my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
いろいろ
at 2017-03-28 13:30
初たたき
at 2017-03-25 19:14
謎のなぞなぞヒタチオビガイを..
at 2017-03-22 14:43
深海まんじゅう
at 2017-03-20 14:25
やどやど日記 16
at 2017-03-18 11:53
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:34
じゅりあさん この日の..
by fossil1129 at 20:14
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 03:16
昨日はお疲れさまでした。..
by apogon2 at 22:26
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:51
あっ、二枚目の川はどの川..
by コニアシアン at 19:43
こんばんは~。 皆さん..
by コニアシアン at 19:40
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 18:41
凄い勢いで標本が集まって..
by Macrowavecat at 13:18
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:11
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:化石( 226 )


一人巡検・仲良し巡検

本日は早朝から、一人巡検ですよー。
産地はアルビ師匠から仕入れ済です。
あぁ、朝日がまぶしい・・・。
d0318386_16595384.jpg


早速入渓。
一人藪入りはキビシイ・・・。(^_^;)
お、これがノジュールですね。
d0318386_1704216.jpg
なるほどなるほど・・・。
でもほとんどスカです。
たまーにチッサな貝が入っています。

どんどん進みますよ。
クマが怖いのでずっと独り言をつぶやきながらの危ないヒトです。(汗)
d0318386_1715729.jpg

おっ、河床岩盤にイイ感じのノジュールがありました。
割ると・・・
d0318386_1723554.jpg
パッカーン☆ は~チョッキリな~♪
よし。(笑)

しかし横着してノジュールを出してから割らなかったので この後取り出すのに少し苦労しました。(^_^;)

大きなノジュール発見!!
d0318386_1735947.jpg
しかしサスガにこれは割れず、すぐ近くに同じ感じの中型のノジュールがあったので割ると
中身は玄能石でした。(爆)
チッ。ダマシもアリか・・・。

あとは、植物化石もありました。
d0318386_1753224.jpg

2個のもぐりんノジュールと貝を2-3個ゲットしてサクッと脱渓。(2時間の冒険)

この後、fossilさんともとろんさんと待ち合わせしていたのです。
続けて今度は、3人で仲良し巡検です。ホッ・・・

合流後はM傘のHM沢へ移動。(※修正)
d0318386_17125490.jpg
天気もよく、沢の状態も まぁ、まぁまぁ。
しかし良さ気なノジュールは ナイナイナイナイ・・・

なんとかちっちゃいコザコザノジュールを叩くと イノセラの中に
d0318386_17142941.jpg
ペクテン
d0318386_17145478.jpg
ネオフィロかな
d0318386_17151094.jpg
ゴードリ
を見つけ、小さいけれど 「採った」と言う証拠が出来て、気分的に緩やかに歩き続ける。(笑)
d0318386_1717770.jpg


割り跡も多かったが、珍しく手つかずのハンバーガー型のノジュールを見つけて割ると
d0318386_17165211.jpg
色んなチビアンモが入っていて お得なお子様ランチ状態だった。(笑)
いや、一皿盛り切りバイキング?(爆)

こちら見づらいけど 方解石化したフィロの後ろにハウエリスライス。(^_^;)
d0318386_17183861.jpg
とは言っても周りは擦れてるが、
ちゃんと1個体入っています♪

雪の上で涼む もとろんさん。
d0318386_17194194.jpg
今日は又20℃越えで暑くなりました。

なにやらリュックに詰めるfossilさん。
d0318386_17235425.jpg
イイものでも採れたのかな?

まだまだ歩きたかったのですが、やはり早く歩きたくてソワソワと降りたfossilさんが車の中にお昼ご飯を置き忘れて持たないで降りたのと(笑)
私が夜に仕事があって早めに帰りたかったのもあり、ここで一旦引き揚げ。

戻りは林道を歩いて来たのですが、途中で砂利道に埋まる大きなノジュールを発見しました。
すると、それをfossilさんともとろんさんが掘り起し割って下さった。スイマセン(^_^;)テヘ
d0318386_17244854.jpg
ワタクシ、何もせずオマカセで 見て写真撮る人~。(汗)

ノジュールの中からは、なんとブルーレイ・・・違った!!
d0318386_17254747.jpg
青光りする大き目のハウエリ他 数種のアンモが出て来た。
川じゃなく、丘でアンモ採っちゃったよ・・・。(^_^;)

割って下さった方にどうぞ・・・と思ったけど、CDは欲しい。(笑)
どうぞ!!
と言うので バースデー週間と言う事で、遠慮なく「全て」頂いた。(爆)
誠にありがとうございました!!

