my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
謎のなぞなぞヒタチオビガイを..
at 2017-03-22 14:43
深海まんじゅう
at 2017-03-20 14:25
やどやど日記 16
at 2017-03-18 11:53
本と〇〇
at 2017-03-16 14:10
クリーニング ⑤
at 2017-03-14 19:37
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:11
fossil1129です..
by fossil1129 at 21:13
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 20:51
こんばんは~。 ヒタチ..
by コニアシアン at 20:30
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 22:32
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 22:23
こんばんは~! テヅル..
by fossil1129 at 21:04
先ほどはどうもです~^^..
by apogon2 at 21:02
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 15:47
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや婦人 at 07:38
お気に入りブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


パワーストーンブレス

いつも着けているパストーンブレス、
主に簡単に言うと 「事故防止」と「良い事を招く」ブレス。

先日のアルビ亭での焼肉の帰りに 「良い事を招くブレス」のクラッシュクォーツが割れ、
おとつい職場に着いたとたん「事故防止のブレス」のゴムが切れました。
パワーストーン風に言うと「ブレスが災難を代わりに受けてくれた」んだけど(苦笑)
もう何年もしているので劣化ですね。(^_^;)
せいぜい2年でゴムは替えなくてはいけません。(出来れば1年ごとに)

てな事で、明日のお出掛け前にゴムの交換と簡単に組み直しをしました。

切れた時に周りにいたバイトの女の子達が拾ってくれたので 高価な石も無くならずに済んだ「事故防止」のブレスの石。
d0318386_16323680.jpg
私と同じ様にフラフラ出て歩く二男に譲っても良いと 主に12月の誕生石を使っています。(二男は12月生まれ)

ラピスラズリ・ターコイズ(スリーピングビューティー産)・タンザナイト等。

ターコイズは旅のお守りと言われていて、自分で買うよりは人からプレゼントされる方が効くそうです。
初めはそれに道しるべとなるカイヤナイトとか 結果を出す成功の石ガーネットを入れていたのですが、
自分の守り石(誕生石)の翡翠と冷静な判断が出来ると言うサファイア等に変えました。
あとは、ブルームーンストーン・オパールも新たに入っています。
d0318386_1638455.jpg
(その他はロンドントパーズ・ラリマー・アクアマリン等)

「良いことを招くブレス」も割れた石を外して組み換え。
d0318386_16394135.jpg
ロードクロサイトの入っていた所にマダガスカルローズクォーツ(普通のローズクォーツより色が濃い)を入れ
(硬度の弱い石はやはりだんだんと傷が付いて曇ってしまいます。)
ストロベリークォーツをよりゲーサイトの多い物(お高い!!)に交換。(鉱物名はゲーサイト イン クォーツ。赤いキラキラした糸の様な鉱物が水晶の中に入っている石で、
女性特有の症状(月経障害とか更年期障害とか冷え性とか色々)に効くと言われています。
そして新たにペリドットを入れました。
女性としての体調を整え より明るく楽しくハッピーに過ごせる様にと願ったブレスです。
(その他は、蛋白石(コモンオパール)・アマゾナイト・ガーネット・プラチナルチル等)

眉唾物と言われるパワーストーンですが・・・私がピンピンしているって事は 効いているのかもしれませんよ。(爆)
パワーストーンも お作りしまっせー♪(笑)

by jurijuri555 | 2014-10-31 17:05 | 鉱物 | Comments(4)

ちょこっとお知らせ・・・FB

えーと、スッカリ忘れられてると思いますが(笑)

サメ歯フォトブック、
第二版分の申し込みを10月31日で閉め切ります。

ありがたい事に ウワサを聞いて・・・とあちこちから検索や人づてに探してお申込み頂いたのもあります。

北海道 白亜紀 サメの歯 化石 密集層 発見 本

等々で検索頂いているのでしょうか。(^_^;)
お手数かけましてすいません。ありがとうございます。

第二版 代金送料込みで3000JGです。
10月31日23時までに コメント欄より、「非公開」にチェック入れ
メルアド付きでお申込み下さい。(非公開にすると私しかコメント欄が見られません)

