my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
春のパッキパキ巡検
at 2017-04-28 23:36
やどやど日記 19
at 2017-04-27 14:12
モーライ石みたび
at 2017-04-25 18:45
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
最新のコメント
あら…ちょっと…イイじゃ..
by hnt at 00:35
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:10
こんにちは~~(^_^)..
by アルビアン at 16:10
やままんさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:00
こんにちはー。 魚の化..
by やままん at 12:18
ZX9-Rさん お疲れ..
by jurijuri555 at 03:01
juriaさんがデブだっ..
by ZX9-R at 21:57
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 20:29
魚、すご~い! やっぱ..
by fossil1129 at 16:47
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 11:45
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:化石( 236 )


7月のクリーニング

アチーアチー、北海道も暑くなりましたよ。

今日は曇りの予報だったのに晴れて暑くなりました。
本当はフィールドに出ようかと思っていたんだけど、アレコレしていたら出そびれた・・・。

そして寝ようと思ったら、目の前に去年のO平のカゴがあり、つい覗いてしまったら・・・手が出てしまった。
やりかけのホタテも気になって手を加えて・・・。寝そびれてしまった。

フジツボ付きタカハシホタテ。ボロボロの左殻をパテ埋めしました。
d0318386_16291830.jpg
d0318386_16292943.jpg
d0318386_16293744.jpg
d0318386_16294662.jpg
d0318386_16295735.jpg
d0318386_1630135.jpg
まぁまぁかな。(^_^;)
又良い固体を採りに行きたい。もう暑いけど。(大汗)

そしてアンモ。
d0318386_16313388.jpg
テキトーなクリーニング・・・。(^_^;)
手のひらサイズで丁度イイ。

で、この時にもとろんさんから頂いたデッカムカシブンブクウニの化石。(左)
超ブッちゅぶれてゆー!!!!!!(笑)
私は見た。良い型のはご自分のポケットに入れているのを・・・。(爆)(爆)
 
 

by jurijuri555 | 2016-07-01 16:41 | 化石 | Comments(10)

ホタテに・・・

本当は、もっとキレイにしてからお見せしたかったのですが、
あまりにも自分 興奮し過ぎて、早くお見せしたいので、クリーニング&補修途中なんですが 出しちゃいます。(^_^;)

昨日、採集してサッと洗っただけのホタテを本格クリーニングに入りました。
とは言っても今回、泥落としのブラシを持って川に降りるのを忘れてしまって、泥まみれの塊のまま持ち帰ったので
泥落とし-洗浄-クリーニング-洗浄-中砂固め-外コーティング と1つ2つ手間が余計にかかります。
ましてや間には必ず「乾燥」が入るので 時間もかかります。
完品ならこれだけですが、欠けたり割れたりしていて補修が入ると更に・・・。

前日に泥落としと洗浄はしてあったので、昨日はクリーニング(細かい泥落とし)から中砂固めまでしました。
その中で、ひときわ泥の塊がこびりついているホタテがあり、更に片貝が割れてしまっていたので手こずる物がありました。
割れてるだけでもクリーニングしづらいのに この泥をキチンと落さないと・・・と
カリカリカリカリコリコリコリコリ必死で泥を削り落としていたのですが、
なんだかホタテの幼貝の塊でもこびりついちゃった様な・・・
とか
ん?丸みがあるなー。腕足付いてる???ワクワク...
とか 段々とキレイになっていく度に ソレが邪魔な様な期待?する様な不思議な気持ちで進めていたのですが・・・

え・・・???
これって・・・もしかしたら・・・!!??

大体が見えてきた頃に 超ド肝を抜かれました。

なんと・・・それは、大きな フジツボ だったのです。ヒャーーーーーーー

いや、あるんですよ。フジツボ付きのタカハシホタテも結構。
でも大抵小さいチシマ系のがビッチリ付いてて、洗浄やクリーニングの時にポロポロ取れてしまうのです。
なんとか残せても数個。
それに 大きいフジツボの付いた標本も 沼田化石館に展示してあったはず。
ほら。
d0318386_12205073.jpg
大きなチシマフジツボ系ですね。
立派です。

