my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑬
at 2017-11-23 13:38
アブラツノザメ3号
at 2017-11-20 16:56
クリーニング ⑫
at 2017-11-17 18:22
骨の無い標本?
at 2017-11-14 09:00
セノマの貝 ②
at 2017-11-10 08:22
最新のコメント
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 04:18
こんばんは! 白亜紀の..
by fossil1129 at 18:55
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:43
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 15:55
いわき男 さん こんに..
by jurijuri555 at 16:08
juriaさん、こんにち..
by いわき男 at 12:53
アルビアンさん おはよ..
by jurijuri555 at 08:56
おはようございます(^^..
by アルビアン at 08:23
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:55
КOЙВДЙЩДヽ(*'..
by fossil1129 at 19:45
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鉱物( 130 )


beautiful stone

今日も・・・いや又特別アチーですね~(+_+:);;
こんな日に外に出ていたら 死んじゃいますですよ。

なので石を握りしめてヒンヤ~リ癒されて下さい。

何も鉱物標本を集めるのだけが 鉱物コレクション(コレクター)ではありません。
先日ご紹介した私の趣味のパワーストーンもそうですが、
昔から「お守り石」とか「握り石」と呼んで 心のよりどころと言うか・・・
んー、日本語をもってしても表現が難しいですが、
安心出来る「My stone」みたいなのがあるはずなのです。

私のMy stoneはコレ
d0318386_13202785.jpg
初めて望来に行った時に拾った瑪瑙です。
丁度握った時に手の中に納まるサイズ。
拾ったそのままで磨いてもいません。
ちょっとゴツゴツした様な ツルツルした様な マットな感じが自然で
握ったり触ったりしているとなごみます。

あとは・・・せめて美石を見て 涼し気になってくだちゃい(^_^;)

アメジスト カザフスタン産
d0318386_1328488.jpg


ガーネットonスモーキークォーツ
d0318386_13293548.jpg


プレナイト マリ共和国産
d0318386_13302138.jpg


クロム透輝石 タンザニア産
d0318386_13315260.jpg


パイロクスマンガン 愛知県田口鉱山
d0318386_13325841.jpg


ネプチュナイト カルフォルニア産
d0318386_13334496.jpg


エチオピアオパール
d0318386_13342750.jpg


閃亜鉛鉱 大江鉱山
d0318386_13354654.jpg


パイライト スペイン産
d0318386_13373236.jpg


クレージーアゲート メキシコ産
d0318386_13381661.jpg


by jurijuri555 | 2013-08-19 13:56 | 鉱物 | Comments(4)

ガーネット

アチーアチー、今日も朝から激暑ですね~。
セミがジージー鳴いてるのに空は雲もあり、
又ゲリラ雷雨がありそうな・・・。
雷では2回PCヤラれているのでイヤンイヤンよ~。

さてさて、そろそろ「じゅっりじゅりにしてやんよ!」のトドメに 私の大好き鉱物、
研究中・・・というより好き過ぎてウットリ眺めるだけで時間が過ぎてしまう鉱物をご紹介しますよ。

それは、柘榴石、ガーネットですっ。フンフン=3(鼻息超荒し)
d0318386_107513.jpg
どうよ!
この産出された自然のままの物で すでに完璧な結晶形!!
まんま宝石。わざわざカットする事もない。ウットリ~度MAX!

結晶は菱形十二面体または偏方多面体で、その整った形状から誕生石の一番目(1月の誕生石)に選ばれたと言われる。
石言葉は、「真実・友愛」など。
パワーストーンでの効果は、「成功」。 色によっては「健康」など と言われる。
(ちなみにルビーの効果は「勝利」ですが、私は戦って勝ち取る勝利より、自分の努力で結果を出した成功が価値ある物だと思うので
ダイヤの次に貴石としてあがめられるルビーより、一般的で価値もそこそこでも このガーネットが好きなのです。)

ケイ酸塩鉱物。つまり、水晶とかと同じ最後に「SiO」が付く鉱物で、
硬度6.5~7.5
硬度の高さから「金剛砂」という粉末状の研磨剤として利用されることが多い。
粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、紙やすりなどに利用される。
d0318386_102440.jpg
こんなのね。
私が今集めてる川砂中の小さな分離結晶と同じです。

大きく分けると次の様に6種類のガーネットがあります。(成分的に)

鉄礬柘榴石(アルマンディン) Fe2+3Al2(SiO4)3  変成岩、火成岩、ペグマタイトなどに産する。
苦礬柘榴石(パイロープ) Mg3Al2(SiO4)3 深成岩中に産する。コア鉱物。ダイヤと共に産出する事も。
満礬柘榴石(スペサルティン) Mn3Al2(SiO4)3  マンガン鉱床に産する。
灰鉄柘榴石(アンドラダイト) Ca3Fe3+2(SiO4)3  スカルンに産する。
灰礬柘榴石(グロッシュラー) Ca3Al2(SiO4)3  スカルンに産する。
灰クロム柘榴石(ウバロバイト) Ca3Cr2(SiO4)3  クロム鉱床に産する。

