my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
ハンマーヘッドシャーク②
at 2017-09-14 15:46
やどやど日記 24
at 2017-09-12 15:13
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:11
ハンマーシャークですか~..
by Macrowavecat at 20:11
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 04:13
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 20:05
やままんさん こんばん..
by jurijuri555 at 23:38
完成間近ですねー。 ブ..
by やままん at 22:52
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:58
こんにちは~ 頑張った..
by アルビアン at 16:53
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 16:07
こん××は~! ここま..
by fossil1129 at 15:56
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:化石( 266 )


ちょっぴりコリコリ

パッとしないので、ちょっぴりだけ削ってみた化石。
d0318386_1254133.jpg
左、厚田のスナモグリの爪。右、セノマ畑のアンモ?

スナモグリん。いつもの黒爪はツルンとしているんだけど これはトゲトゲプチプチ~。本当にカニみたい。
見えなかった右爪も削ると出て来た。
そして爪にもトゲトゲ~
d0318386_12565090.jpg


んー、種類が違うんだろうか・・・。
調べると スナモグリ・ニホンスナモグリ・ハルマンスナモグリと現生では3種のスナモグリが日本には居るそうですが、
ハッキリと画像付で見分け方を書いている所が検索しても見当たりません。
目とか言うのは載ってるけど、爪を見たいんだって~。(^_^;)

ハヤノスナモグリ、最古のスナモグリだそうで・・・。
厚田のスナモグリは???

セノマ畑のアンモ?も たぶんアンモだよね。と言う感じになりましたよね?(^_^;)
d0318386_1344088.jpg
でももう少し出さないとわからないですね。(^_^;)

by jurijuri555 | 2013-11-24 13:20 | 化石 | Comments(10)

冬籠り用品

昨日は、朝のバイト後はお休みで、
先日 二男と出掛けたは良いが、車の中で待たれるとゆっくり出来なくて、
厚田の浜では、調査途中で引き返したのが気になっていた。

潮位表でも丁度昼に干潮となっていたので、チャンス!とばかり、1人企画を仕事中に(^_^;)練っていたが
こっちは天気が良くても向うはどうだ?(予報では午後から雨)と唸っていたら
丁度もとろんさんから「雨~」とコメントが入ってた。ナイス!

んがっ、こっちは時折日が差すぐらいで雨の兆しは無し。
ん~。と迷ったあげくに とりあえず出発!!
心配ないさ~♪(晴れ女だから?(^_^;))

ところが、西に向かうにつれ雨が・・・。ホントニアメダー
ダメかと思ったが、厚田方面は雲の切れ間だったようなので、進撃続行。

しかし、海は荒れていて、海浜浴場も防波堤を乗り越えてザッパーン!!
d0318386_11204047.jpg


防波堤などない海岸は、干潮とは言え 満潮並みの様子でした。
d0318386_1122321.jpg
まぁ・・・なんとか歩けるかな。(^_^;)

荒れた海は、それはそれで趣があります。
d0318386_11253841.jpg
波間に揺れるプラ浮き。
d0318386_11261076.jpg
ウミネコも波に乗って届く副産物をジッと待っています。

時折雲も切れて青空を出す厚田浜。
d0318386_11352129.jpg
今日は層も乾いています。
が、浜の方は先日も来たし、目ぼしい物もあまり残っていません。
荒波に運ばれて新たに届いたのを期待していたんだけど・・・。
そしていよいよ、先日断念した先に進もうと思ったら・・・。
なんとか歩ける浜は残っているが、波が荒いせいで すぐに戻らないと帰れなくなりそうな雰囲気・・・。
(ここからは荒波を除けながら浜の回廊を渡り 雨に打たれたりして画像がありません。(^_^;))

