my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
KITA----------..
at 2018-07-16 19:16
やどやど日記 29
at 2018-07-10 20:56
蝦夷梅雨の間に
at 2018-07-06 21:03
夏のT鉱山
at 2018-06-30 18:24
出荷準備
at 2018-06-29 23:43
最新のコメント
fossil1129さん..
by jurijuri555 at 03:03
化石なのでカッチカチのキ..
by fossil1129 at 21:18
goodnoduleさ..
by jurijuri555 at 03:02
こんな変わったウニがいる..
by goodnodule at 21:31
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 20:44
サイコなキダリスですかW..
by Macrowavecat at 20:19
りんぞうさん こんにち..
by jurijuri555 at 17:24
あらら・・じゅりあさんが..
by りんぞう at 15:56
アルビアンさん こんば..
by jurijuri555 at 23:02
こんばんは!(^^)/~..
by アルビアン at 21:05
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

KITA-------------------!!!!!ドングリウニ!!!!

よし、もう やっとほんとに雨はおしまいですねっ。(怒)
結局負けて、寝込みましたよ。

久々の胃腸炎、やっぱりジメジメは合わないわー。(性格とか人も)
はー、私の中の三大痛。(脈打つ頭痛・ひどい歯痛(親不知)・胃腸炎の腹痛)
これは骨折よりも切腹よりも陣痛よりも・・・はわかんないけど痛いと思います。(爆)(爆)
ほんとにコレ、一人暮しとかの人はどうやって対処しているんでしょう。
と言うと 同僚(男)は、どうしようもないのであきらめて寝る。と言っていましたが、
お前本気のこれらの痛みを味わったことがあるのか???
男性は出産の痛みに耐えられないと言うじゃないか。と言うと
そうなんですか(耐えられないもの)?と言うが、え、こっちこそ そうなんですか?
んじゃ、これからは男性が子供を産んで 育てて下さい。よろしこーーーーー!!

痛みを知る男・・・かは知らんが、主人が会社休んで搬送してくれたので助かりました。
自分で行くつもりだったけど、あまりの痛みで動けなかったし。
本当に一人の人や車のない人は救急車とか呼んでも良いのでしょうか???(笑)
命にはすぐには関係なさそうな病気や トイレも耐えられない状態で・・・。(^_^;);;;
どうですか?経験者の方。
ま、たぶん2度の切腹劇で腸が癒着していると思うので、私のは人より痛みが強いのかもしれませんね。ガックシ

それは置いといて、いよいよ夏到来!?
出陣しますよー。

と、
ここで夏本番前のウニネタ。

前にも書いたが、現世も絶滅種(と言うか何億年前)も 全900種ぐらい。と言うのは変わらないだろう と言うウニ。
まさかコンプリは出来ないだろうが、それでもレアと言われている物も最終的には手にしてみたいものだ。
それは蒐集するものが変っても 何にでも誰にでもあるだろうと思います。
あまりにもレア物は確率が低すぎて願う事も叶わないので ものすごいご縁でもあれば・・・と言う辺りでは
現世ウニでは、やはり(?)あこがれはドングリウニ。

ドングリウニとは、
学名 Psychocidaris ohshimai
棘皮動物門ウニ綱フトザオウニ目に属する海産動物。
どんぐりのような奇妙な形の棘をもつウニ。
殻径3.5cm、棘長3cm、棘径1cm。全体に暗黄色で、一部淡緑色を帯びる。
八丈島南方と小笠原諸島近海の水深100~200mから知られる。
本種は棘の外形のほかにいくつかの際だった特徴を備え、1科1属1種の希有な種として分類される。
また、中生代白亜紀産のものと酷似するため、「生きた化石」の一種ともされる。

さすがになかなか無理だろうな~と思っていたが、結構居るらしくって、
海外物はホイホイ(ではないだろうが)手に入る様だ。
入手にお手伝い頂けるスーパーマンを見つけて執拗に(笑)縋り付き、なんとか1つ流して頂いた。
ヤバイ、もう足を向けて寝られる方角が無くなって来た。(苦笑)