第三版(11月末まで申し込み締め切り)まで受け付けますが 料金が変わり値上がりします。(定価に戻ります。
第二版まで少しお安いのは、制作会社の方で割引キャンペーン中だからの事です。)
お申し込みはなるべく早くのうちに がおすすめです。(^_^;)

それ以降は保存データの保管期間が過ぎる為、増版不可=絶版になりますので、
是非、お早めにお求めください。
残念ながら 論文発表時にはこちらのフォトブックはもう入手不可になっております。
論文先行データとして 現地の参考にどうぞ。
オール画像の写真集になっております。(ハードカバー 20ページ 全100画像)
発見時よりの現地画像・調査採集の模様と 産出化石の画像てんこ盛りの貴重なアルバムです。

よろしくお願いします。
d0318386_19512730.jpg


すでにお申込み頂いている方にはお待たせしていましてすいません。
11月中旬に発送の予定です。
今しばらくお待ちくださいませ。

お目汚しすいませんでした・・・。(^_^;)

by jurijuri555 | 2014-10-29 19:48 | ご挨拶 | Comments(6)

クイズの答え

さてさて、長きに渡り JPツアーの模様をお伝えしましたが、
毎日出させて頂いていたミニクイズのお答え。

その① これだあれ?
d0318386_1814591.jpg
は、
サカタザメ でした。
d0318386_18145064.jpg


その② 誰の歯?
d0318386_18155939.jpg
は、
ダルマザメの歯です。
d0318386_18322485.jpg


その③ ワシは誰じゃあ!?
d0318386_18174859.jpg
は、
ネズミザメ ですね。(^_^;)
d0318386_18183798.jpg


小樽水族館、堪能致しました。
冬季営業は11月30日までの様ですが、
サメ展は確か5日までだった様な・・・。(^_^;)
是非、お時間があればお出掛け下さい。
サメ展が11月30日までの様です。(^_^;)

d0318386_18213489.jpg

d0318386_1821566.jpg

d0318386_18331656.jpg

d0318386_18335569.jpg

d0318386_1823983.jpg

d0318386_18343643.jpg


by jurijuri555 | 2014-10-28 21:00 | | Comments(6)

JPツアー ③

さて、水族館を堪能した後は移動です。
d0318386_13231874.jpg
おなか空いた~!!

お昼は「きのこ王国」(ドライブイン)です。
きのこづくしメニューの中から 今日は蕎麦とマイタケの天麩羅のセットに決めました♪
d0318386_13244020.jpg
揚げたてサクサクのきのこの天麩羅は絶品です。

おなかも膨れて、いざ次の現場へ!!(笑)
d0318386_13271280.jpg
大江鉱山です。
近場で初心者向きでそこそこの物が採れる所としては、最適でしょう。
d0318386_13285287.jpg

どんな山谷も 薮の中も平気な猛者たちでしょうが、それに対価するすんごいアンモ採りでもないですから(^_^;)
ぽてぽてと掘り起こして叩いたらデター♪って感じの方が取りかかりには楽しいです。
d0318386_13302320.jpg
猛者のみなさんにはあまりにも子供だましでツマラナイかな~、と少し申し訳なくビビッてもいたのですが
意外にも一生懸命夢中になって頂いて嬉しかったです。
サスガに 鉱物採集初心者と言っても「もってる」人達ですので、オオーッとこちらも驚く様な物も採ってらっしゃいました。

私も僭越ながらお見守りさせて頂きながらも ぽてぽてと単品見本標本のみ採集。
d0318386_13355666.jpg
黄鉄鉱(もしくは黄銅鉱)の塊・菱マンガン鉱
方鉛鉱・閃亜鉛鉱・水晶、
他に重晶石 が主に良く採れます。 あと、たまに青鉛鉱。

なんだかんだそれぞれズッシリお採りになれた様で、
日が傾いて来たので撤収。

最後は、余市のB海岸でビーチコです。(笑)
d0318386_13414276.jpg

d0318386_13425924.jpg
さすがにこの時間、この人数では成果は期待出来ませんが・・・
スゴイの採った人は居ました!!!! 参りました。
いやいや、どこに行っても何をしても もってる人達は手ぶらでは帰りませんわ。(爆)

