my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
やどやど日記 25
at 2017-10-24 16:48
整理整トン
at 2017-10-20 22:20
松クリ
at 2017-10-17 21:59
ブラックパインふたたび
at 2017-10-14 21:08
海歩き
at 2017-10-13 13:33
最新のコメント
こんばんは~! ブラパ..
by fossil1129 at 19:11
こんばんは!!!(^^)..
by アルビアン at 18:15
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 17:23
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:04
なんとも凄い収獲ですね~..
by Macrowavecat at 13:56
コニアシアンさん こん..
by じゅりあ at 10:15
こんにちは~。 ムカシ..
by コニアシアン at 08:46
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:27
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 20:22
私もapogon2さんと..
by fossil1129 at 18:20
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海( 177 )


やっぱりまだまだ~

本当は、もう少し間を空けて・・・と思っていたけれど
週末は又天気が悪くなりそうだし、来週は用事があるので
天気の良い休みの今日、また海に行ってみましたー。(^_^;)

今日は誰も居な~い。
d0318386_2039521.jpg
まだ月も残っています。

んー、今日も見当たらないけど こんな波打ち際まで車が入っていたんじゃあ・・・
d0318386_20413978.jpg
フザケルナ!!!!(怒)

今日は白エビ?をお助け~。ズザーぶしゅ。と流されて来て埋まった跡がありますが、
生存確認に掘り出したらピンピン跳ねたので
d0318386_20472120.jpg
海にポーイ♪

海辺には何かが近寄っているみたいなんだけど・・・
d0318386_20495435.jpg
カモメが沢山。

何もないので又~。
d0318386_2050431.jpg
まだまだの様です。(^_^;)

拾ったのは・・・ミニ貝殻と
d0318386_12212296.jpg
いつもの漂流者達。(笑) ↓

帰りの車の中では拾ったヤツらがピューピューちゅうちゅう(笑)
d0318386_20513217.jpg
ウフウフ♪ 元気でちゅねー。(^ρ^)ウマウマ

by jurijuri555 | 2013-10-22 20:53 | | Comments(4)

無いよ~

師匠の所で、初到来の報告を聞いて、今日は沢山の人が向かうんだろうな~・・・。
とか他人事の様に思っていたけど、
そう言えば休みだし、出掛けるついでに寄るのもアリかな~。と
朝早くに起きたものの またまたノンビリ朝シャワーしたりしていたら(爆)
ハッと気付くと到着したい予定時間少し前ってな感じで・・・。(^_^;)
いつもいつも こんな感じで結局ウダウダと遅れて行くんですけどね。

そんな訳で、とっくに先着アリ。
d0318386_17143153.jpg
朝もやの立つ日本海。
先着者の足跡は、元波打ち際に右に左にとずっと続いています。
たぶん 私が到着時は引き潮で 先着者が来た時よりもっと波が引いている様でしたので
少しの希望を抱いて、引いた波打ち際を歩いてみましたが、
な~んにも無い。(^_^;)

あるのは、エボシガイの着いたプラ浮き。
d0318386_17173469.jpg

おっと!オハジキみっけ!!
d0318386_1718665.jpg


私が居るのに みんな夢中になって波を追いかけて突ついている
d0318386_17225389.jpg

何があるんだろうね?
歩いていると こんなのがいた。
d0318386_17235133.jpg
引き潮で置いて行かれた小魚。
こういうのを食べてたのかな???
まだ生きてるし 何だか可哀相なので、つまんで海にポーイ♪

その後には、カニが・・・
d0318386_17244470.jpg
何ガニ?
わかんないし、チョキ爪も取れちゃったのか無いけど、これもまだ生きてたからポーイ。

続いてまたもや小さなカニが居たからつまんだら、
d0318386_17253559.jpg
こりゃこりゃ!挟むなってば。(笑)
両手でチョキチョキされてしまいました。
もうっ。波の上で振り振りしてポイ。

