my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
美鉱物推進委員会①
at 2018-11-14 16:38
庭サメ
at 2018-11-12 17:43
パキクリ中間報告
at 2018-11-08 16:32
フローライト
at 2018-11-05 17:00
ボケスカ巡検
at 2018-11-02 19:27
最新のコメント
素敵ですね~~ 蛍石と..
by モホロビチッチ at 01:03
こんばんは~! 鉱物は..
by fossil1129 at 17:31
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 13:30
おはようございます! ..
by fossil1129 at 10:09
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 02:55
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:52
apogon2さん ..
by jurijuri555 at 02:47
サメ歯母岩ですか。あの露..
by Macrowavecat at 20:30
ご無沙汰でした! サメ..
by apogon2 at 20:10
良い色のパキですね~。殻..
by apogon2 at 20:06
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:海( 194 )


久々のビーチコ

えー、お忙しい所 ホントにまことに申し訳ないのですがぁ・・・
d0318386_15150222.jpg
ヤド水とアタクシの新しい殻を・・・モジモジ

俺のもな。

はう!!それはギガント申し訳ございませんっ!!
ヤド殻は太平洋側なので地震で・・・と言い訳している場合ではないですね。
とりあえずヤド水だけでも・・・
と言う訳で、久々に日本海へ向かいました。

日本海で貝と言えば、こっちかな~。
d0318386_15184877.jpg
超久々のジェニーです。
そう言えばそろそろアオイガイの季節でもありますね。
とついでに偵察もかねて。

ブログで、「もう夜間は15℃切り寒くなりました。」なんて書く頃だね。と思っていましたが、
本日は10℃切って・・・。寒い寒い!!
しっかり防寒して海岸に立ちました。

しかし海水温度はそんなに下がっていなく、今年もアオイガイはもう少し後なのかな~?
チャリ痕もバイク痕も車のタイヤ痕に人の足跡もそこそこありましたが、
ブツはまったく見ませんでした。(拾われた後かもしれないけど)

ま、ソレはあったらイイな~。ってものなので、
とりあえずヤド殻だけでなく この辺りの生息貝を見ながら行きましょ。

まずはツメタとタマガイ。
d0318386_15242614.jpg
これは沢山見ますね。
フジツボ付きのも沢山漂着していましたので、死殻も海底には沢山転がっているのでしょうか?

カガミガイとコベルトフネガイ。
d0318386_15261251.jpg
これもこの辺では多産ですね。

おっと、海獣系の脊椎。アザラシでしょうか?
d0318386_15270579.jpg
 
ナミガイも良く見るのですが、これもソレ系ですよね。
d0318386_15381859.jpg
ヒメマスオ?
居るんですかねー。初めて見ました。
ニオガイとかホリタケ系にも見えますねぇ。柄(助)が。

え、モスソガイ!!??
d0318386_15434266.jpg
あ~。完品が欲しかったですぅ~。
スゴーイ!! 居るんだ・・・。

ひゃー!!ネジボラ!!
d0318386_15444882.jpg
日本海側で見たのは初めてです。
これでコターンで化石出るのも立証ですね。

あら、サルボウ?
d0318386_15462943.jpg
ひゃー。今日はスゴイですね。

グハッ。ヨウラクガイ。
d0318386_15494912.jpg
居るのは知っていましたが、これも日本海側では私はあまり見ませんでした。

他にもウバガイやらキサゴやらバカガイやらアサリなど色々多産のは見ました。
随分種類が住んでいますねー。

貝ラインにしゃごめば、マテガイやサクラガイや腕足、オカメブンブクの割れた殻も見られます。
d0318386_15531691.jpg
拾ったカシパン10枚のうち9枚がハイイロハスノハカシパン(お尻が表面にある)でした。
d0318386_15565398.jpg
冬が開けた頃は、アツエゾボラとかも見られるのですが、
普段は良く落ちてるのはエゾチヂミボラぐらいですね。

とりあえず、ソレとタマガイの良さ気なサイズをヤド用に持ち帰り。

つづく・・・


by jurijuri555 | 2018-10-05 16:30 | | Comments(6)

夏休みの自由研究のすすめ

先週末、又 採集に出向く予定でしたが、台風の影響が遅れて来て
雨で中止になりました。
なんだー。
しかもサブチーが予定していたのは全然又違う所だったし。(笑)
ま、ドコでも良いけど。

