my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
クリーニング ⑦
at 2017-05-26 23:09
やどやど日記 20
at 2017-05-24 14:55
おうちde植物化石
at 2017-05-22 19:03
梅とミニアンモ
at 2017-05-19 21:23
意外なクリーニング
at 2017-05-16 20:08
最新のコメント
私もやっていることはいわ..
by apogon2 at 22:37
あ、追記で、 こうして..
by jurijuri555 at 12:49
Macrowavecat..
by jurijuri555 at 12:44
そっか! 「研究」と言っ..
by Macrowavecat at 09:36
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:21
イガイとか謎の巻貝とか、..
by Macrowavecat at 23:36
アルビアンさん こんに..
by jurijuri555 at 11:59
こんにちは(^_-)-☆..
by アルビアン at 11:27
コニアシアンさん こん..
by jurijuri555 at 10:59
こんにちは~。 やはり..
by コニアシアン at 09:49
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

水晶

はいっ!! 連勤明けで無駄に連休貰ったご機嫌(ハイ?)のじゅりあです!!
春ですね。(笑)
スーパーのレジで並んでいると前にいたおばあちゃんが「ら~らら~♪」と大きな声で即興の春の気持ちのメロディを唸っていましたよ。(爆)
ライトダウンを脱いだ人もいっぱいでした。(まぁ、近所の買い物ですから みんな車で、フリース・コート・普通のジャンパーなど。)
どこかの子供はお母さんに「寒いんでしょう!?だからジャンパー着れば良かったのに。」とパーカー姿で叱られていました。(^_^;)
まだちと早いか。

早くから雪解けしていた職場の裏庭では ふきのとうが満開でした。
d0318386_13502314.jpg

とは言っても 数日おきにまだ雪が降って雪の花を咲かせていますが。
d0318386_1462214.jpg


さて、そんな北海道は置いといて、
今月のミネラは水晶の特集でした。
d0318386_1472811.jpg

いつか私のブログでも水晶の特集をする。と言いながら何年か経ってしまいましたが(^_^;)
せっかくなのでいくつか出してみましょう。

まずは水晶色々。
d0318386_1485514.jpg
真ん中の列の真ん中。
こんなのが普通にイメージする水晶クラスターでしょうね。
六角柱状のTHE水晶!!

水晶 石英とは、二酸化ケイ素 (SiO₂) が結晶してできた鉱物で非常に一般的な造岩鉱物です。
火成岩・変成岩・堆積岩のいずれにもしばしば含まれる。
水晶としては、花崗岩質ペグマタイト・熱水鉱脈などに産出する。
この「水晶」とは一般的には無色透明のものを呼び、低温型では三方晶系、高温型では六方晶系になる。
モース硬度は7。
石英は二酸化ケイ素結晶の多形の一つで、573℃で三方晶系の低温型石英から六方晶系の高温型石英に転移する。高温型石英は六角柱面を持たない。
さらに高温では、鱗珪石やクリストバライトに、また超高圧下でコーサイトやスティショバイトに相転移する。
常温下における高温型石英の外観は仮晶による。
この「仮晶」とは、中身が別の鉱物によって置き換わることで、本来はありえない外形をとる現象。

話を戻して、上の画像の奥の列は、みなさんもご存知のアメジスト(紫水晶)・シトリン(黄水晶)・黒水晶だ。
黒水晶はスモーキークォーツ(煙水晶)と呼ばれる事もある。
日本では、岐阜県のちんの峠産が有名だ。(意外とコレ(ちんの峠産)は持っていない。誰かちょーだい♪)

真ん中の列、右側が水晶としては有名なアーカンソー産(アメリカ)。透明度が高くて好まれる。
ちなみに真ん中のはブラジル産。
左のはヒマラヤ産でピンクの岩塩など有名なせいか 水晶もうっすらピンク色をしている(岩塩のピンクは鉄分だと言うので、同じ理由だろう)。
8848mの霊峰エベレストを含む山脈だが、地球上で最も若い山脈の一つで、
白亜紀にインド・オーストラリアプレートが15 cm/年の速度で北上し、ユーラシアプレートと衝突して出来た物だ。
プレートの速い動きによって海底の堆積層が隆起したものなので、高山地帯で貝などの化石が発見される。
ちなみに今も67 mm/年の速度で北上しているので、地震の多発地帯になっている。
で、鉄分かはわからないが、マンガン鉱床で採った水晶でオレンジ色っぽいのは持ってる。
d0318386_1541723.jpg
裏が真っ黒なのでたぶん大江か稲倉で採った物と思われるが記憶にない。(汗)
腐れ菱マンガンぽい肌色ベースの上に生成しているのでオレンジっぽく見えるのだと思われる。

