my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑦
at 2017-05-26 23:09
やどやど日記 20
at 2017-05-24 14:55
おうちde植物化石
at 2017-05-22 19:03
梅とミニアンモ
at 2017-05-19 21:23
意外なクリーニング
at 2017-05-16 20:08
最新のコメント
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 11:59
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 11:27
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 10:59
こんにちは~。 やはり..
by コニアシアン at 09:49
apogon2さん こ..
by jurijuri555 at 00:03
ヤド君たちは相変わらずお..
by apogon2 at 22:59
ZX9-Rさん こん..
by jurijuri555 at 19:57
ヤド君いつもながらにかわ..
by ZX9-R at 18:11
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 13:53
fossil1129です..
by fossil1129 at 12:32
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


サメ石割り

※夜追記あり

またまた・・・用事があって在宅していたが、
手持無沙汰でクリーニングでも・・・ってなんだかデジャヴ。(笑)
毎週土曜日に石割りしてるのも笑うが、邪魔な物が減るのは歓迎だ。

そんな事で、持ち帰ったもののまだ割っていなかったサメ地石をパンパン割っていた。
家の中に置いていた有力候補の母岩だが、結果的にはあまり良い物ではなかった。

いつもの二枚貝と小さな巻貝。
d0318386_15383595.jpg


エナメルの欠片2片。
d0318386_1539562.jpg


あまり保存の良く無さそうな・・・プチコ。
d0318386_1539311.jpg


でした。

あー、早く行きたいな~。(笑)
現場はあと二ヶ月半後・・・ってトコか。
でも激寒なんだよね。(^_^;) 山だから~。雪残るしね。

--------------------------------------------------------------------

調子に乗って 夜の空き時間に少しコリコリしてみたら
ほんとにヘタクソで(泣) 一部粉砕しかけたので、慌ててボンドを流して中止。
d0318386_19441714.jpg
とりあえず、プチコで間違いないようで
嬉し悲し・・・。トホホ

by jurijuri555 | 2015-02-28 15:49 | 化石 | Comments(6)

昨年採集品の整理 その④

整理していく中で、すぐにクリーニングしてみたい物(時間があれば) と言うのがある。
どれも そうのはずなのだが、特に。

整理しながらいくつか手をつけてみたが、やはり硬い石はなかなか短時間では進まない。
しかし道北の白殻ノジュールはかなり柔らかく、パンパン割っていたが
貝も柔い。(泣)
1つは完璧 ポリプチ(しかもノジュールのド真ん中にIN)なので又戻したが(笑)
ミニアンモを数点割り出したらゴードリは砕けた・・・。
あ゛~。片面がキレイに出てクルクルのキラキラに感動したのも数分。
中身の風化も進んでいたから仕方がない。
つぶれたダメシ(かな?)を出したのと
d0318386_1338422.jpg

何だろう・・・(種類)
幼貝をみつけただけで終わった。
d0318386_13391156.jpg
直径2mm

アレ どこ行った?と言う採集品も山の中から大体掘り出せたが、
アッシーのコニアシ(チューロか?)のミニスカフィ密集ノジュールだけがどうしても見つからない。
2塊だが、たしかまだ持ち帰って洗っていない(=帰宅後にジックリ愛でていない)はずだ。
ものすごい気になる・・・。
(実は、この日こそサメ歯発見記念日で、採ったウドとサメ歯でいっぱいいっぱいで放置したまま)

おしまい

by jurijuri555 | 2015-02-25 13:47 | 化石 | Comments(8)

昨年採集品の整理 その③

昨年の と書いたが、実際はいままでの の事で、
今日のアップは一昨年以前に採った物になる。

この頃は、化石専門のお仲間が居なく 鉱物仲間で化石にも興味のある先輩とポツポツと歩いていた程度だが、
もちろん今でも化石の名前もわからないのに サッパリな時代だった。
全て「アンモ」。
もしくは「貝」(アンモ以外の貝)、「植物化石」、「ゴミ」。(^_^;)

