my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
春のパッキパキ巡検
at 2017-04-28 23:36
やどやど日記 19
at 2017-04-27 14:12
モーライ石みたび
at 2017-04-25 18:45
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
最新のコメント
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 10:41
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 10:23
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 09:39
昨日は。ありがとうござい..
by fossil1129 at 09:04
hntさん はいっ!!..
by jurijuri555 at 01:15
あら…ちょっと…イイじゃ..
by hnt at 00:35
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:10
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 16:10
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:00
こんにちはー。 魚の化..
by やままん at 12:18
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:化石( 236 )


初たたき

所用で来札しているfossil1129兄さんと 今日は初ハンマーふるいに行きました。

夕べはみんなで飲み。(笑)
d0318386_18453723.jpg
fossil兄さんとアンキロさんホークさん、apogon2さん、やままんさんとで 6人飲み。

そして今日は2人でアッツー・モーライ方面へ採集に出掛けました。
d0318386_1854342.jpg
初めは怪しいお天気でしたが、徐々に回復。
d0318386_18554094.jpg
d0318386_1941531.jpg

成果はイマイチでしたが、お昼にはピザも頂き楽しい1日になりました。
d0318386_1858133.jpg

ああっ!!あそこに良いオウナガイが・・・。でも届きません。(^_^;)
d0318386_1913955.jpg
わかりますでしょうか。(笑)

ま、でも海三紀もたまには良いでしょう?
お疲れ様でしたー。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-25 19:14 | 化石 | Comments(7)

謎のなぞなぞヒタチオビガイを追え!!

こんにちは。
久々にお米を10kgで買い、運ぶのにヒーヒーしてしまったじゅりあです。
(最近は重いから~と5kg買いをしていた。不経済なんですけどねー。(汗))

子供が小さな頃は、13kgの二男を片手で抱いて 更に10kgの米を下げて帰って来ていたのに
この超絶な堕落ぶりは何なのでしょうねー。(爆)
春の巡検前に鍛え直したいと思います。(爆)(爆)
 
 
さて、
入手したものの謎なヒタチオビ、君はどこの何て言うヒタチオビなんだい?
d0318386_12384292.jpg
先日Wantedしていたものです。

そこは現地の研究者に聞くのが一番さ。と言う事で 産地を「福島県 富岡層」と聞いていたので
福島県立博物館に突入!!って行くのには時間もお金もかかるので 地味にHPを拝見しーの、
メールとお電話で資料請求(購入)させて頂きました。(^_^;)
d0318386_1356652.jpg
便利ですね~と言うか 通販して頂けるのは助かります。

まずは職場に福島出身の方が居ましたので、「海岸沿いにさー・・・」と聞くと
「あぁ、浜通りね。それとも中通り?」と言われて、浜・・・通り・・・中・・・(汗)と謎の現地語がわからない。(笑)
原発の近くらしいんだけど・・・と言うと「うん、浜通りね。」と・・・ナニソレ・・・。(^_^;)
アンモナイトセンターのあるいわき市の方、太平洋側が浜通りで、内陸の福島県立博物館の方が中通りらしい。
わ、わからんわー。
地理や歴史がカラッキシダメダメです。(^_^;)
どうやら昔の藩分けの様なもので、合併県なので地方の呼び名がある様です。
で、浜通り、に加えて「小良ヶ浜」とか言う名前まで出て来るとチンプンカンプンでした。(笑)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/01_exhibit/point/2014/141011_tomiokasou/141011_tomiokasou.html
この画像は、富岡層の二ッ沼、富岡層下部の貝と思われ、この画像に自分が入手した物がなかったので、
小良ヶ浜の方には富岡層の上部の二ッ沼よりも冷涼な古海洋環境を示唆する貝類群集が出るそうなので そちらの物かと思いました。
二ッ沼の方は鮮新世における温帯的な古海洋気候を特徴づける“大桑・万願寺動物群”の構成要素が数多く含まれているそうです。

届いた資料をみますと お、ヒタチオビあったあった・・・
d0318386_13594060.jpg
ん?
しかしマスダヒタチオビとな・・・。二ッ沼か。やはりオオは小良ヶ浜の寒い方か?と思ったら
d0318386_1455428.jpg
あぁ、あったあった!!
あれ、でもこれも見ると二ッ沼になっていた・・・。
ますますわからん。

私が入手したのは、こちら。
d0318386_1474029.jpg
オオヒタチオビの他に アヤボラ、エゾボラモドキ(?)などあります。
小さいヒタチオビは不明、二枚貝はエゾキンチャクの幼貝かと思われます。

