my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
初たたき
at 2017-03-25 19:14
謎のなぞなぞヒタチオビガイを..
at 2017-03-22 14:43
深海まんじゅう
at 2017-03-20 14:25
やどやど日記 16
at 2017-03-18 11:53
本と〇〇
at 2017-03-16 14:10
最新のコメント
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 03:16
昨日はお疲れさまでした。..
by apogon2 at 22:26
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:51
あっ、二枚目の川はどの川..
by コニアシアン at 19:43
こんばんは~。 皆さん..
by コニアシアン at 19:40
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 18:41
凄い勢いで標本が集まって..
by Macrowavecat at 13:18
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:11
fossil1129です..
by fossil1129 at 21:13
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:51
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鉱物( 114 )


おっと、待ってね。追加のコラボ記事

と言う事で アルビ師匠の記事に 勝手にコラボで追記させて頂きます。

何度も書く様に そちら系、町史にも書かれる マイナーマニアの中では有名な(?)M鉱山のズリになります。
トンネル及び道路の再整備の際に その鉱山のズリ石(排石)を使ったのですが、
とある雑誌(番組?)に紹介されるやいなや ファミリーで押しかけてその辺りの土手を掘り崩し採り尽くされた・・・と言われる
われらの中ではもっとも有名な「産地をバラすと荒れる」の代名詞になっているとかいないとか・・・。(^_^;)

その鉱山とは、正式には、M銅鉱という鉱山。
もともとは近隣にあった炭鉱の開発の余波で発見された鉱山で それ以前の開拓使らによる操業から、
明治20年代に三井物産に経営が移ったが、確か昭和30年代に閉山したと記憶している。
(全然ウソだったらゴメン・・・)

そのズリを探しに行った時の話はこちら。(←クリック)

で、その時みつけられなかった物を去年のミネショでサブチー経由でもらったんだけど・・・
d0318386_510542.jpg
約20cmのキャビネットサイズの標本
d0318386_5113183.jpg
d0318386_5115246.jpg
パイライトの大きな結晶や水晶とのコラボもキレイだが・・・
こう言うのを「鉱物」と呼ぶ。正式には単品を表す。(水晶、黄鉄鉱 それぞれの事。
ニュアンスとして全体を呼ぶには「鉱石」となりがちだが)
鉱石とは工業的に役に立つ鉱物をさすので、この場合は どちらかと言うと水晶が鉱石となる。
(と言うのも 間違ってたらゴメーン。テヘ)
ちなみに黄鉄鉱は、昔は硫酸の原料とされたが 今は利用されていない。ウィキによると 太陽電池の材料としての利用が注目を集めており、工業的価値の見直しが進んでいる。と言うが。そうなれば鉱石。(^_^;)

ちなみにM鉱山では、銀・銅・亜鉛の「鉱石」の採掘が行われていたので
ワタクシ達の目標は 当然それらの硫化鉱物ズリ探し。
第一ズリでは紫水晶が目的です。(^_^;)

しかし、東京大学総合研究博物館 明治13年発行の「博物館列品目録」に所蔵鉱物として
 オウリュウドウコウ 黄硫銅鉱 (Chalcopyrite) (=要するに黄銅鉱。)
 北海道〇〇郡△▽村ノ内字M温泉沢
と言う項目書きがあり、少しハテナ?な所は残る。(銅山だもの 黄鉄鉱より黄銅鉱だよなー。って事。
もらった物やみんなが採ってる物が 黄銅鉱だよ。と言っている訳ではない。どっちも出るよ。
マニアとしては、目指す物が違うと言う事。)

ちなみにその同じ目録には、
 コハク 琥珀 (Amber)
 北海道石狩アッツー郡フラドマリ海浜
と言うのもある。
どこだい、フラドマリ・・・。
〇〇どまりはコターン近辺に現存するが もしかしてフナドマリ(船泊)=港 の事か?(意味的に)
と地図を見ると まさに元祖シーアンバーの海岸は▲船町だった。(こじつけ(笑))
ま、どこでも採れるっちゃー採れるけどね。(^_^;)
(もしかしたら シーアンバーじゃなくて油田由来のものかもね。でもそんなの出たのかなー。(植物化石って事になる))

いやいや、琥珀はやっぱり元山のM傘Y針だよね。
って、事で、去年採った石炭琥珀。
d0318386_5594152.jpg
まるでスペサルティン(ガーネット)、コニャックトパーズ。
美しいブルーアンバー。(蛍光写真撮り忘れた・・・) ←いつも詰めが甘い

