my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
H龍クリ
at 2017-06-20 22:08
初夏のホタテ漁
at 2017-06-17 20:53
やどやど日記 21
at 2017-06-13 16:40
沸石
at 2017-06-10 17:09
晴れ間にモーライ
at 2017-06-09 17:10
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:36
望来層との共通点/相違点..
by Macrowavecat at 21:02
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:36
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 19:56
ねずみや主人さん こ..
by jurijuri555 at 19:45
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 19:33
ねずみや主人さん こ..
by jurijuri555 at 19:23
新生代らしく、いろいろ採..
by fossil1129 at 19:14
こんばんは~ エッチな..
by アルビアン at 19:01
こんばんは〜。 H龍は..
by コニアシアン at 18:39
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

ちょっぴり検証

連休あげたからイイよね。
って感じに当たり前に又連勤連勤でした。死ねる・・・。
じゅりあです。

さて、スッカリ日にちが開いてしまいましたが、コターンの拾得品をチェックしてみます。

まずはコニアシアンさんにソレ何。とツッコまれた「ツキヒガイ」と書いてしまった二枚貝。
d0318386_14462675.jpg
ツキガイモドキですね。
ペッチャンコに潰れていますが。(笑)
潰れた時に段が出来て、ソコを丁度ボヤボヤと老眼で見てたので耳の様に見えてツキヒガイと勘違いしてしまいました。

もう1つ見つけた貝は、ソデガイ系。
d0318386_1582323.jpg
まだクリーニングしていませんが。
ソデガイと言われても・・・小さなハトムギゾデガイからロウバイみたいの ベッコウキララも出ると聞くし
大きさから言えば、ツヤソデガイかフリソデガイ? 4cmあります。
残念ながら片殻の様で裏のギザギザ歯、鉸歯(こうし)が見えています。
現世では検索しても出て来ませんが、化石種ではサザナミソデガイと呼ばれる物がここでも出る様です。
二枚貝は良くわかりません。(^_^;)

他にもMacoma ニッコウガイ科の二枚貝も出る様ですが、サギガイなのかシラトリ系なのかわかりません。
一般的には、シロガイ(サラガイ)の方がアルアルですが(現世の現地だと)
Megangulusになっちゃうので
マコマと言うんだからマコマなんでしょう。
も1つ、ナミガイ(白ミル)も出るそうですが、現世でも良い貝殻はそうそう見ないのでレアなのかもー。
ちなみに現世では良く見るのはジェニーとかサガミの浜です。(^_^;)
これはまだ見かけていないので化石でも欲しいな~。

タマガイ系はチッサーイけどありました。
d0318386_15485872.jpg
中がカルサイト化しかかっていました。

今回面白かったのは植物化石ですねー。
d0318386_15565290.jpg
葉っぱ。
現在の近隣を見ても同じ様なので、ブナ系かクルミ系かな~。

そして棒。(爆)
d0318386_163361.jpg
d0318386_1635357.jpg
さすがに枝・茎はわかりませんわー。(汗)
松の枝???(^_^;)

そして、骨もどき。
d0318386_162612100.jpg
後ろはパッカン玄能石。
組織は・・・
d0318386_1627676.jpg
どうなの?
裏にも貫通している形状は玄能石には見えません。
d0318386_16274720.jpg

こちらが玄能石の結晶。
d0318386_16281360.jpg
THE鉱物 ですね。

でも似てるんだよね。(爆)(爆) 色もさ。
コレが波で擦れたら 上のみたくなると思わない?(爆)

ちなみに以前から気になってるウニ。
d0318386_1742917.jpg
これは望来層のブンブク(右)と当別層(?)のブンブクですが、
モーライのでさえ9cmほどあります。
トクナガムカシブンブクはせいぜい5cmぐらい。
同種なんですか???
石川県では大型ウニとして出た パレオプニウステスって名前を見たのですが、検索してもそれ以上出て来ません。
Paleopniustess??? つづりもわからないし謎。
まだクリーニングしていない理由は、棘が惜しいので。(^_^;)
d0318386_1721461.jpg


