人気ブログランキング |

my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
apogon2さん え..
by jurijuri555 at 03:08
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:58
昨日はお荷物有難うござい..
by apogon2 at 19:44
最後の写真絡みで…、最近..
by Macrowavecat at 19:32
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 03:07
>こちらサイドの興味をそ..
by fossil1129 at 20:15
Macrowavecat..
by jurijuri555 at 19:22
巨大アクリル水槽はもう通..
by Macrowavecat at 18:55
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:06
横浜まで来ちゃいましたか..
by Macrowavecat at 19:38
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

2018年 02月 09日 ( 1 )


続・NTBウニ (完結編?)

前回、NTBのウニはAstrodapsis属だ。と言う結論(?)に行きつきました。
しかし、納得しながらも 微妙にカルフォルニアのAstrodapsis antiselliとは違う部分もあって、
本当に日本では記載がないのか。と調べると ちゃんとありましたー。(^_^;)
岩手県となんと沼田町からも産出の記載があり、Astrodapsis nipponicus と記されていました。
うん、やはり別種として日本固有の種とみなされていたんだな。

しかし、追って行くと 日本のは、Astrodapsisではない。その頃新属として発表されていたNipponaster属の一種じゃないか?(1952年)
とかも言われたそうだが、ご存知のようにNipponasterは白亜紀のブンブクなので、
その後、1953年にPseudoastrodapsis属が出され Nipponasterだとされたカシパン属はこちらに移された様だ。

と言う事で、Astrodapsis nipponicusは、Pseudoastrodaspis nipponicusとなった。

Pseudoastrodaspis nipponicus(シュードアストロダプシス)
d0318386_15303803.jpg
d0318386_15310999.jpg
d0318386_15312857.jpg
d0318386_15314968.jpg
ほぼほぼ、私も納得。
細かい特徴もかなりピッタリ来ました。

しかし、このPseudoastrodapsisの種として、詳細(それぞれの画像など)は出されてはいないのですが(私は見つけられていない)
 P.cf.fernandoensis Peck of Khomenko、1931年、鮮新世、カムチャッカ
 P. intermedius Nisiyama、1968; 中新世、日本
 P. nitidiusculus Nisiyama、1968; 上層の中新世または下層の鮮新統、日本
があげられていて、細かく迫ると この P. nitidiusculus がより当てはまるのではないかと思いました。

よって、とりあえずは、NTBウニは、
Pseudoastrodapsis nitidiusculus(シュードアストロダプシス ニテディスクルス) である。
と落ちつけたいが、もしかしたら P.nakatonbetsuensisとか新種になるかもしれませんよ。(笑)

まずは西山さんのP.nitidiusculusの論文を見てみたいものですね。
(Syozo Nisiyama での検索でもほとんど出てこない。日本のウニ化石の権威の様ですが。東北大学の教授とかだったのでしょうかね?)
※The Echinoid Fauna from Japan and Adjacent Region
 http://www.palaeo-soc-japan.jp/download/SP/SP13.pdf
 p86よりPseudoastrodapsisの記載有り


by jurijuri555 | 2018-02-09 16:56 | 化石 | Comments(10)