なんとか安瀬の方まで来ましたが、こちらも期待した程ノジュールは無し。
渡り浜の所がゆっくり見る状況じゃなかったとは言え、いつもなら片道でも10個近くは拾えるのに・・・。
そして、いつもの小沢も滝の様な大激流。
d0318386_11334948.jpg
深さはそんなにないけれど、流れが速くてザブザブ渡れる雰囲気ではありません!
(画像ではたいした事ない様に見えるでしょうが、ものすごい流れが速いです)
丁度山側水流出口の所に流木がごしゃっと溜まっていたので、それを慎重に渡って向う側に行きましたが、
ここに着いた頃から雨が降りだし、波しぶきと雨で ハンパに濡れてノジュールの判別がしづらい状態に・・・。
とてもゆっくり探索できる雰囲気でもなく、日の入りも早く 薄暗くもなって来たので
サッと見ただけで退散です。
d0318386_11413980.jpg


ゆっくり出来なくて残念でしたが 早く戻って来て良かった。
もう少しノンビリしていたら回廊が少し満ちた潮と波で閉じられて 戻れなくなる所でした。(汗)
ホッと一息ついた厚田浜の層の前に 崖から落ちてきたノジュールがありました。ラッキー
d0318386_11443721.jpg
が・・・割れん!!
割れん上に何も入ってない!!
なんかデジャヴ・・・

戻った浜では、まだウミネコ達が波と戯れておりました。
d0318386_11462980.jpg
流されてきた磯ガニとか海藻とか貝?をキャッチ&ゲッチョ=モグモグ している様です。(笑)

私がゲッチョ出来たのは、瑪瑙と7個のカニ玉ノジュール。
d0318386_11495273.jpg
これでひと冬、寂しくなったらカンカンして紛らわせなくちゃ・・・。

厚田港の灯台にも明かりが灯りました・・・。
d0318386_11504143.jpg


by jurijuri555 | 2013-11-23 12:04 | 化石 | Comments(10)

欲しい物・採りたい物

時々、どんなアンモが好きですか?欲しいですか?と聞かれます。

う~ん。
それが、まだ「アンモなら何でも良いの。取れれば♪」の初心者なので、
自分でアンモを採る。って言うのが 嬉しいんです。
だから種類は何でも良いんです。

だけど、採集に挑戦したいのは 低~く、こんなの。
d0318386_1971155.jpg
よくありそうだけどいまだに出会わないアナゴードリ。
採ったら緊張しそうなクルクルアンモ。

是非採りたい、欲しいのが、これだよねー。
d0318386_1974059.jpg
エビ・ウニ・カニ。

あと出来たら欲しいウン〇貝
d0318386_1983950.jpg
結構お気に入り。(^_^;)

是非欲しいのは、やはりコレ。
d0318386_1991390.jpg
オウムガイと
d0318386_1993346.jpg
ビカリア!
これは欲しいですね~♪
それと 種類関係なく、白殻と虹色アンモ♪ 頑張ります。

あ、そう言えば 改めて気づいたけど、三笠の街灯気に入りました。(爆)
d0318386_1911327.jpg


もう1~2枚は撮ったのですが、Gコレのご紹介最後にします。
d0318386_19132449.jpg
めっちゃ頑張った感漂う素晴らしい1品。
つい、見ている方も肩とこぶしにに力が入り ため息がでる。

今日は、サッポロ曇っていたので厚田に行くと 雨降ってました・・・。ホントに。
厚田の記事は、明日のアップで。(^ー^)

by jurijuri555 | 2013-11-22 19:19 | 化石 | Comments(7)

後片付け取り掛かり

さてさて、まだまだ粘りたい所なんですが、少し片づけて行かないと・・・と
ふと愛車を見ますと 真っ黒真っ白ドロドロです。(^_^;)
今年はずいぶん出掛けて歩いたのに 洗車ひとつしていないもんなー。オイ

てな事で、タイヤを新品に交換するついでに 洗車(高いの)をお願いしました。(笑)
あとで取りに行きます。
ピカピカになるかな~♪
でもなったら又お出掛けしたくなりそう。(^_^;)