でも、よーく見ると膨らんでる方。
生前は、膨らんでる方を下にして生活していたはずなので、有り得ません。
つまり、死貝がひっくり返ってからフジツボが付いたと言う標本。(たぶん)

でも、うち来たのは・・・
下にしていた右殻は真っ白で美しい。
擦れてしまっているが殻表も残っています。
d0318386_12275679.jpg


そして上にしていた左殻、アルアル系にボソボソに風化(?)してしまっていますが(しかもそれで割れて欠けてるし)
その上に ドドーン!!!と フジツボ。
d0318386_14212797.jpg
デ、デカイ・・・。
アカフジツボの方ですね。
d0318386_14235223.jpg


殻長は、直線で13cmほど。
大きい貝ではないですが、膨らみも良く、立派な標本ですので、復元してキレイに仕上げようと思っています。
d0318386_1426689.jpg


by jurijuri555 | 2016-06-15 14:46 | 化石 | Comments(18)

遠征一人巡検 道北編 ②

道北化石巡検の続きです。

実は、片海岸しか見れなくて もう片側へ向かう前に 「ビーチミング」に先に行きました。
その話(ビーチコ編)は又次回に書きますが、
その時に一部 遠別層の北側の方も見て来ました。
d0318386_1305090.jpg
こちらはシルト系の 植物化石でも入って居そうな崖が続いていました。

崩れた岩を観察していても 特に化石らしい物は見えません。
こっちは何もないのかな~・・・と思っていたら、
ハウッ!!!
d0318386_1363831.jpg
露頭にボラが刺さっていた穴がっ。
(ヒメエゾボラモドキかエゾボラモドキ系の型ですね?)

慌てて周りを観察すると ポツリポツリと直INしていた痕跡が確認され、1つだけ中身入り(残り)も見つけてほじくり出しました。
d0318386_1382365.jpg
ふぁ~カワユイ♪(先っちょが崩れて悲しい・・・(泣))
後で見つけた別の崩壊岩の痕跡からもネジヌキバイ系ですね。
d0318386_1391632.jpg


一見、ヒタチオビかと思われる様な穴もみつけて興奮してしまいました。
d0318386_1310381.jpg
胴が長くて螺塔の短いタイプの様です。

こちらの南側の露頭には、モーライの様な大ノジュールもありました。
d0318386_13184340.jpg

もう少し詳しく調べたい所ですが、あまり他の貝痕跡等も見られないし 本層の露頭アタックの時間も無くなるので
サッと観察しただけで戻りました。

観れなかった金駒内層側に戻った時で すでに時間は14時半を過ぎていました。
帰りを考えるとチト微妙な時間で しかもアタック方法が高所恐怖症の私には少々困難系・・・。(汗)
しかし、ここで帰ると後で後悔しそうで 根性でヒーヒー言いながら降下。
(後で戦利品抱えて登る事考えると・・・恐怖)

こちらは どちらかと言うとモーライ系の見慣れた感じの崖でした。(土質は違うけど)
d0318386_13343971.jpg

崩れた崖石にもホイホイと二枚貝が入っています。
d0318386_13353273.jpg


おっと、ビーチコでも何個か拾いましたが(その事は3作目に) こちらにも1つガラス浮きが漂着していました。
d0318386_13362887.jpg
しかも なんと「旭」!!!!(笑)

北側へ進むと 崖にもノジュールが入っていて下にもゴロゴロ落ちている所がありました。
d0318386_13405845.jpg
しかしノジュールはやや砂岩チックで 表面はボソボソとしている割には割れません。
中身も色々とコザコザしている様でパッとしません。

またもや もまれて締まった割りやすい石(ノジュール)を探して(笑) 割ると
d0318386_13432665.jpg
パカーン☆
ハイ、ボラです♪ (シルエットはチヂミエゾボラに似ているねー。)
よし。目的は果たしたな。

こちらも2つ層がぶつかって居る様で その境目を見て確認してから撤収。
d0318386_13455041.jpg

撤収途中で 見逃しノジュールからタマガイも発見して回収。
d0318386_1347246.jpg


最後の登りでヒーヒー汗ダラダラになりました。トホホ
結局毎回汗だくで臭くなって帰ります。(泣)
仕事も休みだし(だから遠征に来た)今日こそ温泉でも入って帰りたいが 夜目が利かないし
寝ていないのでホッとすると居眠り運転をしそうで、グッとガマンして戻りました。
こう言う時こそ、「泊り」がイイよね~とも思います。
夏だし、キャンプも出来るしねー。

