my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
ツキガイモドキ??
at 2017-04-24 13:45
シロウリガイって?
at 2017-04-21 22:44
モーライ石ふたたび
at 2017-04-19 15:31
セノマの貝
at 2017-04-17 20:59
クリーニング ⑥
at 2017-04-14 21:51
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:45
巨大キヌタレ欲しいな~。..
by Macrowavecat at 20:14
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 19:39
こんばんは~内容が凄くて..
by アルビアン at 18:35
apogon2さん 難..
by jurijuri555 at 03:10
私も望来で採れる白くて長..
by apogon2 at 22:24
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:25
こんばんは~! 三紀含..
by fossil1129 at 19:14
アルビアンさん まーた..
by jurijuri555 at 18:31
オゲレツとのコメントに嬉..
by アルビアン at 17:36
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ツキガイモドキ??

続きまして、モーライのツキガイモドキのお話。
d0318386_411548.jpg
ツキガイモドキ

d0318386_4113364.jpg
d0318386_4114868.jpg
合弁でプックリさんです。
d0318386_4122832.jpg
これも同じ助。
過去 波猫さんやコニアシアンさんの拾ったツキガイモドキは状線が細かいが
もとろんさんや私が拾ったツキガイモドキは幅が広い。
別種かと思ったが 波猫さんが
中川町エコミュージアムセンター自然誌博物館の第三紀鮮新世の化石シリーズ。として載せてくれた幌延町勇知層のツキガイモドキはやや助幅がある。

白亜紀の貝化石にも似ているが。
http://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~ykondo/tashiro/14Lucinacea.html

モーライ層の産出貝の紹介ページの1つには 「ムカシツキガイモドキ」と書かれているのを見た記憶がある。
(Lucinoma actilineata (Conrad, 1849) ムカシオオツキガイモドキ, ルシノマ アクチリネアータ 絶滅種 の事かな?)
現世でもツキガイモドキの他にオオツキガイモドキなどツキガイ科には沢山の種がいるが
私のツキガイは やはりオオツキガイモドキかヨシダツキガイモドキに似ている。
http://www.aquarium.co.jp/shell/gallery/hyouzi.php?nakama=ishigai 
こちら ↓ は、ツキガイモドキは細かい幅の助で、下の注意書きにオオツキガイモドキは幅が大きくなる様な事が書かれている。
http://bigai.world.coocan.jp/pic_book/data29/r002869.html
とすると 混同されがちだが2種類(以上)のツキガイモドキ類の化石が出ることになる。
(ただし、ヨシダツキガイモドキは殻はあまり膨らまない様だ。)

で、加えて先日
d0318386_4134171.jpg
これをリュウグウハゴロモガイではないか。と言うご指摘を頂き
その時に愛知の方でも出ますよ。とお聞きしたので 愛知県の中新世の産出貝化石を調べたところ

二枚貝
 トクナガスエヒロキヌタレガイ, Acharax tokunagai
 キララガイ, Acila sp.
 サザナミソデガイ, Acilana tokunagai
 フネガイ, family Arcidae
 チタニシロウリガイ, Calyptogenna chitanii
 キクザルガイ, family Chamidae
 イワムラカミオニシキガイ, Chlamys? sp.
 ニシキガイ, Chlamys squamata (Gmelin)
 オウナガイ, Conchocele sp.
 マガキ, Crassostrea gigas
 マルフミガイ, Cyclocardia (Crassicardia) sp.
 シオガママルフミガイ, Cyclocardia siogamensis (Nomura)
 デレクトペクテン ペッカミ, Delectopecten peckhami
 タマキガイ, Glycymeris sp.
 ミノイソシジミ, Hiatula minoensis (Yokoyama)
 ツキガイモドキ, Lucinoma sp.
 ツキガイモドキ, Lucinoma annulata
 オオツキガイモドキ, Lucinoma spectabilis (Yokoyama)

 シラトリガイ, Macoma sp.
 ケンショウシラトリ, Macoma calcarea
 イズラシラトリガイ, Macoma izurensis
 マレティア, Malletia sp.
 マレティア イネルミス, Malletia inermis
 ハマグリ, Meretrix sp.
 シワロウバイ, Nuculana sp.
 イタボガキ, Ostrea denselamellosa
 ペッカムニシキ, Palliolum (Delectopecten) peckhami
 ホタテガイ, Patinopecten sp.
 カガミガイ, Phacosoma sp.
 カワゲカガミガイ, Phacosoma kawagensis
 アキラナ, Portlandia (Acilana) sp.
 ベッコウソデガイ, Portandia japonica (Adam & Reeve)
 カキミベッコウキララガイ, Portlandia kakimii
 オオベッコウソデガイ, Poltlandia (Portlandia) lischkei (Smith)
 ワタゾコツキヒガイ, Propeamussium tateiwai
 ミエゲンロクソデガイ, Saccella miensis
 マテガイ, Solen sp.
 チベニガイ, Solidicorbula sp.
 フナクイムシ, family Teredinidae
 ユナガヤソデガイ/サギタリアナギナタソデガイ, Yoldia sagittaria Yokoyama
 ツノガイ
 ヤスリツノガイ, Fissidentalium (Fissidentalium) yokoyamai Makiyama
巻貝
 テンガイガイ, Diodora quadriradiatus (Reeve)
 バランチゥムウキビシガイ, Euclio balantium
 タマツメタガイ, Euspira pila
 ギンエビス, Ginebis sp.
 アラレギンエビス, Ginebis japonicus (Dall)
 モロザキサメハダヒザラガイ, Lepidopleurus morozakiensis
 タマガイ, family Naticidae
 ヒタチオビ, Nipponomelon sp.
 シワロウバイ, Nuculana sp.
 キリガイダマシ, Turritella sp.
と書かれていた。
さらに南知多のとある産地をピンポイントで調べてみると
タマガイ、ハダカイワシ、魚のうろこ、ウニ、タヌキブンブク、ムカシブンブク、スナモグリ、
サザナミソデガイ、キララガイ、マレティア、ツキガイモドキリュウグウハゴロモ、タテイワツキガイ、
クルミガイ、ツムバイ、マルフミガイ、生痕(生き物が住んでた跡)、植物の化石
と書かれていた。

