ち帰ったな。と言う いわゆる「ゴミ」(不明品)だけど持ってきてた物(今なら聞いたり調べればわかる品)が多い。
そして何より 途中半端なザコがないのが清々しい。(爆)
なにせ それがまさしく「ゴミ」なんだから。(^_^;)
コザコザしてるけど 野生の勘でソコソコの物。

今は無きYバリH川の小崖のイノセラとフィロ(?)
d0318386_135344.jpg
イノラセが多産するチューロのこの地で
よくぞ持ち帰っていたと言う記念になる品だ。
頭頂と横が欠けてるのは残念だが、大きさ色艶、なかなかの物だ。
P川の方からも採っている。
ココは鉱物的に とりあえず駄品でも1つはサンプル品を持ち帰る。と言う根性が生きた部分だ。

スゴイがもったいないのもある。
前回と同じくアッパークルクルのゴードリと思われるアンモ。
d0318386_1358123.jpg
これは直径10cmはあるがなんとこれが何個も付いてるノジュールだったのだ。ヒー
とにかく 重いのは持ち帰りたくなかった。
初心者過ぎる私でも ニョロニョロと沢山ゴードリが付いてるのを見て ニッポではないのは分かったが
どんな異常巻でどれだけニョロニョロしているんだ???と
とにかく必死に割りはがして1個(かな?と思える物)にしたのだ・・・。
スゴイんだかおバカなんだか。
今考えたら 10cmゴードリが密集した標本が立派にクリーニングされたら
たかがゴードリとは言え なかなかの物になっていたのでは・・・。
おそるべし 初心者・・・。ガク

なんじゃコレ?
とすぐ割ってしまう謎な化石も 一応持ち帰るのも良いのか悪いのかクセで、
この頃から顎器やタネを持ち帰っていた。
今の方が割って本当にゴミにしてしまうぐらいだ。(^_^;)

そんなおバカな私の役に立つのは 先輩の皆さんの助言と図鑑だが、
先日ご紹介されてて私もすぐさま買いましたが「化石〇選」。
d0318386_1462757.jpg

もーりんさんや横井さんの本も大変立派で参考になりますが、
アンモ以外のものがたくさん載ってるのは更にザコ集めが得意の私にとっては参考になります。
初めから持っていれば・・・と言う あれ、あの時のアレってコレだったかも・・・
とキーキー後悔する事も多く、鬱な本。(爆)
これの北海道版をどなたか作って下されば ワタクシの一生のバイブルになるでしょう。
でも みんなやっぱりアンモですよね?(^_^;)
面白い化石って、沢山あるものだ・・・。

by jurijuri555 | 2015-02-24 21:00 | 化石 | Comments(8)
Commented by fossil1129 at 2015-02-24 21:29
こんばんは!
築地書館からは、またまた別の化石関連書籍も刊行予定のようです。
いつになるのか知りませんが、
北の皆様の標本も収録されているようです。

これらの本は、絵合わせ同定しかできない私にもありがたい存在です。
Commented by vicky at 2015-02-24 21:58 x
同感~。北海道版、出してください。
大八木さんのは、写真もきれいで、ホントはまりました。

650選の表紙を見て。
ちょっと。ツリテラの密集、こんなにきれいに保存できるんですね!ムキー!
Commented by jurijuri555 at 2015-02-25 03:01
fossil1129さん
こんばんはですー。
あんまりザクザク発刊されてもお財布が続かなくて困りますが
参考になる図鑑系は嬉しいですね。
同定が出来ない難しいのは、鉱物と違って大変ですよねー。
鉱物の場合は放射線でバッチリですが・・・。
化石もDNAとかでスッキリわかれば、種の特定が楽でしょうに・・・。
それでも比べ安い標本や写真の乗ってる本は助かります。
Commented by jurijuri555 at 2015-02-25 03:04
vickyさん
キレイな写真なのは図鑑として当然望みたい事ですが、
比べる時に わかりやすい標本で撮影角度(等)である事は大事です。
何よりクリーニングがキレイ。
とても参考になりますね。
ツリテラ、表紙のは珪化している物と思いますよー。
月のおさがりに対して、太陽の(?)おさがりではないでしょかー。
赤いメノウ化ツリテラですね。
ワタクシ達は負けずに金のツリテラを見つけましょう!!(爆)
Commented by motoronron at 2015-02-25 16:19
どぅよもにちわよん(+∀+)! 昨年、ワタクシめも、BOXにつめつめしたまま数年来放置の化石を恐る恐るみました。実は「もしかしたら当時わ分からなかっただけで...意外なモノをゲッチョしてたかも...(+∀+)」な〜んてちょぴりこ淡い期待もありました。結果は...「ドシロートとはいえ、よくこんな化石を持ち帰ったな〜(汗)」という破片ばかりでした。ワタクシ達の実力の凄さにマジンコびびらっちょした次第です。 一枚目のアンモ、一見ゴードリさんに見えたです。二枚目はテトラ?信用はしないでくらさいませ〜(+∀+;)。 大八木図鑑楽しいですよね。バラエティに富んでいるのでワタクシ向きと思っています〜。美しい図鑑のトップはもーりん図鑑ですよね〜。ホッカイロー版なんでも化石図鑑を作れるのは...やっぱしアルビアンさんかしらん?
Commented by jurijuri555 at 2015-02-25 19:26
もとろんさん
そちらは二馬力ですから 良い物もコザも2倍2倍ですよね。(^_^;)
おふたかたとも「もってる」方ですから 良い物珍しい物も沢山だと思います。
今日も引き続き ノジュールの山 以外の所を捜索してたらカニ玉が出て来て
割りかけだったので割ってみたら
「ああ・・・」でした。(爆)
Commented by ammonite0028 at 2015-03-01 21:24
もーりんです
750選、わたしも買いました。
クリーニングのページの充実ぶりが
さすが、大八木さん!
人生最後の著書になるかもと考えて
作っただけあって、気合いが入っていますね!
Commented by jurijuri555 at 2015-03-02 02:52
もーりんさん
本当に クリーニングの道具から方法、裏技?まで、
採集の準備とかも
細かく載ってて参考になりました。
あと、そうそう!って笑ったり。
私もどちらかと言うと、分離クリーニングの方が好きなので
丁寧なクリーニングに感心しました。
生き生きとした化石のクリーニングに脱帽。
是非、参考にして精進したいものです。
<< 昨年採集品の整理 その④ 2015年初ホーム >>