my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
アナゴードリセラス エニグマ
at 2018-05-23 12:54
アレコレ 2
at 2018-05-18 22:33
アレコレ
at 2018-05-14 18:28
Anniversary h..
at 2018-05-11 17:52
プチ採集旅行の採集品(一部)
at 2018-05-07 23:15
最新のコメント
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:59
補修するかどうかは迷いま..
by Macrowavecat at 20:35
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 02:51
こんばんは(*^_^*)..
by アルビアン at 21:52
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 17:27
こんにちは! 昨年、S..
by fossil1129 at 16:40
hntさん 仕事もだ..
by jurijuri555 at 03:08
お仕事、お疲れ様です。仕..
by hnt at 00:45
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 21:12
アンモとウニが共産してい..
by Macrowavecat at 21:03
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

春爆発中~ウニ

まさに北海道の春!!
爆発的に 近所のモクレンが満開になり、敷地内の桜も午後には開きそうにプクプクに太り
眼の前のシラカバは・・・去年の穂だと思ってたのに1日で青い若葉が出て穂もピチピチに鮮やかに・・・
なぜっ!!??(滝汗)
えーと、窓にガムテで目張りしてもイイですか?(苦笑)

GWも目前ですね。
春を迎えた北海道です!!

さて、実は前回に載せるつもりだった画像を載せ忘れていたので慌てて。
d0318386_12444407.jpg
サンショウウニです。
左は金沢の大桑層の。真ん中は現世の殻。
右が、先日の北関東の四紀のウニ化石です。
かわゆい♡

がっ、三紀とかになると随分化石らしくなる(擦れたり?)のでそんなモンかとも思うけれど、
四紀のサンショウまでなんか違う。
d0318386_12472586.jpg
これが現世のサンショウの殻のアップで、管足孔は3つ。
市松模様の様な間歩帯の殻板も棘棘沢山ありますが、棘の大きさが違う様な・・・。
d0318386_12494607.jpg
上が現世、下が四紀化石です。
わかりますか? 現世は、ほぼ3つの同じぐらいの大棘が並んでいますが
四紀のは大棘の両隣は小棘ですよね。
下の口周りは変わりありません。(現世も化石も)
これがキタサンショウ(?)だからゆえなのか、進化の結果の変化なのか・・・。(^_^;)

何でもイイけどやっぱ ウニ化石かわゆい♪♪♪
 
 
これだけではつまらないので、
先日、ニポナスター第二弾をりんぞうさん経由でK様から頂いたが、
まだクリーニングしていないから載せられないけど やはり擦れ出しされていないのは
モーライのと同じで、殻は方解石化しているのか分離は悪く 堆積の仕方も化石の状態も
白亜紀と三紀も同じですね~。
これは、陸上の山のウニだって元は海で堆積したものだけど 早くに陸地化して化石になったのと
ずっと海の中に堆積して居るのでは違いが出るのでしょうかね~?

一緒に頂いてしまったキャナド玉? とエニグマたん。(両方ともクリ途中)
d0318386_13131570.jpg
キャナド4兄弟と ジャポたん?も付いてる。下に敷かれたのはネオフィロ。
すごいなー。こんなノジュールを拾えるんだもんな・・・。

私も又ガンバロ!!

クリーニングも道具が足りないので買って来ようっと!
ありがとうございました。



by jurijuri555 | 2018-04-26 14:32 | 化石 | Comments(4)
Commented by fossil1129 at 2018-04-26 19:48
24日記事と26日記事、
細かい中身は1つも頭に残らないのですが、
あ、ウニによってこういう風に違うんだと
感じることができるようになってきました。

やっぱり、現生種、4紀、3紀との比較、大切ですね。
Commented by jurijuri555 at 2018-04-26 20:13
fossil1129さん
ウニラーじゃないとつまらないのか残らないのか
いまいちピンと来ませんか~?(^_^;)
化石として大雑把に見ると 特に気にもならない部分なのですが、
先日のサンショウかキタサンショウかとかの様にこだわり出すと
これがその種名が違う証拠(?)なのか?とか・・・。
まぁ、キタサンショウウニの現世殻も見た事ないのでなんともいえませんが。
もし、だとしたら 当時はサンショウウニよりキタサンショウウニが優勢だったと言う事ですよね。
とか言う分布や生態系の話になって来てこれも大事な事かな とか。
Commented by Macrowavecat at 2018-04-27 20:52 x
ボチボチ花粉症が始まりそうです。鬱陶し~。

どの時代でも、ウニ化石を見つけたら嬉しくなりますね。
取り合えず望来層で保存の良いのを採集したいんですが。
Commented by jurijuri555 at 2018-04-27 21:30
Macrowavecat さん
All同意です。
もうクシャミ鼻水がひどくて目がかゆいです。
そして、ウニもせめて表か裏だけでもシッカリ擦れ出ている物が欲しいですねー。
たまにコスコスしていますが、何十年かかるかわかりません。(笑)
絶対叩いたらダメな標本です。
波の力は偉大ですね。
<< 幻のA鉱山 怪しいウニ講座 >>