鉄ばん柘榴石
d0318386_1017442.jpg
日本のアルマンディン。長野県和田峠産 通称「和田丸」。

苦ばん柘榴石
d0318386_10263015.jpg
パイロープ。結晶形も結晶面も熱や変成で曖昧になってしまっている。
日高の変成帯でも片麻岩やトーナル岩に入っているが、
d0318386_1034188.jpg
パイロープと言いたいけど、含まれてる鉄が多ければアルマンディンになってしまう。
今度キチンと同定にかけたい。

満ばん柘榴石
d0318386_1020758.jpg
日本のスペサルティン。愛知県久田野産

灰鉄柘榴石
d0318386_10363195.jpg
日本のアンドラライト。埼玉県秩父鉱山産。ワラジに挟まった・・・と言う有名な逸話の柘榴石。
同じく有名なレインボーガーネット
d0318386_10411085.jpg
奈良県産。は、灰鉄と灰ばんが混在した柘榴石(グランダイト)と言われている。

灰ばん柘榴石
d0318386_10431053.jpg
日本のグロッシュラー。岐阜県洞戸鉱山産。
有名なツァボライト
d0318386_10451160.jpg
タンザニア産 や
マリガーネット
d0318386_10455080.jpg
マリ共和国産
もグロッシュラーの一部と言われているがアンドラライトが混ざったりしている。

灰クロム柘榴石
d0318386_10493326.jpg
日本のウバロバイト。日高 八田鉱山産。
d0318386_10502719.jpg
かろうじて結晶が確認出来る。
有名なのはロシア産だけど、ジュエリーとしてのグリーンガーネットの大結晶はフィンランド産とかかな。

所々に書き込んだけど、成分が混在している物も多くて、
ジュエリーとして有名なロードライトガーネットも赤と紫の混じったキレイな柘榴石だが、
アルマンディンとパイロープの中間の成分で構成されている。

先日から紹介している私の柘榴石(笑)も
d0318386_1058401.jpg
成分にはCaFeの他にAlも入ってるのは鑑定済みで、
どの成分が多いかによって微妙に同定は変わってくる。

科学組織的には変わらなくても 混じって来る鉱物によって色もかわり、
例えば、ラズベリーガーネットと呼ばれる
d0318386_1113369.jpg
メキシコ産の柘榴石は同じグロッシュラーでも可愛いピンクだし、
d0318386_113392.jpg
クロム透輝石上に産するカナダの柘榴石もグロッシュラーだが、ピュアでクリアなベージュピンクが人気。
チタンが入って来ると真っ黒!
d0318386_11112756.jpg
モロッコ 産。アンドラダイトの一種で鉄がチタンに置き換わったもの。

ね、面白いでしょ?
そして、簡単に言うとどこにでもある鉱物なので、色んな別の鉱物と共成していて、
鑑賞するには そう言うクラスター的な物も面白いです。
d0318386_11141797.jpg
スペサルティン 中国産。煙水晶や長石と共成。
d0318386_11163774.jpg
これもスペサルティンで京都産だが、バラ輝石上に共成している美コラボ。

そんな愛すべきガーネット。
今研究しているY市のガーネットも もう少し色々と調べてみたいんだけど
産地へは今秋までしか行けません。
本当にダムは必要なのか、大切な鉱物や化石等の太古からの自然を潰すまでの物なのか。
今一度考えなおして欲しい物ですが・・・。

by jurijuri555 | 2013-08-13 11:29 | 鉱物 | Comments(4)

全回収

砂金師の心得 その1、
「ココと決めたら最後の1粒まで砂を掘るべし」

出ないな~、採れないな~、と河岸を変えてばかりいても採れません。
基本、金やプラチナは比重が重いので 砂の底に沈んでいます。
とにかく上砂をかいてかいてより大きく重く沈んでいる金を探すのですっ。フガフガ

が、一ヶ所にこだわっても採れるとは限りませんけどね。
ソコが「当たり」だったら、の話なんで。(^_^;)

そんな訳で 昨日は又ザブザブして来ましたよ~!!