この日はころんと研磨されたキレイな瑪瑙も拾いました。
d0318386_17221794.jpg


以前にも出した望来層ボックス。
d0318386_17312485.jpg
新しく採るたびに物を替えて更新しないとですね。

ちなみにここに入れてるモグりん爪。
d0318386_17323753.jpg
ブツブツが微妙・・・。
カニビル???  ヒーーーーーーーーーーッ
そんな化石は・・・
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-10 17:33 | 化石 | Comments(16)
Commented by コニアシアン at 2017-04-10 18:49 x
こんばんは!
嬉しい内容の更新ですので、一つ一つ丁寧にコメントしますね。
最初のは、ツキガイモドキです。
状態は悪いですが、肋も残っていて、ある意味珍しい標本かと(笑)
ソデガイ系、よく分かりませんが、
表面のうっすらした肋から、サザナミソデガイかな~?
ベッコウではないと思いますが、ロウバイガイも…。
クリーニングしたら、同定できそうです。
マコマは、先日クリーニングして、標本ができました。
やっと採集できたので、意外と出ないと思います。
植物、僕も前回コータンで似たようなものを採集しました。
状態はもう少し悪いですが、同種だと思います。
コータンでも出るのですよね。
骨モドキは良くわかりません。
擦れたらそうなるかもしれませんが、一見骨です。まぁ骨かな?
当別のブンブクは、もとろんさん標本ですか?
僕も頂きました。貴重ですよね~。
ウニはクリーニングしない方が良いかもしれません。
逆に見栄えが悪くないるかもしれないので…。
棘が良いですね!
なかなかの標本は採集しましたが、まだ丸っとはありません。
僕は、モーライで色々採集してきましたが、
レア種以外は大体網羅できたと思っています。
ヒタチオビとか、カニとかはまだですが。。。
じゅりあさんは、トクナガキヌタレガイを拾いましたか?
以前記事にしましたが、すらっとしたものが エゾエンシスになったので、
トクナガが意外とレアですよ~。
あとは、マコマ、ヒトデですね(笑)頑張って~\(^o^)/
僕もケース作っています。
Commented by りんぞう at 2017-04-10 19:01 x
こんばんは。
連勤に連勤・・お疲れ様です。
でも、もう少し頑張ればGWもありますし、車も買わないとね。!(^^)!
標本をちゃんと整理していてマジ感心しちゃいます。
で、なんでかよく分かりませんが、僕は只の一度も化石に種名を表記したことがなく・・只々、棚に載せているだけです。

あ、そういえばK氏・・あの貝、何処かでみたことあるなぁ・・日本海だったかオホーツクだったか?と考えていましたよ。(笑)
Commented by fossil1129 at 2017-04-10 19:05
超しっかり記事、詳細コメントはコニアシアンさんにお任せして、
別角度からのお話。
宿泊巡検下見からの帰り、
某museummanさんが、我が家に立ち寄りました。

化学合成群集も大好きなようなので
先日、じゅりあさんからいただいたものも含めて
モーライの石を差し上げました。

喜んでいただけたようです。
Commented by Macrowavecat at 2017-04-10 19:43 x
「骨」に一票。
Commented by jurijuri555 at 2017-04-10 19:53
コニアシアンさん
こんばんはー。
はい、ボックス内より良い物は沢山これを作った後からも採ってるので
ドンドコ変えて行かないとな~と思っています。
特にシロウリとキヌタレは沢山採っていますよ。
オウナも今回 殻残りを1つ採っています。
ただ、ボックスのは大きいのでそこはそこそこ貴重。
ソデガイはサザナミではないと思われます。たぶん。
その名の通り細かい波波線が入ったのがサザナミで、これは直線に近い助で、大きさも大きいです。
二枚貝ではナミガイが欲しいですね~。
あと最近注目しているのはコザ系ノジュール。
小さい殻クズとして見捨ててる中に他種の貝が沢山含まれているんじゃないか?と思っています。微小貝系。
大体採って来たら洗えば良い方でそのまま放置しているのも山ほどあるので
貝も良い物はまだまだあると思います。
ウニはこれも3個体入っていますが丸々はたぶんこの見えてるの1つ。
もう1つ別に1個体の石を持ってるので そちらをいつかクリーニングしたいですね。
当別のウニは頂きものではありません。
自採でもないのでいつか採りに行きたいですね。
目星はつけていますがまだ行っていません。
ヒトデもそうですね、採ってみたいですね~。
ボラもヒメナガばかりなので別種と やはりまずはヒタチですか。(^_^;)
まぁ、ボチボチと気長に歩きます♪
みんなで見てるから これからも面白い物を沢山見れると思います~。
Commented by jurijuri555 at 2017-04-10 20:09
りんぞうさん
やっと休みです~。
泥の様に寝たいと思います。(爆)
起きれるかな・・・。(^_^;)
GWですか・・・又繁忙期ですよ。使用対象にされてるので無理ですねー。(笑)
一応1日2日は有休申請は出してみようとチャレンジャー精神は持っていますが。
使わないと去年も何日も捨ててしまいもったいないったら・・・。(泣)
なんてマジメな従業員なんだろう。なのに車買うほどもらえてないのは泣けますね。(苦笑)
標本整理ですか、全然ですよ。何倍も放置されたのが山積みです。
ラベルはつけておかないと自分がまず忘れるし、死んだ後にわかる者が居ないので処分も出来なくなるからです。(^_^;)
これも終活ですよー。裏にコッソリ希望価格も書き込んでおかないと。(爆)(爆)

