my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏のビーチへ
at 2017-07-25 20:49
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
最新のコメント
りんぞうさん こんばん..
by jurijuri555 at 20:03
お疲れ様でした。 >ア..
by りんぞう at 19:03
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 18:54
遠軽より帰還しましたよ~..
by アルビアン at 18:17
fossil1129さん..
by じゅりあ at 07:05
ヤドたちの海水汲みという..
by fossil1129 at 06:08
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:42
ZX9-Rさん いや..
by jurijuri555 at 03:30
こんばんは~。 コータ..
by コニアシアン at 21:47
お仕事明けの巡検、お疲れ..
by ZX9-R at 21:43
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
タグ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

ウニの秘密

久しぶりに アクアショップ分館から荷物が届きました。
d0318386_136425.jpg
スカシカシパンかわゆすー♪
そして大きなヒオウギガイ。ホタテぐらいあります。
(自家養殖なのか天然ものなのか・・・汚れがひどいので)
一緒に漂白ドボーン☆

ついでなので 続けてウニ観察。

ラッパウニ。
d0318386_13811.jpg
ラッパウニの管足孔、歩帯列数は見やすいですね。
2個セット(孔対)で 左から右下斜めに向って3つ(1歩帯板に)ですね。

ラッパウニの肛門。イヤン
d0318386_13113169.jpg
殻頂の部分です。
パズルのように複数の小さな骨板(論文等では「殻板」と言う言葉が使われている)で覆われている。真ん中の穴が肛門。
上手く膜まで残っちゃたので見づらいですね。後でオカメブンブクの肛門も載せていますので、形は違いますが構造の雰囲気はわかると思います。
その周りに 先日のナガウニの画像ではわかりやすかったのですが、星型にある骨が生殖板。
一般的には(?)、第二生殖板(「多孔板」石灰質でガサガサな所)を生殖板と言い表す雰囲気がある感じがしますが、全部が生殖板で
この5つの生殖孔から卵を産みます。
じゃあ、多孔板って何だと言われると私もわかりません。
磨いて年輪を数えると そのウニの年齢がわかるそうです。その部分。(^_^;)

ラッパウニの歯。
d0318386_1319202.jpg
シャキーン☆
ウニの顎器(アリストテレスの提灯)の構造は、どのウニも同じです。
しかし、歯は種によって少し違う様です。

ついでに本州のバフンウニも撮ると
d0318386_1323470.jpg
あれれ、管足孔は4列です。
エゾバフンは5列なのに・・・。
同じ種(?)でも違うんですねー。

ちなみにこれはムラサキウニなのですが、
d0318386_16332247.jpg
上の方は7列なのに下の方へ行くと8列あったりして どっちやねん!!となります。
こういうのもあるので、孔対穴の列数だけでは同定は難しくなりますが、殻の柄と言うか見た目と合わせて
ある程度の種を絞る方法の1つとなりますね。

あ、ラッパと違って見づらいですよね。
骨格図も含めてどこかで見た事ある気がするんですけど・・・探せず。とりあえず、管足孔の数え方。
d0318386_1535816.jpg
歩帯の棘の部分を挟んでハの字に管足孔が並んでいるのでそれを数えます。

これは、キタムラサキウニの棘。
d0318386_13242510.jpg
緑から濃紫にグラデーションし しかもラメラメでキレイ。
なのですが、上手く撮れません。
ウニにとっては足でもあり防御の武器でもある。

こちらはタコマクのマックくん。毛残し標本にしました。くちゃい・・・
d0318386_1322860.jpg


マックのお口。
d0318386_1327347.jpg
口に向って棘が生えていますねー。
このお口の周りに叉棘が多いそうです。
チョキ爪の付いた軟体棘。
前に書いたウニ好きの記事のおすすめ動画でカシパンが食事する風景が撮られていましたが、
うにうにとこれらの棘で食べ物を運んでいます。

ちなみに手でもある吸盤の付いた管足。
それで移動したり、体に着いた汚れ(ゴミ)を取ったり 物を持って来て殻の上に着けて擬態したりするのですが、
 お借りした画像ですが・・・
d0318386_13445953.jpg
めちゃめちゃ色々着けてるラッパウニ。
その「覆い行動」を やっとこ老眼鏡をかけて読み始めた「ウニ学」の中では、
①カモフラ説
②紫外線防御説
③頂上防御説(生殖板)
④重石説
⑤乾燥防止説
⑥食糧貯蔵説(←海藻ではなく石や貝の場合は「副産物」だそうです。吹いた。(爆))
がある。と書かれていた。
まぁ、クマサカガイと同じく、①が無難な気がしますが、食いしん坊な私がウニだったら⑥ですね。(笑)
間違って石も付けてもそれはそれで浮いちゃう事防止の重り(④)で。(^_^;)

まだまだ不思議な事の多いウニ。
面白いですね~。

最後に横にあったオカメブンブクのお口。
d0318386_13483681.jpg
ボケちゃって見づらいですね。すいません。
パズルの様な殻板で閉じられています。
海岸で拾うと ゼリービーンズ型に空いている事が多いのですが、本当は普段はこうして閉じられていて
皮膚の様に柔軟にうにうにパコパコ開閉して物を食べたりしているのでしょう。
甲殻(?)を工夫して上手く作られているものです。1枚板では難しいですからね。
タコノマクラは歯がある事から イガイガ系のウニと同じく藻などをかじって食べている事が想像出来ますが
こちらは大げさに言うと吸い込み系な感じですね。それともこれが歯なのでしょうか。

オカメブンブクの肛門。
d0318386_13571685.jpg
こちらは外に向ってプリと糞を出しやすい様に?作られている感じがします。
こっちも海岸で漂着しているのを拾うとまん丸い穴が開いちゃっていますが。

