my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
アブラツノザメ3号
at 2017-11-20 16:56
クリーニング ⑫
at 2017-11-17 18:22
骨の無い標本?
at 2017-11-14 09:00
セノマの貝 ②
at 2017-11-10 08:22
山収め
at 2017-11-07 20:03
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:55
КOЙВДЙЩДヽ(*'..
by fossil1129 at 19:45
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 16:55
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 16:47
こんにちは!朝は積もりま..
by アルビアン at 16:29
おはようございます~。 ..
by コニアシアン at 08:45
やままんさん こんばん..
by jurijuri555 at 18:32
こんばんは。 でっかい..
by やままん at 18:17
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 22:17
望来層でしっかり形の残っ..
by Macrowavecat at 19:57
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

ホタテに・・・

本当は、もっとキレイにしてからお見せしたかったのですが、
あまりにも自分 興奮し過ぎて、早くお見せしたいので、クリーニング&補修途中なんですが 出しちゃいます。(^_^;)

昨日、採集してサッと洗っただけのホタテを本格クリーニングに入りました。
とは言っても今回、泥落としのブラシを持って川に降りるのを忘れてしまって、泥まみれの塊のまま持ち帰ったので
泥落とし-洗浄-クリーニング-洗浄-中砂固め-外コーティング と1つ2つ手間が余計にかかります。
ましてや間には必ず「乾燥」が入るので 時間もかかります。
完品ならこれだけですが、欠けたり割れたりしていて補修が入ると更に・・・。

前日に泥落としと洗浄はしてあったので、昨日はクリーニング(細かい泥落とし)から中砂固めまでしました。
その中で、ひときわ泥の塊がこびりついているホタテがあり、更に片貝が割れてしまっていたので手こずる物がありました。
割れてるだけでもクリーニングしづらいのに この泥をキチンと落さないと・・・と
カリカリカリカリコリコリコリコリ必死で泥を削り落としていたのですが、
なんだかホタテの幼貝の塊でもこびりついちゃった様な・・・
とか
ん?丸みがあるなー。腕足付いてる???ワクワク...
とか 段々とキレイになっていく度に ソレが邪魔な様な期待?する様な不思議な気持ちで進めていたのですが・・・

え・・・???
これって・・・もしかしたら・・・!!??

大体が見えてきた頃に 超ド肝を抜かれました。

なんと・・・それは、大きな フジツボ だったのです。ヒャーーーーーーー

いや、あるんですよ。フジツボ付きのタカハシホタテも結構。
でも大抵小さいチシマ系のがビッチリ付いてて、洗浄やクリーニングの時にポロポロ取れてしまうのです。
なんとか残せても数個。
それに 大きいフジツボの付いた標本も 沼田化石館に展示してあったはず。
ほら。
d0318386_12205073.jpg
大きなチシマフジツボ系ですね。
立派です。

でも、よーく見ると膨らんでる方。
生前は、膨らんでる方を下にして生活していたはずなので、有り得ません。
つまり、死貝がひっくり返ってからフジツボが付いたと言う標本。(たぶん)

でも、うち来たのは・・・
下にしていた右殻は真っ白で美しい。
擦れてしまっているが殻表も残っています。
d0318386_12275679.jpg


そして上にしていた左殻、アルアル系にボソボソに風化(?)してしまっていますが(しかもそれで割れて欠けてるし)
その上に ドドーン!!!と フジツボ。
d0318386_14212797.jpg
デ、デカイ・・・。
アカフジツボの方ですね。
d0318386_14235223.jpg


殻長は、直線で13cmほど。
大きい貝ではないですが、膨らみも良く、立派な標本ですので、復元してキレイに仕上げようと思っています。
d0318386_1426689.jpg