ジャジャーーーーーン♡
d0318386_16275746.jpg
下に落ちてる白いのは、どうやらウニヤドリガイの一種・・・
エゾチドリガイに似た微小貝です。
他に着く者が居ないのか 1体のウニにワラワラ付いています。
しかも 1個の貝の上に更に貝がいくつも付いたりしています。(笑)
ルーペで見ると この貝にゴカイも付いています。
1個だけフジツボもついている棘もありました。
ハナカゴではありませんでした。(普通のフジツボ型)

こちら裏(口)側。
d0318386_16411342.jpg
ご覧の様に ドングリとは言え 全てがドングリ型(?)の棘ではなさそうです。
d0318386_17121785.jpg
このピンクの矢印のドングリ型棘。
見ていると りんぞうさんが紹介していた北の「ウニの棘」の化石に似ていませんか?

その前に このドングリウニは現世種の乾燥標本ですが、
元々生きているドングリウニの画像の参考は
こちら。http://stat.ameba.jp/user_images/b5/4a/10070829637.jpg

このドングリ棘 プヨプヨしていそうでしょ? カッチカチには見えませんよね。
クシャッとなりそうだから私も現物を強く押してみてはいませんが。(苦笑)
でも各々の化石を見ていると 元はプヨプヨでも軟体として融けていなければそのまま化石として残っていますよね。
そこは本当の融ける軟体ではなくてやはり石灰質なプヨプヨなんでしょうね。
んー、それこそヒトデみたいな???

こんなのもみつけました。
http://www.chalk.discoveringfossils.co.uk/tylocidaris%20clavigera.htm

シダリスの棘にも様々な形がありますが、ここの 21)の左の棘なんか化石の形状が似ていますよね。
そしてそのウニの持つ特徴的な棘がどんな形であれ、初期的?な形態なのか小・中棘系をみんな
この黄緑色の矢印みたいなのも共通して持っていると思います。
オウサマウニ目の特徴なのでしょうかね。
(上記はニッポニカの記載だが、分類的にはオウサマウニ目ドングリウニ科)
(又ちなみに 太いとか細いと言うと フトザオに入るフトザオ系のストレート棘系のウニ、ボウズウニとかダイオウウニとか サテライトウニもこっちに入って
ホソザオ系にコウテイウニなのかな?と私は見解を持っていて、
これらには 特にホソザオは、ヒストシダリスなのでシダリスのオウサマウニ科とは違うのかと思っています。余談ですが。
更に更に ドングリウニの学名を Tylocidaris ohshimai と書く所もあるが、たぶんチロシダリスは絶滅種(化石種の属名)。
ドングリウニはチロシダリスの亜種とかも言われており、上記のチロシダリスの検索からも進めるが 現世種ドングリウニに進むとプシコシダリスとなっている。
なので使うのならわかりやすく Tylocidaris (Psychocidaris) ohshimai )

しかし こうして見ると 暖かい時代に北の深海にもドングリウニ(の祖先?)が住んでいた。としても
全然おかしくない話ですよね。
やっぱり、現世だけを見るより 化石だけを見るより、両方を見ているとロマンが広がります。


# by jurijuri555 | 2018-07-16 19:16 | | Comments(10)

やどやど日記 29

やっと晴れると思ったのに なんでか又雨の予報の連日です。
で、雨だと言っていたのに 日が明けてみると降らなかったり。
どっちやねん!!(怒)
降ると言うから予定入れていなかったのに
降らないからって急には動けないんだよ。(どうせ川の水位は高いままだし)
それでも降らなければ行ける所だってあるのに。
そして気温も低かったり 蒸して高かったり。
もう心身ともにおかしくなりそうです。

そして加えて 地震や水害で被害も多いですね。
ほんと明日は我が身で つい化石いじってて地層の事調べていても
越すなら中央帯か・・・この際名ばかりで田舎でも安全ならイイか。
とか思う自分が居ます。(^_^;)
どんだけ命根性汚いんでしょうね。(汗)

ついでに二男が家を出て、空の巣症候群になるかと思ったけど
主人は空いた二男の部屋を自室化して、同居別居の様で息苦しくないし
1人減っただけで光熱費も減るし 食事も好き嫌いのある二男を気にしなくて良くて楽。
(会話も楽しめて付き合いの良い二男はお気に入りだったのに 冷めてる自分にビックリ。(苦笑))
天気悪くて出掛けられないのはつまらないけど 静かな日中にクリーニングしている横で
カサカサとヤドたちが歩いている音を聞いているだけで幸せで平和です。
 