本日の「じゅりあ鉱山」。ココに決め~♪
d0318386_12184344.jpg
店開き。
先輩方はスコップじゃなくて「カッチャ」を使います。

なんと、1発目から Au in Pan.!!
3発目にはPtも♪
d0318386_1221334.jpg
左がPt、右がAu
あとは良い時は1度に10粒とか入っていたり、
掻き出し続けて底とか見えてくると 残ってる金が肉眼で見える!
これぞ「箱メガネ堀り」。
隊長はピンセットで回収するが、手がプルプル震えると落とす危険もあるので
私はスポイトで吸って「完全回収」。(爆)

雨上がりでアチーアチー。
又ウェーダーの中がジャブジャフ゛です。
本日は総勢5名。
みんな無言でザブザブ・・・(出ている証拠。(笑))
ヘタレな私は根をつめて出来ないので時々放浪。
向かいの崖のチェック!
d0318386_12345393.jpg
白~い白い~。ほんとこの辺りはどこも白い。
d0318386_12362100.jpg
方解石。
d0318386_1236243.jpg
透明な部分もあり なかなかキレイだったり。(^_^;)

昨日撮ったもののボケたデカアンモの欠片も見つけて再撮影しましたよー。
d0318386_1247876.jpg
デカッ

ザブザブしているとギャラリーが現れます。
通りすがりに話しかけられるのも常。
昨日は半袖ポロシャツに短パン、サンダル履いて片手にハンマーのオジサンに
化石採りに来たんだけどあんたらは砂金かい?と声をかけられ、
化石あるかね~。向うから見ながら来たんだけど・・・。と聞かれたので
プチ情報を教えると探しに歩いて行ったが、
なんちゅー軽装・・・。とつぶやくと 隊長が
「本当の化石ハンターはあんな人なのかもよ。」と。
エエーッ!(爆)
プロゴルファー猿 かよ。

夢中でザブザブしていたら17時を過ぎてしまいました。
今夜も仕事なのに~。(汗)
でも昼から行って、この大収穫。
d0318386_12591358.jpg
Au100粒Pt10粒強でした。

もう40時間以上寝てません。(^_^;)
来週もこのパターン。
シーズン中の週末は寝不足が続きます・・・。
でも今日は休みなのでシッカリ寝貯めしまーす(^o^)v

by jurijuri555 | 2013-08-12 13:25 | 鉱物 | Comments(4)

研究

うーん。イマイチな天候ですねー。
でも 行く気満々で、今日は二男用のクマ鈴と ピストル型バクチク(?)を仕事帰りに買って来ましたよ。
バンバーン☆

そろそろ 「鉱物イイかもー(・∀・)」と じゅっりじゅりにされつつあると思いますが(笑)
私も たーだ採集に行ってるだけじゃありません。
ド素人ながら 私も「なぜ?何?」の探究心は子供の様に強く、気になった物にはシツコイです。(^_^;)
これからコレクションはご紹介させて頂きますが、
なぜに真聖地と呼びこだわっているかと言うと
その大好きコレクションの石が取れるから。
もう、簡単にボロボロと。
ザブザブしてる川砂に混ざっているんだもの。

それが昨日の1枚目の画像。
d0318386_144040.jpg


この川砂をピンセットで主な「鉱物」により分けて
d0318386_13532296.jpg

北大まで行き、同定の機械にかける。(あ、フツーにコンチワと行っても入れないからね~。)
d0318386_135466.jpg
ババーン!放射能もりもり。

そして鑑定。
d0318386_13543794.jpg
ハフハフ フガフガ(鼻息荒し)

d0318386_140117.jpg
蛇紋岩~に似てるけど ちょっと違う。

d0318386_141768.jpg
これね。
きゃあ♪ラブリ~☆コロコロ~

本当に ココ(真聖地)の石はキレイです。
d0318386_14101262.jpg


さてさて、私も布教しているだけでなく、
逆にみなさんの活動を見て影響されています。
勉強させてもらっています。

もうたまらん。
今日は、辛抱出来ずに エスティングのハンマー注文しちゃいました。(^_^;)
非力なんで、ノジュールを割れないんですよね。
ヨロヨロの老体だからピックハンマーも一番軽いやつしか持ち歩けないし。
タガネは何本も無くす。(握力なくて握ってたはずが、アレ?)
この2点じゃ割れないのも多い。
(ひどい時は一番軽いチゼルハンマー(借り物)で歩いてる。何も割れない。)
ズガン★と一発で割れて欲しくて 何度もホームセンターで検討したけど
やっぱりエスティング。
明日には間に合わないけど 次回からは楽々採集になると良いな~。
鉱物採集でも Bigロックもこれから果敢に挑めるな~。(たぶん)

あとは、楽々採集品を詰めて運べる物があればなぁ・・・。
めちゃくちゃサスの効いてる充電式電気ミニリヤカーとか 無いかな~。(爆)

by jurijuri555 | 2013-08-09 14:28 | 鉱物 | Comments(6)

ハーキマーダイヤモンド

実は、私が鉱物に興味を持ったのは、子供の頃に貰った父のお土産の 天然石のペンダントトップ。
キレイな石に興味を持ちました。
鉱物にのめり込むキッカケは眉唾物で申し訳ないのですが、パワーストーンです。
成分や産地、自分で採れないのか と考え始めました。

鉱物好きは、水晶に始まり 水晶に還ります。
パワーストーン好きに取っても 始まりは水晶で基本も水晶です。(パワー的に?)
そして特にパワーストーンが好きな人にとっては憧れでの1つである「ハーキマーダイヤモンド」。
単純に 鉱物収集家にとっても興味のある鉱物です。

