my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏のビーチへ
at 2017-07-25 20:49
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
最新のコメント
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:42
ZX9-Rさん いや..
by jurijuri555 at 03:30
こんばんは~。 コータ..
by コニアシアン at 21:47
お仕事明けの巡検、お疲れ..
by ZX9-R at 21:43
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:05
産地忘れは私にとっても深..
by Macrowavecat at 22:05
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 19:49
じゅりあさん 私は、も..
by fossil1129 at 18:13
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 04:14
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:03
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:化石( 261 )


現代のワンソックー

ありゃりゃ、奇して用意していたネタとカブってしまいましたが~・・・。(^_^;)

しかも ご本人の真似っこした物でー・・・。すんません~。

もとろんさんの真似をして ずっと作ってやろう♪と思っていた標本。
用意が整い作ってみましたー。
d0318386_138258.jpg
タテスジホオズキ(腕足)のミニ額です。
出来たてホヤホヤの画像なのでまだボンドが乾いてないです。(笑)

科が違いますが―、腕足繋がりとジュラ紀繋がりで
ドイツのアンモ(ステファノセラス?)と こちらは日本の腕足。どちらもジュラ紀の化石です。
d0318386_1310471.jpg

腕足カワユス♪ これはチョウチンですね。

腕足の殻、貝と違って 殻は厚いけど層になってないから意外と丈夫そうでモロい。
標本整備している途中でパキッと割れたり・・・(泣)。
良い標本を用意(採集)するのも大変なんだから~。
でもこう言うの作るの楽しいです♪

by jurijuri555 | 2014-01-09 13:17 | 化石 | Comments(12)

ベスト オブ 〇〇 ~2

さて、今年のベスト オブ ほにゃらら、
今日は化石で。

ただし、私の場合、化石に対しては少し本格的化石採りさんとは違いまして、
やはり鉱物出身としては 化石に対しても どうしても「鉱物」を意識してしまいます。
又、自称芸術家のはしくれとしましても(爆)、より完璧に美しい物を求めますので
どれだけ希少で珍しいとか たとえ一部でも・・・とかそんな珍品や妥協は持っておりません。
何とかの一部とか珍品にしても どれだけ美術的に面白いかだけで、種類とかは又別。

に加えまして、化石は超初心者なので、先輩の皆さんからすれば 全然珍しくも面白くもない選出になります。
そんな事で・・・ワタクシのベスト オブ 化石は以下。

第1位は、クリーニング寝かせ中ですが、三笠サントのダメちゃま。
d0318386_1718027.jpg
整然と方解石化で並んだ縫合線の美しさが決め手です。
只今、ズガン☆事件からいまだに立ち直れず、クリーニング放置中です。
必ずや 完璧主義の名において、ノジュール側に持って行かれたすべての殻を剥がし本体に戻して修復するでございます!!
現在の裸ダメちゃま・・・。(泣)
d0318386_17221683.jpg
ううう・・・(号泣)

第2位は、古潭の瑪瑙化ヤスリツノガイ。
d0318386_17241560.jpg
ほぼ完ぺきです。瑪瑙化もほぼ完ぺきです。
完全体である事、完璧に鉱物化している事。それが大事。エヘン

第3位は・・・黄鉄鉱化ゴードリを持って来たかったのですが、見た目一部であり、まだクリーニングもしていないので他部にも広がってるかが確認とれていないので、代わってコレを。
d0318386_17265413.jpg
三笠セノマのマンテリ。
後日、セノマ畑の出現により、珍しくも無いアンモになりましたが、唯一自力で崖から探し出した1品です。
殻にハッキリとした波々溝のあるアンモとしての形状により選出。
他に何か特徴のあるアンモはまだ初心者の私は採れていないのでー。(^_^;)

番外は、大きさから夕張コニアシのゴードリ。
d0318386_17302223.jpg

やはり見た目の驚きから安瀬のスナモグリ爪を。
d0318386_17322831.jpg

ゴードリは私の中では嬉しい大きさで、カニ爪は見た目に面白いのが理由です。

化石採り2年生となる来年からは、より完璧な個体と鉱物化化石採集を目指して精進したいと思います。
諸先輩達のご指導・ご協力をテンコモリお願い申し上げまする。m(_ _)m

by jurijuri555 | 2013-12-27 17:43 | 化石 | Comments(6)

