my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
春のパッキパキ巡検
at 2017-04-28 23:36
やどやど日記 19
at 2017-04-27 14:12
モーライ石みたび
at 2017-04-25 18:45
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
最新のコメント
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 10:41
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 10:23
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 09:39
昨日は。ありがとうござい..
by fossil1129 at 09:04
hntさん はいっ!!..
by jurijuri555 at 01:15
あら…ちょっと…イイじゃ..
by hnt at 00:35
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:10
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 16:10
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:00
こんにちはー。 魚の化..
by やままん at 12:18
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

2016年 11月 29日 ( 1 )


ウニの秘密

久しぶりに アクアショップ分館から荷物が届きました。
d0318386_136425.jpg
スカシカシパンかわゆすー♪
そして大きなヒオウギガイ。ホタテぐらいあります。
(自家養殖なのか天然ものなのか・・・汚れがひどいので)
一緒に漂白ドボーン☆

ついでなので 続けてウニ観察。

ラッパウニ。
d0318386_13811.jpg
ラッパウニの管足孔、歩帯列数は見やすいですね。
2個セット(孔対)で 左から右下斜めに向って3つ(1歩帯板に)ですね。

ラッパウニの肛門。イヤン
d0318386_13113169.jpg
殻頂の部分です。
パズルのように複数の小さな骨板(論文等では「殻板」と言う言葉が使われている)で覆われている。真ん中の穴が肛門。
上手く膜まで残っちゃたので見づらいですね。後でオカメブンブクの肛門も載せていますので、形は違いますが構造の雰囲気はわかると思います。
その周りに 先日のナガウニの画像ではわかりやすかったのですが、星型にある骨が生殖板。
一般的には(?)、第二生殖板(「多孔板」石灰質でガサガサな所)を生殖板と言い表す雰囲気がある感じがしますが、全部が生殖板で
この5つの生殖孔から卵を産みます。
じゃあ、多孔板って何だと言われると私もわかりません。
磨いて年輪を数えると そのウニの年齢がわかるそうです。その部分。(^_^;)

ラッパウニの歯。
d0318386_1319202.jpg
シャキーン☆
ウニの顎器(アリストテレスの提灯)の構造は、どのウニも同じです。
しかし、歯は種によって少し違う様です。

ついでに本州のバフンウニも撮ると
d0318386_1323470.jpg
あれれ、管足孔は4列です。
エゾバフンは5列なのに・・・。
同じ種(?)でも違うんですねー。

ちなみにこれはムラサキウニなのですが、
d0318386_16332247.jpg
上の方は7列なのに下の方へ行くと8列あったりして どっちやねん!!となります。
こういうのもあるので、孔対穴の列数だけでは同定は難しくなりますが、殻の柄と言うか見た目と合わせて
ある程度の種を絞る方法の1つとなりますね。

あ、ラッパと違って見づらいですよね。
骨格図も含めてどこかで見た事ある気がするんですけど・・・探せず。とりあえず、管足孔の数え方。
d0318386_1535816.jpg
歩帯の棘の部分を挟んでハの字に管足孔が並んでいるのでそれを数えます。

これは、キタムラサキウニの棘。
d0318386_13242510.jpg
緑から濃紫にグラデーションし しかもラメラメでキレイ。
なのですが、上手く撮れません。
ウニにとっては足でもあり防御の武器でもある。

こちらはタコマクのマックくん。毛残し標本にしました。くちゃい・・・
d0318386_1322860.jpg


マックのお口。
d0318386_1327347.jpg
口に向って棘が生えていますねー。
このお口の周りに叉棘が多いそうです。
チョキ爪の付いた軟体棘。
前に書いたウニ好きの記事のおすすめ動画でカシパンが食事する風景が撮られていましたが、
うにうにとこれらの棘で食べ物を運んでいます。

ちなみに手でもある吸盤の付いた管足。
それで移動したり、体に着いた汚れ(ゴミ)を取ったり 物を持って来て殻の上に着けて擬態したりするのですが、
 お借りした画像ですが・・・
d0318386_13445953.jpg
めちゃめちゃ色々着けてるラッパウニ。
その「覆い行動」を やっとこ老眼鏡をかけて読み始めた「ウニ学」の中では、
①カモフラ説
②紫外線防御説
③頂上防御説(生殖板)
④重石説
⑤乾燥防止説
⑥食糧貯蔵説(←海藻ではなく石や貝の場合は「副産物」だそうです。吹いた。(爆))
がある。と書かれていた。
まぁ、クマサカガイと同じく、①が無難な気がしますが、食いしん坊な私がウニだったら⑥ですね。(笑)
間違って石も付けてもそれはそれで浮いちゃう事防止の重り(④)で。(^_^;)

まだまだ不思議な事の多いウニ。
面白いですね~。

最後に横にあったオカメブンブクのお口。
d0318386_13483681.jpg
ボケちゃって見づらいですね。すいません。
パズルの様な殻板で閉じられています。
海岸で拾うと ゼリービーンズ型に空いている事が多いのですが、本当は普段はこうして閉じられていて
皮膚の様に柔軟にうにうにパコパコ開閉して物を食べたりしているのでしょう。
甲殻(?)を工夫して上手く作られているものです。1枚板では難しいですからね。
タコノマクラは歯がある事から イガイガ系のウニと同じく藻などをかじって食べている事が想像出来ますが
こちらは大げさに言うと吸い込み系な感じですね。それともこれが歯なのでしょうか。

オカメブンブクの肛門。
d0318386_13571685.jpg
こちらは外に向ってプリと糞を出しやすい様に?作られている感じがします。
こっちも海岸で漂着しているのを拾うとまん丸い穴が開いちゃっていますが。

観察すればする程面白いウニワールドです。
 
 

by jurijuri555 | 2016-11-29 14:16 | | Comments(8)