水晶であるハーキマーダイヤモンドは、アメリカのニューヨーク州ハーキマー地区で採掘され
その高い透明度とダイヤモンドのような輝きをもつことからその名がつけられています。
ハーキマーダイヤモンドは掘り出された時から美しくカットされたような形をしており 18面体のダブルターミネート(両剣)をしています。

普通の水晶よりかなり高温(摂氏573度以上)・高圧の環境下で形成されるので、
カーボン(黒い小さな炭の粉が粒状に集まったもの)や気泡を内包する場合が多く
大きく成長するにつれクラックも入ります。
又、小さくても双晶や群晶(クラスター) になりやすいので、透明度の高いクリアーな単結晶は希少です。

そして、鉱山として企業が入って採掘しているわけでなく、
個人や会社が所有する土地の中を入場料(採掘料)を取って業者やツアー客や観光客に露天掘りで掘らせているようです。
なので品物も少なく、更にハイグレードの結晶はもっと少なく、高い鉱物となっている様です。

ハーキマーダイヤモンドは、パワーストーン的にはドリームクリスタルとも呼ばれています。
それは、形状的な理由からだけではなく、この石を持つことで非常に鮮明な予知夢を見ることがあり
その夢がとても重要な気付きを与えてくれるといわれる事からの様です。
また、肉体・精神・感情のバランスを整え
想像力や可能性を伸ばす と言った面においても
ハーキマーダイヤモンドは非常に優れたクリスタルと言えます。

そんな事で、パワーとしては、
「夢の中で気付きをもたらせてくれる 」
「夢の実現を助ける 」
「チャンスを呼び込む」
などと言われています。

どんな効果があろうとなかろうと 見ているだけで癒される鉱物には変わりないですね。
そんな事で、パワーストーンとしても利用はしていますが、
単純に見てウットリ・・・の為にも少し収集しています。

原石(母石)。
d0318386_1346153.jpg
こんな風に 現地の脈層の晶洞の中にハーキマーが育っている様です。

この晶洞には 結晶が2個。
d0318386_1346493.jpg
晶洞の壁の小さな結晶もハーキマー型

晶洞の中の状態。カット標本
d0318386_13504236.jpg
細かい水晶がビッチリの所に(これもハーキマー(両錘)) 大きな結晶が何個か。

これはその晶洞の小さな水晶(ハーキマー)のクラスター
d0318386_13521311.jpg
現地では「ドリュ」又は「ドリュース」と言うそうです。
ドルージ(晶洞)の同意語でしょう。

もちろんドリュの結晶も全てハーキマー。
d0318386_13555357.jpg


一般的には、分離結晶が売られています
d0318386_13573138.jpg
これは5㎝と2㎝の結晶。大きくなるとどうしてもクラックが入る。

d0318386_1403292.jpg
上が2㎝1㎝の美結晶。
下は低グレード結晶でコブ付 クラック・カーボンが入る。それはそれで見ていて面白い。

d0318386_1464548.jpg
5mm以下の結晶。
この辺りは大変クリアーで美しい。

ちなみに分離結晶は、相場的には1㎝1000~2000円程。
低グレードなら安いです。

パワーストーン?フッ!
と思うでしょうが、あながち「無」ではありませんよ。
何でも原子が存在し周りを分子が飛び交い、それが微量な電気(?)を発してるのは間違いないんですから。
鉱物によって、違う何かが出ているのは たぶん科学的にもガチな事。
お守りの1つとして考えれば悪い物でもないでしょう。

そんな事で、コレはコレ。と 趣味として別に続けています。
d0318386_14173827.jpg
これはハーキマーを使った物。ブレスレットです。
モルダバイト(隕石成ガラス)、カンポ・デ・シュロ(隕石)も使っています。
宇宙的でしょ?(笑)

最近最新の作品は、こちら
d0318386_14194378.jpg
蛋白石(オパール、遊色なし)とプラチナルチルを使った物。
今、いつも付けています。

あ、ぜーんぜん霊感とか無いし 別に否定もしないけど不思議な事とかも妄信していないので、
ヒかないで下さいね~。(爆)
個人的には宗教もしていないしする気もないので勧誘もお断りです。

鉱物は鉱物。 でも何か奇跡もおこる「かも」しれない。それだけ。(^_^)v

by jurijuri555 | 2013-08-06 14:47 | 鉱物 | Comments(6)

