my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ヤド水汲み
at 2017-09-22 16:30
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
ハンマーヘッドシャーク②
at 2017-09-14 15:46
最新のコメント
ヤド達もお元気そうで何よ..
by apogon2 at 22:05
う~ん秋の海ですね。夕暮..
by ZX9-R at 21:47
大きなオウナガイ、実体の..
by fossil1129 at 21:01
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:49
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:42
古潭の巻き貝化石は、結構..
by Macrowavecat at 20:00
こんばんは~。 海の様..
by コニアシアン at 19:03
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:11
ハンマーシャークですか~..
by Macrowavecat at 20:11
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 04:13
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

フジツボ

フジツボは、富士山状の石灰質の殻をもつ固着動物で 甲殻類、フジツボ亜目に分類される。
19世紀初めまで、フジツボは貝などと同じ軟体動物であると考えられていたが、エビ・カニなどの甲殻類と同じく自由遊泳性のノープリウス幼生として孵化することが
1829年、J.V.トンプソンにより明らかにされ 甲殻類に分類されるようになり、
19世紀半ばには、チャールズ・ダーウィンがフジツボの系統的な研究を行いフジツボの分類学的な基礎を築いたそうだ。

フジツボは固着生活に適応しているため、体の構造が他の甲殻類とは大きく異なる。
エビ・カニなどが歩行に用いる脚(歩脚)に相当する部分は、蔓状の蔓脚(まんきゃく)となり、海水中のプランクトンを濾過して食べるために用いている。
体を覆っている殻とそれを閉鎖する蓋はエビやカニの背甲に相当する。
頭胸部背面の外骨格に由来する外套から分泌され、軟体動物門の貝類の殻のように生涯成長を続けるが、殻の内部の蔓脚や外套は成長に応じて脱皮し、殻の内部から外に廃棄される。
幼生が着底するときに既に他個体が固着している近傍を選択する性質を持ち、群生して生活している。
これは動きまわって繁殖相手を見つけることが出来ないためと考えられる。
また雌雄同体であるため、固着生活でも効率的な生殖が可能である。
雌雄同体ではあるが、自家受精することはほとんどないと考えられ、通常は隣接する個体と交尾する。
隣、あるいは数個体分の距離にまで離れた個体まで届く鞭状の長い雄性生殖器を持っており、これを届く範囲の近傍の個体に挿入することで、交尾を行う。
受精卵は殻のなかに保たれ、孵化するとノープリウス幼生として外に出てくる。
ノープリウス幼生は自由に遊泳し、海水中の植物プランクトンなどを捕食する。
1ヶ月程度で、二枚貝や甲殻類の貝虫類(ウミホタル類)によく似たキプリス幼生に変態する。
キプリス幼生は代謝のレベルが低く、餌を食べない。
キプリス幼生は海底を動きまわり、固着生活に適した場所を探す。
適当な場所は固着生活に適した場所に固有の微生物相によって判別され、特に既に成体が固着生活を営んでいる場所が見つかると その近傍で頭部の触角にあるセメント腺から固着物質を分泌して接着、
さらに脱皮して変態し、背甲由来の外套から石灰質の殻と蓋を分泌し固着生活に移行する。
(ウィキより)

と小難しい事は置いといて 海洋業種にとっては厄介者である事の多いフジツボではあるが、
エビカニの仲間として食べても美味しい種もあり、普通の人にとっては可も不可もないような生き物だが、
観察・研究には面白い生き物かもしれない。
いや、日がな1日眠っていて慣れもしないヤドカリと同じく 特に面白味もないが、見ている分にはなんだか癒される部類と言うのか・・・。(^_^;)
そんな訳で、これもアクアリウムでなんとなく 飼ってる人もいると聞いたことがあるが、
ビーチコで見る場合は、何かに着いたものや剥がれて転がってる殻(死骸?)である事が多い。

しかし、昨日は貝に着いたフレッシュなのを見つけたので持ち帰り 少し観察してみることにした。
d0318386_13145562.jpg
左が貝殻に着いた稚フジツボだが、
右の貝についたのは、初め何かの卵かと思ったが 良く見ていると着いたばかりのフジツボの幼生が変態したばかりの物ではないかと思われてきた。
その過程の現物を見たことがないので何とも言えないが、透明だが天頂に丸い穴が開いている