これらから 現世のリュウグウハゴロモガイは暖かい地域での産出しか見られないように聞くが、
こちらでも出る種が共通して沢山出ている様なので中新世では北海道でもリュウグウハゴロモガイが居た可能性もある。
現世のリュウグウハゴロモガイはこちら。
http://www.shellspeak.com/Pandridae_et_al/Pandridae_et_al.html
http://jamarc.fra.affrc.go.jp/zukan/c/c-2/c-m110/c-343.htm
http://www.aquarium.co.jp/shell/gallery/hyouzi.php?nakama=oonogai
同じツキガイ科ではなく、独立してリュウグウハゴロモ科の貝の様だ。
化石では、ヨコヤマリュウグウハゴロモガイ Periploma yokoyamai Makiyama と言う様だ。
現世種は2-3cm前後と小ぶりの様だが、化石種は4-7cmと大きめの様だ。

ついでに更に同じくピンポイントでこちら茨城県北茨城市五浦海岸の新第三紀前期中新世の産地の様子をのぞいて見ると
http://paleogeo-ando.sci.ibaraki.ac.jp/index.php?id=52
これもコニアシアンさんがブログで書かれていたと思いましたが、キヌタレガイの種類。
大型キヌタレガイが出るとな!!??
『スエヒロキヌタレガイは不完全ながら殻長約30cmに達する個体が得られました.
これは,今のところ世界で最も大きなスエヒロキヌタレガイの標本です.
こうした大型のスエヒロキヌタレガイの産出記録は「中新世気候最高温暖期」の層準に限定されています.』
と紹介されていて、サ、30cm!!!!!?????と衝撃の大きさ。マジですか。
またもや鳥羽ギャラで拝見すると
http://www.aquarium.co.jp/shell/gallery/hyouzi.php?nakama=kurumigai
大きいのでもスエヒロで15cmの標本だ。これが30cmになるのか?
又、小さい種は2cm程の様だが、日本大百科全書には内湾の水深5~20メートルぐらいまでの泥底にすむ殻長8mmのキヌタレガイが北海道南部から九州にかけて分布する。と書いている。
私が探している現世はコレだが、まだ見れていない。
ぜひ、見つけたビーチコ仲間の方はワタクシにもお恵み下さいませ。m( _ _ )m

話は上記の産地に戻って、他の産出貝化石は,
『シロウリガイ(Adulomya sp.など)が最も多く,スエヒロキヌタレガイ(Acharax yokosukensis),
ツキガイモドキ(Lucinoma acutilineatum),オウナガイ(Conchocele bisecta),ニッポンスエモノガイ(Nipponothracia? sp.)といった化学合成細菌共生二枚貝が大半です.
タマガイ(Cryptonatica clausa)やMegasulcula yokoyamaiといった捕食性の巻貝も含まれます.』
と書かれている。

ちなみに北海道中新世の産出貝化石は、
二枚貝
 オオキララガイ, Acila divaricata
 ナガキララガイ, Acila elongata
 カケハタアカガイ, Anadara kakehataensis
 ワダツミウリガイ, Calyptogena pacifica
 コシバニシキ, Chlamys cosibensis
 イシカゲガイ, Clinocardium sp.
 オクシリイシカゲガイ, Clinocardium okushirense
 オウナガイ, Conchocele bisecta
 ニホンオキシジミ, Cyclina japonica
 ノムラカガミ, Dosinia nomurai
 ミノイソシジミ, Hiatula minoensis
 トウカイシラスナガイ, Limopsis tokaiensis
 ツキガイ, family Lucinidae
 ムカシオオツキガイモドキ, Lucinoma actilineata

 オオセムシイガイ, Mytilus tichanovitchi
 シラトリガイの仲間, Macoma sp.
 バカガイの仲間, Mactra sp.
 マイア, Mya cuneiformis => クサビガタオオノガイ, Mya cuneiformis
 ニッポノマルシア, Nipponomarcia sp.
 カキ, superfamily Ostreoidea
 イタヤガイ, Pecten sp.
 カガミガイの仲間, Phacosoma sp. => カガミガイの仲間, Dosinia sp.
 ハヤサカソデガイ, Portlandia tokunagai var. hayasakai
 オニアサリ, Protothaca jedoensis => オニアサリ, Leukoma jedoensis
 ナガミゾガイ, Siliqua elliptica
 スエヒロキヌタレガイ, Solemya tokunagai => トクナガキヌタレガイ, Acharax johnsoni
 ムカシナガウバガイ, Spisula onnechiuria
 スエモノガイ, Thracia sp.
 アサヒスエモノガイ, Thracia asahiensis
 ナギナタソデガイの仲間, Yoldia sp.
 アサヒフリソデガイ, Yoldia biremis
 フリソデガイ, Yoldia notabilis
 フネソデガイ, Yoldia thraciaeformis => フネソデガイ, Megayoldia thraciaeformis
 ツノガイ
 ヤスリツノガイ, Dentalium yokoyamai => ヤスリツノガイ, Fissidentalium yokoyamai
巻貝
 メイセンタマガイ, Euspira meisensis
 エゾボラ, Neptunea sp.
 クロダエゾボラ, Neptunea sp.
 ゴマフダマの仲間, Tectonatica sp.
 キリガイダマシの仲間, Turritella sp.
 ヨコヤマビカリヤ, Vicarya yokoyamai => ヨコヤマビカリヤ, Potamides yokoyamai
 イシイビカリエラ, Vicaryella ishiiana => イシイビカリエラ, Potamides ishiiana
 ノトビカリエラ, Vicaryella notoensis => ノトビカリエラ, Potamides notoensis
などなど。

ここに ヨコヤマリュウグウハゴロモガイが加わり、
更に 「中新世気候最高温暖期」の層準では大型の貝がみつかりそうだ。(?)
又、同じく もとろんさんのブログで、種の同定出来ないシラトリガイ系の二枚貝もある。と書かれていたと記憶しているが、
やはりsp.扱いで細かくはわからない模様。
こちらも記憶は定かでないけど スエモノガイか?とのご意見もおっしゃっていた気がするが、どちらも出るので難しい。
スエモノガイなら鍵歯の形でわかるらしいが・・・。