 
失礼しました。
 
 
本日の貝。
d0318386_713419.jpg
ガクフボラ科 まだ和名のない「メロンボラ」。
ヒタチオビにも似ている。
 
 

by jurijuri555 | 2016-03-01 06:24 | 鉱物 | Comments(14)

トパーズ

さてさて、なんだか化石ばかりの日々でしたが・・・
本業(?)は鉱物です。(^_^;)

今月のミネラの特集は、トパーズとトルマリンでしたね。
d0318386_17171365.jpg
いえ、私もまだよく見ていないのですが。(汗)

トパーズとは、
ケイ酸塩鉱物 化学式Al2SiO4(F,OH)2
斜方晶系 モース硬度8
和名は黄玉(おうぎょく)。
11月の誕生石で、石言葉は「誠実・友情・潔白」など。
パワーストーンでは、直観力と洞察力の石と言われ、物事に向う(仕事や対人)のサポートをしてくれると言われています。
インペリアルトパーズと呼ばれ、シェリーカラー(黄褐色)の物が高級とされる傾向があり人気です。
一般的には無色透明で、他にはピンクやブルー、ブラウンなどもある。(放射線の照射処理石も多い)

まぁ、わりとどこでも採れる種の鉱物で もちろん日本でも採れます。
有名所は岐阜県滋賀県。
海外ではアメリカ、ブラジル・・・各国ありますが、アメリカのユタ州のとかがよく標本として出回っていますね。
もちろん私も持っていますが。
d0318386_17205593.jpg
こんなの。
あー、見たことアルアル系。(笑)
でもワタクシの狙いはトパーズより左の石に付いてる様なビクスビ石。(黒いの)

通常は無色。
d0318386_1727990.jpg
こちらモグリさんから頂いた物。
茨城か岐阜の物だと・・・。

こんな風に付いてたのが
d0318386_17281519.jpg
小さすぎて見えないけど。(^_^;)
パラパラと分離して 川底にあったり川岸に埋まってるのを 砂金よろしくふるいにかけて採ったりするそうです。
比重が3.5前後なので沈みます。(砂金は比重15-19なので比べものにもなりませんがー)

有名所、岐阜県恵那郡のインペリアルトパーズ。
d0318386_17322877.jpg
ちとクラックが多いが、頭付きの大き目の石。

トルマリンもケイ酸塩鉱物で、電気石とか呼ばれています。
熱すると電気を帯びるためらしいのですが、宝石としても静電気がおきるのか埃がつきやすいとか言われていますが
本当かどうかは知りません。(^_^;)
こちらも日本でもでます。主に黒いショールと呼ばれる物。
あとリシア電気石と言われるブルーのアクアマリンの様な物。
10月の誕生石で石言葉は希望・潔白・寛大・忍耐。
パワーストーンではマイナスイオンが出るとか言われて癒しに使われる事が多いです。(真偽は謎)
ブラジルのパライバトルマリンと呼ばれるネオンブルーが高価な宝石として人気です。
あとはウォーターメロンと呼ばれるピンクとグリーンのバイカラーの石も人気。
三方晶系 モース硬度 7 - 7.5
緑柱石(アクアマリンやエメラルド)にも似ていますが、あちらはやはり同じケイ酸塩鉱物でも 六方晶系。

上記標本(黒・パライバ、日本のリシア(ブルー)、バイカラー)全部持っていますが 探し出して撮るの面倒くさい・・・。
元画像がファイル内にあったピンクトルマリンのみ載せておきますね。(^_^;)
ピンク特集ケースの時に使った画像の使いまわしですが・・・。
d0318386_17482379.jpg
(上段真ん中の石がピンクトルマリン)

久々の鉱物紹介なのに ヤル気無さ気ですいません。(^_^;)
あー、いや特に好きとか言う石でもなく・・・工業的利用も無いので。(大汗)
普通に 宝石、です。(貴石のランク的にもビミョーだけど・・・。(滝汗))
(興味があるとしたら「日本の」かな~。トパーズ採り(カラー)は行ってみたい。)

 

by jurijuri555 | 2015-12-04 18:10 | 鉱物 | Comments(8)

石の祭典 2015

本日朝から 「第16回札幌石の祭典」の会場に出掛けて来ました。

見学以外にチョイ用もあって、開場前に着かなきゃならなく
でも早く起きたのにダラダラしていたらギリギリに。(^_^;)
慌てて車で駆けつけ なんとか9時半過ぎには到着。フー