3つの命を助けてあげたから、次回はアオイガイが貰えるかな?
金のアオイガイと銀のアオイガイと真っ白なアオイガイを。(爆)
d0318386_17274359.jpg
おっと!良い天気になって来た。
こんな事している場合じゃないわー。
お出掛けお出掛け~♪

by jurijuri555 | 2013-10-19 17:33 | | Comments(8)

腕足類

風邪はだいぶ良くなりましたー。
が、気力が出なくてまだウダウダしております。

ネタも無いので ウダウダと巡回していた所、アルビアン師匠の所にも出ていた腕足類。
ちょっと調べてみなくちゃねー。と私も思っていたので
プチコラボ日記です。(^_^;)

ワタクシのかわゆい腕足類はホオズキチョウチンちゃん。
コレね。
d0318386_16443212.jpg
前にも載せましたが。
太平洋ビーチコでゲッチョして来たやつです。

で、wiki等で少しお勉強~。(抜粋やお借りした画像で構成しております)

腕足動物(わんそくどうぶつ)は、2枚の殻を持つ海産の底生無脊椎動物で
シャミセンガイ、チョウチンガイなどと呼ばれるものを含む。
一見して二枚貝に似るが、体制は大きく異なり 貝類を含む軟体動物門ではなく 独立の腕足動物門に分類される。
ちなみに腕足類とは、腕足綱の触手動物の総称。

腕足動物は真体腔を持つ左右相称動物である。
二枚貝のように2枚の殻を持つが、二枚貝類の殻は体の左右に1枚ずつあるのに対して 腕足動物の殻は背腹にあるとされている。
それぞれの殻は左右対称だが、背側の殻と腹側の殻はかたちが異なる。
2枚の殻は有関節類では蝶番によって繋がるが、無関節類は蝶番を持たず 殻は筋肉で繋がる。
腹殻の後端から肉茎が伸びる。
肉茎は体壁が伸びてできたもので、無関節類では体腔や筋肉を含み 伸縮運動をする。
種によっては肉茎の先端に突起があり 海底に固着するときに用いられる。
肉茎を欠く種もいる。
肉茎を持たない種は硬い底質に体を直接固定する。
体を底質に付着させない種もいる。

殻は外套膜から分泌されてできる。
外套膜は殻の内側を覆っていて、殻のなかの外套膜に覆われた空間 すなわち外套腔を形成する。
外套腔は水で満たされていて、触手冠がある。
触手冠は口を囲む触手の輪で、腕足動物では1対の腕に多数の細い触手が生えてできている。
餌を取るために殻をわずかに開き 触手冠の繊毛の運動によって外套腔内に水流を作り出す。
水中に含まれる餌の粒子は、触手表面の繊毛によって触手の根元にある溝に取り込まれ口へと運ばれる。主な餌は植物プランクトンだが、小さな有機物なら何でも食べる。
消化管はU字型。触手冠の運動によって口に入った餌は、食道を通って胃、腸に運ばれる。
肛門を欠き、消化管は行き止まり(盲嚢)になる。
循環系は開放循環系だが不完全。腸間膜上に心臓を持つ。
真の血管はなく、腹膜で囲われた管がある。血液と体腔液は別になっているとされる。
1対か2対の腎管を持ち、これは生殖輸管の役割も果たす。
神経系はあまり発達していない。背側と腹側に神経節があり、2つの神経節は神経環で繋がっている。
これらの神経節と神経環から、全身に神経が伸びる。
d0318386_20245344.jpg


化石記録ではカンブリア紀に出現し 古生代を通じて繁栄したグループだが、
その後多様性は減少し 現生の種数は比較的少ない。
腕足動物の化石種は1万3000種記載されているのに対し、現生種は350種程度に留まっている。

現生のミドリシャミセンガイを含むシャミセンガイ属は、生きている化石の代表例としてよく知られている。
日本や東南アジアでは、食用にされている。
塩ゆでや煮つけにして食べるらしい。
青森県陸奥湾から九州の有明海にかけての内湾に産する。

