my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
やどやど日記 19
at 2017-04-27 14:12
モーライ石みたび
at 2017-04-25 18:45
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
モーライ石ふたたび
at 2017-04-19 15:31
最新のコメント
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:10
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 16:10
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:00
こんにちはー。 魚の化..
by やままん at 12:18
ZX9-Rさん お疲れ..
by jurijuri555 at 03:01
juriaさんがデブだっ..
by ZX9-R at 21:57
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 20:29
魚、すご~い! やっぱ..
by fossil1129 at 16:47
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 11:45
おはようございます 望..
by アルビアン at 08:42
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

白・黒・ハーフ?

本日は、コニアシアンくんと再びカニ玉探しに海岸へ。

モーライ方面と同じく アッツー方面の探索も何度目になったであろう。
初めは訳も分からず ただ彷徨い歩いて何でも回収していただけだったが
ようやく 少しづつ周りが見える様になり、色々と考察も出来る様になって来た気がする。(たぶん気だけ)

改めて、この辺りは 新第三紀中新世の発足層・厚田層・盤の沢層・望来層(古い順)および鮮新世の当別層からなっている。
発足層と盤の沢層は、簡単に言うと内陸側なので除けて、海岸沿いは 私が調べた所では
モーライから北に向かって、望来層・当別層・望来層・厚田層と海岸沿線は大体そんな感じの様だ。

何度見ても 厚田層にはパッと見化石が見当たらないが、その一部にカニ爪が入ってくる事と
その化石具合、白黒の存在が理解出来ずにいた。
ただ、その層厚は700m以上にも及ぶので その中の時代が何万年もズレが出るので化石にも差が出るのはわかる。
他の層が入り込んだり、地殻活動でのズレも起こっているだろうし。

と難しいことはあまり考えずにとりあえず今日も出陣。(^_^;)
d0318386_1904629.jpg
天気も良く、最近にしては穏やかで温かい日。
プラプラとカニ玉~♪気分で歩くも なんとほとんど見かけない。

オッ!とノジュールがあっても中身が芳しくない。
d0318386_1944939.jpg
キタ!!!!
と思ったノジュールは、渾身のビッシビシ ガチコーンの「チョッキー!!!!」爪だったが、
なんとボッソボソに風化・・・。(泣)
(ノジュールの隙間から岩石の変成液が入り込んでしまった様だ。)

まぁ、本日は白黒コラボで本命は白爪さ~。と
波猫さんの真似して、トンビの羽~♪
d0318386_1973853.jpg
とか すでにボウズの時に備えてネタ作り写真を撮りながら現場近くまで行くと
突然 巨大ノジュールを発見。
桃ちゃんの様にドンブラコと流れて来たのか オニギリコロリンの様に転がり落ちて来たのか・・・

大きさを見て、無理。疲れる。と判断し、コニアシアンくんに「割れ」と振る。(^_^;)
d0318386_1993191.jpg
超ハッスル。

恐竜の卵か!!??と思うぐらいの大きさの中に更にノジュール。(ノジュールINノジュール)
でもまだデカイ。
が、カニ爪(スナモグリ)など大きさも知れている。
ちゃんと入ってはいたが、無駄にデカかった。(^_^;)

休憩後に本格的産地アタックを開始したが、なんとか下部から採れた数個と 崖の中部のが数個、
上部に見えるノジュールも果敢にアタックを試みたが
超危険地帯につき どう頑張っても不可能に近く、命とは交換出来ないので諦める。

超良いノジュール1個とコザ系数個を持って移動し、割ってみた。
d0318386_19174839.jpg
ココナッツ。(笑)
ま、まぁまぁでしょうかね?(汗)

コザ系はそれなり。
d0318386_19185134.jpg
コザコザ ボロボロ・・・
1個だけドビシとデカ系のがビチビチに入っていた。
d0318386_19194517.jpg
こんなモンですね。(^_^;)

イマイチ スッキリしないながらも
ま、まぁ一応採れたし。と帰路の途中、気になる物を発見。

そこから怒涛の発見に次ぐ発見で・・・
アッツーの秘密(?)解明に1歩近づいちゃったカモ。なハフハフ状態に~

続きは、又再度の調査後。(笑)
本日は、Time up.
d0318386_19261267.jpg
漁師さんも良い子も帰宅の時間です。


さて、ちょいと場を借りて
以前にコターンでツノガイの化石はまん丸ノジュールに入っていて固い。
って話をした事ありますが・・・
先々月、こんな発表がありました。

『化石はこれまで数十万~数百万年かかって形成されると考えられていた。
しかし、2千万年前に海底で死んだツノガイと呼ばれる貝が
わずか数週間で化石になったことを名古屋大などの研究グループが突き止め、
15日付の英科学誌電子版に発表した。