波猫さん発見。(笑)
私の後にコニアシアンくんも来場。
開場直前に もーりんさんにもお会いしました。
会場内では、ホークさんにCさん・・・身内だらけですなー。(^_^;)
(たぶん帰りすれ違いぐらいにapo兄さんも来ていたはずです。)

10時開場~♪
今年も沢山の人でにぎわっていました。
d0318386_14153160.jpg
なんと慌てて家を出たので せっかく充電したデジカメを持ち忘れ
ショボイいつものガラケー画像です。(泣)

他の会場(N市のミネショ)とかでは無いのですが、たぶん文〇さんのはからいか
札幌会場では先着50名にお土産が貰えます。
今年は化石と鉱物選べたのですが、ここの所毎年水晶が当たるので
初めて化石にしてみました。
d0318386_14172268.jpg
右のアンモが来場プレゼント品です。(中身は選べません)
フランスのアンモだって。カワイイ。
左アンモはレジン用に買ったやつ。たぶんマダガスカルのでしょ。
殻が一部剥がれてて 中身が見えていたが、方解石化していたのでゲッチョ。
あと、スマトラのブルーアンバー。
スマトラアンバーは1g100-500円で色んな店で売られていたが、これは1塊500円の物。g売りで買うより安かったと思う。
琥珀だから激軽だけど たぶん5g以上はあると思うし。

他の化石は見るだけ~。(^_^;)
d0318386_1428415.jpg
d0318386_14282183.jpg
スカラの横はイノセラかと思ったら顎器だって。ドヒー
デ、デカイ・・・。この口の持ち主の子も居ました。(笑)
もー、いつもながらトンデモナイです。

石も色々見ましたが・・・
d0318386_14304958.jpg
d0318386_1431259.jpg
ん~、いくつか悩んだ品もありましたが、
どうしても欲しい。と思える品も無くて いつもの瑪瑙とレジン材料だけ。
d0318386_14321665.jpg


あ、あと こんなのおフザケで買いました。(笑)
d0318386_14371924.jpg
ノジュール削ると恐竜の頭蓋骨が出てきて 飾れる物。
ちゃんとクリーニングセット付きです。

安物ばかり。
でもグルグル何度も見て歩いてると3時間ほど経ち(開場まで並んでいた時間も入れて)
買い物より駐車代金の方がデラ高くつきました。(泣)
(超高いトコに入れてた)

んー、ほんとはエアチー買おうかとお金持って行っていましたが 物が来るのが午後からの様で
又今度~。(^_^;)
コンプレッサーを買う予算はまだないしね。(爆)
先だけ買っても役立たずですしー。トホホ

お、先日のO市のメヌイじゃん。
d0318386_15181527.jpg
大きさも同じぐらいだなー。
完品なら こんな値段付くのか・・・。トホーーーー (爆)

by jurijuri555 | 2015-09-12 15:11 | 鉱物 | Comments(18)

中部出張 3日目

いよいよ最終日。

実は、中部滞在3日間とも雨でした。
この日も朝方 すごい雨音で目を覚ます。
ヒマつぶしにテレビを点けると 大雨注意報やらしまいには竜巻注意報まで出ていた。(^_^;)

本日も前日と同じく朝食サービスを頂く。
まったく同じ内容だった。
フルーツ1種ぐらい変えてくれると良いのにな~。

しかも どうもサブチーとは相性が悪い様で(笑)
着いてすぐ こっちは雨だよ。3日間とも雨の予報だよ。とメールしたのに手ブラで来て濡れてるし
夕べも帰宅(ホテル)時に 慣れてるサブチーにくっついて歩いていたら気が付くと港に居たし(爆)
ココどこ!!!!
今朝も 朝ごはん食べる?とメールを送ると もう食べました。って、
部屋は当然別だとしても 御飯ぐらい一緒に食べようと思わないのかね?(笑)
せめて 腹減ったので先食事行きます。とメールくれるとか・・・
見た目は変わらないが(苦笑)実際は随分と年下で でもシッカリしてていつも頼りにしておりますが、
タクシーの予約忘れたとか直前になって言い出すし・・・。(^_^;)
典型的なAvsBの組み合わせですな。(笑)
咬み合わないわ~。(爆)(爆)

そんな感じで最後までドタバタしていたワタクシ達ですが、
この日は前日より1時間遅くに開場との事で 少しゆっくり出発。

会場の方も 前日よりゆったりと人が流れていた印象で、
やっと私も時間を取って会場内を少し見学して歩いた。
d0318386_11565033.jpg
d0318386_1157529.jpg
d0318386_11572012.jpg