アルビアンさんとセノマ畑アタックをした時に Gさんのお宅にもお邪魔して、
今回ネタで5回はひっぱれますね。とか言われたのですが・・・
さすがにそこまで小出しに引っ張っても 全然私は採れていないので
持ちつ絡めつしないと無理です。(爆)
なので、5回は無理ですけど 今回は、アルビアンさんに頂いた物第二弾と
G博物館の中で気になった物と気に入った物をご紹介します。

まずは、アルビアンさんから「瑪瑙ですよー!!」と力強く言われて頂いた物。
d0318386_13453842.jpg
え、瑪瑙?
じゃなくて水晶ですよね~?と思ったのですが、下の方に薄く瑪瑙の層があります。
d0318386_13472622.jpg
いわゆる晶洞になった部分ですが、
厚さ6㎝以上に水晶が発達していて、スゴイですねー。
よくもこんなの見つけて だいぶ割ってみんなにあげた。とおっしゃってましたが、
確かに普通の水晶や瑪瑙に比べたら割れやすいでしょうけど それでもよく割りましたねー。
サスガです。
てか、こんなの落ちてるって・・・。(^_^;)
本当にスゴイ人はスゴイ物を見つけますな~。
ありがとうございました。
ますます、瑪瑙の産地を探検したくなりましたよ。
シーズンオフになるので、私ももう少ししたら 今年採集のお気に入り瑪瑙の画像でも載せられたら と思います。

セノマの畑では、こんなのも見ました。
d0318386_13524837.jpg
うーん。クルクル巻貝も誰か持って行ったな?クソ
と思ったのですが・・・。Gさん宅で・・・
d0318386_1357552.jpg
え、G師匠?(爆)
違うけど。
そして、個人的にちょっと気に入ったのがうえのマツボックリ(?)とコレでしたー。(笑)
d0318386_13585137.jpg


そうそう、ハンマーって すぐサビますよね。
どうお手入れしていますかー?
いつも苦労しています。だんだん減るしね・・・。(^_^;)
お聞かせ頂けると参考になり助かります。

by jurijuri555 | 2013-11-21 14:01 | 化石 | Comments(16)

ラストフォッシル その2

(画像追加しました。)

アルビアン師匠と と言うと・・・めちゃくちゃ期待されている様で
もうこのままバッくれたい気持ちでいっぱいなのですが~・・・。(滝汗)

本当に これだけあればマンテリもテンコ盛り出るべー♪と思ってたのに
それは全部アルビアンさんの懐に・・・。(爆)
ワタクシが、丸っとした背中を見つけて「おおっ♪」と言うと 「イノセラですね~」とか言われたり・・・。
どこでもイノセラかよー!!o(`Д')ノ みたいな。

なので、とりあえず、巻貝群生~。3巻~、お、3.5巻~
d0318386_13131213.jpg
なんて作っていたら
ツラッと コレも持って行きますか? と4巻の巻貝が入ったのを出された。
d0318386_13281964.jpg
いや、5巻だ。
・・・くぅっ・・・。

イノセラですね~とか言われたのと同じに見える(私には)丸っとした背中の見える破片を
d0318386_13151673.jpg
デスモセラスですよー、あ又です。これもです。
と どんどん持って来て下さいます。キー☆(笑)

これにも入ってますよ~。と下さった塊・・・
d0318386_13175182.jpg
ふがー!ドコをどうやって割れと・・・。
何やら色々入って過ぎてドコを「捨て」にして どう割れば良いかもわかりませんっ。(汗)
と言うか、硬くて割れましぇんっっっ!(泣)
重いのをヒーヒー言って持ち帰りました。

あとは、ゼランディテスも頂きました。
d0318386_13291559.jpg
の一部だそうです。
私が見ても 違いがサッパリわかりません。
マンテリはわかりますが・・・。

濡れてるとよくわかりますが、まるでコンクリートですよね。
本当に 昨夜は腕が痺れて眠れなかったし、
今日はズッコシ筋肉痛です・・・。
みなさん さすがに化石でビックロック割るので体格の良い方が多いですが、
ワタクシも肉体労働系なので腕だけは(あとはプヨプヨ)ムキムキしてるのですが(見せかけだけで力は無いけど)
さすがにココの砂岩はノーサンキュー。(いや、行くけど)