持ち帰った海水に浸すと しばらくすると「ふうっ・・・」と言うように 硬く閉じていた口から息を吐いた。(笑)
d0318386_13305613.jpg

そして後から覗いてみたら ピンクの個体が触手(上によると蔓脚)を出しているのが見えた。
d0318386_13323293.jpg

実際に飼っているいる人の画像を見ていると もっと面白いが
何も設備のないうちではこれ以上は無理。
エサになるプランクトンも毎日新鮮な海水もないし、交換用の海水はヤドキチのものだ。(^_^;)
このままご臨終して頂くしかないので心苦しいが 良い物を見せてもらった。

ビーチコをしていると 子供の時の好奇心と違って、又いろいろと研究心が湧くものだ。
が、実際に自分で色々やるのは手間も時間もかかるので、
『密林』で本を注文してみた。(「フジツボ―魅惑の足まねき」 (岩波科学ライブラリー) 倉谷 うらら 著)

by jurijuri555 | 2015-06-13 13:44 | | Comments(8)
Commented by アルビアン at 2015-06-13 14:39 x
詳しい解説でありまするでするね~(*^_^*)
フジツボさんの観察をされるとは、凄いですね
鉱石海岸でも、実際に子供たちと観察しましたが
触手の動きに~おぉぉ~すげー~

鉄腕ダッシュでは、亀の手も食べて、美味しい~と

甲殻類の仲間は、美味しいのですね~しかし
見た目では食べれません(@_@;)

見ているうちに可愛くなって、家族が増えますよ~姫(*^_^*)
Commented by jurijuri555 at 2015-06-13 14:59
アルビアンさん
解説元はウィキなので小難しいけどわかりやすいですね。
イマイチ名前とかはスルスルと入りませんが・・・。
昔から図鑑も観察も好きで 磯にも毎年通っていましたが
大人になりビーチコして、昔と環境もかわり色々見ても
そうかな~?とは思っても ビシッとコレは何でどうできるとかまでは出てきませんね~。
てな事で、磯の本も1冊一緒に飼いました。
余裕があれば、「何でも水槽」と名付けた水槽に何でも持ち帰って入れて観察してみたいものですが、
ヤドカリだけでも邪魔な状況では難しいですね~。(^_^;)
DASH海岸とかは 本当に夢のような企画と言うか場所ですよね。
そんな風にいつでも行けて身近に見れる所に住みたいです。
カメノテ以外では何が美味しいのでしょうね~?
今度BBQで焼いてみますか?(笑)
Commented by canis-majoris at 2015-06-14 00:39
 あぁ~蔓脚・・・先日石狩浜で、プラ浮きにくっついていたフジツボからも出てました;
 でもこんなカワイイのではなく、蛇が下をチロチロだしているような、もしくはミミズがうねうねしているような、そんな様でした;
 写真も撮りましたが、これ以上キモい画像を掲載するのはどうかと思い、やめました(--;)
 
Commented by jurijuri555 at 2015-06-14 03:06
canis-majorisさん
えー、打ち上がった物も出してたですかー。
大きい個体のものは、クマでの様な触手ですよね。
フジツボも極めると面白そうなので本を買ってみました。
キモイのは全体像(中身)ですよね。(^_^;)
エイリアンみたいな生き物ですよ。
それをエビ・カニと言われても・・・。
甲殻は偉大ですよね。(^_^;)
Commented by vicky at 2015-06-14 10:45 x
いやー、おもしろいものですね、フジツボ。
確かに奇妙な生き物です。

息子が「今日のオカヤドカリたちは?」と私の横で催促していました(苦笑)
Commented by jurijuri555 at 2015-06-14 18:02
vickyさん
フジツボも 突き詰めるとなかなか興味深い生き物の様ですよ。
あ、ヤド情報ですね。(笑)
お待ちください~。元気にヤドパークを荒らしていますよ。(^_^;)
Commented by motoronron at 2015-06-16 19:10
とづきましてはどもえです(+∀+)!!
フジツボは良いですよね〜。大好き系です。
うららセンセの本は出た時に買ったです。
折角、専門家による珍しい本なのですから、
もうちょっち、内容が濃いとウレシーでした。
今年はびーちこんでフジツボの脱皮殻をゲッチョしてみたいです〜。
Commented by jurijuri555 at 2015-06-16 19:26
motoronronさん
はい。フジツボの脱皮殻、良く採れるとありましたが
私も見たことないです。
てか、気づきませんでした。
知ると あー、って、すぐわかるようになるのでしょうが。
そして気づいたら 私も髪やあらゆるところにフジツボ付けているんでしょうね。(爆)
<< サメ地-4 と琥珀覗き 大漁~♪ >>