まぁ、この辺はどっちでも出そうな種なので判断がつきませんね。
両方の産地のが混じっているのかもしれませんし。

しかし、アルビ師匠もビックリしておりましたが、三紀でこんな四紀みたいな標本が得られる地があったとは、驚きですね。

さて、場所・層(・時代)も違って、いわき市の中新世では、トクナガヒタチオビ、ウネヒタチオビ なんて言うのも出ているそうです。
この辺りは、絶滅種なのか。それとも現世の何かとシノニムなのか。
そもそも 貝の歴史はもっと古いはずなのに 中新世より古い時代にヒタチオビはいなかったのか・・・。
まだまだ謎だらけです。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-22 14:43 | 化石 | Comments(6)

クリーニング ⑤

本日はお仕事お休み。
海に行こうか 先日の続きのクリーニングをしよか~
と思っていたが、疲れからか起きると親不知が痛んで・・・。(泣)
なかなか薬も効いてこなくて うーんうーん言っている所に
ピンポーン♪とお届け物が。

りんぞうさんからの「北のノジュール」だーーーー!!!!(喜)

箱を受け取り、写真を撮る暇もなくすぐに
あ、これ すぐ出そう♪と N川と見た事のないH裏のをコンコン。

途中経過を撮るヒマもなく いきなり(とりあえず)出来上がり。(爆)(爆)
d0318386_19244131.jpg
N川のテヌイ玉とH裏のテトラ。

テヌイ玉は、微妙に3つのアンモが重なってて・・・
d0318386_19263350.jpg
H裏のも テトラの他にミニアンモがいくつか入っていたのだが
それこそサメ地の様な緑海石の入ったパリパリの砂岩で、風化か乾燥か
盆栽にしようかと思っても叩くと全部パリパリと分離してしまう。オモシロー。
d0318386_19294097.jpg
とりあえずの形までしたが、まともな道具が残っていなくて仕上げは次回。

夢中になってコンコンしていたら 歯の痛みも忘れました。(笑)
今度は肩と腰が痛くなったけど・・・。(^_^;)

りんぞうさん、貴重な石をありがとうございましたー♡
K浜ノジュールも次回ツツクの楽しみにしまいました。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-14 19:37 | 化石 | Comments(8)

クリーニング ③

 ※追記あり

2017年クリーニング、プチ版。(笑)

本日も もう むらさきとシロさん揃って
d0318386_155631.jpg
「最近塩っ気ないな。」
「塩っ気ないよね。」
とウロウロねちこいので、海に行く気満々で連勤明け3時間で起きたのに
札幌は雪の舞う強風・・・。
行き先の天気は悪くないらしいが、風が強いのは同じ様だ。
気温はプラスだけど浜風強いと体感温度も2度は下がる。
風が強いと波も荒い。
何より、途中のこの吹雪模様の中を走るのは萎えるな~・・・。
と結局お籠り。
ごめんよ、ヤド達・・・。(^_^;)

てか、この画像、もう1つ意味とエピソードがあるのだが、
それは次の『やどやど日記』で。(^_^;)

そんな訳で、やっとの休日 どーしようかな~と
先日のゴードリのプチクリーニングの続きをしようと出した。
う~ん・・・と見てて フト、
どうしても新鮮な面として割りクリーニング始めた側がキレイで進めてしまうが、
この硬い石を掘り進めるより 初めから擦れてノジュールから見えてた面をクリーニングした方が柔いんじゃないか。と思い立ち
コンコン始めると大正解。
風化していて内部面より柔くてすぐにヘソも出ました。
表面は薄く石被りのままだけど仕方ない。
d0318386_166012.jpg
ほんと分離悪くて叩くと2つにも3つにも割れて意外と苦労しました。(笑)
右は同じく ほぼ出ていた物を単体クリーニング。
こちらはゴードリらしくパッカン☆とヘソも出て爽快でした。(笑)

これさー・・・いつも悩むんだけど 単純にヘソの広さと深さで考えて「デンセ」で良いのかな。
インターの方が似てるんだけど・・・。
デカくなって助の突起がゴツゴツと目立つとデンセで間違いないが
こんな10cm以下のしか採ってこないと まったく見分けがつきません。
(左8.5cm右7cm 左は縦に押され、右のは平面に潰されています。
どちらもたぶんO平サント-カンパ)

d0318386_17334810.jpg
d0318386_17335981.jpg
d0318386_1734758.jpg
d0318386_17341638.jpg
d0318386_1734249.jpg
d0318386_17343327.jpg

