my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
モーライ石ふたたび
at 2017-04-19 15:31
セノマの貝
at 2017-04-17 20:59
クリーニング ⑥
at 2017-04-14 21:51
セノマのアンモ
at 2017-04-12 15:33
最新のコメント
私も望来で採れる白くて長..
by apogon2 at 22:24
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:25
こんばんは~! 三紀含..
by fossil1129 at 19:14
アルビアンさん まーた..
by jurijuri555 at 18:31
オゲレツとのコメントに嬉..
by アルビアン at 17:36
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 17:10
こんにちは~ 全国的に..
by アルビアン at 16:51
りんぞうさん いやいや..
by jurijuri555 at 14:50
腱鞘炎に加え肋骨の痛みで..
by りんぞう at 14:07
コニアシアンさん ワタ..
by jurijuri555 at 11:34
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

蝦夷のヒタチオビは謎に満ちて・・・?

先日、大量のヒタチオビをゲッチョしてホクホクでしたが
アドレナリンが引いて 少し落ち着いて見ていると んん???と何か引っかかります。

まぶしい朝日の中、次から次へと落ちてるヒタチオビを拾うのが忙しくて1つ1つ良く見もしなかったのだけど
色白さんだし模様も見えるのが多いし サガミ(仮称として)だと思い込んでいて、
やっぱシュッと細くてワイルドなエゾが欲しいとハシゴしたが取れず消沈して帰宅したが
採ったサガミを洗っていても なんか違和感。
そして洗って乾いてくると やけに白く乾燥しているっぽいのがいくつかあって
良く見ると1つ2つエゾが混じっていました。あれ・・・
d0318386_3272969.jpg
上2つ、完全に皮がついていますね。
で、下2つはいつものツルリとしたサガミ。(両方とも同じ浜で採集した物)

プロトコンクが欠け気味だとフォルム自体はそんなに変わらないのか???
いや、前日はかなりエゾの方がシャープに感じていたのだが・・・。

とりあえず、見た目他に違う点はあるのだろうか・・・と観察してみると
d0318386_47139.jpg
軸唇が違う。
エゾはヌメヌメで黒い。サガミはキレイで本体との差がない。

しかし感じていた違和感はそれだけじゃない。
持った時に 確かにサガミは縦助はハッキリしているが なめらかでツルツルしているのに
今回のはどれもキレイなサガミに見えても 縦助のゴツゴツ感を感じられるのだ。
皮がついててザラザラしているのはわかる。(エゾかな と)
と もう1つ ん?と思ったのは、大きいの採ったと言って撮った画像もアレ?と思った1つだ。
大きいサガミは採集出来なかったが割れてるけど完品だったら・・・ということで同じくらいの物で比べてみよう。
d0318386_4232251.jpg
d0318386_1230617.jpg
(左から エゾ・?・サガミ)
ちょっと慌てて洗って保湿にオイル塗ったばかりだから異様にテラテラしているが、落ち着いても結構ツルツルしている物なのであまり気にしないで見て頂きたい。
確かに若干サガミがふっくらしている、エゾは細身でシャープな感じもするが、大差ないかも。
そして、サガミだと思ってたの(真ん中)って下の裾巻って皮を被ってた痕跡みたいなのを感じられる?
え、エゾ?元はエゾなの?擦れて皮がむけた???

いやいや、自分で言ってたじゃん。
エゾとサガミの両方の特性を持ったのがオオヒタチオビだって。(笑)
じゃあ、ここはオオヒタチオビの浜で、採ったのオオヒタチオビだったんだ!!
d0318386_1232391.jpg
ヤッター!!全種コンプリ~♪