ヒマラヤの化石

先日入手した化石 ブランフォルディテス。
d0318386_11541225.jpg
ネパールのカリ・ガンダキ河採集の物。
ガンダキ河は、ネパール中部からインドのビハール州北部を流れるガンジス川の支流だそうです。
ヒマラヤ山脈は昔海だったと言う証拠でもある化石である。
しかもパイライト(黄鉄鉱)化。
黄鉄鉱は昔 金と間違われた事もあったとか・・・。
山から金のアンモが出たら・・・貝が貨幣として使われていた時代もあったぐらいなので(日本的話だけど~(^_^;))
まさに価値のある物として扱われたかもしれませんね。(笑)

しかし、どこの国でも河原で化石採集とかあるんだな~。
アンモ採集のツアーもあったとかなかったとか・・・。
あったらやってみたいな。(笑)

d0318386_11595351.jpg
黄鉄鉱(FeS2)
鉄と硫黄からなる鉱物。
これは、スペイン産のパイライト。

by jurijuri555 | 2013-12-08 12:14 | 化石 | Comments(15)

化石展

さて今日は、冬のお勉強の1つ 博物館見学で、
先日apogon2さんが宣伝していらした「アンモナイト化石の美と魅力」展を観て来ました。
d0318386_15505148.jpg


小さな展示室でしたが、素晴らしいアンモナイトがビシッと並べられていて、
平日のお昼なので私1人かな・・・(^_^;)と思いましたが、結構ポツポツと立ち寄る方が居て
関心度が高い事を感じました。

まぁまぁ、お話はさておき、少しご紹介させて頂きましょうね。

ザッと異常巻
d0318386_1551187.jpg

正常巻き
d0318386_15515316.jpg
に分けられて展示紹介されており、あとは

その他海の生物化石
d0318386_15524751.jpg

海外のアンモ
d0318386_15532259.jpg
等が展示されています。
植物化石もありました。

アンモの企画展示コーナーの前には 札幌の植物や昆虫
d0318386_15545660.jpg

又、鉱物
d0318386_1555483.jpg
の紹介コーナーもあり、
展示室の入口前にはビーチコーミングの漂流物紹介コーナーもあって
d0318386_1557084.jpg

まさに私の「夢の部屋」の様な所でしたよ。(笑)

是非是非、街中に行かれる際は 寄ってみて下さい。入場無料です。
加えて 5回来場したら(スタンプ貯めたら) これらの中のグッズがもらえるそうです。(笑)
(ミニミニ化石とか木のクラフトストラップとかシーグラスの画鋲とか・・・)

d0318386_163258.jpg

北1条西6丁目 リンケージプラザ5F 12月21日まで ※日・月・祝日休館

by jurijuri555 | 2013-12-06 16:12 | 化石 | Comments(12)

正しい化石採集

みなさん 今期も採集を楽しんだと思いますが、
正しく採集をしている人は何人いるのでしょう。
採集の仕方は鉱物も化石もほぼ同じです。
知らない方の為に ワタクシが今一度お教えしましょう。

①現地では必ず残り1台分のスペースをあけて置く。
 (後から来るかもしれない採集者の分です。
 仲間内だけで〆ないで乗り合わせ等して台数を減らしマナーを守りましょう。
 又、林道などでは通れる様に車線1台分空けて停めるのもマナーです。)

②車を停め 準備が出来たら準備体操をしましょう。
 (出来れば第二までが望ましいですが、第一のみでもかまいません。
 体をほぐし、事故の無い様に務めるのもマナーです。)

③採集場所まで距離歩く時は、歌をうたいましょう。
 (士気を高める為と 周りの野生動物に存在をアピールするためです。歌は誰でも知ってる以下のものが望ましいでしょう。)
  ♪川を越え行こうよ
   くちぶえ吹きつつ
   空は澄み青空
   ノジュール(石を)さがして
 