でもさ、こんなテヌイもあれば、本当にいつまでも平巻きしてるテヌイも居て まったくわかりません。(泣)
 
『追記』
アルビ師匠から資料画像頂きました。
d0318386_21521333.jpg
上がデンセで下がテヌイだそうです。
パッと見は似てますが テヌイは2巻目からのヘソがデンセより広く(ゆったり)、ユルユルと浅い感じで巻いてますよね。

私も色んな画像を検索して見ていたのですが・・・。
時代とか採集地域とか標本の大きさとか はたまた個性やら雌雄やら考えても切りがないので
ズバッと台座付きの方をデンセ、分離単体の方をテヌイと決めました。(爆)
理由は、2巻目の「落ち」がガクッと深い事、ヘソ部が狭い事、
そして助ですが、規則的に入る助がゴツクないのでインターと思っていたのですが、
検索して見ていると 助と助の間の細線がデンセは3本ぐらいに対し インターは結構な本数が間に入っています。
そして、これ(私の標本)は間の細助は3本。
なので、とりあえずデンセって事で。(^_^;)
テヌイも殻口近くに目立つ助が入りますが、殻口から5-6本であとは見当たりませんが
デンセの方はずっと続いて入っています。
ただ、テヌイとした方も手持ちのよりはヘソも深いのですが、潰れているせいとは思ったけど
2巻き目までの「落ち」が やはりそれほどではないです。
ま、これらは個性で両方共テヌイって事でも良いですけどね。(^_^;)
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-03 17:42 | 化石 | Comments(20)

みーつけた

本日、良い天気ー。
海に行こうかと思っていたが、睡魔に負けてしまった。
起きると少し違和感が・・・。風邪かな。ガックシ
なかなかタイミングが合わないものだ。

昨日になって やっとこ去年の分のビーチコのフォトアルバムの制作をしていて
注文段階になって、1日大きなイベントを忘れていた事に気が付いた。
実は、化石のアルバム作ってる時にも忘れていて ポッカリ抜かした自分巡検。
とても思い出深い日だったはずなのに あちこちで忘れていて、本当に健忘症だな・・・とガックリと言うより なんだか恐ろしくなって来た。(笑)

昨日も 職場で大掃除をやると言うので、失くされたら困る道具を一旦持ちかえろうと用意していたのに
結局忘れて置いて来てしまった。
忘れない様に最後に履き替える靴箱の前に置いていたのに。(爆)
元完璧主義者の私にしたら相当ガックリと落ち込むトコロだ。

・・・・・・ま、いいか。
そう思う様にして数十年。
一歩手前で引く事に慣れるとあきらめも早いものだ。
それでも今までなら 自分が覚えていれば良いか。と思えたが、コレが忘れてしまう様になったから不安で仕方がない。
まぁ、思い出の1つぐらい忘れても 誰も困る事ではないし
本当に大事な道具は今日出勤の同僚の靴箱に突っ込んで来たから大丈夫。(笑)

長い人生の中、沢山のイタイ事ツライ事苦しい事があるが、そんなの何十年の人生の一瞬数日数ヶ月の事だ。
ハズしてしまったイタイ出来事も忘れられる思い出になるだろう。
が、注意一瞬怪我一生。って事もあるので 何でもズボラではいられないけどね。(^_^;)

そんな事で、海は又行ける。フォトアルバムも1日抜けたまま。仕事道具も一番に大事な物ではない。
そんな思いや想い出さえも どうせ忘れるんだから。(笑)
完全に痴呆バーサンじゃん・・・。orz

そんなヤッチマッタな最近の中では、小さな事も喜びにもなる。

よく水族館なんかで売ってるお土産シリーズの中に 古代ザメのがあったとは。
d0318386_1332251.jpg
おおーっ!!

