my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
懐かしのP&H
at 2017-09-23 21:45
ヤド水汲み
at 2017-09-22 16:30
ハンマーヘッドシャーク③
at 2017-09-19 15:19
嵐のT鉱山
at 2017-09-18 17:07
r-I鉱山でパックリ
at 2017-09-16 23:50
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:14
apogon2 さん ..
by jurijuri555 at 20:07
hntさん こんばんは..
by jurijuri555 at 19:56
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 19:36
こんばんは~! H川方..
by fossil1129 at 19:05
昨夜は雷が凄かったですね..
by apogon2 at 17:40
Y針巡検、お疲れ様でした..
by hnt at 17:37
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 16:56
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 18:33
ねずみや主人さん こん..
by jurijuri555 at 18:20
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017 チューブ出張③

チューブ出張、早くも最終日。

この日も前の日に早く寝たので(と言うか、ヒマでTV見てたらそのまま潰れてた。)早くに目が覚めて。
シッカリ、夕べのうちに買って置いたミソカツサンドを朝食に頂きました。
d0318386_1258532.jpg
(今年も小倉トーストを頂けない感じだったのでジャム(?)だけ買っておいた。よし!!(笑))

私も色々とツイてない事のあった出張でしたが、サブチーもツイてなくて
連泊で取ったのにホテル側のミスで1泊になってて この日は急遽違うホテルに泊まっていたので
心配したのか 早くから起きてるっつーのに「起きてますか?」のモーニングメールが来たので、
「おはよー。起きてるよ・・・」とカチカチ返信打ってる間に 矢継ぎ早に「起きてますか~!?」と更に電話までよこして・・・。(爆)
ほんとにセッカチだな~。Bは。(爆)(爆)
相変わらず咬み合わないA×Bコンビ。

前日より余裕でゆったり会場に向かったが、ありがたい事に初日であづかり物のメイン化石と私のイチオシ品もあらかた引き取られていたので
ガランとしたテーブルを埋めるのに(ディスプレイ)手間取ってるうちに又開場してしまった・・・。(^_^;)
d0318386_1394786.jpg
(開場直前画像)

しかし、やはりガラ~ン・・・。(客足が悪い)

会場では、TVの収録が入っていて
d0318386_13273324.jpg
おねえさんにクギづけになっていたサブチーとHさんだが
結構長々と昼過ぎまで絵撮りとかでかグルグル会場内に居るものだから
それぞれの事情で映りたくないと逃げてしまい、又売り子不在の空席ブースに・・・。
私なんか「仕事だから」とガマンしていたのに Hさんは「講演聞きに行ってくる」と別会場でやっていた松原先生の特別講演まで聞きに行ってしまった。オイ!!!!
ちょ・・・もう~。どんな自由人な2名なんですか・・・。(泣)

売れ残り(私にしたらまだまだ普通の商品なんだが)前にポツーンと居たら
昨日もわざわざ出店確認に顔を出して下さったが、またまたFさんが
お土産~♪と タッパー盛り盛り各地のヒタチオビと「オゲレツ師匠に」ってウ〇コ持って来てくれて(爆)(爆)
モグリさんもヌッと(ボケらっとしてて2度(後で会場内フラついてる時)も気づかなかった)いらして下さいまして
なんと 採れなかった(のと同じだと思う)ウニを頂いた。キャ~♪

この日一番テンションの上がった時間だった。(笑)

あとはそのまま何も無く・・・。
会場内に蛍の光が鳴り響く時間になり、バタバタと片づけてHさんとバイバイして サブチーと空港に向かった。
d0318386_13525887.jpg
夕暮れ近づくセントレア。

いつもアバウトなサブチーだが、散々私にもーもー怒られてるので珍しくスケジュール表を書いて来てて(爆)
いちいちメモを見て まだ時間あります。よし、ピッタリです!とかコレに乗りますよ!!とか確認に忙しかったが(笑)
最後ぐらいウナギ食べようよ~。と言っていたのに 〇屋でテイクアウトもあるのを見たら急に彼女に食べさせるのにお土産にする。と言い出して
結局夕食は つけ麺になった・・・。(泣) (結局彼女にはウナギは食べたくない。ウニが食べたいと言われたらしい。プ)
d0318386_1474452.jpg
美味しかったからいいけど。
(私も主人にひつまぶしテイクアウトしたので、帰宅後に半分食べれたし。)

お腹も膨れて あとは帰るだけだねー。と検査場に向ったら
サブチー止められてるし。(爆)
送れば良いのに 大事に買った蛍石(フローライト)をカバンに入れていたので蛍光(?)したらしい。(爆)(爆)
黒く映るんだってー。(激爆)
前にも方鉛鉱入れれて黒く映って(こっちは光(x線)通さない)止められた事あるらしい。アホ