帰り道、日が長くなったのもあって、ようやく道々の海岸の釣り人が 撤収作業している最中でした。(17時)
お天気も回復した為か 日没の19時すぎまで明るかったです。(西側だしね)

クモヒトデが確認出来なかったけれど 詳しい産出ポイントを聞かなかったわりには、一人でもお初の所でも
フツーの産出物は採れて 良い巡検になりました。
 
 

by jurijuri555 | 2016-06-11 18:00 | 化石 | Comments(8)

遠征一人巡検 道北編 ①

本日は、去年から行きたいと思っていた所まで遠征して来ました。
長くなるので三部作でお届けします。(^_^;)

モーライの様に同じ日本海の道北に続くホワイトクリフ。(新第三紀の地層)
観てみたくて去年、E別巡検の時にビーチコがてらチラッと見るつもりが
良くポインがわからず、この辺かなこの辺かな~とウロウロしているうちに通り過ぎ
そのままE別の海岸でビーチコして終わったのでした。(爆)

それで、今回はキチンと場所をお聞きして 自分でもチェック(下調べ)してから出掛けました。
ビーチコと化石採集と2本立てで考えて出発。

まず本日は化石採集の前編です。

かなり早朝に出て、人気(ひとけ)の無い時間から始めるつもりが、
少し出るのが遅れただけで S3別の現地までは遠い為、結局普通に人が活動始める朝からの開始になってしまいました。
どこの現場にも釣り人なども居ました。(^_^;)

まずは教えて頂いた簡単アクセスで現場入り。
気温13℃ 天気は曇り。時々雨が渋ります。
d0318386_22452055.jpg
まるで映画の世界の様な景色が広がります。
簡単 と言ってもテトラ越えとかがあり、場合によっては危険・・・。(汗)

崖にはノジュールとかもあるのですが・・・
d0318386_22485733.jpg
とても取り出したり割ったりは出来なさそうです。(^_^;)
(落ちているのもあるが硬くて割れない。)

モーライほどは無さそうですが、直INのもボチボチある様です。
d0318386_2251549.jpg
巻き貝の抜けた跡や 落ちてる二枚貝を見つけました。
d0318386_2251417.jpg

しかし、抜けた「物」を探しても 時間が経った物は波にさらわれたか見当たらないし
崖直のはモロイので良い標本とは言えません。

それで、アッツー方法式に 落ちたノジュール(?)が波にさらわれて余分な部分が取れた「ノジュール」を探してみると沢山ありました。
d0318386_22542555.jpg
割ると
ジャーン。
d0318386_22552931.jpg
まぁ、割れちゃうけど・・・保存の良い二枚貝が現れます。

巻き貝もありました。
d0318386_2256111.jpg
ツリテラっぽいです。

おっと、コレがウニ化石ですね。
d0318386_2313034.jpg


しかし、ずっと向こうまで歩けるはずが、
小潮の為か常に満潮状態。
海岸線が一部海中に水没していて進めませんでした。
d0318386_2314511.jpg
そこで、逆側からもアタックする事にしました。

(その話は、次回。)
 
 

by jurijuri555 | 2016-06-10 23:29 | 化石 | Comments(8)

灼熱のホタテ地獄

ポチポチと化石の整理やチェックをしていると
あれ、ホタテ随分少ない・・・???
出荷し過ぎたか。(汗)
と急に寂しくなり、丁度 今年はいつ行こうかな~♪なんて調整している所だったので
思い立って下見に出掛けて来ました。

条件的には、そろそろ良い感じのはずなんだけど・・・。

道々、快晴の国道の両脇の水田は稲苗の植え付けも終わり、水田をシラサギが悠々と歩いています。
窓を開けて走っていると 森の方からはヒグラシの鳴き声も聞こえてきます。
のどかだな~。初夏真っ盛りだなー。(俳句では、ヒグラシは秋の季語らしいですが。)
とか思いつつホタテ産地に着くと・・・気温23℃ 照り返しギラギラの危険地帯でした。
d0318386_17344880.jpg
ヒー!!アチー・・・。でもホタテ出てる。
まだ誰も入漁してない・・・