by jurijuri555 | 2016-06-15 14:46 | 化石 | Comments(18)
Commented by アルビアン at 2016-06-15 15:54 x
こんにちは~
かつて 大きい藤壺がびっしり付いたのを採集しましたが
こうした標本は面白いですよね
横から見たのは 湯呑ですね、フジツボからお湯が
でそうです。
関東地域のアズマニシキにも 沢山フジツボが付いて
出るようで、我が家にも飾っております。
今度 一つ差し上げます。
フジツボも素敵な化石ですね  最高~
Commented by コニアシアン at 2016-06-15 16:32 x
こんにちは~
凄いすごい~ですね。
さすがですよ。カッコいいです。
フジツボ、前についているものを見たことがあります。
たくさんついているのもありますが、こんな大きいのは珍しそうです。
良い収穫でしたね。
もとろんさんのコメントで、もの凄いカニがでたのかな?
と思ったら、フジツボだったのですね。
Commented by ZX-9R at 2016-06-15 17:34 x
さぼりのZX9-Rです。フジツボとの共産化石素晴らしいですね! サイズもあって迫力満点。上の膨らんだ方に付いていてくれれば、もっと良かったのに(笑)
道北遠征もされて活動していますね。私なんか息子の野球三昧で週末完全に潰れています。まあ、中3最後なのでもう少し付き合います。あ~巡検に行きて~!
Commented by jurijuri555 at 2016-06-15 20:12
アルビアンさん
こんばんはー。
えー、デカフジツボ密集ですか!!
サスガ師匠ですね。
そんなの出たら飛びますよ。ヒエーッ!!!!
博物館で見て、あるのはわかっていましたが
実際に実物見たのは初めてで驚きました。
それに今回調べると アカフジツボって見た図鑑上では、本州以南にしか居ない事になってるんですね。
フツーに見ますが、今は温暖化しているし 漂流物に乗ってやって来てるので
北海道でも生息していると思いますが
当時から居たって事ですよね。
他の地にもあったですかー。それは見たいですね♪
ありがとうございます。
Commented by jurijuri555 at 2016-06-15 20:24
コニアシアンさん
ね、ビックリしましたよ。
小さいチシマが密集しているのは ままあるのですが、
こんなデカイのは初めてです。
カニ・・・んー、居てもおかしくはないですが、
どうしてもホタテ採りに行ってるからホタテばかり目に付きますね。
一緒に出る貝はボソボソでなかなか標本として残るのがないのに
ドドーンと付いてるのはサスガですね。
Commented by jurijuri555 at 2016-06-15 20:31
ZX-9Rさん
親の会の お供ご苦労様です。(^_^;)
飾るには、ふくらんだ方に付くのが見栄えは良いですが、
上に書いた様に それは死貝の証。(絶対ではないですが)
こちらが正しい新鮮生き貝なんですよー。
しかしこんな大きいのに付かれたら
重くてパクパク出来なかったかもしれませんね。(笑)
野球が終わりましたら(?)又巡検に行きましょうね。
と言うか連れて行って下さいね。(^_^;)
Commented by もとろん at 2016-06-15 20:50 x
とへもてす(+∀+)キーキー!!キーキー!!
これはめちゃんこイイ系の化石ですね!!!キーキー!!
フジツボさんの保存がすばらしいぃどえす。
大きなフジツボの付着痕はよく見ますし、
ワタクシもちゅーと半端な破片がくっついているのは持っているです(涙)。
基本的にフジツボさんは死後バラけてしまうことが多いので、
こうしてピッタンコしてカッチンコしているのはメズラスィでレアと思うマヨした。
遠くまで遠征採取されたかいがありましたね(+∀+)!!
今度、是非拝見させてくらさいませませ〜。

あれ?もしかして...ZX9-Rさん、華麗にスルーされちゃいましたか(笑)?
Commented by vicky at 2016-06-15 21:39 x
フジツボ付きホタテでしたか!
もとろんさんにふってたから、サメ歯?かと思ってました。

フジツボが歯に見えまする~。
見事なフジツボ!付きタカハシホテテ。

フジツボと言えばもとろんさん。息子が大事にしています。

Commented by jurijuri555 at 2016-06-16 02:45
もとろんさん
でしょー?(笑)
私もヒーヒーキーキーとクリーニングしていました。
とれちゃあ大変・・・。
自分の採集品で こんな大きなフジツボ見たのは初めてです。
小さいのは良く付いてて、洗ってる時にパラパラと泥と一緒に取れてしまうので
ああー・・・。(泣)
といつも残すのは大変でしたが、コレはガッツリくっついていて、フジツボと気づかなければパン☆とタガネで取っちゃうトコでした。アブナイ...
現場でも割れたし捨てるか悩んだぐらいの物で、でも裏(表)がキレイだったので一応持ち帰ったのですが、良かったー。
キレイにクリーニングして、欠片が紛失した所はパテで復元して、完成したら次回機会がありましたらお持ちしますので直に愛でてあげて下さい。
フジツボ かわゆす・・・と言うより もう貫禄。(笑)
Commented by jurijuri555 at 2016-06-16 02:55
vickyさん
ホタテにサメの歯・・・もスゴイですね。(笑)
そんなのあったら気絶します。
貝食べるったらネコザメを連想しますが、タカハシホタテも相当厚いから チャレンジするサメも居なかったでしょうね~。(^_^;)
カイギュウとかの骨は出てるから そんなのと共産はあるかもしれませんが、
可能性としてなら やはり「真珠」を探してみたいかもー。
Commented by ねずみや主人 at 2016-06-16 18:05 x
「じゅりあ」さんへ