そんな時期に ちゃんと採ってる自分。を見るのもガクブルだが、
その時の採集品がどこ行ったか・・・が最大の難関だった。

「知らない」と言うのはスゴイ武器であり凶器で、
欲しいと言う邪念ばかりで良い物が取れない今より 結構(私的には)大物を採っていたり
よくこんなの持ち帰ったな。と言う いわゆる「ゴミ」(不明品)だけど持ってきてた物(今なら聞いたり調べればわかる品)が多い。
そして何より 途中半端なザコがないのが清々しい。(爆)
なにせ それがまさしく「ゴミ」なんだから。(^_^;)
コザコザしてるけど 野生の勘でソコソコの物。

今は無きYバリH川の小崖のイノセラとフィロ(?)
d0318386_135344.jpg
イノラセが多産するチューロのこの地で
よくぞ持ち帰っていたと言う記念になる品だ。
頭頂と横が欠けてるのは残念だが、大きさ色艶、なかなかの物だ。
P川の方からも採っている。
ココは鉱物的に とりあえず駄品でも1つはサンプル品を持ち帰る。と言う根性が生きた部分だ。

スゴイがもったいないのもある。
前回と同じくアッパークルクルのゴードリと思われるアンモ。
d0318386_1358123.jpg
これは直径10cmはあるがなんとこれが何個も付いてるノジュールだったのだ。ヒー
とにかく 重いのは持ち帰りたくなかった。
初心者過ぎる私でも ニョロニョロと沢山ゴードリが付いてるのを見て ニッポではないのは分かったが
どんな異常巻でどれだけニョロニョロしているんだ???と
とにかく必死に割りはがして1個(かな?と思える物)にしたのだ・・・。
スゴイんだかおバカなんだか。
今考えたら 10cmゴードリが密集した標本が立派にクリーニングされたら
たかがゴードリとは言え なかなかの物になっていたのでは・・・。
おそるべし 初心者・・・。ガク

なんじゃコレ?
とすぐ割ってしまう謎な化石も 一応持ち帰るのも良いのか悪いのかクセで、
この頃から顎器やタネを持ち帰っていた。
今の方が割って本当にゴミにしてしまうぐらいだ。(^_^;)

そんなおバカな私の役に立つのは 先輩の皆さんの助言と図鑑だが、
先日ご紹介されてて私もすぐさま買いましたが「化石〇選」。
d0318386_1462757.jpg

もーりんさんや横井さんの本も大変立派で参考になりますが、
アンモ以外のものがたくさん載ってるのは更にザコ集めが得意の私にとっては参考になります。
初めから持っていれば・・・と言う あれ、あの時のアレってコレだったかも・・・
とキーキー後悔する事も多く、鬱な本。(爆)
これの北海道版をどなたか作って下されば ワタクシの一生のバイブルになるでしょう。
でも みんなやっぱりアンモですよね?(^_^;)
面白い化石って、沢山あるものだ・・・。

by jurijuri555 | 2015-02-24 21:00 | 化石 | Comments(8)

2015年初ホーム

ふぁ~!!!!やっと繰り出しましたよー♪

仕事明けにホームまでひとっ走り。
途中、ウトナイ湖に寄るも・・・白鳥さんはお留守。(泣)
d0318386_17543070.jpg
寂しい湖でしたが、小腹が減ったので道の駅でホッキライスバーガーを購入。
d0318386_17551661.jpg
フィッシュフライ(サメか?(爆))に小柱付きホッキと贅沢なライスバーガーに舌鼓を打ちながらホーム到着。
d0318386_1756507.jpg
ちょっと曇りがちで景色は残念だけど、
風はやや強いが気温6℃と 一生懸命歩くと丁度良い温度。

早速、オオヒタチオビガイ・・・の一部発見!!!!
d0318386_17595513.jpg
これはわりとフレッシュだ!!
是非完全体を採りたいものだ・・・。
なかなか見ないのだけど、まだ貝ラインは続くので探しながら進む。