そんなこんなで真っ暗になるまで遊びつくしたツアーでした。

ほんとにマジでお疲れ様でした。(^_^;)
少しでも楽しんで頂けていたならば幸いです。
又一緒に遊んで下さいね~♪

本日のクイズ。
ワシは誰じゃ~!!!!(笑)
d0318386_1412562.jpg


d0318386_1414340.jpg

d0318386_14134152.jpg


※コメント書き込み仕様が変更した様で、IEからは書き込み出来ないトラブルもある様です。
グーグルブラウザは問題ないようですが・・・。
私も書き込み出来ない時があるので、返信が遅れる事があります。すいません。

by jurijuri555 | 2014-10-27 21:30 | 鉱物 | Comments(10)

JPツアー ②

メガロの顔ハメならぬ全身ハメと同時に 目的だったのはラブカ。
d0318386_115297.jpg
これの歯を採るのに いや撮るのにみんなで苦労。(笑)
ブロガーのお出掛けは大変です。(爆) 画像必死に撮りまくり。(^_^;)
ワタクシはこれが精いっぱい。
d0318386_1175534.jpg
きっと他の皆様が もっと良い画像をアップしてくれると思います。

そしてこちらはミツクリザメの歯。
d0318386_119047.jpg


今日のクイズ。
これは何の歯?
d0318386_1193277.jpg


サメ展は特別展ですが、もちろん水族館には沢山の見どころが満載です。
d0318386_11111031.jpg
歩く魚。
d0318386_11113935.jpg
キレイな熱帯魚のアクアリウム。
d0318386_11122561.jpg
毒ウニ。

おしゃべり好きな海の住人。
d0318386_11134539.jpg
「今日はヒマ人が沢山来てますよ」
「ほんとカメラをパチパチ撮りまくって、わずらわしい限りですなー」
d0318386_11153153.jpg
車だん吉
d0318386_11161960.jpg
プヨプヨ(もしくはスライム)

館内だけでなく、外には海獣館があり、ショーもやっております。
d0318386_1118126.jpg

しかしサスガご一行。
奥の崖の柱状節理に注目されていました。(笑)
ハイ、そうです。
近くの忍路~赤岩の海岸は海底火山の溶岩盛り上がりで出来た地で、小樽は凝灰岩の地なのです。
だから、こちらも小樽軟石が有名で 小樽軟石で造られた明治の建物が小樽運河周辺の観光の名所の趣をかもし出しております。
こちらの巡検は 又今度行きましょねー。
d0318386_11232283.jpg
もとろんさん狙ってバシャバシャ水をかけてたペンギン
d0318386_11234449.jpg
d0318386_11243683.jpg
セイウチの歯を見て
こんなの海岸に打ち上がっていないかな~。なんて話合うのも ならでは。(爆)
d0318386_11264076.jpg


水族館を堪能した後は、みんなで売店に寄ってワイワイ見たり買い物したりしました。
私がゲットしたのは、コレ!!
d0318386_1127378.jpg
本来は製氷の型なのですが、シリコン製と見て レジン用に。(爆)
サメ型の他にオウムガイ型も付いてます♪

by jurijuri555 | 2014-10-26 21:00 | | Comments(12)

JPツアー ①

いつもいつもお世話になりっぱなしの化石の方々。

チラッとでも 「鉱物もイイよね」なんて言われたら

ほんと?マジで!?

って事で、こんな事でしかお返しが出来ないので、本日はヒマ人集めて無理矢理拉致。(笑)
あちこち連れ回しの上 自分が楽しみました。(^_^;)

まずは、開館40年記念と言う事で サメ展をやっている小樽水族館へGO!!
と思ったら のっけから事故で大渋滞・・・。
なんだかんだも合わせて予定を1時間近く遅れて到着。

