my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
掘り出し物と貝整理
at 2018-06-18 20:12
ウニ棚改とクリーニング日
at 2018-06-15 22:40
ウニ棚
at 2018-06-12 19:19
雷雨呼ぶ龍が住む地をプチ偵察
at 2018-06-08 20:32
お祭り天国・吸血地獄
at 2018-06-05 20:23
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 02:51
膝腫れ男です(虐) 前..
by fossil1129 at 23:36
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:13
ウニ棚ひとまず完成ですか..
by Macrowavecat at 21:13
アルビアンさん こん..
by jurijuri555 at 21:12
こんばんは!素晴らしいウ..
by アルビアン at 20:59
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 03:03
ウニ棚、配置が良いですね..
by apogon2 at 21:16
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:48
ウニで棚が埋まるとは! ..
by Macrowavecat at 20:28
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

掘り出し物と貝整理

同僚が、「なんか又大きな地震があった様ですよ。」と 仕事上がりにスマホを見て言って知りました。
今朝、大阪の方で大きな地震があったのですね。
サメ仲間・化石仲間・関係者の皆さん、ご無事でしょうか?
心配しております。
どうか 何事も無くご無事でいられる事と 被害も小さく、早急な復旧をと想うばかりです。

そんな時に 呑気にブログってて申し訳ないのですが・・・。

先日、某所で謎の物体を目にしました。
ソレは、「ウミユリ」と呼ばれていました。
うーーーーーーん・・・・・・。
画像は小さく、もや~~~んとしてハッキリ見えません。(老眼のせいもある。(^_^;))
んんんーーー???
d0318386_19013420.jpg
  ※わざと もや~んと再現加工してあります。(笑)
そう言われると 白いものは、ウミユリの茎(?)の断面にも見えます。

ハッキリしないソレよりも 私はシャカシャカと表面に走る(?)線が気になりました。
これって・・・まるでウニ(キタムラサキとか)の棘みたいだよねー。
ブラックパインの四紀とかで見た事あるのに似てる~。
と思いました。

そうして見ると 茎の断面もなんだか・・・。
コレって、ウニじゃね???

安いし、別にウミユリでもオッケーだし。と 速攻で引き取りました。

そして、ソレが届くと・・・
ジャジャーン♪
d0318386_19074908.jpg
だっしょー!!イェイ!!
 
d0318386_19091243.jpg
d0318386_19093001.jpg
素晴らしいウニウニウニ。
オトメガゼとかベンテンウニとか そう言う感じの小ウニの集合層の化石。
小さなブロックの表面に10個以上のウニが見られます。

いや~良いお買い物しちゃったわー♪

と気分はホクホクしながらも 一応雨は上がりましたが、今日も風が強く気温も低いまま。
ハッキリ言って、寒~い!!
ストーブ焚かないと寒くて風邪ひきそうです。
今日は仕事明けだし、もちろん出掛ける気力も無く 本格的にクリーニングする気分にもなれないので
北関東の貝の整理収納をしていました。
Paratodusさんに貝種名を教えて頂いたので、訂正してラベルも作り添えて行きます。
d0318386_19445789.jpg
中段左から2番目、ウバガイでは?と言われた二枚貝ですが、下段右から2番目の物と同じ様です。
こちらは画像では不明と言われたのですが、どうやら色々見ていると ハマグリに似ているのですが
ハマグリって 出ています???(笑)

こちらは大き目貝を入れたケースですが、ナミガイは採集した中では少し小さ目の物です。
大きいのはケースに入りませんでした。(^_^;)

小さ目貝は、こちらに。
d0318386_19485832.jpg
これで33種。
このほかに微小貝もあります。
ヤカドツノガイやカニモリ、エゾサンショウなど。

それに 壊れた貝などの中の土(砂?)を篩って出てきた新たな微小貝。
d0318386_19544372.jpg
左下は小さなフジツボです。(笑)
右上の貝の名前がわかりませんでした。
d0318386_20021734.jpg
よくありそうな形の巻貝ですが。(ルーペ使わないで撮ったので、又もや~んとしていますが。(笑))
貝口が細長で特徴的ですね。