と、あれ。
d0318386_17354939.jpg
先人がおりました。(笑)
白鷺のお頭、新鮮なホタテ狙いですか?(^_^;)

こちらも負けていられません。
プリプリのホタテが新たにピンピンと出ているのでホイホイ掘り出します。
d0318386_17385244.jpg
今年のファーストホタテ(合弁)。

お、「もとろんさん用水路」の向こうは、もっとプリプリしてますねー。
d0318386_17404375.jpg

しかし、この用水路からは 又、袋に入ったままの麺とか、現世の食べたホタテの殻とか(ちとヤバくない?(爆))流れて来てて、相変わらずの無法危険水路でした。(^_^;)

ヒー、アチー。汗ダラダラです。
ゴクゴクお水を飲みながらしないと 本当にすぐに熱中症になりそうです。
下見のわりには ついつい夢中になり、だいぶハゲ散らかしてしまいました。(^_^;)
d0318386_17475695.jpg

まだまだ河床も全ては出ていないので、シーズンはこれからですね。
d0318386_17483861.jpg


この後、北海道でも雨続きの梅雨もどきが来ますが、それが過ぎた6月末から どんどん水位が下がり
ホタテ畑が出て来るでしょう。
楽しみです♪

アチーアチーで汗ダラダラで臭クサになりました。(^_^;)
帰りは北竜の道の駅で休憩。
d0318386_17505354.jpg
こちらには、お風呂屋さんも併設されているので、
ホタテ漁の帰りは ひとっ風呂浴びてから帰宅するのも サッパリして気持ち良いと思います。
今日はこれから仕事なので、時間ないから入らなかったけど。(汗)

てな事で、1時間半の下見漁でした。

 ※採集の禁止地区ではない所で採集しています。

 

by jurijuri555 | 2016-06-07 18:08 | 化石 | Comments(16)

貝化石の採集種類(追加)

お天気がイマイチで行動がとれませんよ。(^_^;)

そんな中、先日の泥処理。
コタコタの化石や泥の中から出て来た物は・・・
たいしたものはありませんでしたが、記録として載せておきます。

d0318386_10115871.jpg
汚いけどダイシャカニシキ(片貝)出てきましたね。
Chlamys daishakaensis

左の方は、腕足の欠片・・・。(泣)
エゾキンチャクに付いてる黒いのも腕足なのかな~???

d0318386_22495832.jpg
①エゾフネガイの幼貝 もしくはシマメノウフネガイ
②コウダカスカシ Puncturella nobilis スカシガイ科
③ウニのトゲ
④タマガイの一種の幼貝
⑤カニモリ?ウミニナ?系
⑥オリイレ?ヨウラク?系
⑦コロモガイ Cancellaria spengleriana コロモガイ科

あと 先日エゾザンショウに混ぜてしまいましたが、白い巻貝、
d0318386_1026297.jpg
エビスガイ かな~?
とか。
Calliostoma unicum ニシキウズガイ科

・・・そんなモン。

 

by jurijuri555 | 2016-06-03 10:59 | 化石 | Comments(17)

貝化石の採集種類(仮)

先日の瀬棚層(第四紀 120万年前~60万年前)の貝化石の採集した種類を
クリーニング又は 取り出した分だけ載せておきます。
まだ未クリーニングや 実は土ごと残っていて微小貝を得られる可能性があるのですが
手を付けられずで、種は増えるかもしれませんがたいした物は無いと思います。(^_^;)
スゴイのが出てきたら追記します。
(クリーニング品も雨天で湿度があるのか乾きません・・・雷鳴ってるし・・・)

ホタテ Mizuhopecten yessoensis イタヤガイ科
d0318386_16115019.jpg
沢山あります。死ぬほどあります。
合弁も採れます。