ついでに私が気になってた事の1つ。
現代において、北海道の深海の湧水地域の研究(またはそこの生物の観察)がされているのかは知らないが、
深海においては地域(海域)による温度差(生態域の分かれ)があまりないと考えると 現世でもさまざまな深海生態種が発見されそうだ。
なにしろ、先日まではシロウリガイだけではなく、深海の冷水化学合成群には北海道ならどこにでも居そうなイガイ科の一種のシンカイヒバリガイも居そうだが、
いない。と聞いていたのに
検索していたらこんなの見つけたし。
http://www.paleo-fossil.com/~robert_jenkins/research/bathy_atsunai.html

そんな事から 各国各地の化学合成群を参考にするのも1つだと思い とある「現世および化石鯨骨群集」の論文も見た。
抜粋ですが、載せておきます。

『日本ではこれまでに中生代白亜紀アルビアン期から現生まで多くの冷湧水域群集が報告されてきた。
74 の化石冷湧水域群集と 1 化石鯨骨群集がリストアップされているが,
その後も上越地域から油ガス田に依存すると思われる冷湧水域群集,
北海道から化石鯨骨群集,常磐地域から冷湧水域群集が追加され,
新生代の群集を中心に今後もその産地は増えていく可能性が高い.
また,世界的に見た場合,化石冷湧水域群集が白亜紀から現生まで連続して見られる地域は日本以外になく
指摘された推定200 の冷湧水域群集のうち 74 を日本の群集が占めている.
このように,冷湧水域群集の進化を検討するために日本は最適のフィールドであるといえる.
 一方,鯨骨遺骸に化学合成群集の特徴種が発見されて以来,北米や北大西洋だけでなく,
日本でも鳥島沖の水深 4036 m,鹿児島県野間岬沖の水深 200 m~ 250 mから鯨骨群集が認められている.
また,日本では,これまでに 3 例の化石鯨骨群集が中新統から発見されており
日本は現生および化石鯨骨群集を検討する際にも重要なフィールドであるといえる.
 日本から産出する化学合成群集のうち,現生や化石冷湧水域群集については前述したように多くの総括があり,
詳細な研究が行われている.しかし,現生および化石鯨骨群集についてはこうした総括がない.
また,鯨骨群集に見られる多毛類は化石としては残りにくく,
生痕化石により活動の有無や程度は推定できるものの種を特定することは困難である.
そこで,本論文では硬組織があるために化石として残されやすい軟体動物を中心として,
鯨骨群集の研究について総括する.

生物遺骸に付着するイガイ類に関する初めての分類学的検討 は,
ニュージーラ ン ド 沖 の 水深 800 ~ 2677 m から採取された小型で横長のイガイ類について行われ,
キザミバマユイガイ属やヒラノマクラ属,新属ワタゾコマクラ属について,新種を含む6種,
3種および2種がそれぞれ報告された.
カリフォルニア沖の水深 1240 m に沈んでいる体長 21 m のシロナガスクジラまたはナガスクジラの鯨骨周辺からオトヒメハマグリの一種
ワタゾコウリガイ,ツキガイモドキ,ツマリキザミバマユイガイ,ムギガイの一種,ワタゾコシロガサ科が発見された.
また,これらの種にはオトヒメハマグリ類,ワタゾコウリガイ,ツキガイモドキなど
化学合成菌を共生させている種が含まれることが指摘され,鯨骨がこうした種の分布のstepping stone となっている可能性が示唆された

 鯨骨群集中 に は 熱水噴出孔,冷湧水域群集 と の 共通種 が そ れ ぞ れ 11 種,20 種報告されてい る.
二枚貝 と し て は,オ ト ヒ メ ハ マグリ科や前述したイガイ類のツマリキ ザ ミ バ マ ユ イ ガ イが 主 な 種 で
ある.腹足類としてはカサネワタゾコシロガサの一種,ワタゾコシロガサの一種,ムギガイの一種,
ハイカブリニナの一種,ダイリセキクチキレの一種などが知られている.
この他にも等脚類や多毛類などに共通種が認められている.
 オトヒメハマグリ科には同胞種が認められており,形態的には区別がつきにくい場合が多い.
このため,オトヒメハマグリ科の種を共通種として扱ってよいかどうかを検討する必要があり,
Santa Catalina 海盆の鯨骨群集から9個体,San Nicolas 島沖の鯨骨群集から採集された1個体のシロウ
リガイ類のミトコンドリアの DNA 塩基配列を解析した結果,Santa Catalina 海盆の8個体は Guymas海盆 の 熱水噴出孔群集,
Juan de Fuca 海嶺 の 熱水噴出孔群集,Oregon 沈み込み帯の冷湧水域群集に生息するオトヒメハマグリの一種に同定されることが判明した.
このように鯨骨群集中に熱水噴出孔,冷湧水域群集との共通種が見られる理由として次の2つの仮説が挙げられている.

1)熱水噴出孔,冷湧水域群集の二枚貝が環境に対して幅広い耐性を持つため,
熱水噴出孔,冷湧水域の環境条件に部分的に共通する鯨骨群集で両方の種が生息できる.

2)熱水噴出孔,冷湧水域群集の二枚貝は環境に対して狭い耐性を持つが,
鯨骨群集では環境条件が多様で,熱水噴出孔,冷湧水域の環境条件と部分的に類似するため両群集の種が生息できる.
一方,Barry HWDO(1997)は Monterey Canyon の 冷湧水域で,硫化水素濃度の高い湧出中心部付近にシロウリガイの 一種が,
硫化水素濃度の低い周縁部にワタゾコウリガイが密集していることを指摘し,
この 2 種の硫化水素濃度耐性が狭いことを示唆している.
Baco HWDO(1999)はこれを引用し,鯨骨の周囲には硫化水素に富む骨のような硬質底から軟質底まで底質もバラエティーに富むことも加えて
仮説2)を支持している.』
 原文先
http://www.palaeo-soc-japan.jp/publications/45ff858af43d0dbfee1fc711d9abcd0a05d47e27.pdf