ちなみにシャミセンガイ(無関節亜綱)は砂の中、ホオズキガイ(有関節亜綱)は海底や岩に付いて生息。

これがシャミセンガイかな?
d0318386_16514925.jpg


ホオズキチョウチンは、日本各地の水深40~500メートルほどのやや深い海底にすみ、また関東や東北地方からは新生代の化石としても産出する。

て事で、私のホオズキチョウチンちゃん。
d0318386_16524971.jpg
ちょいボケ
裏はこんな感じ。
d0318386_16532053.jpg
腕の出る穴があります~。
実は腕もあったのですが、網に絡み付いてて、干物みたくてキモかったので取って捨てて来ました。
匂っても嫌だし・・・。(^_^;)

んで、中身が気になるが、これ1個しか採って来なかったので解体する訳にも行かず・・・
覗いてみても・・・
d0318386_1654992.jpg
ムムム~。
本当は、こんな感じで触手冠が観察出来るらしい。
d0318386_16561632.jpg
気になる~。(笑)

今後、もうすこし詳しく調べてみたいし、
是非化石も採ってみたいですね~。

by jurijuri555 | 2013-10-17 17:02 | | Comments(12)

ひまつぶしギャラリー

先日のビーチコアートにププッと笑って頂けたので
オヒマ潰しに今季のビーチコおふざけアートフォトを数枚・・・。

d0318386_1340568.jpg


d0318386_13431237.jpg


d0318386_13464249.jpg


d0318386_13481735.jpg


d0318386_14252260.jpg


d0318386_13501194.jpg


d0318386_1350346.jpg


d0318386_1352460.jpg


d0318386_1404573.jpg


d0318386_1411762.jpg


d0318386_143532.jpg


d0318386_14184974.jpg


by jurijuri555 | 2013-10-10 14:31 | | Comments(12)

日本海ビーチコーミング

本日はお久しぶりの日本海でビーチコーミング。
場所は・・・例のごとく いつも行く人は見たらわかると思いますが、地名は出さないでね。(^_^;)
私が日本海側で「ビーチコ」するのは、ここが多いかな~。

さてさて、お久しぶりの彼の地へオーロラの様な朝焼けの中向かいます。
d0318386_13465037.jpg


海へ向かう道にはキツネたんの足跡も・・・。
d0318386_13472392.jpg

そして砂浜には・・・
d0318386_13474359.jpg
何の足跡? 馬!?
いつもあるのですが、不思議な足跡が。

えー、いつもの様に 何かイイ物ないかな~(主にビンとか浮き玉とかシーグラスとかガラス物とウニ)。
と思いながら歩くんだけど・・・
d0318386_13503235.jpg
ドシャ~!!!!
漂流木の山・・・。すきまにプラゴミ、そしてクルミ。(笑)
プラ浮きすらほとんどありません。
なので、趣旨変え。
d0318386_1353351.jpg
(爆)
貝ライン。
d0318386_13561627.jpg
拡大画像
d0318386_13563752.jpg
二枚貝がほとんどです。
サクラガイも漂着していました。
巻貝はツメタガイだけ少し。でも砂浜なのにクラッシュ多し。
崩れ擦れカシパンはあったけど いつも漂着しているブンブクは見えませんでした・・・。(泣)

帰り道、海岸の足跡は馬のお散歩だと言う証拠をつかみました!
d0318386_13585373.jpg
チラッと海岸へ向かう後姿をウォッチ!

回収物は続きの回で・・・。

by jurijuri555 | 2013-10-05 14:07 | | Comments(6)

連休1人アタック③

今夜の仕事までは休み~♪
と言う事で、今朝は夜明けからビーチコへ。

・・・と思ったら いつも通りウダウダしていたせいで出るのが遅れ、浜の手前で夜明けを迎えてしまった。
d0318386_1282970.jpg
車の窓の汚れが目立ってしまいますなぁ。(^_^;)

車から降りて仕度をしていると 近所の老夫婦が海から帰って来て、
挨拶をすると 何採りに来たのー。と聞かれたから、いえいえ散歩です。と答えると(ビーチコーミングとか言っても微妙かと・・・)
何も無いよー。と言われたが、(老夫婦はコンブと寄せた貝を採っていたらしい。食料。)
本当に無い!!
d0318386_1212154.jpg
いつもならワッサリある寄せ物が無く、砂浜は岡の下からゴッソリ砂を削られて様変わり。
シーズン前にブルでゴミを集めた訳でも無いのに キレイなビーチとなっていました・・・。