   歌おう ほがらに
   共に手を取り ランラララ ララララ

   ララララ クマさんも ガオーッ
   ララ ララララ キツネさん コンコン

   ララ歌声合わせよ 足並み揃えよ
   今日は愉快だ

④採集場所に着いたら荷物をおろし二拍ニ礼したら「大地讃頌」を合唱します。
 (これから頂く自然の産物を含む大地に敬意を持って賛美します。)
   母なる大地の ふところに
   われら人の子の 喜びはある
   大地を愛せよ 大地に生きる
   人の子ら 人の子ら
   人の子その立つ土に感謝せよ

   平和な大地を 静かな大地を
   大地をほめよ 讃えよ土を・・・(以下省略)

⑤腹から大きな声を出し 野生動物に挨拶をします。
 (「ジャンボーーー!!!!」野生動物にも人間が来た事を知らせ 無用な鉢合わせを防ぐ為にもなります。)

⑥採集中に掘ったりたたいてまき散らしたカスはなるべく元の様に戻し片づけましょう。
 (不要に荒らすのを防ぎ自然の回復の速度を高めると共に
  他の採集者へのポイントアピールを防ぎ 同地での採集回数を減らす為です。)

⑦採集が終わったら 持ち帰る採集品を足元に置き、直立不動で「君が代」を斉唱しましょう。
 (この様な素晴らしい産物を残しておいてくれている国に感謝し 現地に居られる者としての誇りを持ち礼を尽くしましょう。)

⑧合掌して採集品を頂いたら 速やかに帰りましょう。
 (無用な長居は不要です。早く現地の野生動物に元の場を返しましょう。もちろんゴミ等は持ち帰りましょう。)

いかがでしたか?
何人の方が正しく採集出来ているでしょうか。

(爆)(爆)・・・!!!!
ウソンコですからね~。(笑)
でも一部はホント。

by jurijuri555 | 2013-12-05 12:45 | 化石 | Comments(12)

ちょっぴりコリコリ

パッとしないので、ちょっぴりだけ削ってみた化石。
d0318386_1254133.jpg
左、厚田のスナモグリの爪。右、セノマ畑のアンモ?

スナモグリん。いつもの黒爪はツルンとしているんだけど これはトゲトゲプチプチ~。本当にカニみたい。
見えなかった右爪も削ると出て来た。
そして爪にもトゲトゲ~
d0318386_12565090.jpg


んー、種類が違うんだろうか・・・。
調べると スナモグリ・ニホンスナモグリ・ハルマンスナモグリと現生では3種のスナモグリが日本には居るそうですが、
ハッキリと画像付で見分け方を書いている所が検索しても見当たりません。
目とか言うのは載ってるけど、爪を見たいんだって~。(^_^;)

ハヤノスナモグリ、最古のスナモグリだそうで・・・。
厚田のスナモグリは???

セノマ畑のアンモ?も たぶんアンモだよね。と言う感じになりましたよね?(^_^;)
d0318386_1344088.jpg
でももう少し出さないとわからないですね。(^_^;)

by jurijuri555 | 2013-11-24 13:20 | 化石 | Comments(10)

冬籠り用品

昨日は、朝のバイト後はお休みで、
先日 二男と出掛けたは良いが、車の中で待たれるとゆっくり出来なくて、
厚田の浜では、調査途中で引き返したのが気になっていた。

潮位表でも丁度昼に干潮となっていたので、チャンス!とばかり、1人企画を仕事中に(^_^;)練っていたが
こっちは天気が良くても向うはどうだ?(予報では午後から雨)と唸っていたら
丁度もとろんさんから「雨~」とコメントが入ってた。ナイス!