定刻より少しだけ遅れて 33℃のN市から17℃の千歳にアッと言う間に着き サブチーともここでお別れ。
お疲れ様でしたー。
d0318386_14132141.jpg
画像は途中 機長さんが「左に函館市の夜景が見えます。」と教えてくれたので撮ったが
厚いガラスで動く機内からはハンドフリーのコンデジでは無理だった・・・。

反省会で、今回の敗因は、サブチーの場合 落ちてたお守りを自分の物にしてチャームに使った事と
私はN市で初めて出会ったのが海神(ウミガメ)様なのに 臭い・・・?と足でツツいた事で
ツキが悪くなったのではないかと分析。違
d0318386_14303246.jpg
 オイ、コラ連れてけ~ 戻せ~(たぶんひっくり返ってる)

バチアタリな2人旅(?)でした。サーセン...
ありがとうございました。

by jurijuri555 | 2017-08-30 14:44 | 鉱物 | Comments(8)

2017 チューブ出張②

さて、いよいよ本番、N市ミネラルショーの日になりました。

前日、早くに撃沈した為 またまた年寄りらしく早く目を覚ましてしまい
ゆっくりと朝を過ごして、深夜に到着したサブチーと会場に向いました。
d0318386_8352441.jpg


のんびり・・・モードでしたが、やはりある程度はポップ等作っていましたが、
個別値札とか付けていなかったのでアタフタ・・・。
そんなうちに又15分前に開場になりバタバタで写真撮り忘れました。(^_^;)
d0318386_8482110.jpg
第一陣が嵐のように通り過ぎたあとなので
メイン物は真っ先に引き取られ すでに少しさびしくなっています。

それにしても初日にワッと来るのがいつものイメージだったのですが、
割り当てられたブースの場所がいつもと変わったせいか 人の流れが来ない場所で、
人だかりが出来る。と言う感じは終始無く、会場全体的にもパラパラと隙間があり 歩きづらいとか見れないとかもなくて寂しい雰囲気を感じました。
d0318386_851518.jpg
d0318386_8514172.jpg

そんな感じなので、サブチーもHさんも売る気もテンションも低く 終始フラついていてブースに居ない。(笑)
サブチーに関しては、あちこち覗いては自分仕入れ(自分のコレクション物の買い物)ばかりしていた。(^_^;)

と言うワタクシも買い物・・・。(爆)
d0318386_91019100.jpg
某所で見ていて欲しいな~と思ったけど商品値+送料を考えると割に合わず迷ってた
人工ビスマス結晶(大)とブドウ球玉髄。と ウニとサブプリオノに似たドイツのアンモ。

そんな感じでおだやかに1日目も過ぎて、いつもならみんなで晩御飯を食べに行くのだが、
サブチーは現地のお客さんとの会食が入っていた様で Hさんにはお誘い頂いたが、帰りまで車(足)の面倒を見させるのも申し訳ないので辞退し
又一人寂しくホテルに帰宅。
d0318386_9142659.jpg
N市の街も複雑怪奇。攻略は難しいっす。

ホテルまでのルートはなんとか覚えたので どこかで食べようかとも思ったが、
くつろげないのも落ち着かないので 通りすがりの店でテイクアウト。
d0318386_915361.jpg
カレー・サラダ・ミルクティー(チャイの代わり。(笑))と言うヤモメ飯。(爆)(爆)
なんだかなー・・・。
 

by jurijuri555 | 2017-08-29 09:26 | 鉱物 | Comments(10)

2017 チューブ出張①

今年も暑い(?)出張の機会がやって来ました。

バタバタと日常の合間に用意をしてアタフタと出掛けましたよ。(泣)
d0318386_2194340.jpg
テイクオフ!!

で、北の大地を飛び立った数時間後には、うだる海岸に立っていましたー。(^_^;)
d0318386_220402.jpg
ギラギラ~・・・

どこ。ここ何???
d0318386_22188.jpg
三紀っぽいです。(苦笑)
よくわかっていない超テキトー探検。

ウニが採れる「らしい」。と小耳にはさんで とりあえず行ってみた。と言う状況なので何にもわからず。
転石を見ると一応二枚貝が入っていたが・・・。
d0318386_223270.jpg