これで、全43種とあいなりました。v

明日はアンモクリの続きをしようっと。


# by jurijuri555 | 2018-06-18 20:12 | 化石 | Comments(0)

ウニ棚改とクリーニング日

峠で雪が降ったと言うぐらい 急に気温が下がった北海道だが、
ようやく今日は晴れたけれど、まだ気温が上がり切らない上に出掛けてもどこも水位は高いだろう。
家で整理&クリーニングの続きをする事に決め込んだ。

まずは、こちらも一度 仮で整理はしていたのですが、
瓶棚の再整理。
d0318386_21355935.jpg
元々ガラス物は好きで 変った酒ビンとか集めていた・・・と言うか集まっていた(父の所に来たお歳暮類の横流し)のですが、
古ガラス製品とかも そんな古い(大正とか)ではないので 中瓶が多いですね。(^_^;)
小瓶も昭和初期ぐらいのしか無いです。
これから少しづつ集まれば良いな~。
 
 
そして、ウニ棚も 思い出した出し忘れウニを足して整理し直し。
d0318386_21454030.jpg
めちゃめちゃ有り過ぎて入りきらないわ。(爆)
基本的にコレクションケースに入らない物を並べています。(鉱物で言うクラスター品)
あと、せっかく頂いたので 棘皮並びでヒトデも一角に入れました。

ふー、とりあえず満足。(笑)
 
 
あとは、ホタテのクリーニングを少し進めて、
やりかけのアンモクリを1つづつ終わらせて。

まずは頂きもののアンモクリ。
d0318386_22014887.jpg
りんぞうさんから頂いたキャナド玉。
ほぼクリーニングはしてあったのですが、まだ小キャナドが見えて
どう出そうか悩んで 一時は邪魔(?)なネオフィロを外したりもしたのですが(汗)
石のバランス考えて戻したり(貼り付け)・・・。(^_^;)
結局、大小4つのキャナドを出しました。

先日の北のバキュ。
d0318386_22070310.jpg
これなんだ?ゴードリ?テトラ?も出て来たので残してみました。(笑)
しかし、バキュリテスってあんまり種類ないのかな???
カンパニアン(?)でサブアンセプスもあるけど これは普通にタナカエで良いんだろうか・・・。

キャナド玉よりは質が下がるが(笑) テトラ玉。
d0318386_22125311.jpg
と思ったら、裏からテトラと同じ(5cm)かそれ以上になりそうなダメシが出て来て・・・(他 小ダメシも)
d0318386_22144263.jpg
こちらも「改」で ダメシ玉になりそうです。(^_^;)

ここで時間切れ~。
又今度。

本日は、ねずみや主人さんから本のプレゼントもあり、寝る前に早速一部拝読させて頂きたいと思います。
充実した1日だ~。
満足。


# by jurijuri555 | 2018-06-15 22:40 | 化石 | Comments(6)

ウニ棚

毎年、良い季節になったと思ったら YOSAKOIソーランまつりの頃に雨が降る。
先週でヨサコイは終わったが、やはり週末から雨の雰囲気で、
今週初めまで 雨がちな予報だったので、今週前半はクリーニングや片づけの続きの予定でいた。

この本州の梅雨が始まる頃、春めいた初夏の気温から
又急に気温が下がったりして体調も崩しがちになる。
例に漏れず、先日も冷えたのか(体が)胃腸炎になって倒れていた。(笑)
家の目の前に何の因果か白樺の木が立っていて、それが又雄花で花粉が・・・。
で、家の中に洗濯ものを干すと室内の気温が下がり(笑)、又ストーブを焚いたりもしていた。(^_^;)
蝦夷梅雨 と言うやつで、北海道には梅雨はないが、やはり本州の雲が流れてきたり
前線の関係で雨がちの日が多くなり、6月いっぱいは不安定な天気が続く。

で、本日はずっとこうしてやろう。と思っていた「ウニ棚」作り と言うか、整理をしていた。
まだ仮だが、こんな感じに仕上がった。
d0318386_18385418.jpg
現世のウニ標本と ウニ化石を置いた標本棚だ。
d0318386_18402420.jpg
d0318386_18411302.jpg
もちろんコレクションはこれが全てではないし まだ整理途中だ。
あ、自分で見ていて アレもあった。あれも出してないじゃーん! と気づいた。(笑)
なんかショボイな・・・?と思っていたが、あまりにありすぎて何かあるかも一瞬では思い出せない。
お仲間の方々から提供頂いたウニも沢山ある。ありがたい事です。
ま、今日は「仮」と言う事で、今度又整理続きをしよう。

