my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
ハンマーヘッドシャーク②
at 2017-09-14 15:46
やどやど日記 24
at 2017-09-12 15:13
最新のコメント
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 20:05
やままんさん こんばん..
by jurijuri555 at 23:38
完成間近ですねー。 ブ..
by やままん at 22:52
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 17:58
こんにちは~ 頑張った..
by アルビアン at 16:53
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 16:07
こん××は~! ここま..
by fossil1129 at 15:56
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 12:36
おはようございます。 ..
by アルビアン at 09:04
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 02:56
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:植物( 16 )


夏休みの自由研究

これで悩んでる親子はおりませんかー?

テヘ、
しつこくてスイマセンが、やっぱりこれ 苔の研究で決まり!!だとお勧めします。(爆)(爆)

その辺の道端・公園・庭、出掛けた先の山や川など どこでも生えてて「タダ」なんだもの。
工夫は、苔テラリウム(女の子向き)や 採集瓶(男の子向き)。
そしてあとは画像撮って、ネットや図書館で調べてまとめて お手製の図鑑を造ればOK!!
超簡単、そして先生を「おおっ」と唸らせる事確実。(笑)
自由研究大会なんかある学校なら 金賞取れる事間違いなし!! (かも)

ちなみに私の車を停めてる駐車場の〇〇たん(愛車)の後ろ(日蔭)には、
d0318386_15251824.jpg
こんなのが。
アスファルトの端とか割れ目に丸く集落作って固まってる小さな苔は、
大抵ツチノウエノコゴケか ギンゴケなどのハリガネゴケ科の苔が多い様です。
ただし、うちの駐車場の場合は実は縮んだハマキゴケ(?)の様でした。(^_^;)
で、「職場の」駐車場の端っこにあったのが ツチノウエノコゴケ。
d0318386_15303751.jpg
これがその両方を苔テラリウムにした物です。
左がツチノウエノコゴケ、右がたぶんハマキゴケ。
これは主人もお気に入りの苔テラリウム。ヤドフィギュアが入ってるから。(爆)
(ツチノウエノコゴケの赤い伸びた茎は花ではなくて胞子体。)

作ってすぐ写した方がクリアに見えたのですが・・・曇ってしまっています。
これは苔が息をしているから。(詳しい話は後から)

こっちは苔の採集瓶の展示方法の一例。
d0318386_15454259.jpg
苔以外、全部百均で買った物です。

で、上に画像を撮って・・・と書いたのは、外の状態(採集前)には乾燥して縮んでいる事が多いのです。(特に暑い日や晴れた日は)
その状態を撮るのです。
d0318386_1755041.jpg
d0318386_176684.jpg
この2枚は、うちの駐車場のアスファルトの横の草むら際と草むらの中。
それぞれハネヒツジゴケとコツボゴケらしいが縮んでいてクシュクシュ。
で、瓶に入れると1-2週に1ぺんぐらい軽く霧吹きでシュッとする程度でOK。(らしい)
すると 数分でシュルシュルと葉を広げて水分を吸収しようと輝きます。(笑)
土に栄養素はいらない。逆に過分に養分のあるところには生えません。

乾燥時は縮み、保湿時は伸び、湿度を調節し呼吸し 地球の酸素と温度調節をしています。
乾期には縮むが、死ぬ訳ではなく ふたたび水分得ると復活する。
根も無いから土もいらない。岩やアスファルトや屋根の上 どこでもはびこる。(体を支える根に似た物はある)
苔には花や種子はなく胞子で増える。
雄と雌の出会いがない時も分離繁殖。
乾燥待機で出会う事や又復活するのを待つ事もある。
現れては消え、相応しい環境や地で再生する日を待つ弱くて強い苔。
湿度保持と他に カビないと言う抗菌効果もあり、他の植物生育の役にも立ったりしているそうです。

ちなみに後になったが、コケとは、蘚苔類(せんたいるい)と言い 葉と茎に分けて見られる蘚類と
葉のみで出来ている様に見える苔類 に大きく分かれる。(詳しくは、ツノゴケ類と言うのもある)
d0318386_162939100.jpg
先日の敷地内苔の真ん中のヒメジャゴケが苔類で、
両脇の コツボゴケ(?)(左)とエゾチョウチンゴケ(右)が蘚類。
(前回、右のをエゾスナゴケと書いたが、後で、職場の駐車場の方でエゾスナゴケをみつけた。ツチノウエノコゴケの近くで 同じく小さい苔だった。
しかも縮んでいて何か別の物に見えた。(笑) と言う事でこちらはチョウチンゴケかと。
又、支笏湖の林道で採ったのは、ハネヒツジゴケだったようだ。)