めのう

おやおや、今回の「ミネラ」は瑪瑙の特集ですねー!
d0318386_040368.jpg

瑪瑙は、まだ先に取り掛かっているのがあるので「研究対象」とまでは行かないのですが、
次期研究候補のコレクションです。

瑪瑙が採れるって事で望来に通い出し、
それがビーチコーミングにつながったりしたキッカケの鉱物でもあります。

単純に言うと普通は、
ガーッと岩石の素が堆積した時に 中の空気や水が消滅した後に出来た空間に
瑪瑙汁がジワジワと溜まって出来た鉱物です。
なので採れるのは、丸ごと完全体だと「球果」と言われる丸い塊です。
外側から堆積して行くので よく言う縞模様になります。
完全に詰まっているのもありますが、不完全だとジオードと呼ばれる空間が残っており
大抵そこには水晶がビッチリと生えて(?)います。

成分は、ザックリ言えば水晶とオパール(蛋白石)の混ざった物。
なので硬度も6~6.5と硬いです。
この成分が微妙に不純物が混ざったりしてバランスがズレると 玉髄と呼ばれたりカルセドニーとか呼ばれてみたり(玉髄の事だけど・・・)ジャスパー(碧玉)になったり・・・。
単純には順に透明度が落ちて行きます。(^_^;)

普通は、こんなの。
d0318386_0533751.jpg
堆積した部分の模様とジオードの水晶の景色を楽しみます。
これは部分ごとに瑪瑙汁が染み出て成長した様でかなり色も模様も違っていますね。
d0318386_0542371.jpg
これなんかは堆積部に赤い鉱物が混ざっているので反射して水晶が赤水晶に見えますよね。
d0318386_055131.jpg
こちらは中に毛鉱みたいなモシャモシャした鉱物かゴミか(笑)が生えていて面白い。

大型になると
d0318386_0563119.jpg
瑪瑙成分と水晶が交互に堆積したりして
複雑な縞模様が出来、芸術的な物になります。
これはそれを1/4カットしてブックエンドに加工したものです。

あとは普通に研磨して置物にしたり スライスして敷物にしたり
化学の実験に使う乳鉢も瑪瑙で作られたりします。(瑪瑙製の乳鉢は高いです~)
染色もしやすいのでアクセサリーに加工されたりもします。

望来で拾える瑪瑙は、瑪瑙の部分だけが丸く研磨された状態で拾えますよね。
d0318386_14436.jpg
オレンジ白グレーピンク黄色、そして縞瑪瑙・・・

しかし古潭辺りまで行くと
d0318386_1204627.jpg
こんな風な瑪瑙汁の溜まった頭の破片が拾え出し、

安瀬にいたってはモロ
d0318386_1224072.jpg
こんなジオードの見える大型球果状の塊も見つかり
大体この辺りが この辺で拾える瑪瑙の原産地だと予想出来ます。

面白いですね。時間が出来たら産地現場を検索したいと思っています。

又、その様な産地により産状状態や模様にも変化があり 本当に面白い鉱物です。
d0318386_1283451.jpg
こちらの図鑑を見れば詳しくのっています。
高いけど、興味のある方は是非。

ミネラのメノウ特集号は、瑪瑙化した化石の事や方解石の事まで載っているので
鉱物だけじゃなく化石に興味のある方にもお勧めです。
是非、書店で手に取ってみて下さい。

by jurijuri555 | 2013-08-05 01:40 | 鉱物 | Comments(8)

ザブザブカンカン

土曜日は 下調べの上とうとう(やっと?ようやく!)真聖地へGO!
第一陣偵察隊です。責任重大!(笑)

変わらずキラキラ存在してらして素晴らしかったです。
d0318386_2591693.jpg

早速ザブザブしたものの・・・撃沈。
かなり期待したのにな~。おかしいな~。(^_^;)

仕方ないので転石を探したが パッとせず・・・。
d0318386_344874.jpg

しょうがないから(笑) 岩盤の上をガリガリしてザブザブしていたら
岩盤中のイノセラちゃんまでおこしてしまった。(^_^;)
d0318386_374799.jpg


化石採りさん 同じくザブザブさん 調査の人? 何人にも会いました。
帰り際にも 夏休みの自由研究にか、親子で化石採りに来ていた父子に会いましたが
男の子が 化石採れな~い。と言っていたので、
さっきのイノセラちゃんをあげました。
こんなので「親切なオバちゃん」と言う称号が貰え 彼の記憶の中に残るのなら本望です。(笑)

しかし、今日は体中が痛くて、
日焼け止めを塗っていたのに 二の腕が真っ赤です・・・。
もはや ヤケド~。(爆)
9時間外に居たしね。
ずっとザブザブカンカンしてて、時々暑くて脱皮したりもしてたし。

それでも 最高~♪ (バカ)

by jurijuri555 | 2013-08-04 03:30 | 鉱物 | Comments(2)

もふもふで青ければLOVE度アップ

題名は、究極論ですので お気にせずに。(^_^;)

今日も天気は悪いけど蒸し暑いですね。

でも週末は天気回復しそうで、今から クマたんとお相撲取っちゃおうかしら♪ってぐらいワクワクして浮かれています。(笑)
フィールドに出発しますよ!

