my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
モーライ石ふたたび
at 2017-04-19 15:31
セノマの貝
at 2017-04-17 20:59
クリーニング ⑥
at 2017-04-14 21:51
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:45
巨大キヌタレ欲しいな~。..
by Macrowavecat at 20:14
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 19:39
こんばんは~内容が凄くて..
by アルビアン at 18:35
apogon2さん 難..
by jurijuri555 at 03:10
私も望来で採れる白くて長..
by apogon2 at 22:24
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:25
こんばんは~! 三紀含..
by fossil1129 at 19:14
アルビアンさん まーた..
by jurijuri555 at 18:31
オゲレツとのコメントに嬉..
by アルビアン at 17:36
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


やどやど日記 17

海に行くと ヤド水採取の他に 大体はお三方分の貝殻も探すようにしている。
しかしサイズや種類、キレイで新鮮な殻となると そうそう簡単に見つかる物ではない。
可愛いヤドには出来れば可愛い殻を着せたいものだが、北の貝などボラばっかりだ。(苦笑)
先日も大・中・小と 唯一なんとか拾えるアヤボラを持ちかえっていたが(と言っても大でも本来のアヤボラにしたら幼貝だ)、
小サイズは小さすぎたかな~??と思って特に考えず、大と中だけヤド舎に放り込んでおいた。

2-3日は、こねくり返した跡はあったが誰も使用せず、
宿替えするとも思っていなかったので気にも留めていなかったが、4日目にヤドパパが
「むらさきが巨大化した!!」と言うので見ると・・・
d0318386_1341835.jpg
!!!!!!!!!!
デッカさんが大サイズのアヤボラに入っていた。(爆)(爆)
超ウケる。

しかしショックを受けたのはシロさんだった。
毎日の様にガラス面に来て、「私のは?ワタクシのアヤボラは~・・・!?」と訴えるので
小さいと思いますよ・・・と入れていなかった小サイズのを試しに入れた夜すぐに
d0318386_13122930.jpg
ジャジャ~ン♪
(爆)(爆)

誰が誰だかわからんくなったー!!と言うヤドパパの声を聞いて
何だか真似された様で むらさきさんは超不機嫌。
d0318386_1316354.jpg
「俺がオリジナルだっちゅーの!!」

「なにか~?」
d0318386_13181533.jpg
むらさきさんのボヤキも聞こえないのか
昔からアヤボラに入っていたかの様な偉そうな態度のデッカさん。

「似合う?ねぇ、似合う?」ガラスに映る姿を見つめるシロさん。
d0318386_1321077.jpg


ヤド舎はアヤボラだらけになりました。(^_^;)
d0318386_13261710.jpg
面白味なーい。(汗)(汗)
 
 
「~♪」
d0318386_1327935.jpg


by jurijuri555 | 2017-03-30 13:00 | 生物 | Comments(8)

いろいろ

いろいろダイジェスト。

fossil兄さんより分けて頂いたミョウバン結晶。
d0318386_713127.jpg
ミョウバンとは、複塩の総称で24H2O などで表される。
結晶構造は 等軸晶系。
溶解度は温度によって大きく変わる。高温でより多く溶ける。水溶液は弱酸性。
溶解度曲線や単結晶生成の化学実験によく使用されるが、一般的には消火剤、皮なめし、煮物の煮崩れ防止や ナスの漬物では色素の安定化に使う。
青の発色を良くし、紫色を保つ働きがあるそうだ。
ウニの型崩れ防止(中身の話。(爆))や保存料にも使われる。
私は標本作りの際にも色落ち防止などに使ってみるが、溶解度を無視する(テキトー)のでアクまみれになる。(爆)(爆)

まぁ、怪しいウンチクは置いといて、ツルツルピカピカで見て触って面白い結晶で気に入った♪
(面倒臭がりなので自分では実験しない。(^_^;))
 
 
テヅルくん そろそろ本格的乾燥に・・・と冷蔵庫から出したが、強烈に干物臭い。(爆)
ネズミ~とは又違った 燻製臭い干物臭だ。
d0318386_7123722.jpg
背中側
d0318386_7125550.jpg
お口側
美味いんだろうか・・・。食べないけど。
キレイな燻製になります様に・・・。(違)