私も同じく初心者なので かじり知識(まだ知識とも呼べないレベル)なので、
ウィキで調べる時は「コケ植物」で検索してね。

一緒に勉強しながら楽しんでみませんか?(笑)

by jurijuri555 | 2017-08-04 16:59 | 植物 | Comments(8)

庭苔

いやいや、疲れが取れませんねー。
年ですねー。
寝ても寝ても眠いですよ。
皆さんの疲労回復・精力食は何ですか?
ウナギかなー。酒飲んで寝る?(笑)
私は豚肉。トントロかな~。(爆)
昼に一人焼肉(トントロネギ塩)を食べたので、後は寝て
又仕事に行かなくちゃ~・・・。(^_^;)

さてさてシツコクてスイマセンが、気になるので 敷地内採集をササッと人目をしのんでしましたよ。(滝汗)
昼間なので、歩きながら通路の横の3種だけ。
d0318386_12471815.jpg
何でしょうねー。
ワーイ♪ジャゴケー!!と思ったけど、全体的にのびのび生きてる山の苔と違って小さ目なのか、ヒメシャクシゴケにも見えますね~。(中)
あとは、コツボゴケ?みたいなコケが主なベースで、(左)
それに紛れて タチゴケ?エゾスナゴケなのかな が。(右)
図鑑がまだ届かないので詳しくはわからないけど。(そして老眼で良く見えず)

その辺ウロウロしているだけでも10種ぐらいは採集出来そうな雰囲気なので、
初めは、小さなボトルか試験管みたいな小瓶にでも入れて並べようかと 色々考えながら百均でいくつか入れ物を買って来たが
d0318386_125335100.jpg


それぞれ低・中・高に育ちそうな種なので やっぱり寄せ植えにしてガラスポットに。
d0318386_1325379.jpg

小さな原始地球って感じで イイ。

by jurijuri555 | 2017-08-02 13:23 | 植物 | Comments(2)

苔テラリウム

前から密かに コケ、可愛いなぁ・・・とは思っていたのですが、
改めてジックリ観察すると 実に興味深いコケの世界。

支笏湖周辺には、現在見学する事は出来ませんが、「苔の洞門」がある様に
1739年の樽前山の噴火活動によって生じた溶結凝灰岩が、次第に浸食されて来た部分や森のやや日蔭などに
エビゴケやエゾチョウチンゴケをはじめ30種以上のコケが密生しているそうです。
2014年8月には「日本の貴重なコケの森」(日本蘚苔類学会)に選定されるなど学術的にも貴重なんだそうな。

今回、地質岩石見学の一環として 苔の生えた林道などを散策したのですが、実にキレイで興味深かった。
歩きながら撮ったのでボケボケの画像が多いが、
d0318386_14191355.jpg
シッポゴケ?

d0318386_14195914.jpg
エビゴケ

d0318386_14202120.jpg
ジャゴケ
などなど。

やや日蔭の湿った所には 当然キノコも生えてるもので、
d0318386_1425312.jpg
サルノコシカケ?もあったが、

苔に混じってキレイなオレンジ色のキノコ???
d0318386_14255238.jpg
ヒイロタケ?ハナビラダクリオキン??ヒナノヒガサ???
オレンジの苔(?)ってのもあるそうだ。
菌類と藻類が共生しているツブダイダイゴケという地衣類(ライケン)って言う物の様だ。よくわかんないけど。(^_^;)
菌類は藻類と共生して地衣体という特殊な体を作り、
水分を吸収することで水分を供給し、藻類は光合成によって栄養を作り出すことによって、お互いに助け合って共生しているそうです。

で、苔玉とか流行ったりしましたが、植物を育てる時に水分の保湿などに苔を利用する事があります。
しかし今は進化して 苔だけを愛でる趣味もある様で、検索すると苔テラリウムなどと言う物があるそうな。

今回は、国立公園外の土地だったので(ちゃんとGPSで確認しています)、苔の生えた小さな軽石を2個持ち帰り、
簡単な苔テラリウムを作ってみました。
d0318386_14363773.jpg
瓶入り。
苔は、エゾチョウチンゴケかなぁ??
d0318386_14372219.jpg
裏側

こちらはガラスボウルに入れた。
d0318386_14375456.jpg
車の中暑かったのでちょっと枯れた(?)部分が・・・(汗)

苔は街中の平地にも沢山生えています。
うちの敷地内にも可愛いのがあるので ちょっとハマってしまいそう・・・。
先日買ったエアプランツと同じで やや放置でも育てられる様なので、少しお気に入りを集めてみようかな~。(^_^;)
本も買っちゃいました~。(爆)
d0318386_14405291.jpg


by jurijuri555 | 2017-07-31 15:08 | 植物 | Comments(8)

ガジュマル

本日2回目のマッサージ施術。
だいぶ楽になった。
そしてやっと休みなので休める。

でも渡航前は又連勤なので この休みのうちに梱包を終わらせ
もう1本巡検を入れておかなくては・・・?(笑)

マッサージ後にイオンの花屋さんを覗いたら
なんと 前に沖縄から取り寄せたガジュマルより倍大きくて半額のガジュマルを発見!!