オウナ・シロウリ・キヌタレなどは簡単に言うと メタンをエサにして生きていますが、なぜツキガイモドキなども共産して出るのか?と疑問だったが
こちらを見ると・・・
http://www.eco-kana.org/doc/kaseki.pdf
と言うことで、これらの文献より、
モーライ層は浅めの深海冷水湧水域であり、更にメタン濃度も低かった。そしてさらに低いその周りにツキガイモドキなどが生息していたのではないか。と読み取れる。
地質書にも南アッツー層群とまとめられているが、半深海 (100 ~ 600m) 程度の深度の堆積物と考えられる。と書かれている。
と言うことで これもコニアシアンさんの所でコメントで語られたが、モグリんも浅砂生体ではなく、(半)深海性のモグリんとなる。
そして、上記の鯨骨群集に書かれている様に「オトヒメハマグリの一種」と言う事は、ワタゾココウリガイの他のシロウリ類が出る可能性もある。
加えて、確か中川の化石化学合成群集でハナシガイやカサガイが見つかったと聞いた記憶がある。
ハナシガイとはオウナガイのチビ版で、数ミリの微小貝の様だ。(?)
日本海溝からも別の種が見つかっている。
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/project/3D/ct_scan/data32_narakuhanashigai.html
カサガイも上記の各地の化学合成群にも居る様なので、これらの種もみつかるかもしれないと 最近はコザ探しもしている。

どんどん 新しい貝、その他の発見があると楽しいな。


by jurijuri555 | 2017-04-24 13:45 | 化石 | Comments(4)

シロウリガイって?

やっと休みだ。もう限界。
腱鞘炎に加えて助骨も痛いですよ。
ボロボロなじゅりあです。

とか言いながら ついついクリーニングしちゃうお籠り休日。
りんぞうさんからお恵み頂いたキャナドのクリーニング。
d0318386_213983.jpg
これは、コスマチイですか???
そもそもキャナドなどもまだ採った事ないペーぺーですので、
ジックリ見た事ないので 作ろうにもヘソがわかりませんでした。(笑)
もっと深そうですね。又今度。
右はやっと降ろした1/8キャライコです。(爆)
いや、破片でも存在感ありますね。
先日のマンテリなどと合わせて欠片シリーズ標本でも作ろうかな。(^_^;)
で、上が手をつけはじめた 私のベビーマンテリですが・・・微妙。
せめてもう1巻、ヘソの方が残っていると良いのですがね~。(汗)

で、モーライ編にもどって・・・。
d0318386_21225350.jpg
巻き貝破片~
d0318386_2123164.jpg
オウナ~
とか、標本ボックス選外のを並べてジャブ打っといて、(笑)

シロウリガイです。
d0318386_2124427.jpg
これらは全部シロウリとして見ていた物。

さて、シロウリガイとは改めて何でしょうか?

『シロウリガイ(白瓜貝、学名:Calyptogena soyoae)は、マルスダレガイ目オトヒメハマグリ科に属する二枚貝。
深海においてプレート活動に伴いメタンなどを多く含む冷水が湧出する場に形成される、冷水湧出帯生物群集を構成する種のひとつである。
殻長14cm。殻は長楕円形で殻頂は前方に寄り前傾、後位で外在する靭帯は長い。殻の腹縁はくぼむ。』

と書かれていました。
手持ちのワタゾコウリガイとされているシロウリらしいシロウリはコレ。
d0318386_21301661.jpg
ふっくら横長、下腹縁にくぼみも見られる。

こちらがシロウリガイ。(お借りした画像)
d0318386_21581987.jpg
その他のシロウリの種類・姿はこちらで。
http://www.aquarium.co.jp/shell/gallery/hyouzi.php?nakama=shinkai
鳥羽ギャラリーです。

で、もう1つの特徴、靭帯が長い。
d0318386_224511.jpg
 エンセイシロウリガイ ↑
d0318386_2254199.jpg
 シマイシロウリガイ ↑
d0318386_2285756.jpg
シロウリガイ
(の画像もお借りしました。)

さて・・・
d0318386_2292518.jpg
よ、よくわからん。(爆)
(クリーニング中に撮ったので手が汚くてスイマセン(汗))

①が見本シロウリ
d0318386_22123587.jpg
②は違うんじゃないかと思った小型の二枚貝。まったくくぼみは無い。
下左手前3個はくぼみは確認出来る。
上きみどりの矢印のは、縦に対して横に長い。(画像では確認しづらいが)

シロウリとしては、10cm前後ある他の種に対して このワタゾコウリガイと呼ばれるのは小型で約5cmぐらい(?)、
形状としては、沖縄トラフのエンセイシロウリガイに似ている。(長さが殻高に対して短か目 単純目視で1:2ぐらい)

ま、微妙に長いの短いのありますけど だいたいOKで良いとも思われますが(シロウリ集合画像)、絶対違うの選別も 化石となると少し難しい。
なにせ 第一条件に完品でないとビシとは断言出来なくなっちゃうものね。(^_^;)
もう少しツッコんで調べてみたいと思います。
とりあえず、疑問に思ったと言う事で。(似た貝も多いのでねー)
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-21 22:44 | 化石 | Comments(16)

モーライ石ふたたび

d0318386_1535938.jpg
キララガイ

d0318386_1542311.jpg
カラフトキララ

殻を戻したい・・・
d0318386_1545353.jpg
無駄な抵抗を試みる。(爆)

d0318386_1554175.jpg
ヒメナガバイの幼貝とチヂミエゾボラ(たぶん。フォルムが)

d0318386_1565431.jpg
オウナガイと???
この二枚貝 もう2つ出て来た。何だろ。

タイムカプセル最高!! でも超硬くて残り取れねー。(無理すると殻も剥がれる)
ピカピカの武器が必要。
d0318386_1584298.jpg
フリルが超美♪

超オタクでコアな話だけど、この割りたてのツヤピカの殻を見ると 貝化石にハマる。(爆)

かてーよ!!マジコンクリかっ!!
d0318386_15124434.jpg
これはツキガイモドキですね。(^_^;)
 
 
で、先日のフネソデガイを見て、そう言えば・・・とガサゴソしたら H龍の貝化石の中にもあった。
d0318386_15145542.jpg
上はベッコウキララガイ。
 
 
して、M傘H層もか?って、始新世なんだよね。似た貝は多いけど 参考にはなるが比較するにはどうなの?
でもなんかハマって来た。
この調子でクリーニングしてしまってどんどこ片づけよう。(笑)
まだまだS3別のもある・・・。(泣)
(この3つ(モーライH龍S3別)は全て中新世で 深度が違うのか産出貝が少しづつ違って面白い)
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-19 15:31 | 化石 | Comments(10)