ブレブレになっちゃったが デカメガロ発見!!
d0318386_11575649.jpg
これだけ値段が付いていなかった。
いったいいくらだったんだろう・・・。(汗)

いつも札幌でも見る業者さん、いつもお世話になってる業者さん、札幌会場では見たこと無い業者さん、地元の同好会の方々・・・
サッとだけど見学し、自分のとお仲間の今回の出店でご協力いただいた方用のお土産を見たりした。
d0318386_121198.jpg
(コレは自分用)

サブチーは売った分せっかく軽くなったのにバカスカ自分コレクションに石買っていて 私にも買わないの?なんて言ってたけど
買いませんよ。売りに来てるのに増やしてどーするの。
とか言ってたら 貰ったからあげるー。とか デッカイ重いのくれて・・・。イラーーーーン!!も~。(苦笑)

売り上げの方は、結局最後までボチボチ状態で いつもの様に(だそうです)業者さんに買い取りして頂き。
ありがとうございます~。
とは言え、お買い得ですよー。稀少道産品を格安仕入れですもの。(^_^;)
おかげで少しは軽くなって撤収作業。
皆々様、本当にありがとうございました。良い体験を致しました。

しかし撤収作業も手こずりコレ又バタバタ。もー。(笑)
余裕ない感じで空港に向かう。
d0318386_129227.jpg
夕暮れ時のセントレア

バタバタのまま お土産買って、晩御飯食べて。
d0318386_12101480.jpg
きしめんも天むすもサブチーが嫌いだ。と言って 海老天丼にするところが鶏天丼になった。しかも又味噌味。(^_^;)
ちなみに付いてるうどんも普通の麺です。モチモチで美味しかった。
鶏もサクサクで美味しかった♪(味噌味は飽きたけど。(^_^;))

こうして、ドタバタの初中部出張を終えたのでした。
d0318386_1213463.jpg
夜の千歳空港。無事到着。

書き上げるとたいした事ないのですが、もちろんサブチー、鉱物の仲間、
そして化石のお仲間の皆さん 現地の方々、業者の方、スタッフの方、買いに来て下さった現地の方も
みなさんのおかげで 又新たな体験と思い出が出来ました。
ありがとうございました。


d0318386_12165122.jpg
       第三紀中新世 瑞浪市 Fさんコレクションより

by jurijuri555 | 2015-09-02 12:36 | 鉱物 | Comments(10)

中部出張 2日目

さて、いよいよ本番の2日目以降。

某ホールで行われるミネラルショーに参戦します。
(いつもはお客側だけど今回は初の販売側として)

N市2日目。
朝、ホテルのモーニングサービスを受ける。
d0318386_11583093.jpg
サブチーいわく、N市の方は家で朝食を摂らないそうで。(?)
喫茶店などでモーニング(小倉トースト等)を食べる習慣なのだそうだ。(笑)
ホテルも朝食は基本付かず、あくまでサービス(無料)の物だったが
私は量は食べないので、パンとコーヒーとフルーツのみの ここのサービスで充分だった。
(飲み物はコーヒーと紅茶しかなかったので、サブチーも「牛乳ないの?」と聞いてたけど 確かにもう牛乳とオレンジジュースくらいあるとかなり良いかも。)

8時にタクシーで会場に乗り付け。
d0318386_12251116.jpg

入館し、すぐにワラワラで設置作業。
どこの会場もそうだが、お客様が開場前から並ぶので 5~10分前には開場しちゃうので時間がない。
スペースも小さく、最小限の荷物で来ているのでディスプレイ用の道具もなくて イマイチみすぼらしいが
それすらも整わないうちから開場。(泣)
ありがたい事に すぐにとりあえずワッと見に来て頂ける。
d0318386_129191.jpg


が、渋いですねー。(^_^;)
値段設定も 命がけの採集品ばかりなので、初めは高めに設定していたのもあるけど
「見るだけ~」って感じで、とりあえず全店見てから。の人がほとんど。(当然でしょうが)
又、本当に価値のわかる人って本当に少ないものなのだ。
(そしてそんな人って同類者だから もう持ってたりするんだよね。自分も同じだもの。(笑))
なので購入して下さったのは、教職に就いているいる人(教材や資料として)、本当のマニア、業者さんが多かった。