まぁ、それでも本当に散歩でもいいや・・・と とりあえず歩き始めると
だいぶ進んだ所でやっとボチボチと寄せ物があり。
量はないけれど、もし前回来た後に新たに着いた物があったら
1つぐらいは、どこかに引っかかって残っているかもしれない。と丹念に見ながら進んだが、
電球やペットボトルはあるのに プラ浮きもガラス玉も無い。
あったのは、初カシパン。
d0318386_12195380.jpg
やっぱり端がクラッシュしてるけど。
ここでウニを観たのは初めてです。

いつもの浮きの寄せ場もショボくて、最後の寄せ場にもガラスの浮き玉はありませんでした。
d0318386_12211796.jpg
今日はダメだなー・・・。と復路はもう少し岡側を歩く事にしました。
最大満潮時(荒れてる日)にもしかしたら岡側に押されたのが草むらとかにあるかもしれない。
そうしたら・・・
d0318386_12235268.jpg
ジャーン!!4㎝のミニ川口。(爆)
なんの事はない、私の往路の足跡のすぐ側(キツネの足跡もあるけど)にあったのでした・・・。
まさに灯台下暗し。
往路に寄せ物の上を歩いていて、「寄せ物」を見ていたけど
実はその少し岡側に浮きは軽くて転がっていた・・・と言う訳でした。(^_^;)
初めからもう少し上を歩いて足元も見ていれば気づいたのに。テヘ
でも、本日はコレのみ。

嵐が去った後だからか、珍しく今日は波も凪いでいました。
d0318386_12292351.jpg

丁度引き潮に向かう時間のせいか波の引いた跡がわかります。
d0318386_12301557.jpg
初めて、波打ち際を歩きながら戻りました。(笑)
成果は寂しいけれど、お天気も良く 気持ちの良い浜歩きが出来ました。

帰りは、道の駅ウトナイ湖に寄りトイレタイムと食料仕入。
d0318386_1234476.jpg

裏の湖に出ると 沢山の白鳥が来ていました。
d0318386_12353511.jpg
飛行機と女子大生と白鳥。(爆)

ここのお勧めは、B-1グルメの豚まん。お店の人のお勧めは肉巻きオニギリです。(笑)
d0318386_12365714.jpg
今日は、雪解けに来ていた頃はいつも販売中止中だった中華風のカツサンドと
主人のおつまみに スモーク卵も買いました。

ま、今日は捕まらなかったし(爆)、
ミニとは言え1つガラス玉のお土産も貰ったし、
昨夜のルナティックパワーで浄化されたと言う事にしておきましょう。(笑)
今夜も満月のパワーを浴びて、週末に期待します!!(^ー^)v

by jurijuri555 | 2013-09-19 12:51 | | Comments(4)

シーアンバーを求めて

ユキさん しぃませーん!! パクりになっちゃいました。(^_^;)

今日は、眠ぃ~まま とっくに教習は終了したのに いつまで経っても免許を取りに行かない長男を
朝こっ早くから手稲に強制連行してブチ込んで来ました。
ほんとにグズでー。(笑)
7時前に出たのに 手稲に着いたのは2時間後。激萎~!!!!
通勤している方、お疲れ様っす!!!!
てか、公共の交通機関を使おうよ・・・。時間は金出してでも買え。
車の中で眠くてイライラしているより、電車やバスに乗った方が少しでも寝れるし
本読んだりモバイルでニュース見たり、よっぽど有意義に使えると思いますけど~。
まぁ、毎日残業で終電にも間に合わない。とか、荷物が多いとか 色々と理由があるんでしょうけど。

そんな事で、朝9時に手稲に居る・・・と言う状況になったので
帰りは石狩回りで戻りがてら 久々に石狩ビーチに寄りました。
実はワタクシ、石狩ビーチコはほとんどしません。(^_^;)
人見知りなので沢山の人が居る所は苦手だし、他の方のフィールドだと思っているので。
そして、まだ本当に端から端まで歩いた事も無いんですよね。
なので今日は石狩川まで歩く事に。