観察すればする程面白いウニワールドです。
 
 

by jurijuri555 | 2016-11-29 14:16 | | Comments(8)
Commented by コニアシアン at 2016-11-29 19:22 x
こんばんは。
ウニも細部まで観察すれば、ますます魅力的になるのですね。
じゅりあさんのモーレツな熱情を、
ヒリヒリ感じました(笑)
僕の手元のウニは、漂白していないので、
どうも汚っぽく見えてしまいます。
ブンブクですが、モラーイのものは結構大型ですよね?
部分化石でもその大きさがよくわかります。
現生種は小さくなってしまうのでしょうかね~
Commented by jurijuri555 at 2016-11-29 19:46
コニアシアンさん
こんばんはー。
スッカリウニモードになっています。(^_^;)
ヒリヒリ? ウニウニですね。(笑)
拾ったウニの漂白ですか。一緒にしてさしあげましょうか?
自分コレは拾ったのは薄めの漂白で1-3日でキレイになりますよ。
私にお分け下さるのは そのままで良いですよー。
で、モーライのですが、今少し色々考えています。
語ると長くなっちゃいますが、同じムカシブンブクとすると いつも拾うのはタコノマクラみたいな長い楕円のなので、
初めは潰れて・・・と思ったけど 絶滅種とすると色んな可能性も出て来るんじゃないかとも思ったりもします。
オオブンブクみたいな種だったかも。とも思いますが、
T別では丸いままで出ていますよね。
だとすると時代はわかりませんが同じ種だとも思います。
どちらにしてもU町のより大きいですよね。
いくら潰れていても 私も見たのは全部長丸の楕円形なので ここの地のだけこうなのか 別種なのか わかりません。
とりあえず、クリーニングして出してみないと何とも話も進みませんね。
と言う事で、嫌々ですが頑張ろうと思ってる次第ですが・・・。
みなさん拾ってるはずですが、誰も完全にクリーニングした方はおられないのでしょうかね?
一緒の貝化石は寒流系なので暖流系のオオブンブクとは又違うと思いますが、
単純にそのまま取ると 寒流系のエゾオオブンブクみたいなのが絶滅種として居たとか もアリなのかなー。とか。(^_^;)
手持ちのは3個体とか密集して入ってるぽいけど どれも楕円です。
別の石に入ってるのも楕円です。
単純に潰れて、長まるかなー???かなり引っ張られたのか・・・。(苦笑)
謎で面白いですね。早く完全体をみたいですね。
誰か完全体拾ってないのー???
Commented by アルビアン at 2016-11-30 15:25 x
こんにちは~化石に見えてしまいますね~
もーー専門家ではありませんか
ここまで深くとは 凄いと思います。
私は浅く広くと適当に的な感じですから~
こう見ますと勉強になりますね(^_-)-☆
あっ メールしましたよ
Commented by ねずみや主人 at 2016-11-30 18:02 x
「じゅりあ」さんへ

こんばんは。
「じゅりあ」さん、本当に御詳しいです。
「ウニの世界」凄く、奥が深くって・・・難しそう!
来月中に一回は「ビーチコ」行ってくる予定です。
「三浦半島ビーチコ祭り2016」は、これで終了です。
拾ってきた「貝殻等」の整理が追いつきません。
今後、頑張ります。
面白いもの(「じゅりあ」さんは、たぶん、既にお持ちだと思います)ありますので、
時間ある時にアップ出来ればと思っておりますよ~!

「ねずみや主人」でした
Commented by jurijuri555 at 2016-11-30 19:44
アルビアンさん
こんばんはー。
いえいえ、広く浅く 途中半端にトコトン・・・???ですよ。(^_^;)
とりあえずコンプリ一歩手前・・・なのがいつものパターンですね。(苦笑)
挫折の人生です。
でもとにかく ご協力して頂ける方が居たりするのは感謝で、
おかげさまで勉強させて頂いています。
ハイッ、メール頂いております。後日お返事致します~。
ありがとうございました。
Commented by jurijuri555 at 2016-11-30 19:57
ねずみや主人さん
こんばんは。
いえいえ全然詳しくないです。勉強中です。
本州ビーチコーマーのウニ好きさんは、こちらと違って色々と拾えて羨ましいですよ~。
南の方が種が多いですから。
こっちは何も取れなくて「お願い」するばかりです。
皆さんのご協力と好意で勉強出来ています。
拾い物ブログのアップも楽しみにしております。
Commented by vicky at 2016-11-30 22:08 x
ウニの洪水だぁー。
だんだんウニのポツポツが美しいパールに見えてきました。
私もウニの虜になったのかしら。

が、あのお口は怖いです。
Commented by jurijuri555 at 2016-12-01 02:54
vickyさん
ウニウニ面白いしキレイでしょう?(笑)
ハマりますよ。
vickyさん家からは海まで遠いのでしょうか。
その辺りなら 北と 南のウニも採れそうで、ビーチコーミングも楽しそうですけどね~。
私も又、南へ旅行して
はうっ!!オオブンブクだーっ!!!とか、
ヒーッ!!バクダンウニ・・・マジかーーーーー!!!!
とか感動を味わってみたいです。(^_^;)
沖縄のナガウニだけでも感動出来たから 何でも楽しめそう。
ウニの歯は・・・人を襲うような凶暴な生き物でなくて良かったと思いますよね。
とにかく、ウニは細胞の分裂劣化が無く、老化しないらしいですよ。
主人が食え食え言うので これからは中身も食べたいと思います。(笑)
マジあやかりたい・・・
<< やどやど日記 5 ウニの美 >>