あとは、クリーニングなどの続き。
まずは、先日のメタプラ。やはりアソコではボッソボソのばかり。
d0318386_18504960.jpg
欠けた部分が多くてモノにならない。(^_^;)
はやり、ちゃんとした所で採りたいな~・・・。
他のノジュールは意外と硬くて割れない。
今度外クリでもした時に ガツン☆と割ってみたい。

あと、ずっと遡って 春に行った美傘の三紀のスナモグリノジュールを割ってみた。
d0318386_18525666.jpg
右は、又もや比べる例としてヤッソのスナモグリ。
ヤッソーでもツイン爪のノジュールを採った事があったが、こちらもなんと珍しく小さいノジュールだったのに
ツイン爪の物だった。
d0318386_18544705.jpg
大きな片爪の隣に小爪の腕が見える。(内側)
その下や周りにゴシャゴシャしているのは他体の一部だろうか。
微妙な立体的な全体(?)の化石ノジュールより やはりこの独特な卵型の「爪ノジュール」が「らしい」。
「カニ玉」ノジュール。

昨日、少し北のアンモのクリーニングをしていて、今日もその続きをする予定だったが、
ウニ棚に時間がかかったり 通販が届いたりしているうちに手を付けられなかった。
先日、「沢靴」デビューをしたのだが、なんだか心もとないな~・・・と思っていたが
それもそのはず。ただのスパッツ1枚だからだ。
d0318386_19014640.jpg
沢靴に速乾性のスパッツ・ショートパンツ・靴下 だけだから、衝撃にも弱いし(割った時に飛んだ石片が当たったり 転んだ時)、
薄いから虫にも攻撃され放題だ。(笑)
Fossil1129さんに サポーター(ガード)も売ってるよ。と教えてもらい モンベルのHPよりネット通販で取り寄せていたのが届いた。
(上画像の物は実店舗で購入して来た)
d0318386_19182570.jpg

さて、改めての出陣はいつになるのか。(^_^;)
この天気が過ぎれば北海道も夏本番。
沢靴でジャブジャブ 沢山出掛けられると良いな~・・・。



# by jurijuri555 | 2018-06-12 19:19 | | Comments(8)

雷雨呼ぶ龍が住む地をプチ偵察

去年、波猫さんとラリラリ♪行ったら 先人にやられて何もなかったホタテ産地。
不漁に泣いたので今年は早くから気になってて、「今日!!」と睨んで偵察に行く事に。

しかし、札幌の天気予報はお昼から雨。
現地に関しては、午前中から雨の予報だった。

とりあえず、降り始めは雨量は多くなさそうだったし、
アメダスの予想動きを見ていると なんだか晴れて来そう???
1時間でも見られれば・・・と言う軽い気持ちで出掛けた。

初めは朝になると札幌も明るくて、やはり晴れて来るのでは?と期待したが、
現地に近づくと小雨が降っていて。
うーん、やっぱりダメか。と諦めつつも とりあえず見るだけ。と行くと
なんと もう人が入ってる!!!??
d0318386_18305877.jpg
穴だらけ。
え、去年の穴なのかなー・・・。
でも ホタテの姿も見えない。
d0318386_18315907.jpg
ボソボソの割れた片貝しか見えない。
それもチラホラ程度。

とりあえず、いくつかバコバコ掘ってみたけどやはり片貝のみ。
しかも掘りづらいと言うか・・・うーん状態が。
ぬるぬるでジヤブジャブで硬かったり あーナルホド。って感じ?(^_^;)
まだだな。って事と やはり今年も不漁かな。と。

2枚だけ合弁が採れたけど
ゼイゼイ頑張っても掘りづらくて(と言うより落ち着いて採集出来る状態ではない)
小さくてどちらもバリバリ割れた。
d0318386_18421426.jpg
どちらも手の平ぐらいで小さく、左は厚みもなく片耳が割れた。
右は膨らみは良いがタガネで叩いた欠けが表にも裏にも出来てしまい貝の縁は欠けて
裏は真っ二つだ。 超悲惨な状態。(汗)

