my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏のビーチへ
at 2017-07-25 20:49
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
最新のコメント
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:42
ZX9-Rさん いや..
by jurijuri555 at 03:30
こんばんは~。 コータ..
by コニアシアン at 21:47
お仕事明けの巡検、お疲れ..
by ZX9-R at 21:43
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:05
産地忘れは私にとっても深..
by Macrowavecat at 22:05
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 19:49
じゅりあさん 私は、も..
by fossil1129 at 18:13
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 04:14
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:03
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

セノマの貝

世の中、景気が良いのでしょうかね?
羨ましい限りです。
連日ハードで腱鞘炎のじゅりあです。

同じく硬くて腱鞘炎になりそうな石のセノマニアンですが、
ちょっとしつこく。(^_^;)
d0318386_19401454.jpg
d0318386_19403461.jpg
d0318386_19405143.jpg
d0318386_19411978.jpg
d0318386_19413516.jpg

で、ここのは殻が融けちゃったり保存悪くて 「貝型の石」しか割り出せない、のがほとんどなのですが・・・。
d0318386_19443274.jpg
d0318386_1944481.jpg
これは多産。
ククレア エゾエンシス(Cucullaea ezoensis)でしょうか?
ヌノメアカガイと呼ばれる現世でも居る貝で、
現世では房総半島以南の西太平洋の水深10~200mの砂泥底に住み、二枚貝と しては大型で殻幅10cm近くになり殻の膨らみが強い。
中生代のジュラ紀から見られる貝だそうです。

これも多産するのですが、
d0318386_1954338.jpg
ククレアより少し横に伸びる感じ。
ヘテロトリゴニア サブオパリス(Heterotrigonia subovalis) ??
形は似ているが殻頂の蝶番のあたりが微妙。

ヘテロトリゴニア・・・トリゴニアと言えばサンカクガイですが、
と言うならこちらの方が形は似ていますが・・・
d0318386_20144741.jpg
ただ単に欠けたアフロディナ シュードプラナ(Aphrodina pseudoplana) なのでしょうか?(^_^;)

融け欠けだけど、これも同じなのか・・・
d0318386_20193525.jpg
マルスダレガイ科なので これも現在もいる種の貝です。(アフロディナなら)

d0318386_2024517.jpg
これは、横長。
アンソニア アピカリス(Anthonya apicalis) ??

d0318386_20322598.jpg
これは・・・単純にイノセラかと思っていたが
左が イノセラムス ペンナツルス(Inoceramus pannatulus)で
右が アクティノセラムス タムライ(Actinoceramus tamurai) ですかね???
まぁ、どちらもイノセラムス科ですが。(^_^;)

で、これがトリゴニアですが、
d0318386_20414994.jpg
プテロトリゴニアも コバヤシイとプスツローサと言うのとか数種ある様ですが
サッパリわかりません。
画像のは助の間隔が違うのですが、そんな事なんでしょうかね???

で、このサンカクガイと言うのは、サンカクガイ科に属する二枚貝の総称でトリゴニアの名でも呼ばれ、
中生代三畳紀に出現しジュラ紀から白亜紀に栄えた二枚貝で、浅海の砂底であった所に殻が多数集まって化石になった状態での産出が多く 中生代の標準化石となっています。
白亜紀以後は急に衰え、新生代の第三紀にはエオトリゴニア属Eotrigoniaだけとなり、
さらに、現生ではシンサンカクガイ属Neotrigoniaがオーストラリアにわずか7種が住むにすぎない。

現生のシンサンカクガイはオーストラリア南東岸およびタスマニア島の内湾砂泥底に多く
殻長33mm、殻高31mm、殻幅10mm。
本種の殻形は丸みのある三角形で、後縁はまっすぐ裁断されたようになる。前縁は丸い。
殻表には約20本の丸いこぶ状の節のついた放射肋がある。
又、噛み合せには前後に分かれた逆V字形の歯があり、その上は細かく刻まれている。
内面は紫色を帯びており 真珠光沢が著しく強い。
d0318386_20533231.jpg
d0318386_2053444.jpg
と言う事で、持ってるよー。(笑)
昔のブテロトリゴニアとはあまり似ませんよね。
どちらかと言うと 先のヘテロトリゴニアの方が似ている感じもします。
 
てな感じで、アンモが取れない時も 貝で楽しまれると面白いと思いますよ。
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-17 20:59 | 化石 | Comments(4)
Commented by ねずみや主人 at 2017-04-18 07:07 x
「じゅりあ」さんへ

おはようございます。
「シンサンカクガイ」の殻を持っておられる方を、初めてみました。
「ねずみや」が「貝殻収集」していた時代の憧れは、「シンサンカクガイ」「小笠原の陸貝」「オキナエビスの仲間」等、珍品や天然記念物で採集不可、あと高価な貝殻ナドでしたよ~。
それを御持ちとは!
さすが「じゅりあ」さん、凄~い!!
「貝殻クィーン」
ですね。
素晴らしいです。
力不足の「ねずみや」ですが、少しでもお手伝い出来ますればと思っておりますですよ~(^O^)

「ねずみや主人」でした
Commented by jurijuri555 at 2017-04-18 10:06
ねずみや主人 さん
おはようございます。
え、そうなのですか?(汗)
確かにサンカクガイはそこらへんどこでも売ってる物ではないですが、
特別「高価」でもなかったですよ。(^_^;)
私が集め始めた頃はやはりタカラガイが人気だったと思います。
何十年も前の子供の頃なので大人の事情はわかりませんでしたが。(笑)
あとイモガイか。ローカル王道ですね。
今は何なのでしょう?
やはり高価なタカラガイとか高価なエビスガイなのでしょうか???
「クイーン」は目指しておりませんが、(笑)
古代の貝も どんな色柄だったのかとか、興味がありますねー。
ねずみや主人さんも「貝好き」さんだったので、化石の貝は興味深いのではないですか?
Commented by アルビアン at 2017-04-18 13:38 x
こんにちは~風は強いし雨が凄いですね
貝の化石が膨大な量確保できますこの産地~
種類の特定も楽しみの一つになりますね
独特の堆積層なのでごちゃまぜぎみですが
貝もウニも蟹もサメもアンモもモサもクビナガもオウムガイも
なんて採れますから~素晴らしい産地なんですよね
貝殻は小さい頃は円山動物園内の世界の貝殻店に
よく通ってましたよ~その当時目を引いたのは大きな
シャコガイとオウムガイでした~オウムガイは買えたのですが
シャコは高額で小さいヒメジャコガイになりました。
懐かしい思い出ですわ(^_-)-☆
Commented by jurijuri555 at 2017-04-18 16:28
アルビアンさん
こんにちはー。
おっと、雨まで降っていたのですね。(^_^;)
又引き籠っていてわかりませんでした。(風の音は聞こえていましたが)
今日は夢中になってモーライの石のクリーニングをしていました。
とりあえずバット1つ減ってスッキリ。
昔はどこでも貝殻売っていましたよねー。
今は水族館とか海周りのおみやげ屋さんぐらいですか。
まぁ、崖に行けば取れますね。(笑)
オウムガイや歯はまだ見つけていませんが・・・
手軽に行ける所なので 時々覗いて新発見もしてみたいですね。
セノマつながりで 川の方のセノマ石も出して見て見ようと思っていたのですが
あまりの疲労感と モーライの石だけで1日終わりそうです。
腕痛いのにクリーニングしている場合じゃありませんでした。(^_^;)
しかし貝の殻、美しい・・・。(付いていたらですが。(爆))
<< モーライ石ふたたび クリーニング ⑥ >>