んがっ、こっちは時折日が差すぐらいで雨の兆しは無し。
ん~。と迷ったあげくに とりあえず出発!!
心配ないさ~♪(晴れ女だから?(^_^;))

ところが、西に向かうにつれ雨が・・・。ホントニアメダー
ダメかと思ったが、厚田方面は雲の切れ間だったようなので、進撃続行。

しかし、海は荒れていて、海浜浴場も防波堤を乗り越えてザッパーン!!
d0318386_11204047.jpg


防波堤などない海岸は、干潮とは言え 満潮並みの様子でした。
d0318386_1122321.jpg
まぁ・・・なんとか歩けるかな。(^_^;)

荒れた海は、それはそれで趣があります。
d0318386_11253841.jpg
波間に揺れるプラ浮き。
d0318386_11261076.jpg
ウミネコも波に乗って届く副産物をジッと待っています。

時折雲も切れて青空を出す厚田浜。
d0318386_11352129.jpg
今日は層も乾いています。
が、浜の方は先日も来たし、目ぼしい物もあまり残っていません。
荒波に運ばれて新たに届いたのを期待していたんだけど・・・。
そしていよいよ、先日断念した先に進もうと思ったら・・・。
なんとか歩ける浜は残っているが、波が荒いせいで すぐに戻らないと帰れなくなりそうな雰囲気・・・。
(ここからは荒波を除けながら浜の回廊を渡り 雨に打たれたりして画像がありません。(^_^;))

なんとか安瀬の方まで来ましたが、こちらも期待した程ノジュールは無し。
渡り浜の所がゆっくり見る状況じゃなかったとは言え、いつもなら片道でも10個近くは拾えるのに・・・。
そして、いつもの小沢も滝の様な大激流。
d0318386_11334948.jpg
深さはそんなにないけれど、流れが速くてザブザブ渡れる雰囲気ではありません!
(画像ではたいした事ない様に見えるでしょうが、ものすごい流れが速いです)
丁度山側水流出口の所に流木がごしゃっと溜まっていたので、それを慎重に渡って向う側に行きましたが、
ここに着いた頃から雨が降りだし、波しぶきと雨で ハンパに濡れてノジュールの判別がしづらい状態に・・・。
とてもゆっくり探索できる雰囲気でもなく、日の入りも早く 薄暗くもなって来たので
サッと見ただけで退散です。
d0318386_11413980.jpg


ゆっくり出来なくて残念でしたが 早く戻って来て良かった。
もう少しノンビリしていたら回廊が少し満ちた潮と波で閉じられて 戻れなくなる所でした。(汗)
ホッと一息ついた厚田浜の層の前に 崖から落ちてきたノジュールがありました。ラッキー
d0318386_11443721.jpg
が・・・割れん!!
割れん上に何も入ってない!!
なんかデジャヴ・・・

戻った浜では、まだウミネコ達が波と戯れておりました。
d0318386_11462980.jpg
流されてきた磯ガニとか海藻とか貝?をキャッチ&ゲッチョ=モグモグ している様です。(笑)

私がゲッチョ出来たのは、瑪瑙と7個のカニ玉ノジュール。
d0318386_11495273.jpg
これでひと冬、寂しくなったらカンカンして紛らわせなくちゃ・・・。

厚田港の灯台にも明かりが灯りました・・・。
d0318386_11504143.jpg


by jurijuri555 | 2013-11-23 12:04 | 化石 | Comments(10)

欲しい物・採りたい物

時々、どんなアンモが好きですか?欲しいですか?と聞かれます。

う~ん。
それが、まだ「アンモなら何でも良いの。取れれば♪」の初心者なので、
自分でアンモを採る。って言うのが 嬉しいんです。
だから種類は何でも良いんです。

だけど、採集に挑戦したいのは 低~く、こんなの。
d0318386_1971155.jpg
よくありそうだけどいまだに出会わないアナゴードリ。
採ったら緊張しそうなクルクルアンモ。

是非採りたい、欲しいのが、これだよねー。
d0318386_1974059.jpg
エビ・ウニ・カニ。

あと出来たら欲しいウン〇貝
d0318386_1983950.jpg
結構お気に入り。(^_^;)

是非欲しいのは、やはりコレ。
d0318386_1991390.jpg
オウムガイと
d0318386_1993346.jpg
ビカリア!
これは欲しいですね~♪
それと 種類関係なく、白殻と虹色アンモ♪ 頑張ります。