さてさて、今日は、最近のマイブーム鉱物と
その前のブームと言うか 集めていた鉱物です。

最近、針ハリ・ふもふもした鉱物に目がハートです。
石のクセに もふもふしてるんですよ?
いや~、ダイーブ!して もふっと(ブスッ)としたい♪ シャクっと崩してしまいたい衝動を抑えるのにプルプルしちゃいます。(笑)

まずはマジかと言う名前の「毛鉱」(もうこう)
d0318386_12224211.jpg
ちょっと見づらいかな~。
キラッと細くて短い針の様なのがあちこちに見えると思うんですけど。
産地によって微妙に違うけど 銀色または灰色の 毛の短い動物の抜けた毛の小さな塊みたいな感じで産出される事もあります。
鉄を含んだ鉛の鉱物らしいです。
石なのに「毛」とは・・・。
「薄い」人には羨ましい鉱物に違いありません。(爆)

続いて針ハリしてる「ソーダ沸石」
d0318386_12291882.jpg


同じくシャクっとしてしまいたくなる「胆礬」(たんばん)
d0318386_12362244.jpg
冬の朝に土の下から出た霜柱みたいですよね。

色がキレイな「水亜鉛銅鉱」
d0318386_123952.jpg
丸っとして可愛い。

もふもふと言えばコレ!「オーケン石」
d0318386_12394267.jpg
もふもふの代表格。ウサちゃんの毛みたいにフワフワして見えます。
(実際は石だから硬いけどね)

それから、もふもふ過ぎてボケ写真に見えてしまう「青針銅鉱」
d0318386_12432037.jpg

ほっぺたスリスリしてみたいですよね~。プスプス刺さると思いますけど。(笑)


さて、ここまでで気が付いた事がありますね?
「青い」 「銅」 と言うキーワードです。
もふもふ石を集める前は、「青い石」をテーマにして集めていました。
前回書いた様に 青い石は銅を含んだ石が多いです。
有名なのは、藍銅鉱(アズライト)
d0318386_12532051.jpg
ちょっと画像が暗いけど。緑の孔雀石(マラカイト)もありますね。
この孔雀石は銅の二次鉱物(酸化したもの)なので 銅鉱物のどこにもおります。(笑)
えーと こちらは道産
d0318386_1256248.jpg
手稲鉱山のアズライトとマラカイト。割りたてフレッシュ~♪(爆)
あぁ、コレが「手稲石」だったなら・・・。(^_^;)

藍銅鉱と同じく有名(?)なのは、翠銅鉱
d0318386_13101698.jpg
昔はエメラルドと勘違いされた事もあったそうです。

あとは、斜開銅鉱
d0318386_12592724.jpg
社会動向ではありません。 ってギャグも2回目だな~・・・。

それから銅の字が付かなくても
d0318386_1312029.jpg
逸見石(ヘンミライト)も科学組成 Ca2Cu(OH)4B2(OH)8でCu(銅)が付くので銅鉱物です。
日本の鉱物の先生が見つけた新鉱物。大変美しい石です。

又、マニア涎モノの「アホー石入り水晶」
d0318386_13112964.jpg
これも(K,Na)Cu2+7AlSi9O24(OH)6.3H2O で(ハァハァ・・・) Cuが入ってるから銅鉱物になります。
実際のアホー石(&パパゴ石)はコレ
d0318386_1393593.jpg
水色がアホー石で濃い青がパパゴ石。

もちろん先に出した「胆礬」も銅鉱物で 銅鉱山の坑道に出来る結晶です。
水に溶けやすく 硫酸なので ポタリと来ると作業服も溶けます。フフフ・・・

あと、銅鉱物じゃないけど青い色の石は沢山あります。
有名処でカバンサイト
d0318386_1321267.jpg


アパタイト
d0318386_13234182.jpg
もキレイな青い石です。

他にもサファイヤ・ラリマー・ラピスラズリ...等々。
青い石は、水や空や地球を表している様で 惹かれてしまうのかもしれません。

by jurijuri555 | 2013-08-01 13:40 | 鉱物 | Comments(4)

元素鉱物

さてさて、気分を変えて(笑)
布教活動を開始しましょうかね。(@-@)キリッ

まずは、基本、元素鉱物。
つまり、混ざり物のない1つの元素記号の成分だけで出来ている鉱物って事ですね。

例えば、水晶(石英)は化学式SiO2で、ケイ素1つと酸素2つの2種の元素で出来ています。
元素鉱物は1種の化学式(とは言わないけど)だけで出来ている鉱物で、
皆さんのよーく知ってる そして貴重な鉱物が多いです。

順に
d0318386_1140135.jpg
自然金(Au)
「金鉱脈」とか言いますが、現在はなかなかこうしてハッキリ目に見える金の塊はありません。
何千トンもの金鉱脈石を崩して精製して何キロの金が採れるんでしょうね?
熱水鉱床 つまり火山成のマグマ熱からなる鉱脈には水晶と共にどこにでもある成分ですが(簡単に言うとね)
こう目に見えて「金だ!!」と言う塊はなかなか。
そう言う意味ではレアメタルの1つと言えますね。
レアアースの意味は、少ないと言うだけじゃなく、重要性もあらわしますが、
金はまさに導電の為の製品の一部としても携帯に使われていたり
もちろん装飾品としても貴重な鉱物でありますよね。