あ、毎年雪まつり時季に ミクグッズどうする?と聞いてくる二男が、今年は何も言わなかった。
とうとう卒業したか???
なので私も忘れていたが、今年のイラストは又可愛かったので見かけて購入した。
d0318386_7255265.jpg
鉱物の第2弾もね。
 
 
シロさんは朝からめざましテレビに夢中。
d0318386_7313750.jpg

とにかく目力が強い。
d0318386_7322271.jpg
「あのね、じゅりさん お願いがあるの。」
そんなシロさんのお願いは・・・。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-28 13:30 | 日常 | Comments(2)

初たたき

所用で来札しているfossil1129兄さんと 今日は初ハンマーふるいに行きました。

夕べはみんなで飲み。(笑)
d0318386_18453723.jpg
fossil兄さんとアンキロさんホークさん、apogon2さん、やままんさんとで 6人飲み。

そして今日は2人でアッツー・モーライ方面へ採集に出掛けました。
d0318386_1854342.jpg
初めは怪しいお天気でしたが、徐々に回復。
d0318386_18554094.jpg
d0318386_1941531.jpg

成果はイマイチでしたが、お昼にはピザも頂き楽しい1日になりました。
d0318386_1858133.jpg

ああっ!!あそこに良いオウナガイが・・・。でも届きません。(^_^;)
d0318386_1913955.jpg
わかりますでしょうか。(笑)

ま、でも海三紀もたまには良いでしょう?
お疲れ様でしたー。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-25 19:14 | 化石 | Comments(7)

謎のなぞなぞヒタチオビガイを追え!!

こんにちは。
久々にお米を10kgで買い、運ぶのにヒーヒーしてしまったじゅりあです。
(最近は重いから~と5kg買いをしていた。不経済なんですけどねー。(汗))

子供が小さな頃は、13kgの二男を片手で抱いて 更に10kgの米を下げて帰って来ていたのに
この超絶な堕落ぶりは何なのでしょうねー。(爆)
春の巡検前に鍛え直したいと思います。(爆)(爆)
 
 
さて、
入手したものの謎なヒタチオビ、君はどこの何て言うヒタチオビなんだい?
d0318386_12384292.jpg
先日Wantedしていたものです。

そこは現地の研究者に聞くのが一番さ。と言う事で 産地を「福島県 富岡層」と聞いていたので
福島県立博物館に突入!!って行くのには時間もお金もかかるので 地味にHPを拝見しーの、
メールとお電話で資料請求(購入)させて頂きました。(^_^;)
d0318386_1356652.jpg
便利ですね~と言うか 通販して頂けるのは助かります。

まずは職場に福島出身の方が居ましたので、「海岸沿いにさー・・・」と聞くと
「あぁ、浜通りね。それとも中通り?」と言われて、浜・・・通り・・・中・・・(汗)と謎の現地語がわからない。(笑)
原発の近くらしいんだけど・・・と言うと「うん、浜通りね。」と・・・ナニソレ・・・。(^_^;)
アンモナイトセンターのあるいわき市の方、太平洋側が浜通りで、内陸の福島県立博物館の方が中通りらしい。
わ、わからんわー。
地理や歴史がカラッキシダメダメです。(^_^;)
どうやら昔の藩分けの様なもので、合併県なので地方の呼び名がある様です。
で、浜通り、に加えて「小良ヶ浜」とか言う名前まで出て来るとチンプンカンプンでした。(笑)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/01_exhibit/point/2014/141011_tomiokasou/141011_tomiokasou.html
この画像は、富岡層の二ッ沼、富岡層下部の貝と思われ、この画像に自分が入手した物がなかったので、
小良ヶ浜の方には富岡層の上部の二ッ沼よりも冷涼な古海洋環境を示唆する貝類群集が出るそうなので そちらの物かと思いました。
二ッ沼の方は鮮新世における温帯的な古海洋気候を特徴づける“大桑・万願寺動物群”の構成要素が数多く含まれているそうです。