ウムム~・・・。暑い。(35℃)
d0318386_2235196.jpg
そしてどうやら本当に何も調べないで行ったんだけど
干潮だったらしい。

ここにもカモメガイ???
d0318386_225134.jpg
別の種だろうか・・・

ヒザラ~♪
d0318386_2244318.jpg
2-3匹(?と数えないか。(笑))ひっつかまえて
夜にコンビニでカップ焼酎買って漬けて持ち帰った。(爆)(爆)

おおーカメノテ~!!
d0318386_2263989.jpg
生で初めて見て感動。
これはちょっとひっぱがせなかった。

崖を見ても磯の岩場を見てもウニは見かけず。
満潮時には海水に浸かっているだろう所の岩場に所々穴が空いているのが気になったが・・・
d0318386_2294030.jpg
こういう穴にヒザラや色んな磯の生き物が入り込んでいるので
初めはそうかとは思いつつハッキリは何か良くわからなかったんだけど

!!!!???
d0318386_2304263.jpg
ノジュールみたいのが詰まっているのがあったのでツツいてみたら 爪???
これ、スナモグリンじゃないの~!!??

そうすると よーく見てみると穴穴ノジュールノジュール・・・いっぱいなのに気が付いた。
d0318386_2324969.jpg
普段は海に埋もれている部分の様だ。

しかし、母岩よりノジュールの方がモロモロなので叩くと全部粉々になってしまう。
ボンドボンド・・・(笑)
d0318386_2348100.jpg

が、この作戦も中まで滲みず ムズ・・・。
d0318386_2344994.jpg
結局ボロ~・・・

とりあえずボロボロの何個かほじくって来たが、たぶん着いた頃には粉だろう。(荷物になるので宅配に入れた)
アレコレ見てはみたものの 結局は他の化石もウニも見つけられず、
ビーチコ(?)でサンショウウニの殻をみつけただけ。
d0318386_2364831.jpg

暑い中、グルーッとここの端からやや端まで歩いてみたが、熱中症で死にそうなので撤退。

帰りはローカルに下道を通って戻ったら 波猫さんがレポしていた招き猫が見えたので停まってみたが・・・
d0318386_2392132.jpg

どさんこが ながーい散歩道を歩ける様な気温ではないのでこちらも勇退。(笑)

サブチーが仕事が入ってしまい最終便での現地入りだったので最後まで一人。
今回はミソカツ再トライの意気込みだったが、ほんとわかりづらい案内板ばかりで彷徨いながら やっとこホテルに着くと食欲もなく、
コンビニ冷やし中華をすすっただけでダウン。

ひつまぶし王国を楽しむどころか 早くシャワー浴びて寝たい一心だった。

つづく・・・

by jurijuri555 | 2017-08-28 06:00 | 化石 | Comments(12)

カモメガイ

天気は回復した・・・と思ったのに 又雨がちの今日。
蒸し暑いのは、相変わらずか。

さて、なにせ手が遅いので 思い出したように夕べになってから目に付いた
だいぶ前に採集していたカモメガイのプチクリーニングをした。
d0318386_144433.jpg
カモメガイ Pholadidea kamakurensis
ニオガイ科の二枚貝。北海道南部から九州までに分布し、潮間帯の泥岩に穿孔(せんこう)してすむ。
殻は前後部に分かれ、丸く膨れた前域には粗い彫刻があり、やすりのようになっている。
前部の腹側は活動期には広く開き、ここから円柱状の足を出し、すんでいる穴の底に吸着して体を固定し、殻を動かして(ドリルの様に回転)穴を掘り進む。
休止期になると、この開口部は薄い被板で閉じる。
殻の後域は羽のような形をしていて薄く、成長線がある。
穴の入口のほうが殻の後方にあたり、そこから水管を出して呼吸水を出し入れする。
同科の諸種はいずれも泥岩などに穿孔生活をしていて、なかには食用とされている種もある。
と言うが あまり美味しくないらしい。(^_^;)
DASH島辞典にも書かれている。
(上記同様プラス)『3年で5~6cm程に成長し、その成長に合わせて、穴を大きくしていく。さらに、穴の内側をツルツルに削り、呼吸の開閉運動をする際に自分の殼を傷つけないようにする。また、生物発光の基本原理の発見のきっかけとなったのが同種で、外套膜から青く発光する粘液を外に分泌して光る。岩の中から採取しにくく、味もよくないため食用としては扱われない。』
(美味しいのはイシマテガイでカモメガイは美味しくない と言う事らしい)

参照
https://www.jstage.jst.go.jp/article/benthos1990/1994/47/1994_47_23/_pdf

ちゃんと生態標本も採集してある。(殻)
d0318386_1416369.jpg

小さいのから沢山まだ入っている。(住んでいた)
d0318386_1417138.jpg

採集したサイズは、段々掘り進みながら成長したらしい。(5.5cm)
d0318386_14175738.jpg


で、このニオガイ科 というのはオオノガイ目の一つなのだが、
オオノガイと言えば白ミル(ナミガイ)。他にも良く聞く名が・・・。
(みんなキモイ仲間なのだろうか・・・ブルブル)

