my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
夏休みの自由研究のすすめ
at 2018-08-13 15:04
七夕に願いを
at 2018-08-07 18:03
クマ遭遇未遂巡検
at 2018-08-04 23:55
ピーカン30℃巡検 ②
at 2018-08-03 21:28
猛暑クリ
at 2018-07-31 18:11
最新のコメント
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 19:36
こんばんは~! 「ろう..
by fossil1129 at 17:12
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 20:53
こんばんは!目標は大きい..
by アルビアン at 19:30
fossil1129さ..
by じゅりあ at 11:04
接近遭遇ですね。 ((..
by fossil1129 at 10:34
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:54
短冊のお願いがウニ制覇で..
by Macrowavecat at 23:44
SRFさん コメントあ..
by jurijuri555 at 03:07
パワフル巡検には御見逸れ..
by SRF at 00:37
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

砂500円玉

カシパン類の一種は、アメリカでは日本語訳で「砂ドル(サンドダラー)」と呼ばれています。
砂は、砂の上や潜って暮らしているからでしょうし、平らなコイン型(1ドル硬貨)に似ているからでしょう。
それを日本風になおすと「砂円(玉)」or「砂銭」なんでしょうが、なんだか 1円とか100円じゃ申し訳ない気もして
大きさ的にも一番大きい500円玉にしてみました。(笑)

そんな前フリは良いですか。(^_^;)

では、先日の続き。
変なカシパンの続きから~。
 
 
Heliophora orbicularis(ヘリオフォラ)
d0318386_12423412.jpg
鮮新世~現世
モロッコからアフリカの西海岸
 
 
Hemiheliopsis(ヘミエリオプシス、ヘミヒリオプシス)
d0318386_13044488.jpg
鮮新世
モロッコ

似てる様で、足が10本と8本の差。イカタコですかね???(笑)
さて、あなたがお持ちなのはどっち?(^_^;)
 
 
Rotula deciesdigitatus(ロツラ、ヘロートラ)
d0318386_13070807.jpg
中新世~現世
西アフリカ

和名では、ハグルマカシパンと呼ばれています。
本来は(?)このロツラ(英読みになります)に宛てられる様ですが、世間一般では これらのハグルマ系すべてをさしている様に思います。
 
などなど、変な形のウニも沢山ありますが、ついでに前回のツリーでまたまた無視された部分、
Echinocyamidae 科と言うのは、化石類の事でボタンウニの化石とかそんなのとりまとめた部分で、
カシパン科のJacksonaster属と言うのは、こんなウニの様です。

Jacksonaster(ジャクソナスター)
d0318386_13265753.jpg
中新世
インドネシア
実は、日本でも J. pachycraspedum Nisiyama、1968 と言うのが出ます。
 
 
で、今NTBの次に気になっているのが I市Aのカシパンですが、私の標本では少し不鮮明なので
アルビ師匠の標本を撮らせて頂きました。
d0318386_13351878.jpg
d0318386_13371810.jpg
中新世のカシパンは小さい。と言われる通り、2cm前後のカシパンになります。

まずは普通にハスノハカシパンか?と思いがちですが、
こちらの四紀のブラックパインのものと千葉のものはハスノハだと思いますが、
d0318386_13585458.jpg
Scaphechinus mirabilis(スカフェキヌス ミラビリス)
中新世~現世
日本、台湾

現世のは、
殻径 8cm内外。殻は丸みを帯びた五角形で扁平。生時は暗紫色。
殻の上面に花弁状の紋を5個もつが体の前方を向く紋の先は開いている。
生殖孔は4個。
下面は中心の囲口部から5本の溝が放射し、その先が二叉していてハスの葉脈を思わせる。
と説明がありますが、化石種には以下の記述もありました。
S. tsudai(Morishita、1950); 中新世、日本
S. griseus(Mortesen、1927); 更新世~現世 日本
S. raritalis(Nisiyama、1951); 中新世 ~鮮新世 日本