小1-2時間ウロウロしてみたが、雨が本降りになって来たし、ここでも蚊にたかられるので撤収。

さて、場は旬にはまだまだの様子だが、モノもここから又更に出るのかと言うと
たぶん、否。なので
今年も不漁かな~。
ま、炎天下になれば見る場も広がるので そこは期待・・・出来るかはわからないけど
その分 漁は違う意味で厳しいですね。(^_^;)
 
 
雨が降ってるので他も見る物も無く、すぐに戻って来たが、
仕事明けに行っていたので(ほんとチラと見るだけのつもりだったし) カメにつかまると眠くて眠くて・・・zzz...
ヤバイ。と思い、気分転換に「道の駅」へ。
この時季になると野菜が直販しているので ナントカさん家のキュウリ とか白菜とかを購入していたら
お隣の国の人の爆買いの様に 集団で来た初老の男女の集団がアレもコレもとほとんどを箱買いしていってポカーン・・・。
業者ですか???
なんだか人(他所の国の人)の事を言えないですね。(^_^;)

そして、札幌に戻ると突然の雷に豪雨!!
ありゃー、龍につけられてしまいましたかね?(笑)
ドシャーーーーーーッと降ってる中、スーパーに寄り、野菜以外の食材を買って帰宅しました。

早々に帰宅したので、午後からはクリーニング。
前日の道北の地で採ったメヌイ。
d0318386_19075128.jpg
d0318386_19081250.jpg
 
そして、パキ。
d0318386_19110307.jpg
接着して、少しづつ石をはずして行きます。
ユーパキですかね。
d0318386_19505140.jpg
殻がハゲるわー。(^_^;)
まだまだです。



# by jurijuri555 | 2018-06-08 20:32 | 化石 | Comments(10)

お祭り天国・吸血地獄

北のかーい(貝)、キラキラアンモー!!
とか叫びながらも 産地も知らないド・トーシロのワタクシは、
まだお仲間の方のお情けで連れて行ってもらっただけの2回しか採集経験がありません。
そもそも 一人ではクマが怖くて行けないし、遠いからそうそう「連れてって」とも頼みづらい。

が、救世主!!
fossil1129兄さんが「行きますか?」と神の一声。
もー、楽しみで楽しみで、とうとう前日も30℃とかの予報も出ていたので
沢靴一式を買って 知恵熱出そうなぐらいワクワクしてこの日を迎えました。

ハァハァと過呼吸になるぐらい付いて行き(実際はババァで歩きがキツイ)、
アチーアチーと青天に喘ぎながら沢到着。
先人の車がチラホラ見えて、fossil兄さんの機転で別のルートへ。
d0318386_19484153.jpg
ベストチョイスでまだ人が入っていない様子。
早速、アンモマークの見える石が落ちていた。
d0318386_19485154.jpg
初の沢靴でジャブジャブ・・・。
実は濡れるのはキライ。(^_^;)
でも暑い日には、やはり沢靴ジャブジャブですね。
暑いのでカナチョロ(カナヘビ)もシッポ浴?
d0318386_19490540.jpg
そして、ドンドン進むと良さ気なノジュールが。
しかし、いつも申し訳なく思うのが、あまりに非力でツルハンも背負えない私は両手いっぱい以上の大きさのノジュールが割れない。
またもや一発fossil兄さんにカチ割って頂くと・・・
d0318386_19491572.jpg
ポリプチに混じって小アンモのお祭りノジュール。

ハイッ!!こちらも同じく。
d0318386_19492692.jpg
これは又砂岩チックで割れない。
一発お見舞いして頂くと材っぽい中にもちゃんとテトラが・・・。

ベテランの方は小アンモなんてコザコザ石は叩かないだろうが、
ホラ、ちゃーんとチッサイけどテキサもいるよ。(笑)
d0318386_19493870.jpg
まだまだ出そうだったが、体力が残っているうちに・・・
と言うか、私の都合で 早いうちに脱渓。
申し訳ない・・・。

しかし、コザとは言え 小アンモいっぱいで またまたリュックもショルダーもいっぱいになり
溢れたアンモを兄さんに背負ってもらってしまった・・・。
コレも申し訳ない1つなんですよねー。
ホントにヘナチョコですまない。(泣)