会場は、札幌の石の祭典より2~3倍と言う感じでしょうか。
(サブチーは、いやいや もっと大きいでしょ!!と言っていたけど、思っていたより大きくは感じなかった。(^_^;))
d0318386_12243578.jpg


余裕のサブチー。(笑)
d0318386_12295120.jpg


この日も Fさんとモグリさんが会場に顔出しに来て下さった。(感謝!!!!)
早速、昨日の採集品をクリーニングして見せてくれた。
d0318386_1231068.jpg
ヒビが残念だけど カッコイイ~!!
そして、昔に採ったやつ。とご自慢のメガロも。
d0318386_12315371.jpg
イイ~!!!!
こんなトコに座っていないで、採集に行きたいぐらいだった。

特に怒涛の進展もないまま終了。
この日の一人勝ちのHさんのおごりで ひつまぶしを食べたのが一番の癒しだった。
d0318386_12351057.jpg


スピリチュアルな世界に 現実の真理は敵わないのだろうか。(笑)
病んでる疲れている人がそれだけ多いのでしょう。
次回は私もパワーストーンブレスでも持ち込むかな。(^_^;)

本日の格言。
 「現実を見る勇気を持ちましょう。」

この日のワタクシの売り上げの事か。(爆)

by jurijuri555 | 2015-09-01 12:52 | 鉱物 | Comments(6)

ドラマチック・ザ・キーン

本日は、なんと今年初のAu狩り。
いつもなら6月に入るとソワソワし出していつ行くかとメールを交わしたりするのだが・・・。

隊長にお声掛けすると行くと言うので 又張り切って早朝から出る。

朝6時過ぎ 天空の聖地に到着。
d0318386_19165673.jpg
お~久しぶり~!!(感動)

隊長と落ち合い 本日のチョボクリポイントをどこにするか相談。
どこももうたいした出ない。と言う事で うちら的下流でまったりジャブジャブする事に決定。
隊長は先人の掘り跡をチョボくっていたが 私はお古は使わない。(笑)
こんな時は、自分の勘がピピンと来る石を目印にする。
本日の気持ち的にはコレー。
d0318386_19273140.jpg


ポレポレやると粉金は出るが うーん・・・と思っていたら
その後すぐに目に付く程度の まぁまともかな?ってのが出たので、本日のじゅりあ鉱山とする。
d0318386_1937477.jpg


のちに隊長も横に引っ越してきて
d0318386_19421892.jpg


企業合併し
d0318386_19514169.jpg


システムの健全化を図った。(爆)
d0318386_19431354.jpg
(川水を通して鉱山内の視界クリア化を計る)

早朝は曇りで肌寒いくらいだったが、鉱山開業後は日差しが暑くなり、
ススキの穂が開き始めている横でセミがジージー・ツクツクホーシと鳴き続け
ミヤマカラスアゲハが優雅に飛び回り、オニヤンマが川に産卵して水死しそうになってる横を
越冬するオツネンイトトンボが飛んでいると言うシッチャカメッチャカでにぎやかな聖地だった。
d0318386_19495728.jpg


なかなか数が取れないので 途中でメッカに移動してみたが
又背景が変わっていてとても出る雰囲気では無く、別の所もチョボくってみたがカンバシクなく
結局又合同鉱山に戻って最後までポチポチとやると 半分以上は粉金だが、
なんとか100粒超は出た。
d0318386_19551985.jpg
ま、こんなモンですね・・・。ショボン

しかし、隊長は調子が良くなく あまり採れていなくて
「砂金の気持ちになってココを掘る。」と 更に別の石の横をホジホジしていたが出ず
「砂金の気持ちになって、私ならココに貯まる。」と じゅりあ鉱山のシンボル石の周りの砂を
私はもう腕が痛くなったので放棄してお譲りすると
最後の最後に3mmキーンを出した。ダッフンダ
d0318386_20553993.jpg
(本日の中では最大。(^_^;))

ドラマの様な大逆転劇のラスト。

さすが隊長、サスガじゅりあ鉱山。(笑)
私もエセ砂金師の名を返上をしなくて済んで良かったわ。
エセも語れなくなったらタダの変なオバサンだものね・・・。(^_^;)

9時間のザブザブ作業 お疲れ様でした。
 
 

by jurijuri555 | 2015-08-22 20:11 | 鉱物 | Comments(8)