あとはご期待どおり、イノセラなどの二枚貝のクラスターも持ち帰ったし(笑)
たぶん・・・アンモ?も一応見つけました。
d0318386_13305455.jpg
何クンかは当然わかりません。(^_^;)
アンモですよね? 又イノセラだと言われたら落ち込むわ~。(泣)

それと お土産に頂いたのは、ゴードリのテヌイリラタムです♪
d0318386_13315311.jpg
白殻だー♪
もう、早口言葉の舌のもつれそうな スゴそうなのばかり出てきて、脳ミソがフリーズしそうです。
ソレ、何語ですか~?の世界でした。

あとは私のテリトリーで少し MY脳を休憩させます。(笑)
えと、アルビアン師匠とお話ししていた事なのですがー・・・。(稲倉と大江の違い・大江で採れる物。大江は未体験とおっしゃってたので)
コレが大江の方鉛鉱です。
d0318386_13294250.jpg
方鉛鉱に閃亜鉛鉱(べっ甲亜鉛)がまぶされています。
そして合間に菱マンガン鉱と水晶の 超美クラスター♪
これは一昨年の。

今年のはクッキリ方鉛鉱結晶!!のコレ。
d0318386_13304840.jpg
探せば こんなデカイ方鉛鉱結晶だけの塊もあるんですよ~。

そして、稲倉の菱マンガンって まさに「ピンク!!」って感じのでしょ?(現在採れるの)
んがっ、大江のはどちらかと言うとオレンジが混ざった様なサーモンピンクで
d0318386_13331640.jpg
ちょっぴり透明感が感じられる物なんです。
重晶石が混じると マジでバラ輝石か?と思う様なキレイなのも出ます。
ま、大体は薄い肌色ピンクの駄結晶が多いけどー・・・。

大きく言えば 同じ脈なんですけど、大江の方が これも言いましたが青鉛鉱とかも出るし、
色々他鉱物も混ざった面白い産地です。

それと、水晶海岸でのワタクシの拾い物・・・
d0318386_13372187.jpg
アルビアン師匠の物には敵いません。
が、水晶の一部に ほんのわずか紫っぽい所があります♪(右上部)

加えて、改めてG師匠様にも色々とありがとうございました。
d0318386_1343356.jpg
なんかもうスゴすぎて何を聞いてみたら良いのかわけわかんない状態でしたが、
ワタクシと同じく 夜明けのビーチコ行く感覚で化石採集に行っちゃう事とか
クマとの遭遇話とか・・・(^_^;) とても面白かったです。
夜明けは私も得意なので(爆)、今度いつかご一緒出来たらと思います。
そして、師匠が カスか・・・。と手にも取らないノジュールをワタクシが後ろから拾い集めたいと思いますっ!!

by jurijuri555 | 2013-11-20 14:00 | 化石 | Comments(8)

ラストフォッシル

サキーンもビーチコも そろそろ最後かな。と言う覚悟で回りましたが、
化石は何となくフェードアウトしてしまった感があり不完全燃焼系でした。(^_^;)
どうしようかな~と思っていたら・・・
お出掛けすると言うウワサを聞いたので ゴリ押し押しで押しかけてご一緒させてもらっちゃいました~。テヘ

d0318386_20363246.jpg
天気予報は雨。
いまにも雪に変わりそうなお天気でしたが、
私は元来晴れ女~♪ 心配ないさー!

まずはせっかくなので早めに出て久々に博物館へ。
d0318386_20501480.jpg

勉強し直したり~
d0318386_20525165.jpg

先人の素晴らしい寄贈品を見たり
d0318386_2053258.jpg

おっと先輩の採集品も見つけたり
d0318386_20544875.jpg

腕足やスナモグリを見てフムフムと思ったり
d0318386_20552931.jpg
d0318386_20553993.jpg
してるとー、着いたよ~と連絡が・・・。

いそいそと博物館を出て、ハジメマシテのご挨拶してアレコレ交わしたりして(笑)
本日の現場へ出発です!