しかし、今年初の人間が来たせいか? いや、時季ですね。(^_^;)
蚊がすごくて たかられまくりの吸われまくりで 手がポンポンにグローブの様に腫れた。トホホ
叩きすぎて手も痛いし(嬉しい悲鳴)、吸われ過ぎてかゆいし
嬉し、泣き しながら帰宅。(苦笑)

色々小さいのばかり持ち帰ったが、本日のワタクシのベスト3は、これら。
d0318386_19494743.jpg
ジャジャーン☆
割れちゃったけど 丁度イイ10cmパキ。洗ってないから見づらいけど。
なが~~いバキュ。(タナカエ?)
テトラ玉。(大小4つ以上入ってる)
あ、チッサーーーイ メヌイもシッカリ回収しました♪
後は、クリーニング後をお楽しみに(?)。

あーーーーー楽しかった!!
誠にありがとうございました♡


# by jurijuri555 | 2018-06-05 20:23 | 化石 | Comments(8)

きまぐれ600km探査ドライブ

今日は休み。
天気予報は晴れだったが、またまた朝から雨。
ま、晴れるでしょう。気にしな~い♪
と コレまたテキトーな感じで出発。

とりあえずの旅名は「ウニ探査」&「北のホワイトクリフ探査」の旅。(^_^;)

ネムー・・・。(仕事明け寝ていない)と変なテンションのまま
目星をつけていた所に向うと よくある通行禁止のゲートの他に電撃線まで・・・。(鹿防止)
ガッチリ隙なく張られているとどうにも出来ない。
無理矢理ビリビリと突撃するか 
雪降る前のギリギリに電線を外した時に突撃するかしかない。
うーん。ココは推しだったのになー。チッ

仕方なしに次っ。
よし、晴れたゼ♪
第一ポイント。
d0318386_21522196.jpg
ただの土。

第二ポイント。
d0318386_21525655.jpg
やはり段丘堆積。

第三ポイント。
d0318386_21544770.jpg
うーん。イマイチダメダメ。
石は赤土っぽいのがあったり褐鉄鉱みたいな石が混じってて、その辺は似ている点はあれど
化石が混じる雰囲気ではない。

こりゃダメだな。
おかしいな~。

肝心の所は逃したり、やはり天気が良くなったせいか
釣りの人がすごく居て、どこも入り込んでて割り込めなかった。

落ちてたガラス浮きを拾っただけで撤収。
d0318386_22023799.jpg
浮きの成果は2個。

ま、本場のトコで。と寄ると
あんなにあったウニ石が見当たらない。
他の物もなーんにもない。
d0318386_22040076.jpg
どなたか先に入ってハッスルして大ノジュールを割っていたみたいだけど、
よく割ったって。(^_^;)
とても割れないよ。
d0318386_22054155.jpg
こんなだよ?
デカイし硬いし砂岩で叩きづらい。(外側湿気ってフカフカした感じで中はキンキン★)
三紀だから化石まで割れる。パッカーンと気持ち良く出ない。
先人もせっかくの大き目の良い貝を割り散らかしてしまっていた。
ほぼ入ってるんだから持ち帰ろう・・・と思いそうになるが、重くて持てもしない。
無理だ。

これ又、テキトーに その辺の出戻り石を割って小貝を2-3追加標本としただけで撤収。

ウニは全滅だ。
御利益ないなー。
d0318386_22135764.jpg
ダメだな。
この辺りはキレイにしていたが、本体はショボイままだからかな。(苦笑)
d0318386_22220403.jpg
こちらも塗り直してあげれば良いのに・・・。
とにかく、海(三紀)はもうツマラン。
まだ時間も早いので帰るには早く、諦めてアンモにシフトチェンジ。
ここまで来たらすぐ近くだ。(^_^;)

K川崖。
d0318386_22211445.jpg
なーんも無いじゃん。
今日は完全スカかなー・・・。と思ったら
フテってガスガス腹いせに叩いた崖肌の所に たまたまノジュールが埋まっていた。
d0318386_22304919.jpg
やった! メタプラやーん♡ 割れたけど。