見た時は一瞬マンドラゴラかと思ったぐらい立派で怪しい物だった。
その中から一番良さ気なのを選んで購入。
これはヤド達も登り甲斐があって喜びそうだ。

しかし、やたら背が高かったので移植作業。
d0318386_15403156.jpg
コレを

低い入れ物に入れ換えたが・・・
d0318386_1541411.jpg
それでもヤド舎の背丈と同じぐらいある。
これでは脱走ツールになってしまう・・・。

うーん・・・。
ヤドパパのもくろみ通り、一回り大きいヤド舎に買い替えか。(^_^;)

(ちなみに 「マンドラゴラ」「初音ミク」で検索すると 相当ヤバイ物が出てくるw)

----------------------------------------------------------------------------------

※追記

起きて、水槽の外のガジュマルを見つめるダイキチさん の図。(笑)
d0318386_19373245.jpg

「おー、あながちさん・・・」

と言ってるかどうかは知らない。
超望遠で撮ってる(しかも暗闇を)のでボケボケなのはご勘弁。(^_^;)

by jurijuri555 | 2015-08-20 15:45 | 植物 | Comments(10)

北海道にも春が到来

本日も良いお天気で とても春らしくなりました北海道。
除雪で脇に除けた雪は まだ少し山になって残っておりますが、
平地の街中は、すでに自転車やバイクが解禁になり、人の動きも活発化しております。

日当たりの良い雪解けの済んだ庭や空き地では、早くもフキノトウが満開になりました。
d0318386_1282883.jpg
(携帯画像なので、画質が悪いですが)

お山の方はどうでしょうね~?
たぶん、去年並みだと予想しております。
GW 林道はまだ雪が残っている部分が多く、車では入れませんでしたね。
当然、川は増水、濁っていてノジュールを見分けるのも大変でした。
去年の春も ノジュールの動きが無く、あまり良い成果はありませんでしたが、
去年より雪が少ないので たぶん今年はもっと厳しいと思われます。
目覚めの早いハラペコ羆にも気を付けて!!!!!

本州からのお仲間の来道も楽しみですが、
そんな訳でワタクシは、逆に南の方へ遠征に出掛けたいと思っております。ウシシ
かの地でお会いすることがあれば、ご指南下さいませ・・・。(^_^;)
(採集地はナイショ!!!!)

by jurijuri555 | 2015-03-30 12:19 | 植物 | Comments(10)

去年より2週間

みなさまこんにちは。
北海道は本日も好天です。
爽やかな初夏の5月らしく 良いお天気ですよ~♪

が、去年・一昨年とすごく寒くて、去年だったかな?
はGW直前まで雪が降ったぐらいで、
今年が例年どおりなのかはわかりませんが、
本当に雪融けも早く、植物の生育も早くて 巡検の調整もアタフタしております。

まぁ、結局はどこかで追いつくもので、
そう言えば去年も6月の中旬に出撃開始した頃には すでにお山も草ボーボーで
1ヶ月もしないでいつも通りになるモンだ・・・。と思った記憶があります。(笑)

しかし、今年は本当に早く・・・

昨日は、海歩きの帰りに そう言えば・・・と梅林に寄りますと
d0318386_11125659.jpg
シ~ン・・・。梅の花なんて完全に散った後でした。(^_^;)

去年、10日遅い5月28日に やはり海歩きの帰りに寄った時は、こんな感じ。
d0318386_11144827.jpg
花は終盤との事でしたが まだまだ梅園自体が色づいていて、お花見に寄った人でにぎやかでした。

寂しい梅林でなんとか花を探す。
d0318386_1119387.jpg
八重
d0318386_11195989.jpg
一重
d0318386_11202865.jpg
そして白。
ヒーッ!!毛虫っ!!
葉が出て来てるので、虫の季節です。(^_^;)

