my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
ハンマーヘッドシャーク②
at 2017-09-14 15:46
やどやど日記 24
at 2017-09-12 15:13
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:11
ハンマーシャークですか~..
by Macrowavecat at 20:11
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 04:13
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 20:05
やままんさん こんばん..
by jurijuri555 at 23:38
完成間近ですねー。 ブ..
by やままん at 22:52
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:58
こんにちは~ 頑張った..
by アルビアン at 16:53
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 16:07
こん××は~! ここま..
by fossil1129 at 15:56
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鉱物( 125 )


めのう

おやおや、今回の「ミネラ」は瑪瑙の特集ですねー!
d0318386_040368.jpg

瑪瑙は、まだ先に取り掛かっているのがあるので「研究対象」とまでは行かないのですが、
次期研究候補のコレクションです。

瑪瑙が採れるって事で望来に通い出し、
それがビーチコーミングにつながったりしたキッカケの鉱物でもあります。

単純に言うと普通は、
ガーッと岩石の素が堆積した時に 中の空気や水が消滅した後に出来た空間に
瑪瑙汁がジワジワと溜まって出来た鉱物です。
なので採れるのは、丸ごと完全体だと「球果」と言われる丸い塊です。
外側から堆積して行くので よく言う縞模様になります。
完全に詰まっているのもありますが、不完全だとジオードと呼ばれる空間が残っており
大抵そこには水晶がビッチリと生えて(?)います。

成分は、ザックリ言えば水晶とオパール(蛋白石)の混ざった物。
なので硬度も6~6.5と硬いです。
この成分が微妙に不純物が混ざったりしてバランスがズレると 玉髄と呼ばれたりカルセドニーとか呼ばれてみたり(玉髄の事だけど・・・)ジャスパー(碧玉)になったり・・・。
単純には順に透明度が落ちて行きます。(^_^;)

普通は、こんなの。
d0318386_0533751.jpg
堆積した部分の模様とジオードの水晶の景色を楽しみます。
これは部分ごとに瑪瑙汁が染み出て成長した様でかなり色も模様も違っていますね。
d0318386_0542371.jpg
これなんかは堆積部に赤い鉱物が混ざっているので反射して水晶が赤水晶に見えますよね。
d0318386_055131.jpg
こちらは中に毛鉱みたいなモシャモシャした鉱物かゴミか(笑)が生えていて面白い。

大型になると
d0318386_0563119.jpg
瑪瑙成分と水晶が交互に堆積したりして
複雑な縞模様が出来、芸術的な物になります。
これはそれを1/4カットしてブックエンドに加工したものです。

あとは普通に研磨して置物にしたり スライスして敷物にしたり
化学の実験に使う乳鉢も瑪瑙で作られたりします。(瑪瑙製の乳鉢は高いです~)
染色もしやすいのでアクセサリーに加工されたりもします。

望来で拾える瑪瑙は、瑪瑙の部分だけが丸く研磨された状態で拾えますよね。
d0318386_14436.jpg
オレンジ白グレーピンク黄色、そして縞瑪瑙・・・

しかし古潭辺りまで行くと
d0318386_1204627.jpg
こんな風な瑪瑙汁の溜まった頭の破片が拾え出し、

安瀬にいたってはモロ
d0318386_1224072.jpg
こんなジオードの見える大型球果状の塊も見つかり
大体この辺りが この辺で拾える瑪瑙の原産地だと予想出来ます。

面白いですね。時間が出来たら産地現場を検索したいと思っています。

又、その様な産地により産状状態や模様にも変化があり 本当に面白い鉱物です。
d0318386_1283451.jpg
こちらの図鑑を見れば詳しくのっています。
高いけど、興味のある方は是非。

ミネラのメノウ特集号は、瑪瑙化した化石の事や方解石の事まで載っているので
鉱物だけじゃなく化石に興味のある方にもお勧めです。
是非、書店で手に取ってみて下さい。

by jurijuri555 | 2013-08-05 01:40 | 鉱物 | Comments(8)

ザブザブカンカン

土曜日は 下調べの上とうとう(やっと?ようやく!)真聖地へGO!
第一陣偵察隊です。責任重大!(笑)

