my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
美鉱物推進委員会①
at 2018-11-14 16:38
庭サメ
at 2018-11-12 17:43
パキクリ中間報告
at 2018-11-08 16:32
フローライト
at 2018-11-05 17:00
ボケスカ巡検
at 2018-11-02 19:27
最新のコメント
素敵ですね~~ 蛍石と..
by モホロビチッチ at 01:03
こんばんは~! 鉱物は..
by fossil1129 at 17:31
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 13:30
おはようございます! ..
by fossil1129 at 10:09
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:55
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:52
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:47
サメ歯母岩ですか。あの露..
by Macrowavecat at 20:30
ご無沙汰でした! サメ..
by apogon2 at 20:10
良い色のパキですね~。殻..
by apogon2 at 20:06
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

2018年 01月 28日 ( 1 )


海の宝物

久々に少し積もりました札幌。
大雪の心配は無くなった様ですが、まだまだ来週中程まではマイナスの真冬日が続きそうです。
ま、何度も言うけど 冬ですからね。(^_^;)
仕方ない・・・。ふぅ・・・。

そんな真冬の北海道に 南国より かねてから希望していた物が届きました。
d0318386_17303053.jpg
パイプ~♪ きゃほーーーーーーー!!!!

いやもー、キレイ。
やはり本場の南国。余計な生き物がゴシャゴシャとついていません。(フジツボだの藻だの・・・)
美しい・・・。
d0318386_17321782.jpg
20cmオーバーのパイプウニと これ又激望していたトックリガンガゼモドキ。

d0318386_17340917.jpg
こちらは15cmのパイプくんと アオスジガンガゼくん。
うん、やっぱり、姿だけでの判定だけど 前回別の南から送って頂いたガンガゼの1つはコレと同じだな。
又殻を良く観察して同定しよう。
何体も見ると やはり目も肥えると言うか慣れて勉強になりますね。

d0318386_17371226.jpg
トックリガンガゼモドキ。
まだまだ小さい幼体だと思うけど キレイですねー。
撮り易い様に海水からあげてるので目立たないけど 上部のお尻の所が膨らみます。
ウニウニ元気に棘を動かしています。
「おりゃ、海水にイリユンか~!!」(怒)って感じでしょうか。(^_^;) サーセン

d0318386_17434958.jpg
大パイプーさんは生殖板が見えないほど短い硬そうな棘で覆われています。
それらも薄いピンク色で美しい・・・。
まるで稲倉石(ロードクロサイト)の様ですね。
この子をローズ(稲倉の菱マンガンは「積丹ローズ」と呼ばれているから)ちゃんと呼ぶことにします。(笑)

ガンガゼは、魚に食べられない様に長い鋭い棘をピンピンさせていますが、ひっくり返されるとお腹が側は棘が短いので食べられちゃうそうです。
なので集団で居る事も多い様ですね。
1匹(?)が警戒行動に出ると 他の近くの仲間も警戒行動を取るのは知られていますよね。

ガンガゼも普段は岩の陰に隠れていますが、
パイプウニも もともと岩の間とかに入り込み、棘をつっぱってハマっております。
この子たちも入れられたタッパーの角につっぱってくっつていました。(笑)
動くとパイプ(棘)が太くて硬いせいか ギシギシいいます。
結構、もじょもじょ動きますね~。

トックリガンガゼモドキも良く動きます。結構速いそうですよ。



隠れたがりは、ヤドと同じですね。(^_^;)
すぐに穴や陰にもぐりたがります。
パイプウニもトックリガンガゼも夜行性だそうですよ。

今回は生体なので、しばらく飼育(?)観察したら(例のごとく長期間飼育は難しい施設環境なので・・・) 
標本として永遠に愛でてあげようと思います。(激サーセン!!ナムナム)
 
 
鉱物みたいなウニに対して、
こちらはウニの様な鉱物
d0318386_18125466.jpg
青針鉛鉱(Cyanotrichite)
Cu2+4Al2(SO4)(OH)12.2H2O
シアノトリカアイト
シアン化合物ぽく聞こえますが、cyanoはギリシャ語で青色を意味し シアンは含まれていない。
trich は毛髪のこと。
青雲丹石 でも良さそうな名前ですよね~。(笑)


by jurijuri555 | 2018-01-28 08:30 | | Comments(2)