オオノガイ目は軟体動物門二枚貝網の分類群。ただし分子系統解析からは単系統ではないとの研究結果もあり、将来的には所属する科が変わったり、分類階級が目(もく)以外のものになる可能性もある。

殻は比較的薄質で一般に色彩に乏しく、外面は白色や灰褐色などの殻に褐色系の殻皮を被るものが多い。
真珠層を欠いているため殻の内面も白色などの単純な色彩となる。しかしクチベニガイ科には非常に厚い殻や明瞭な放射彩をもつ種類もある。
二枚の殻を背部でつなぐ蝶番の構造は二枚貝の分類で重要視されるが、このグループでは歯が退化的で単純なものが多い。
岩などに穿孔するものでは殻の一部がヤスリ状になり、これを動かして穴を穿つものがある。
木材に穿孔するフナクイムシ科などでは軟体部が蠕虫状(ながむし状)となり、殻は相対的に非常に小さくなって穿孔のための単なる道具のようになっている。
フィリピンなどのマングローブの泥中に棲むエントツガイ Kuphus polythalamia(フナクイムシ科)も殻は縮小しているが、1.5m以上の石灰質の棲管を形成し、世界一長い二枚貝として知られる。

多くは埋在性で、泥底や砂底、時には岩、木材などに穴を掘ったり穿ったりして生活するが、キヌマトイガイのように岩や他の生物の表面に付着して生活するものもある。
深く埋生する種では、穴の出口まで距離があるため、長く発達した水管をもつことが多く、これを伸ばして水中の餌や酸素を取り込んだり、糞を排泄したりする。
なかにはアナジャコ類の巣穴の横壁内部に埋生して巣穴内に水管を開口し、そこから餌や酸素を取り込むクシケマスオ(オオノガイ科)のような種もあり、これらの種では壁のすぐ内側に埋生しているため水管は短くなっている。
基本的に海産で、世界中の潮間帯から深海まで広く分布するが、クチベニガイ科のヌマコダキガイ属 Potamocorbula などのように汽水産のものもある。
また、二枚貝類としては珍しい発光性の種を含み、ツクエガイ科のツクエガイやニオガイ科のヒカリカモメガイ Pholas dactylus、ヒカリニオガイ Barnea candida などが発光液を分泌して細胞外発光をすることが古くから知られている。

20世紀末から21世紀にかけての生物分類には分子系統解析や分岐分類学が取り入れられて旧来の形態学的な分類が見直されるようになっており、従来のオオノガイ目も単系統ではないと見られるようになっている。
系統解析結果から、キヌマトイガイ科 Hiatellidae(マテガイ科 Solenidae と姉妹群となる)およびツクエガイ科Gastrochaenidae(正確な位置は不明ながらオオノガイ目には入らない)は従来のオオノガイ目から除外され、
逆に従来マルスダレガイ目のマゴコロガイ上科に分類されていたカワホトトギス科 Dreissenidae はオオノガイ上科やニオガイ上科と同じクレードに属するとしている。

従来のオオノガイ目の分類
ツクエガイ上科 Gastrochaenoidea
 ツクエガイ科 Gastrochaenidae - 岩や貝殻、サンゴなどに穿孔する。
 キヌマトイガイ上科 Hiatelloidea
 キヌマトイガイ科 Hiatellidae - 足糸で他物に着生するものがある。
オオノガイ上科 Myoidea
 オオノガイ科 Myidae - 砂泥底などで埋在生活する。
 クチベニガイ科 Corbulidae - 砂泥底などで埋在生活する。
ニオガイ上科 Pholadoidea
 ニオガイ科 Pholadidae - 岩や他の貝殻などに穿孔するほか、泥に深く埋在するものもある。キクイガイ亜科 Xylophagainae を独立のキクイガイ科 Xylophagaidae とする場合もある。
 フナクイムシ科 Teredinidae - 木材や岩その他に穿孔する。
(wikiより)

なんか長くなったが、いつも空になったものしか見ないので 今度生きたカモメガイも見てみたいなー。
生活している動画とかも見てみたいものだ・・・。

明日は異国。(?) (笑)
初めての晴れで 35℃の予報だそうだ。(^_^;)

「羨ましいですよー。」
d0318386_14421889.jpg
きみたちはね。(^_^;)
 

by jurijuri555 | 2017-08-24 14:48 | | Comments(10)