ワーイ!!何年振りだろう~?
d0318386_23301038.jpg
小樽水族館です。

でもって入ってすぐにお目当てのメガロの全身ハメ顎が・・・!!!!
d0318386_23331048.jpg
きゃー♪ 一飲み。

残念ながらレプリカなんですが。
でもデカイです。
d0318386_2334519.jpg

どれくらいかと言うと・・・
d0318386_23343653.jpg
これぐらい。
デカイ・・・

現生のサメの顎は展示してありました。
d0318386_23393810.jpg


本当に サメ歯の事がなければサメに関心とか向かなかったと思います。
現生のサメは130種以上も居るそうで・・・
d0318386_23403747.jpg


もちろん水族館ですから、サメも飼育展示しております。
d0318386_23432228.jpg


サメの卵(卵胞?)なんて初めて見ました。
d0318386_23441451.jpg
1つに1匹づつ入ってる。
10ヶ月もこんな風になってる(?)んだねー・・・。
人間と変わりませんね。

本日のクイズ。
これだあれ?
d0318386_2345379.jpg


by jurijuri555 | 2014-10-25 23:57 | | Comments(16)

久々の調査

本日久々に号令がかかり サメ歯調査へ。
と言うか、保全中なので様子見に。と言う所。

私は午前に仕事があったので昼から参戦したが、
まったく産地の露頭は触れられなくて 転石見て歩くだけ・・・。
d0318386_18545635.jpg
割りカスはもう出ないから
新たな転石を探すも もう良い母岩が無い。
全然サメ歯が出ない。
ほぼボウズ(全員)で終了。
割りカス・・・も大量の枯葉に埋もれて見れない。

持ち帰ったのは、共産化石として 誰かが捨てた手(?ヒレ?)の骨(欠け)と 貝と アルビさんから貰ったサメの脊椎骨のみ。
d0318386_19141561.jpg
歯が~、歯が見たかったよ・・・。(泣)

その後は移動してみんなで博物館へ。
d0318386_19145388.jpg

開催中の「樹の古生物展」を見学。
d0318386_19182954.jpg

会場に入ると木の香りがプーンとして森に居る様。
作品も繊細で木目もキレイで、殻の欠けとかも精密に再現されていて
木で造られたとは思えないほど。

私が気に入った物を何点か・・・。
d0318386_191983.jpg
d0318386_19195150.jpg
d0318386_1920929.jpg

作品もステキでしたが、
博物館の外も 秋色に包まれてキレイでした。
d0318386_19205252.jpg
d0318386_1921311.jpg


今日は気温がグッと下がり、日中の最高温度も10℃を切りましたが、お天気は良く
本日の落日もキレイでした。
d0318386_1922964.jpg
d0318386_19225442.jpg


おまけのじゅりあ博物館。(笑)
d0318386_19234361.jpg


by jurijuri555 | 2014-10-22 19:35 | 化石 | Comments(16)

はしご

本日もー、海。
d0318386_135391.jpg
異常なーし!!(爆)
何もありませんでした。
と言うか、先客がいました。
なして平日の早朝にカチ合うかな~・・・。
世の中平日に遊ぶ人も沢山居る様です。職種も多様になったのですね。(^_^;)

仕方ないので帰りかけたのですが・・・思い立って 又アッツー方面へ。
こちらは波が荒くて浜の大部分を覆ってしまっています。
d0318386_1311618.jpg
んー。時短でカニ玉探しに集中する事に。

しかし、探せど探せどありません。
ここでもボウズか?
久々にポコポコ瑪瑙を見つけました。
d0318386_13115995.jpg
しかしデカイ。岩ごと。
岩の隙間と言う隙間を瑪瑙が埋めています。
そしてこの石が脆いので 風化して外れたのでしょう。
せっかくの瑪瑙なのですが、母石を噛んでて透明感を失われてる。
割ってみたけど噛み噛みで断念。
もうちょっと良い石なら良いんだけどダサイ石なんですよねー。残念。

だいぶ歩きまわってやっとノジュール発見!!
でも又デカイ・・・。(泣)
d0318386_13161125.jpg
意外にも右のノジュールはスカで、
左の亀甲石みたいな方に なんと!!
d0318386_1317955.jpg
白爪が入っていましたー!!!!
泥岩ノジュールに白爪はここでは珍しい。
泥岩は黒爪でシルト系ノジュールに白爪なのだ。
いや、黒爪の方が化石的には珍しいと言うか風化(化石化)が遅いので、白爪は正しき化石と見ているんだけど・・・。
なんか毛まで残っていそうなシュールでリアルな爪・・・。キモ
えーと、スナモグリですよね?(^_^;) 毛・・・

