my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏のビーチへ
at 2017-07-25 20:49
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
最新のコメント
りんぞうさん こんばん..
by jurijuri555 at 20:03
お疲れ様でした。 >ア..
by りんぞう at 19:03
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 18:54
遠軽より帰還しましたよ~..
by アルビアン at 18:17
fossil1129さん..
by じゅりあ at 07:05
ヤドたちの海水汲みという..
by fossil1129 at 06:08
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:42
ZX9-Rさん いや..
by jurijuri555 at 03:30
こんばんは~。 コータ..
by コニアシアン at 21:47
お仕事明けの巡検、お疲れ..
by ZX9-R at 21:43
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


崖品サンプル

えー、昨日の拾いものサンプル、画像撮ってみましたー。

まずはFDの崖は、トリゴニアと 自分用は長巻貝を2個(こちらはクリーニング出来たら又改めて・・・)と
ウニ???かはわからないけどコロンと出た物を1つ持ちかえってみたのですが・・・
d0318386_18443164.jpg
帰宅してメガネかけて見た時は、背中の星型の溝が2本見えた気がして ウニだ~♪と思ったのですが、
こうして撮ると 余分な石が付いたままで分離悪そうで そうとは全然見えませんね。(^_^;)
錯覚だったかも。ウニだったらもう少しキレイに出ると思うし・・・。

まま、コレはゴミ記事として捨てといてー・・・。(^_^;)

隣町の崖の回収サンプル。
頂いた資料では、イガイ(チカノヴィッチ/Mytilus tichanovitchi)と
スエモノガイ・ソデガイ・イシカゲガイ・ナガウバガイ・タマガイとカシパン の7種ほどが確認されているそうですが、
d0318386_18565525.jpg
これは、上がカシパン、左にイシカゲガイとその右が大き目タマガイの一番下の巻の部分、
右の石には、小さなイガイとタマガイ、スエモノガイ?かウバガイなんだろうけど小さ目ウバガイと言うかアサリ(笑)と
右にはカシパンの跡も見える。殻は取れたか融けたものだが4種ついてるので持ち帰った。

こちらは、
d0318386_1955642.jpg
何?スエモノガイ?ウバガイ?
厚みがある様には思えないんですがねー。なので現地ではずっとシロガイ(サラガイ)かと思っていました。

で、採ったイガイの一部ですが・・・
d0318386_19163173.jpg
プリプリ美味しそうですよね~。(笑)
沢山拾ったのですが、やはり殻付きは難しいですね。大体が本体半分以上の殻が割れて取れてしまいます。

これらは、第三紀 中新世前期-中期の寒流 浅-中水深の貝です。
前期中新世の終わり頃から中期中新世の最初にかけて、日本海が形成されるとともに日本列島は熱帯~亜熱帯の環境になりました。
「朝日動物群」(今回のチカノヴィッチ)に続く「滝ノ上動物群」には亜熱帯の環境を示す貝化石が含まれています。(ビカリアの層)
こうしたことから、前期中新世から中期中新世にかけて、寒流と暖流が北と南に交差していたと考えられると思います。
実際、北海道でビカリアが出たと思えば、福島県、埼玉県、千葉県でもチカノヴィッチも見つかっています。
しかし、色んなイガイの仲間の化石が前期~中期中新世の地層から発見されていますが、
チカノヴィッチのようなずんぐりしたイガイの仲間の化石は中期中新世の中頃からまったく見つからないそうす。
絶滅してしまったのでしょうが 時代が限られていることで示準化石となります。

こうして その崖の当時に思いを馳せると なんだかロマンですよね~。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-29 19:46 | 化石 | Comments(6)

崖より思いを馳せて

本日は、本当は違う予定を入れていたのですが、条件整わず と
明日から天気も気温も下り坂・・・と言う事で
いくつか年内に済ませてしまいたい物のうちどの次候補を持ってくるか悩んだ結果、とりあえず天気以外は気にならず
又まとめてしまえる案件を済ませてしまう事にした。

まずは、人頼みばかりしないで自分でも回収してしまわないとな。と
FD(セノマ)で貝採り。
d0318386_16382969.jpg
秋ですな~。
紅葉も終盤です。