変わらずキラキラ存在してらして素晴らしかったです。
d0318386_2591693.jpg

早速ザブザブしたものの・・・撃沈。
かなり期待したのにな~。おかしいな~。(^_^;)

仕方ないので転石を探したが パッとせず・・・。
d0318386_344874.jpg

しょうがないから(笑) 岩盤の上をガリガリしてザブザブしていたら
岩盤中のイノセラちゃんまでおこしてしまった。(^_^;)
d0318386_374799.jpg


化石採りさん 同じくザブザブさん 調査の人? 何人にも会いました。
帰り際にも 夏休みの自由研究にか、親子で化石採りに来ていた父子に会いましたが
男の子が 化石採れな~い。と言っていたので、
さっきのイノセラちゃんをあげました。
こんなので「親切なオバちゃん」と言う称号が貰え 彼の記憶の中に残るのなら本望です。(笑)

しかし、今日は体中が痛くて、
日焼け止めを塗っていたのに 二の腕が真っ赤です・・・。
もはや ヤケド~。(爆)
9時間外に居たしね。
ずっとザブザブカンカンしてて、時々暑くて脱皮したりもしてたし。

それでも 最高~♪ (バカ)

by jurijuri555 | 2013-08-04 03:30 | 鉱物 | Comments(2)

もふもふで青ければLOVE度アップ

題名は、究極論ですので お気にせずに。(^_^;)

今日も天気は悪いけど蒸し暑いですね。

でも週末は天気回復しそうで、今から クマたんとお相撲取っちゃおうかしら♪ってぐらいワクワクして浮かれています。(笑)
フィールドに出発しますよ!

さてさて、今日は、最近のマイブーム鉱物と
その前のブームと言うか 集めていた鉱物です。

最近、針ハリ・ふもふもした鉱物に目がハートです。
石のクセに もふもふしてるんですよ?
いや~、ダイーブ!して もふっと(ブスッ)としたい♪ シャクっと崩してしまいたい衝動を抑えるのにプルプルしちゃいます。(笑)

まずはマジかと言う名前の「毛鉱」(もうこう)
d0318386_12224211.jpg
ちょっと見づらいかな~。
キラッと細くて短い針の様なのがあちこちに見えると思うんですけど。
産地によって微妙に違うけど 銀色または灰色の 毛の短い動物の抜けた毛の小さな塊みたいな感じで産出される事もあります。
鉄を含んだ鉛の鉱物らしいです。
石なのに「毛」とは・・・。
「薄い」人には羨ましい鉱物に違いありません。(爆)

続いて針ハリしてる「ソーダ沸石」
d0318386_12291882.jpg


同じくシャクっとしてしまいたくなる「胆礬」(たんばん)
d0318386_12362244.jpg
冬の朝に土の下から出た霜柱みたいですよね。

色がキレイな「水亜鉛銅鉱」
d0318386_123952.jpg
丸っとして可愛い。

もふもふと言えばコレ!「オーケン石」
d0318386_12394267.jpg
もふもふの代表格。ウサちゃんの毛みたいにフワフワして見えます。
(実際は石だから硬いけどね)

それから、もふもふ過ぎてボケ写真に見えてしまう「青針銅鉱」
d0318386_12432037.jpg

ほっぺたスリスリしてみたいですよね~。プスプス刺さると思いますけど。(笑)


さて、ここまでで気が付いた事がありますね?
「青い」 「銅」 と言うキーワードです。
もふもふ石を集める前は、「青い石」をテーマにして集めていました。
前回書いた様に 青い石は銅を含んだ石が多いです。
有名なのは、藍銅鉱(アズライト)
d0318386_12532051.jpg
ちょっと画像が暗いけど。緑の孔雀石(マラカイト)もありますね。
この孔雀石は銅の二次鉱物(酸化したもの)なので 銅鉱物のどこにもおります。(笑)
えーと こちらは道産
d0318386_1256248.jpg
手稲鉱山のアズライトとマラカイト。割りたてフレッシュ~♪(爆)
あぁ、コレが「手稲石」だったなら・・・。(^_^;)