 
「ヤホー。寒いのですか?コレ使います?」
d0318386_20120226.jpg
ちょ!!ヤシ藁ですか要りませんよ汚いな~。
お気持ちだけ・・・。
 
 
「寒くない? んじゃおなか減りました?」
d0318386_20144768.jpg
ホップコーンか・・・。(爆)
ありがと。ほんと気持ちだけで充分です。
 
 
「いないいない・・・」
d0318386_20163983.jpg
「ばぁーーーーー!!!!」
d0318386_20171174.jpg
ちょ・・・。ほんとデカさん・・・
おもろいなー。
寂しくないし元気だし、汚いわ。(^_^;)
 
 
「なに? じゅりさん元気ないの?」
d0318386_20231917.jpg
「ほんまかいの。デカ兄さんのガセネタじゃないのか?」
 
 
「じゅりさん、元気だしてね。」
d0318386_20240965.jpg
あー、はいはいシロたん、元気ですよ。
天気が悪いのをグチってるだけです。
 
 
「そんな時は無心に高いトコ登るとイイぞ。」
d0318386_20254450.jpg
あー、スイマセン たるんで低くなりましたね。
汚いし ほんと掃除しましょうね。

そんなこんなで ヤド達も元気です。
ヤド舎の日光消毒もしたいし、
早く晴れないかな~。と それだけを思っています。


# by jurijuri555 | 2018-07-10 20:56 | 生物 | Comments(6)

蝦夷梅雨の間に

うーん。何年かぶりに蝦夷梅雨も長引いていますね。萎
でも、ようやく台風も去り 本日は青空も見えて
やっと北海道にも夏が戻って来そうです。
せっかくの奇跡の様な半休仕事続きの1週間だったのに
お天気のせいでどこにも行けませんでした。
もう、今年の最重要ミッションも何週間も延期。
本当に萎えますわ~。

で、する事無いので・・・と言う訳ではありませんが、
雨の日にする事と言えばクリーニングで。

年輪の見える木(枝)の化石。
d0318386_20192629.jpg
横に見える殻のハゲたアンモは・・・
d0318386_20201456.jpg
ユーパキ・・・じゃなくてメヌイの方なのかな。(^_^;)
実は、横にも同じメヌイ(?)とダメシのミニミニアンモ付。
 
 
ホタテクリと同時に 波猫さんが掘ってくれたかたまり標本。
d0318386_20222592.jpg
ミニホタテと貝達。
チビチビ進めています。
産地状況(?)標本ですね。
同じくキララ密集も。
d0318386_20241573.jpg
これは自採。
土も貝もモロイので難しいんですよねー。
ホタテはシッカリしているのに・・・。
 
 
そして、同時に出品用意・・・と 雨でもそれなりに忙しい。
d0318386_20263182.jpg
むーーーーー・・・。
色々と ないわー。(汗)


# by jurijuri555 | 2018-07-06 21:03 | 化石 | Comments(4)

夏のT鉱山

これ又突然、サブチーから「T鉱山行きますよ。」と連絡が来た。
OKー!!
て事で、待ち合わせて山へ。
d0318386_17451414.jpg
MズリもT沢も新幹線工事で入れないので、ハイキングコースとなっているK沢を行く。
ん?
いつものクマ注意の看板だが・・・
d0318386_17484206.jpg
一週間前じゃーん。
でも行ったけどフンは目に留まらなかった。

古いズリがあるが、なーんにも無い。
d0318386_17503747.jpg
名前のわからない花に覆われていた。(^_^;)

川にも降りてみたが・・・
d0318386_17511917.jpg
やっぱりなーんにも無い。(苦笑)
でーすーよーねー。
何年も通っても 私なんか良い物採れたことほとんど無いですもん。(^_^;)
「もうT鉱山も終わったな。」とサブチーもうなだれていたけど
そりゃ、新鮮な石が供給されない限り 取られて減って行けば元々商品にならない鉱石のゴミズリ。
その中からなんとかでも良い物採られ続けたら もう残っていないよ。