鉱物マニアとして金の面白い所は、結晶形です。
水晶みたく六角柱で先がとんがってる・・・とか決まった(水晶も色々結晶形はあるけどさ)ものがなくて、
アート的な自由さが美しいのです。そしてもちろんキラキラ☆黄金に輝いて・・・(爆)
例えば、こんなの
d0318386_11534975.jpg
分離金
鉱床から分離した自然金の結晶です。
モコモコしていたりニョロニョロしていたり何かの形に似ていたり・・・いろんなアートが楽しめます。

後は、昔ながらに自分でも採れる。
そう、金を自分で採集出来るんですよー!!
砂金採り、ね。
金鉱床の近くの川に自然分離した金が落ちてコロコロ転がってる・・・それを底の川砂共々すくってより分ける。
それが「砂金採り」です。
そうして取ったのがコレ。
d0318386_11571253.jpg
まぁ、ザクザクは採れませんが、
昔はこうして1㎝とか2㎝の金のナゲットが採れたそうですよ。
今はせいぜい「スゲー!!」と言われて5mmですかね。(^_^;)
大抵は「粉」です。
それでもチマチマと集めると小瓶にいっぱい・・・になるのはいつでしょうね。(爆)
ま、夏の涼と遊びをかねて・・・ってトコですが、楽しいだけじゃないのは もうご存知ですよね。(笑)
クマたんが居る所もザラだし、薮蚊はブンブン居るし
自然の山奥の川の周りは人の背丈より高いブッシュに囲まれてて 遭難覚悟と言うのも。(爆)
体験、という意味では沢山の全国の産地でやっていますので、
北海道なら「歴船」。キャンプ場もあるので 夏休みの体験としては楽しいと思いますよ。

さて、金と来たら次は
d0318386_1251917.jpg
自然銀(Ag)
「Ag」と聞くと奥様や若い男性はピクッと反応するのでは。(笑)
そう、最近は殺菌効果がうたわれていて、化粧品関係や清掃・食品関係なんかにも使われる単語ですよね。
銀も面白いフリーダムな結晶形で色々な型が見られます。
ヒョロヒョロ伸びるのも多いので「髭銀」なんて呼ばれる結晶形もあります。
(「男爵」の八の字髭みたく ニョル~ンと伸びてクルッとしたりするから)

続いて、
d0318386_12101851.jpg
自然銅(Cu)
銅の結晶形も金・銀と同じくフリーダム。面白い物が沢山あります。
人間の文化では鉄より先に普及した金属ですね。「青銅」とか。

ちなみに鉄(Fe)と言う鉱物は、普通にありそうで自然界ではなかなか無いんです。
惑星の成分の一部として必ずある物ですが、地殻近い所に存在するため地表で「自然鉄」として採集される事は稀で
昔は隕石の中から取り出して使っていた様ですよ。
もちろん、鉄を含んだ鉄鉱床石から精製されますが、
どちらにしても鉄だけでは弱いし錆びるので 製鉄や合金にして使用するので その技術が太古から国の文化や力の象徴でしたよね。

話は戻って、
今後ご紹介していく鉱物の中で、銅(Cu)を含む鉱物は、青や緑の美しい鉱物が多いです。
小学生の理科で燃やす実験とかした時に 青や緑の炎を出して美しかったですよね。
青が新鮮で 酸化(二次鉱物と言う)すると緑になるんです。
10円玉が錆びると緑の粉を吹きますよね。それと同じ。

さてお次は、
d0318386_12375696.jpg
白金(Pt)プラチナです。
wikiによると これまでに人類によって産出された白金の総量は約4,000トン、
体積にして約200m3(一辺が約6メートルの立方体)ほどであり、
稀少な貴金属なため、「プラチナチケット」のように 入手しにくい、など
貴重なもののたとえに使われることもある。
そうですよ。
でも、これも採れるんです。うへへ
それが画像。砂金採りと同じ要領です。
ただ、量は 少ない金より更に少ないですねー。産地も少ないです。