藍銅鉱と同じく有名(?)なのは、翠銅鉱
d0318386_13101698.jpg
昔はエメラルドと勘違いされた事もあったそうです。

あとは、斜開銅鉱
d0318386_12592724.jpg
社会動向ではありません。 ってギャグも2回目だな~・・・。

それから銅の字が付かなくても
d0318386_1312029.jpg
逸見石(ヘンミライト)も科学組成 Ca2Cu(OH)4B2(OH)8でCu(銅)が付くので銅鉱物です。
日本の鉱物の先生が見つけた新鉱物。大変美しい石です。

又、マニア涎モノの「アホー石入り水晶」
d0318386_13112964.jpg
これも(K,Na)Cu2+7AlSi9O24(OH)6.3H2O で(ハァハァ・・・) Cuが入ってるから銅鉱物になります。
実際のアホー石(&パパゴ石)はコレ
d0318386_1393593.jpg
水色がアホー石で濃い青がパパゴ石。

もちろん先に出した「胆礬」も銅鉱物で 銅鉱山の坑道に出来る結晶です。
水に溶けやすく 硫酸なので ポタリと来ると作業服も溶けます。フフフ・・・

あと、銅鉱物じゃないけど青い色の石は沢山あります。
有名処でカバンサイト
d0318386_1321267.jpg


アパタイト
d0318386_13234182.jpg
もキレイな青い石です。

他にもサファイヤ・ラリマー・ラピスラズリ...等々。
青い石は、水や空や地球を表している様で 惹かれてしまうのかもしれません。

by jurijuri555 | 2013-08-01 13:40 | 鉱物 | Comments(4)

元素鉱物

さてさて、気分を変えて(笑)
布教活動を開始しましょうかね。(@-@)キリッ

まずは、基本、元素鉱物。
つまり、混ざり物のない1つの元素記号の成分だけで出来ている鉱物って事ですね。

例えば、水晶(石英)は化学式SiO2で、ケイ素1つと酸素2つの2種の元素で出来ています。
元素鉱物は1種の化学式(とは言わないけど)だけで出来ている鉱物で、
皆さんのよーく知ってる そして貴重な鉱物が多いです。

順に
d0318386_1140135.jpg
自然金(Au)
「金鉱脈」とか言いますが、現在はなかなかこうしてハッキリ目に見える金の塊はありません。
何千トンもの金鉱脈石を崩して精製して何キロの金が採れるんでしょうね?
熱水鉱床 つまり火山成のマグマ熱からなる鉱脈には水晶と共にどこにでもある成分ですが(簡単に言うとね)
こう目に見えて「金だ!!」と言う塊はなかなか。
そう言う意味ではレアメタルの1つと言えますね。
レアアースの意味は、少ないと言うだけじゃなく、重要性もあらわしますが、
金はまさに導電の為の製品の一部としても携帯に使われていたり
もちろん装飾品としても貴重な鉱物でありますよね。

鉱物マニアとして金の面白い所は、結晶形です。
水晶みたく六角柱で先がとんがってる・・・とか決まった(水晶も色々結晶形はあるけどさ)ものがなくて、
アート的な自由さが美しいのです。そしてもちろんキラキラ☆黄金に輝いて・・・(爆)
例えば、こんなの
d0318386_11534975.jpg
分離金
鉱床から分離した自然金の結晶です。
モコモコしていたりニョロニョロしていたり何かの形に似ていたり・・・いろんなアートが楽しめます。

後は、昔ながらに自分でも採れる。
そう、金を自分で採集出来るんですよー!!
砂金採り、ね。
金鉱床の近くの川に自然分離した金が落ちてコロコロ転がってる・・・それを底の川砂共々すくってより分ける。
それが「砂金採り」です。
そうして取ったのがコレ。
d0318386_11571253.jpg
まぁ、ザクザクは採れませんが、
昔はこうして1㎝とか2㎝の金のナゲットが採れたそうですよ。
今はせいぜい「スゲー!!」と言われて5mmですかね。(^_^;)
大抵は「粉」です。
それでもチマチマと集めると小瓶にいっぱい・・・になるのはいつでしょうね。(爆)
ま、夏の涼と遊びをかねて・・・ってトコですが、楽しいだけじゃないのは もうご存知ですよね。(笑)
クマたんが居る所もザラだし、薮蚊はブンブン居るし
自然の山奥の川の周りは人の背丈より高いブッシュに囲まれてて 遭難覚悟と言うのも。(爆)
体験、という意味では沢山の全国の産地でやっていますので、
北海道なら「歴船」。キャンプ場もあるので 夏休みの体験としては楽しいと思いますよ。