お邪魔しま~す!
d0318386_1416950.jpg
と、誰も居ない様に見えますが、
実は、さすがに海に入っている人は居ませんでしたが、裸で日光浴をしている人、釣りをしている人が沢山居て。
そんな中に重装備(長袖長ズボン・サバイバルベスト・長靴・バケツ・農家帽子・手袋)のオバチャンが登場したら
超~浮きまくりー。(滝汗)
さすがに恥ずかしくて、場所を移動。
ズルしてもっと河口側まで車で移動してから浜に出ました。(^_^;)

私、シーアンバーって過去に1個しか採集した事無いんですよねー。
ビーチコを始める前から 「望来で瑪瑙が拾えるらしい」「石狩浜で琥珀が拾えるらしい」ってウワサは耳にしていましたので
今日は是非、琥珀を採りたい次第で 張り切って久々に暑い中歩く歩く歩く・・・
が、あるのは
d0318386_14225566.jpg
打ち上げカニの死骸いっぱい、
クラゲ・セミの抜け殻・クルミ・どんぐり...そんなのばっかり。

途中、瑪瑙を見つけました。
d0318386_14271451.jpg
石狩でも瑪瑙が拾えるんだー。
ちっさ!!(笑)

結局そのまま何も見つけられず、寄り物も無く、石狩川河口に到着。
d0318386_14293117.jpg

今日は暑くて、聚富の森からは夏を惜しむセミの鳴き声が盛んに聞こえました。
しかし 石狩側は、スッカリ秋。
d0318386_14305366.jpg
砂丘の岡はススキ畑です。

川の横も行ける所まで歩いてみましたが、琥珀は見つけられませんでした・・・。
みつけたのは、コレ何?
d0318386_14325471.jpg
鬼みたいで怖~い。(^_^;) 植物の実みたいです。

あとは、ミニトマト。
d0318386_14333296.jpg
良くここまででも育ちましたね~。

何も無いし、暑いのでトボトボと撤収。
せっかく奥まで来たので、帰りはビジターセンターに寄ってみました。
d0318386_1435780.jpg

センター2階からの景色。
d0318386_14354530.jpg

d0318386_143628100.jpg

センター前のハマナス
d0318386_14364946.jpg


あざぁ~した!!
又お邪魔させて下さい。
結局、私のシーアンバーは いまだに望来でみつけた1個のみ・・・。
d0318386_14444166.jpg


石狩の帰りはいつもの様に 佐藤水産に寄り、食料品のお買い物。
丁度お昼だったので、今日は「鮭昆布」のオニギリに。
あと、主人のつまみに鮭の缶詰めをお土産に・・・。
d0318386_14461238.jpg
鮭昆布、最高~!!
他の具って意外と道産子向きでしょっぱいのですが、これはコンブの佃煮の甘さで鮭の塩辛さが絶妙に隠されて
マジ美味でしたー♪ お勧めです。

by jurijuri555 | 2013-09-10 14:51 | | Comments(12)

「ビーチコーミング」

今日は久しぶりにキッチリとしたビーチコーミング。(笑)

ビーチコ「のみ」ってあまり無いからな~。(^_^;)
私のホームは、意外や意外 太平洋です。

日本海との違いは、ダイナミックさと種類の多さと寄せ物の多さです。
とにかくデカくて沢山!
キレイな物(貝とか瑪瑙とかシーグラスとか)は少ないけれど(瑪瑙は無いウニ殻も見た事ない)
面白いです。

場所は教えな~い。
わかった人も書かないでね~。(^_^;)

朝、途中で雨に当たるもホームビーチに到着。
太平洋~
d0318386_13164057.jpg
ザッバーン!!
日本海と違い とにかくいつも荒れ狂っております。
波際になんか近寄れません。
のんびりとか癒されるとか 海の雰囲気に浸れるビーチコの場ではないですね。(^_^;)