ヒソヒソ巡検

今日はまたまた仕入れ巡検。
北海道の大地の素晴らしさを知ってもらう為 毎回ハードな産地を調べ上げて来るのでドキドキだ。

本日も暑いのに ウェーダー装備で林道がつぶれて藪になった所を草をかき分けゼイゼイ登る。
d0318386_2118549.jpg
あ、ここはスタート。
まだまだフツーの林道ですね。
春のM鉱山並みの草や笹の藪がこの後から始まります。

草の中にゴロゴロ石が落ちてるので拾い上げると 高温石英が入っていた。
d0318386_21221769.jpg

フト見上げると 柱状節理の露頭。
d0318386_2232879.jpg
まさにマグマが噴出して急激に水冷却されて固まり風化した地だ。
(577℃以上の高温状態で成長した石英が高温石英。この地の物は石英安山岩の様だ。)

実は、目指す露頭は川にあるらしいのですが・・・。
d0318386_2245535.jpg
どうやら先に滝?砂防?があるらしいのでそこまでは藪漕ぎ(旧林道)をするしかないのだ。
GPSで地図を見て位置を確認しながら歩けど歩けど降下ポイントがみつからない。
ゼイゼイと汗をかきながら藪漕ぎを3Km以上してやっとこの辺から降りましょうか。と言う所に着いたが
藪崖・・・。
(普通の街中歩く3kmと違って山の薮中3Kmは拷問)

笹藪崖を降りると言うより落ちる感じで数メートルズルズル下がり
やっと川に出た。
源流の様な川を又延々と上がっていく。
d0318386_22171775.jpg

汗ダーダーでザブザブ登った所に唐突に露頭が現れる。
d0318386_2227650.jpg
ヒ素の露頭だ。(^_^;)
ガンガン割ると 鮮やかな石黄と鶏冠石が出た。
d0318386_223135.jpg

石黄(せきおう)とは、ヒ素の硫化鉱物である。
化学組成As2S3 単斜晶系 モース硬度2
鶏冠石(As4S4)が必ず入ってるとは限らないが混同が見られ、鉱物としてどちらであるかはその場合判定は難しい。

結局、帰りも同じ行程を重い石をリュックに入れて戻ってきた。
特に初めの難関の崖を滑るフェルト底でガバガバのウェーダーで登るのは難しく
ほとんど腕の力だけで笹をつかんで上がる形になり、心臓は破裂しそうになり腕はパンパン。
リュックの肩紐が食い込んだ肩は激痛。
頭から滝汗で全員死んだ。(笑)

薄暗くなってしまいクマの出没を懸念して黙々と休憩を取らずに降りたため
帰りの4kmは非常に辛くて全員が二度と来ないと固く誓った。

北海道は素晴らしいが ツライ・・・

by jurijuri555 | 2015-08-09 22:53 | 鉱物 | Comments(8)

I 鉱山攻め

本日は雨の中、サブチーとI 鉱山(今更隠す事もないのですが・・・(^_^;))攻めをして来た。

本当は、E氏の案内で火山帯をアタックする予定だったのだが、別件抜けされて
サブチーが下見してあったI 鉱山の新規アタック地を実際に攻めてみる事に変更したのだ。

2人巡検となり、油断したのか寝坊してしまった。
予定より1時間後に(^_^;)慌てて飛び起きてサブチーの所に向う。
札幌は雨・・・。

サブチーをピックアップして現地に入るが、やはり山には雲がかかり 現場も小雨模様だった。
d0318386_2193597.jpg


アタック予定地に車を停めて降りると 足元にいきなりアンモ!!!!!
d0318386_21101875.jpg
鉱物産地に化石とは これいかに。(爆)
地味なマイマイだ・・・。

いつもの「うちら産地」は、通称『じゅりあさんが落ちた所』(苦笑)から その上流の上がれる所まで。だが、
今日は今まで入った事の無い地域の開拓だ。
d0318386_21252032.jpg


そうしたら いきなりサブチーが結晶の大きな石を発見!!
d0318386_21265222.jpg
陰で薄く見えますが濃いドピンクの良品です。

イイナ~!!!!ずるい~。
と、私も負けずに横に大きな石を発見!!
しかし川底に埋もれていたのでサブチーにバールで掘り起こしてもらう。(^_^;)
いつもシーマセン~。ウヒヒ
d0318386_21284824.jpg
しかし残念。
ピンクなのは1/3だけだった。

その後も見つける物見つける物ドピンクだけど層が薄い。(泣)

更に別の地域にもアタック。
試し掘り?の採掘坑もあった。
d0318386_21372923.jpg

サブチーが車の中にカメラを忘れた。と言い
「そこズリですね~。」と言うので はいはい。
d0318386_21424594.jpg
と撮ってると
イエ~!!!!!!と私の足元からドピンクの塊を取り上げた。

!!!!!!!!!!!!!!!!