さて、金と来たら次は
d0318386_1251917.jpg
自然銀(Ag)
「Ag」と聞くと奥様や若い男性はピクッと反応するのでは。(笑)
そう、最近は殺菌効果がうたわれていて、化粧品関係や清掃・食品関係なんかにも使われる単語ですよね。
銀も面白いフリーダムな結晶形で色々な型が見られます。
ヒョロヒョロ伸びるのも多いので「髭銀」なんて呼ばれる結晶形もあります。
(「男爵」の八の字髭みたく ニョル~ンと伸びてクルッとしたりするから)

続いて、
d0318386_12101851.jpg
自然銅(Cu)
銅の結晶形も金・銀と同じくフリーダム。面白い物が沢山あります。
人間の文化では鉄より先に普及した金属ですね。「青銅」とか。

ちなみに鉄(Fe)と言う鉱物は、普通にありそうで自然界ではなかなか無いんです。
惑星の成分の一部として必ずある物ですが、地殻近い所に存在するため地表で「自然鉄」として採集される事は稀で
昔は隕石の中から取り出して使っていた様ですよ。
もちろん、鉄を含んだ鉄鉱床石から精製されますが、
どちらにしても鉄だけでは弱いし錆びるので 製鉄や合金にして使用するので その技術が太古から国の文化や力の象徴でしたよね。

話は戻って、
今後ご紹介していく鉱物の中で、銅(Cu)を含む鉱物は、青や緑の美しい鉱物が多いです。
小学生の理科で燃やす実験とかした時に 青や緑の炎を出して美しかったですよね。
青が新鮮で 酸化(二次鉱物と言う)すると緑になるんです。
10円玉が錆びると緑の粉を吹きますよね。それと同じ。

さてお次は、
d0318386_12375696.jpg
白金(Pt)プラチナです。
wikiによると これまでに人類によって産出された白金の総量は約4,000トン、
体積にして約200m3(一辺が約6メートルの立方体)ほどであり、
稀少な貴金属なため、「プラチナチケット」のように 入手しにくい、など
貴重なもののたとえに使われることもある。
そうですよ。
でも、これも採れるんです。うへへ
それが画像。砂金採りと同じ要領です。
ただ、量は 少ない金より更に少ないですねー。産地も少ないです。

それから
d0318386_1246153.jpg
金剛石(C)ダイヤモンド
結晶形は、この様な八面体が有名ですが、定まった物ではありません。
こんなのもあります。
d0318386_12565243.jpg
ダイヤモンドは、マントル起源の火成岩であるキンバーライトに含まれるが、ちなみに元素Cと言うのは炭素、つまり炭です。
燃えちゃう脆いものですが、時速何百kmと言うスピードで地表まで押し上げられた場合にのみ ダイヤとして存在出来ると言われています。
ダイヤモンドの母岩であるキンバーライトは古い地質構造が保存されている場所にしか存在せず、
地質構造の新しい日本においてダイヤモンドは産出されないというのが定説とされていましたが
近年、1マイクロメートル程度の極めて微小な結晶が愛媛県四国中央市産出のかんらん岩から発見されたと言うニュースもありましたよね。
しかし、ダイヤモンドは1キロ取り出すために5300トンの自然原料が処理されている。と言われているので
日本産のダイヤを産出するのは無理でしょうね。(笑)
(ちなみに画像は全部自分のコレクションですが、ダイヤは原石でもお値段は高いです。(笑))