黄色い方解石が美しい石・・・の下にはポリプチが密集。
d0318386_1336225.jpg

を見ていたら、巻貝ハッケン!!
d0318386_13365119.jpg
こんなプチでも「隠れ」ナントカを発見した様に楽しい。(笑)

d0318386_13374278.jpg
ポリプチの縫合線。

ポリプチは、ポリプチだけで密集して集団生活していたのだろうか。
それともたまたま繁殖期かなんかで固まっている時に埋まったのだろうか。
こんなポリプチ密集ノジュールがもう1ある。
さて、どう盆栽クリーニングするか???
連結クリップとかあると面白いのにな~。(爆)

でもクリーニングはまだまだ先。
もう少し、ジックリ楽しむ時間(人生)もあるだろう・・・。
 
「じゅりちゃんファイトよ!」
d0318386_13551054.jpg
ありがとシロたん♪
最近よくガラス際でみつめてくれるシロさんでした。
 
 

by jurijuri555 | 2017-02-28 14:09 | 化石 | Comments(10)

ポリプチコセラス(欠片)

ポリプチコセラス オバタイ (下)
Polyptychoceras obatai
 (旧 ヘテロプチコ)

ポリプチコセラス ハラダナム (上)
Polyptychoceras haradanum

たぶん。(^_^;)
d0318386_14122340.jpg
H幌 C.

もちょっと手を加えたいけど道具が揃わないので とりあえず。
これだけは柔らかいので(母岩)すぐに終了。
なかなかクリップ(3ターン)出ないですね。(^_^;)
 
 

by jurijuri555 | 2017-02-23 14:21 | 化石 | Comments(8)

クリーニング ②

 片づけを~ しなきゃならんが
  気が向かない~
五七五詠い上げ風に。(爆)

でも休みだから何かしたい気もするしー。

と言う事で、床の上に転がしているノジュールの中から もう周りは出ていて
ヘソだけ出せば終わり。と言う感じの簡単ノジュールを引っ張り出して
「やった気」にだけなるつもりで始めたが、
確かO平の石だった気がするんだけど 硬い硬い!!
d0318386_1362829.jpg
(プチプチに光が反射して見づらくてスイマセン)
こんなゴードリ、一発でヘソ出てすぐ終わると思ったのに 叩いても叩いても削れないし、
そのうち「フンッ!!」と叩くと パッカーン☆
d0318386_1381341.jpg
そこかいっ!!!!(怒)
てな事で、
中の一部が方解石化していて弱かったみたいです。
d0318386_1395085.jpg
又、こうして割れてから改めて真ん中部を見ると 結構ヘソ深くて、もう少し削ってからコンコンしなきゃダメですね。
てのが昨日。

で、1日置いて 又今日、接着して続きから始めたが、
やはり硬い硬い・・・。(汗)
進みが悪く、飽きて来たので、近くの別の石に手を出し~の。

チューロもやらなくちゃね~♪
おう!コレは・・・
d0318386_13191367.jpg
チッサイからすぐ終わるかと思ったら
小さすぎて細部が見えないわ。
これは又後日スコープかけてチマチマやらなきゃな。

やっぱゴードリ?
あちゃー、やっぱ硬くてダメだわー。たいした進まず・・・。
お、コレコレH幌のホロホロノジュール。と思ったら 柔すぎてボロボロ。(接着休み)
んな感じでこんなハンパに終わりました。(^_^;)
d0318386_13222560.jpg

このポリプチの上のターン部が見えていたので持ち帰ったのですが、
まさにクリップサイズでシャレに並べて遊ぶのに持ちかえっただけのコザでしたが、下に別のが入ってましたわ・・・。
d0318386_13244437.jpg
ゼムクリップ特大サイズ(5cmくらい?)と思ったのに
サイズはドンピシャだったがターンは無かったか~。
まぁ、キラキラだから取っといてやるか。

キラキラと言えば、キラッキラ☆ 5mmプゾも居ます。
d0318386_13264284.jpg
えーと、イカは生まれた時からイカなの?
アンモは生まれた時から殻があるの???
博物館で「アンモの一生」を見たはずなのに覚えとらんわ。(^_^;)

そんな訳で、何1つクリーニング終われていないのに グダグダ疲れました・・・。
結構長時間同じ姿勢でいるのでクリーニングって疲れる。
手は叩いて紫色になるし(笑)、クリ用クギは10本も潰しました。
硬てーよ!!!!(怒)
まったくつまらん。プリプリ
な2017年2回目のクリ日でした。(笑)
 
 

by jurijuri555 | 2017-02-22 13:45 | 化石 | Comments(16)

クリーニング ①

早く片付けろよ。
と自分でも思いながらも(^_^;)
ガサガサしていたらメガロも見つけたので、早くとりあえずでも恰好つけたくなり、
2017年初クリーニングをしてしまった。

