my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
カプルス
at 2017-11-24 21:14
クリーニング ⑬
at 2017-11-23 13:38
アブラツノザメ3号
at 2017-11-20 16:56
クリーニング ⑫
at 2017-11-17 18:22
骨の無い標本?
at 2017-11-14 09:00
最新のコメント
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 11:00
こんにちは~。 カプル..
by コニアシアン at 09:14
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:05
こんにちは。クリーニング..
by やままん at 12:27
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 04:18
こんばんは! 白亜紀の..
by fossil1129 at 18:55
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:43
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 15:55
いわき男 さん こんに..
by jurijuri555 at 16:08
juriaさん、こんにち..
by いわき男 at 12:53
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

おっと、待ってね。追加のコラボ記事

と言う事で アルビ師匠の記事に 勝手にコラボで追記させて頂きます。

何度も書く様に そちら系、町史にも書かれる マイナーマニアの中では有名な(?)M鉱山のズリになります。
トンネル及び道路の再整備の際に その鉱山のズリ石(排石)を使ったのですが、
とある雑誌(番組?)に紹介されるやいなや ファミリーで押しかけてその辺りの土手を掘り崩し採り尽くされた・・・と言われる
われらの中ではもっとも有名な「産地をバラすと荒れる」の代名詞になっているとかいないとか・・・。(^_^;)

その鉱山とは、正式には、M銅鉱という鉱山。
もともとは近隣にあった炭鉱の開発の余波で発見された鉱山で それ以前の開拓使らによる操業から、
明治20年代に三井物産に経営が移ったが、確か昭和30年代に閉山したと記憶している。
(全然ウソだったらゴメン・・・)

そのズリを探しに行った時の話はこちら。(←クリック)

で、その時みつけられなかった物を去年のミネショでサブチー経由でもらったんだけど・・・
d0318386_510542.jpg
約20cmのキャビネットサイズの標本
d0318386_5113183.jpg
d0318386_5115246.jpg
パイライトの大きな結晶や水晶とのコラボもキレイだが・・・
こう言うのを「鉱物」と呼ぶ。正式には単品を表す。(水晶、黄鉄鉱 それぞれの事。
ニュアンスとして全体を呼ぶには「鉱石」となりがちだが)
鉱石とは工業的に役に立つ鉱物をさすので、この場合は どちらかと言うと水晶が鉱石となる。
(と言うのも 間違ってたらゴメーン。テヘ)
ちなみに黄鉄鉱は、昔は硫酸の原料とされたが 今は利用されていない。ウィキによると 太陽電池の材料としての利用が注目を集めており、工業的価値の見直しが進んでいる。と言うが。そうなれば鉱石。(^_^;)

ちなみにM鉱山では、銀・銅・亜鉛の「鉱石」の採掘が行われていたので
ワタクシ達の目標は 当然それらの硫化鉱物ズリ探し。
第一ズリでは紫水晶が目的です。(^_^;)

しかし、東京大学総合研究博物館 明治13年発行の「博物館列品目録」に所蔵鉱物として
 オウリュウドウコウ 黄硫銅鉱 (Chalcopyrite) (=要するに黄銅鉱。)
 北海道〇〇郡△▽村ノ内字M温泉沢
と言う項目書きがあり、少しハテナ?な所は残る。(銅山だもの 黄鉄鉱より黄銅鉱だよなー。って事。
もらった物やみんなが採ってる物が 黄銅鉱だよ。と言っている訳ではない。どっちも出るよ。
マニアとしては、目指す物が違うと言う事。)

ちなみにその同じ目録には、
 コハク 琥珀 (Amber)
 北海道石狩アッツー郡フラドマリ海浜
と言うのもある。
どこだい、フラドマリ・・・。
〇〇どまりはコターン近辺に現存するが もしかしてフナドマリ(船泊)=港 の事か?(意味的に)
と地図を見ると まさに元祖シーアンバーの海岸は▲船町だった。(こじつけ(笑))
ま、どこでも採れるっちゃー採れるけどね。(^_^;)
(もしかしたら シーアンバーじゃなくて油田由来のものかもね。でもそんなの出たのかなー。(植物化石って事になる))