そして、
d0318386_1344018.jpg
硫黄(S)
臭い~ヤツですね。(笑)
温泉の源泉鉱泉とかにあるやつ。火山の匂い。とか・・・。
酸 なので見つけても素手で触っちゃいけません。
火薬の原料だったり医薬品にも使われたり ムトウハップに使われていたり(爆) 入浴剤ね。
毒なんだか体に良いんだかわかりませんが。
まぁ、どさんこにとっても身近な元素鉱物なのは間違いないです。

そしてそして、
d0318386_133356.jpg
テルル(Te)
我らが誇る札幌の手稲鉱山で産出されていたレアメタル。
とは言っても これは二次鉱物です。
左の黄色い針状の束がテルル。
自然テルルとは、
d0318386_134986.jpg
この右側にキラリと針状に光る銀色の物が本鉱です。
(解像度の良いPCだと全体にキラキラ入ってるのが見えると思いますです。)
実際に本鉱での結晶が見られるのは珍しくて 大体が黄色い二次鉱物で出るみたいです。
ガラスの着色や太陽電池の部品に使われたりします。
日本ではまだ3~4ヶ所でしか発見されていないと思います。

元素鉱物はまだまだこの他にもありますが、
私が持ってるのも 身近な物も こんな感じかな~。
充分魅力的で貴重な鉱物です。
いかがでしたか?

by jurijuri555 | 2013-07-30 13:31 | 鉱物 | Comments(6)

金属鉱物

私が鉱物「キレイ」と言い出した初心者の頃(大体女子は貴石系鉱物から入る。水晶とかアクアマリンとかルビーとかね)、
先輩方は採集に行っても そう言う産地本鉱にはあまり目もくれず、
金属系鉱物とかを見つけては、喜んでいた。(様な気がする。(笑))

最近、ようやくと言うか、私もその金属系鉱物の魅力がわかって来た。(気がする・・・)

何より、カッコイイ。(何がと言われると良くわかんないけど)

全部 銀色なんだけど、結晶の形が違う。
ハッキリ成分も違う。
重みがなんかカッチョエエ。
そして何か知らんけどレアメタルだったりする物がある。(笑)
良くわからんけど、渋いのだ。(爆)

そんな中で、「うおーカッチョエエ!!」と私が思うのは、

輝水鉛鉱(きすいえんこう)
d0318386_13543962.jpg
モリブデンの硫化鉱物。MoS2
硬度1-1.5、六方晶系。

輝安鉱(きあんこう)
d0318386_13561255.jpg
スティブナイト。アンチモナイトとも呼ばれる硫化鉱物。
Sb2S3  硬度2 斜方晶系。希少な金属であるアンチモンの最も重要な鉱石鉱物。

方鉛鉱(ほうえんこう)
d0318386_13583098.jpg
ガレナ。硫化鉱物の一種。
化学組成は PbS、結晶系は等軸晶系。

そして我らが世界に誇る 豊羽鉱山(2006年閉山)の (含)インジウム鉱。
d0318386_1441089.jpg
インジウムは、原子番号49 元素記号 In。
銀白色の柔らかい金属。正方晶系。
酸化インジウムスズは、導電性があるのに透明であることから液晶やプラズマといったフラットパネルディスプレイの電極に使われる。
インジウムを産出している世界最大の鉱山は札幌市の豊羽鉱山であったが、2006年3月31日採掘停止。
現在は中国が世界最大の生産・輸出国であり、最大消費国は日本である。
レアメタルであるインジウムの生産量は世界的に限られていて、ちょっとした紛争(?)がニュースになった記憶も新しいだろう。
豊羽鉱山の地層は化石的(?)に言うと 293万年前~49万年前 第三紀鮮新世末~第四紀更新世の中頃にかけての熱水活動により出来たよう らしいです。
誰かその辺から探って新鉱床でも見つけて下さい。(笑)

レアメタルについては今海底のチムニー鉱床(熱水噴出孔)なんかが注目されたりもしていますが、
消費ばかりせず、限られた資源を上手くリサイクルとかして使えると良いですね。
Auなんかがそうで、携帯の回収とかされますよね。

そんな何だかんだで とにかく
カッチョエエ金属鉱物達。(^_^;)

by jurijuri555 | 2013-07-18 14:35 | 鉱物 | Comments(8)

