my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑯
at 2017-12-11 18:23
クリーニング ⑮
at 2017-12-08 19:08
クリーニング ⑭
at 2017-12-04 23:34
おくりもの
at 2017-11-30 15:52
下半期のウニウニ
at 2017-11-28 14:57
最新のコメント
Zx9-Rさん どれも..
by jurijuri555 at 03:06
素晴らしいトリゴニアをお..
by Zx9-R at 21:52
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 19:57
こんにちは!寒いですね(..
by アルビアン at 16:15
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:48
こんばんは~! -1℃..
by fossil1129 at 20:18
hntさん こんばん..
by jurijuri555 at 19:51
こんばんは! 本当にトリ..
by hnt at 19:07
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 09:04
トリゴニア、良いのがあり..
by Macrowavecat at 23:36
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

コンクリーション!!

日中は風があった様ですが、今日も良いお天気になりましたね。
しかし今日も家でウダウダしていたじゅりあです。

さて、今月号の「ミネラ」でも コンクリーションのお話と名古屋大学の特別展示が特集されていましたが、
コンクリーションとは岩石的な用語になり、堆積岩の特定の自生鉱物組成が団塊状または不規則に濃集したものを総合した名称で、
溶液から物質が局所的に堆積して発達したもので 一般に核の周りに中心から外側に向けて成長した
一般的には球形のものを言います。
これが古生物で言う 中心核が生物になる「ノジュール」の事です。

今日は、モーライより古い時代のメタン群集と言われている美傘の三紀の貝化石のクリーニングをするつもりでしたが・・・
d0318386_1924651.jpg

広げて見て、やめました。(笑)
実は、もう3度目ぐらいです。特にクリーニングが必要ないのと 特別ワクワクする物もないので後回しになりがち。
ただ、ノジュールだけは割ってみたいな~とは思っていますが、家では出来ないので又外クリでもした時に。
d0318386_193980.jpg

特に調べる事もなく、こちらもすでに博物館でも同定展示されています。
d0318386_194158.jpg
d0318386_1943469.jpg
ロウバイ・ソデガイ・キララ・マルフミ、
一応オウナの仲間とシロウリの仲間も出ます。
あ、エゾボラは拾ってないな~。
おっ、そうそうリュウグウハゴロモも出るんだ・・って、ちっさ!!!!!
うーん・・・メタン?・・・薄そうだな~。
ここは古第三紀始新世、浦幌町は漸新世。
美傘でシンカイヒバリガイが出れば 世界最古に並ぶわけだ。ナイナイ。(^_^;)
Y針で出たら白亜紀だよ。ナイなー。(笑)
ここの崖はゴシャっと出る事から 掃き溜めの地なのかな?と思われる。
生息していた地を探せば可能性が無い訳ではないが、当の貝の進化具合はどうなっていたのかね。
博物館にもキヌタレは展示されていない。

話はズレるが、うちは天然ガスを使っている。(だったはず・・・アレ?(^_^;))
そもそも天然ガスとは化石燃料である炭化水素ガスで、一般にメタン 続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含むものだそうだが、
この辺掘ったら出るのかな~。(笑)
又はT市とかで化石出るんだろうか・・・。(汗)

ま、そんな事で 又しまい。
でも 話は初めに戻って、ここのノジュールは面白くて、コレは核じゃない所に貝がついてる。
d0318386_19574732.jpg

こちらは、ソデガイのノジュールに見えるが、
d0318386_19582795.jpg
実は、合弁の片割れに見える上の殻はキララガイの殻だ。(爆)

これに関しては、もうゴシャッと・・・
d0318386_200253.jpg
ノジュールなんだかコザ石なんだかわかんない状態だ。
(スイマセン 見苦しく髪の毛が落ちていました・・・恥)

でも上記の画像の様に小さな真ん丸ノジュールもあります。
しかし、ここのに限らず、頑張って割ってもスカのノジュールもあります。
それは、クラゲなどの軟体生物のノジュールかもしれない とか。(^_^;) (とミネラに書かれていた。)
これからはスカノジュールを嘆かず、「クラゲだー」と言う事にしよう。(爆)(爆)

ノジュールつながりで、モーライに戻り、
こちら、形が面白いのでコターンの方のだと思うが、何もついていなければ又スカの「モドキ」ノジュールだと思うとこが、何かついてる。
d0318386_20103917.jpg

まぎれも無く、サザナミソデガイだ。
d0318386_2011822.jpg
変な形。
ソデガイを捕獲したタコの足の化石。とか。(爆)(爆)

ノジュールとは、核の化石を中心に出来るだけではなく、コザコザと小さな生物の塊もノジュールになる。
d0318386_2013929.jpg
これはハトムキソデガイの密集ノジュールだが、
群生していたのか掃き溜められたのか・・・。

あきらかに掃き溜められたと思われるのはこちら。
d0318386_20233234.jpg
まさしく、ヤスリツノガイを中心にコンクリーションしているが、
他にも色々付いていて、上の方にはタマガイも見える。
ルーペで観察すると ちいさーーーーーな巻貝の抜け跡があるのだが、よく見ると縦柄が見える。
エゾサンショウだと横縞。
d0318386_20323557.jpg

こんな痕跡からも新種の貝が暫定出来そうだ。

こんな保存も助かるが やはりタイムカブセルは最強だな。
私もコンクリーションされたいぐらいだ。もう遅いけど。(^_^;)
 

by jurijuri555 | 2017-05-30 20:34 | 化石 | Comments(10)
Commented by Macrowavecat at 2017-05-30 20:54 x
最後のネタで、何故か「頼朝公おん十四歳のみぎりの…」という台詞を思い出しました。
「ジュリア姫おん十八歳のみぎりのコンクリーション」(笑)
Commented by fossil1129 at 2017-05-30 23:42
化石大臣さん、名大の先生、ノジュール・コンクリージション生成、化学合成群集…。