もとろんさんには、バースデープレゼントに ここで出されたアサヒガニまで頂きました。
Thank you so much!!!!
ハッピーラッキー感謝感謝で、楽しい半日巡検でした。

この後、車の横で化石広げて(もとろんギャラリー)ランチタイムを楽しんでから 私は帰宅。
お二人は別の沢へと出掛けて行きました。
ご成果をお祈りしております・・・。クマーʕ; •`ᴥ•´ʔ
                

by jurijuri555 | 2016-05-13 17:55 | 化石 | Comments(14)

海アンモ(追記)

先日の海アンモの追記です。
d0318386_11581050.jpg
d0318386_11582239.jpg

持ちかえったのは・・・
d0318386_1159481.jpg
ペーパーウエイトや シャレのお土産に良さそうな
イノセラ(?)の破片入りの小石等と縫合線入りの石。

下の石はfossilさんが見つけて 下さったアンモ入りのノジュール。
d0318386_1271237.jpg
本体右下にハウエリ、
小割りの欠片にイノセラとミニアンモが見える。
本体も小割りしたらまだ何か入っていそうだ。
d0318386_12192435.jpg

ありがとうございました。

でも、私の感覚としては、
らしいと言えば こういうのがノジュールらしくザ・アンモなのでしょうが
海アンモとしては、「穴パキ」の様な擦れてまぁるいのが「らしい」と思います。(^_^;)
又挑戦したいですね。

d0318386_121435100.jpg
d0318386_12145120.jpg


 

by jurijuri555 | 2016-05-09 13:11 | 化石 | Comments(8)

アンモを探して 海へ山へ

本日は、またまたfossilさんと巡検。

朝、8時にホースエリアの道の駅で待ち合わせして、トイレ・買い出しを済ませて出発するも
しょっちゅう出掛けて歩いてメンテ無視していたせいで 急にオイルランプが付き、緊急メンテストップ。トホホ
ウキウキと走り出したところで出鼻をくじいてしまい、ご迷惑をおかけしてしまった。
なんとか愛車の突貫工事を済ませて再度出発。(^_^;)
もう13年乗ってるので愛車も酷使にゼイゼイだ。

途中フラフラと産地チェックをしながらUKに着いたが、生憎の天気で 回復待ちの様子見に海に立ち寄った。
d0318386_18565955.jpg
かの有名な(?)アンモの海岸。

本日は大潮で(?)かなりの潮が引き いつもなら海中の磯のノジュールも捜索出来るのだ。
d0318386_18583263.jpg
しかし海藻でよく見えない・・・。(泣)

初の海岸捜索でウロウロと戸惑っていたが、なんとか巻貝入りのノジュールをみつけた。
d0318386_190123.jpg

真剣にノジュールを探して歩くfossilさん
d0318386_192463.jpg

こんなに水位が下がっているのだ。
d0318386_1932187.jpg


fossilさんがアンモ入りのノジュールを見つけて下さったが、私も もーりんさんの様なメノウ化アンモが欲しかったけれど
自力で見つけられたのは縫合線入りの石コロだけ。
d0318386_1945941.jpg


こちらも有名な(?) 穴捜索をするfossilさん。
d0318386_1953449.jpg

そんな事をしているうちにお昼になったのでズブ濡れの体を温めながら車中でランチを摂ってから
今度は山の産地へと向かった。

露頭をみつけて ここだここだ♪と喜ぶfossilさん。(笑)
d0318386_1914179.jpg
本日の狙いはチューロ。

早速入渓。
d0318386_191518.jpg

道東(南?)の山は道央と違い 春爛漫。
d0318386_1916679.jpg
ニリンソウ、カタクリ
d0318386_19163741.jpg
そして水芭蕉 などなど・・・。
d0318386_191768.jpg
沢山の春の山草の花盛りだったが、雨で頭を垂れている。(^_^;)

しかしノジュールはあるけどアンモが入っていない。
d0318386_1919476.jpg

あちらこちらと小沢なども回ったが、結局見つけたのはfossilさんが見つけて割った
プゾらしき跡のあるノジュールのみだった。
d0318386_19211741.jpg