海岸は曇り。途中雨に当たったので、いつ降っても良いようにカッパのジャンパーを着て出発。
ここの特徴は、寄せ場が分かれている事。

貝の寄せ場
d0318386_13213051.jpg

石の寄せ場
d0318386_13215997.jpg

浮きの寄せ場
d0318386_13224591.jpg

寄せ場と寄せ場の間はミックスです。

浜にはキタキツネが住んでいて(?)あちこちに掘った穴があります。
d0318386_13295848.jpg

足元を見ないでキョロキョロして歩くと穴にハマります。(笑)

いきなり シリンダー浮き発見!嬉し♪
d0318386_13313388.jpg
陽印はありませんでした。
ガラス浮きは、意外と沢山ありました。めっちゃ小さいのばかりです。(^_^;)
先人の足跡は沢山ありましたが、小さすぎて目立たないか 先人の目的が違ったのでしょう。(釣り人や散歩している人も多い。)
ヘンテコなガラス浮きもありました。
にぎやか七夕?浮き
d0318386_1336160.jpg

何の仕掛け?浮き
d0318386_13363960.jpg

何か巻いてる!浮き
d0318386_13443316.jpg

私は8㎝以下の小さい浮きしか見つけた事ないのですが、今日は初めて12㎝浮きもゲットしました。(しかもフジツボ付)
あと陽印は私はほとんど川口しか見つけた事ないんですが、今日は初めて
「旭」とか 山(へ)に干?(幹の右側みたいな字)とか 「T」とかもありました。

その他の面白浮き。
白玉×8
d0318386_13391034.jpg

ペットボトル浮き
d0318386_13394275.jpg

愛は地球を救うメロンパンナちゃん浮き
d0318386_13424412.jpg

白樺ロール
d0318386_13464088.jpg

他にも今まで見た事無いのを色々・・・。

あとは、イカの甲骨や海鳥の死骸(骨と羽根になってるヤツ)やら も見ましたが、
イルカ?子クジラ?の背骨も流れ着いていました。
d0318386_143168.jpg

欲しかったけど(笑) 今ひとつまだフレッシュさが残る感じだったので放棄。

荒れすぎてて、貝はクラッシュが多く(特に巻貝など完品はほぼ皆無)
シーグラスも究極に磨かれているのは良いんだけど少ないし小さいのが難点。
それ以外は、私は好きな海。
山アタックに似ています。(笑)=浜歩きもキツイ。
往復3時間半のビーチコでした。ゼイゼイ・・・

本日のネプチューンからの頂き物
d0318386_14124992.jpg
いつもこんなにはありません。
久々だったので 沢山もらっちゃいました。(^_^;)

by jurijuri555 | 2013-09-07 14:24 | | Comments(13)

日本海の貝

あらー、又雨ですか~。
週末の天気が心配です。
土曜は北大の巡検参加で、日曜はもちろんザブザブの予定でしたのにん。

そう言えば、昨日 太平洋の貝を載せたのに
日本海側の貝を載せていなかったのでアップしておきます。
d0318386_13373048.jpg
特に珍しいのは無いかと思われ・・・。

貝は珍しくないけど、撮影するのに 元々欠けてるんだけどアオイガイが更に欠けていたので
瞬間接着剤で直そうと思ったら 私の手もアオイガイに付いて取れなくなり、
このまま合体してしまうのか・・・とアセりました。(笑)
このまま一生体にアオイガイを付けて生活をしなくてはならない所でした。アブナイ・・・;;;

あと、車の中でゴロンゴロン転がってるので
先日Y市チューロで採ったイノセラたんも降ろして洗いました。
とっても重い・・・。ヒーヒー
d0318386_13391540.jpg

どうやら半体の様ですね。(完全体とは思っていなかったけど)
裏もまだノジュールが付いてるけど殻は残っていそうです。
しかも真っ二つなので中身の見える化石となりました。
d0318386_1340182.jpg
ウゲロン・・・
と思いつつ 面白い標本ゲットです♪
イノセラ肉 美味しかったのかな~?(^_^;)