クリーニング ⑩

最近は雨がちで 災害も多いですね~。
札幌も今日は雨です。

急遽、師匠と先輩から 又アンモ等頂いたので、嬉し涙を流しながら寝ないで昼過ぎまでクリーニングしていました。(笑)

まずは、お盆前のキーンの成果・・・。
d0318386_1517397.jpg
50粒ぐらいあれば良い方ですかねー。
ま、まぁまぁでしょ。粉ばかりじゃないし。(^_^;)

で、ここの川の苔テラリウム。
d0318386_15175985.jpg
ガラスが厚くて歪んで見づらい・・・。
でもコレ曇らなくて良い。

で、先日の山の苔テラリウム。
d0318386_15194280.jpg
d0318386_15195456.jpg
このパッキンついた完全密閉型の瓶は曇るね~。(^_^;)
ま、新しいの増えて嬉しい。
けどもう置くとこなくてヤバイ。

クリーニング・・・間に合いませんでした。(^_^;)
d0318386_1524245.jpg
とりあえず、ここのプラスもう数個頑張って タイムリミット。
午後一で発送して来ました。
もー、腰ぬけるわー。重い・・・。
今年もウナギ食べにお邪魔します。(違)

後ろに見える少量のピンクが先日の成果。もう1つサブチーから現地でもらった塊があったけど磨きが間に合わず・・・。
あとは、レアもの(?)鉱物、放出品化石 有ります。
お時間があれば遊びに寄って下さいネ。
 

by jurijuri555 | 2017-08-22 15:43 | 化石 | Comments(14)

とんでIK鉱ザーン♪

土曜にT山行きませんか?
と お誘い頂いて、よっしゃTeですね!!
と張り切って出掛けたのですが、なんとお盆のせいか たまたまなのか、
筋通しする事務所の責任者がお留守で休みとの事・・・。
入れない事はないが、要するに 不法侵入になる事は辞めようよ。と言う事で
突如河岸替え、
飛んでイスタンブール~♪ は遠すぎるけど、飛んでIK鉱山~♪と言う事で、FB町まで走る事にした。
フットワーク軽いのが この仲間の強み(?)と言うかアバウト力(りょく・ちから)。(笑)

それでも一時は毎年山歩き初めが ここだったのに それぞれ忙しくなったりで行かなくなって2-3年・・・。
私とサブチーは去年も一昨年も(?)行ってるけど。(^_^;)

が、お盆休みも最後だからか お出掛けの人で(?)大渋滞ゾーンもあり。
現地に着いても先人の車が・・・(?)
別にやましい事はないが、避けて仕方ないので藪から降下。
d0318386_12283176.jpg

ま、先人車の所は、「じゅりあさんが落ちたトコ」だから 別にイイんだけどね。縁起悪いし。
川だから釣人かと思ったけど 結局、先に先に歩いてあらゆる石を割り散らかしている跡があったので
今日の先人か この数日中に来た人達ではないかと・・・。
別に 自分の土地でもないので怒る権利もないが、かなり必死(業者?)か「巡検会」モードだよね。と チマチマ楽しみに来ているものには愉快なものではない。(^_^;)
そんな訳で、まったく良い物は無く。
d0318386_1235045.jpg
薄~~~っっっ。コザ。チッ

何も無いから サブチーはサッサカ歩いて進んで行くし、無いなりに丁寧に探しながらゆっくり進む姐さんと久々参加のブー先輩。
d0318386_136444.jpg
て、そもそも山行くつもりだったので川用の用意が無く、長靴なのでソロソロ歩いているってのもあるけど。(爆)
サブチーはそんなの(濡れても)平気だし、私は先日の川装備のまま積んでた(面倒臭がりでだらしないから積みっぱとも言う。(^_^;))のでどっちでもイイのだが、
サスガの山沢、苔が沢山でチマチマ見ていると進まない。(笑)
どこかの専門家のページで読んだが、(ウロ覚えなので作ってる部分もあるかもしれないが)
苔研究者の巡検ツアーで、出発点の駐車場で 這いつくばって苔を監察しているだけで1日目が終わった。とか。(爆)(爆)

だろうね~。
だってさ、今回も石採れないから私も苔観察してたけど 写真撮ったりルーペで見てると進めないし
あ、これ〇〇ゴケだー。とか あらヒメジャゴケ・・・どこでもあるのね~。とかスルーしてたら
家に帰って図鑑見ても 〇〇ゴケとはなんだか違うし、ヒメジャゴケだと思ったのは、沢寄りの種のホソバミズゼニゴケとかウスバゼニゴケとか色々細かい種が居るらしい・・・。
なので、謎の としておこう。(汗)

