my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑦
at 2017-05-26 23:09
やどやど日記 20
at 2017-05-24 14:55
おうちde植物化石
at 2017-05-22 19:03
梅とミニアンモ
at 2017-05-19 21:23
意外なクリーニング
at 2017-05-16 20:08
最新のコメント
あ、追記で、 こうして..
by jurijuri555 at 12:49
Macrowavecat..
by jurijuri555 at 12:44
そっか! 「研究」と言っ..
by Macrowavecat at 09:36
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:21
イガイとか謎の巻貝とか、..
by Macrowavecat at 23:36
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 11:59
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 11:27
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 10:59
こんにちは~。 やはり..
by コニアシアン at 09:49
apogon2さん こ..
by jurijuri555 at 00:03
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

ヒタチオビ3属

最近のヒタチオビのクリーニング とりあえず終了。
d0318386_1605825.jpg
しかし、見ても違いが良くわからない。
d0318386_1620423.jpg
特に小さいの3個。

それもそのはず、
ヒタチオビは6属に分けられるらしいが、
主に北海道方面で採れるものが多い ホンヒタチオビ属。(左の欠け採集品)
やや大型のヒタチオビ属だ。

シワヒタチオビも違いはわかる。
少し柄の入ってくるニシキヒタチオビ亜属だ。
こちらもニシキヒタチオビも持っているが、同じく大型になる種。

そして、残りの3個は全てニクイロヒタチオビ亜属なので似ているのだ。

他にはイナズマ柄のでるイトマキヒタチオビ属、
一番深海に住むウスヒタチオビ属
小型のサオトメヒタチオビ属だ。
ヒタチオビガイはフタを持たない貝だが、確か このサオトメヒタチオビはフタがあったと記憶している。
1つ欲しい物だ・・・。

マクタン小貝の仕分けも終わった。
d0318386_1646522.jpg
結局 ケースはクリアタイプのにしたが、
入ってた種は21種以上あって足りなかった。(汗)

地味に進めてはいるが 最強の微小貝がまだ残っている・・・。
匂いは少しは抜けたか?(^_^;)

 

by jurijuri555 | 2016-02-26 16:53 | | Comments(8)
Commented by vicky at 2016-02-27 09:39 x
整理がお上手ですね。
微小貝、がんばってください。

ヒタチオビ、パッと見「チオビタ」に見える私はやはり貝マニアではありませんな。
Commented by jurijuri555 at 2016-02-27 12:55
vickyさん
やりはじめたらね・・・。
それまでが長い長い・・・。(^_^;)
私もいつもヒタチビオ・・・あれ? オビ。と打つ時につまづきます。
Commented by motoronron at 2016-02-27 15:37
どうもです(+∀+)。。。
ヒタチオビ、ワタクシもチオビタに見えます。
なんだか元気になっちゃいますね。
整理をどうするか...は悩みます。単に整理するだけであれば大した事がないのですが、
必要な時に取り出せるのか?鑑賞できる様にするのか...
いろいろと悩みどころがてんこ盛り鍋。。。(+∀+;)。
ワタクシ、そもそもテキトーなので、もー、どこのアンモだか
新生代のアンモなんだか、未来のアンモなんだか、わけわかりません。
Commented by アルビアン at 2016-02-27 15:43 x
こんにちは、ホンヒタチオビは大きくていいですよね
こうして並べますと 模様や殻口などの差も伝わりますが
化石となりますと、模様は無くなり、その形をたよりに
ですので、現生標本の確保は大切だと思いました。
いよいよ  微小貝ですか~大変でありますよ
選別は息を止めて~ 小さいから顔を近づけますと
ぷーーーーん  といい臭いもしますね
Commented by jurijuri555 at 2016-02-27 16:10
motoronronさん
元気ハツラツ!!は別の商品でしたか。(^_^;)
ま、テンション上がるのは共通した症状ですが(笑)
なかなか盛観ですよ。
必要な時に取り出せる・・・それはもうちゃんとした部屋が必要になりますねー。
出来れば そう言う方向で・・・とは思うのですが、家が狭くて難しいですね。
わたしも初めはどこの・・・とか覚えているのですが だんだん年数が経つと記憶も曖昧に。
キチンと整理やラベル付けは大切ですね。
ただ、そんな貴重な採集品はないので まいっか。な感じですがー。(^_^;)
Commented by jurijuri555 at 2016-02-27 16:15
アルビアンさん
地方だと又変りますが、たぶんこっちの採集品は ホンヒタチオビ属だとは思います。
当時の生態地域がわからないので 一応色々とは集めておりますが・・。
後は 今年の採集で肝心の化石を採るばかり。(爆)
本体ないのに予習しているワタクシでした・・・。
う゛・・・微小貝、ガンバリます・・・。ファブった方がイイかな~。(^_^;)
鼻にティッシュ詰めますか・・・。
Commented by Macrowavecat at 2016-02-27 16:24 x
貝の世界も奥が深そうですね。どこで種を識別しているのか、どこからどこまで個体変異なのか、さっぱり判りません。
それにしても、あちこちに嵌るとやばそうなマニアフィールドがありますな。
Commented by jurijuri555 at 2016-02-27 17:00
Macrowavecat さん
本当に 見ても聞いても調べても 微妙に信用納得出来ない部分もありますが
だからと言って ド素人の私が何も言うべく事もなく、
立ち入れないマニアの結界があります。(笑)
趣味の一つとしてサラーッとなでてるぐらいが楽しいと思うので
自己満足で終わらせる様にはしていますが
もともとハマりやすいのでヤバイですねー。(笑)
なんとなく鉱物から化石に流れていましたが、元々の趣味の貝とより結びつける事で
少し自分の中でも納得出来る事が出来たのでテーマをもって採集して楽しめそうです。
<< ヤドカリ 47 微小標本の保管グッズ >>