セノマの貝

世の中、景気が良いのでしょうかね?
羨ましい限りです。
連日ハードで腱鞘炎のじゅりあです。

同じく硬くて腱鞘炎になりそうな石のセノマニアンですが、
ちょっとしつこく。(^_^;)
d0318386_19401454.jpg
d0318386_19403461.jpg
d0318386_19405143.jpg
d0318386_19411978.jpg
d0318386_19413516.jpg

で、ここのは殻が融けちゃったり保存悪くて 「貝型の石」しか割り出せない、のがほとんどなのですが・・・。
d0318386_19443274.jpg
d0318386_1944481.jpg
これは多産。
ククレア エゾエンシス(Cucullaea ezoensis)でしょうか?
ヌノメアカガイと呼ばれる現世でも居る貝で、
現世では房総半島以南の西太平洋の水深10~200mの砂泥底に住み、二枚貝と しては大型で殻幅10cm近くになり殻の膨らみが強い。
中生代のジュラ紀から見られる貝だそうです。

これも多産するのですが、
d0318386_1954338.jpg
ククレアより少し横に伸びる感じ。
ヘテロトリゴニア サブオパリス(Heterotrigonia subovalis) ??
形は似ているが殻頂の蝶番のあたりが微妙。

ヘテロトリゴニア・・・トリゴニアと言えばサンカクガイですが、
と言うならこちらの方が形は似ていますが・・・
d0318386_20144741.jpg
ただ単に欠けたアフロディナ シュードプラナ(Aphrodina pseudoplana) なのでしょうか?(^_^;)

融け欠けだけど、これも同じなのか・・・
d0318386_20193525.jpg
マルスダレガイ科なので これも現在もいる種の貝です。(アフロディナなら)

d0318386_2024517.jpg
これは、横長。
アンソニア アピカリス(Anthonya apicalis) ??

d0318386_20322598.jpg
これは・・・単純にイノセラかと思っていたが
左が イノセラムス ペンナツルス(Inoceramus pannatulus)で
右が アクティノセラムス タムライ(Actinoceramus tamurai) ですかね???
まぁ、どちらもイノセラムス科ですが。(^_^;)

で、これがトリゴニアですが、
d0318386_20414994.jpg
プテロトリゴニアも コバヤシイとプスツローサと言うのとか数種ある様ですが
サッパリわかりません。
画像のは助の間隔が違うのですが、そんな事なんでしょうかね???

で、このサンカクガイと言うのは、サンカクガイ科に属する二枚貝の総称でトリゴニアの名でも呼ばれ、
中生代三畳紀に出現しジュラ紀から白亜紀に栄えた二枚貝で、浅海の砂底であった所に殻が多数集まって化石になった状態での産出が多く 中生代の標準化石となっています。
白亜紀以後は急に衰え、新生代の第三紀にはエオトリゴニア属Eotrigoniaだけとなり、
さらに、現生ではシンサンカクガイ属Neotrigoniaがオーストラリアにわずか7種が住むにすぎない。

現生のシンサンカクガイはオーストラリア南東岸およびタスマニア島の内湾砂泥底に多く
殻長33mm、殻高31mm、殻幅10mm。
本種の殻形は丸みのある三角形で、後縁はまっすぐ裁断されたようになる。前縁は丸い。
殻表には約20本の丸いこぶ状の節のついた放射肋がある。
又、噛み合せには前後に分かれた逆V字形の歯があり、その上は細かく刻まれている。
内面は紫色を帯びており 真珠光沢が著しく強い。
d0318386_20533231.jpg
d0318386_2053444.jpg
と言う事で、持ってるよー。(笑)
昔のブテロトリゴニアとはあまり似ませんよね。
どちらかと言うと 先のヘテロトリゴニアの方が似ている感じもします。
 
てな感じで、アンモが取れない時も 貝で楽しまれると面白いと思いますよ。
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-17 20:59 | 化石 | Comments(4)

クリーニング ⑥

本日はクリーニングの続き。

博物館では、特別展の他に 常設展で事前に再チェックはしていました。
d0318386_20371351.jpg
d0318386_20392563.jpg
d0318386_20373293.jpg
結構色々と出る様です。

なので、それらも意識して採っておりました。
d0318386_20552264.jpg
などなど合弁を。
結構大き目の貝たちです。

以外に採集したのは、
d0318386_20414052.jpg
小さ目の二枚貝、溶けとけ。
d0318386_20562425.jpg
巻き貝。
たぶん実物(完品)は水管がもう少し長めなのだと思います。
d0318386_2058138.jpg
ちょっとボケたけど・・・アルビ師匠も出してた巻貝。
私もキレイな殻付きを見つけていましたが、クリーニングしょうとすると剥がれたり割れたり。(^_^;)
突くと叩き跡が残ります。

他はやはりトリゴニア。
d0318386_21008.jpg
ちょっと先っちょ欠けたけど 超小さいけどコロリと出ました。(笑)

ウニ。
d0318386_2111964.jpg
少し欠けと擦れがありますが、可愛い♪

あとは、デスモの続き。
d0318386_212197.jpg
右のがアルビ師匠の。
やはり物が良いですね。(^_^;)
採集するもの(出て来る・手元に来る)にも差が・・・。

あ、頂いたゼランのクリーニング忘れてた。
d0318386_2132758.jpg

 
 
その他、前回のコターンのソデガイ。
d0318386_2141298.jpg
これは良いでしょう~♪
大きさも保存もなかなかです。
片弁なのが残念ですが。(^_^;)
どうやら、フネソデガイ(Megayoldia thraciaeformis)
の様です。

そして、近くにあった 以前クリーニングしていたチビユーパキを突いていたら
コロンと取れてしまいました。(泣)
d0318386_21262460.jpg
で、裏はあまり保存は良くなかったみたい。
割れてしまいましたが、ちいさな巻にもブツブツ突起があり可愛い♪
d0318386_2127343.jpg
これもいつか大き目のが欲しいですね。
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-14 21:51 | Comments(10)