なにソレ、だまし作戦なんですか~!!??(泣)

フガフガ怒ったが、その後私もイエ~イ!!と負けずにゲッチュー!!(笑) ※

結局この後、もう少し攻めたい所だったが、雨脚が強くなり 鉄砲水も怖いので撤収。


帰りは海岸に寄り、ヤド水の採集。
d0318386_21454360.jpg
その後ろでサブチーは採ってきた石のクリーニングをしていた。(笑)
海クリですか。
(この雨の中、キャンプしている人も居た・・・)

ガソリン代代わりにサブチーがラーメンご馳走してくれたので頂いてから帰宅した。
d0318386_2147177.jpg
味噌ラーメン ウマー♪

お疲れ様でした~。
残りの秘境部にも又アタックしたいです。


採集品。
d0318386_21482487.jpg
端材。
上はマンガン方解石と方鉛鉱。

微端材
d0318386_21491653.jpg


本日の1品
d0318386_21494248.jpg

まだ割ってみないとわからないですけどね。(^_^;)
(サブチーのは全体的にドピンク。クゥ~)

by jurijuri555 | 2015-07-18 22:11 | 鉱物 | Comments(6)

黒鉱 ②

さて、続いて 「黒鉱の日」第二弾。

ジャブジャブ汗をかいて、ヤブ蚊に刺されまくり アリにも噛まれまくって(岩場はアリ天国でもある。しかも噛むアカアリ系)
休憩に「道の駅」へ。
d0318386_4191347.jpg
道内で一番新しい「道の駅」だそうだ。
お天気も良く、沢山の人が立ち寄っていた。

用を済ませた後は、お米のジェラートを堪能する。
d0318386_4211811.jpg
ウマー
微妙なツブツブ感・・・

続きましては、黒鉱で有名な(?)T鉱山へ。

休鉱と再開を繰り返し わりと最近(平成手前の昭和)まで稼働していたので 期待感は増します。
実際 その直後ぐらいにはズリで良い黒鉱が出たそうです。

しかし季節は夏。
草ボーボー・・・。
d0318386_11205055.jpg
採鉱口が何か所かあり、ズリもあちこちにあるらしいのですが、
初めに寄ったズリ。
ここの右のシラカバの木辺りの奥に坑口跡があるそうです。
もう草で見えませんでしたが・・・。

あ、ルリイトトンボー♪
d0318386_11233055.jpg
好き~。

うーん。
こちらはマンガン方解石しかありません。

移動して別のズリへ。
こちらでは前に採れたと言う話ですが、砕石置き場だったらしく床ズリで
草に隠れて見えません。
結局又藪アタックで もうお腹いっぱいで萎え萎え。
もういいよーいらないよ~。と泣きながら草むらから虫にヒーヒーしつつ引き出した物に
やっと薄っすらと黒鉱らしき筋が見えました。
薄いです。(層が)
d0318386_11343696.jpg

こうして石英に入ってる物が良鉱物(金・銀)の可能性が高いです。
先に堆積した石英の隙間に熱水が通り落として行って溜まった硫化鉱物の中に貴金属が入ってるからです。
(簡単にわかりやすく言うとね)
でも薄いので期待は出来ないですね。(^_^;)

もうギブアップ。
夏の巡検は難しいですね。(苦笑)
d0318386_11384919.jpg


汗でジャブジャブ、ヤブ蚊に刺されまくりで ポンポンに腫れて退散して来ました。
激疲れ~・・・

そうそう、道の駅ではヤド土産にポップコーンの元を買って来ました。(笑)
d0318386_1148173.jpg
さて、何味で作ろうかな~。

 ※硫化鉱物とは、金属元素と硫黄の化合物から成る鉱物群の総称で、
 鶏冠石・石黄・針ニッケル鉱・閃亜鉛鉱・ウルツ鉱・黄銅鉱・斑銅鉱
 方鉛鉱・辰砂・磁硫鉄鉱・輝安鉱・輝蒼鉛鉱・輝水鉛鉱・銅藍
 黄鉄鉱・硫砒鉄鉱・輝コバルト鉱・硫砒銅鉱・濃紅銀鉱・四面銅鉱
 ゲルマン鉱・車骨鉱・毛鉱 などです。

by jurijuri555 | 2015-07-05 21:00 | 鉱物 | Comments(10)