採れない事より 雨は上がったが蒸し暑くてたまらなかった。
汗ダラダラで歩いた。疲れた。

スゴスゴと帰り道、
そう言えば何度も来ているのに 観光スポットの「乙女の滝」って見た事ないね。
と 寄ってみる事に。
d0318386_17590977.jpg
カメラが曲がってる訳ではありません。
乙女が斜めってるわー。(^_^;)
と この後少し直してあげました。(苦笑)
d0318386_18004411.jpg
林道か?と思ったら 昔の鉱山関係の建物(住居?)跡の中を通って行きます。
おじゃましまーす。って感じに家の中じゃん・・・。
なんか出そう・・・。
と言いながら200mほど歩くと滝が。
d0318386_18025284.jpg
「砂防?」
って感じですが、自然の岩盤です。
みごとにまっすぐでツルツル。

で、「ふーん。」
と見て脱渓。
本日のワタクシの成果は、ビン1本です。(^_^;)
d0318386_18083308.jpg
INSECTICIDE ハルク(クルハ?)とエンボスがあります。
サブチーは、又「酢?」なんて言ってたけど(笑)
なんの瓶でしょうね。
気泡入りで、中に詮であったと思われるコルクが落ちています。


# by jurijuri555 | 2018-06-30 18:24 | 鉱物 | Comments(4)

出荷準備

水揚げならぬ 土揚げしたホタテをクリーニング。
今年も無事 求めている人に出荷出来そうだ。フー...
d0318386_22424192.jpg
右下のが今回の一番。
大きさ・型、申し分なし。
少しポリドラの影響を受けてるけど・・・。ま、ソレはテッパンなので仕方ない。
あと 今回は表面採集なので擦れもある。

そもそもタカハシホタテには、丸型と長型の種類がある。
これの謎はわからないが。
膨らみも 大きい物と普通の物、ペッタンコの物もあるが、
シロート考えでは単純に 産卵の回数の少ない物・若い固体と
オスではないかと思われる。
小さくても(若くても?)栄養豊富で(?)抱卵量が多いと膨らみも大きい。
今回もコレにはビックリした。
d0318386_23042971.jpg
手のひらに収まる小さいホタテなのに 殻長(縦の長さ)と同じ位の膨らみで、ボールの様だ。(笑)

又、化石自身の特徴ではないが、先発試験操業品は、少し深くから掘り起こしたものなので
擦れやポリドラの影響が少ない。
d0318386_23143835.jpg
一部修復があるが・・・。(^_^;)

表面に出て空気や川水に触れる事で風化が進むのでしょうね。

それにしても 雨降り続きで湿度が高いので 全然乾かない。(^_^;)


# by jurijuri555 | 2018-06-29 23:43 | 化石 | Comments(2)

タ・ベ・ロ・グ ③

母の日は、まだボチボチ様子見の時季なので 実家まで届けたが、
父の日は、もうシーズンインしているのでプレゼントは配送にした。

そうしたら 父からなんだかインクのかすれた文字で呪いのハガキが届いた。
「父の日のプレゼントありがとう。・・・中略・・・
段々と訪問する機会も減って、会う時間も少なくなりました。
たまには顔を出しにおいで。ランチでも行こう。」
ヒーーーーーーーーーッ!!!!!!!

山より実家。
老い 先短い年寄りを大事にしろ。と言う事ですね。(^_^;)
サーセン・・・。(滝汗)

と言う事で、本日は仕事明けに実家へ。
ま、丁度 家では割れないノジュールを実家の庭で・・・と思っていたので。

本日のランチは、「カフェ・プリムヴェール」
primevereとは、桜草の事だそうです。
d0318386_16075776.jpg
住宅街の一角にある あまり目立たないお店です。

2週間ごとに変るランチのセットは3種。どれも1100円。
本日は3人ともCセットの 「レンコンときのこのボロネーゼ」(パスタ)にしました。
(ちなみに他の2種は肉料理と魚料理)
サラダ・スープ・デザート(ヨーグルト)・ドリンク(ホットコーヒーにしました)が付いて来ます。
d0318386_16131693.jpg
パスタは細麺で食べやすく、結構な量がありお腹いっぱいに。
ポテトサラダとコーンスープはやや少量ですが丁度良く、
ヨーグルトもサラダのドレッシングかと思う程ちょびっとですが(笑)、口直しには丁度良い量でした。