いやいや、普通に卵型の丁度良いノジュールは・・・と気合い入れて探すと
シルト含めて3個と又デカイの1個ゲッチョ。
d0318386_13205831.jpg
シルトはスカ。左から2番目のはお土産用にそのまま割らず。
いくらなんでもエージングし過ぎでしょう・・・。と言う右から2番目のは爪が1本入っていました。(^_^;)
そしてデカイのは・・・。
またデカイし。重いし。と余計な所を外してしまおうと思ったんだけど
なんとなくピンと来て 慎重にパッカン☆割りに。
すると・・・
d0318386_13225634.jpg
やっぱりー!!
ワッショイ!!!チョキ×3コンボのノジュールでした。(^_^;)
こりゃ縁起が良いね。(爆)
V3ですゼよ。

大きい物ばかりで重くなったので車に戻り、
今度はコターンまで。
d0318386_13292362.jpg
お久しぶりです。
こちらは普通に歩けそう・・・。
でも、波は強くて。海の中に転がってるツノガイは拾えそうにありません。
運良く打ち上がってるのを探して拾うしかないのですが・・・意外とポツポツありました。
そして、なんと、腕足さんの合弁を発見!!!!!
d0318386_13314035.jpg
しかし古い物なのか擦れ擦れで中身はありませんでした・・・。
腕骨見たかったのにな~。

半分くらい行った所でUターン。
今度は崖を見ながら戻ると あ・・・。
d0318386_13332383.jpg
ブッ刺さりツノガイ。
下の砂岩の部分にも直で入っていましたが、こちらはモサモサ。
d0318386_13342577.jpg

崖は大体全部がモロモロなのですが、下が砂岩 上が堆積・・・カサカサ泥岩と言うか火山灰みたいの混じってるよね?
凝灰岩みたく鉱物的なのは混じっていない。
d0318386_13361925.jpg
この砂岩部分に入ってるノジュールっぽいの見つけたけど スカ。
誰かも気になって割ったみたい。(笑) 割り跡があった。

風も波も強くなり 気温も下がって来た様なので撤収。
d0318386_19534971.jpg


拾ったツノガイやレジン用貝殻等
d0318386_19542371.jpg


by jurijuri555 | 2014-10-21 13:56 | 化石 | Comments(10)

海王石(+ベニト石)

ずーーーーーーーーーっ欲しかった鉱物を本日やっとゲッチュー!!!!!!

それは、ネプチュナイト・・・はすでに持ってる。
d0318386_1333312.jpg
海王石(ネプチュナイト)
珪酸塩鉱物(イノ珪酸塩)
Na2KLi(Fe2+,Mn2+)2Ti2(Si8O24)
単斜晶系 硬度5~6
ローマ神話の海の神、ネプチューン(Neptune)の名を冠する鉱物。
北極に近い国 グリーンランドで発見され、1893年に「Neptunite」と命名されて発表された。
リチウムやチタン、マンガンが珪酸およびアルカリ金属と結合するという、
複雑且つ特殊な化学組成をしている。
化学組成の中の鉄とマンガンが起因となって発色しており、マンガンが多く含まれるほど赤味の強い色になる。

と共生しているベニトアイトだ。
d0318386_1339550.jpg
ベニトアイト(ベニト石)
BaTiSi3O9
六方晶系 硬度6~6.5
1906年に発見された 世界でもアメリカのサン・ベニトでしか産出されない稀少石。
その名前は、発見地でもあり唯一の産地である「アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サン・ベニト」からとられた。
カリフォルニア州が世界に誇る稀少石として「州宝石(ステイツストーン)」に選ばれています。

又、宝石としてルースにした場合
ベニトアイトは強い二色性と複屈折率を持ち ある角度ではブルーをある角度では無色を呈するそうです。
ダイヤモンドよりも高い分散率を持っているため強い輝きを放つ。
ベニトアイトは結晶が小さいため高品質な大粒石が市場に出てくることは稀だそうです。
一般的に見られるファセット加工された宝石は0.5ct以下で、1ctを超える宝石は稀少となる。
2ctを上回る宝石を得られる原石が産出されることは年間を通じてもほとんどなく
世界中のコレクターを悩ませている稀少石なんだそうですよ。
1ctの良ルースで100万円以上します。ヒーッ