届いた資料をみますと お、ヒタチオビあったあった・・・
d0318386_13594060.jpg
ん?
しかしマスダヒタチオビとな・・・。二ッ沼か。やはりオオは小良ヶ浜の寒い方か?と思ったら
d0318386_1455428.jpg
あぁ、あったあった!!
あれ、でもこれも見ると二ッ沼になっていた・・・。
ますますわからん。

私が入手したのは、こちら。
d0318386_1474029.jpg
オオヒタチオビの他に アヤボラ、エゾボラモドキ(?)などあります。
小さいヒタチオビは不明、二枚貝はエゾキンチャクの幼貝かと思われます。

まぁ、この辺はどっちでも出そうな種なので判断がつきませんね。
両方の産地のが混じっているのかもしれませんし。

しかし、アルビ師匠もビックリしておりましたが、三紀でこんな四紀みたいな標本が得られる地があったとは、驚きですね。

さて、場所・層(・時代)も違って、いわき市の中新世では、トクナガヒタチオビ、ウネヒタチオビ なんて言うのも出ているそうです。
この辺りは、絶滅種なのか。それとも現世の何かとシノニムなのか。
そもそも 貝の歴史はもっと古いはずなのに 中新世より古い時代にヒタチオビはいなかったのか・・・。
まだまだ謎だらけです。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-22 14:43 | 化石 | Comments(6)

深海まんじゅう

伸ばし伸ばしにしていますが・・・ヤバシ 春近し、片付けがまだ・・・。(汗)(汗)

一応、形としては、ワイヤーラック2台買いました。(^_^;)
整理はまだ・・・。(滝汗)
d0318386_1325226.jpg


瓶棚、空けました。
ここにはビデオテープが入っていました。
まだビデオデッキはありますが、テープの保存に問題が出て来るので 子供用に撮ってたものは全部捨てました。
d0318386_1327368.jpg
まだ拭き掃除とかしていない 放置地帯だったので埃だらけで汚いです。(^_^;)

なのに片づけしなきゃと言うのも吹っ飛ぶK浜ノジュール。(爆)
d0318386_1336264.jpg
 byりんぞうさん (先日頂いた物)

に更に片づけから気をそらす物が 本州のKさんより届きましたー。
d0318386_13365732.jpg
なんと 黒い丸い物体はテヅルモヅルだそうです。(爆)

テヅルモヅル送ったよー。とお知らせは頂いていましたが、くしゃくしゃのニョロニョロかと思ったら
こんな風に丸まるのですね~。カワユスー♡
深海泥でも付いているのか黒いので少し漂白してみましたが、あまり変化がないのでアルコールに付け、今は冷蔵庫内で乾燥させています。(フリーズドライみたいなもの)

こんなのが漂着するなんて、スゴイですね~。(ビーチコ品)
他にも大きなアカニシの貝殻、四紀のホタテ(?)と腕足の化石などを頂きました。
いつもありがとうございます♪

いやー、テヅルモヅル・・・クスクス...♪ 嬉しくて笑いが止まりません。

で、何て名前の(ついてるのか?)テヅルくんか検索していたら 全然研究されていない様なのですね。
こんなのに行きあたりました。https://academist-cf.com/projects/?id=1
そこから こんなのも見つけてしまいました。https://academist-cf.com/projects/?id=40
載せてもよかったのかな???(汗)
氏、知らないなー見た事無いです~。(^_^;) M先生は居なくなっちゃったのかな。
鉱物展示は支持するけどパノラマは自分研究で支援余裕ないです。(汗) 会の方には報告しておくので。ガンガレ
是非、興味持たれた方は「推し」てあげて下さい。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-20 14:25 | 日常 | Comments(8)

やどやど日記 16

春まぢか・・・されど春遠し。
そんな一進一退な毎日。
ヤド舎の春もまだまだの様子です。(^_^;)

