my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
カプルス
at 2017-11-24 21:14
クリーニング ⑬
at 2017-11-23 13:38
アブラツノザメ3号
at 2017-11-20 16:56
クリーニング ⑫
at 2017-11-17 18:22
骨の無い標本?
at 2017-11-14 09:00
最新のコメント
ZX9-R さん こん..
by jurijuri555 at 14:52
カプルスとアニソマイオン..
by ZX9-R at 14:20
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 11:00
こんにちは~。 カプル..
by コニアシアン at 09:14
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:05
こんにちは。クリーニング..
by やままん at 12:27
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 04:18
こんばんは! 白亜紀の..
by fossil1129 at 18:55
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:43
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 15:55
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

巻貝の不思議

さてさて、とりあえずここまで来て
貝ってキレイだな~。不思議だな~。って単純に感心し
ホネガイを見てスゴイよね・・・。って思いましたが、まだまだスゴイ貝は沢山おります。

もうここまで来ると保存にもどーしたら・・・と言うのもあり、
d0318386_1491830.jpg
スイショウガイ科のハシナガソデガイと
リュウテンサザエ科のリンボウガイです。

鑑賞用にはもってこいの貝ですが、実際はこ奴等は海中で生きて生活しているのです。
単純に 見てキレイ面白いとだけ思っていましたが、それでは小学生の頃と変わりなく、
大人として少し 「ではアンモからの繋がり等を少しづつでも考えると」・・・
と言う方向まで進めてみたいと思います。

まずは生態。
実は検索しても二枚貝のは多く出るのですが、巻貝になるとあまり詳しいのが無かったりします。
とりあえず二枚貝の作り。(画像はお借りしている物です)
d0318386_14215857.jpg


で、巻貝になるとグッと単純化されている様な気がするのですが・・・
d0318386_14223588.jpg
とりあえずこんな感じ。

でも少し違う気がします。
先日のタケノコガイの生体の画像を見ても分かるように 巻貝にも水管があるのです。
d0318386_14265191.jpg

もちろん貝殻にもその跡と言うか水管が出る為の溝が作られています。
d0318386_14273113.jpg

この水管がある無しが 古代トリゴニアが絶滅に向った原因の1つと言われている(?)そうですが、
またまた「御所浦ネット」と言うところからお借りした画像によるとこう。
d0318386_14362691.jpg
水管だけなら目立たないが、本体を出してちゃあ「あ、貝だ。」と敵に見つかってパックリとヤラレちゃう。って所でしょうか。(^_^;)

ホネガイなどのトゲは更に敵から身を守るため・・・と言う事だと思いますが、
水管の為に殻まで伸ばす理由はなんだろう・・・と考えますと
巻貝も二枚貝の様に砂地に潜って水管で息しているのかとかは良くわかりませんが、想像としてこんな感じ???
d0318386_1443552.jpg
私達人間も砂地の穴を見て「中にアサリが居るな♪」と思って潮干狩りとかしますが、
魚にも見つからないにはより深く潜る必要があり、そうなると水管を長く伸ばさなければならず、
ふにふにした水管より支え(殻)があった方がシッカリし、さらにトゲを付けると水管目指して魚がパクッと来た時に「イタタ!!!」となれば食べられない。
とした結果でしょうか???(笑)
てな風に単純には考え付くのですが・・・。(^_^;)

本当にこんな風に潜っているかはわかりませんが、海底では這って歩いているはずで、
d0318386_1453437.jpg
こんな感じでズリズリと生きているはずです。(^_^;)
ホネを引っかけて(杖代わり?)歩くと言う話もありますので・・・。

ただ、実際には、画像が逆になっちゃったけど方向はこうです。(汗)
d0318386_14544048.jpg
ヤドも必ずこの方向に入って生活しています。(笑)

こんどうしげるさんのコラムで面白い殻の解説が行われています。
そして、アンモの殻の構成も語られていますので 読んでみて下さい。

こんな風に追求していくと・・・キリがなくなるのですが、なぜなにの不思議を探求する気持ちは失わずに居たいです。
サッパリわからないのですがー・・・。(^_^;)アホアホ

 