思ったより入っていたのか、細かくされていましたが、更に更にハイエナ作戦で 何とかいくつか拾い集め。
えー、ウニ~?
やっぱり見つけられない。(^_^;)
d0318386_16403820.jpg
まぁ、もうそうそう良い物は出ないので 途中まで登りかけたが
いやいや拾いもので。と下でゴソゴソしていたせいもあるかも。

特に何も無く、自分ものがなくてつまらなかったが、もう寒くて仕方がない。
本当はあちこち川も覘く予定だったが、入水なんてとんでもない。冷たくて風邪ひくだろう・・・。と全てスルー。
(視察ぐらいすれば良かったかと後でちょっと後悔したが、見たら降りたくなっちゃうしね。(^_^;))

このまま帰りたい気もしたが、せっかくだから崖つながりで 先日アルビ師匠にも聞いた隣町の崖へ。
場所はわかってるけど えー、見えないよ。(^_^;)
ま、下まで行けばなるほどね。って感じだけど。
d0318386_1646271.jpg
グリーンタフかと思ったけど 海なんだからこれも緑海石(砂)なのかねー。
三紀貝。
登るんですか~?(汗)
d0318386_1648542.jpg
ヒーーーーーーッ!!!!!!!!
登ったけど 死んじゃう死んじゃう!!(冷汗) 超危険。
上に行けば良い物採れると言う訳ではなく、下の方にも落ちています。無理しない方が良いかと・・・。
d0318386_16505290.jpg
ちゃんとウニもタマガイも採ったよ。
d0318386_1651153.jpg

まぁ、採集の戦利品は又。
d0318386_16515334.jpg
もういいもういい。(汗)
イガイの海。どんな海だったのかな~。

それでもお昼になると気温もやっと10℃越えて 動いていたら暖かく感じて来た。
でももう終わりだ。サムサム...

サクサク予定通りに午前で終了。
山は終わりだ。今夜から雪だ。積もるな。やっぱ海だな。(^_^;)
と言う事で、北海道博物館に寄り 「漂流物展」を見て来た。
d0318386_16593859.jpg


あー、いいね。海は癒されるね。
d0318386_17044.jpg
(とか言って、海に行ったらやっぱり風冷たくて寒くてヒーヒー言ってるんだろうけど。(爆))

会場にはいろんな漂着物が展示されていた。
d0318386_17234100.jpg


でもやっぱりガラス浮きだよねー。
d0318386_1725865.jpg

その他石や化石
d0318386_1735324.jpg

季節ものや地方からの物
d0318386_1741968.jpg
アオイガイが圧巻だったな。
やはりサイズ違いで欲しいな~。

そして憧れなのは、やっぱコレかなー。
d0318386_175781.jpg
紫のー。
むらさきのさんの宿にもイイよね。(笑)

山も海も楽しんで帰りました。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-28 17:18 | 化石 | Comments(18)

ビーチコと超天体ショー

むらさきさんが、宿替えをしたい様子なのですが、入れた貝が気に入らない様なので 今入ってるのと同じコハクダマの一回り大きいのを入れたのですが
やはりタマガイ系が良いのか気にしてクルクルクルクル触ってるけど 入らない。
イマイチ サイズが合わないのか?
んー・・・貝でも探して来ますか。(と言ってもこっちはタマガイはツメタ系しか無いんだけどねー)と海に出掛けました。

とりあえず今日は日本海側探索。
d0318386_14393159.jpg
アチャー。思ったより水位が高かったのね。
寄せ物が全部古いのも新しいのもまとまって奥(丘側)に押しやられています。
そして風も波も強かったのか漂着物も砂に半没・・・。これは・・。

それでも前回見なかった コウイカの骨や
d0318386_14415293.jpg

クラゲの打ち上げが多く 少し期待感があります。
d0318386_1442257.jpg
これはベチャっとなっていなくプリプリしていたので
d0318386_14425448.jpg
海にお帰り~っ!!と投げてあげました。
クラゲの恩返し、待っています。(爆)

他にも 久々~ん♪
d0318386_14434462.jpg
ガラス浮き。

沈子もありました。
d0318386_14441789.jpg
4種勢揃い。(笑)
丸々した艶のある釉のかかった樽型沈子はよく見ますが、上のスリムな型のマット釉のは珍しいのでお持ち帰り。

クルミなんかも沢山漂着していましたが、イイ感じにまでエージングされたヤシ(?)の実もありました。
d0318386_14561646.jpg


他にもウミネコやタヌキ(?)の死骸などのゲロゲロ系もありましたが、
d0318386_14584125.jpg
メロン熊まで。(爆)
やはり夕張から流れて来たのでしょうか?
ちなみに植物系漂着はありましたが、シーアンバーは見当たりませんでした。

そしてそして・・・はうっ!!!!
d0318386_1502838.jpg
こ、これは・・・!!!!