って、喜びたい所なんだけど 待て待て。
思い出せ。オオヒタチオビの学術的特徴。
『殻は薄く大型』 何の殻と比べてさ。どれも大型になるっつの。
『鋭い縦助がある』 アルアル。
『殻表にはホンヒタチオビと似た電光状の帯がある』 実はエゾだってあるのさ。
『灰褐色の粗い殻皮に覆われて模様が良く見えない』 灰・・・と言うより赤銅色なんだよね。サビ色。(^_^;) ま、その辺は地域性?(笑) 蝦夷色と言って。(爆)
『殻口は広く』 だから何と比べて?
『外唇は薄い』 これはねー、たぶんヒタチオビ自体は太留めしたいんだよ。殻口の補強の為にも。
つまり、縦助の凸の時に作るのを止めると厚くなるし 凹の時に止めると薄くなるので、貝の気分次第の様です。
厚いのも居るし 薄いのも居る。
ウスヒタチオビの様に元から全体的に薄い殻だとかじゃない限り自然現象ですね。(^_^;)
『北海道沖~相模湾の水深50-600mの泥底に住む』 これは獲った漁師さんしか知らない。漂着貝だから。
と言う事で、やはり生育域から直接何体も採集して見るしかない。と。ムズ...

ただ、エゾ・サガミ・オオ と分けたい理由の一つとして、
漁の事がわからないから やっぱり漁師さんに聞いてみたいのだが、
単純にサガミの浜とエゾの浜、そして今回のオオの浜の漁の規模が違うんですよ。港も。船も。
なのでもしかしたら漁区域(深度)が違うかもしれない。
船の漁海域的に想像して 浅い順で確かにサガミ・エゾ・オオだったのでね・・・メイン漂着種が。
d0318386_1355372.jpg


仮説① エゾが擦れてオオになり オオが擦れてサガミになる。つまり全部同じ種で個体内変異。
※ただし、それぞれ大小が存在し 大きく成長する過程で擦れる訳でもない。
d0318386_12382658.jpg
17-20cmぐらいだと思われるエゾの下裾巻殻口辺りの欠片。皮被ったままでしょ?

仮説② 同じホンヒタチオビ属なので激似て当たり前。それぞれ生息深度が違い別種。(上記で願ってる事)
サガミヒタチオビ 北海道沖~駿河湾 50-450m  95-220mm
オオヒタチオビ  北海道沖~相模湾 50-600m 165-230mm
エゾヒタチオビ 北海道西岸~佐渡島沖 50-200m 95-135mm
ホンヒタチオビ 相模湾~銚子沖 20-100m 95-135mm
これ唱えている人、かなりイイ線。
ただ、エゾが大きくなったのがオオ。だと言ってる人もいる。なのでエゾの成長サイズを200mm台に直して欲しい。

仮説③ ホンで135mmオーバーになるのはいないのか? 少なくとも150mmぐらいにしかならないなら =サガミではない。
ホンとサガミは分けるべきである。
大型になるホンが居るならば成育貝長を直すべき。加えて当然成育地域を北海道からに訂正するべき。
では別種とした場合 確かに200mmサイズに成るサガミが他地域にも存在するのか。
北方特有種ならば、サガミって相模地方の名でしょ?名称を変えて欲しい。(笑)

どうでしょう?
とりあえず、新鮮な海中生ヒタチオビをゲットするべく 細々と考察は続けて行きたい所存です・・・。
ちょっと潜って来るわー! (ウソです。(泣))

あと こんなのはどう?
大スクープ!!??
d0318386_1352532.jpg
反対巻ヒタチオビ!!
レアでしょう~!!
完品だったらなー・・・。残念。

あとオマケでお遊び(?)。エセ幼貝
d0318386_13261031.jpg
一番左と右はまんまちゃんとした貝ですが、真ん中のは全部割れて擦れたエセ幼貝。(^_^;)
上手く擦れますな~。
こんなだから怪しくなるんですよね・・・。

今回もちゃんと違う貝も採集していますよー。
d0318386_13281010.jpg
ネジボラ?
似てるネジヌキバイ?も採ってます。割れてるけど・・・。

ナガバイも採ってます。化石種の現世。
d0318386_13371765.jpg
先日モーライ層で採集した化石。
どちらかと言うとヒメナガバイの方に似ているのかな?

