my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
美鉱物推進委員会①
at 2018-11-14 16:38
庭サメ
at 2018-11-12 17:43
パキクリ中間報告
at 2018-11-08 16:32
フローライト
at 2018-11-05 17:00
ボケスカ巡検
at 2018-11-02 19:27
最新のコメント
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 13:30
おはようございます! ..
by fossil1129 at 10:09
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:55
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:52
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:47
サメ歯母岩ですか。あの露..
by Macrowavecat at 20:30
ご無沙汰でした! サメ..
by apogon2 at 20:10
良い色のパキですね~。殻..
by apogon2 at 20:06
モホロビチッチさん お..
by jurijuri555 at 08:06
サメの歯化石、いいですね..
by モホロビチッチ at 07:51
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

2018年 10月 09日 ( 1 )


ブラパイ3クリ 2・3回目

先日大きな余震があってから 毎日又震度3や4で揺れています。
またまた気の落ち着かない日々・・・。

今日も起きたら良い天気。
あー・・・。と出掛けたくなりましたが、色々と考え出すと鬱な事も多く
とてもそんな気にもなれず。
ニュースでも流れた様に 地震の何週間も後から被害が出始めた。と言う事も多くて
そんなあおりも受けています。
今後の生活も不安で どうしたものか・・・。

そんな訳でと言うか そんな中で、
画像も撮りもしなかったが毎日の様にボチボチとブラパイのクリも進めていて。
まとめて「2・3回目」として出します。

とは言え、地味な汚い作業風景を見せる訳にもいかず(笑)、
今回の成果の一部をクリ終了したのを(一部は途中)載せてみますね。

ほとんど既出と言うか、もう採集している種なんだけど
より良い物を得られた。と言う成果の中から、
d0318386_19010636.jpg
エゾキンチャク(合弁)・ハイイロタマガイ・エゾチドリガイ
エゾキンチャクは毎回合弁を採っていたが、よりキレイで型の良い物が採れたので既存標本と取り替え。
ハイイロタマガイもエゾチドリガイも大き目の採れたので嬉しい。

d0318386_19035688.jpg
ハスノシカシパンとバフンウニの殻と棘。
初めて割れずに完品のカシパンを採れた。(笑)
(上のは微小貝からのオマケ。コケムシとムシロガイですね。)

d0318386_19070198.jpg
こちらが微小貝等。
ニセサンゴ・コベルトフネガイ・エゾサンショウ・エビスガイ・タマツメタガイ
ツノオリイレ・コウダカスカシ・スゲガサガイ・クチバシチョウチン・
クダマキガイ他・エゾフネガイ 等々の稚貝など

d0318386_19130281.jpg
こちらもいつものエゾワイレガイとウチムラサキ

d0318386_19142788.jpg
ホタテガイとチシマガイ
ホタテは小さ目。でも完品。これより大きいのも採ったが、縁が割れたり(割れてたり)するんですよね。
チシマガイは前回の物より大きくて良標本。

d0318386_19181751.jpg
カメホウズキチョウチン。これはダメダメ。
今回は完品はナシ。(泣) 補修物ばかり。
8個採ったうち3個は崩れ、この5個もツギハギ補修だらけで 裏は復元の跡がバリバリです。(恥)
やはり難しい・・・。
で、同種だと思うんだけど・・・丸型と長型があるのかなぁ?

d0318386_19240627.jpg
ダイシャカニシキ(絶滅種)の合弁+フジツボ。(笑)
右側のは取れてしまった。(泣)
この裏にも付いていたんだけど 全部取れてしまった。ムズカシスー!!
これはまだクリ途中。

d0318386_19275405.jpg
ムカシオナガトリガイ(絶滅種) 合弁。
これも前回この大きさの合弁を採っていたが、片貝割れ だったので、
完品が採れてウレシスー♪

そして今回の新標本、
d0318386_19303580.jpg
ナミガイか?と思ったけど、下が欠けている事を合わせて
ミルクイ Tresus keenae
ではないかと思う。(合弁です)
北海道から九州の砂地、潮間帯~水深20mほどの所に生息し、
15cm以上になる固体もあるそうです。

これは超ウレシス!!
次回は完品を採るのが目標。

3回行って、なんとなく産出種とポイント、採集の仕方、クリーニングのコツ、
が わかって来たので、今度はもっと気合入れていきたいですね。
あまり何度も行きたくもないので(産地保存や新しい物が出ないなら意味もないので)
キメに行くつもりで ノッた時に又行ってみたいです。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-10-09 19:52 | 化石 | Comments(4)