御馳走様でした。

そして腹ごなしに石割り。
d0318386_16313293.jpg
庭の敷きブロックが割れるんじゃ・・・と思っていたが、その通り。(爆)
削れる欠ける・・・。(^_^;)
これでも柔い石ばかり持って来たのになー。

サントやカンパの怪しい(スカじゃないか?)ノジュールばかり。
パンパン割ると やはりスカや欠片INのばかり。
メタプラのノジュールは、もとろんさんが以前に「小さい爪が・・・」と書かれていたので気になっていたが
やはり(?)甲殻っぽいカスも見られる。
d0318386_16373143.jpg
残念ながら ちゃんとしたチョキっぽいのは無かった。
石炭みたくなった片爪みたいなのも別のに入っていた。(が、甲殻類の物かはわからない)

こちらは微小二枚貝っぽい。
d0318386_16382440.jpg
なんだか津波や氾濫で流され溜まって沈殿した砂泥(もしくは干潟?)で出来た様なボソボソのノジュール。
ロクなのないな。
当然 メタプラの超欠片のノジュール。とかもありました。(爆)
何ででもノジュール作るのな。 ため息

あとは、モーライで拾った「超ノジュール」も気になっていたの持ち込んで割ろうとしましたが
やはり硬く、欠けただけでパッカンとは行きません。
そして割れた断面を見ると 泥岩というよりは少し石英質な気がして、ノジュールではないかも。
サブチーに鉱物的に見てもらおうと思います。
それこそ、コプロライトとか卵だったら面白いのにな。
メガロドンの糞とか。違うと思うけど。(爆)

なにより、割ったカスは軒下にポイポイと捨てれるのがイイ!!(笑)
又持って来ようっと♪(顔見に来るのとで一石二鳥だしー)


# by jurijuri555 | 2018-06-25 17:06 | 日常 | Comments(2)

いざ本漁

なんだかんだ雨の降り続けた不安定なお天気だった一週間。
雨量は少ないものの 水位が心配で、本当は秘境アタックの予定だったが避け
水位の読めるホタテ漁に変更。

予報では、昼には晴れて気温も上がる。と言う事だったので、軽く熱中症を心配していたぐらいだったのですが、
波猫さんと待ち合わせて現地に行くと 今にも降りそうにドンヨリ。
ま、これからカンカン照りになるのかな~?と作業開始。

d0318386_18365709.jpg
早速合弁を採っちゃう波猫さん。サスガです。

先日の偵察日よりは岸は出ていたのですが・・・。
d0318386_18424221.jpg
私も先日の試し掘りの続きから始めます。
d0318386_18453444.jpg
あまりホタテの気配の無い中、なんとか掘った前回の掘り穴。(^_^;)
の掘り残しから取り掛かり。
これをコツコツ土を除けて行くと・・・
d0318386_18491965.jpg
おおっ!!大きなボラー。灯台ツブ?
d0318386_18505903.jpg
これは慎重に・・・と作業をしていたら
雨続きの近隣の田畑の用水路から ジャージャー排水が・・・。
アッと言う間に穴も水没。
元々弱い貝はボソボソと融ける様に崩れ、ホタテも結局片貝だったので割れてしまいました。(泣)

おまけに晴れると言っていたのに お昼を過ぎると雨がポツポツ降り始め
ドンドン水位があがり、結局 昼には川の中央の岸まで出そう。と思っていたのに
下見の時と同じぐらいになってしまいました。

それでも、あまり見えているのが無い中でも4-5時間ぐらいジックリ見れて掘れたので
それぞれ何枚かは合弁が採れました♪

雨で慌てて撤収したので 成果は又後日。(^_^;)


# by jurijuri555 | 2018-06-23 19:30 | 化石 | Comments(6)

気になる物

北海道から お仲間の中から 素晴らしい発見と発表がありましたね。

初めは、サメの歯が沢山出る。と言う発見で 仲間内でハフハフ通った地。
色んな他の化石も出ましたが とうとう2016年、T-rexの骨が出ました!!