また話がズレたが、手前右の様な細い水晶柱状は、「レーザー」などと言われている。
他にも水晶用語と言うのは、学術的にと言うよりパワーストーン的にと言うのも多いが、沢山あって(もちろん鉱物用語も多い)
単結晶(1本)をシングルポイント、2本くっついているのをツイン、根元は1本なのに途中から2本の水晶となっているのをソウルメイトなどと呼んだりします。
(2つの結晶が合同双晶面として84°33′の角度で接合したハート形の物は、日本式双晶と言う。日本固有のものではなく呼び名。長崎県奈留産が有名で私も持っているが、画像が見当たらないので割愛。)
更に 形状として、沢山の結晶が重なるようにして成長した水晶(1本になった)ものをカテドラル(大聖堂)と呼んだり、
サボテンみたいにトゲトゲと小結晶が飛び出た物をカクタスと言います。
d0318386_14483526.jpg
こちら恵庭市光竜鉱山産の物。
そして全体だけでなく、結晶ポイント(頂点)面(六方錐)の辺りに五角形があるとイシス、
錐面と柱面の間にダイヤ型があるとウィンドウ、
一番大きな錐面が三角ではなく七角形になっているとレシーバーなどと呼ばれ
この錐面に成長痕の三角形のデコボコがみられるとレコードキーパーと呼ばれます。
この辺りは完全にパワーストーンの世界で、それぞれ何らかのパワーだとかメッセージだとか言われている様です。(^_^;)

またまた話を戻して、上画像(水晶沢山の)の前列左は、水晶の中に別の鉱物などが閉じ込められたもの。
ガーデン水晶と呼びます。
通常は、その景色を楽しみますが、決まった形の異物(鉱物)をアルビアンさんも出しておられましたが、まりも水晶とか呼んだりしますし
d0318386_158015.jpg
大分県尾平鉱山産。まりもの正体は緑泥石。
わかりきった鉱物はその名を付けて呼びます。
d0318386_1591158.jpg
こちらはパワーストーンでも有名ですが、ルチルクォーツ。

又、いわゆる高温水晶なのか 両端がとがった形(両剣・両錘、ダブルターミネーティッド)のハーキマーダイヤモンド(水晶)も以前にも出していますが有名ですね。
d0318386_15143118.jpg


まだまだ色んな水晶用語や水晶がありますが、切りがないのでこの辺で。

今月のミネラには珍しく化石の話も沢山載っていました。(いつもよりページ数が多い)
オウムガイ・その他の貝化石、ウミユリ・・・そして植物化石などなど。
そして名古屋大学で開催されている「球状コンクリーションの謎」展の御話も6pにもわたって載っていましたね。

コターンの球状コンクリーション。
d0318386_162591.jpg
中身はスカか ツノガイか玄能石。(笑)
ツノガイはなぜか殻口じゃなくて殻頂の方がコンクリーションの中心。
さて、なぜでしょうか。(^_^;)
ツノガイのポリドラ痕に注目しているのは波猫さん。
d0318386_1664778.jpg
私は自分研究があるので大臣さんに託します。よろしこw

ミネラ買ってね。(笑)
 
 

# by jurijuri555 | 2017-04-03 16:10 | 鉱物 | Comments(4)

やどやど日記 18

ヤドの宿替え、続きがありまして。(爆)

無事に(?)みんなアヤボラになり、おかしめでたし・・・。と思った翌日、
深夜に仕事を終えて帰宅しますと シロさんガラス面で待ち構えておりました。

「じゅりさ~ん・・・」
d0318386_18365839.jpg
ただいまシロさん。
はいはい、わかっていますよ。やはり若干小さいんでしょう?
そう思ったから入れていなかったのですよ。ちょっと待って下さいね。

んー、慌てて探しましたが、良さ気なサイズはチヂミボラしか見当たりませんでした。
変色バージョンとノーマルバージョン、どちらが良いですか?
d0318386_18392329.jpg
「ん~・・・」
はい、白い方ですね。目線が。(笑)

で、入れるとすぐに・・・
d0318386_18401262.jpg
ちょ~ん (爆)(爆)
可愛いですねー。

アクキガイ科ですこし殻が厚い分重くてヨロヨロしていましたが早くなれると良いですね。
本当はシロさんも むらさきさんと変らない大きさなのですから。
そんな残りのボラ達は・・・
d0318386_18475128.jpg
アヤボラmeetアヤボラ (爆)(爆)