ソッと掘り起こして洗うと・・・
d0318386_151121.jpg
やっぱりね~♪
埋まってると思った。
でも、これしか発見出来ませんでした。
一部でも出ていないと見つけられませんからねぇ。

もちろん エゾタマやチシマの幼貝もゲット。
でも地味~・・・。(汗)

こちらの主な戦利品は、
1沈子 5ガラス浮き玉 1アオイガイ でした。
 
 
この後は、一度挑戦して半分しか歩けなくて気になってた近所の浜へ移動。
以前のアプローチと逆側からアタック。
d0318386_158372.jpg
広~い!!
ここなら100人でも200人ででもビーチコ出来るのにね。(^_^;)

こちらも広いのにドワーッと奥まで漂着物が押されていた。
でも新しい漂着も少しあって、海側にもう1つ漂流物線が出来ていたけど。
こっちには、エボシガイやらの着いた物も多かった。
d0318386_15115551.jpg

そしてこちらでもガラス玉~♪
d0318386_15122738.jpg

漂着物は多いけれど、めぼしい物がないので ヒャホー♪
d0318386_1514277.jpg
とか波と戯れていて
フと向こうを見ると 虹~♪
d0318386_1515584.jpg

しかし何か天の雰囲気が変。と見上げると・・・
d0318386_1516845.jpg
何コレ~!!!!!!!!!
超環水平アーク!!!! 暈(かさ)に外接ハロ(楕円の暈) 薄いラテラルアーク(後光みたいなものだね) おまけに下部タンジェントアーク(下に半弧)もあった。
そして先の右側の虹の他に 太陽の左下にも虹があった。(逆円)

この環水平アークは太陽から横円に私の後ろの海に向って白い輪をつけていた。
d0318386_15255584.jpg
d0318386_1526978.jpg
ものすごい物を見てしまった。
いったい何人の人が気づいただろうか・・・。
きっとイイ事あるだろう。(爆)

ここでは、3ガラス浮き 1ボラ 1超天体ショー だった。(笑)
 
 
話を戻して、本日ゲッチョしたアオイガイ。
採った時は、ヤッター小さ目ゲッチュー♪ と思ったが、帰宅して測ると やはり8cmだった・・・。ガク
又同じサイズかー・・・。
でもこの子も修正痕があって、
d0318386_1530899.jpg
左側の上貝口がペリーッと割れ欠けていたが、
そもそも初めの頃に一度割れたらしく そこから修正して作っている。(丁度背中の黒いトゲトゲキールの部分の黒の終わりの所)
が、背中を見ると
d0318386_15315914.jpg
ちょ・・・、ちょっと君ヘソ曲がってるよね。(^_^;)
ガクッとズレてますがなー!!(爆)
ま、最終的にはなんとか来るトコ来てるけど。(笑)

あぁ、カイダコも面白っ。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-25 15:46 | | Comments(16)

やどやど日記 1

デッカさんが宿替えしました。
d0318386_1921511.jpg
「ちぇす」


『らしい』と やどパパには好評です。
d0318386_1922541.jpg


デカイのに意外とアクティブ。
d0318386_19225711.jpg
そして目立つ。(^_^;)
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-21 19:31 | 生物 | Comments(14)

今年初の葵貝

アオイガイの漂着が来てるよー。
と聞きまして、重い腰をあげてヤド水汲みがてら 日本海に出向いてみました。

朝は雨が降りそうに雲も厚く暗い。
d0318386_1054058.jpg

何もないし なんだか汚いし 相変わらず車で荒らされてるし・・・。
ほとんど漂着物を見ないままテクテク歩いて コースの終点近くで同じくアオイガイ目当てか(?)で歩くコーマーさんと
車で見まわる不届き者1台に会っただけでした。

