my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏のビーチへ
at 2017-07-25 20:49
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
最新のコメント
fossil1129さん..
by じゅりあ at 07:05
ヤドたちの海水汲みという..
by fossil1129 at 06:08
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:42
ZX9-Rさん いや..
by jurijuri555 at 03:30
こんばんは~。 コータ..
by コニアシアン at 21:47
お仕事明けの巡検、お疲れ..
by ZX9-R at 21:43
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:05
産地忘れは私にとっても深..
by Macrowavecat at 22:05
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 19:49
じゅりあさん 私は、も..
by fossil1129 at 18:13
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

2016年 12月 14日 ( 1 )


オウサマウニ科

頂いたノコギリウニの処理が終わりましたー。

ながーい棘のあるノコギリウニ。
d0318386_13172137.jpg

棘の数も多くて、沢山のフジツボが付いていました。
d0318386_13175796.jpg
イソギンチャクが付いている棘もありましたよ。(笑)
又、(ウニの)種によっては、共存(?寄生?)するヒトデやエビ、巻貝なども居るそうです。

さてさて、なかなか立派な棘が取れなくて長々かかってしまいましたが殻もなんとかキレイになりました。
d0318386_13235718.jpg
ジャジャーン♪
キレイですよね~。
私的には、知ってるウニの中では一番キレイだと思います。

ただ、時間がかかってしまったのでバラの花の様な肛門(・・・って変な言いまわしですが(^_^;))の殻板がやはり崩れてしまいました。(号泣)
d0318386_13253152.jpg
イターイ。
これは痛い。
殻標本の制作の仕方を変えなくてはダメですね。
とにかく、オオサマウニ科や硬い系のウニは棘が取れなくて、いきなり漂白ドボンよりも ジックリまずは腐らすとか放置系で自然にゆっくり進める方が良いのでしょうかねー。
一応、ポリデント系にしたり工夫はしたのですが・・・。
やはり、「茹でる」か???(爆)
まだまだ先輩方には敵わない様です。コツや方法があるのでしょうね。
ちょっと残念な結果になりました。
これでもまだ体組織残ってトゲ周り黄色くなったし。(又後で処理しますが)
美殻作りも結構ムズイっす。
又挑戦したいな。

このオオサマウニ科は、殻がこんな風に王冠っぽいカッコイイ系です。
マツカサウニ
d0318386_13370100.jpg

フシザオウニ
d0318386_13372573.jpg
も色と殻高が違うぐらいで 形は同じ系ですよね。

生体も殻も 好き系です。

て、やっと終わったー。と思ったら 又キターーーーーーーー!!!!(爆)
d0318386_209144.jpg
ドーン!!!!
魚いっぱーーーーい!!

じゃなくて、うにーーー♪
d0318386_20101097.jpg
これがツガルウニ?
ヤッター♪
ホンウニモドキ目ホンウニモドキ科ツガルウニ~
 
 

by jurijuri555 | 2016-12-14 20:16 | | Comments(8)