去年の10日後は、
d0318386_11221329.jpg
d0318386_11224126.jpg
d0318386_11261067.jpg
まだこんなに見事だったのに。(笑)
10日後でまだこれだけあったと言う事は、少なくても2週間のズレがあると言う事です。ムム

それでも、梅の木の根元に生えた ヒメオドリコソウや
d0318386_11353260.jpg
周りのレンギョウが目を楽しませてくれた。
d0318386_1136572.jpg

目がかゆいのは、木々の花も盛りのせいだろうか・・・。(^_^;)
d0318386_11384639.jpg

水芭蕉の開花も もうすぐだろう。
d0318386_1139254.jpg


と言う事は、もう月末には虫飛んでると言う事になりますね。(^_^;)
巡検には虫よけネットもお忘れなく~。
あぁ、嫌な季節・・・(笑)

by jurijuri555 | 2014-05-20 13:30 | 植物 | Comments(6)

春キター

職場の窓の外、
d0318386_1342465.jpg
つくしが顔出した。
荒れ放題、自然と化した裏庭には、
風や鳥のフンに混じってやって来た色んな野生植物が芽を出す。(苦笑)
今年はどんな植物に会えるのか・・・。

北の街にも春がやって来ました。

近所の家の庭には、クロッカスやスイセンの花が咲いています。
敷地内の桜の木の枝先も なんとなく膨らんで来た様な・・・。
まだまだ。と思っているうちに アッと言う間に10日内に開花するでしょう。(^_^;)
どんな地でも 植物はたくましい。

そして、急に採集の連絡もキター!!!!
んもう、急過ぎ・・・。(泣)

by jurijuri555 | 2014-04-24 13:48 | 植物 | Comments(6)

寒の戻り

ああ~、せっかく春めいた日が続いていたのに 雪が降りました。
寒い・・・。
d0318386_145259.jpg
せっかく開いたフキノトウも雪まみれ。

でもすぐ融けましたけどね。(^_^;)
寒いけど・・・。

ま、こうして行きつ戻りつしながら春に向かうんですけどね。

by jurijuri555 | 2014-04-06 14:10 | 植物 | Comments(6)

春の訪れ

今日は春一番か と言うような強風が吹き荒れています。
気温も低めで寒いです。
でも、仕事中に ふと職場の裏庭を見ると春をみつけました。

d0318386_16253582.jpg
ふきのとうが4つ、雪の融けた所から顔を出していました。

別の窓の外にも 少しくずけた芽が1つ。
d0318386_16274795.jpg


別に珍しい物でもないのですが、初物は愛らしく見えてしまいます。(^_^;)

ただし、次に考えるのは、
味噌汁の具・・・、てんぷら・・・
ん?野草ストラップにも見える・・・。(爆) こんなの出てましたよね。ガチャで。(^_^;)

by jurijuri555 | 2014-03-28 16:31 | 植物 | Comments(8)

きのこ

はい、これ又本の話で申し訳ありませんが、

先日、きのこの本を2冊購入しました。
フィールドに出ると(出なくても近所で)きのこを見ますが、そこそこの量でハッキリとソレだとわからないと
似た毒キノコもある種類もあるので 素人の私には手を出せないでいました。
が、せっかくなら そう言うのを愛でたり頂いて来たり出来たらイイな~と
ちょっと勉強してみようと思い、
ハンドブックと美きのこの本をポチッとな♪

まずはフィールド用ハンドブック。
d0318386_11211716.jpg
「日本のキノコ262」 文一総合出版 1000円
ハンドブックにしては盛り沢山でブ厚いが、きのこの構造から発生場所、採集の仕方や簡単にだがお勧めの食べ方(汁とか焼くとか)まで載ってて便利そう。

愛でと画像参考に
d0318386_11272834.jpg
「世界の美しいきのこ」 バイ インターナショナル 1800円
フォトブック仕様で美しい!!
こんな風に 写真も撮ってみたい。

この2冊は色んなシリーズがあって、どれも欲しくなる。
とりあえず、フィールドデビューまでに去年まで持ってた野草ハンドブックが役に立たないので
このシリーズのに買い替えようかな~。(^_^;)
出来れば、北海道に絞ったのが欲しいのだが、
北大からも「北海道の〇〇」と言うシリーズ???が出ているが、こ難しい上に写真も悪く 高い。(爆)
もったいないよな~。歴々の教授の本なのに・・・。
散々研究して 見て貰えないと言う・・・。惜しい。

是非、ニーズに合った 化石ハンドブックとか、漂流物とか海辺の生き物とか、野鳥・野草・・・etc...
出て欲しいものだ。

by jurijuri555 | 2014-02-16 11:41 | 植物 | Comments(10)