あれは2016年5月、いつもの様にみんなで春の巡検にサメ地に行きました。
いつもと同じ様に 転石などを持って来て、割ってみんなで分けてコツコツ叩いていました。
d0318386_12535043.jpg
d0318386_12541187.jpg
私はツノザメなんかを出してたっけ。
その時、「んー?なんやコレ。骨だね。」
と御仁が出したのがソレでした。
その時は、海洋性の生物ばかり出ている地なので、首長の骨かね? と話は収まっていました。

しかしそれから約1年、詳しい方がご覧になった所、肉食獣の骨ではないか。
と言う事で、クローズアップされる。と決まった時の祝杯の席で 改めて集った仲間で愛でられました。
d0318386_12560035.jpg
居酒屋でこねくり回されるT-rexの骨・・・。(^_^;)

そして昨日、世界に知られる存在になりましたね!!
素晴らしい。
d0318386_12595134.jpg
昨日の道新の夕刊に載ったらしいのですが、買いそびれたので
今日、色々見て一番良かった(御仁の笑顔が最高!!)朝日新聞さんの朝刊を購入しました。

画面をクリック!! 会見の動画も見れます。

さらなる研究が進むことを期待しております。
 ※現在現地には入れません。
  又、穂別のハドロの地と違い 一体が埋まってる様な地層ではなくて、
  スポット「ゴミ箱」地なので 探せばポロポロ他パーツも出てくる様な所ではありません。
  行けば出るんじゃないか、とはクマ餌になりに行く事ですのでおやめ下さいね。
 
 
 
最近 不思議に思ってる事。気になる事。

第一に「老化」。なんだけど、ソレは置いといて(^_^;)
最近、買い物に行って帰宅すると お楽しみに買った自分の「スイーツ」が消えている事。(爆)(爆)

一昨日も 安売りしていたカップのレアチーズケーキ、帰ったら袋に入っていない。
そう言えば、それこそスッカリ忘れていたけど、その前日にもワラビ餅買ったのに無いわ。
なんで???
袋は、エコ袋で持参の買い物トートに入れたので、自分が入れ忘れた。と言うのが大きいか?
カゴに入れたまま・・・だとしたら、必ずカゴはカゴ置き場に戻すので入りっぱならゴロゴロ動いて気づくはずだ。
袋に入れ替える時に 順番考えて、後でと思って横に置いて 入れ忘れて台に置きっぱで帰宅したのか?
自分だとしたら これが一番アルアルだ。
しかし、会計時に店員さんが同じくカゴに入れる順番を考えて除けといて入れ忘れた。と言うのも考えられるが、
それはやはり次のお客さんのカゴをズラした時に気が付くだろうな。

移動中に買い物袋から落ちた。
と言うのも考えられるが、普段使ってる買い物袋は、上部が巾着でキュッと閉めて使う物なので、それは無い。

あとは、家に座敷童でも居て、帰宅したとたんに食べられて消えたか。だね。(爆)

うーん、不思議だ~。
別に良いんだけど 楽しみにしていて無いってのは ちとガッカリだ。(泣)

と言うくだらないブチコミも置いといて、
先日の道北のアンモで名前がわからなくて気になる物をアップしますので 教えて下さい~。

まずは、こちら。
d0318386_13173451.jpg
道北の・・・とか言っておいて 実はコレ そのかのT-rexの地で採った物。
当時は、巻貝(ツリテラ系とか?)かな~。と思ったのですが、なんだか砂岩でボソボソだったので放置していました。
今よく見ると段にくびれ付いてて、ナエフィアみたいだと思い・・・。
泣き別れになりましたが、左に3段 右の上部に2段あります。
ボソボソ過ぎですが何でしょうねー。結構大きい(?)です。5段で7.5cm。ヤリイカ。(笑)

そして道北アンモ。
d0318386_13221428.jpg
ブゾとか系にも見えますが、筋は凹んでいなく、凸っています。
ミテ、ヨコイイ、ハボロエンシス???

こちらは???
d0318386_13283790.jpg
アナゴー?
ゼランカワノイ?


# by jurijuri555 | 2018-06-21 13:43 | 化石 | Comments(8)