おっ、K様!!!!! あれはマジんこ深海貝ですよー。たぶんサハリン・オホーツク方面。
すこし深いトコの大型ボラと一緒にチョコンと入るかも・・・。ナムナム...
Commented by jurijuri555 at 2017-04-10 20:12
fossil1129さん
巡検下見お疲れ様です。
シロウリ籠盛り、ありますよー。って。(爆)(爆)
真剣に拾ったら密集岩も含めてバケツ2杯はイケると思いますよ。(^_^;)
メタン泥と一緒にお送りしますよ。(爆)
Commented by jurijuri555 at 2017-04-10 20:14
Macrowavecat さん
ホーネーーーーーーーーーー♪♪ヤッター
何の骨でしょうね~。
昔の縄文土座衛門とかならヒクー!!
Commented by アルビアン at 2017-04-10 20:32 x
こんばんは~~腰が痛々しいアルビアンです。
瑪瑙をのせた物はクジラの骨です。
特徴がしっかり確認出来ましたよ!(^^)/~~~
深海貝殻はとても楽しいですね!!
繁忙期ももう少し!!
明日は1日息抜きですね!!(*^_^*)はい!
Commented by jurijuri555 at 2017-04-10 20:56
アルビアンさん
こんばんはー。お疲れ様です。
ありゃー、腰大丈夫ですか?
私も体中がギスギスです。(泣)
一晩眠って回復させますよー。
おっと、クジラ骨ですかー。色が飴色なんでまったく想像付きませんでしたよ。
灰色のボソボソのがクジラと思い込んでいたので ナンダロなー。と。
クジラとしたらチッサイ欠片ですね。(^_^;)
どこの部分かな~。耳骨が良かったなー。
貝はイイですねー。殻がシッカリ残ってるともっと良いのですが、割れ割れですよ。
しかもガラガラ持ち歩くので 帰宅すると真珠層も採れてただの貝型の石になっています。(^_^;)タハー
Commented by museum-man at 2017-04-16 00:39 x
はじめまして、museum-manと申します。貴ブログは以前よりときおり拝見させていただいておりました。
このたびはfossil1129さんを通じてモーライの化石を頂きました。ありがとうございました。こちらではあのように保存の良い化学合成群集の貝化石が出る場所はないのでうらやましいです。機会があればぜひ一度訪れてみたい産地ですね。
話は変わりますが、私には1枚目の写真の化石は、ぱっと見の印象ではリュウグウハゴロモガイ(Periploma)に見えました。殻が薄くて真珠光沢っぽいところとか、殻頂付近に段差があるなどの特徴もそれっぽいです。写真なので実物と違って見えているという可能性もありますが・・・。
以上、参考になりましたら幸いです。
Commented by jurijuri555 at 2017-04-16 03:18
museum-manさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
なるほどー。リュウグウハゴロモガイですね。
とても似ていますね!!
ナイとは言えませんが 群的には温暖化地方の貝のようですので少しあてはまらなくなりますね。
どのような生態の貝なのでしょう。
やはり深海の湧水あたりに居る貝なのでしょうか。
現世の近似種もベネズエラとか暖かい地方のやや深海にいる種の様ですね。
一応ここでは文献的にもツキガイモドキが出る事になっています。
 タマガイ・ナミガイ・マコマ・キララ類・ソデガイ類・ワタツミウリガイ・オウナガイ・キヌタレ・ツノガイ・エゾボラ類
そしてマルフミ・ナガニシ?と言う言葉も目にしております。
ナガニシは・・・。(^_^;)とも思いますがナイとは言えません。
あ、ヒタチオビの見間違えなのかもですね。(汗)
もちろん書かれていない種の貝も出る可能性はアリアリです。
 で、画像のも 化石では完品でない限り、この状態では何かとハッキリ体をそらして(笑)言うには少し心もとないですね。(^_^;)
沢山 採集して検証して行きたいと思います。
わりと簡単に採れる物でよければ 欲しい物がありましたらfossilさん経由でも言って頂ければ お分け出来ますので。
あまり良い保存の物はないのですけどね・・・。
シロウリなんかはポロポロあるので拾い物で良ければ・・・。
崖ものと海から(海底層)剥がれて流れて来た物とあるので 面白いっちゃ面白いと思います。
結構、貝の種類もあるのではないかと思っています。
保存悪かったりコザノジュールの中で 割り出せなくてなかなか集められませんが
コンプリ目指して頑張ります。
ちなみにご存知でしょうが、ツキガイモドキ類はジュラ紀より観られる貝の様ですから スゴイですね~。
又是非、何かありましたらご教示くださいませ。
Commented by museum-man at 2017-04-18 18:57 x