ちなみにホクヨウカシパン属は今はハスノハカシパンとシノニムとされたのか
中に個々の種は存在しなく 化石扱い(?)になっている感じ。
実際、調べると古生物データツリーの中では、
Scutellidae (ヨウミャクカシパン科)
  Scaphechinus属(ハスノハカシパン)
  Scutella属
と分けられていて、ハスノハカシパン以外は、Scutella sp.かEchinarachnius sp.と書かれている。
そしてI市のは、2種あるのか、5cmほどのハスノハと思われる画像だったが、
http://micro.museum.hokudai.ac.jp/Fossils/pic.php?UHR_NO=06283
他の種としてScutella sp. と記載され、
「2種有り、他はEchinorachinius」とも書かれている。
Scutella つまりホクヨウやハイイロだとしても=ハスノハだと思っちゃって良いのか???※
そして、Echinarachnius sp.の方が何か。(つまり、2cmほどの標本の方)
上記のハスノハ(もどき)の幼体なのか別種なのか。
先画像のを見ると 花紋の先が開ききっている様にも見えるが、ハスノハそのものの物もある。
d0318386_19305298.jpg

裏も現世の物に似ていますね。
d0318386_22441485.jpg
大きなハスノハも採れるとすれば、幼体の集まりなんだろうか・・・。

一応、化石種としては、
Echinarachnius parma(エキナラチニウス パルマ)
d0318386_19365166.jpg
d0318386_19420633.jpg
がある。
中新世~現世
北太平洋
大きさは67 mm。
他にも
E. humilis Nisiyama、1968; 鮮新世、日本。
E. Morishita、1950; 鮮新世、日本。
E. laganolithinus Nisiyama、1940; 鮮新世、日本。
E. microthyroides Nisiyama、1940; 中新世、日本。
E. naganoensis Morishita、1953; 鮮新世~上部中新世、日本。
E. plafkeri Wagner、1974、上部中新世、アラスカ。
E. subtumidus Nisiyama&Hashimoto、1950; 中新世、日本。
など 種も多いようだ。
現世の分類ツリーにすれば、ホクヨウハスノカシパンなんだけど 現在日本に居る事にはなっていない。(個々の種の記載はない)
裏が違うので、わかると思う。

大きさから追えば、こんな化石種もある。
Kewia blancoensis(ケウィア ブランコエンシス)
d0318386_19484722.jpg
漸新世~鮮新世
カリフォルニア、日本の太平洋岸
22mm
K. minoensis(Morishita、1955)。中期中新世、日本。「ミノマメカシパン」として福井県産出
K. nipponica (Nagao。1928);漸新世 、日本
K.parva(Nisiyama、1940);漸新世 、日本
https://www.jstage.jst.go.jp/article/prpsj1951/1960/39/1960_39_307/_pdf(参考論文)
もある。
これは、前記のシュードアストロダプシスの「カルフォルニアと似ているカシパン類」の中に入りそうだが
アストロダプシスの中にも 丸くて小さい種もある。
d0318386_19551529.jpg
Astrodapsis spatiosus
ま、余談だが。

他にも S3Bでも採ったカシパンもあり、
d0318386_20000077.jpg
d0318386_20001839.jpg
もっと良い標本があるがしまい込んでて出すの面倒で欠けてる物でわかりづらいが、
ハスノハなのかEchinarachnius とされるのか
観察を続けて行きたい。


by jurijuri555 | 2018-02-18 06:00 | 化石 | Comments(14)
Commented by さくら at 2018-02-18 07:57 x
今から50年近く前、我が家《札幌市東区》の近くの水道工事で掘ったところから、薄いウニの化石を拾いました。子供心ながら「ここは海だったんだなあ」と思いました。当時は5〜6個ありましたが今は一つしかありません。よく保存していたものと思います。そんな経験もあり今も化石好きなおっさんなのだと思います。今も、石狩にはあの薄いウニがいるのでしょうか?
Commented by jurijuri555 at 2018-02-18 08:27
さくらさん
うー・・・ん。札幌は四紀の地層になりますが、
その昔は苫小牧からずっと浅海だったはずなので、どこで出てもおかしくはないですよね。
隣町ではハスノハの化石は見ていない気がしましたが(健忘)、バフンの欠片は見ました。
より現世と同じとなると ハスノハカシパンの化石なのでしょうね~。
面白い物をお持ちですね。
今度全部並べて比較してみようとザックリ大胆な企画もしていますので
北海道のウニ の参考になればと思います。
しかし、まだまだ各地産地のを採っているわけではないので、このテーマはつづく・・ですね。汗
あ、現世のハスノハは石狩海岸に行くと漂着していますよー。(^o^)/
Commented by Macrowavecat at 2018-02-18 18:02 x
棘皮動物はいったん五回対称の体躯構造を獲得したのに、それからズレようとしたやつもいるんですね。どういう理由なのか知りたいものです。
Commented by fossil1129 at 2018-02-18 19:04
こんばんは~!!
今日の近畿地学会総会では、
ウニが話題のトレンドの一つになっていました。