エゾイガイ Ezo mussel イガイ科
d0318386_16132935.jpg
そこそこあります。
合弁も採れます。

エゾワスレガイ Callista brevisiphonata  マルスダレガイ科
d0318386_1615374.jpg
結構あります。
ほとんど合弁です。

エゾキンチャク Swiftopecten swiftii イタヤガイ科
d0318386_16165458.jpg
そこそこあります。
合弁も採れます。

イサオマルフミガイ Cyclocardia isaotakii  トマヤガイ科
d0318386_16192677.jpg
沢山あります。
合弁も採れます。

フタバシラガイ?
d0318386_16233140.jpg
良く見ればあります。
合弁も採れます。

シコロエガイ?
d0318386_16272218.jpg
良く見ればあります。
合弁も採れます。

ナミマガシワモドキ Monia macroschisma ナミマガシワ科
d0318386_1629799.jpg
まぁまぁあります。
合弁も採れます。

エゾザンショウ Homalopoma amussiatum リュウテンサザエ科
d0318386_16305884.jpg
沢山あります。ポロポロ落ちてます。
目が悪くなければ採れます。

コロモガイ・タマガイ系
d0318386_16342918.jpg
そこそこあると思います。
採り方が変わって来ます。微小貝採りとして土の中から選別。

カサガイ・ゴカイ?オオヘビガイ?系
d0318386_16382034.jpg
同上

エゾフネガイ Crepidula grandis カリバガサ科
d0318386_1639357.jpg
同上。
たぶんあるんだと思います。

エゾイソチドリ Trichamathina nobilis ヒゲマキナワボラ科
d0318386_16402321.jpg
同上。
沢山はないかもしれないけどたぶんあるんだと思います。
(今回土選別系(フルイ)は現地でしていないので。今回のこれらの採集は、たまたま落ちてたのをゲット。)

腕足
d0318386_16431133.jpg
超レア。
無い事はない。上手く採れないだけ。
小さい種もある。でも上手く標本化出来ない。全種非常にモロい。

今回標本に出来る品を採れなかった種
d0318386_16453357.jpg
ダイシャカニシキとタマキガイ?
これらもそこそこあるので次回はリベンジ。

又、絶滅種の上記ダイシャカニシキに ムカシオナガトリガイを含め、
全部で約250種の貝化石が採れるらしい。
コンプリへは長い道のりだ・・・。

 

by jurijuri555 | 2016-05-31 17:07 | 化石 | Comments(18)

遠征一人巡検 前編

色々と行ってみたい産地があり、コツコツと計画を立ててはいるものの
イレギュラーな用事が入ったり疲れて気分じゃなくなったり なかなかこなして行けないのですが、
今日は1つクリアしましたよ。

早朝、車の量の少ないうちに出発。
何年かぶりに中山峠を越えます。
d0318386_20505732.jpg
峠から望む羊蹄山もキレイですが、
ニセコを周ると目の前にせまります。
d0318386_20515014.jpg
ハ・ク・リョ・ク!!

途中途中で道の駅に寄り、トイレタイムを取りながら、インナーブラックパインへ向かいます。
目指すは、四紀貝化石。

ヨレヨレしながら現地到着。
d0318386_20561110.jpg
ワッシャりありますよー。
割れ割れのばかり。(^_^;)

視察しながら良さ気な層を探します
d0318386_21343282.jpg
ホタテ(系)は沢山あります。
メインと言って良いと思われます。
こんな大きいのもありますが、合弁は難しいですねー。
モノが無いのではなく、相当な根気が必要と言う事です。(^_^;)
立派ですがモロイので 大きいほど割れる確率も上がりますので。

私が見た限り、一番多く大きくポロンと採れて楽しいのはコレ。
d0318386_21435444.jpg
マルスダレガイ科エゾワスレガイ らしい。

ホタテと同じ理由で、大きいのはあるが なかなか完品採るのが難しいイガイ。
d0318386_22391728.jpg
採れると超嬉しい。

が、これらより難易度が高いのは、腕足である。
d0318386_2240711.jpg
たぶん、左のが腕足。
もう採り出す瞬間にポロポロと殻が割れて外れて落ちて行く。
なんとか速攻でボンドで養生を図るが、すでに後の祭りである。
d0318386_22414910.jpg


パッと見、採れそうな近場は視察し こんな感じと言うのはわかったので退散。
ブヨ? 蚊? に刺されて、手もオデコもポンポンだ。(泣)