5cmぐらいのならそこそこあるのに サスガにコザ専門(のつもりも無いんだけど・・・)なので
コレクションテーブルのマス目に入れる様な10cmサイズのアンモがなかなかなくて。
しかも出来れば白殻虹色が良いのだが、自分道北何回行ってるねん。て、何もないわ。ガク
てな感じで。(^_^;)
あるんだけど、ポリプチしかないわ・・・。
ポリプチ・・・好きだけどクリーニングする気にならへん。ポリプチ入れたくない。
うーん・・・と探してたら、白殻じゃないど そこそこのサイズのO平のアンモみっけ。
テヌイと迷って、メゾプゾをセレクト。外殻が方解石化しかかっててズレもあるが、何とか9cmアンモ確保。
d0318386_1836229.jpg

懐かしい~。
暑くて、仕事で寝てない日にfossil兄さんともとろんさんと初めて行ったO平(私はね)。
お昼休憩中に小川の真ん中に落ちてた大きなノジュール岩にくっついるの見つけて、
その真ん前に座り おにぎり食べながら
喰ったら採っちゃる。早く喰って割ってよ~。モグモグモグモグ
とジーーーーーーーーッと睨みながら思ってて、もとろんさんに割り採ってもらったプゾだ。(笑)
裏にメヌイも付いてて(割れ割れだけど)少しムズイけどコンコン粘ってパッカンと割り剥がした。
久々のクリーニングだったので指痛い・・・。

早速IN
d0318386_18465440.jpg
ま、良いんじゃなーい?(笑)

あ、メガロはレプリカです。(^_^;)
いつかは本物(も少し小さくてもいいな)を。11cmぐらいで良いかな。(笑)
8cmなら持ってるんだけどね。
で、プゾの所には、そうだな、白殻テキサ10cmオーバーを。(爆)
言うだけタダ。(^_^;)
頑張りたいですね。
(あ、ちなみにこのマス目ですが、11.5cm×12.5cmぐらいです。)
 
 

by jurijuri555 | 2017-01-24 19:10 | 化石 | Comments(8)

ウニ・・・から~の怒涛の一人化石談義

うーん。ウニ化石、色々見てみたい。
日本の。
でも持っていないしな~。
そう言えば欠片でもなかったかなー??? とガサガサしてみたら、ありましたー。(笑)
d0318386_14335228.jpg
近場の四紀貝化石産地の物です。

やった!!どれどれ・・・
d0318386_14465859.jpg
おおっ!!これはエゾバフンウニに間違いないじゃないですか~♪
素晴らしい!! 楽しーーーー♪♪
あぁ、完体で採れたらなー。

そして、小さいカシパン・・・
d0318386_1449880.jpg
おおっ。
d0318386_14492474.jpg
おおおーっ!!
まさしく、ハスノハカシパンの幼体ですなー♪
かわゆす~♪♪

こりゃ色々な地のを見たくなって来ました。

そう言えば、ここは腕足も結構出るのですよね。
d0318386_1451195.jpg
d0318386_14513377.jpg


腕足と言えば、今年又少しだけ増えましたね。
d0318386_14561069.jpg
ほとんど既出ですが。(^_^;)
現世も一部混じっていますが。(汗)(汗)
他にも国産のがいくつかあるのですが、産地ごとでまとめて保存しているので ここには海外産がほとんどですね。

海外産と言えば、各種化石もポチポチとコレクションしておりますが・・・
d0318386_14582820.jpg
これも入手してはーその辺にポイポイ置くので 何がどこに行ったかわからない物が沢山あります。(^_^;)
でも、今年入手した中では牡蠣(?)の化石が嬉しかったな~♪ しかも頂きもの。
買ったのはもちろん欲しかったものばかりけど タカラガイはちょっと嬉しかった。

貝と言えば、先日差し上げたトリゴニアを 欲しかったから嬉しい♪と言われたなー。
こんなの(失礼)殻ナシ殻溶け殻剥がれが多いのに・・・。
て、そう言えば初めて殻アリのを今年採ったんだった。
d0318386_1525170.jpg
裏側がつぶれていそうだけど これも冬の間に少しコリコリしてみよう。

同じ地で、フジツボ???な化石も採ったんだよなー。
d0318386_1535056.jpg
中だけでなく外にも巻き(?)があるから 巻貝かとも思ったけど、下に下に巻くのでこんなみっちりロールケーキみたくなるかな~。
縦筋がフジツボっぽいんだよなーと思っただけで謎なんだけど。(汗)

フジツボと言えば、先日コニアシアンさんが 頂いたフジツボ化石ー。って出していたの
こんなフォームじゃないですか?
d0318386_1564013.jpg
老成したフジツボ。
海岸に転がっていた物です。
これの中身の先っちょが欠けた化石じゃないですか?と思っただけ。
で、これの中の軟体は美味いのだろうか・・・
ミネフジツボ、美味いらしい。(^ρ^)