セノマのアンモ

昨日のアンモ達、一部簡易クリーニングしてみました。
d0318386_14565866.jpg
小さい欠片の方は、
コスマテラ エニグマ (Kossmatella aenigma)
d0318386_15192672.jpg
「エニグマ」とはラテン語で「謎」の事だそうです。
謎と言うより、bibendum、今で言うミシュランマンの原型、もしくはマシュマロマン?
の方が合っている様な気がしますが。(^_^;)
コスマテラ ビバンダム。(爆)
是非、まるっとしたのが欲しいですね。
謎のムチムチアンモ。

マンテリは、やはり10cmオーバーぐらいのが欲しいものですが、
小さいのは過去に採っています。
d0318386_1432784.jpg
殻はがれなのでまだクリーニングしていませんでしたが、
達人さんに聞くと戻すのは難しいらしいので、素人の私には出来そうもありませんし、
上達する前に未クリーニングのまま天国へ行きそうなので、そのうちクリーニングしてしまいたいと思います。

太いですね。と言われた私のデスモ。(左)
d0318386_15143357.jpg
え、私が?
はい、その通りですが。(^_^;)
実際はそんなに大差ない様に思えますが、ある一部を見るとそう見えるかも。
食べ過ぎなんでしょう。
私と一緒で。(爆)(爆)

セノマニアンでは、あとはやはりキャライコが欲しいな~。
今年も頑張りたいと思います。
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-12 15:33 | 化石 | Comments(10)

合間のお楽しみ

春一番 なのか、今日は風の強い日でしたね。

毎日お仕事で忙しいアルビ師匠と そこそこ忙しいワタクシですが、
今日はたまたまピッタンコお休みが合いまして、お誘い頂きましたので、
今話題の三笠市立博物館の企画展「北海道のアンモナイト サントニアン~マーストリヒチアン編」を見に行きました。
d0318386_18121735.jpg
平日なのに そこそこの来場が見られましたよ。
関心が高いのですね~。

企画展の会場は常設展の奥にあります。
d0318386_18132656.jpg
すでに行かれた方の画像と同じですが・・・。(^_^;)

アンモの絶頂期(?)であるサント~マストリのアンモナイトが山盛り。
d0318386_18152082.jpg
d0318386_18153886.jpg
d0318386_18155056.jpg

これでもか!!と言うぐらいの沢山の素晴らしいアンモを見学し勉強させてもらいました。
d0318386_1817248.jpg

しかし、見るだけじゃあお腹もいっぱいにはならないので
アンモ定食・・・は無いけど 日替わり定食を食べに。(笑)
d0318386_18204232.jpg

お腹が満たされたら腹ごなしでもしますか。
と、ちょっこし近くの崖まで・・・。
d0318386_18212596.jpg

貝しか採れないんだよな~。とボソボソ採っていましたら はう!!
d0318386_18233010.jpg
ウニの抜け殻~。(泣)
そうそう、ウニ!! と這いつくばって探しましたが見つからなくてウニウニ言っていましたら
アルビ師匠が「ありましたよ~」と持って来てくれました。
d0318386_1824471.jpg
神!!!!!!
ウニ~♡ やったー!!初ウニ、やっとウニ~♪
ちょーテンション上がる~!!(爆)

もー、これだけで今日はイイわ。
と思っていましたら 向こうでカンカンしていたアンキロさんが戻りまして、こんなのイラネ。と置くので「!!!!!!!?????」
d0318386_1827367.jpg

それもそのはず。
「俺は今日はコレだけでイイわ。」と置いたのを見ますと・・・
d0318386_182816.jpg
ちょっ・・・!!!!!!!!!!!!!!

こんなシッカリカッキリしたアンモが出るとは・・・。おそるべし達人さん。
それではいらないですよねー。
って、いるでしょ普通。(^_^;) タトエカケラデモ...

その後、マジか!!とアルビ師匠と二匹目の・・・を狙って頑張ると こんなの見つけたので見せると
「それもさっき俺が捨てたやつ。」と。
d0318386_18314196.jpg
なぬーーーーーーっ。

それでも懲りずにコンコン足元の石を割ると アンモもどきや太っちょデスモを見つけました。
その他にもミニデスモやゼランも師匠から頂き
ちょこっと とか言いながらタップリ楽しんで帰途につきました。(笑)

楽しい休日になりました♪
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-11 18:47 | 化石 | Comments(8)

ちょっぴり検証

連休あげたからイイよね。
って感じに当たり前に又連勤連勤でした。死ねる・・・。
じゅりあです。

さて、スッカリ日にちが開いてしまいましたが、コターンの拾得品をチェックしてみます。

まずはコニアシアンさんにソレ何。とツッコまれた「ツキヒガイ」と書いてしまった二枚貝。
d0318386_14462675.jpg
ツキガイモドキですね。
ペッチャンコに潰れていますが。(笑)
潰れた時に段が出来て、ソコを丁度ボヤボヤと老眼で見てたので耳の様に見えてツキヒガイと勘違いしてしまいました。

もう1つ見つけた貝は、ソデガイ系。
d0318386_1582323.jpg
まだクリーニングしていませんが。
ソデガイと言われても・・・小さなハトムギゾデガイからロウバイみたいの ベッコウキララも出ると聞くし
大きさから言えば、ツヤソデガイかフリソデガイ? 4cmあります。
残念ながら片殻の様で裏のギザギザ歯、鉸歯(こうし)が見えています。
現世では検索しても出て来ませんが、化石種ではサザナミソデガイと呼ばれる物がここでも出る様です。
二枚貝は良くわかりません。(^_^;)

他にもMacoma ニッコウガイ科の二枚貝も出る様ですが、サギガイなのかシラトリ系なのかわかりません。
一般的には、シロガイ(サラガイ)の方がアルアルですが(現世の現地だと)
Megangulusになっちゃうので
マコマと言うんだからマコマなんでしょう。
も1つ、ナミガイ(白ミル)も出るそうですが、現世でも良い貝殻はそうそう見ないのでレアなのかもー。
ちなみに現世では良く見るのはジェニーとかサガミの浜です。(^_^;)
これはまだ見かけていないので化石でも欲しいな~。

タマガイ系はチッサーイけどありました。
d0318386_15485872.jpg
中がカルサイト化しかかっていました。

今回面白かったのは植物化石ですねー。
d0318386_15565290.jpg
葉っぱ。
現在の近隣を見ても同じ様なので、ブナ系かクルミ系かな~。

そして棒。(爆)
d0318386_163361.jpg
d0318386_1635357.jpg
さすがに枝・茎はわかりませんわー。(汗)
松の枝???(^_^;)