で、チマチマと出張の用意などをしていました。
そんな昨日、テレビの予告で 昨日の夜、BS朝日で「遥かなる深海大冒険!」と言う
JAMSTECの東北沖の深海を探る調査の番組があるのを知り 見たかったのですが
残念ながら仕事・・・。
泣く泣く出勤しましたが、なんと珍しく(笑)気の利く事に 主人が録画しておいてくれたので
今日、午前に帰宅してから見る事が出来ました。

いいねー。
化石としても出る キタクシノハクモヒトデとボラ(アヤボラがメインだったなー)、ヒタチオビに興奮しました。
キタクシノハクモヒトデの動きの速さにはビックリしましたね。
ウミシダの泳ぎも 珍しい物を見れました。
深海には、もちろんサメもチラホラは見れましたが、北の海らしく 魚もタラ類が多かったですね。(笑)
これが南の深海に行くと 少し変るのでしょうかね。
あー、深海、魅力的ですね。

そんな海の物を 夏休みに標本にしてみませんか?
と言っても色んなアタック方法がありますが、正統派に海に採集に行くのも良いですが、
少し違う眼点から行うのも面白いですよ。そして、もっとも簡単で良質の貝を得られます。

あ、先に言っちゃったけど 今回は貝殻編。

市場調査を兼ねています。近所のスーパーに並ぶ食用貝を標本化します。
たとえば、うちの近所では、今は ホタテ・カキ・ツブ(ボラ)類・シロガイ(サラガイ)・アワビ・アサリ・シジミなどが常時鮮魚コーナーに並んでいます。
ボラだけでも2-4種は並びます。(日による)
道産外では、お盆・夏休みの影響か バーベQ様にサザエもありました。
産地を良く見て 地元地域産にこだわるのも良いと思います。
そして昨日は、ビノスガイが並んでいたので購入しました。

近所のスーパーでは地物、大手のデパート系のスーパーでは道外の物も多く入荷しています。
産地を確認する事、書いてない物は店員さんに聞くと 聞き取り調査としての勉強にもなりますね。
(お母さんに聞いてもらっても良いでしょう。)
たとえ地物以外でも 今の旬の貝と言うのがわかるので それはそれでOK。とすれば種類を集められます。

買ってきたら 一応、図鑑やネットで確認の為調べます。
お店で間違った名前や 正式な名ではなく地元の通称で表示されている事もあるからです。
例えばこちらでは、全部「ツブ」と付けられていますが、正式な名は「ボラ」です。
そして、エゾボラからアツエゾボラ、エゾボラモドキ、ヒメエゾボラ・・・と全然違う姿のボラも全部「ツブ」になっているので
確認すると共に 生態(何所に住んでいる種か どんな食べ方が美味しいか・・・)などもデータとして入れるとグッと自由研究らしくなりますね。

あとは以前に「貝の標本の作り方」の回で数回書いたとおりです。
一番簡単なのが、茹でる。
生食に無理矢理貝をこじ開けようとしたり中身を出そうとすると貝殻を壊す危険が大きいので
勝手に身が出る様にします。
料理で言うと下処理ですので その後も十分食べられます。
バーベQに焼いちゃうと 殻も焦げるのでやめましょう。(苦笑)

以前本州産のホンビノスガイは買って標本にした事があるのですが、
今回は道産のビノスガイです。
そもそもホンビノスガイは、アメリカ産の様です。太平洋の向こう側ですね。
関東辺りでアサリなんかと一緒に採れるらしいです。
元々日本に居たのはビノスガイ。
学名は、 Mercenaria stimpsoni
マルスダレガイ目 マルスダレガイ科 の貝で、アサリも同じくマルスダレガイ科の貝なので同じ海域で暮らしているのかもしれませんね。
(混じって採れると言う事で)
漢字で書くと 美之主貝。
古くは、ギリシャ神話の美の女神ビーナスにちなんで(?)ビーナス貝と呼ばれていた様です。

さて、中身を出して漂白して貝だけにすると 巻貝はフタ、二枚貝は蝶番の所に付いている覆いの様な靭帯が 乾燥してパリパリになってしまいます。
なるべく乾燥しきる前に標本化するか ベビーオイル等で湿らせて柔らかくしてから成形すると良いです。
(巻貝のフタは、乾燥する前に重しかけておくと良いかもしれません。)
どうしても 茹でても漂白しても軟体を完全に出しても元は生物なのでしばらくは匂いが残ります。
なのでギリギリに制作すると 提出時に周りの迷惑になります。(笑)