ヤド舎内が乾燥すると 温度も下がりヤド達の徘徊も減ります。
そこで気が付くと霧吹きでシュッシュ・・・。
敏感なヤド達は あちこちのねぐらから這い出してきます。
d0318386_1110493.jpg
「・・・湿っぽいな~。」
ほけほけ顔のデッカさん。

「雨ですか・・・?」
d0318386_11184160.jpg
空を見上げるシロさん。

そしてウロウロ徘徊はじめますが、デッカさんとシロさんがバッタリ!!
d0318386_1123455.jpg
おおっ!!!!
脳内にBGMが流れます。
 はーるーよ~遠き春よ~♪
(爆)(爆)

しかし、残念!! またまたシロさんが横をスルーして通り過ぎてしまいました・・・。
d0318386_11383531.jpg
「僕の何がダメなのでしょうね・・・頭脳明晰、作り上げられたボディ、オシャレにも気を使っています・・・」
d0318386_11413334.jpg
「もういっそ、ここから・・・」
ちょっ!!やめときなさいな。ゴロゴロ転がるだけで終わりですよ。(^_^;)
イイトコ殻が欠ける程度です。(笑)
だから、まだ恋の季節には早いんですって~。
まだまだこれから。ファイト!!!!

by jurijuri555 | 2017-03-18 11:53 | 生物 | Comments(2)

本と〇〇

老眼鏡なしでは字が良く見えなくなって、本を読むのも億劫になってしまったのだけど
それでもやはり本は好き。
またまた気になる本をポチッとしてしまった。(^_^;)

本とサメバンダナ。
d0318386_134107.jpg
またまた洋書のペーパーバック幼児用。(爆)
子供用の本でも読めないんだけど(笑)なかなか良い感じだった。
バンダナ、カッコイイ♪
 
 
本と昼食。
d0318386_1342436.jpg
たらこ(まぶし)おにぎりと おやつはホワイトデーのお返しにもらったクッキー。
深海って深いんだね。
ヒタチオビ載り載りの本を探しているんだけど ありきたりの有名話題処の深海生物しか載ってない。
深度別の生体本ってあれば良いのになー。
あと、母の日のプレゼントの下調べ。
生きてる母にも死んだ義母にもね。
うちの母も何でもOKなタイプだけど、義母も豪快な所のある人だったなー。
もっと生きているうちにツッコんだ話とかもしてみれば良かった。
「ねーねー、なんで義父と結婚したの?」「おまえの息子クソだな。」とか。(爆)
プリザーブドフラワーでいっか。 イケる。どっちもきっとイケる。(爆) (ブラックな話やジョーク)
 
 
本と瓶。
d0318386_1405249.jpg
海でなどたいしたモノなんて拾わないんだけど
コレなんだべ。と言うのがわかるのかな?と思ったら 意外と載ってない。
ま、大体拾ってくるのは新しいものだからね。ネットの方が出てるわ。
コアな説明は置いといても 何かとか 種類は大量に載せて欲しいもの。
レトロじゃなくても気に入った瓶は拾って来るので、瓶棚をもう1つ用意(空ける)しようと思っている。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-16 14:10 | 日常 | Comments(4)

クリーニング ⑤

本日はお仕事お休み。
海に行こうか 先日の続きのクリーニングをしよか~
と思っていたが、疲れからか起きると親不知が痛んで・・・。(泣)
なかなか薬も効いてこなくて うーんうーん言っている所に
ピンポーン♪とお届け物が。

りんぞうさんからの「北のノジュール」だーーーー!!!!(喜)

箱を受け取り、写真を撮る暇もなくすぐに
あ、これ すぐ出そう♪と N川と見た事のないH裏のをコンコン。

途中経過を撮るヒマもなく いきなり(とりあえず)出来上がり。(爆)(爆)
d0318386_19244131.jpg
N川のテヌイ玉とH裏のテトラ。

テヌイ玉は、微妙に3つのアンモが重なってて・・・
d0318386_19263350.jpg
H裏のも テトラの他にミニアンモがいくつか入っていたのだが
それこそサメ地の様な緑海石の入ったパリパリの砂岩で、風化か乾燥か
盆栽にしようかと思っても叩くと全部パリパリと分離してしまう。オモシロー。
d0318386_19294097.jpg
とりあえずの形までしたが、まともな道具が残っていなくて仕上げは次回。