イマイチ漂流時季では無いのだが・・・なんとかガラス玉にも遭遇♪
d0318386_1814981.jpg
直径9cmぐらいありそうです。

出来ればシリンダー型も欲しかったのですが、現代版しかありませんでした。
d0318386_1842451.jpg
これは結構流れ着いていた。
んー、ガラスの方がやはり風情ありますよね。(^_^;)
しかし、石灰まみれで経過を感じますが・・・一言で「石灰」と言っちゃっていますが、これも有孔虫類なんでしょうかね???
d0318386_187268.jpg
規則的な模様と層が出来ています。

ウミネコのミニコロニー。
d0318386_1875036.jpg
d0318386_188867.jpg


何も無い海辺に私の足跡だけが続く。
d0318386_1883714.jpg

d0318386_1885456.jpg
立ち上る飛行機雲。

結局、特に成果の無い海歩きでした。(^_^;)
d0318386_1893970.jpg
持ち帰ったのはガラス浮き以下の物だけ。
ヒタチオビも欠片2個だけで完体は今回も無く。

帰りは、少し南下し探検に周り、
又小腹が空いたので三星でパン買って食べ(枝豆とチーズのフランスパン)
d0318386_1812072.jpg

またまた空港近くでは頭上スレスレを通る飛行機に慌ててシャッターを切り、駄写真撮影。トホホ
d0318386_18142178.jpg


これに海鮮市場を足したツアー(ビーチコと海の幸とフォトシューティングツアー)を希望があれば組みますよ。(笑)
またまた「じゅりあプレゼンツ」の高いツアーですが。(爆)
頭上飛行機のマル秘撮影場所もチェック済です。(^_^;)

by jurijuri555 | 2015-02-23 18:25 | | Comments(8)

昨年採集品の整理 その②

さて、引き続き 去年の採集品の整理第二弾。

続きまして出てきましたのは、去年の夏にfossil1129さんと出かけたアッパークルクルの沢のハンバーガーノジュール。
d0318386_1221684.jpg

コザコザしか出ない巡検の中で 唯一まんま塊と思えるノジュールだったのだが、
得意の「なんだコレ?」とガンガン割って確かめようとした為に すでに割れている。

おまけに結構擦れ擦れの様子だがチラッと見えてる部分ではアンモの助らしき物が見えず、なんだかツルンとした印象。
その為か、fossil1129さんには「オウムガイかもしれませんよ。」と言われていた。
ハフハフ♪
マジすか!!オウムガイ、まだ採った事ないので期待MAX~♪

で、ガンガン叩いてみたが、現場でもガンガン叩いてしまった様に
こんなに亀甲ひび割れのクセに妙に硬い。まったく歯が立たない。
少しづつ叩いて剥がしていたが、またもやズガンと更に割れてしまった・・・。キャーーーーー!!!!!
うう・・・まずは接着しないと心が折れそうだ・・・
と言う事で、またもやクリーニングはおあづけ。(^_^;)
私の中では、セノマ・チューロ・マストリの石は硬い。と刷り込まれてしまっていて鬱だ。

気を取り直して、そのセノマのだが、琥珀化石が出てきたのでM傘の琥珀化石をまとめてケースINしてみた。
d0318386_12123562.jpg
左は懐かしきセノマ畑でみつけた石炭なりかけの珪化木に付いた琥珀。真ん中は同じくセマノの植物片の混じったノジュール内の琥珀。
右は植物畑の植物化石と琥珀の標本だが、こちらはたぶん新第三紀の物だろう。
写真には撮らなかったが、ブラックライトを当てると左は★のような青緑に瞬き、真ん中は黄色、右は緑に蛍光する。
面白い三連発標本。

続きましては、ラストシリーズのもとろんさんとの巡検で採った(頂いた)ツリテラ。
頂いた、と言うのは、ツリテラ採りに行ったのに ワタクシはタカハシホタテ堀りに夢中になって
ツリテラは自採していないのだ・・・。(^_^;)
やってみたかった照らし合わせ標本にした。
d0318386_12245938.jpg
もうちょっと立派なキリガイダマシ(化石)の標本が欲しかった所だ・・・。
是非、又再チャレンジしたい地です。(今度はちゃんとツリテラ採ります。(笑))