何か、すべて有機的な結びつきを感じます。“スパイス”は焼き肉?(笑)
Commented by jurijuri555 at 2017-05-31 03:07
Macrowavecat さん
いやいや、本当に色んなことをご存知ですねー。(^_^;)
ピチピチの18-22歳ぐらいの歳にコンクリーションされれば それなりに(?)見め麗しいまま保存されるかもしれませんが、
ほんとにそんな事があれば俗にいう「東京湾に沈めるぞ」の世界になっちゃいますね。
殺人事件ですよ。(汗)
そしてその年に時が止まっていたら もちろん今の私も居ない訳で、それはそれで困った物で・・・。
Commented by jurijuri555 at 2017-05-31 03:14
fossil1129さん
全てのコマが揃って来た!!
って感じですか。(笑)
そもそもすべては地球上で起こった事で全てが関連している事なのです。
切り離してテーマを設けてみても どこかで繋がってはいると思いますよー。
焼き肉つつきながら作戦会議や化石談義 たまにオゲレツ話・・・(爆)(爆)
Commented by apogon2 at 2017-05-31 20:14 x
沢を歩いているとたまにバレーボール大の大きさのまん丸いノジュールが転がっていますが、割っても何も出てこなくて不思議だなーと思っていましたが・・そうかクラゲのノジュールだったのですね(笑)。
コンクリーションも核となる有機物が海底で静かに堆積してから出来るのと、死んでしまった生物の殻が海底流などで吹き溜まりそこにゴカイや他の生物の排せつ物が溜まりそれが核となって出来る二通りのパターンがある・・なんて話を聞いたことがあります。
コザコザ系は後者なんでしょうね~。色々なものが出てくるので楽しいです(*^-^*)。
Commented by jurijuri555 at 2017-05-31 20:52
apogon2さん
そうそう。
エチゼンクラゲのノジュールなんか、30cm以上にはなるそうですよ。(爆)
私もコザは好きですが 何にもまともな形で残っていない 茎のかけらばかりとか貝の割れた欠片ばかりのとかの時は、割りながらキーキーしてしまいます。(笑)
が、上記を考えると もしかして、特定の軟体動物の死骸を核(成分)にして玄能石が生成されているとかしたら 少し謎の解明のヒントになるかもしれませんね。
Commented by コニアシアン at 2017-05-31 21:31 x
こんばんは〜。
スカのノジュール(真ん中がゴカイなどの排泄物など)が核になっているノジュールについて、以前話題にしたことがあります。
真ん中にブラックライトを当てると、怪しい模様が浮かび上がったというものです。
なんだろ??と非常に疑問だったのですが、どうやらそういう排泄物などが核になっていたのですね。
隅っこにアンモナイトが一個入っていたのですが、偶然紛れ込んでしまったようです。
そうでなければ、持ち帰ることもありませんでしたし、知ることもありませんでした。
じゅりあさんもボウズの日は、スカのノジュールを持ち帰って、ブラックライトを当ててみてはいかが?(笑)
Commented by jurijuri555 at 2017-05-31 22:04
コニアシアンさん
こんばんはー。
あー・・・そう言えば 鉱物巡検の時は必ずブラックライトと磁石を持ち歩いていたものですが
最近は化石が多く持参しないスタイルになっていました。
照射してウ〇コマークが浮かび上がったらビックリですね。(^_^;)
ってコリャ失礼・・・。(汗)
色んなノジュールがあって面白いですね。
Commented by アルビアン at 2017-06-01 10:48 x
こんにちは(^_-)-☆
深海の化石 ありますね~
北海道の白亜紀の深海貝も凄く興味ありますよ
特に幌加内は面白いです。
極めて少ないのですが~
ノジュールを考えるなんて良いですね
解らない事が多いと 調べる楽しさが増して
自然に勉強ですからね
勉強大嫌い人間なので、皆さんにお任せですよ
今後 出会った方々の何かしらの手助けができれば
嬉しいです。(^_-)-☆
Commented by jurijuri555 at 2017-06-01 12:50
アルビアンさん
こんにちはー。
深海好きですよー。
好きすぎて、新車も深海ブルーにする所でした。やめたけど。(爆)
サメも好きー。ラブカ欲しい~。
ダルマも欲しい~。
おバカなヒタチラブ~♡
キヌタレの貝殻とかも欲しいですね~。
あ、上記の微小貝はエゾシタダミ系かとみていましたー。
縦筋の巻貝って少ないんですよねー。
大抵は横助で、縦があっても渦巻き型に斜めるのでなかなかないのですー。
これもsp.で確定された小種名はありません。
微小貝でも新種発見は余地あるのに深海となると多々ありそうですねー。
この微小貝も道産で450-500mの深海貝の様ですよ。
http://bigai.world.coocan.jp/pic_book/data34/r003361.html
殻頂の殻は残っているのでほじくれば同定は出来そう。しないけど。(^_^;)
てか鉱物じゃないのにどうやって姿の知れぬものを同定するのでしょうね~。化石は。
カンですか???そんな訳ないか・・・。
経験がモノを言う世界には太刀打ちできません。
コツコツ歩いてネットで調べる程度ですね~。
そしてまったく記憶が出来ません・・・年とりすぎ・・・。(泣)
白亜紀深海、行きたいですねー。
<< 蛍石 クリーニング ⑧ >>