2人共ボウズで脱渓になったが、こちらでアイヌネギをみつけて今夜の晩御飯をゲット出来たのでOKOK!!(笑)
d0318386_19224860.jpg


初の産地めぐり、雨に濡れて一時は萎え萎えだったが、楽しい1日だった。
本日もありがとうございました。( >fossilさん)

 

by jurijuri555 | 2016-05-07 19:37 | 化石 | Comments(19)

サメ地 2016 GW その②

来道されるfossilさんには、初めから
GWは、3日と6日と7日にご一緒出来ますよ~。とお伝えしていたのだが、
前記の様に山はまだ入山には早く、しかも先日はお天気もよかったが次の日からは雨続き。
さて、行くところがない・・・と 朝までウダウダとよじれていた。

が、こんな時は やはりサメ地しかないね。と、
またまた本日もサメ地アゲイン。(笑)
d0318386_1950469.jpg
雨も上がり 桜の花も満開。

現地前で待ち合わせして、一緒に入林。
途中の露頭で アッ・・・と思ったら、やはりfossilさんもブレーキ。
「ノジュール落ちてますー」とニコニコして車から降りてきた。(爆)
数個落ちてた真ん丸ノジュールと 私は割れてもうアンモマークが見えてるのも拾ったが、
割ると 真ん丸ノジュールはスカ。マークバレ見えの方からスカラリやミニアンモ等が出て来た。
d0318386_19495184.jpg
d0318386_1950255.jpg
今年初アンモだ。アリガタヤー

2日空けたサメ地は特に変わりは無く。
それでも融けだすと アッと言う間に春化するんだろうな~。
d0318386_20182675.jpg
街中より雪解けが遅いので いつもなら山菜採りの人も何人も通るが、まったく見ない。
当然だ。アイヌネギすら生えていない。

そんな先日より肌寒い中、又夢中で2人ボッチでカンカン小割りを続けた。
d0318386_20205516.jpg

アッ!!歯が飛んだ~(泣)
d0318386_20241094.jpg
必死の捜索をするfossilさん。(笑)

私の成果の方は・・・相変わらず。
d0318386_2025525.jpg
割れたラムナ。

d0318386_20252783.jpg
細くてチッサイ歯。

唯一、初のスクアリをゲッチョ♪
d0318386_2026719.jpg
側面のギザギザが特徴。
割れた表面のエナメルは片割れの石に残ってるのでクリーニングで戻します。

あとはコザコザ~・・・。(^_^;)

なんだかんだ 夢中で5時間近く叩いて帰途についた。
本日もお疲れ様でしたー!!
d0318386_20292986.jpg
夜桜。
(こんな遅くには帰っていないよ。(^_^;))
 
 

by jurijuri555 | 2016-05-06 20:36 | 化石 | Comments(10)

サメ地 2016 GW

本日は、本州のお仲間も来道とあって、今年初のサメ地に向いました。
d0318386_3451041.jpg
日の出時の桜
これは前日の早朝に撮ったものです。

桜咲く中の気持ちの良い巡検・・・と言いたい所ですが、
街中はまさに そんな感じですが、山はまだまだでした。
d0318386_3485721.jpg
日当たりの良い所ではポツンとエゾエンゴサクが開花していましたが、
林道以外は雪・・・。
d0318386_3501519.jpg
この時はまだ川の水は澄んでいましたが、すぐに雪解け水が混じりだして昼前には濁流ゴーゴーでした。
まだまだ厳しいですね。
林道も ここは作業車が入っていた様ですので除雪されていましたが、他の所は入れません。

前日にアルビ師匠達が下見がてら目ぼしい石を見つけてくれていたので
早速みんなで平らな所に移動させて小割り。
d0318386_355423.jpg

そしていつもの様にそれぞれ店開きです。(笑)
d0318386_3552951.jpg

さすがの大御所たちはスンゴイ物を出しておられましたが、私は小物は沢山出るものの 特にビックリする様な物も無く。
もとろんさんからコレもう見えてますよー。割って下さい。と言われた中割り石から
まずは定番のスフェノ。
d0318386_3584462.jpg
端っこ歯の様で短いです。
そしてなぜか刃先が丸い。でも反ってる。(笑)

アルビ師匠はツノザメかな?と言ってたけど 画像では見えないがまだ埋まってる歯と飛んだ歯(泣)があって、
正中歯らしきもの。
d0318386_411298.jpg