ほぇ~、ココがセノマの畑かー。
d0318386_20582768.jpg
って、私 知ってたしー!!
ドーンドーンやってガガガガ運んでたのも・・・。
真っ最中だったから 見なかったけど~。(笑) それ、知ってるって言わないか。(^_^;)
やってたのは知ってる。それがコレだったんだー。

早速アルビアンさんとアンキロさんが何かを見つけてトライしています。
d0318386_21115459.jpg


私もボチボチと小物を見つけては最小化に必死になっていると
ポロポロとアルビアンさんが見つけては持って来てくれます。
この中にも入ってるよー。と大き目の塊を置いて行ってくれたりもするのですが、
課題が溜まるばかりで進みません。(^_^;)
d0318386_21171524.jpg


この砂岩 硬いんだよね~・・・。
手が痺れます。
一息つきがてら周りを探検すると んがっ!!??
d0318386_21185937.jpg
誰ですかー!!デカイの持ち帰ったの~☆
ス、スゴカ~・・・。アルんだー・・・。(十数センチのシロモノ)

ココはやはりマンテリだよね~。と思っていたけど、今回は全然見つけられませんでした。
んー?って感じの物多し。
ダメダメでした。(採集品は明日以降に)

帰りは、Gさんのお宅に寄ると言う事で 図々しくもこちらもご一緒させてもらいました。
d0318386_21322918.jpg
ドシャー!!こちらもおウワサ通り、スゴすぎて痺れました。

今日はガンガン☆し過ぎて、スゴイ物見過ぎて 痺れまくりでした~!!
ありがとうございましたー!!!!m(_ _)m

by jurijuri555 | 2013-11-19 21:40 | 化石 | Comments(12)

ラストビーチコ(かな?) その2

昨日は、ジェニーの後は厚田に移動。
厚田で何でも済むよ~♪と言ったのは私なのに 白爪はノーチェックで、
波猫さんのレポートを見て、私も~!と思った次第です。(^_^;)

ジェニーまでは何も感じませんでしたが、
石狩に向かうと ん?雪が・・・。
モーライの景色も雪景色~!!
d0318386_12234437.jpg
ヒー!

そして 厚田の海浜浴場も 雪景色でした。
d0318386_12255888.jpg
ブルブル

それでも良い天気だったので張り切って厚田層・・・じゃなくて 今回は浜にアタック。
d0318386_12331152.jpg


黒爪ノジュールなら見つけられるのですが、白爪は違う。と言われると
どれが白爪ノジュールなのかわかりません。(^_^;)
泥岩はわかるので、片っ端から叩き続けましたが 当然何も入っていません。
丹念に丹念に牛歩のごとく浜を見て歩きましたが、段々イライラ・・・。
ガーーーッ!!!!
こう言うのは性に合いません。
芸術肌と言うのか パッと見て、ん?と思うのが、間違いないのです。
いつものペースで歩き始めてすぐ、んんっ?と思った石を割ると
d0318386_1238363.jpg
パカーン♪
まさにカニ爪です。
白爪ではありませんが、甲殻類らしいイボイボまで残っています。

この後も まさに黒爪!と言うノジュールを見つけましたが
d0318386_12421514.jpg
剥離が悪いですね~・・・。

思ったのですが、なぜ産地が分かれているか。色が違うか。
①時代が違う
②種類が違う
③条件が違う
考えられるのは この3点。
そもそも時代が違うのではないか。
白爪は、みなさんのコレクションを見ている限り、他の産地のと同じく 中身も泥岩又は方解石で充填されていますが、
黒爪は、まだ中身がクズクズだったり 空洞なので、どうしても割れたりして剥離が悪い化石になります。

