my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
やどやど日記 23
at 2017-07-13 14:34
最新のコメント
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 17:12
ZX9-Rさん こんに..
by jurijuri555 at 16:58
こんにちは~ 車の納車..
by アルビアン at 16:50
もはや、いつお渡しした化..
by ZX9-R at 15:33
ねずみや主人さん おは..
by jurijuri555 at 10:51
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 09:52
Macrowavecat..
by jurijuri555 at 20:53
仕切りを変えられるケース..
by Macrowavecat at 20:10
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 19:39
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 19:35
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
タグ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

最近のモロモロの補足

最近の出来事に関しての追加画像等です。

まずは、中部出張の時の瑞浪での採集品。
d0318386_18235650.jpg
画像には写っていませんが、
ミガキツノガイ・ホタテガイの採集品もあります。
更に 現地では、Fさんがユキノアシタガイなどなどの他にも沢山の種を出して下さったのですが
持ち帰りの為に余分な石を落そうとすると割れるなど保存の面で難しく。


そして、ミネショでサブチーにあげる~。と言われた余計な品。(笑)
d0318386_18294092.jpg
実は、去年 例の水晶海岸の元鉱山の
第二M鉱山のズリ探し探検に行って見つけられなかった所の物なのでした。
なかなかのパイライト(黄鉄鉱)です。
うん、ま、こうして持ち帰ってみれば あっても良いかな。(爆)


それから先日のタカハシホタテ採集の品。
d0318386_1832591.jpg
2個採集したうちの1個は欠けがあり、もう1個はやはり土が石灰化してこびりついて取れません。

本場の沼田のタカハシホタテと比べてみます。
d0318386_18335639.jpg
右が沼田で採ったタカハシホタテです。
左が今回 別の市で採ったタカハシホタテです。

こうして見ると違いがわかります。
d0318386_1840993.jpg
まったく厚さが違いますねー。

ただし、初めは単純に死んだ時代が違い、別市のホタテはより現世のホタテに近づいているのかも。とか思いましたが
もちろんそれもあるかもしれません。
なにせタカハシホタテの繁栄年数自体にも500~600万年の歴史があるのですから。
時代にしても中新世から第四紀更新世までにおよぶのです。(化石採集地のほとんどは鮮新世と言われています)

他には、オスとメスの違いが考えられるかもしれません。
卵を沢山かかえる為に 厚みを増した。と言う説もあるので。
沼田で採ったのがたまたまメスで、別市で採ったのがたまたまオスだったのかもしれません。
(実際、沼田の物が全てここまでの厚さがある訳ではないので)

何にしても 面白いですね。
こうして個体が違うのも 何度も何個でも採りたくなる理由の1つです。


最後に 惨敗ツリテラ等。
d0318386_19233198.jpg
完品1本は遠い道・・・。(泣)

by jurijuri555 | 2015-09-08 19:14 | 化石 | Comments(10)
Commented by コニアシアン at 2015-09-08 20:44 x
こんばんは(^ ^)
流石ですね~どこいっても化石採集をされるなんて!
タカハシホタテの説は気になります。
一般的にはタカハシホタテと呼ばれるのですが、
本当はフォルティペクテンという名前なんですよね~
面白いです。
様々な産地のものを並べて比較してみるのも良いと思います(^_^)東北からも産出していますので。今度出張がありましたら、是非‼
Commented by vicky at 2015-09-08 20:49 x
並べてみると、やっぱ沼田のがいいっ!
タカハシホタテ!って感じですね。

そしてツリテラ…。わかります~。
完品ゲットは結構難しい。
すぐポロって。
もとろん師匠、上手ですよね。
Commented by jurijuri555 at 2015-09-08 21:03
コニアシアンさん
ふふ、どこでも出ると聞くとチョボくるのですよー。
鉱物のサブチーなんか、中学・高校の部活の遠征の時もハンマー持って出掛けてチョボくっていたらしいですよ。(笑)
私もつねに車に道具一式積んでいるので いつでもどこでも即巡検に出掛けられます。
現世のホタテはエゾエンシス、タカハシホタテはタカハシイ。
なのでタカハシホタテですね~。
スーパーのは噴火湾(養殖)ホタテか太平洋ホタテかな。(笑)
興味があったら今度三紀採集も行きましょうね。
ホタテ仲間も居るので全国で交換して手持ちを増やしたりの計画もしていますよ。
タカハシはサハリンから仙台まで出るので 産地別で集めるのも良いですね。
Commented by jurijuri555 at 2015-09-08 21:04
vickyさん
やっぱ沼田ホタテですよね。
どんどこ欲しいですよ。(笑)
ツリテラは難しすー!!
やはりもとろん師匠にほじくってもらうしかないですね。(^_^;)
自力では無理でした・・・。
Commented by apogon2 at 2015-09-08 23:16 x
先日採取したホタテ、今日クリーニングが大体終わりました。やはりこびりついた泥はなかなか落ちないですね~。
それにしても沼田ホタテの厚い事・・こんなになっているんですね。横から見るとまるでシャコガイ・・殻の隙間に指を入れたら抜けなくなりそうです((+_+))。
ホタテは合弁両耳付きが4個も採れたし、次回はツリテラ完品を目指します!
Commented by jurijuri555 at 2015-09-09 03:04
apogon2さん
ここのは河床に埋まってて水に浸かる事の多い沼田に比べて
なんとかほとんど壁の堆積の中だけあって 殻の保存はピカ一ですよね。
これでふくらみも強ければ最強なのですが・・・。
今まで採った中でふくらみが強いのは1個だけです。
なので「無い」とは言い切れず、たまたまオスなのかとも思ってしまったり・・・。
又、波猫さんの各地巡検の様に空知型になってしまいやや薄めなのもあるとも思います。
又、先日話た様に進化の後期型なのかもしれませんね。
面白いです。
挟まれたら・・・笑えませんね。(^_^;)
痛そう・・・。
ツリテラは・・・もとろんさんがいないと話になりません。トホー
Commented by canis-majoris at 2015-09-09 23:09
 オオキララガイなんてのもあるんですね。
 私が以前、望来で拾ったデカいキララガイ?化石は、オオキララガイのような気がしてきました。
 キララガイにしてはずいぶんデカいな~と思っていましたら、別種だったんですね;
Commented by jurijuri555 at 2015-09-10 03:41
canis-majorisさん
あるみたいですねー。
北海道には今はいないみたいですが
私もコターンで3-4cmぐらいの化石採っています。
Commented by ZX9-R at 2015-09-10 21:40 x
ミネラルショーでも収穫がありましたね。私だったら自分の店なんかそっちのけで歩き回りそうです(笑)
タカハシホタテの産地の差というか、層の差というか、凄いですね。同一種には見えない感じです。沼田のは有名ですし、存在感があります。ツリテラは厳しそ~。今度道南でビカリアを狙ってください。
Commented by jurijuri555 at 2015-09-11 02:39
ZX9-Rさん
いやー、そんなことしたら(自分の店放って買い物)赤字になっちゃいますよ。(^_^;)
少なくても渡航費や諸費用は回収しないとマズイっしょ。
タカハシの厚さはハンパないですよね。
やはりタカハシのタカハシたる風格です。
道南の巨大ビカリアはもとろん師匠の大冒険中なので
発見のあかつきにはみんなで横取りに行きましょう。(笑)
<< 石の祭典 2015 焼肉 >>