更に整理は続く・・・か???(^_^;)

by jurijuri555 | 2015-02-22 12:34 | 化石 | Comments(6)

昨年採集品の整理 その①

本当なら、この好天の中 海をそぞろ歩いてるか、ボーッと寝てるかPC覗いてるか・・・の土曜だが、
ちょっと家庭の事情で、生活機器の交換の為 業者が1日入るので在宅している。

まともに起きて、シャキンと家に居ると言うのは なかなか無く(^_^;)、
かと言って他人の居る中、どう存在していて良いのか手持ち無沙汰で
しなきゃしなきゃと思っていた採集品の整理をする事にした。
今日はその第一弾分のUP。(と言っても 続けてどれだけの採集品を整理出来るのかは謎)
出て来る順なので、巡検日順でもないのは承知願います。(汗)

一番に出て来て手をつけたのは、残りわずかになっていた夏の道北遠征のノジュールを入れたカゴ。
のうちの¥ベッツーの分。 メタプラ等レジンに取り すでに標本にした残りの分だけ。
それを補修して ケースに入れたり。
d0318386_113526.jpg
左は、二枚貝とサンゴの化石。
右は、ツノガイ(折れ折れ)の化石だ。

ベッツーで残ったのは、1個のノジュールのみ。
d0318386_1143038.jpg
同じく二枚貝の剥がれた跡の残るノジュールだ。
よーく見ると 小さいメタプラの欠片があちこちで虹色にキラキラ光っている。
ザコ類の集まりノジュールで、大きな物は入っていない様子だが、とりあえずキープで保存。

次に出て来たのは春のホベッツー巡検の時の 午後から林道サントの地の辺りでアルビ師匠が採ってくれた
ゴードリ団子ノジュール。
それが家内乾燥で上手い具合に3つに割れた物。
d0318386_1114078.jpg
素晴らしい!!!!!
メインのゴードリは少し潰れながらも丸々体で残っていそうだ。(直径約10cm)
残りの方にもまだまだチビゴードリが入っていそうで楽しみだ。
d0318386_1115255.jpg


続く・・・(とイイな。(^_^;))

by jurijuri555 | 2015-02-21 11:18 | 化石 | Comments(14)

サメミク 2

ヒマー。
なのでもういっちょだけお付き合い願いま・・・


「ラブラブ ラブカ」
 作詞・作曲 じゅりあ

トレタヨー
d0318386_1311551.jpg

ラブラブ ラブカ ラブラブカ
ラブラブ ラブカ ラブラブカ

生きた古代ザメの 深海魚
水深1000mの 深海魚
8000万年前からエラは6枚
フリルに見えるからフリルドシャーク

フリフリ ラブカ フリルラブカ
フリフリ ラブカ フリルラブカ

小さい 鋭い歯 300本
獲物に噛みつき 逃がさない
妊娠期間は3年半
最大全長2m
時々揚るよ駿河湾

ラブラブ ラブカ ラブラブカ
ラブラブ ラブカ ラブラブカ

エメラルドの目 深海魚
ウナギの様な 深海魚
捕食好物 頭足類
たまにはネギも食べるんよ
d0318386_13595580.jpg

フリフリ ラブカ フリルラブカ
フリフリ ラブカ フリルラブカ

ラブラブ ラブカ ラブラブカ
ラブラブ ラブカ LOVEラブカ


お粗末。
あ゛ー、サメ切れでモンモンとしています。(爆)
絶賛営業ちう・・・キーキーキー

by jurijuri555 | 2015-02-16 14:46 | 日常 | Comments(12)

サメミク

こんな感じ?(爆)
d0318386_13574864.jpg


ネタがないので・・・。(^_^;)
ミクさんは可愛いですネー。
これは「ねんどろいど」です。
おうちには、大きい(20数センチの)本格(?)フィギュアもあります。(^_^;)
又、いつか次ネタに。