時代が同じだったとすると、ではなぜ違うのか。 産地が違う点から
死んだ後から現在までの化石になる過程の条件が違うのかも。
土の成分の違いや 乾燥度とか・・・。
黒爪のノジュールって 結構まだ水分残ってますもんね。

あとは、種が違って体の成分も少し違うので 化石への進化度が違う。とか・・・?(^_^;)

むー。白爪 中身方解石化 イイな~。(波猫さんのゲッチョ品)と思っていたら こんな方解石まみれの泥岩を見つけましたが
d0318386_1382795.jpg
まんま中身も「方解石まみれの泥岩」でした。(笑)

雪が融けて 崖にはチョロチョロと小滝が出来ています。
d0318386_13103181.jpg


向うにも行きたかったけど ココは二男が降りて来なく、車の中で待っていたので ここまで・・・。
d0318386_13124352.jpg

そんな二男に 化石の楽しさを知ってもらおうと チビノジュールをおみやに持ち帰ったのですが
d0318386_13131366.jpg
これ又劈開が謎なぐらい変な入り方をしていたのと剥離が悪くて
慣れない二男じゃ割れない上に 私が割ってもクズクズになってしまい、つまんない結果に終わってしまいました・・・。ガッカリ
パッカーン!と割れて 黒爪がジャジャーン★と出れば、二男も おおっ!!と思ったのでしょうがー・・・。残念。

帰りは佐藤水産に寄って、おにぎりと晩御飯のおかずを買ってから帰宅しました。

-------------------------------------------------------------------------------

そうそう、昨日の謎のグミですがー、
さすがベテランコーマーのユキさんのおかげで 「ヨーロッパザラボヤ」だとわかりました。
噴火湾などのホタテの養殖等に甚大な影響を与えているようで、
その画像とか見ると 昨日のジェニー浜とは比べようのないぐらいの鈴なりのザラボヤがプーリプリ居るのにビックリします。
まぁ、この外来種のザラボヤは害獣(?)の様ですが、
改めてホヤと言う生き物を検索すると 
脊椎動物に近縁であり、生物学の研究材料として有用だそうで
現在確認されている中では、体内でセルロースを生成することのできる唯一の動物であり、これは遺伝子の水平伝播を示唆していると考えられている。そうです。
生物学は詳しくないのでわかりませんが、ある種は生物学において発生のモデル生物として用いられ ドラフトゲノム配列が決定された動物としては7番目となるそうです。意味も分かりませんが~。(^_^;)
ホヤの属する脊索動物門には、ヒトを含む脊椎動物亜門が含まれているらしく
ホヤの発生を研究し、脊椎動物と比較することで、脊椎動物の発生と進化を知る手がかりが得られると期待されているそうです。
ホヤの遺伝子数は脊椎動物の約半分と考えられており、発生様式も比較的単純であるという事で 実験動物としての利点を持っているんですって。
本当によくわからないけれど・・・。(^_^;)
とにかく 世界中でホヤを使ったゲノムプロジェクトの研究がおこなわれているそうな。スゲー!!

そのプロジェクトで このザラボヤをつつくと すぐ剥がれる様に遺伝子操作をして作り変えてあげて欲しいですね。(^_^;)
本当になんで貝につくのかわかりませんがー、邪魔ですよね。
もしくは、食糧難にも美味しく頂ける研究とか・・・。
乾燥させるとグミになる?(爆)

そんな感じで。
あ、まだ漂白していませんがー、昨日拾ったブンブクとカシパンとシーアンバーです。
d0318386_13292022.jpg
この琥珀はどこから来たアンバーなのでしょうね?
やっぱり石狩川で、ぐる~っと海流が彎回して流れ着いたのでしょうか?

by jurijuri555 | 2013-11-17 13:42 | 化石 | Comments(14)

降臨!モーライ その2

さて、復路は化石編です。

久しぶりにゆっくり見れそうな望来層。
d0318386_3151356.jpg
夏まで崩れたがれきで埋まっていた裾の層も
大潮や台風の荒れた波でスッカリ掃われてスッキリと見える様になりました。