そこから沿って剥がしていくと 次々と小さいけれどノジュールが出た。
d0318386_22320661.jpg
目が慣れるとアチコチにノジュールがあるのに気付いた。
小さいし、スカもありそうだけど 沢山採れた。
d0318386_22345125.jpg
ホクホクして、
とりあえずN川の小沢も降りて見たが、こちらは同じく割りカスだらけでなーんにも無かった。
d0318386_22361239.jpg
虫も多くてたかられるので サッと歩いただけで撤収。

気温も20℃を越え、汚れ防止と虫対策に上下着込んで・・・なので暑くてダレダレ。
せっかくなので、休憩がてら まだ見た事なかったのでN川のエコミュージアムに寄ってみた。
d0318386_22391182.jpg
d0318386_22401443.jpg
思っていたより、沢山のアンモやその他の化石が展示してあり、良かった。

ここで丁度良い時間に。
ただちに帰途へ。

寝ないで約14時間半、走行距離600km超え の気まぐれドライブだった。


# by jurijuri555 | 2018-06-01 23:00 | 化石 | Comments(4)

初夏のモーライ

なかなか休みと天気の兼ね合いが悪く、出掛けられない日が続いてモンモンとしておりました。
やっと今日は晴れそうで、でも夜に仕事があるので遠出も出来ず、
久々に海へ。

朝日に照らされ、浜ではハマエンドウの花が満開でした。
d0318386_16202251.jpg

久々のモーライ層。
d0318386_16212155.jpg
お天気も良く、波も凪いで・・・となると(?) 朝から釣りの人も沢山来ていました。

春の崖崩れ。
d0318386_16231785.jpg
毎年の事ながら、年間何センチ後退しているのでしょう。(^_^;)
ますます浜辺(崖上)のリゾート開発(?)が進んでいますが、崖っぷちに新しくプチ別荘が何棟か建っていましたが
何年住めるのでしょうね・・・。(滝汗)

つい最近いらした波猫さんが 何も無い。と書いておりましたが、
落ちた貝化石はありましたが、特に良い物も無く 漂着ノジュールもあまり見つかりませんでした。
加えて割り跡も多く。(苦笑)
ま、いくつかお土産程度の落ちてた貝化石を拾って撤収。
直IN化石なので殻はボソボソ。
波打ち際の小石溜まりにも 波で擦れた貝化石を見つけました。
d0318386_16300605.jpg
意外とこう言う物の方がキレイかも。(笑)
良い物は滅多にないけどね。

なんか不完全燃焼でコターンへ移動。
d0318386_16333834.jpg
こちらにも先人が数名。

こちらも絶賛崖崩れ中。
その落ちた岩に これも石膏?
d0318386_16351196.jpg
こちらは「花おはじき」型に結晶していました。回収。(笑)

ノジュールも沢山落ちています。
が、割ってもやはり三紀のは、真っ二つ。
d0318386_16365067.jpg
分離が悪いと言うか、絶賛化石化真っ最中。って感じなんですよね。汁でるし。w
今、珪化してる最中なのにー。って感じ?
三紀って微妙かも。(苦笑)
タイムカプセルの中の時間の進みは遅い。

材。
d0318386_16420304.jpg
こちらも珪化ちう。
d0318386_16424043.jpg
ちょい見づらいが、水管の中に方解石の粒が・・・。
これが進んでガッチリ固まると 珪化木になるんでしょうね。

こちらにも水際の石だまりに キヌタレの擦れ化石の打ち上げが。
d0318386_16451453.jpg

良さ気なのがないなー・・・と歩いていると はう!!
d0318386_16500935.jpg
崖落ちブンブクウニ。の裏面の一部。
直INにウニもあるんだー・・・。
海から来る(下の層)だと思ってた。上にもあるんだ。
d0318386_16563699.jpg
たぶんこんな感じ。(爆)(爆)
ひどい図だ・・・。(^_^;)
でも種の判定に役に立つ情報化石だ。

第二ガメラ石に相変わらずサギの夫婦が居た。
d0318386_16491675.jpg
1本ツノガイとか 崩落巻貝を期待したが、良いのは無かった。
とりあえずお持ち帰りしたのは、こんなの。
d0318386_16584173.jpg
太目のツノガイと 裏に小さな巻貝が付いている。
d0318386_16592214.jpg
アンモで言えば、ポリプチとネオフィロの入ったノジュール(?)みたいな。(爆)
「ゴードリ」ではない所がミソ。