黒鉱 ①

本日は、またまた石採りです。
なんだか今年は燃えています。(笑)

今日は「黒鉱」の日。

黒鉱とは、日本海側の鉱山で採掘される見た目が黒い鉱石の総称で、
黒い鉱石の正体は、閃亜鉛鉱・方鉛鉱・黄銅鉱などで
それぞれ亜鉛や鉛、銅などの鉱石として広く採掘された。
黒鉱の大半は、新生代第三紀のグリーンタフ変動に伴って生成されている。
黒鉱の周囲には金や銀などが濃集することから、
江戸時代には主にそれら貴金属が、明治時代に入り精錬技術が向上するにつれて黒鉱自体が注目されるようになった。
また、黒鉱は金属鉱物のみでなく 大量の沸石類や石膏、重晶石などを伴う。

今回のM鉱山は、サブチーいわく、
「閉山後ン十年ぶりに人が入山する、そして初の女性だろう。」と言われる未踏の鉱山跡だ。
その為に最近、秘密の文献を調べたりしていた様だ。

公表するのは、行くな。と言う牽制の為です。
超危険なのと それの対価としての収獲が無いからです。
それを納得して頂く事と
秘境とされていたので見たいと言う要望があると考えて出しますが
かなり調べて何も問題ないルートで入っています。
通常は私用地などの問題があり一般的には入れません。
私はシロウト同様ですが、隊としては完全なるプロだとご理解下さい。


今年も同じくバッタの王国の藪越え。
d0318386_20355491.jpg
ヒーヒー(泣) 又ですか~。トホホ

そして更に深みのある決死の渡河。(笑) の先
d0318386_20371898.jpg
誰もが指をくわえて見ていただけの銅鉱山にアタック。
上記のとおり、グリーンタフも一部伴う凝灰岩ズリだ。

登る。
d0318386_2143983.jpg
プロです。(^_^;)

更に登る。
d0318386_2151540.jpg
ヒーーーーーー!!!!!!!!
辞めましょう。(爆)

坑口跡
d0318386_217323.jpg


露天掘り跡
d0318386_218387.jpg


何かの建物が建っていたと思われる跡(更地)では、半分に割れた湯呑がありました。
d0318386_2117539.jpg
が他にはほとんど無くコレ1つで後は何かわからない小さなかけらが数点だけなので
ディギングでも登らないで下さい。

鉱物的には、重晶石が多く 黒鉱と思われる物も薄っすらと見えますが
d0318386_2124612.jpg
結果から言うと 黒鉱(金・銀・銅)と断定出来るシッカリした物はありませんでした。

他には、
d0318386_2126164.jpg
胆ばん。銅鉱物の二次結晶物ですが、中身はクズクズの黄銅鉱(?)。

黄鉄鉱
d0318386_2128528.jpg


閃亜鉛鉱
d0318386_21283454.jpg


重晶石
d0318386_2129358.jpg

全てプロが探した最良品で のもので小さな結晶で小さな塊です。
こんなのが採れるなら、と思っちゃわないで下さい。
これらはもっとお気楽な所で普通に採れる鉱物です。わざわざここで採る物でもありません。

選鉱場跡と思われる所。
d0318386_21342630.jpg
景色は最高です。

でも登ったら降りなければなりません。
体感斜度50度。
登りはなんとかなるが・・・降りは足がすくんでヨタヨタです。(汗)
たまたまこの日はベストな状態でしたが、雨のすぐ後だと水分含んで崩れやすく
晴れが続いた後だと乾燥して やはり崩れやすいです。
元々凝灰岩で脆い石ですから かなり危険です。
岩場にはヘビも居ると思われます。クマも居ます。
シカの足跡もありましたから、突然上からシカが降って来るかもしれません。(笑)
毒蛇に噛まれたり、シカに体当たりされて滑落事故で怪我をしても携帯も圏外です。
絶対に入り込まないで下さい。
我々も 二度と入りません。
何も採れない事がわかったから。(水銀(辰砂)も見れませんでした。赤いのあるとしてもモロモロになった赤鉄鉱)

結果は無駄骨に終わりましたが、長年ソワソワ思っていた事が解決してサブチーもスッキリしていました。
さようならM鉱山。
長い眠りについて下さい・・・。
崩壊崖とは言え、徐々に端の落ち着いた所からは ところどころ木の新芽が出て山に還ろうとしていました。
d0318386_21431351.jpg


by jurijuri555 | 2015-07-04 21:57 | 鉱物 | Comments(8)