I山の苔ギャラリー。
d0318386_13204789.jpg
d0318386_13205880.jpg
d0318386_132176.jpg
d0318386_13214029.jpg
d0318386_13254193.jpg
ま、珍しい物は無いけど。
凝灰岩質ではないので、エビゴケが居なかった・・・。

途中、山側の崖が大崩している所が。コワー
d0318386_13435420.jpg

ここがズリだったらたいしたフィーバーだったろうが、そうではない場所が崩れたので やはり何も無く。

終点の滝まで来たので終了~。
d0318386_1359764.jpg

暑い日は、沢山の色んな蝶も涼みに来ていた。
d0318386_13595296.jpg
は~、何も無いのに汗だくになりました。

そんな事で早めに終わっちゃったので 帰り道のとある新産地探索に立ち寄り・・・。
d0318386_1412356.jpg
ちと発見には至らず 無さそうだと言う事で
やはり近場の山と言う事で気軽に来たので、遠出にはガソリン足らず(笑) みんなで給油してガソリンスタンドで解散となりました。
お疲れ様でした~。

又来月 ワタクシ推しのトコで企画ヨロシク♪(アッチの水方も行きたいよー・・・たぶん帰りに回れるでしょ?
問題はポイントだけで・・・)
巡検の方も楽しみにしております。
 

by jurijuri555 | 2017-08-19 23:59 | 鉱物 | Comments(4)

クリーニング ⑨

いかーん、時間がない!!
と 家に居る家族を無視してクリーニング。

あー、昔の採集品みっけ。
おー、ミニアンモ天国。
d0318386_1959430.jpg
プロトコンク残りのアンモが満載でした。

イノセラの後ろに・・・アンモ。
d0318386_200283.jpg
えーと確かこれは・・・チューロ?
スカフィ?エゾイ?

これはなんだ?
d0318386_2015922.jpg
プゾ?
4本十字溝(右)と時計12本溝(左)。
 

by jurijuri555 | 2017-08-18 20:17 | 化石 | Comments(6)

パール

お盆休み(?)お墓参りなど行かれた方が多いのでしょうかー。
私も仕事仕事で休みがないのですが、今日の午後に慌てて行ってまいりました。(^_^;)

さて、日本の女性の冠婚葬祭で着ける装飾品のテッパンと言えば、真珠。
日本は、世界の9割のシェアを誇る真珠養殖法のエキスパートです。(現在は不明。中国・東南アジアでも行われている)

アコヤガイ Pinctada martensii
d0318386_18575831.jpg

ウグイスガイ科の内側に強い真珠光沢をもった二枚貝。
貝殻の内側に異物が混入すると、その異物を核として真珠層を巻く性質があり、
真珠の養殖に使用され 「真珠貝」と呼ばれたりする。

足糸(そくし)を出して浅い場所の岩やロープなどに付着する。
稚貝から1年で4.5cm、2年で5.5cm、3年で7.5センチ、4年で8cm程になる。
養殖では、4cmほどの貝に他の貝などの殻から作った直径1.2ミリの小核を、他のアコヤガイの外套膜を切りとったもので包み、生殖腺・中腸腺近くの組織中に挿入する。
埋め込む核は2個であることが多い。

真珠は貝の体内で生成される宝石である。生体鉱物(バイオミネラル)と呼ばれる。
貝殻成分を分泌する外套膜が、貝の体内に偶然に入りこむことで天然真珠が生成される。つまり成分は貝殻と等しい。
貝殻を作る軟体動物であれば真珠を生成する可能性がある。
小石や寄生虫などの異物が貝の体内に侵入したときに、外套膜が一緒にはいり、結果、真珠が生成される。
そのため、異物の侵入が真珠の成因だとする説が一般的であったがこれは誤りである。
外套膜は細胞分裂して袋状になり、真珠を生成する真珠袋をつくる。
その中でカルシウムの結晶(アラレ石)と有機質(主にタンパク質コンキオリン)が交互に積層した結果真珠層が形成されて、真珠ができる。
この有機質とアラレ石の薄層構造が干渉色を生み出し、真珠特有の虹色(オリエント効果)が生じる。
真珠層の構造や色素の含有量などによって真珠の色・照りが決まる。
日本の養殖真珠の発明とは、球体に削った核を、アコヤガイの体内に外套膜と一緒に挿入し、真珠層を形成させる、というものである。
巻き貝から生成されるコンク真珠やメロ真珠は真珠層を持っていない。従って、上記の真珠と区別されることがある。(wikiより)