又、どこからか流されて来た石が溜まるでもなく(そう言う部分もまだあったけど)
d0318386_3165426.jpg
間違いなく そこの部分が崩れました。って状態。
これなら正確にどの辺りで出るとか 何が出るとか出せそうだ。

しかし、壁を見ても 直接何か入ってるとか言うものは見えない。
ノジュールっぽいドも うーん・・・ありそうも無い気が。

お!?と思ったデカイノジュール♪
d0318386_32026.jpg
めちゃめちゃスゴイ物が入っていそうな立派な物だけど・・・
割ると何も入っていませんでした。(泣)
コターンかいっ!!(怒) (=古潭のノジュールは空のノジュールっぽいド)
しかもどこから来たがわからない流れノジュールなのでダメさ。

しかしこうしてスッキリした裾を見ると やはり望来のは海まで続いているのがわかる。
d0318386_3233961.jpg


床面の層が泥岩部の所もあって、期待大。
d0318386_3243959.jpg
いくつかノジュールっぽいドを出して割ってみたが
残念ながらスカが多かったが、1つだけ謎の物があったのでお持ち帰り。

結局、崩れた物の中より、ゴロゴロ届いた流れノジュールの中からいくつか割り出した物の方が多かった・・・。
そして、今回は、そうして一度海に落ちて、洗われて化石だけになった物も多く拾えた。
d0318386_3295038.jpg


やっぱり 望来層の謎は解明出来ず。(笑)
d0318386_3315828.jpg
まぁ、ココはもとろんさんにお任せしましょう!(笑)

ジックリ時間をかけてしまったので、帰りは近場に居た釣り客は居なくなっていたが、
サーファーが居ました。(画像ではポチッと小さくて見えないかもしれません)
d0318386_3352089.jpg
頑張るなぁ~。(^_^;)

本日のお持ち帰り化石
d0318386_3362053.jpg
詳細は又機会があったらご紹介したいと思いますが、
コレが気になっています。
d0318386_3373874.jpg
ナニですか~?

by jurijuri555 | 2013-11-07 11:00 | 化石 | Comments(12)

スナモグリ

スナモグリ(砂潜)
d0318386_15121472.jpg
(これ又画像はお借りした数々で構成させて頂いています。)
学名:Callianassa petalura
節足動物 門甲殻上綱 軟甲綱(エビ綱) 真軟綱亜綱(エビ亜綱) エビ上目
十脚目 異尾下目 スナモグリ科 スナモグリ属
体形はエビ型であるが、分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。
体長5~8センチ程、白色半透明。
頭胸部は円筒形、腹部は背腹にやや扁平。額角はない。
第一胸脚は左右で著しく大きさが異なるはさみ脚である。
第二胸脚は小さなはさみ、第五胸脚は不完全なはさみをもつ。
d0318386_15125037.jpg

北海道〜九州に生息。
外洋性の磯の砂地に潜って生活するが、近縁のニホンスナモグリC. japonicaは、内湾の砂泥地に深さが30~50センチの穴を掘ってすむ。
産卵期は春から初夏。
食用ではなく、釣りエサとして利用される。 エサ名は「ボケ」。バケジャコと呼ぶ地域もある。

と言う事で基本を押さえたトコで、化石の話に進みます。(^_^;)

穂別の博物館にあるカニ爪(スナモグリの化石)は白。
d0318386_1516845.jpg
甲殻類らしく(?)ツヤツヤ硬そうである。
がっ、安瀬のカニ爪(だからスナモグリの事ね)は、茶~黒で昆虫っぽい・・・。(爆)
近くに白爪ゾーンもあるそうですが・・・。(近々是非アタックしてみたい。)