てな事で・・・。
ヒタチオビ LOVE♡ (笑)
d0318386_13391482.jpg


 

by jurijuri555 | 2016-04-07 13:45 | | Comments(6)
Commented by apogon2 at 2016-04-07 21:02 x
いつもながらの素晴らしい考察ですね。後は海の中に潜って調べるしかないと思います。りんぞうさんのブログで何方か必要な方にドライスーツをお譲りします~と書いていました(笑)。
Commented by ZX9-R at 2016-04-07 22:11 x
何度見ても魅力的なヒタチオビ。考察も凄いですね! 私は実物を見たことが無いので、写真からしかわかりませんが、化石同様に実物から伝わる違いと直感は、結構当たっていると思います。それにしてもオオヒタチオビのサイズの素晴らしさ! みなさん、フィールドで活躍されて羨ましいです。
Commented by jurijuri555 at 2016-04-08 04:05
apogon2 さん
お帰りなさいませー。東京イイナー。
東京バナナはー?(笑)
北海道は白い恋人、東京は 私はひよこサブレより東京バナナ派です。(^_^;)
やっぱ、次は深海潜水ですか。
深海素潜り、ウェットスーツの方が良いのでは?(爆)
人間の素潜り記録って、100mぐらいでしたっけ???
ホンヒタチオビぐらいしか採れませんね・・・。
丁度潜った真下に居れば良いけどー。(爆)
下に着いたらすぐ戻らないと酸欠で死ぬ・・・
Commented by jurijuri555 at 2016-04-08 04:45
ZX9-Rさん
やはり、手にした方が色々と伝わりますね。
是非オホーツクでもご確認をー(^_^;)
Commented by りんぞう at 2016-04-09 14:57 x
Commented by りんぞう at 2016-04-09 14:47 x

こんにちは。
もう~なんも言えないけど、ヒタチオビといい・・貝という貝の特徴をよくもまぁ~調べ上げていますね。
しかも、種によっては学名を根底から変えてしまいそうな考察力には、ただただ感心してしまいます。
今後も頑張って下さい。

実は昨日、友達とサメの話をしていてモウカザメなら7月頃によく網に入るなんて言うもんですから、モウカザメ・・どんな?と思い先ほどネットで検索してみるとネズミザメのことと分り姿を見て・・ちょつとガッカリしました。
もっと違うイメージをしていたものですから・・
で、頭の大きさが一抱えくらいあるらしく、入ったらボッツリ!頭をもいで持ってくるか?と言われました。(笑)
一抱えったら・・直径40cmくらいありチェスト型の冷凍庫(奥行)にやっと入る大きさですね。
ま、話ですけどね。(笑)
Commented by jurijuri555 at 2016-04-09 15:53
りんぞうさん
スゴーイ!!!!モウカも回遊して来るんだ~♡
もう漁師さんにラブ♡になりそう・・・(爆)
もちろん、サメ頭、大歓迎ですよー。
体長3mの頭までは楽勝でサバきます。ウフ
うち、「冷凍庫」ありますよ。(笑) どさんこ「らしい」でしょ?
シバレル冬は買い物行けない時もありますからねー。「ストック」は地場伝承です。(笑)
ただ、うちもストッカーじゃなくて縦型なのであんまりデカイサメは入りませんが、
頭1匹ぐらいならすぐサバけるから大丈夫~♪
(実家にはデカストッカーがあるのでホホジロでもイケます!!(笑))
ガッカリ、なんて ネズミーはクレトラムナですよー。
1、2を争うカッコイイ歯じゃないですかー。貴重貴重。
是非じゅりあ宅まで直行便で送り付けて下さい!!
肉は食べて下さいね。鮮度一番ですから。
心臓は珍味ですよ。肉も野性味あふれてステーキ系にするとおいしいです。
フィッシュフライでもイケます。
臭みがあるので生姜等のスパイスを生かして下さい。
是非、召し上がれ~。
ドドーンと頭、お待ちしています♪

ヒタチオビは実は、ちゃんと同定出来ているのです・・・。
サガミ=ホン、エゾ、オオで間違いありません。(^_^;)
ただ、ホンで20cmとは出てこないので どーするの?と言う疑問は残りますが あと産地「北海道」と載せないのはなぜ?と。
かなり変異がハゲしい貝なので その辺をどうするつもりなのかな~と言う
悪く言うとオチョクリのブログりでした・・・。(汗)
面白くステキな貝ですよね。
そしてやはり、漂着貝を見ていてもハッキリしない部分もあるので 生貝ゲットは必須なので
自分で潜れない事には漁師さん頼みです。
よろしくお願い致します。
<< ヤドカリ 49 遠征ビーチコ ホースエリア編 ... >>