それから
d0318386_1246153.jpg
金剛石(C)ダイヤモンド
結晶形は、この様な八面体が有名ですが、定まった物ではありません。
こんなのもあります。
d0318386_12565243.jpg
ダイヤモンドは、マントル起源の火成岩であるキンバーライトに含まれるが、ちなみに元素Cと言うのは炭素、つまり炭です。
燃えちゃう脆いものですが、時速何百kmと言うスピードで地表まで押し上げられた場合にのみ ダイヤとして存在出来ると言われています。
ダイヤモンドの母岩であるキンバーライトは古い地質構造が保存されている場所にしか存在せず、
地質構造の新しい日本においてダイヤモンドは産出されないというのが定説とされていましたが
近年、1マイクロメートル程度の極めて微小な結晶が愛媛県四国中央市産出のかんらん岩から発見されたと言うニュースもありましたよね。
しかし、ダイヤモンドは1キロ取り出すために5300トンの自然原料が処理されている。と言われているので
日本産のダイヤを産出するのは無理でしょうね。(笑)
(ちなみに画像は全部自分のコレクションですが、ダイヤは原石でもお値段は高いです。(笑))

そして、
d0318386_1344018.jpg
硫黄(S)
臭い~ヤツですね。(笑)
温泉の源泉鉱泉とかにあるやつ。火山の匂い。とか・・・。
酸 なので見つけても素手で触っちゃいけません。
火薬の原料だったり医薬品にも使われたり ムトウハップに使われていたり(爆) 入浴剤ね。
毒なんだか体に良いんだかわかりませんが。
まぁ、どさんこにとっても身近な元素鉱物なのは間違いないです。

そしてそして、
d0318386_133356.jpg
テルル(Te)
我らが誇る札幌の手稲鉱山で産出されていたレアメタル。
とは言っても これは二次鉱物です。
左の黄色い針状の束がテルル。
自然テルルとは、
d0318386_134986.jpg
この右側にキラリと針状に光る銀色の物が本鉱です。
(解像度の良いPCだと全体にキラキラ入ってるのが見えると思いますです。)
実際に本鉱での結晶が見られるのは珍しくて 大体が黄色い二次鉱物で出るみたいです。
ガラスの着色や太陽電池の部品に使われたりします。
日本ではまだ3~4ヶ所でしか発見されていないと思います。

元素鉱物はまだまだこの他にもありますが、
私が持ってるのも 身近な物も こんな感じかな~。
充分魅力的で貴重な鉱物です。
いかがでしたか?

by jurijuri555 | 2013-07-30 13:31 | 鉱物 | Comments(6)

金属鉱物

私が鉱物「キレイ」と言い出した初心者の頃(大体女子は貴石系鉱物から入る。水晶とかアクアマリンとかルビーとかね)、
先輩方は採集に行っても そう言う産地本鉱にはあまり目もくれず、
金属系鉱物とかを見つけては、喜んでいた。(様な気がする。(笑))

最近、ようやくと言うか、私もその金属系鉱物の魅力がわかって来た。(気がする・・・)

何より、カッコイイ。(何がと言われると良くわかんないけど)

全部 銀色なんだけど、結晶の形が違う。
ハッキリ成分も違う。
重みがなんかカッチョエエ。
そして何か知らんけどレアメタルだったりする物がある。(笑)
良くわからんけど、渋いのだ。(爆)

そんな中で、「うおーカッチョエエ!!」と私が思うのは、

輝水鉛鉱(きすいえんこう)
d0318386_13543962.jpg
モリブデンの硫化鉱物。MoS2
硬度1-1.5、六方晶系。

輝安鉱(きあんこう)
d0318386_13561255.jpg
スティブナイト。アンチモナイトとも呼ばれる硫化鉱物。
Sb2S3  硬度2 斜方晶系。希少な金属であるアンチモンの最も重要な鉱石鉱物。

方鉛鉱(ほうえんこう)
d0318386_13583098.jpg
ガレナ。硫化鉱物の一種。
化学組成は PbS、結晶系は等軸晶系。

そして我らが世界に誇る 豊羽鉱山(2006年閉山)の (含)インジウム鉱。
d0318386_1441089.jpg
インジウムは、原子番号49 元素記号 In。
銀白色の柔らかい金属。正方晶系。
酸化インジウムスズは、導電性があるのに透明であることから液晶やプラズマといったフラットパネルディスプレイの電極に使われる。
インジウムを産出している世界最大の鉱山は札幌市の豊羽鉱山であったが、2006年3月31日採掘停止。
現在は中国が世界最大の生産・輸出国であり、最大消費国は日本である。
レアメタルであるインジウムの生産量は世界的に限られていて、ちょっとした紛争(?)がニュースになった記憶も新しいだろう。
豊羽鉱山の地層は化石的(?)に言うと 293万年前~49万年前 第三紀鮮新世末~第四紀更新世の中頃にかけての熱水活動により出来たよう らしいです。
誰かその辺から探って新鉱床でも見つけて下さい。(笑)

レアメタルについては今海底のチムニー鉱床(熱水噴出孔)なんかが注目されたりもしていますが、
消費ばかりせず、限られた資源を上手くリサイクルとかして使えると良いですね。
Auなんかがそうで、携帯の回収とかされますよね。

そんな何だかんだで とにかく
カッチョエエ金属鉱物達。(^_^;)

by jurijuri555 | 2013-07-18 14:35 | 鉱物 | Comments(8)