天然では産出が稀。1万個の貝から数粒しかみつからないと言われていた。
加工が容易で「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれているほどの美しい光沢に富むため、世界各地で古くから宝石として珍重されてきた。
またその希少性から薬としての効能を期待し、服用される例がしばしば見られる。
エジプトでは紀元前3200年頃から既に知られていたと言われるが、宝飾品としてあるいは薬として珍重されるようになったのは後の時代である。
世界の他の地域でも中国では紀元前2300年頃、ペルシャで紀元前7世紀頃、ローマでは紀元前3世紀頃から真珠が用いられていたという記録がある。
日本は古くから真珠の産地として有名であった。日本書紀や古事記、万葉集には、すでに真珠の記述が見られる。

日本の真珠養殖の三大産地は、愛媛県(宇和海)、三重県(英虞湾)、長崎県(対馬)。
養殖期間は、ほとんどが一年以内(10ヶ月程度)。
挿核手術は5,6月くらいに行われ 浜上げはその年の11月から翌年の1月くらい。
これら一年未満のうちに浜上げされた真珠を“当年物”と呼び、
それに対し、一年以上養殖された真珠を“越し物”と呼ぶ。
一般的には、当年物よりも越し物の方が、巻きが厚く美しいものが多い。
ただ、養殖期間が長くなれば、母貝に負担がかかって真珠を吐き出してしまったり、病気になったり、死んでしまう確率が高くなります。
また、真円になる確率が低くなります。

と言う事で、宇和島産の「越し物」を欲しいな~(真珠入り母貝)と思っていたのですが、
去年は不作(?)だったらしく、
いつの物かはわかりませんが、長崎産の「当年物」の真空パックものが手に入ったので、パッカン体験してみました。(^_^;)
d0318386_2065677.jpg

本当は、身も美味しく食べられる貝なのですが、これは食べられません。(汗)
当年物と言う事で、貝も5cmほどで 真珠も6-7mmと小さ目ですが、キレイです。

淡水パールのパッカン体験はしたことありますが(缶詰とか売ってる)、本物は初めてです。
今度は、越し物をパッカンして その真珠で何か作ってみたいですね~。

ちなみに真珠は6月の誕生石で、石言葉は「健康・富・長寿・清潔・素直」など。

by jurijuri555 | 2017-08-15 20:53 | | Comments(12)

エエYou!!フィールドデビュー

本日は、いよいよ新愛車♡♡たんの現場デビュー日。

生憎 雨の予報が出ていて、数日前からどーするこーすると軽くモメていたが、
無事なんとかもちそうだ。と言う事で、強行。
今日は、初えーゆーと言うご家族を迎えての会と言う事で、ファミリータイムに集合したが、
お盆&祝日と言う事で道も大渋滞。
そして待ち合わせの激混みの道の駅に ワタクシも超カッコイイ♡♡たんで4分遅れてバビュンと駆けつけ。サーセン
♡♡たんカッコエエ~!!!!!(爆) You、かなりエエよ~。
降りて来るのが こんなババァですいません・・・(^_^;)って感じ。

今年初のいつもの産地に出向き 軽くレクチャーしたら、早速思い思いの所でチョボクリ三昧。
d0318386_20171716.jpg

そして、本日の「じゅりあ鉱山」。
d0318386_20175887.jpg
なかなか狙いの良いトコでしたが、
サブチー鉱山が結構出た様です。チッ (笑)

夢中でザブザブザブザブ楽しんで、お昼はBBQ。
d0318386_20205171.jpg
d0318386_2021322.jpg

デザートにスイカ~。(笑)
d0318386_20215825.jpg
イェイ!!
おいしゅうございました♪

食後は少し、苔採集。(爆)
d0318386_20225273.jpg
石の上にも苔。
護岸の玉石ネットにまで苔が付いていました。
ほんとどこでも育つんだな~・・・。(^_^;)
d0318386_2023557.jpg
初め、これもエゾスナゴケ?と思ったけど、タマゴケ???
d0318386_20291738.jpg
これもヒメジャゴケなのかな~・・・?
d0318386_203336.jpg
これはお初です!!イワダレゴケ。
ブチッと採集してしまったが、帰宅後に図鑑を見ると なんと1年に1枝しか伸びないとか。
7年物(?)をブチ切って来てしまった・・・。悪かったな~。(汗)

まぁまぁ、そんな事でハジけて遊び、
お天気も時々小雨に当たりましたが、最後までなんとかもち、
シッカリ3mmキーン☆も採り 無事帰宅しました。
d0318386_20382950.jpg
まぶしい・・・。
お初のご家族も楽しんで頂けた様で、お兄ちゃんも4-5mmキンもゲットしスゴーイ。(サブチー鉱山産の様だけど)

♡♡たんの走りも 文句なく。
ただ、〇〇たんと燃費は変わりない様でした・・・。(^_^;)
躾が行き届いていたからねー。
♡♡たんも 今後じゅりあ仕様に慣れて覚えて貰わないとね。(笑)
お疲れちゃん!!