そしてコレがツノザメ(ミニ)。
d0318386_413776.jpg

あとはシネコダスがポチポチ。
d0318386_432810.jpg
歯先欠け・・・。

といつものラムナ系。
d0318386_1123898.jpg


ランチタイム
d0318386_491471.jpg

風の強い日でしたが、山の中は丁度陰になるのか日も当たり心地よいサメ日でした。

で、当然夜は焼肉です。(笑)
d0318386_4101964.jpg
d0318386_4103495.jpg
モグリさんfossilさんの他にZさん大臣さんチームも加わり
今までに無い盛り上がりで会場の車庫よりはみ出ていました。(^_^;)

みなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

by jurijuri555 | 2016-05-03 23:59 | 化石 | Comments(16)

GWか

世間ではいよいよと言うかとうとうGW突入なのですね。

ボケてる私は金曜日に用を済ませようと思いつつ疲労から寝過ごし あう・・・と落ち込むところで今日は祝日でもう今日からGWだったのか・・・と気づきました。
どうりで仕事も大変なはずだ。(^_^;)
予定どおり起きてても祝日で機能していなかったので結果オーライだったのだ。
(免許の更新に行こうと思ってた。土・祝日はやっていないらしい。)

そして残念ながらお天気が悪いですね。(汗)
せっかく咲いた桜も 写真撮る前に強風で散ってしまいそうです。

早くから飾られていたこいのぼりを青空出てる日に撮ったので載せておきましょう。
d0318386_17462952.jpg


お天気が悪ければ家で・・・とか、仕事が忙しければ合間に・・・とか クリーニングとか採集後処理をと思ってもなかなか勧められない。
夕べ、やっとクシャクシャだったカスベの卵胞殻の整形をした。
乾燥海藻みたく 水でもどしてから形を整えて又乾燥させる。

あと、保存レベルに揃った標本はコレだけ。
d0318386_18123599.jpg
センスガイ?
この辺のサンゴ類はわからない。
 センスガイ  Flabellum pavoninum
刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目センスガイ科。水深70~650mの海底に生息。
莢の長径が 4~5cmの単体サンゴで上部が扇子状に開き
下部は細くなって短い柄で海底に着生したり 砂底に突き刺さって生活する。

キンシガイ(キンシサンゴ)とは又違うのかな?(キンシガイもセンスガイ科)

左 センスガイ科の化石(モーライ)、 右 センスガイ現世骨格標本
  
 

by jurijuri555 | 2016-04-30 19:17 | 化石 | Comments(4)

プチ勉強 札幌市博物館活動センター

先日のコニアシアンさんの地元アタックを見て、
私は鉱物的に北大の巡検で豊平川上流域を回りましたが、
もちろん化石が出るのは巡検中でも話は出ましたが、実際には見た事も採った事もなく、
どんなの出るかな~とネットで検索したら やはりサッポロカイギュウが真っ先に引っかかり、それを展示している「札幌市博物館活動センター」がトップに出て来ました。

コニアシアンさんは、ソデガイとキヌタレガイを採ったそうですが、検索しているとオウナガイを採ったとか言うのも出て来て、へ~。とどんなモンか見てみたくなり
展示されてるのかなーと調べると 札幌市博物館活動センターとは一昨年(?)化石展で訪れた
中央区のリンケージプラザの小さな展示場で、それが平岸に移転されたと初めて知った。
この4月からリニューアルオープンした様だ。

それで、早速 覗きに行ってみた。
豊平区平岸5条15丁目 札幌平岸霊園近く、地下鉄南北線南平岸駅から徒歩15分
市立病院分院(今は発達支援センターちくたく と言うのかな)の横の第二かしわ学園の向いだ。
d0318386_14311975.jpg
札幌市博物館活動センター

中に入ると早速アンモが出迎えてくれる。
d0318386_14324429.jpg


その奥が展示室の入口なのだが、そこに続く廊下にはやはりアンモが展示されている。
d0318386_14334492.jpg
特別スゴイ物は無いんだけど、ザッと網羅はされているのでそこそこ充分だと思う。(※)

そして展示室の正面には やはりドドーン★とサッポロカイギュウが。
d0318386_143755100.jpg
画像に入りきらなかった。(笑)
これはメインで目玉なので良いですね。
今、クジラ化石もクリーニング中で今度展示する予定だとおっしゃっていましたよ。

しかし、肝心の豊平川上流の貝化石などの展示は無く・・・。
近隣の産出化石と言う事で、北広島のが少し展示してありました。
d0318386_14402235.jpg
うーん・・・。