あぁ、一人で次々と盛り上がってしまった・・・寂しい。(笑)
 
 

by jurijuri555 | 2016-12-08 15:30 | 化石 | Comments(10)

古代ウニの美

ワタクシ、とうとう欲しくて欲しくて探していたウニをゲッチョ致しました~!!!!!
(ウォンテッド協力して頂いていた一部の方、ありがとうございます。とりあえず終了ですが、正規格安値段で出ていたらもう1個ぐらい欲しいので引き続き見つけましたらお知らせお願い致します。)
さて、ソレは、コレで~す♪

ドドーン☆
d0318386_19512264.jpg
もちろん右の赤いデッカイのです。
比較に普通の他のウニと載せてみました。

d0318386_19523877.jpg
ほ~ら、手の平いっぱいの大きさ♪

こちら、イギリスあたりのウニで、「ヨーロッパオオウニ」と言う、ウニです。
通称は、レインボーウニ。
大きいので、インテリアとしてランプシェードに使われたりもする様です。
なのでワタクシも・・・
d0318386_19561091.jpg
と百均のコインライトを入れてみましたが、光源激弱ですね・・・。(^_^;)
もう少し大きい電球の方が良さそうです。
しかしイイですね~。

こういうのは、入る時はドワーッと入るみたいですが、最近は貝もそうですけどワシントン条約だかなんだかで輸入が厳しくなっているみたいで、
入荷しづらくなる種も増えているらしいですよ。
美貝で知られる ヘリコダママイマイとかも今後は入りづらいそうです。
蒐集家も苦労しますよね。

さて、本題ですが、先日は現世のウニの美の話を出しましたが、もちろん化石になった古代のウニも元は美しかったはずで。
と思い、手持ちのウニ化石も観察してみました。
こちらは、モロッコのオウサマウニ科のウニの化石と思われます。
1枚目の画像の左上のミナミバクダンウニと同じ系ですね。
d0318386_20411128.jpg

棘の関節のブツブツもキレイに保存されています。
d0318386_20421187.jpg
半透明でカルサイト化とかしている様ですね。

そしてこちらは、普通のウニ系(オオバフンウニ科とか)の化石かと。
産地は、イギリスかオーストラリアかわからなくなりました。(^_^;)
d0318386_20444099.jpg

なんとか管足の出る穴も保存されています。
d0318386_20452690.jpg
ちょっと変形があり見づらいですが、2列かな?

これ、先日も書いてて少し自分でも引っかかっていたのですが、
みなさん斜めに数えますが、確か「ウニ学」では、歩帯板1枚につき・・・と言う書かれ方をしていたと思うので
それでずっと骨格図とか探していたのですが、
歩帯板と言うと こうなると思うのです。
d0318386_20475477.jpg
間歩帯板1枚に対して歩帯板は2枚。
その中を数えても 結局色々見ていると端下の管足孔は必ず1つみたいなので、その上の管足孔を上の1つ分から数えても同じになるので
ピンクの輪の様な皆さんの数え方でも間違にはならなさそうです。

お次は、ヨーロッパオオウニと同じ(?)か 真ん丸な殻高の高い系のウニの化石。
こちらも確かモロッコ産。
d0318386_362667.jpg
これも管足孔がキレイに見えますね。
d0318386_37844.jpg
でもオオサマウニ科系と同じく縦一列に並んでいるので これで種を同定する手段にするのは難しそうです。

そして管足がどこから生えてるのか不思議なブンブク系。
これは有名、北海道U町のムカシブンブクですねー。
d0318386_3102935.jpg

そして、細かい毛(棘)の生えてたブツブツも骨格もハッキリ見えます。
d0318386_3114847.jpg
花弁の部分が管足孔だったみたいですねー。(?)

裏側。ちょっと変形していますが お口もキレイに残っています。
d0318386_3145035.jpg

お尻も~。
d0318386_31598.jpg

良い保存ですね。カワユイ♪
d0318386_3154156.jpg
でも今は居ないのですよねー。
北海道で見れるブンブク類は、オカメブンブクだけです。
 
最後にますます管足がどこにあるんだか不思議なカシパン類。(いや体中にあるんでしょうが)
こちらはフランスのカシパン。
d0318386_6285275.jpg

管足孔はわからなかったけど、歯が残っていました~。
d0318386_6305728.jpg

 
 

by jurijuri555 | 2016-12-06 13:30 | 化石 | Comments(14)