昨日の太平洋側の貝の中に 腕足類の殻があるの気づきましたん?
うへへ♪
ちょーキモカワユスです。
現生でチョウチンガイって言うんでしたっけ?
私のは「ホオズキチョウチン」らしいです。

by jurijuri555 | 2013-08-22 13:51 | | Comments(6)

厚田の不思議と海からの頂き物

はーい、お待たせしまちた~ん。

昨日の厚田アタックの厚田層の謎解きの第一回目です。

「厚田層は採れない」が ここいらの層の中での定説でした。(私が聞いただけかも?妄想?)
んがっ、確かにポロポロ目立つ程は無いけど、よーく見ると何か入ってた痕跡ノジュールは結構ありましたです。
何かとは 貝に限らず。ってコトね。
植物(?)系とか・・・クズクズで良くわかんない系。
んで、まずは昨日採った二枚貝(とついでに植物化石っぽいの)のアップ画像を2枚。
d0318386_1215996.jpg
中身はめてみました。
d0318386_1222213.jpg
やや上部から。

札幌周辺の地質は、新生代 新第三紀~第四紀で出来ているそうです。
火山の爆発で埋まった支笏湖から定山渓 扇状地から街中までは第四紀。
新第三紀はやはり西側 石狩より北側の望来層、当別層、盤の沢層、厚田層のみの様です。
新第三紀 中新世、アキタニアンかバーディガニアンかランギアンかサーラバリアンか
トートニアンかメッシニアンかわかりませんが。ゼイゼイ
トーシロの私的には、白亜紀最後のマストリヒチアンより更に更に若い地層ですが、
出る貝はそんなに変わらない感じがします。アンモは出ないけどねー。
白亜紀末期で生物の70%が絶滅したと言われているのですから・・・。
きっと寒み~くて殻にパッキリ篭れる系(動物では毛がアル系)しか生き残れなかったのでしょう。
カメとかフタ持ちの巻貝や二枚貝、深く潜れる系の生き物(スナモグリもか?(爆))等。

ま、それも置いといて~。
トーシロ巡検では、望来でも見つけた事があるのですが、
厚田でもこんなの見つけました。
d0318386_1257861.jpg
ノジュールの間の瑪瑙汁。
この白っぽい素焼きの様な泥岩がキーポイントで、
普通 単純にノジュールと言うとカニ爪で見た灰色から黒っぽい物が泥岩なのだけど
d0318386_133409.jpg

カラッカラに乾くと素焼きの様になる様で、何も入っていないと言う古潭のノジュール
d0318386_1362876.jpg
の様な物で
更に安瀬になるともっと白っぽい塊になって落ちている。
これは昨日も書いたが、ほとんどスカなんだけど数%の確率で「何か」入っていて
それが前に置きっぱで帰って失くした瑪瑙化爪化石?の様な物とかの確率もあるのでは・・・。
d0318386_1393397.jpg
こんなのもあったし。
d0318386_1395766.jpg
キラキラ方解石。(まだルーペで見てないけど瑪瑙関連なら水晶かも)

何が言いたいかと言うとー、とにかくこの辺は瑪瑙汁有り余り系の土地柄の様ですので(笑)
体力があれば 同じく乾いた系のノジュール(ぽいド)を割ると面白い物が出てくる「カモ」よー。って話。
なぜ素焼きノジュールが狙い目かと言うと
例えば水晶なんかは1mm成長するのに100年かかると言われている。(ほんとかー?(汗))
なので、乾き具合が同じと言う事は 瑪瑙汁が染み出て固まって落ちた頃と同じ時代の岩石が怪しいって言う
単純な推理からなんですが。
d0318386_13295757.jpg
これも前も載せた気もしますが、
こんな化石の上から瑪瑙汁ってのもありますからねー。(笑)

そのうち何だかすん晴らしい化石が出て来ますよ!!きっと。

そんな海と古代地層からの恵みに感謝。

これは現生の ほぼ太平洋側の恵みですが・・・。(^_^;)
d0318386_1332777.jpg
日本海側のは右斜め下1/4程

by jurijuri555 | 2013-08-21 13:40 | | Comments(4)