そして、骨もどき。
d0318386_162612100.jpg
後ろはパッカン玄能石。
組織は・・・
d0318386_1627676.jpg
どうなの?
裏にも貫通している形状は玄能石には見えません。
d0318386_16274720.jpg

こちらが玄能石の結晶。
d0318386_16281360.jpg
THE鉱物 ですね。

でも似てるんだよね。(爆)(爆) 色もさ。
コレが波で擦れたら 上のみたくなると思わない?(爆)

ちなみに以前から気になってるウニ。
d0318386_1742917.jpg
これは望来層のブンブク(右)と当別層(?)のブンブクですが、
モーライのでさえ9cmほどあります。
トクナガムカシブンブクはせいぜい5cmぐらい。
同種なんですか???
石川県では大型ウニとして出た パレオプニウステスって名前を見たのですが、検索してもそれ以上出て来ません。
Paleopniustess??? つづりもわからないし謎。
まだクリーニングしていない理由は、棘が惜しいので。(^_^;)
d0318386_1721461.jpg


この日はころんと研磨されたキレイな瑪瑙も拾いました。
d0318386_17221794.jpg


以前にも出した望来層ボックス。
d0318386_17312485.jpg
新しく採るたびに物を替えて更新しないとですね。

ちなみにここに入れてるモグりん爪。
d0318386_17323753.jpg
ブツブツが微妙・・・。
カニビル???  ヒーーーーーーーーーーッ
そんな化石は・・・
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-10 17:33 | 化石 | Comments(16)

久々のコターン海岸

連勤のご褒美(?)に連休を頂いてたので今日は今年初のコターン海岸にお出掛け。
日中、お天気も良くなる予報でしたが朝は花曇り。

久々のコターンです。
d0318386_1682157.jpg
季節外れのクリスマスキティちゃんが漂着していました。
せっかく貰ったプレゼントを流してしまったのは誰でしょうねぇ。(^_^;)

まずは二枚貝ライン。
d0318386_1692076.jpg
春の大崩れでノジュールも沢山あります。
ウホウホ拾っては割りますと
d0318386_1611496.jpg
ありゃ!!オオキララガイ泣き別れ。(泣)

ここはダイレクトインもありますので剥がれた貝も落ちていますが、殻はボソボソになって剥がれてしまっています。
d0318386_1612127.jpg
これもキララガイ。

ツキヒガイか、雌型岩と一緒に落ちてるのも見つけました。
d0318386_1613019.jpg


崖から落ちたと言うより、漂着して来たのか ここ特有のツノガイの目玉ノジュールも見つけましたよ。
d0318386_1614976.jpg
こんなのイラネ(飽きた)と思ったけど、
割ると先のあたりにモヤモヤしたものが含まれているので、大臣さん調べ行きに。
d0318386_1616310.jpg


こちらは本体がなくなっているが 空洞にカルサイトが育っています。(汗)
d0318386_1617420.jpg

この辺りは海底まで層の岩盤が続いていて、その中も崖と同じくノジュールが含まれています。
d0318386_16195188.jpg
そんなのが外れたのと 崖から落ちたのなどが洗われて
二枚貝ラインが終わると真ん丸コンクリーションが沢山見られます。
誰かが置いた 玄能石ノジュール。
d0318386_1621553.jpg

大きなコンクリーション!!
d0318386_16222121.jpg
これがカニ玉なら、花咲ガニぐらいは入っていそうですね。(笑)
こんなの持ち帰れない。と思ったけど、花咲ガニが入ってたら絶対頑張って持ち帰ります。(爆)

雲が晴れてお天気が良くなって来ましたよ。
d0318386_16395164.jpg


長~いツノガイ???
d0318386_1636446.jpg
とビックリしたけど よく見るとどうやら木の枝の化石の様です。

ツノガイか玄能石のノジュールしかないので、いつもなら割らないコザ微小貝ノジュールを割ると
葉っぱの化石が出ました。
d0318386_16382790.jpg

その他のコザノジュールも割るとかなりの確率で植物化石が出て来ました。
d0318386_16474189.jpg

これは玄能石の表面なのか骨化石なのか・・・。
d0318386_16512362.jpg

ガメラ石。
d0318386_16524856.jpg
この辺りからは もうあまり化石もノジュールも見られなくなるので
久々で入っていないのわかっててもガンガン割りまくって暑くて疲れて来たので引き返す。(笑)
気温も上がって9℃になって来ました。

崖の雪はほとんど解けていましたが、残り雪と雪と共にズリ落ちてきた段丘堆積土が落ちそうなので
まだまだ崖下を歩くときは注意が必要です。
d0318386_1745012.jpg
カラカラと小崩れは常に起きていました。

帰りは久々に佐藤水産に寄る事に決めていました。(笑)
d0318386_1775384.jpg
新製品の鮭のちゃんちゃん焼き。(爆)(爆)
アッサリしててイクラも入ってて美味しかったです。

続いて、いつも気になってて寄れなかったロイズ(工場店)にも寄り、パンなどを購入。
デザートにミニサイズのカヌレ(?)を食べながら帰りました。
d0318386_17105758.jpg
外はカリカリ、中はしっとりトロ~リで美味しかったです♪
実はコレはイマイチ苦手なスイーツで、私のお勧め製菓の北菓楼の「天使の鈴」(カヌレ風の焼き菓子)でも食べられなかったのに
これはミニサイズなのもあってなかなか絶品でした。
さすが、ロイズです。(笑)

朝起きてから行ったのに 帰りにはもう眠くなっていました。(笑)
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-04 17:17 | 化石 | Comments(8)

水晶

はいっ!! 連勤明けで無駄に連休貰ったご機嫌(ハイ?)のじゅりあです!!
春ですね。(笑)
スーパーのレジで並んでいると前にいたおばあちゃんが「ら~らら~♪」と大きな声で即興の春の気持ちのメロディを唸っていましたよ。(爆)
ライトダウンを脱いだ人もいっぱいでした。(まぁ、近所の買い物ですから みんな車で、フリース・コート・普通のジャンパーなど。)
どこかの子供はお母さんに「寒いんでしょう!?だからジャンパー着れば良かったのに。」とパーカー姿で叱られていました。(^_^;)
まだちと早いか。

早くから雪解けしていた職場の裏庭では ふきのとうが満開でした。
d0318386_13502314.jpg

とは言っても 数日おきにまだ雪が降って雪の花を咲かせていますが。
d0318386_1462214.jpg


さて、そんな北海道は置いといて、
今月のミネラは水晶の特集でした。
d0318386_1472811.jpg

いつか私のブログでも水晶の特集をする。と言いながら何年か経ってしまいましたが(^_^;)
せっかくなのでいくつか出してみましょう。

まずは水晶色々。
d0318386_1485514.jpg
真ん中の列の真ん中。
こんなのが普通にイメージする水晶クラスターでしょうね。
六角柱状のTHE水晶!!