ほぼ端から端まで一応歩いたが何も無くて なんだー。とガッカリして
ヤド水汲んで 帰ろ。と、汀線から離れて戻っている途中で

はう!!!!!!
d0318386_1058020.jpg
ふぁーーーー!! こんなトコに・・・。

強風に飛ばされたのか、丘側奥の方にポツンと1個だけありました。(^_^;)
ラッキー♪

私の心の様に お天気も晴れ出しました。(笑)
d0318386_1152560.jpg


さて、このアオイガイ。少し小さ目8cm。
d0318386_1154025.jpg
一昨年拾ったのもこれぐらいのでした。(ちなみに去年は見つけられず。)
これより小さいのと 初めて採った12cmのより大きい15-20cmのが欲しいんだよな~。
今年は採れるかなー?

話戻って、
この子は左側はキレイなんだけど
d0318386_1183562.jpg

右側の貝口下を自己修復した跡があり、とてもキレイで上手な器用な子の様ですが
助が迷走していて面白い。(笑)
d0318386_1110948.jpg
何だかかわゆい。

貝といえば・・・
旭川から帰宅すると またまたりんぞうさんからヒタチオビ等沢山の貝が届いて、
正真正銘の生(茹でちゃったけど)エゾヒタチオビ(オオヒタチオビ)をお仲間の皆さんにもお分け出来そうです。
d0318386_11134854.jpg
りんぞうさんK様いつもありがとうございます!!

只今処理中なので待っててね。言っとくけど 超臭いよ。(爆)
もちろん、中身付きだよ。(笑)
d0318386_11133665.jpg


by jurijuri555 | 2016-10-18 18:00 | | Comments(12)

旭岳家族旅行 その2

今回、お宿に選んだのは、旭岳温泉のホテル「湧駒荘」さんです。
楽天のトラベルアワードに毎年入賞するお宿です。
d0318386_14171211.jpg

源泉掛け流し、館内の水は全て大雪の湧水です。

食事はプランによって違うのでしょうが、奮発してご自慢の赤肉メロンのヴィシソワーズ(夏季限定だったが出た)、アワビの塩釜焼きや和牛シャブシャブの入った物にしました。
d0318386_10492761.jpg
d0318386_14483114.jpg
d0318386_14484390.jpg

デザートの白い珈琲プリンは絶品です。
d0318386_14493597.jpg
これはお持ち帰りで販売もしています。

又、湧水も外にも水道(?湧いてる蛇口)があるので 宿泊客じゃなくても汲み取りは可能かと思われます。
日帰り入浴の温泉もあります。(休憩所・レストランも有り)

宿泊客はその施設も使用出来ますが、専用のお風呂も2つあります。
d0318386_14523388.jpg
d0318386_14525854.jpg


こちらは館内の湧水。
d0318386_1457129.jpg
お風呂あがりに冷たい湧水は最高です。

又、暖炉のある趣のあるロビー休憩所や 宿泊客は自由に使える喫茶室(飲み物無料)もあり、快適でした。
d0318386_1459240.jpg


ゲームコーナーがあったりはしないのでお子様連れには退屈かもしれませんが、小さなお子さん用のキッズルームや
無料のカラオケルーム・卓球台もあって、好きな人は楽しむ事が出来ます。

館内禁煙ですが、喫煙ルームがあり、福井から来た。と言うお客さんとお話が出来たりもしました。(^_^;)
雪にビックリ、とか 海の話とか。(笑) (shigeさんを思い出して)

旭岳の朝。
d0318386_1573532.jpg
氷点下。車も凍っています。(^_^;)

朝ごはんも豪華。
d0318386_1581597.jpg

晩も朝もおなかいっぱい食べて、温泉も何度も入って、満喫してチェックアウト。

本当は、ロープウェイであがり、姿見の辺りをトレッキングする予定でしたが、雪のせいで子供たちはテンションだだ下がり・・・。
私はヤル気満々でしたが誰も参加しないのでは意味がありません。
泣く泣く、下山。
d0318386_15114037.jpg
まぁ、登っても真っ白で景色もあまり楽しめないでしょうしね・・・。
又、雪のない季節に来てみたいです。