トレタヨー
d0318386_1454374.jpg


by jurijuri555 | 2015-02-13 14:10 | 日常 | Comments(10)

2015雪ミク ファクトリー編

雪まつりも本日までとなりました。

今年も出向かず・・・。(^_^;)
二男に撮って来てもらおう。と思っていたら 二男が向かったのは、土日のサッポロファクトリーでのイベントの方でした。ガク

d0318386_395198.jpg
セガのゲームやクリプトンのボカロソフトの体験等楽しんで来た様です。
d0318386_4202636.jpg
d0318386_3244229.jpg
d0318386_420549.jpg


お土産はガチャ。(笑)
d0318386_325931.jpg
会場限定の様ですが・・・。(どこでもは無い)

あと、空港では置いていなかった公式グッズのラバーマグネットを買って来てもらいました。
d0318386_3262584.jpg
可愛い♪

ま、雪まつり会場の様子は 他の方も撮ってくれていますのでイイですね。(^_^;)
先日の雨ですでに取り壊された雪像もある様ですが・・・。
今年も沢山の方に見てもらったのでしょうか。
寒いけどー、冬の北海道も楽しんで頂けたなら嬉しいですね。

ほんとに寒くて(^_^;) 春の北海道を早く楽しみたいジモティです。(苦笑)

by jurijuri555 | 2015-02-11 12:00 | 日常 | Comments(6)

腕足さん

さて昨日ブルブルで採集したタテスジさん。
石狩湾に生息する腕足さんですが(他地域にも居る)、詳しくはキチンと研究している方もいらっしゃいます。
検索すると出て来るかもしれませんが、論文を読むのは色々と大変で 私はまだ拝ませて頂いていません。

タテスジホウズキが正式なのか読みでタテスジホオズキなのか、
両方で出て来ます。化石も ね。

タテスジホオズキガイ
d0318386_1494070.jpg
学名:Coptothyris grayi(Davidson,1852)
腕足動物門 有関節目 テレブラチュラ目 ラクエウス科
腕足動物(わんそくどうぶつ、Brachiopoda)の1種。

腕足類に関しては、以前もブログってますので参考にドゾ。
腕足類←クリック

まだまだ謎な生物ですが・・・。
とりあえず、もとろんさんの真似をして標本を作りました。
台座はコターンのノジュールも持って来たのですが、やはり色合わせに目立たぬ白となり、本当に真似っこになってしまいました・・・。スイマセン
d0318386_1654314.jpg
肝心の部分が反射して見えませんね。(^_^;)
ま、期待通りには作れなかったので、そのまま「ご愛嬌」で。(^_^;)

ウィキにも載ってるヘッケルの図
d0318386_1627322.jpg
の右下と同じ腕骨だと思ったのですが・・・。
d0318386_1633346.jpg

レジンの水分で戻ると思ったのですが、乾燥するとなかなか簡単には戻りません。
もとろんさんの様にまんまで乾燥させて、の方が良かったのか・・・。
これは今後の又実験ですね。
骨にしちゃうと透明でレジンに同化して見えません。(笑)
骨のまんまで乾燥・・・がベストそうですが、もろくて崩れてしまいそうですよね。
うーん、スプレーのりで固定もスプレーの噴射の勢いで壊れそうだし・・・。

そして本当は、触手冠(?)と呼ばれる腕骨の周りにヒラヒラと触手が付いていたのですが・・
d0318386_1629952.jpg
昨日の画像、殻についてる赤っぽい物です。
上下の殻に分かれて剥がれてしまいましたが、貝肉にみえる触手冠についてた触手だと思います。
これがプラクトン?等をワサワサ巻き込んでいたのでしょう。
d0318386_16521278.jpg


「標本作り」と言うのも難しいものです。

by jurijuri555 | 2015-02-10 16:19 | 生物 | Comments(10)