こんばんは。
「タカハシホタテ」本当に立派です。
頑張って採集しておられますね~、凄いです!
私と申せば、今は「三浦半島のシロウリガイ化石」を採集出来る場所を、今日も知り合いに聞きに行ってきました。
たいがいは「採集禁止」か「人の家のお庭」だそうです。
「池子」という場所が有名なので、きっと採集出来る場所があるはずです。
たくさん採集出来たらと思っております。

「ねずみや主人」でした
あぁ、採集出来ないかなぁ~!
Commented by jurijuri555 at 2016-06-16 19:30
ねずみや主人さん
こんばんはー。
偶然にですが、面白い物をゲットしてしまいました。
シロウリガイが採れる所なんてあるのですねー。
面白そう。
きっと採集可能な地があると思うので、是非頑張って下さいね!
レポート楽しみにしています。
Commented by Macrowavecat at 2016-06-16 20:46 x
こりゃまた大きなフジツボですね。中身の甲殻類は居ませんでしたか?
ホタテの真珠って良く聞くので、タカハシホタテもあり得るかもしれませんね♪ しかし、硬くなった砂土から見つけ出すのは大変でしょうね。
Commented by jurijuri555 at 2016-06-16 20:59
Macrowavecatさん
んー、中身はどうでしょうねー。
下手にほじくって本体を壊すと泣けるのでちょっと勇気がないです。(^_^;)
真珠は、合弁壊すのが惜しくなければ、最後まで生きていたであろう新鮮個体狙いですね。
死貝では口が空いて流れている可能性があるので
土つまりでも他の貝などのカスの入っていない生き埋め個体狙い。
じゃなければ、外砂利の中のを探すのはスキ掛けしかないですねー。
それは砂金採りより大変そう・・・。
Commented by apogon2 at 2016-06-16 22:00 x
凄い標本ですね。こんなの初めて見ました。ホタテとフジツボ・・もし現生で同じような物が採れれば是非そのまま出汁用で煮込んでみては如何でしょう。フジツボとホタテの出汁が微妙にマッチするかも(笑)。
そういえばよくスーパーなどで殻付きのホタテの稚貝が売っていますが、殻の表面にびっしりと(中身入りの)環形動物のお家が付いているのがありますよね~。あれも良い出汁が出るのでしょうかねー((+_+))。
Commented by jurijuri555 at 2016-06-17 02:39
apogon2さん
デカフジツボ、沼田の化石館では見ましたが 現実に目の前に手にしたのは初めてて驚きました。
ホタテにカメノテなら なんとなく得した気分になれるかもしれませんが
フジツボは現世では微妙。(笑)
ホタテで気分害した事は無いけど 牡蠣にものすごいゴカイがついてて ゲロゲロだった事はあります。
うちはホタテは殻をはずして使う派だけど 牡蠣はそのまま焼く派なので 大そう気持ち悪くて食べるのに戸惑ったものでした・・・。オエ
今度ゴカイだけ集めて出汁が良いのか もとろんさんに試してもらいましょう。(笑)
Commented by fossil1129 at 2016-06-17 17:10
これはすごい化石ですね。
私のクビナガリュウの歯は“クワイの化石”と呼ばれていますが、
これは“急須の化石”と呼びましょう。
5枚目の画像とアルビアンさんのコメント見て、
そう思いました。

クリーニング大変だったでしょうが、苦労の甲斐がありましたね。
Commented by jurijuri555 at 2016-06-17 18:26
fossil1129さん
急須ですか。(爆) 色気無いなー。(^_^;)
私は横から見たシルエットから なんとなく「アラジンの魔法のランプ」を想像していました。
願い事は3つまで。
しかもホタテ関連しか聞けません。(爆)
ホタテの刺身・・・とか、ホタテのバター醤油焼き・・・とか、ホタテの耳の燻製とか・・・
Zさん所望のホタテの真ん中にフジツボついた オパーイ型ブラとか・・・???(爆)(爆)
<< ヤドカリ 52 遠征一人巡検 道北編 ③ >>