いやいや、琥珀はやっぱり元山のM傘Y針だよね。
って、事で、去年採った石炭琥珀。
d0318386_5594152.jpg
まるでスペサルティン(ガーネット)、コニャックトパーズ。
美しいブルーアンバー。(蛍光写真撮り忘れた・・・) ←いつも詰めが甘い

 
失礼しました。
 
 
本日の貝。
d0318386_713419.jpg
ガクフボラ科 まだ和名のない「メロンボラ」。
ヒタチオビにも似ている。
 
 

by jurijuri555 | 2016-03-01 06:24 | 鉱物 | Comments(14)
Commented by コニアシアン at 2016-03-01 07:28 x
おはようございます〜
なんかいつも使っている機種で、コメント欄が出ないというハプニングがありまして、ス◯ホで書いています。
どうなっているのでしょうか...?同じエキサイトのもとろんさんのブログは普通に書けるのですが。

やっぱり石炭に入っているのも、琥珀は良いな...と思いました。
ブルーアンバーは欲しいですね。今年M傘でとってやるぞ〜‼︎
アルビズリで拾った三笠の琥珀は、青く蛍光しないのですよ...(^_^;)
前のじゅりあさんの琥珀実験という記事が大好きで、蛍光色など参考にしています。
Commented by jurijuri555 at 2016-03-01 08:45
コニアシアンさん
おー、おはよー。
外は私が帰宅する頃から猛吹雪だよ。
飛ばされない様に気をつけて~!!
え、私のブログだけ書き込み出来ない???何も設定はしていないんだけど・・・。
勝手に好き嫌いわけられてたりしてね。(苦笑)
私のブログは18禁なのかもー・・・。(^_^;)
琥珀は良いですよねー。あー。奇しくもあの記事は今回と同じ別の意味で誤解もされました。
徹底して、産地の完全公開はしない、
私は詳しくは無いが成分の異議は自説として唱えているだけ。(疑問・質問の意味)
と言うのは今回もいつも 変わらないよー。
琥珀産地もM鉱山ズリも簡単産地でお勧めですよん。
黄鉄鉱白鉄鋼黄銅鉱の話も混合しやすいんだけど
琥珀もいまだに その後やっぱり炭素がブルーアンバーに関係しているのは確認したけど
一般的には確定はされていない。と思う。そもそも誰か研究しているのかな?
興味としては やはり植物の種による変化はあるのかと言うのは気になりますね~。あと化石年代?
産地の違いはあって当然だと思うしねー。(環境による変化)
琥珀もいろんな意味で興味の尽きない鉱物でもあり、化石でもあります。
だってね、同じ所で採ったのに蛍光色違うのもあるんだもん。
面白いでしょ?
黄色・緑・青 が主な蛍光色です。
各種集めるのも面白いですよー。是非。
Commented by アルビアン at 2016-03-01 14:39 x
こんにちは~メロン良いですね
見栄えはヒタチさんなんですね
コラボありがとうございました。貝殻大王さんもコラボして
頂き三コラですね、でも、完全にここが最も詳しく書かれ
補足どころか  メイン記事になっておりました~
いい標本を御持ちなんですね、あの上の鉱山で働いてた
方をしっていまして、現在は亡くなりましたが
部屋に凄い鉱石をごろごろと飾っていて当時少し
頂きましたよ~荒らされても沢山出てますよね
子供と遊べるので好きですよ
目標は 素晴らしい紫水晶です。
Commented by jurijuri555 at 2016-03-01 16:15
アルビアンさん
えー、当時の鉱山マンって、若くても70歳とかになりますよねー。
そんなお知り合いが居たとか サスガ師匠!!
では、良い標本をお持ちなんですねー。うらやま~。
ほんとは紫水晶の産地なんで、私も良いのが欲しいです。
今日も大変な天候でしたが お仕事大丈夫でしたかー?
メロンボラ、美味しそうな名前でメロンが食べたくなりました。(^_^;)
ヒタチオビも着々とゲット中・・・
Commented by Macrowavecat at 2016-03-01 20:03 x
フラドマリ海浜ですか。たぶん、「フラトマリ」=無煙浜辺りのことですかね。無煙浜では小さな欠片数個しか拾ったことがありません。
Commented by canis-majoris at 2016-03-01 20:05
 "フラドマリ"ではなく”フラトマリ”だと思います。
 無煙浜のことです。
Commented by jurijuri555 at 2016-03-01 20:43
Macrowavecatさん
へえ、あの辺ってフラトマリと言うのですか。
又変な誤字が出て来たなー・・・と悩んでいました。
んじゃ、やはり油田由来でしょうかね~???
って、私 何度も通いながら油田は見たこと無いのですよね。
どこにあるの???(笑)
Commented by jurijuri555 at 2016-03-01 20:45
canis-majorisさん
又変な機能が出たなー・・・。(excite)