んで、私の黒ツメコレクション。
d0318386_15251974.jpg
どうみても質感が昆虫(クワガタ)。(爆)

d0318386_15265121.jpg
これも同じく。

d0318386_15271426.jpg
これは面白くて、表面にツメと体がクシュっとあるが

d0318386_15282058.jpg
3分割輪切りになってしまった中心よりやや上にもう1つ、そして

d0318386_1529653.jpg
中心よりやや下にももう1つ入っている3段化石だ。

d0318386_15295796.jpg
これはツメの胴体(と言うのか?)部分が割れたものだが、

d0318386_15304464.jpg
中は方解石化がうかがえる。

d0318386_1531239.jpg
今度は体(胴体)部分付きの化石。

d0318386_15315864.jpg
これも5㎝程の豆ノジュールの中にピシッと爪と体の一部が。

d0318386_15324276.jpg
これも割れ割れになってしまったが、モザイクタイルの様に体の部分が残っている。

が、何と言ってもノジュール1個で爪の完体が入ったファーストノジュール(初めて採った物)が一番見栄えが良いと思うのです。
d0318386_15343718.jpg
どうでしょう?

しかし、これだけ爪がデカイとなると 上画像の現代風のスナモグリと言うより、
こんなズガンとデカイ爪を持ったヤツじゃないと採った化石風にはなりませんよね。
d0318386_1537671.jpg
重そうですが・・・。(^_^;)

そして、これらツメだけで現代のスナモグリの体長程あります。
大きいですよね。
種が違うのでしょうか。
それとも昔のスナモグリは大きかった?
同種の物が現生するなら、是非見てみたいものです。

by jurijuri555 | 2013-10-25 15:49 | 化石 | Comments(14)

厚田アタック その②

夏に続きまして、昨日はビーチコの帰りにまたまた厚田まで行き、
厚田層の謎にせまる・・・。(爆)

本日の厚田層~
d0318386_12435265.jpg
うーん。層はキレイなんですけどねー。何も無いのですよね~。(^_^;)

とりあえず、どこに入ってるかを突き止めようかと思ったけれど、
d0318386_12461851.jpg
コレには入っていなさそう・・・

かと言って、こう言うノジュールの所も
d0318386_1247998.jpg
登ってみたり割ったりしてみたけれど、なーい。

一番層の厚そうな場所でジーッと観たけれど
d0318386_12475989.jpg
う~ん・・・。

とりあえず、崩れた転石をガコガコ見て歩いたら
d0318386_12484272.jpg
d0318386_12485478.jpg
d0318386_124953.jpg
こんな感じで何か入ってる痕跡はあるんだけど、
そのモノ自体に厚みが無さそうなので やっぱり植物系とかなのかな~???

丁度引き潮だったんだけど、
d0318386_12501728.jpg
厚田層も海底岩盤っぽかったです。
洗濯岩みたいですねー。凸凹系。

うーん。謎な層のままー。(苦笑)

そのまま北に歩いて・・・この日は行きで6個、帰りで4個、合計10個のカニ爪ノジュールを拾いました。
d0318386_12535393.jpg
面白いのは、これ↑の下のノジュールには2段になって爪が入っていて、
d0318386_12543078.jpg
このノジュールはデカイのに端っこに・・・。
これももしかしたらこの反対側対称裏にもう1個入ってるかもしれませんね。
そして、やけに茶ラメっぽくて、絶対スナモグリんじゃなくて、おまえクワガタだろ!って感じ。(爆)
ゴツイ スナモグリだな~・・・。

あとは瑪瑙も少しゲッチョ。

そうそう、厚田浜でも2個 小さい爪ノジュール見つけたよ!
d0318386_1258636.jpg
ふうふう歩かなくても 厚田の浜で用は足りるかも。(笑)
瑪瑙もあるしねー。厚田にも。

日本海の紅葉も 今がピークです。
d0318386_12593078.jpg
天気の良い日は、日本海ドライブお勧めですよ~♪

ところでコレは何でしょう???(^_^;)
d0318386_1393817.jpg
①宇宙人の死体が漂着
②海からの恵み 日本海深層水入りコラーゲンの塊1k
③ナタデココ

by jurijuri555 | 2013-10-23 13:12 | 化石 | Comments(12)