そう言えば、モーライが北の大地にある産地だということを失念しておりました!現生のリュウグウハゴロモガイの分布域は相模湾~東シナ海とされているので、ちょっと合わないですね。ただ、生息深度は200~1200mでわりといい感じです(湧水とは関係ない)。
ちなみに年代が少し古くなりますが、本州では知多半島においてキヌタレガイ、キララガイ、ベッコウキララガイ、ツキガイモドキ、マルフミガイ、シロウリガイ類、キリガイダマシなどと共産することが知られています。モーライと群集がそこそこ似ているので、環境的にはよく似たものだったのかもしれません。
あと、水深200mあたりになると、よほど強い暖流の影響でもない限りはどこでも水温が4~5℃になってくるので、深海の貝については北方系とか南方系といった分け方ができるのかどうかという疑問があります。水温環境だけで言えばリュウグウハゴロモガイが北海道周辺にいても全然おかしくないのですが・・・、化石種ならいたのかも・・・(ちょっと強引?)。
なお、リュウグウハゴロモガイとツキガイモドキは、殻の質感である程度の区別は可能と思います。真珠光沢が少しでもあれば(表層がはげたキララガイみたいな感じ)、リュウグウハゴロモガイの可能性大です。私には真珠光沢があるように見えたのですが、写真と実物が違って見えることはよくありますので、実物で確認してみてください。
モーライをはじめ、北の大地には行きたい場所がたくさんあります。最近は行けてませんが、またいつか行こうと思っています。お会いすることもあるかもですね。そのときはよろしくお願いいたします。
Commented by jurijuri555 at 2017-04-18 19:34
museum-manさん
再びコメントありがとうございます。
深海の温度差ナシ、はい、前回コメント書いた後に そう言えば・・・と思いました。
そして真珠光沢アリアリです。(笑) キラッキラ☆しています。
真珠光沢と言うとキラライガイですが、
少しだけハテナが残るのは、北のアンモと同じく「真珠層」を持ってる貝なら何でも(?)虹色になるのと似た様に
キラキラしているから、で結論付けて良いのか・・・と「化学合成」に気を取られましたが少し結びつきが厳しそうですので おっしゃる通りリュウグウハゴロモガイの疑いも捨てきれるものではないかもしれません。
正直、変形とかあるとツキガイモドキなのか 何なのか判断つかない所もあるので
もっともっと他にも そうだと言われているからそうだと思い込んでいるだけで
色んな貝が出るのではないかと 再検討している所です。
お話を頂いて、今日は丁度モーライ層の採集品の1ケースを開けてクリーニングしておりました。
ちょくちょくはやっていた気はするのですが、まだまだ未クリーニング品入りのケースがあるので
どうせ〇〇だろう。と放っておいた中に 何か発見があるかもしれません。
キラキラのツキガイモドキもどき(笑)も他にも採っていたはずなので探してみます。
続けてチェックして行きたいと思っております。
是非、北海道にも 観光&採集に遊びに来て下さい。
そしてスゴイ物でも発掘して・・・(笑)。
お待ちしております。
Commented by コニアシアン at 2017-04-18 19:43 x
こんばんは。
このやり取りを見ていて、少し思ったことを…。
リュウグウハゴロモである可能性は、十分あるものだと思います。
潰れたツキガイモドキとしては、違和感がありますね。
あとキラキラは、ツキガイモドキに見たことがあります。
そして、幌内層と比較をしてみると、
幌内層ではリュウグウハゴロモが産出します。
モーライと同じように、化学合成群集の貝が出る部分はありますよね?
あと、モーライも、深い層と浅めの層があるので、
リュウグウハゴロモでも、おかしくはないですよね。
驚きました~。もとろんさんなら採集しているかもです(笑)。
Commented by jurijuri555 at 2017-04-18 20:47
コニアシアンさん
こんばんはー。
へー、三笠で出てるんだ。
じゃあ、ますますこっちで出てもおかしくないですよね。
モーライ層の堆積に違和感あるのは前から思っていましたが、
特にウニね。
深海性のウニならわかるけど どんなサンドイッチで層が作られてるのか時々産出化石を見てはハテナがありました。
全部む一緒に出てもおかしくないちゃおかしくはないけど
サメ地の様にゴミ箱堆積でなければ 微小貝だの現世にスライドすると色んな貝など
一緒の層じゃないとすれば 深海と浅瀬、なのかはわからないけど 違う場所があるのか断層も捻転もない場合は少し謎にも思ってしまいます。
単純に考えると 上にオウナの深海層があるのに。(笑)
もちろん 今でも隆起した後に下に海が広がって浅瀬から・・・あるのですから 年代的に少しづつ違うのでしょうね。
しかし現代の感覚でその「年代」と言うと 海底の隆起など大地震でもない限り自分の生きてるうちにはおこらないのだから
少し考えづらいものです。(^_^;)
色々考えて行くと面白いですね。
の前にバーサンは熱が出そうです。(笑) ワカラン...
<< 合間のお楽しみ 久々のコターン海岸 >>