簡単便利コレクションボックスケース

さてさて、先日は標本のサイズと整理の例をあげましたが、
なによりズボラな自分には、このコレクションボックスケースが一番楽ちんです。
飾ってカッコイイのは個別ケースなんですけどね、
1個の価格も購入するのも 結構大変だったりもするので。
コレクションボックスケースだと 大体どこのホームセンターにも置いているので
入手も簡単、お値段もお手頃って事で。

あとは、センスの問題で、格好良く見せたいなら 入れる物の大きさを変えたり色を変えたり
色々とアイディア次第で楽しめると思いますが、
私は今の所、借りの保管場所として入れて置いて、ケース積み上げてる・・・って感じなので
仕分け方はアバウトです。
大体、普通に 産地別とか採集日別、鉱物種別(酸化鉱物(O2)・炭酸塩鉱物(CO3)など)とか
後は同じ鉱物コレクションや色別など。

例えば、これは産地・採集日別にした物。
d0318386_17261732.jpg
ある年の採集記念。

そして、同種ケース
d0318386_17283542.jpg
これはガーネットのケース。
私の一番のコレクションです。
各種柘榴石集めは鉱物コレクターとしての私の1つの楽しみ。

あとは簡単に色別。
その年によって、今年は青い石を集めよう。とかテーマを決める事もあるので。
d0318386_17311772.jpg
みどりの石とピンクの石バージョン。

いくらでも入れ替えが効くし、入手したらとりあえず ポイポイと物とカードやメモを入れておけば
その辺に置いておいたら無くなったー!って事がないので楽ちん。
事務用白シール買って「2013年7月採集品」とか「ガーネット」とか書いて横に貼って
どんどこ積み上げて置いておけば 整理も楽ちん何が入ってるかも一目瞭然。
あと、コレクションの見せ合いっこ~♪なんて時も持ち運びが簡単。(笑)
初心者にはお勧めです。

難点があるとしたら デカイ標本は入らない。って事かな。(笑)
まぁ、コレクションにはこれ位(入る位)が適しているでしょう。

と言う事で、お勧め。

今後はコレを貝標本と化石標本にも展開して行く所存です。

by jurijuri555 | 2013-07-16 17:44 | 鉱物 | Comments(4)

特別出張版 古潭巡検記 +α

昨日は、まさに完璧に採集して来たかの様に書き、採集品としてまで写真を載せましたが・・・
実は帰りに悲しい事が。

この日はこの後、先輩Nさん夫妻とまたまたサキーン採りに行く予定でした。
9時になり、そろそろ引き揚げ・・・と浜を歩いて戻り もうすぐ車。と言う時に 携帯がピローン♪と鳴りました。
Nさんから「今から出ます」メールかな?と気を取られた瞬間、
浜の寄せ物の木の枝に足を取られ 大人げなく転んでしまいました。(泣)

私は柔らかい砂浜だったから怪我もなかったけど いや~な予感が・・・。
バケツの中のツノガイ完品が・・・ポッキリ・・・いや~ん!!!!!!!(号泣)

まぁ、貼り付け化石なぞテッパンですので 欠け(部品)がないならとりあえずOKなのですが。
悲しいけど、おかげで(?)発見も。

化石としては、当時の殻まんま残ってるのが好ましいが、もちろんそれも残ってる標本ですが、
中も完全に瑪瑙化しているのがわかり、超完璧子な事が確認出来ましたーん☆
d0318386_473162.jpg
d0318386_475065.jpg
d0318386_48517.jpg
繋がってるフリ・・・
まさに 鉱物化化石で私好みの子です♪

結局、本当にNさんからのメールだったら文句の1つも言ってやろうかと思ったけど(笑)
メールはマックからのメルマガで・・・。ガク
はぁ?1日限定特別ハンバーガー? 買うかーーーーー!!!!(怒) って感じで。(笑)

その後、本当にNさんから「今から出る」メールが来たので、私も慌てて仕度を整えて、
81号当別回りで北へ向かう。

現地に少し先に着いたので、そのまま車で待っていれば良かったんだけど
前回に刈った草がまだ道付いているか気になって 先にブッシュに突入したのが間違い。
そのまま薮の中で迷子になり、
更に背丈より伸びた笹竹の中で身動き取れなくなって死を覚悟しました・・・。無念・・・