あ、そう言えば 改めて気づいたけど、三笠の街灯気に入りました。(爆)
d0318386_1911327.jpg


もう1~2枚は撮ったのですが、Gコレのご紹介最後にします。
d0318386_19132449.jpg
めっちゃ頑張った感漂う素晴らしい1品。
つい、見ている方も肩とこぶしにに力が入り ため息がでる。

今日は、サッポロ曇っていたので厚田に行くと 雨降ってました・・・。ホントに。
厚田の記事は、明日のアップで。(^ー^)

by jurijuri555 | 2013-11-22 19:19 | 化石 | Comments(7)

後片付け取り掛かり

さてさて、まだまだ粘りたい所なんですが、少し片づけて行かないと・・・と
ふと愛車を見ますと 真っ黒真っ白ドロドロです。(^_^;)
今年はずいぶん出掛けて歩いたのに 洗車ひとつしていないもんなー。オイ

てな事で、タイヤを新品に交換するついでに 洗車(高いの)をお願いしました。(笑)
あとで取りに行きます。
ピカピカになるかな~♪
でもなったら又お出掛けしたくなりそう。(^_^;)

アルビアンさんとセノマ畑アタックをした時に Gさんのお宅にもお邪魔して、
今回ネタで5回はひっぱれますね。とか言われたのですが・・・
さすがにそこまで小出しに引っ張っても 全然私は採れていないので
持ちつ絡めつしないと無理です。(爆)
なので、5回は無理ですけど 今回は、アルビアンさんに頂いた物第二弾と
G博物館の中で気になった物と気に入った物をご紹介します。

まずは、アルビアンさんから「瑪瑙ですよー!!」と力強く言われて頂いた物。
d0318386_13453842.jpg
え、瑪瑙?
じゃなくて水晶ですよね~?と思ったのですが、下の方に薄く瑪瑙の層があります。
d0318386_13472622.jpg
いわゆる晶洞になった部分ですが、
厚さ6㎝以上に水晶が発達していて、スゴイですねー。
よくもこんなの見つけて だいぶ割ってみんなにあげた。とおっしゃってましたが、
確かに普通の水晶や瑪瑙に比べたら割れやすいでしょうけど それでもよく割りましたねー。
サスガです。
てか、こんなの落ちてるって・・・。(^_^;)
本当にスゴイ人はスゴイ物を見つけますな~。
ありがとうございました。
ますます、瑪瑙の産地を探検したくなりましたよ。
シーズンオフになるので、私ももう少ししたら 今年採集のお気に入り瑪瑙の画像でも載せられたら と思います。

セノマの畑では、こんなのも見ました。
d0318386_13524837.jpg
うーん。クルクル巻貝も誰か持って行ったな?クソ
と思ったのですが・・・。Gさん宅で・・・
d0318386_1357552.jpg
え、G師匠?(爆)
違うけど。
そして、個人的にちょっと気に入ったのがうえのマツボックリ(?)とコレでしたー。(笑)
d0318386_13585137.jpg


そうそう、ハンマーって すぐサビますよね。
どうお手入れしていますかー?
いつも苦労しています。だんだん減るしね・・・。(^_^;)
お聞かせ頂けると参考になり助かります。

by jurijuri555 | 2013-11-21 14:01 | 化石 | Comments(16)

ラストフォッシル その2

(画像追加しました。)

アルビアン師匠と と言うと・・・めちゃくちゃ期待されている様で
もうこのままバッくれたい気持ちでいっぱいなのですが~・・・。(滝汗)

本当に これだけあればマンテリもテンコ盛り出るべー♪と思ってたのに
それは全部アルビアンさんの懐に・・・。(爆)
ワタクシが、丸っとした背中を見つけて「おおっ♪」と言うと 「イノセラですね~」とか言われたり・・・。
どこでもイノセラかよー!!o(`Д')ノ みたいな。

なので、とりあえず、巻貝群生~。3巻~、お、3.5巻~
d0318386_13131213.jpg
なんて作っていたら
ツラッと コレも持って行きますか? と4巻の巻貝が入ったのを出された。
d0318386_13281964.jpg
いや、5巻だ。
・・・くぅっ・・・。