研究グループが分析したのは、富山市で発見されたツノガイの化石。
全長約3~5センチで、動物の角のような細長い貝殻を持っている。
貝殻の口を中心に「ノジュール」と呼ばれる半径1~1.5センチの硬い球体で覆われ内部が良好に保たれていた。
貝殻の先端は球から突き出ていた。

ノジュールは炭酸カルシウム製で、海底の堆積物に埋もれたツノガイの死骸が腐敗する際に出す酸が、堆積物に染み込んだ海水中のカルシウムと反応して作られたとみられる。』

これは、石灰岩の生成や 先日波猫さんが話題にしていた話とも通じる。
これで、かなりな不思議が 解決する糸口になるのでは、と思う。
もちろん カニ爪の事もね。(逆になんでモロいの?って感じ。(苦笑)
スッカスカで身の無い様な生き物だからか?(^_^;)
身の汁が足りないのでノジュールも硬化し切れないのかも。
そして密閉度が悪いのでシッカリした化石になりづらい?とか。)

by jurijuri555 | 2015-11-03 19:49 | 化石 | Comments(20)
Commented by コニアシアン at 2015-11-03 20:11 x
こんばんは〜
今日はどうも誠に本当にありがとうございました。
最初は本当に無かったですね〜(^_^;)
白爪もイマイチでどうなるかと…
あの巨大白爪は…そんなことをはかっていたのですね(^_^;)ちょーキツでした。でもモノは良かったですね〜
その後の大発見は…凄かったですね〜
来年の調査が楽しみです(^ ^)
もしかしてわざわざ命を懸けてハッスルしなくても、
案外簡単に手に入るかも(^_^;)
Commented by jurijuri555 at 2015-11-03 20:33
コニアシアンさん
本日はお疲れ様でした。
ワタクシめも決死の崖登り&降下で足がガクガクでござる。
しかし、そんな苦労がアホみたいな単純で壮大な発見をしてしまいましたね。(笑)
今後の再調査が楽しみです。
まぁまぁ、巨大ノジュールの1つや2つ 割るのは朝飯前さ~!!な男っとこ前でしょ!!??(笑)
今後の働きにも期待しておりますよ。(^_^;)
温泉で疲れも取れましたでしょうか?
ババァはヨボヨボと自宅でシャワー浴びて寝ますワ。
絶対明日は筋肉痛・・・。(爆)
Commented by やままん at 2015-11-03 23:00 x
あっつー方面の探索お疲れ様です。
私はこのあたりは、子供と貝殻&メノウ探しとコ○ブとりに来てるくらいです。なかなか綺麗なカニ玉見つからないものなのですねー。
また、考察さすがです。
Commented by jurijuri555 at 2015-11-03 23:31
やままんさん
解明が進めばお子様と一緒に楽しめる簡単産地に早変わりするかもですよ。(^_^;)
ただ、モーライやコターンよりは産地INがちょい危険ですけど。
今日も若き女子が一人で瑪瑙採り(たぶん。コンブでは無いと思う(爆))に来ていました。
あと私的には地質が違うのでその辺で時代の相違がどのぐらいなのか・・・。
との謎が残りますが。(^_^;)
層の作りの質と歴史はもう公的に調査済なのでわかっているんですけどね。
=生物 の探査は地道に自分で。ですね。
Commented by アルビアン at 2015-11-04 14:21 x
こんにちは~  まさかのスライドで驚きました
あんな時間からの配送で遅くなりました~

楽しまれましたね、白い爪、体のパーツもありますね
スナモグリの完全体は北海道の堆積ではなかなか
無いですが、パーツが結構 見つかりますし
うまく割れればラッキー的、ガチャガチャですよね
ノジュールの形で 慣れれば向きがわかりますし
鋏の先端が見えていたりと
この地域もがんばってますから
同じように 三笠 夕張地域の同様な化石たちとの
比較も良いと思います。
あ~ 私もアタックしたかったですわ~
2時間早ければ、合流してプチアタックできたかもと
お疲れ様でした。
Commented by vicky at 2015-11-04 15:28 x
なになに、世紀の大発見?!楽しみです。
コニアシアン君、黄色の長手袋がやけに大きく映ってますが、きゃしゃなお方なんですね。ハッスルしてノジュール割れたのかな?