水晶 石英とは、二酸化ケイ素 (SiO₂) が結晶してできた鉱物で非常に一般的な造岩鉱物です。
火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれる。
水晶としては、花崗岩質ペグマタイト・熱水鉱脈などに産出する。
この「水晶」とは一般的には無色透明のものを呼び、低温型では三方晶系、高温型では六方晶系になる。
モース硬度は7。
石英は二酸化ケイ素結晶の多形の一つで、573℃で三方晶系の低温型石英から六方晶系の高温型石英に転移する。高温型石英は六角柱面を持たない。
さらに高温では、鱗珪石やクリストバライトに、また超高圧下でコーサイトやスティショバイトに相転移する。
常温下における高温型石英の外観は仮晶による。
この「仮晶」とは、中身が別の鉱物によって置き換わることで、本来はありえない外形をとる現象。

話を戻して、上の画像の奥の列は、みなさんもご存知のアメジスト(紫水晶)・シトリン(黄水晶)・黒水晶だ。
黒水晶はスモーキークォーツ(煙水晶)と呼ばれる事もある。
日本では、岐阜県のちんの峠産が有名だ。(意外とコレ(ちんの峠産)は持っていない。誰かちょーだい♪)

真ん中の列、右側が水晶としては有名なアーカンソー産(アメリカ)。透明度が高くて好まれる。
ちなみに真ん中のはブラジル産。
左のはヒマラヤ産でピンクの岩塩など有名なせいか 水晶もうっすらピンク色をしている(岩塩のピンクは鉄分だと言うので、同じ理由だろう)。
8848mの霊峰エベレストを含む山脈だが、地球上で最も若い山脈の一つで、
白亜紀にインド・オーストラリアプレートが15 cm/年の速度で北上し、ユーラシアプレートと衝突して出来た物だ。
プレートの速い動きによって海底の堆積層が隆起したものなので、高山地帯で貝などの化石が発見される。
ちなみに今も67 mm/年の速度で北上しているので、地震の多発地帯になっている。
で、鉄分かはわからないが、マンガン鉱床で採った水晶でオレンジ色っぽいのは持ってる。
d0318386_1541723.jpg
裏が真っ黒なのでたぶん大江か稲倉で採った物と思われるが記憶にない。(汗)
腐れ菱マンガンぽい肌色ベースの上に生成しているのでオレンジっぽく見えるのだと思われる。

また話がズレたが、手前右の様な細い水晶柱状は、「レーザー」などと言われている。
他にも水晶用語と言うのは、学術的にと言うよりパワーストーン的にと言うのも多いが、沢山あって(もちろん鉱物用語も多い)
単結晶(1本)をシングルポイント、2本くっついているのをツイン、根元は1本なのに途中から2本の水晶となっているのをソウルメイトなどと呼んだりします。
(2つの結晶が合同双晶面として84°33′の角度で接合したハート形の物は、日本式双晶と言う。日本固有のものではなく呼び名。長崎県奈留産が有名で私も持っているが、画像が見当たらないので割愛。)
更に 形状として、沢山の結晶が重なるようにして成長した水晶(1本になった)ものをカテドラル(大聖堂)と呼んだり、
サボテンみたいにトゲトゲと小結晶が飛び出た物をカクタスと言います。
d0318386_14483526.jpg
こちら恵庭市光竜鉱山産の物。
そして全体だけでなく、結晶ポイント(頂点)面(六方錐)の辺りに五角形があるとイシス、
錐面と柱面の間にダイヤ型があるとウィンドウ、
一番大きな錐面が三角ではなく七角形になっているとレシーバーなどと呼ばれ
この錐面に成長痕の三角形のデコボコがみられるとレコードキーパーと呼ばれます。
この辺りは完全にパワーストーンの世界で、それぞれ何らかのパワーだとかメッセージだとか言われている様です。(^_^;)

またまた話を戻して、上画像(水晶沢山の)の前列左は、水晶の中に別の鉱物などが閉じ込められたもの。
ガーデン水晶と呼びます。
通常は、その景色を楽しみますが、決まった形の異物(鉱物)をアルビアンさんも出しておられましたが、まりも水晶とか呼んだりしますし
d0318386_158015.jpg
大分県尾平鉱山産。まりもの正体は緑泥石。
わかりきった鉱物はその名を付けて呼びます。
d0318386_1591158.jpg
こちらはパワーストーンでも有名ですが、ルチルクォーツ。

又、いわゆる高温水晶なのか 両端がとがった形(両剣・両錘、ダブルターミネーティッド)のハーキマーダイヤモンド(水晶)も以前にも出していますが有名ですね。
d0318386_15143118.jpg


まだまだ色んな水晶用語や水晶がありますが、切りがないのでこの辺で。

今月のミネラには珍しく化石の話も沢山載っていました。(いつもよりページ数が多い)
オウムガイ・その他の貝化石、ウミユリ・・・そして植物化石などなど。
そして名古屋大学で開催されている「球状コンクリーションの謎」展の御話も6pにもわたって載っていましたね。

コターンの球状コンクリーション。
d0318386_162591.jpg
中身はスカか ツノガイか玄能石。(笑)
ツノガイはなぜか殻口じゃなくて殻頂の方がコンクリーションの中心。
さて、なぜでしょうか。(^_^;)
ツノガイのポリドラ痕に注目しているのは波猫さん。
d0318386_1664778.jpg
私は自分研究があるので大臣さんに託します。よろしこw

ミネラ買ってね。(笑)
 
 

by jurijuri555 | 2017-04-03 16:10 | 鉱物 | Comments(4)