あら同じ事を・・・。お二方とも良くご存知で。
シーアンバーなのか 現地化石琥珀なのか
なんの「コハク」だったのでしょうね~?
まだ現存するのかな。
Commented by vicky at 2016-03-01 21:26 x
石炭琥珀いいですね。
去年行った久慈の琥珀発掘体験を思い出しました。
石炭層の中にあるからボロボロ崩れて、まー大変でした。
小さい粒っこを掘り出して感動してました。

鉱山跡というのは、なんだか怪しくてひかれます。
ちょっと怖いけど。
Commented by fossil1129 at 2016-03-01 21:28
昔むかし
Tの峰から、黄鉄鉱含んだ粘土を持ち帰って
子どもたちと楽しみました。
小指の爪ぐらいのも出てきて、面白かったのですが
排水溝詰まってしまって、教頭先生に謝りに行きました。

楽しい思い出です。
Commented by jurijuri555 at 2016-03-02 03:01
vickyさん
琥珀、イイですよねー。
色んなの欲しいですよ。
鉱山跡は とびきり怪しいですが
良いのが採れるとパラダイス。(^_^;)
Commented by jurijuri555 at 2016-03-02 03:08
fossil1129さん
生の鉱物に触れる体験は良いですね。
詰まらせたのはヨクナイけど・・・。(^_^;)
大きい結晶のクラスターが欲しいですよ。
Commented by motoronron at 2016-03-02 17:55
どうもです(+∀+)!!
こーゆー、金物っぽい結晶はスキスキです。
この手の記事はじゅりあさんの独壇場ですね。
ワタクシの中では...
鉱物→単体・結晶っぽいカンジ
岩石→いろいろごちゃまぜ
鉱石→なんか使えそうなヤツ
という理解なのですが...(+∀+;)。。。
産地の保全については...難しいですね。
全道を荒らし歩いているワタクシには、ぽょ〜とした罪の意識と
薄っぺらい反省のココロしかありまてん(+∀+;)。。。ナンカシーマセン
Commented by jurijuri555 at 2016-03-02 19:51
motoronronさん
こんばんは。
鉱物的名称、それで合っていると思いますよ。
どう呼んでも 石なんですから間違いではないのですがね。(^_^;)
博物館などでも 一般に「鉱石」とは呼ばず
やはり「鉱物」と言っているはずです。
じゃなければ 何とか岩とか系は岩石。
かっちょつけたければ「ミネラル」ですかね。(笑)
産地に関して、
別に絶対出すなとか教えるなって事じゃなくて
まんま出すなって感じで・・・ってなんか前も書いた気がしますが、
私だって 人のブログとか見てヒントを得たりして助かったりもするので
そんなファジーな感じのは良いと思います。
バッチリ正確な名前を書いたり 丸わかりな画像を載せたりは
私がヤメロとは言えないけど それなりの責任負う覚悟で出しているのね。と解釈します。
マナーの良い人ばかりではないので難しいですね。
<< パラゾレノセラス ヤドカリ 47 >>