夢中になってコンコンしていたら 歯の痛みも忘れました。(笑)
今度は肩と腰が痛くなったけど・・・。(^_^;)

りんぞうさん、貴重な石をありがとうございましたー♡
K浜ノジュールも次回ツツクの楽しみにしまいました。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-14 19:37 | 化石 | Comments(8)

ヒタチオビに会いたくて

海に行こう行こうと思いつつ なかなかお日柄が合わなくて
結局、海デビューは今年もこの季節になってしまいました。

どこへ行こうか迷ったけれど、これ又去年と同じに道南へ。
・・・と言うか、私は自宅より東に向かってるので道東(?)方面と言う言い方をすると
「道南」でしょ。と指摘されましたが、私的には道南と言うと函館地方のイメージがあって。
じゃあドコなんだ?とウィキで確認すると 一般的(?)にはやはり道南とは渡島半島を表しているらしい。
ただし、ケースバイケース? TPO?(笑)によっては、ホースエリアも道南に入るそうだ。
一般的には、「道央」。
難しいですね。(^_^;)
どさんこながら北海道の知らない事が沢山あるものです。
ま、お天気(?)や気温的には、こちらより暖かい事が多いので 道南でも良いと思います。

そんなホースエリアで今年こそ20cm級ヒタチオビが見たくて、GO!!!!
d0318386_1994323.jpg
あぁ、眠い。夜勤明けで私もエナジーチャージしたいです。(笑)

朝の気温は-2℃
d0318386_19155279.jpg
それでも風がほとんどないので、日が当たると歩いていると暖かいぐらいでした。
しかし、引き潮時間のはずなのに波は少し高めで「引いている」と言う感じも特にしない。
冬の間の荒れっぷりが見れる様な 沢山の石が打ち上げられ、所に寄っては砂がえぐられたり又逆に盛り上がったりもしていました。
又、夕べ雪でも降ったのか、海岸はほとんどが真っ白で漂着物も良く見れません。

それでも砂の表面に出ている貝は、良く見るとチラチラと見えていて。
d0318386_19234122.jpg
今年初のヒタチオビ。
ツブ漁(?)も出ている様です。
d0318386_192431100.jpg
どんどこヒタチを捨てて~♪
って、本当にツブ漁で入った物を捨ててるから漂着しているのかな~???
この話は又後で。

雪で覆われた浜を目を皿の様にして見ていると 完璧なヤゲンバイ!!!!
d0318386_19431057.jpg
と思ったら 裏に欠けがありました。(泣)

こちらは殻頂が欠けていますが、以下は完璧。
d0318386_19524431.jpg
ネジボラ。

漂白いらずのキレイになったエゾバフンウニもありました。
d0318386_19534432.jpg


この辺り、ずっと海岸線に沿ってJRの線路 日高線が走っていますが、もともと高波による浸食で運休している区間があったのに追い打ちをかけ去年の台風の影響で大打撃を受け
復旧作業に86億円がかかると見て廃線が決定しました。
d0318386_2082598.jpg
波で削られて浮いている枕木。

すぐ横に海を見ながら走る鈍行は風情のあるものだったでしょうね~。
いつか乗ってみたいものだ。と思っていましたが、残念です。

一番の目的のヤド水も汲んで。(笑)
d0318386_20102941.jpg
お三方の「よし!!」と言う声が聞こえて来そうです。(^_^;)

模様の出たサガミ・・・オオも好きなのですが、皮の付いたエゾ(オオなんだけど)も好きなので、帰りにエゾの浜にも寄りましたが、
こちらも荒れた地を整備したのか護岸工事か入っていて、漂着ポイントが更地にされてて何もありませんでした。(泣)
d0318386_20151848.jpg

本日の戦利品。
d0318386_20162182.jpg
結構拾いましたが、一番大きいので15cm弱。
完璧なら20cmはありそうな大物の欠片も何個か見ましたが、やはり完品は難しい様ですね~。