大雪山系は層雲峡と言うと思い出されると思いますが、道路わきに見られる柱状節理を見てもわかると思いますが、溶結凝灰岩の山です。
見るトコ見るトコ ドカンドカン大きな岩のある山です。
d0318386_15164890.jpg

大雪山系は、旭岳連峰などの山から成る石狩川と忠別川の上流部に挟まれた山塊をさす とありますが、その忠別川の川原がそそられる。
d0318386_15205744.jpg
d0318386_15211382.jpg
わーい!!と河原に向って走り降りたかったが・・・化石や良い岩石はないっぽい。(^_^;)
奥は忠別湖(忠別ダム)
d0318386_15234617.jpg


目的の登山が出来なかったので、帰り道 美瑛や富良野を観光して行こうか・・・と思ったのだが 行けば何かあるだろう。とアバウトに走っていたら あ・・・あ・・・と言う間に お花畑やトリックアート美術館を通り過ぎてしまい(苦笑)
チーズ工房の看板も見えず、芦別のルートに入ってしまった。(^_^;)
仕方ないので、三段滝で休憩。
d0318386_15261048.jpg
d0318386_15262611.jpg
ドングリが沢山落ちていました。

時間があまったので 近場の産地の下見。
d0318386_15273188.jpg
ココ じゃなくて、この辺の。(笑)
家族が居るのでアタックは出来ず。(泣)

お昼は古〇里で摂ろうと思ったら品切れ(?)閉店。
結局いつもの・・・。
d0318386_15411794.jpg


なんだか帰りは超尻すぼみになってしまって ナンダカナーだったが、良い景色の中ドライブ出来て それは楽しかった。

そんな、秋の小旅行でした・・・。
d0318386_15413425.jpg

 
 

by jurijuri555 | 2016-10-17 15:42 | 日常 | Comments(6)

旭岳家族旅行

私事ながら なんとなんだか気づいたら(笑)結婚して25年になりました。
銀婚式ですよ。(^_^;)
まぁ、もう家族で動くなど無くなるだろうからと 久々に家族で1泊旅行に行って来ました。

14日の朝、前日に宿に確認すると「雪が積もっています」と言うので スタッドレスタイヤに履き替えてから出発。
時短がモットーのワタクシですが(セッカチ・ものぐさ)、予定より出発時間が遅れたものの ストレートコースを通ったので予定通り、お昼過ぎには「旭山動物園」に到着。
来たかったんだ~。(笑)

子供たちは学校の社会科見学か宿泊研修か忘れたけれど 行ってるが、私は小さい時に行ったきり、改園されてからは行ったことなかったのだ。
話題の色んな斬新な展示施設を見るのが楽しみだった。

とは言え、お昼なのでまずは昼食。
旭川と言えば、旭川ラーメンでしょ。
d0318386_1456959.jpg
動物園内のレストランなので、海苔がライオン型。

よく来たな。
d0318386_145744.jpg

何見に来たん。
d0318386_14572917.jpg

寒いじゃないの!
d0318386_14575363.jpg

ほんとに 少し北に来ただけで、札幌より2-4℃気温が低い。
しかも途中途中雨がちの天気だったので心配だったが、なんとかもち 一応平日なのでゆったりと見れた。
それでも結構来てるもんだなー。と 海外からの観光客も多かった。

広い園内、それぞれの動物が 自然の環境に似せた工夫された宿舎でのびのびと飼われていた。
d0318386_15593.jpg
d0318386_1552924.jpg


特に狙ってはいなかったが、チラリとキリンの赤ちゃんのもぐもぐタイムや
d0318386_1562918.jpg

白クマのイワンのもぐもぐタイムを見れた。
d0318386_157118.jpg
d0318386_158645.jpg
水中のシロクマは自由自在にしなやかに動き回る。
d0318386_1583937.jpg
ごっそさん。

こちらも自在に水中を飛び回るペンギン。
d0318386_1592174.jpg

しかし地上では・・・クビ折れてますよー。(汗)
d0318386_15104683.jpg
寝てます。ちなみに右のもコレで寝てます。(爆)

サービスやでー。
d0318386_15111915.jpg
「打ち上がりアザラシー」。
アザース!!