「なにか~」
d0318386_18502713.jpg
又そこかい。

そんなデッカさんでしたが、今朝見ると縮んでいて・・・。
どうやらデカイ殻だと隙間隙間に入れなくなったので、むらさきさん用に入れてた中サイズのアヤボラに宿替えしていました。
窮屈そう・・・。(爆)(爆)
 
 

# by jurijuri555 | 2017-04-01 18:57 | 生物 | Comments(4)

やどやど日記 17

海に行くと ヤド水採取の他に 大体はお三方分の貝殻も探すようにしている。
しかしサイズや種類、キレイで新鮮な殻となると そうそう簡単に見つかる物ではない。
可愛いヤドには出来れば可愛い殻を着せたいものだが、北の貝などボラばっかりだ。(苦笑)
先日も大・中・小と 唯一なんとか拾えるアヤボラを持ちかえっていたが(と言っても大でも本来のアヤボラにしたら幼貝だ)、
小サイズは小さすぎたかな~??と思って特に考えず、大と中だけヤド舎に放り込んでおいた。

2-3日は、こねくり返した跡はあったが誰も使用せず、
宿替えするとも思っていなかったので気にも留めていなかったが、4日目にヤドパパが
「むらさきが巨大化した!!」と言うので見ると・・・
d0318386_1341835.jpg
!!!!!!!!!!
デッカさんが大サイズのアヤボラに入っていた。(爆)(爆)
超ウケる。

しかしショックを受けたのはシロさんだった。
毎日の様にガラス面に来て、「私のは?ワタクシのアヤボラは~・・・!?」と訴えるので
小さいと思いますよ・・・と入れていなかった小サイズのを試しに入れた夜すぐに
d0318386_13122930.jpg
ジャジャ~ン♪
(爆)(爆)

誰が誰だかわからんくなったー!!と言うヤドパパの声を聞いて
何だか真似された様で むらさきさんは超不機嫌。
d0318386_1316354.jpg
「俺がオリジナルだっちゅーの!!」

「なにか~?」
d0318386_13181533.jpg
むらさきさんのボヤキも聞こえないのか
昔からアヤボラに入っていたかの様な偉そうな態度のデッカさん。

「似合う?ねぇ、似合う?」ガラスに映る姿を見つめるシロさん。
d0318386_1321077.jpg


ヤド舎はアヤボラだらけになりました。(^_^;)
d0318386_13261710.jpg
面白味なーい。(汗)(汗)
 
 
「~♪」
d0318386_1327935.jpg


# by jurijuri555 | 2017-03-30 13:00 | 生物 | Comments(8)

いろいろ

いろいろダイジェスト。

fossil兄さんより分けて頂いたミョウバン結晶。
d0318386_713127.jpg
ミョウバンとは、複塩の総称で24H2O などで表される。
結晶構造は 等軸晶系。
溶解度は温度によって大きく変わる。高温でより多く溶ける。水溶液は弱酸性。
溶解度曲線や単結晶生成の化学実験によく使用されるが、一般的には消火剤、皮なめし、煮物の煮崩れ防止や ナスの漬物では色素の安定化に使う。
青の発色を良くし、紫色を保つ働きがあるそうだ。
ウニの型崩れ防止(中身の話。(爆))や保存料にも使われる。
私は標本作りの際にも色落ち防止などに使ってみるが、溶解度を無視する(テキトー)のでアクまみれになる。(爆)(爆)

まぁ、怪しいウンチクは置いといて、ツルツルピカピカで見て触って面白い結晶で気に入った♪
(面倒臭がりなので自分では実験しない。(^_^;))
 
 
テヅルくん そろそろ本格的乾燥に・・・と冷蔵庫から出したが、強烈に干物臭い。(爆)
ネズミ~とは又違った 燻製臭い干物臭だ。
d0318386_7123722.jpg
背中側
d0318386_7125550.jpg
お口側
美味いんだろうか・・・。食べないけど。
キレイな燻製になります様に・・・。(違)


あ、毎年雪まつり時季に ミクグッズどうする?と聞いてくる二男が、今年は何も言わなかった。
とうとう卒業したか???
なので私も忘れていたが、今年のイラストは又可愛かったので見かけて購入した。
d0318386_7255265.jpg
鉱物の第2弾もね。
 