交換会にもいくつか出されていたので
狙いました。
1番手候補はげっちょできませんでした。

おいおい拙ブログでも、ちょっとだけウニコラボ記事書きます。
Commented by jurijuri555 at 2018-02-18 20:20
Macrowavecat さん
一応、五本の花紋があるので何かの理由で形を変化させたのでしょうが
それがなんでかと考えると面白いですよね。
クマデの様なので、もぐりたい寝床が砂利でガリガリしなきゃならない様な所だったのか。はたまた・・・
Commented by jurijuri555 at 2018-02-18 20:24
fossil1129さん
こんばんはー。
m-mさんのウニ講演、聞きたかったです~。
交換会にもウニ・・・うらやまー。
私も参加していたら真っ先に狙ったと思います。
全国の国産ウニも集めてみたいですね~。
ブログでの紹介も楽しみにしています!!
Commented by さくら at 2018-02-18 22:14 x
御察しの通りハスノハの様です。ありがとうございました。機会がありましたらご進呈させて頂きます。
Commented by じゅりあ at 2018-02-19 07:01 x
さくらさん
札幌産四紀のカシパン化石、良いですね。
珍しいかもしれませんよ?
機会がございましたら・・・頂きたい物ですが、
1つしかお持ちじゃない物でしたら大事にして下さい。
不必要でしたら もちろん喜んで頂きます。
Commented by fossil1129 at 2018-02-19 21:17
( ´_ゝ`)ノポンジュース♪
最初の3枚の画像、
棘皮の構造上、すべて5の倍数の10本に見えます。

交換会でげっちょしたウニ化石は
更新世前期、喜界島のカシパンでした。
Commented by jurijuri555 at 2018-02-19 21:40
fossil1129さん
Bonsoir
ウニは、棘皮はあくまでゴカクですね。
まるでプチミネラルショーの様な交換会。
ウニが出てくるのもサスガですね。
あぁ、全国・世界のウニがほすぃ・・・。(^_^;)
Commented by ZX9-R at 2018-02-19 21:49 x
世の中には凄いカシパンもいるんですね。ウニ系が左右?前後?で対称にならないものがいるなんて衝撃です。
標本も集まってきて、目が肥えたところで新たな発見に繋がるのではないでしょうか。カシパンはともかく、ウニ化石を見つけたら、じゅりあさんへプレゼントですね。
Commented by jurijuri555 at 2018-02-19 22:51
ZX9-Rさん
うん・・・前後は対称ではないですが、
左右は対称だと思います。8本でも4本づつ、10本でも5本づつ対象です。
fossilさんのトコのwashitasterは知りませんでした。
アルビ師匠の所でマメウニの話も出ていたのですが、その中のウニ化石の1つ 瑞浪のが これ又シュードアストロダプシスじゃないかと今思い始めています。
ボタンウニボタンウニ呼ばれている様なのですがね。(^_^;)
Commented by アルビアン at 2018-02-21 13:54 x
こんにちは(^◇^)
参考標本を進呈して こうして考査頂きありがとうございました~ウニの世界もとても面白いですよね
あっブンブクだーーなんて拾っていても 違う種類とか
新しい発見が多くて驚きました比較的多く見つかりますから
本腰いれて探しても面白そうですね
良い記事連続で大変ありがたいですよ
Commented by jurijuri555 at 2018-02-21 20:00
アルビアンさん
こんばんはー。
自分も持ってても んーーーーーー!!!!!????と言う標本。
やはりより良い物を持っているお仲間のも見せて頂けるのは助かりますね。
献体も頂き、色々検証中です。
慌てて自分のも改めてクリーニング中。
ホンウニ系のも オウサマか?と言いましたが、トゲは小さく、
管足孔の感じではガンガゼやサンショウぽいものですが、トゲの部分が特に特徴的でも無くまだ浮かびません。
又見せて下さいね~。
採集も 今年は目標定めて追ってみたいです。
<< 海のハリネズミ ウニカニ見学 >>