その他の展示物等。
d0318386_14414945.jpg
d0318386_14433011.jpg
これは前の会場でもありましたねー。
コレはイイですよね~。
他の昆虫や植物のレジン(樹脂保存標本)もちゃんとありましたよ。

そして、入口横には やはり以前と同じくコーナーがあり、ビーチ漂着物などが置いてありました。(笑)
d0318386_1450350.jpg

蔵書も結構あったのでチラッと見たり。
d0318386_14532841.jpg

d0318386_14511869.jpg
お高くて買えないけど昔はバイブルだったのでしょうね~。
今で言う もーりんさん、大八木さんや横井さん(?)の本みたく 当時の画像が黄金時代を感じます。
d0318386_1453683.jpg

りんぞうさんエリアも載っていましたよ。
d0318386_150326.jpg
イイですね~。

しかし、ここから何を伝えたいのか どんな活動をしたいのかが伝わってこない。
(以下 上記の※の意味と続き)

札幌市(および近隣地域)の歴史と自然 そしてそれらを知って興味を持ち未来に繋げて行こう。と思うならば、もう少し展示物を網羅させた方が良いし、ドコがメインかまったく伝わってこない。
札幌市の自然の歴史としてサッポロカイギュウをメインに置くなら やはり他の札幌から出る貝・植物化石も置くべきだ。
又、火山により今の大地が出来たとおとすなら 置いてはあったが凝灰岩等の岩石の他に 豊羽鉱山手稲鉱山と言う世界に誇れる鉱山があったのだから その鉱石も展示するべき。(前はもう少し置いてて火山の説明ももっとあったはず。)
そこから 近隣の化石・鉱物、札幌市及び近隣で見られる動植物、海岸で見れる拾える 貝や漂流物とつなげるのが本当で、
より詳しく見たければ、砂丘の風資料館へ、三笠や沼田の化石博物館へ、北大総合博物館、山の手博物館、総合として北海道博物館へ・・・と連携して行かせるのが良いのではないでしょうか?

北海道博物館(旧開拓記念館)、北大総合博物館、三笠市博物館・・・だといきなりは難しい。少し大きい子供さん向きかな と思われれば
ここでまず導入を学べば良いキッカケになるね。と言うのが「活動」センターらしき役割ではないかな~と私は感じました。
その為なら化石や鉱物や貝の寄贈をしてくれる人だっていると思うし。 こんなので良いなら私のもあげるし。(笑)
まったくハンパでもったいないな~と思いますよ。

加えて、せっかく支援センターの近くになったんだし、関連クラフトも作ってもらって販売して活動資金にもしたらどうでしょう。
お互い良いのではないですかねぇ。
来館スタンプ貯めたらプレゼント・・・は置いてあるけど欲しいけどそうホイホイ通えないし(特に今のままじゃ魅力ナシ。毎回見るほどじゃない。)
でもプレゼントクラフトはイイ物あって欲しいですよ。(笑)
売ってるなら買うのに。
たまたま地方から来た人とかも きっと同じく思います。
大変なんでしょうが もっと頑張って「活動」して市民と他地域の人に札幌の自然の魅力を伝えて欲しいですね。

てな事で、参考までにダイジェストで画像だけでも鉱物巡検のも貼っておきます。
d0318386_15171524.jpg
d0318386_15222238.jpg
d0318386_15173278.jpg
d0318386_15175283.jpg
d0318386_15225673.jpg
d0318386_15184214.jpg
d0318386_15215867.jpg

「札幌市北方自然教育園」の方でも豊平川の石や近隣の鉱物、生物、
又貝殻や蝶標本の展示を見ることが出来ます。(結構充実していますよ)
d0318386_15284333.jpg
どちらも(活動センター・北方自然園)見学は無料です。

 

by jurijuri555 | 2016-04-28 15:39 | 化石 | Comments(14)

突撃のコジョ 撃沈②

えー、先日の「突然の突撃」の続き物になります。(笑)
雰囲気的には『進撃の巨人』風ですが、コジョは『崖の上のポニョ』的に呼んで頂けるとよろしいかと・・・。(^_^;)
しかし正確には「崖の下」であり、「コジョ」とは枯女です。(爆)
もう 熟女通り越して枯れ枯れの萎え萎え~。