 
シロさんは朝からめざましテレビに夢中。
d0318386_7313750.jpg

とにかく目力が強い。
d0318386_7322271.jpg
「あのね、じゅりさん お願いがあるの。」
そんなシロさんのお願いは・・・。
 
 

# by jurijuri555 | 2017-03-28 13:30 | 日常 | Comments(2)

初たたき

所用で来札しているfossil1129兄さんと 今日は初ハンマーふるいに行きました。

夕べはみんなで飲み。(笑)
d0318386_18453723.jpg
fossil兄さんとアンキロさんホークさん、apogon2さん、やままんさんとで 6人飲み。

そして今日は2人でアッツー・モーライ方面へ採集に出掛けました。
d0318386_1854342.jpg
初めは怪しいお天気でしたが、徐々に回復。
d0318386_18554094.jpg
d0318386_1941531.jpg

成果はイマイチでしたが、お昼にはピザも頂き楽しい1日になりました。
d0318386_1858133.jpg

ああっ!!あそこに良いオウナガイが・・・。でも届きません。(^_^;)
d0318386_1913955.jpg
わかりますでしょうか。(笑)

ま、でも海三紀もたまには良いでしょう?
お疲れ様でしたー。
 
 

# by jurijuri555 | 2017-03-25 19:14 | 化石 | Comments(7)

謎のなぞなぞヒタチオビガイを追え!!

こんにちは。
久々にお米を10kgで買い、運ぶのにヒーヒーしてしまったじゅりあです。
(最近は重いから~と5kg買いをしていた。不経済なんですけどねー。(汗))

子供が小さな頃は、13kgの二男を片手で抱いて 更に10kgの米を下げて帰って来ていたのに
この超絶な堕落ぶりは何なのでしょうねー。(爆)
春の巡検前に鍛え直したいと思います。(爆)(爆)
 
 
さて、
入手したものの謎なヒタチオビ、君はどこの何て言うヒタチオビなんだい?
d0318386_12384292.jpg
先日Wantedしていたものです。

そこは現地の研究者に聞くのが一番さ。と言う事で 産地を「福島県 富岡層」と聞いていたので
福島県立博物館に突入!!って行くのには時間もお金もかかるので 地味にHPを拝見しーの、
メールとお電話で資料請求(購入)させて頂きました。(^_^;)
d0318386_1356652.jpg
便利ですね~と言うか 通販して頂けるのは助かります。

まずは職場に福島出身の方が居ましたので、「海岸沿いにさー・・・」と聞くと
「あぁ、浜通りね。それとも中通り?」と言われて、浜・・・通り・・・中・・・(汗)と謎の現地語がわからない。(笑)
原発の近くらしいんだけど・・・と言うと「うん、浜通りね。」と・・・ナニソレ・・・。(^_^;)
アンモナイトセンターのあるいわき市の方、太平洋側が浜通りで、内陸の福島県立博物館の方が中通りらしい。
わ、わからんわー。
地理や歴史がカラッキシダメダメです。(^_^;)
どうやら昔の藩分けの様なもので、合併県なので地方の呼び名がある様です。
で、浜通り、に加えて「小良ヶ浜」とか言う名前まで出て来るとチンプンカンプンでした。(笑)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/01_exhibit/point/2014/141011_tomiokasou/141011_tomiokasou.html
この画像は、富岡層の二ッ沼、富岡層下部の貝と思われ、この画像に自分が入手した物がなかったので、
小良ヶ浜の方には富岡層の上部の二ッ沼よりも冷涼な古海洋環境を示唆する貝類群集が出るそうなので そちらの物かと思いました。
二ッ沼の方は鮮新世における温帯的な古海洋気候を特徴づける“大桑・万願寺動物群”の構成要素が数多く含まれているそうです。

届いた資料をみますと お、ヒタチオビあったあった・・・
d0318386_13594060.jpg
ん?
しかしマスダヒタチオビとな・・・。二ッ沼か。やはりオオは小良ヶ浜の寒い方か?と思ったら
d0318386_1455428.jpg
あぁ、あったあった!!
あれ、でもこれも見ると二ッ沼になっていた・・・。
ますますわからん。

私が入手したのは、こちら。
d0318386_1474029.jpg
オオヒタチオビの他に アヤボラ、エゾボラモドキ(?)などあります。
小さいヒタチオビは不明、二枚貝はエゾキンチャクの幼貝かと思われます。