で、上の話ですが、ヒタチオビの生態を研究している人っているのでしょうか?
ツブ漁に紛れて捨てられて・・・と聞きますが、漁場に近いと思われるのにこんな大量に見ているのにいまだに中身入りを見た事がありません。
全てが「オオ」と言うならば、こうした擦れたのか柄の見れる物とエゾの様に皮の被ったままのものと
K様提供の無柄肌色の物と3タイプあるのは、地域性・生息深度・血統続柄(?(笑))などがあるのかもしれませんが、
漁帰りに選別して捨てられたとしたら もう少し生感があっても良い様な気もします。
この辺の海底が岩だらけでなかなか打ち上がらなくてガラガラ回ってて擦れるのかもしれませんが。
ま、匂いがないのは助かります。(爆)
それに大型ほどガラガラして割れちゃうのもわかりますが、小型の物と同じくらいの数の漂着もあっても良いかとも思います。
一応深海性の貝と言われているので、大型になるほど深いところで暮らしててツブ漁ぐらいの深度には小型の物しか入らないと言う事なのでしょうか?

色々とグルグル考えは巡りますが、まだまだ北海道のヒタチオビ、古代の物も含めて追ってみたいと思います。
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-10 20:46 | | Comments(12)

クリーニング ④

またまた海に行きそびれました。

そんな本日のクリーニング品は、
d0318386_161595.jpg
アルビ師匠から・・・どこで貰ったんだっけ???(^_^;)
「じゅりあさーん!!イイのありましたよ~!!!」といつもくれるのですが、頂いたやつ。
と、
d0318386_1634543.jpg
海に行けなかったので、思い出して モーライで拾ってきたノジュール。

頂き品ノジュールは、
d0318386_1663374.jpg
石は硬いのに化石が半風化していて、ダメが欠けたので接着・中止。(^_^;)
裏にも何個か入っていて、盆栽クリーニングになりそう。

で、三紀貝化石の方は、表面はスレたり欠損しているけれど、裏は殻残りと見て慎重にコツコツ。
d0318386_16102454.jpg
うん。やはり残っていそうですね♪
しかし、振動や力で殻が飛ばない様に 一旦薄く石を残す様に母岩を削ってから軽くココン♪と叩いてパラリと薄石を外す・・・と言う2段階クリーニングで、出たらすぐ殻をボンドで養生。
て感じで、かなり神経を使います。
今日はここまで。
d0318386_16132290.jpg

しかし、この後はもっともっと難しいな・・・と悩ましい所。
(剥がせば剥がすほど何かの振動でペロンと本体が外れちゃう可能性大。そしてその時は大抵母岩に殻が残る。(苦笑))

で、コレは間違いなく、ヒメナガバイです。Beringius frielei
d0318386_16383024.jpg
ほらね。
あと見る太めのボラ化石は、たぶんチヂミエゾボラとかかな~?と思っています。

ふぅ、疲れた。
本日のおやつはウニ。
d0318386_16175070.jpg
じゃなくて、ベコ餅とスアマです。(笑)

そう言えば、wanted!!
知っている方がおりましたら是非教えて欲しい貝化石の件。
福島県の三紀貝の様です。
初め、福岡県と間違って、やった!!南洋系のヒタチオビの化石♪ とシュッとしたフォームからカネコかヤマモトか・・・とワクワクしたのですが、
d0318386_16224051.jpg
(爆)(爆)
福島県寒流系と聞き、オオ系の様です。
d0318386_16231466.jpg
一番下の巻が割れて欠損しています。
完品だと20cmオーバーの大物。
特に種名が別に付いているのか。他の共産貝化石の種類など資料をお持ちの方がいたら教えて下さい。
簡単検索ではあまり出て来ません。

ちなみに検索中、「キムラホタテ」と言うのを見て、ほすぃ~♡と思いましたが、
これって北限がいわき市とか、瑞浪で出るホタテもコレなのかな~???
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-07 17:05 | Comments(12)