今日は下見の日なのだ。(笑)
一番の狙いは、寿都?(の道の駅は、「みなとま~れ」なのでどこになるんだろう。蘭越か。「らんこし・ふるさとの丘」もあるので迷った。)の道の駅「シェル・プラザ」にある「貝の館」だ。
d0318386_23114559.jpg
d0318386_23115663.jpg

丁度「アンモナイト展」がやっていたのと 深海タマガイのスケーリーフットの展示がある(時がある)ので行きたかったのだが、
想像通り、アンモ展はショボイし、スケーリーは大学に出張中と言う事で無かった。(泣)
d0318386_23153558.jpg
こんな程度。(^_^;)
入口のシャコガイの化石の方がスゴイ。
d0318386_23161688.jpg
入口には、お触り自由のカニやヒトデが置いてあった。
d0318386_2317217.jpg


カニと言えば、川で化石を採っている時に足元で何かが動たので驚くと 大きなサワガニだった。
超ビックリした。(ホントは超気が小さい(笑))

つづく・・・

 
d0318386_23193962.jpg
d0318386_23201487.jpg
d0318386_23203153.jpg
d0318386_23325481.jpg


by jurijuri555 | 2016-05-28 23:27 | 化石 | Comments(10)

一人巡検・みんなで巡検

先日の一人巡検、なんと師匠より聞いた話通りに歩いたつもりが 真逆に行っていた様です。(爆)
まぁ、同じ層が続くようなのであながち間違いとも言えないのですが。(^_^;)
現に採っていますからね。

でもやはり正しい産地の様子を見てみたくて 又今朝早くから行って来ましたよ。

貝が沢山採れる。と聞いていたのに あんまり無いな~???と思っていたのですが、
正しい産地には ちゃんとありました。(笑)
d0318386_21261448.jpg

そして叩かずとも下にポロポロと
d0318386_21264453.jpg
ほんとにゴロゴロと
d0318386_21271131.jpg
落ちいてましたので、サッと採集。
d0318386_21281316.jpg

確認に寄っただけなので1時間も居ませんでしたが沢山拾えました。
満足。

さて、今日はこの後、会員限定特別産地(笑)へ みんなでアタックです。

待ち合わせ場所に集合したらゾロゾロと厳かに移動。
入渓。
d0318386_21323588.jpg

そして早速何か見つけましたよ。
d0318386_2133152.jpg
なんだ、デカ トリゴニアかーい。
て、セノマかい・・・!!!!(実はニガテ(^_^;))

それでもワイワイまったり割ったり休んだりしながら採った物品評会(?)。
d0318386_21411826.jpg
d0318386_21413042.jpg
d0318386_21414941.jpg
これはもとろんさんがみつけたガクフボラ(ヒタチオビ)モドキ(笑)。
素晴らしい。(ヒタチオビは居ない時代なので違いますよ。
たぶんマドカエゾボラみたいな物だと思います。)

沢の雰囲気も シラネアオイ、リュウキンカ、エイレンソウも咲き乱れて春から初夏の装いです。
d0318386_2155825.jpg
これは何て名前?

そしてもちろん。
d0318386_2156363.jpg
ウドも採集。

ヘビも採集?
d0318386_21592618.jpg


そんな中、アンキロさんはマンテリを発見して奮闘中。
d0318386_2205840.jpg
デカイ!!出て来た。
さてこの後はどうなったでしょうか・・・(^_^;)

一度車に戻って昼食を摂った後は、次の産地へ。
d0318386_223373.jpg
山桜もギリ残り 本当に良い季節です。

こちらではサメ歯を採りましたが・・・
d0318386_2241137.jpg
なかなか出せなくて半分は頂きものでした。(汗) やっぱセノマ苦手だわー。(苦笑)

最後は・・・化石を始めた頃、とある方のとある産地のとある化石を見て(笑)
行きたいなー欲しいなーと思ってた所。
しかし またもやココでソレを出したのはアンキロさん。チッ (爆)
必死で採ったノジュールから出たのは・・・
d0318386_2291619.jpg
小さなアンモと アサヒガニでした。

これは先日 もとろんさんにも現物貰って見ていたので、パッカーンと出した瞬間にわかりましたよ。
d0318386_22111672.jpg
しかも足らしき物もあります。
ヤッタネ(*^▽^*)v