by jurijuri555 | 2016-01-16 15:14 | | Comments(10)
Commented by アルビアン at 2016-01-16 15:59 x
今年は貝殻が人気なんですね~集め出すと 価格も安価で
集めたくなる、収集癖のある我々ははまりますね
こうして、サメの歯やアンモナイト、貝殻、琥珀と知識がまして
現地でも化石の眼になりますから、成果に繋がりますよ
私も貝殻大好きですから、安価で楽しめる貝は買いです。
Commented by jurijuri555 at 2016-01-16 16:44
アルビアンさん
広く浅く・・・なので詳しくはないのですが、
もんのすごく高価な貝もありまして・・・。
でもそれはキレイだとかじゃなく やはり希少度らしいですけどね。
希少度は数(生態数)が少ないと言うより 採集しづらい(=深海性)と言う理由の様ですがー。
鑑賞用と化石種は又違うのも多いですが、それでも色んな貝を知ると
どこかで化石として発見した時に 何か繋がりを見つけやすい事も多いと思います。
無駄な知識が無駄にならない時が来ると良いです。(^_^;)
師匠も私と出会ったが最後、沢山振り回されて下さいね~。(笑)
貝、お届けしますよー。
Commented by ammonite0028 at 2016-01-16 17:36
こんばんは もーりんです。
とても分かりやすく、勉強になる楽しい企画です。
ここ数回のじゅりあさんのブログ、保存版に
させていただきます。
二枚貝と巻き貝を知ることは、アンモナイトの
深い理解につながりますね。
ありがとうございます。\(^_^)/
Commented by jurijuri555 at 2016-01-16 17:48
もーりんさん
もうワタクシもサッパリわからず、こんどうさんのコラムを読んでもなるほど~!!!!と思いつつ 全然脳に蓄積されません。(^_^;)
ただ、水管が巻貝の前(頭)と言うのは今回わかりました!!(笑)
まだまだ軟体の構成の謎は残りますが、少しづつじゃないと覚えられないので・・・。
とりあえず殻の不思議から。
ニッポの様に数学的になってしまうと私には本当にサッパリです。
でも殻の不思議を知る事は 実際に採集した時に感動を倍にもしてくれるでしょう。
ほほう、コレがアノ巻き巻きの部分ねー。とか・・・。(^_^;)
すごいぞアンモ(貝)、気合でここまで作ったか!!(笑) と・・・。
今年もその感動を求めて 採集頑張りましょう♪
Commented by コニアシアン at 2016-01-16 19:17 x
こんばんは~
なかなか頭に入らない…
でももーりんさん同様、とても良い企画だと思います。
あの貝の顔が何度見てもカワユイ・・・
こうしたのも実際に飼ってみると、面白いですね。
様々なことが分かると思います。
あっ、ブログ開設しました。
アルビアンさんのブログからリンクできます(^_^)
Commented by jurijuri555 at 2016-01-16 19:38
コニアシアンさん
おー、ブログ開設おめでとうございます。
後でお邪魔致しますね。
貝とアンモじゃ違うじゃないか・・・と まったくその通りなんですが
やはり海の同じ貝殻を持つもの同士、自然の摂理の共通点はあると思うのですよ。
なのでどんな雑学も周りから攻めると 今までカチカチだったものも なるほど~とヒントになったりもするのです。
まぁ、そんな難しい事は私もわかりませんがー。
単純に面白い事は好きなので ただキレイと眺めるだけではなく疑問に思ったことを調べてみたりするのも意外な所に結びついたり楽しい物です。
貝もキモかわゆいでしょ?(笑)
Commented by motoronron at 2016-01-18 03:20
どもです(+∀+)。
水菅の有る無しが、トリゴニアの絶滅云々というのは
じゅりあさんが「?」をつけた様に、ワタクシも
俄かに承服しかねますね。生き残ったシンサンカクガイは水管を持つのか?
水管のある貝は比較的絶滅しにくいのか?
アッキガイはワッサー歩いている動画を見たことがあります。
思ったよりも早く歩いていて驚きました。
コンドーセンセーの「自分の意思で形態を変えられる」説も
なんだかピンときませんね。
どれくらい願い続けるとDNAレベルに影響を与えるのでしょうか(笑)?
Commented by jurijuri555 at 2016-01-18 03:52
motoronronさん
人間の脳で推理するには想像が欠ける事もありますし(経験値も関与)証明となると未知の世界ですからね~。
自分の意志で変れるなら人間界にも美容整形外科と言う分野は必要ないですね。(^_^;)
視点がとても面白いなーとは思いましたがそもそもの初めの 魚の模様が変わる・・・って当たり前じゃん。でした。(爆)
人間無地で生まれてホクロが出るのと一緒。
成長痕ですがな。
種の変化も貝殻の柄を使えば千差万別で簡単証明。
人間が同じ人が2人と居ない(簡易に双子などを覗いても)と同じ事で
そこから疑問はてんこ盛りですが
まぁ、面白いね。と言う事で・・・でした。
その前に 水管あったよねー、え、水管って何?水管は何するの?
と言う方がワタクシには重大な事なのでした。(爆)(爆)
ワタクシも毎晩お星さまに願ってDNA・・・と言うか細胞の無限完璧再生を願いたいです。(=不老)
もー、目が見えなくて(老眼)本も読めんわっ!!!!!(怒)
100mを18秒台で走りシュルシュルと木を登り岩山から飛び降りれる体力を取り戻したいです。(笑)
気力はあるのにな~???(爆)
Commented by やままん at 2016-01-19 22:39 x
こんなに貝殻の紹介をしてくれていましたのに、訪問できず・・。しかもホネガイも・・。
貝って面白いですねー。
じゅりあさん、貝殻だけで、何個くらいお持ちなんですか?
Commented by jurijuri555 at 2016-01-20 03:09
やままんさん
お仕事お疲れ様ですー。
いえいえ、貝はMyコレの基本ですから 数はそんなに真コレクターさんほどはないですが
そこそこ、普通にアルアル物はあります。(^_^;)
ま、化石とのつながりもありますし、種類も多いので面白いですよね。
冬はネタなし なので、たまたま使っているだけです。(汗)
<< 貝の標本作り 120° >>