皆さん狙う トンネルくぐりのショットは人が居ると難しい。(^_^;)
アザラシの向こうに人が入っちゃうのよね~。
良い写真を撮るのは本当の平日にゆっくり時間をかけるしかない。
(もちろん良いカメラで。)
アザラシも水中では鳥の様に自在に泳ぎ回っていました。脂のってる感じで・・・。(笑)

日中はオネム。
d0318386_15144410.jpg

ひたすら高速でツツく。
d0318386_151520100.jpg
目の前で見れるのが面白い。

あんたイイの着てるわねー。
d0318386_1527158.jpg
お前が欲しいならヤルぞ?(ちょ、爪・・・)

ウルトラライトダウンを着てても少し寒い中、夕方まで楽しみ、
夕日を浴びながら 今夜のお宿まで移動しました。

つづく。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-16 15:31 | 日常 | Comments(4)

いた!!

本日の午後、カチリとヤド舎から音が・・・。
ん?気のせいか?とスルーしたが、又しばらくして カシャン・・・と。

気になって覗きに行くと・・・おや???
d0318386_44174.jpg
はしごの裏に何か居るー。

d0318386_4415874.jpg
デッカまきまきさん居たーーーーーー!!!!
て、重くてせっかく貼り付け直した枠が又剥がれてるじゃん。(^_^;)

しかもキミ、来た時白くてシロさんが2人・・・と思ったけど褐色だね。
やっぱ脱皮したのかい?
駆けつけ脱皮とはヤルなー。
もう集団飼いでもされてて 人間のトイレトイレ・・・じゃないけど、「脱皮脱皮脱皮脱皮・・・」とイライラしながら来たのかねー?(苦笑)
ま、イイけど。

この後、夕方にはシロさんも出て来て(私は殻だけ確認、姿は見ていない)、
仕事中に主人から 「全員集合!!」とメールが入っていたので、むらさきの も夜に出て来た様です。
深夜帰宅した時は、デッカさんしかいませんでした。
ここドコ!!??と言う顔をしていましたが・・・。(探検する前に潜るからー)
早くヤド舎に慣れて下さいね。まずはエサ場を覚えて下さい。

明日からは積雪地帯に出掛けますので ブルブル
先日粉だらけになってメンテした貝殻入れて行きますねー。
帰ったら お引越し貝とか見てお名前も少し考えましょうね。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-13 23:58 | 生物 | Comments(6)

やどやど

我が家にもチョキチョキやって来ましたよ~♪
d0318386_1541506.jpg
繊細な透明クリスタルが良いですねー。
貝は本物です。
ウニウニさんは ほんとはフグさん(ハリセンボン)の様ですが、
可愛い小さいシッポに気付かなければ 本当にウニの様ですね。

うちのヤド達もビックリ!!
と言いたい所ですが、行方不明のままなので(^_^;)
ヤドフィギュア達でお出迎え。

ガラスと本物の貝ならではの繊細な美しいヤドカリの置物
是非、みなさんも如何ですか?

お問い合わせは、ねずみや主人さんのお友達のシェルの砂時計さんまで。

他にも雑貨や洋服なども置いてある様です。
お近くの方は、逗子店の他に葉山にもお店があるそうですので、実店舗までお出掛けになさってみては・・・。
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-12 15:51 | 日常 | Comments(8)

うにうに

ウニ集め、現世・化石共に ほぼほぼ順調。

先日は、アルビ師匠からもウニの化石を頂いてしまった♪
d0318386_1712995.jpg
今となっては貴重なY張HK川のブンブクと
私は採れなかったブラックパインのカシパン。
頂いた時はどちらもジャリジャリしていたがクリーニング。

あとは海外物で、欲しかったタコ型のウニの化石
d0318386_1763595.jpg
左(モロッコ)
(ちなみに右はドイツのミニミニマンジュウウニ)
と アローヘッドの化石もゲット。
d0318386_1774425.jpg
欲しかったんだ~♪

あとはー、サンショウウニ系の化石も欲しいな~。
色々自採にも行かなくちゃね・・・。

現世の標本作りも頑張りますよ。


あなたももっとウニ好きに。
うにうにスカシカシパン
ウニに萌えうる オカメブンブクの成長日記
ウニの研究(題のアリストテレスの提灯は7分20秒あたり)
 
 

by jurijuri555 | 2016-10-11 17:23 | 化石 | Comments(6)