皆さんに 沢山頂きものもして、ヨロヨロなババァの手も引いてもらい(笑) お世話になりました。 
Sさんから頂いたノジュール、本当にニッポが入っていたら 超最高の日だったのになー。(爆)
まだまだ私には早いのでしょう。(^_^;)
いつかおウワサの超スゴイと言うお宅を拝見出来たら・・・と思います。(汗)
Fさんも 沢山の気遣いと デスモありがとうございました!!(イイサイズ♪)
アルビ師匠、アンキロさん、fossil1129さん、もとろんさん いつもながら楽しい巡検でした。
本日も大変ありがとうございました。 お疲れ様でした。
 
 

by jurijuri555 | 2016-05-20 22:41 | 化石 | Comments(10)

13日M傘巡検採集品愛でタイム

先日の一人巡検・仲良し巡検の採集品の一部を観察・クリーニングします。

三紀一人巡検の採集品のスナモグリノジュールの1つ。
d0318386_15535852.jpg
チョッキリな~♪と。
ちと保存が悪くて殻剥がれなのが残念。

そして同じノジュールの端に他の脚爪もツンツンと入っています。
d0318386_15551979.jpg
同じ個体の物かはわかりませんが。

もう1つもぐりんノジュールを採りましたが、側面で割れてしまい チョキかは確認出来ません。
クリーニングが出来ればわかると思いますが・・・難しいでしょうね~。(^_^;)

あとは貝3種。
d0318386_15572951.jpg
と言うか、1つは抜け殻だけど。(汗)
他に小さいノジュールINの貝もあるのですが、巻貝っぽいけど真っ二つ断面なので 何かはわかりません。(種類)

この産地は不法廃棄物が多く、その中にはビン類もありますが、あまり古い物ではない様です。
d0318386_16183062.jpg
透明ガラス系は気泡もエンボスも無いので放置。
こちらの乳白ビンは俗にいうポマード(?)とかの化粧品瓶なのでしょうが いつのかは私にはわかりません。
わりと最近のなのかな??
d0318386_1633105.jpg
片方には「マスメ」のエンボスがあります。
ちょっと検索すると「マヌメ」だそうで逆読み、「メヌマ」と言う戦前の・・・と書かれていました。
戦前とは、言葉は良く使うけどサスガに生まれる前の事なのでおぼろげ。(^_^;)
昭和16年以前ぐらいの事を言う様です。(?)

あら、これはソコソコなんだー。(それ以後にも製造されていれば特に珍しくもないのかもしれませんが。)
なかなかワタクシ「目」があり(利き)ますな。(笑)
でも割れた物がほとんどなので他には特に持ち帰る様なのは見当たりませんでした。
 
そして白亜紀アンモの沢の方。
まずは植物化石。
d0318386_16154885.jpg
これは何の植物でしょうね?
同じ石には葉っぱも入っています。
d0318386_16165047.jpg


こちら、もとろんさんから頂いたアサヒガニ。
d0318386_1639876.jpg
むむ・・・。自分で割っても気づかないでしょうな~。
d0318386_16451690.jpg
コレのお尻より上なのでしょうが・・・。
え、お尻です!!とか言わないですよね?(^_^;)
そしてこの甲の上の方に こちらは私でもわかる甲殻類の破片の様な白い物が見えます。
欠片なので完全ではないですが、もしかしたらチョキ爪かもしれないので少し慎重にクリーニングしてみようと思っています。

そしてそして、ブルーハウエリ。
こちら、今日 風が強くてお出掛け出来る雰囲気でもないので、家でパンパン☆とクリーニングしてしまいました。
まさにCDへ・・・。
d0318386_16585934.jpg
表。(まだ塗布した保護用ボンドが乾いていません。(^_^;))
オヘソは・・・曖昧ですね。(^_^;)
作ってしまおうかとも思いましたが、そのまま自然に。

そして裏。
d0318386_16594919.jpg
こちらそのまま。
早速ナンチャラ記念CDの様に飾っています。(笑)
d0318386_1702999.jpg
あ、額に入れなきゃダメか。(笑)
 横幅13cm、厚みは最大でも2cm無い。ペラッペラ~。
 中身はどんな風に生活していたやら・・・。(^_^;)

 

by jurijuri555 | 2016-05-15 17:19 | 化石 | Comments(10)