てな事で、本日もモーライ層に突撃。
d0318386_13234234.jpg

今日は朝に来たのに 又ビーチコしてる人と釣り人が居た。
(同業者(化石狙いの人)は居なかったのでやりやすかったが・・・)
初めは地元の浜歩きの人や 遠くにコーマーが見えるだけだったのに
後から車で乗りこんできたのは先日と同じ釣り人だ。(同じ車)
ここには「禁止」の看板等は無いが、空気読めよ。
お前の車の上に崖崩れれば良いのに・・・。(結構黒い私)

気を取り直して崖観察していると いつもの巣穴化石が。
d0318386_13282970.jpg

そうすると その周りから出たノジュールには、やはりキヌタレ。
d0318386_1329879.jpg

やっぱり今日も崖からはノジュールをほとんど得られなかったが出たのはキヌタレばかりだった。

叩いている場所(砂浜の上)でハァ~・・・。(「イイの出ねぇなー」)とため息つきながら
フと目に付いた漂着ノジュールをひっくり返すとムカシオオブンブク(?)が。
d0318386_1332594.jpg
おお!!ちょっと変形してるけど 大きいし結構見えてる♪
(割り出そうとするとここのは化石も割れるので安易に手は出せないので見えてる程貴重。(笑))

小さなオウナガイがポチポチ落ちてるので見上げると 高い所にチビオウナガイラインが・・・。
d0318386_13341411.jpg


キラリ☆としたのを拾ったら やっぱり殻剥がれキララガイ。
d0318386_13345896.jpg


3時間ほど粘ったが、今日もねーな。と撃沈撤退。

あ・・・と完品が欲しいクルクルの巻貝をヤラかした跡があったのでヒヤカシに見がてら横のノジュール叩いたら・・・
d0318386_134127.jpg
魚の背骨が出て来た。
おー!!!!お初だ~♪
これで又、先輩方に1つ追いついたなー。

クルクルは無かったが、プンプクりんとイガイガホネさんをゲット出来たのでちょい浮上。

 

by jurijuri555 | 2016-04-26 20:00 | 化石 | Comments(12)

突然の突撃

超お天気も良くて 急きょ思いつき海まで。

d0318386_19273811.jpg
気温20℃ 浜はほぼ無風。
アチーアチー・・・。
釣り人、ビーチコの人、化石採りの人 沢山。

急きょだけど 先日からいつ行こうかと用意はしていたので(積み込み済み)、無いのはデジカメだけ。
ショボいガラケー画像。

更に崖崩れが起きた様子。
今までにないぐらいの大崩落ぶり。
d0318386_19295933.jpg


浮きならず、おもり発見。
d0318386_19305351.jpg
沈子って言うんだっけ?
この辺では単品はよく見るけど セットされたまんまはわりと珍しい。

あとは必死。(採集活動)
化石採りの人やビーチコの人に話しかけられてもウワの空でカラ返事。
(取れますかー?とかバケツの中見せてもらって良いですかー?とか言われてた。(^_^;))

暑くてヒーヒー言いながら頑張ったけど 無いな。(爆)

いつもの小物拾って終わり。
d0318386_19354737.jpg
もうイラン。シロウリシロウリシロウリシロウリ・・・・
壊れたキヌタレ・・・

これは殻外れだけど持ちかえったのは、何分の1だかの捕食跡付きオウナガイ(ミニ)だから。
d0318386_1947760.jpg
今日はノジュール1つ無かった。

 

by jurijuri555 | 2016-04-22 20:10 | 化石 | Comments(6)

究極の楽しみ

私の楽しみは・・・フェチ的である。
完全なる美、完全体でなければならない。(なるべくね)

少しづつ、野望が結晶して来て たまらない毎日。
ゾクゾクします。フフ・・・(^w^)

d0318386_13481119.jpg
ヤツシロガイ
前 四紀化石、奥 現世

d0318386_13341861.jpg
アカニシ
上 四紀化石、下 現世

d0318386_13343036.jpg
ヒタチオビガイ
左 四紀化石、右 現世

d0318386_133501.jpg
キララガイ
上 三紀化石、下 現世(オオキララガイ)

d0318386_13351572.jpg
ハスノハカシパンウニ
左 四紀化石、右 現世

d0318386_13352774.jpg
フネガイ科サルボウガイ属
左 現世(アカガイ(未クリーニング))、右 四紀化石(サルボウ)
(沖縄で採ったリュウキュウサルボウの方が似てるが、残念ながら合弁ではないのでアカガイにしてる)

こうして標本化するのが好き。
もう少し 種や大きさを合わせて行きたいですが。

 

by jurijuri555 | 2016-03-25 14:04 | 化石 | Comments(8)