そう言えば、前日にたまたまモーライの化石と植物化石のクリーニングをした所だった。
d0318386_17015665.jpg
キヌタレの産状標本。
と 美傘の白亜紀の(?)植物化石。
d0318386_17024914.jpg
まだ保護に塗ったボンドが乾いていない。(^_^;)

やはり「枝」より葉の方が植物化石らしいですよね。
そう言えば、モーライで 植物化石と貝も共産したノジュールを割ったけど 持ち帰ったっけなぁ?
ちょっと変わった葉(?)だったのでリュックに入れたはずだが、アレ、なんだろうなぁ。
そう言うのを見たり調べたりするのも楽しいですよね。

浜では来月になると ハマヒルガオの花も咲きそうです。
d0318386_17085678.jpg


# by jurijuri555 | 2018-05-29 17:20 | 化石 | Comments(6)

北関東四紀貝

ほんと手が遅くて。(^_^;)
クリーニング(?)はとっくに終わっていたのですが、投稿が遅くなりました。
4月の旅行でプチ採集体験した四紀の貝化石です。

「関東」とか、貝種でもタカラガイとかイタヤガイと聞くと やや暖流系かと思ってしまいがちになりますが、
エゾの名の付く貝も多い事から寒流系の貝 になるのかな。
時代的にも縄文時代前期、氷河期と間氷期の繰り返しの時期。
化石的に言うと 「第四紀 更新世」の最後期にあたるのかな~?

ま、その辺は置いといて、今回採集出来た化石。
大物順に
d0318386_13561570.jpg
ナミガイの大きいのを浪士さんが沢山出して下さいましたのでイタダキー。
イタヤガイも合弁を出されましたが、私のは頂いた片貝同士のなんちゃって合弁品。(^_^;)
かなりの大物で採り甲斐のある品でした。

d0318386_13593041.jpg
じゅりあ貝層で発掘していたアカガイ・・・じゃなくて「サトウガイ」。
合弁も採りましたが、こちら大物片貝ですが 大きく育つと蝶番の部分がこんなに厚くなるんですねー。

同じ所で沢山出たのは他にカガミガイ。
d0318386_14023463.jpg
しつこく掘ってたのは、ブラウンスイシカゲガイを採る為。(苦笑)
経験的に 同じ種系の貝がまとまって出る事が多いから。
しかし、今回は出なかった。(?)
のちにKさんが同じ所を掘って、合弁が出たとか・・・。
ちなみに右横の幼貝? 北海道だとツキガイ系と見る事が多いが・・・カガミガイの幼貝で良いのかな?

d0318386_14495865.jpg
その他のやや大型の二枚貝。
続いて、こちらも同じく。
d0318386_14510908.jpg
今回採れた大型の巻貝。
d0318386_14524007.jpg
右はヤツシロガイ。
左は何だろね? テングニシの欠けたのなのか(左上) 左下はアツエゾボラにも見えるが・・・。

d0318386_14594700.jpg
タマガイ系。 左に列はツメタガイ。右はエゾタマガイ。
後程出て来ますが、ネコガイも1つだけ採れました。

小さめ貝。
d0318386_15042045.jpg
申し訳ないけど 山の様に出てくるゴイサギガイ。(^_^;)
合弁だらけなのは、気持ち良いんですけどね。
右の巻貝は又後から出てくるので置いといて、マテガイやツノガイも結構出て来ます。
微小貝の中には、単体サンゴやカニモリなど混じっています。
で、採れなかった~・・・と落ち込んだけど、この微小二枚貝、左がイシカゲガイだとしたら 右はブラウンス で良いんでは?
一応、採れた・・・と言っても良いのかな。(爆)

d0318386_15233070.jpg
?の二枚貝は、ニシキガイの擦れたのなのかな?耳を見るとキンチャク系なんだけど貝の表面には目立つ助はありません。
サクラガイも北海道ではこの型だとサクラガイなんですが、本州の資料見てるとアケボノキヌタに見えて来るので自信無い。

d0318386_15253693.jpg
他にもアラレガイやアラムシロガイなどが砂に微小貝として入っている。

他にフジツボ。
d0318386_15385593.jpg
と言う事で、サッと採集でも40種前後の貝化石が採れた。


# by jurijuri555 | 2018-05-26 15:50 | 化石 | Comments(4)