じゃなくて、こんなトコで死んだら秋まで発見されません。(泣)
死に物狂いで川の音を頼りに突き進み、何とか川までたどり着いたまま身動き取れませんでした・・・。
はい、熱中症ですね。(汗)
すでにウェーダーの中は汗でチャポチャポです。
半分川に浸かったまましばらく行き倒れ~・・・。
汗臭~い私にブンブン蚊がたかりますが 追い払う力さえ残っていません。
吸われるがまま・・・。(爆)
Nさんから 「着いたよ」メールが来た様で携帯は何度も鳴ってるけど 出る事も出来ません。

数十分、倒れたままでいたけれど 川で死ぬことも出来ないので
ヨロヨロと立ち上がり、ゼイゼイとNさん夫妻の居る場所まで・・・。

しばらく川に浸かって涼を取りながらNさん夫妻の夫婦(めおと)砂金を見ていましたが、
こんな思いまでして降りたのに1粒も採らずに帰れない。と思い フラフラと参加。(笑)
d0318386_421812.jpg
こんな時も 川はのどかだな~とせせらぎを眺めながら
ボチボチとザブザブしてみたけれど、場所も悪いのかカンバシクないので
又薮の中を登って戻る事を考えて なんとか微塵の体力が残っているうちにとお先に失礼しました。
お約束だけど、帰りも迷いました。(^_^;)
が、上りは登ればどこかへたどり着くので、がむしゃらに登りましたよ。
本当に この崖藪は難所過ぎる。(私が方向音痴過ぎ?)

そんななので、サキーンの成果は30粒程。(しかも粉ばかり)
d0318386_4242995.jpg


車に戻って着替えた後は、道の駅でソフトクリームを買って食べ、
生きてる事に感謝しました。(爆)
d0318386_425455.jpg
ウマー♪

うーん、行き場所は必ず家族には言ってるけど 私の携帯のGPSって生きてるのかな~?(笑)
ま、いっか。結構不死身だし。(^_^;) 今日も生きて帰れたしー。ポジティブv
みなさんも1人採集の時はお気をつけて。(お前だよ!ってツッコミはナシで。(^_^;))

あと、採集地は車停める所も少ないし 現地で生活している人も居るので迷惑おかけしない様にね。
って事を昨日書くのを忘れていました。
浜辺は地元漁師さんたちの家がありますからねー。

ではでは、ナイス採集を。

by jurijuri555 | 2013-07-15 04:31 | 鉱物 | Comments(6)

標本の種類

基本的に 自分で気に入ったのを好きなだけ集めるがよろし。と思います。

が、中には色々と細かいポリシーを持って集めている人もいます。
例えば鉱物では、サイズ。
3㎝標本・5㎝標本・10㎝~キャビネットサイズ標本
と大きく分けるならこんな感じでしょうか???(^_^;)
あ、ウソンコかもしれないので100%信じないで下さいネ。

こんな感じ ↓
d0318386_1344685.jpg
左手前2個が3㎝標本で
右側ケースに入ってるのと入っていないのがありますが5㎝標本。
後ろの2種が10㎝~キャビネットサイズ標本です。
(ちなみに左手前から 胆磐・オーケン石・チタン柘榴石・テルル、菱マンガン・束沸石です。)

3㎝サイズってのはいわゆるガチャサイズで集めやすいし整理に場所を取らない。
カワユイだけに色々と沢山集めたくなっちゃう♪
難点は、標本が小さいので鉱物によっては特徴を捉えられない物もある。

10㎝~キャビネットサイズはいわゆるクラスターサイズで、博物館並みに迫力ある鉱物観察に適している。
しかし、置き場所に困るし裸で飾れば埃が被る。
博物館みたく高いガラスの棚など買えない置けない・・・。と言う悲しい現実。

で、5㎝標本がどちらの利もかなっていて、私はこの中間サイズ派です。
ま、特にこだわらず鉱物に合ったサイズを集めてます。

ちなみに石の下は よくあるコレクションボックスケース。
仕切りで大きさを変えれるのでポイポイ入れておけば埃もかからず場所も取らず無くならず便利です。
(コレは貝が入っている。)