イノセラですね~とか言われたのと同じに見える(私には)丸っとした背中の見える破片を
d0318386_13151673.jpg
デスモセラスですよー、あ又です。これもです。
と どんどん持って来て下さいます。キー☆(笑)

これにも入ってますよ~。と下さった塊・・・
d0318386_13175182.jpg
ふがー!ドコをどうやって割れと・・・。
何やら色々入って過ぎてドコを「捨て」にして どう割れば良いかもわかりませんっ。(汗)
と言うか、硬くて割れましぇんっっっ!(泣)
重いのをヒーヒー言って持ち帰りました。

あとは、ゼランディテスも頂きました。
d0318386_13291559.jpg
の一部だそうです。
私が見ても 違いがサッパリわかりません。
マンテリはわかりますが・・・。

濡れてるとよくわかりますが、まるでコンクリートですよね。
本当に 昨夜は腕が痺れて眠れなかったし、
今日はズッコシ筋肉痛です・・・。
みなさん さすがに化石でビックロック割るので体格の良い方が多いですが、
ワタクシも肉体労働系なので腕だけは(あとはプヨプヨ)ムキムキしてるのですが(見せかけだけで力は無いけど)
さすがにココの砂岩はノーサンキュー。(いや、行くけど)

あとはご期待どおり、イノセラなどの二枚貝のクラスターも持ち帰ったし(笑)
たぶん・・・アンモ?も一応見つけました。
d0318386_13305455.jpg
何クンかは当然わかりません。(^_^;)
アンモですよね? 又イノセラだと言われたら落ち込むわ~。(泣)

それと お土産に頂いたのは、ゴードリのテヌイリラタムです♪
d0318386_13315311.jpg
白殻だー♪
もう、早口言葉の舌のもつれそうな スゴそうなのばかり出てきて、脳ミソがフリーズしそうです。
ソレ、何語ですか~?の世界でした。

あとは私のテリトリーで少し MY脳を休憩させます。(笑)
えと、アルビアン師匠とお話ししていた事なのですがー・・・。(稲倉と大江の違い・大江で採れる物。大江は未体験とおっしゃってたので)
コレが大江の方鉛鉱です。
d0318386_13294250.jpg
方鉛鉱に閃亜鉛鉱(べっ甲亜鉛)がまぶされています。
そして合間に菱マンガン鉱と水晶の 超美クラスター♪
これは一昨年の。

今年のはクッキリ方鉛鉱結晶!!のコレ。
d0318386_13304840.jpg
探せば こんなデカイ方鉛鉱結晶だけの塊もあるんですよ~。

そして、稲倉の菱マンガンって まさに「ピンク!!」って感じのでしょ?(現在採れるの)
んがっ、大江のはどちらかと言うとオレンジが混ざった様なサーモンピンクで
d0318386_13331640.jpg
ちょっぴり透明感が感じられる物なんです。
重晶石が混じると マジでバラ輝石か?と思う様なキレイなのも出ます。
ま、大体は薄い肌色ピンクの駄結晶が多いけどー・・・。

大きく言えば 同じ脈なんですけど、大江の方が これも言いましたが青鉛鉱とかも出るし、
色々他鉱物も混ざった面白い産地です。

それと、水晶海岸でのワタクシの拾い物・・・
d0318386_13372187.jpg
アルビアン師匠の物には敵いません。
が、水晶の一部に ほんのわずか紫っぽい所があります♪(右上部)

加えて、改めてG師匠様にも色々とありがとうございました。
d0318386_1343356.jpg
なんかもうスゴすぎて何を聞いてみたら良いのかわけわかんない状態でしたが、
ワタクシと同じく 夜明けのビーチコ行く感覚で化石採集に行っちゃう事とか
クマとの遭遇話とか・・・(^_^;) とても面白かったです。
夜明けは私も得意なので(爆)、今度いつかご一緒出来たらと思います。
そして、師匠が カスか・・・。と手にも取らないノジュールをワタクシが後ろから拾い集めたいと思いますっ!!

by jurijuri555 | 2013-11-20 14:00 | 化石 | Comments(8)