サブチー・姐さん・Tちゃんさんもお疲れ様でした。ありがとうございました!
又次回もよろしくお願いします。チョーverry thanks!!
 

by jurijuri555 | 2017-08-11 20:54 | 鉱物 | Comments(8)

タ・ベ・ロ・グ ②

忙しいの~?
今は何も無いよ。
「今は」って、これから忙しいの?
いや午後から畑の植物を台風の前に縛ろうと思って・・・
(・・・それ忙しいのか?)新車来たから見せに行こうかと思ったんだけど・・・
見たい見たい!!今からおいでよ。お昼もまだでしょ?
(年寄りの「忙しい」のカテゴリがわからんわー・・・)

と言う事で、実家までNew愛車を走らせる。
うーん、初CDをかける事に成功し(爆) 〇〇たんより燃費悪いなー???と思ってたらエコボタン外れてたのに気付き(いわゆるSモード)ONしたら〇〇たんの遠出時ぐらい走った。と言うオタオタぶり。(^_^;)
まだまだまったく機能も操作もおぼつかない。

来たよー。
おー!!カッコイイ!!これで御飯食べに行こう♪

と言う事で、今日は前回満席で入れなかった「Re:Leaf」(リ:リーフ)さんへ。
d0318386_16355992.jpg
(外観撮り忘れたのでHPよりお借りしています)

水耕野菜を使ったレストランらしいです。
1Fにその様子が見れます。
d0318386_16411098.jpg
種から育てています。
d0318386_1641194.jpg
仕事帰りに行ったのでガラケー画像でスイマセン。(汗)
このレタスやベビーリーフも売っていました。(1袋¥300)

2Fがレストラン。見た目そんなに広くありません。10-15席ぐらいでしょうか・・・。
1Fでドリンク・ソフトクリーム類のテイクアウト販売もしているらしいですが。

お値段は、まぁ普通~少々お高め(?)ってくらいでしょうか。(極々一般庶民の感覚で。ランチですからね。(^_^;))
単品で950円ぐらい、セットで1500円弱程でした。
私は期間限定の冷製パスタのセット。¥1380だったかな? パスタサラダみたいなのと ドリンクとデザートのセットでした。
d0318386_1647501.jpg
麺少なっ。ツルツルッと食べたら大量の草だけが残りました。ウサギの気分・・・。(爆)
ソース(ドレッシング?)はゴマとジェノベーゼ(バジル)から選べる。
デザートもアイスかケーキか選べられる。
d0318386_1651264.jpg
私はプチケーキとホットコーヒーにしました。
コーヒーにはプチ抹茶クッキーが付いてるので単品でも嬉しいアフターです。
パパンはポークのセット。(¥1480だったかな?)サラダとスープとパンかごはん、デザートにアイスが付いています。
d0318386_16525651.jpg
プチパンが緑と黄色で、黄色を1口味見させてもらいましたが、何味かわかりませんでした。(爆)
普通なら ホウレンソウとカボチャとかだろうけどレタスとパプリカとかそんな感じなのかな~???
 枝豆とタモギタケではないと思いますよ。残念。>りんぞうさん (爆)(爆)
ママンはエビとベーコンのジェノベーゼソースのパスタのセット(セット内容はサラダ・スープ・アイス ¥1280ぐらいの記憶)
他にもチキンやオムライスやロコモコ、カレー(???)もあったけど 種類はそんなに多くないです。
ドリンクに「グリーンスムージー」と言う青汁みたいなのを飲んでる人が多かったです。(滝汗)

ま、ヘルシーとか野菜が好きな人にはお勧めです。

あそこの△△ってお店の方が気になってるんだよねー。と言うと
行ったことあるよ。味は普通だけど。今度行くか?
と言うので、又タベログします。(笑)

無事に新車のお披露目も済み 台風対策もある様なので、庭から1つだけ不明の苔をちぎって帰宅しました。(爆)(爆)
ほとんど うちの敷地内にあるのと同じ苔でした。平地の民家周りは同じなんだな~。
違う物は、ゼニゴケ系かカンハタケゴケに見えました・・・。

by jurijuri555 | 2017-08-07 17:31 | 日常 | Comments(12)