あと、鉱物で楽しいのはルーペで見る事。
ルーペの世界はハマります。
高じると・・・特徴ある地では砂まで持って来ます。w

いつもタッパーに入れて持って来るんだけど、観察終わったら邪魔だし
標本に少し残してあとは化石クリーニングの台用の砂にしようか・・・と思って
百均で試験管みたいな小瓶(?)を見つけたので買って来ました。
d0318386_13243551.jpg
そうしたら店員さんが「何に使うんですか?」と聞くので
砂を入れようかと思って・・・と答えると
あぁ!取って良かったー。取り寄せたものの こんな小さいと思わなくて売れないんじゃないかと心配していたんですよー。って。w
世の中には奇人変人が居ますから・・・。(^_^;)
お役に立てて光栄です。

本州では、砂にペリドットが入っていたり サファイヤやガーネットの入ってる地もありますが、
北海道にもあるんですよー。
d0318386_1331437.jpg
灰鉄柘榴石の入った砂!
こんな風に石から分離した緑のガーネットが入っています♪

そしてこれは石狩浜の砂。
d0318386_1334193.jpg
うわさによると琥珀の粒が混じっているそうですが。w

by jurijuri555 | 2013-07-12 13:44 | 鉱物 | Comments(6)

Auアゲイン

本日も川でザブザブデーです。

うーん。今日は砂金の神は降りなかったですねー。
なかなか出なくて隊長とジプシーになりましたよ。

最後は結局 先日のじゅりあ鉱山で、取り残しを探して
なんとなーくポヨポヨ採って上がり。

最後は又崖登りでヨタヨタ。
崖降りる時から 来週はN夫妻が来ると言っていたから
慣れない奥さんの為にブッシュの草刈りして汗だくで そこで体力使い果していたからな~。(^_^;)
川でもヨロヨロしていました。
女性には優しくしないとね☆
スッカリおやじ化してます。
まずは私を労わって欲しいトコなんですが・・・。N夫人より年寄りなのにさー。

本日の成果は、先週の半分でした。トホ

d0318386_19392796.jpg

d0318386_1939291.jpg

d0318386_1940470.jpg


そう言えば、川に向かう途中で車の前を黒い物体が駆け抜けてビックリしたのですが、
長くてファサッとしてるからリスかと思ったけど、テンとかオコジョとかそんなヤツだったみたい。
居るんだー。
って到着後に隊長に報告すると 「ミンクも居るよ」と言われた。
しまった! 捕まえて首に巻いて来れば良かったわー!!(かなり本気で後悔。(笑))

あとねー、田んぼで飛んでる鶴見た。
でも 又寝てない私の幻だと思う・・・

by jurijuri555 | 2013-06-30 19:45 | 鉱物 | Comments(4)

色々クリーニング

先日、やっとルーターを買った。

買ったけど、なかなかゆっくりする時間がなくて、ちょこっと試し削りをしてみただけだったんだけど、
今日は少しの時間だけ クリーニングをしてみた。

まずは、石屋さんに負けずに望来瑪瑙。ピンクの瑪瑙です。
コレ、サイドに天然の穴が貫通しているので、チョーカーにしようと
表面を少しツルンとさせるのに研磨中。
硬いので、少しづつ・・・。
萎えたら、同じピンクの菱マンガンを削って心を落ち着ける。(笑)
硬度が柔いので簡単に削れるから気分良い。ストレスが溜まらな~い石。
黒いマンガン部分を削って全面ピンクにするんだー。
d0318386_15425422.jpg


お次は、去年採集に行った時に仲間の化石先輩E氏に貰ったアンモ。
何セラスかは知らなーい。(^_^;)
元々欠けてるんだけど、更に先きっぽ1/5ぐらい割れてたのでボンドで貼って~、
オヘソをクリクリ クリーニングしてみたいと思います。
練習に。
d0318386_15453868.jpg


by jurijuri555 | 2013-06-28 15:51 | 鉱物 | Comments(4)