my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
忘れ去られた標本
at 2017-07-22 18:06
プチクリ
at 2017-07-21 20:24
クリーニング ⑧
at 2017-07-18 23:28
ケースIN
at 2017-07-15 14:14
やどやど日記 23
at 2017-07-13 14:34
最新のコメント
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 04:14
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 03:03
こんばんは!!!(^^)..
by アルビアン at 21:55
こんばんは〜。 忘れ去..
by コニアシアン at 21:37
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 17:12
ZX9-Rさん こんに..
by jurijuri555 at 16:58
こんにちは~ 車の納車..
by アルビアン at 16:50
もはや、いつお渡しした化..
by ZX9-R at 15:33
ねずみや主人さん おは..
by jurijuri555 at 10:51
「じゅりあ」さんへ ..
by ねずみや主人 at 09:52
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


やどやど日記 15

なぜペットを飼うのか。と言う理由の一つに
やはり中年夫婦が子供を巣立たせて手が空いた。寂しくなった。・・・と言うのも結構ポピュラーな物ですよね。
なんでしたっけ、「鳥の巣症候群」?
でも うちはまだ一緒に暮らしているので違うんですが。(^_^;)

子はかすがいと言いますが、それだけではないけれど 夫婦で夢中になれて会話が絶対出ると言うのは子供の話だったりするので
子育てが終わると何を話して良いのかわからなくなる事もある様です。(私は会話がなくても一緒にいなくても平気だけど。(爆))
でもそこにペットがいると 喜々としてその話を出来るんですよね~。
親バカじゃないけど 自分の子供自慢しても他人にはちっとも面白くもないけど
親は楽しいのはペットでも同じで。
で、私も主人も お互いが居ない時にあったヤドエピソードをハフハフして自慢気に語る(教える)のですが、(爆)(爆)

先日主人が楽しそうに教えてくれたのが、
むらさきさんが砂場(ヤド舎前面のガラス面)を散歩している時に シロさんは瑪瑙の上に居たらしいのですが、バランス崩して落ちた様で
ゴロゴロ転がった先にむらさきが居てぶつかったそうです。(笑)
ストライーク!!!!
じゃなくて、たいそう むらさきさんは不機嫌になったご様子で。(^_^;)

の後のお話。

一人でカサカサと朝からヤド舎内を徘徊して楽しんでいたむらさきさん。
「ハッ!!!!???」
d0318386_13475584.jpg


視線の先には後から出て来たシロさん。
「うわ、ヤツが来たゾ!!!(汗) 警報~!!!!!」
d0318386_13484985.jpg

「避難避難・・・あいつマジ危険。」
d0318386_1350585.jpg
慌ててソソクサと瑪瑙の裏に避難する むら。

「なによぅ。プリ 失礼なんだから。先日はたまたまコケただけなのに~」
d0318386_13522558.jpg
厄病神扱いされて寂しそうなシロさん。

そんな様子を密かに見ていたデッカさん・・・
d0318386_142473.jpg
「僕は見ましたよ。むらさきさんはライバルではなさそうですね・・・。」

さてさて、ヤド舎内の関係は、恋の行方は(?)いかに・・・。(爆)(爆)
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-06 14:18 | Comments(6)

クリーニング ③

 ※追記あり

2017年クリーニング、プチ版。(笑)

本日も もう むらさきとシロさん揃って
d0318386_155631.jpg
「最近塩っ気ないな。」
「塩っ気ないよね。」
とウロウロねちこいので、海に行く気満々で連勤明け3時間で起きたのに
札幌は雪の舞う強風・・・。
行き先の天気は悪くないらしいが、風が強いのは同じ様だ。
気温はプラスだけど浜風強いと体感温度も2度は下がる。
風が強いと波も荒い。
何より、途中のこの吹雪模様の中を走るのは萎えるな~・・・。
と結局お籠り。
ごめんよ、ヤド達・・・。(^_^;)

てか、この画像、もう1つ意味とエピソードがあるのだが、
それは次の『やどやど日記』で。(^_^;)

そんな訳で、やっとの休日 どーしようかな~と
先日のゴードリのプチクリーニングの続きをしようと出した。
う~ん・・・と見てて フト、
どうしても新鮮な面として割りクリーニング始めた側がキレイで進めてしまうが、
この硬い石を掘り進めるより 初めから擦れてノジュールから見えてた面をクリーニングした方が柔いんじゃないか。と思い立ち
コンコン始めると大正解。
風化していて内部面より柔くてすぐにヘソも出ました。
表面は薄く石被りのままだけど仕方ない。
d0318386_166012.jpg
ほんと分離悪くて叩くと2つにも3つにも割れて意外と苦労しました。(笑)
右は同じく ほぼ出ていた物を単体クリーニング。
こちらはゴードリらしくパッカン☆とヘソも出て爽快でした。(笑)

これさー・・・いつも悩むんだけど 単純にヘソの広さと深さで考えて「デンセ」で良いのかな。
インターの方が似てるんだけど・・・。
デカくなって助の突起がゴツゴツと目立つとデンセで間違いないが
こんな10cm以下のしか採ってこないと まったく見分けがつきません。
(左8.5cm右7cm 左は縦に押され、右のは平面に潰されています。
どちらもたぶんO平サント-カンパ)

d0318386_17334810.jpg
d0318386_17335981.jpg
d0318386_1734758.jpg
d0318386_17341638.jpg
d0318386_1734249.jpg
d0318386_17343327.jpg

でもさ、こんなテヌイもあれば、本当にいつまでも平巻きしてるテヌイも居て まったくわかりません。(泣)
 
『追記』
アルビ師匠から資料画像頂きました。
d0318386_21521333.jpg
上がデンセで下がテヌイだそうです。
パッと見は似てますが テヌイは2巻目からのヘソがデンセより広く(ゆったり)、ユルユルと浅い感じで巻いてますよね。

私も色んな画像を検索して見ていたのですが・・・。
時代とか採集地域とか標本の大きさとか はたまた個性やら雌雄やら考えても切りがないので
ズバッと台座付きの方をデンセ、分離単体の方をテヌイと決めました。(爆)
理由は、2巻目の「落ち」がガクッと深い事、ヘソ部が狭い事、
そして助ですが、規則的に入る助がゴツクないのでインターと思っていたのですが、
検索して見ていると 助と助の間の細線がデンセは3本ぐらいに対し インターは結構な本数が間に入っています。
そして、これ(私の標本)は間の細助は3本。
なので、とりあえずデンセって事で。(^_^;)
テヌイも殻口近くに目立つ助が入りますが、殻口から5-6本であとは見当たりませんが
デンセの方はずっと続いて入っています。
ただ、テヌイとした方も手持ちのよりはヘソも深いのですが、潰れているせいとは思ったけど
2巻き目までの「落ち」が やはりそれほどではないです。
ま、これらは個性で両方共テヌイって事でも良いですけどね。(^_^;)
 
 

by jurijuri555 | 2017-03-03 17:42 | 化石 | Comments(20)