そんな希少性は鉱物コレクターとしては次の事。
この赤黒いカッコイイ結晶のネプチュナイトと青く澄んだベイトアイトのコントラスト。
はぅあ~♡ハート

んで、ちなみに一番大きい結晶で1cm弱(真ん中一番上)。厚みはないけどね。
右上の少しコタコタのは長さ2cmある。ヘヘーン♪
ま、鉱物として買ってるのでお安いです。
(でも私のボーダーラインは越えています・・・(泣))

ああ、でも良い物入手出来たー♪
幸せ。

by jurijuri555 | 2014-10-20 13:58 | 鉱物 | Comments(8)

今日も1つ

本日も海~♪(^_^;)

でも土曜日・・・と言う事で、少しでも「負けるものか」と張り切って向かいましたが
意外と誰も居ませんでした。
それもそのはず(?)結構荒れてる・・・。
d0318386_12161865.jpg
潮も引き潮に向かう時間のはずなのに 逆にいつもより満ちていて
所によっては本当に砂浜幅いっぱいまで波が押し寄せています。

張り切り過ぎてまだ薄暗い中(^_^;)
荒波に乗ってアオイガイ(大)もやって来ていないかとハフハフ歩きましたが
コタコタになったチビちゃんだけ・・・。
d0318386_12201049.jpg
6.5cmのおチビさんでした♪
でもカワユス~!!!!

海が荒れているせいか時季も過ぎたのか・・・釣りの車は2台しかみかけませんでした。
でも荒れてるから様子見で停まってるだけで竿も出しておらず。
なのにシッカリとヤラレておりました。
d0318386_12232829.jpg
毎回毎回・・・マジでブッ殺すゾ!!ワレー(怒)
完品なら10cmオーバーの殻でした。シクシク

あとは、イカの甲骨(?)が結構流れ着いていましたねー。
腕足さんは見当たらず。(泣)
本日のゲット品はチビ助だけ。

本日の夜明け~
d0318386_12263037.jpg


河口まで歩きましたが、対岸には海鳥が何か待ち。
d0318386_122728100.jpg
向うにもアオイガイは漂着しているのかな~。
残念ながら徒歩では渡れません。(もう少し川が浅ければね~。近くに橋も無し。)

風も強く 漂流物も砂壁の上や際まで飛ばされていました。
d0318386_12293785.jpg
ツメタガイの化石?(笑)
d0318386_12295734.jpg
クルミ密集化石。(笑)

d0318386_12312897.jpg
Uターンして戻る時も 荒波に乗って来る漂流物を期待しましたが、
打ち上がるのはクラゲばかりでした。
d0318386_12314625.jpg


本日の成果。
d0318386_1238298.jpg

なんと化石も・・・!!!!??って、
帰りにアルビ師匠の所にサメ本届けに行って お土産に頂いた物です。(^_^;)
こんなスゴイのが打ち上がってたら腰抜かします。(爆)
右の石は、先週アッツーで採った物。セプタリアンの磨き石みたい。(笑)
(セプタリアン=ベントナイト質粘土のノジュールに生じたひび割れに方解石(カルサイト)が着床した石で、ハニーゴールド色のカルサイトと茶色のアラゴナイトの2種類の鉱物から出来ている。
セプタリアンという名前は、石に亀裂が七方向に入っているように見えることからラテン語でセプタム(7)を語源とする説がありますが、母岩とカルサイトとの間を茶色のアラゴナイトが仕切っていることから、ラテン語のセプタム(隔壁)から名付けられたというものやSeptarium (亀甲石)にちなんで名付けられたという説もある。
外観がドラゴンや恐竜の卵を連想させる独特の面白い模様を持つ事から 別名ドラゴンストーンとも呼ばれる。)

ちなみに化石は、本当はこんなのが今 欲しい。
d0318386_12501781.jpg
(爆)(爆)
ミニアンモ密集カワイイ♪
サメ歯が付いてたらゴイス

by jurijuri555 | 2014-10-18 13:09 | | Comments(18)