行ってみたいな、アッツー。(ってどこかいな?)
息子も「メノウや琥珀が海岸で拾えるんだってよ」と教えたら、フハフハしてました。来夏帰省時はビーチコも行ってみたいです。
Commented by jurijuri555 at 2015-11-04 19:16
アルビアンさん
あ、〇〇車だー。と思ったら すぐに連絡。(爆)
まさか師匠だったとは。
本当に 割れないノジュールや届かない所とかあり、ツルハン隊やワイルド系がいればねー。って
アルビアンさんやもとろんさんが居れば・・・ってコニアシアンくんと言いながらゼイゼイやっていましたよ。(^_^;)
とにかく すんごい事に気づき遭遇しましたので 又行きたいとは思っています。
良ければ是非、ご指南して欲しいですよ。
ビシチョキ品も欲しいし 新たな発見もしてみたいです。
Commented by jurijuri555 at 2015-11-04 20:10
vickyさん
世紀の大発見、ではないですが、
今まで何度も見てもなかったのに 今回に限り発見出来た!!って事が。(^_^;)
タイミングなんですよね~・・・。

コニアシくんの手が大きく見えるのは、こちらに手を伸ばしているからだと思います。(笑)
アッツーも日本海です。
琥珀は・・・いつでも拾える訳ではないですが、
三紀化石に興味があれば、絶好の場所だとは思いますよ。
蚊に刺されたり 川が増水したり しませんし。(爆)
Commented by Macrowavecat at 2015-11-04 20:54 x
大発見ですか!
ノジュール崩落ポイントくらいしか思いつきません。何だろう???
Commented by canis-majoris at 2015-11-05 02:23
何ナニ〜?世紀の大発見⁈
気になる〜。
Commented by jurijuri555 at 2015-11-05 02:52
Macrowavecatさん
いえ、ワタクシ的に ね。(^_^;)
全然フツーの事なのに今まで気づかなかったアホアホって事で・・・。
崩落も全然行っていなかったので知らずビックリしました。
大ノジュールの抜け殻が沢山あり驚いた。
下はデカイのね・・・。
小さいカスばかり採って来ましたよ。
で、帰りに あそっか・・・と気づいて なんだ~。と。(笑)
でもとてつもない事で驚いた・・・って話です。(^_^;)
Commented by jurijuri555 at 2015-11-05 02:56
canis-majorisさん
いえいえ「世紀の」なんてたいそれた事ではないです。(^_^;)
当時の海の様子を思い浮かべただけで震えます。(爆)
Commented by fossil1129 at 2015-11-05 21:03
巨大なカリアナッサの爪に(^^)// ハクシュハクシュ
チョキ!(^O^)yには
グー! (^O^)g

めちゃ疲れている私です凹
Commented by ZX9-R at 2015-11-05 21:43 x
ノジュールの生成は勉強になりました。甲殻類は死後バラバラになりやすいので、丸ごと1匹ノジュールは、それこそ地学上での一瞬でノジュールが形成されたのかもしれませんね。カニ玉ノジュールは魅力的です。上手に割るのが難しそう。
Commented by apogon2 at 2015-11-05 21:57 x
またまた巡検、お疲れさまでした。
かに玉ノジュール・・前回はちょっと不完全燃焼でしたので次回行く機会があれば頑張りたいです。
なにやら凄い発見もあったようで・・次の展開が楽しみですね。
Commented by jurijuri555 at 2015-11-06 02:50
fossil1129さん
絶対に現代でのスナモグリでは有り得ない程大きい爪があります。
どれだけ大きかったんだ?とガクブル。
こんなのが砂地にワラワラと居た所を想像すると
ビーチコなんか怖くて行けません。(笑)
Commented by jurijuri555 at 2015-11-06 02:57
ZX9-Rさん
キレイな化石は 生き埋め状態だったかもしれませんね。(^_^;)
その方が新鮮な生体汁と塩分カルシウムミネラルにお砂糖少々で
まったりとした良い化石が出来上がりそうです。
鮮度の良いうちに冷やして召し上がれ・・・。
ただし、ツノガイの話、コターンのノジュールから飛び出ているのは
貝の先(頭)じゃなくて裾の方がほとんどなんですよねー。
これはいかに・・・。(^_^;)
カニ玉は、ビシッと入っている物ほど パッカーン☆と気持ち良く割れます。
まさにストレス解消にはもってこいなノジュール。(笑)
ただし、ダメダメの方の確率が高く イライラもやもやが募りますけど。(^_^;)
Commented by jurijuri555 at 2015-11-06 03:03
apogon2さん
今度は白爪ですね。
普通の産地の物と同じ感じになります。
ただしノジュールがイマイチな感じのも多いですけど。(^_^;)
ボソボソ~。
ヤル気ないのかい!!!!(固まる気が)な感じで。ノジュールの概念を壊される物も沢山あり、
逆にスナモグリの繁殖率にビビリますよ。(笑)
Commented by beachcomberjp at 2015-11-17 17:08
ツメ石にハマってますねぇ~!!(笑)
ところで、3枚目はトビの羽ではありません。この感じはハヤブサだと思いますので、ご確認くださいね。

Commented by jurijuri555 at 2015-11-17 20:38
beachcomberjpさん
チョッキリナ~♪にヤラれております。(^_^;)
ハヤブサ!!!!
下ばかり見て歩いているので 飛ぶ鳥の種までは確認しておりませんでした。
上空を舞ってるのは全部トンビだと思っていました。(^_^;)
ハヤブサも居るんですか・・・。
ありがとうございました。
<< ヤド壺探し 成果 >>