まぁ、この辺はどっちでも出そうな種なので判断がつきませんね。
両方の産地のが混じっているのかもしれませんし。

しかし、アルビ師匠もビックリしておりましたが、三紀でこんな四紀みたいな標本が得られる地があったとは、驚きですね。

さて、場所・層(・時代)も違って、いわき市の中新世では、トクナガヒタチオビ、ウネヒタチオビ なんて言うのも出ているそうです。
この辺りは、絶滅種なのか。それとも現世の何かとシノニムなのか。
そもそも 貝の歴史はもっと古いはずなのに 中新世より古い時代にヒタチオビはいなかったのか・・・。
まだまだ謎だらけです。
 
 

# by jurijuri555 | 2017-03-22 14:43 | 化石 | Comments(6)

深海まんじゅう

伸ばし伸ばしにしていますが・・・ヤバシ 春近し、片付けがまだ・・・。(汗)(汗)

一応、形としては、ワイヤーラック2台買いました。(^_^;)
整理はまだ・・・。(滝汗)
d0318386_1325226.jpg


瓶棚、空けました。
ここにはビデオテープが入っていました。
まだビデオデッキはありますが、テープの保存に問題が出て来るので 子供用に撮ってたものは全部捨てました。
d0318386_1327368.jpg
まだ拭き掃除とかしていない 放置地帯だったので埃だらけで汚いです。(^_^;)

なのに片づけしなきゃと言うのも吹っ飛ぶK浜ノジュール。(爆)
d0318386_1336264.jpg
 byりんぞうさん (先日頂いた物)

に更に片づけから気をそらす物が 本州のKさんより届きましたー。
d0318386_13365732.jpg
なんと 黒い丸い物体はテヅルモヅルだそうです。(爆)

テヅルモヅル送ったよー。とお知らせは頂いていましたが、くしゃくしゃのニョロニョロかと思ったら
こんな風に丸まるのですね~。カワユスー♡
深海泥でも付いているのか黒いので少し漂白してみましたが、あまり変化がないのでアルコールに付け、今は冷蔵庫内で乾燥させています。(フリーズドライみたいなもの)

こんなのが漂着するなんて、スゴイですね~。(ビーチコ品)
他にも大きなアカニシの貝殻、四紀のホタテ(?)と腕足の化石などを頂きました。
いつもありがとうございます♪

いやー、テヅルモヅル・・・クスクス...♪ 嬉しくて笑いが止まりません。

で、何て名前の(ついてるのか?)テヅルくんか検索していたら 全然研究されていない様なのですね。
こんなのに行きあたりました。https://academist-cf.com/projects/?id=1
そこから こんなのも見つけてしまいました。https://academist-cf.com/projects/?id=40
載せてもよかったのかな???(汗)
氏、知らないなー見た事無いです~。(^_^;) M先生は居なくなっちゃったのかな。
鉱物展示は支持するけどパノラマは自分研究で支援余裕ないです。(汗) 会の方には報告しておくので。ガンガレ
是非、興味持たれた方は「推し」てあげて下さい。
 
 

# by jurijuri555 | 2017-03-20 14:25 | 日常 | Comments(8)

やどやど日記 16

春まぢか・・・されど春遠し。
そんな一進一退な毎日。
ヤド舎の春もまだまだの様子です。(^_^;)

ヤド舎内が乾燥すると 温度も下がりヤド達の徘徊も減ります。
そこで気が付くと霧吹きでシュッシュ・・・。
敏感なヤド達は あちこちのねぐらから這い出してきます。
d0318386_1110493.jpg
「・・・湿っぽいな~。」
ほけほけ顔のデッカさん。

「雨ですか・・・?」
d0318386_11184160.jpg
空を見上げるシロさん。

そしてウロウロ徘徊はじめますが、デッカさんとシロさんがバッタリ!!
d0318386_1123455.jpg
おおっ!!!!
脳内にBGMが流れます。
 はーるーよ~遠き春よ~♪
(爆)(爆)

しかし、残念!! またまたシロさんが横をスルーして通り過ぎてしまいました・・・。
d0318386_11383531.jpg
「僕の何がダメなのでしょうね・・・頭脳明晰、作り上げられたボディ、オシャレにも気を使っています・・・」
d0318386_11413334.jpg
「もういっそ、ここから・・・」
ちょっ!!やめときなさいな。ゴロゴロ転がるだけで終わりですよ。(^_^;)
イイトコ殻が欠ける程度です。(笑)
だから、まだ恋の季節には早いんですって~。
まだまだこれから。ファイト!!!!

# by jurijuri555 | 2017-03-18 11:53 | 生物 | Comments(2)