茹ですぎたり、中身を出す特に殻に傷つけたりしない様に気をつけて作ったら
上記情報をラベルにして添えると完成。
食材としてのお金をかけるだけで 炎天下の中採集して熱中症にもならず、ショボイ漂着貝で作る事にもならず
お店を周ると流通の市場調査や旬の食材調べにもなって りっぱな自由研究の1つになります。(笑)

で、購入したビノスガイ。
d0318386_14132700.jpg
開いた貝を元に戻すのにボンドで貼り付けている時に開かない様にゴム止め。(笑)

無理に閉じると 靭帯を破損します。
d0318386_14151490.jpg
上、柔らかいうちにソッと閉じて作った物。
下は、無理矢理バリッと合わせたので靭帯が割れた。

出来上がったら コットンやティッシュにベビーオイルをしみこませて軽く全体を拭いておくと保護になりツヤも出ます。
d0318386_14591373.jpg
巻き貝は、中に綿をつめてその上にフタを貼り付けます。
ボラなんかの貝の表面の皮もベビーオイルを塗布する事で乾燥して剥がれるの防げます。
(これも少し前に買った通称「灯台ツブ」、シライトマキバイです。)

で、アサリやハマグリもマルスダレガイ科で仲間なのですが、
ワスレガイも同じマルスダレガイ科で仲間なので、化石のエゾワスレガイとも似ています。
d0318386_14192824.jpg
右、今回の現世の北海道苫小牧沖産のビノスガイ。
左がブラックパインの第四紀の化石のエゾワスレガイ。
(エゾワスレガイは現世でも生存しているが 流通するのはわりとレアらしい。)

海に行けなくても(行かなくても)標本作りが出来る と言う例でした。

あ、ちなみに買ったビノスガイは3個入り、300円強。
厚い貝殻で開くのに苦労しました。(茹ですぎると硬くなり、縮む)
炊き込みご飯にしていただきました。ちょっと硬くなるけどウマウマ♪
お母さんも 料理のレパートリー研究になって親子で勉強になるかもよー。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-08-13 15:04 | | Comments(2)

七夕に願いを

暑くて暑くて・・・と言う真夏日(猛暑)が続いたと思ったら、
この2-3日、少し涼しい日が続いていますよ。
風もあるし、日陰にいたら寒いぐらいです。(^_^;)

さて、北海道では、本日、8月7日が七夕です。

七夕の物語(織姫と彦星)にも 七夕の日にも諸説ある様ですが、
2人でイチャイチャするのが楽しくて働かなくなった2人を川の対岸に離し、
1年に1度しか会えない様にした・・・
などと、今考えればまったくナンセンスな物語ですよね。(笑)
新婚の2人がイチャイチャ三昧は当たり前で、夫婦が1年に1度しか会えないなど
人口減少の現代においては繁殖の意味でも有り得ない罰です。(爆)

七夕の笹に願いを描いた札をかけると言うのも日本独特の風習で、
しかも江戸時代からの新しい物。とウィキにも書かれていましたが、
とりあえずワタクシも・・・。
d0318386_16570044.jpg
「世界中のウニが私の物になりますよウニ♡」

その願いが叶ったのか、いくつか新たに手元に来てくれた物をご紹介させて頂きます。

まずは、こちら。
d0318386_16592852.jpg
左、オーストラリアのウニだそうです。結構大き目。
管足孔が6つで、ムラサキウニ系の仲間なのか・・・。まだ名前がわかりません。
その右は、ヨーロッパオオウニ(後ろ)の幼体です。
色はそのままですが、子供の頃はフツーのウニと変わりないのですね。

そして、Fさんからも 化石ウニが送られて来ました♪
d0318386_17043268.jpg
わーお♪ にょーんと背の高いマンジュウウニの仲間、コヌルス(?)と テキサスのヘテラスター。
うれすぃ~♡
このクラスターには、ちと壊れたのも含め、4つもコヌルスが付いています。

そして、またまたスーパーマンさんのご厚意で、
d0318386_17110690.jpg
ずっと前から欲しかったエキノコリスが入手出来た上
行きたくてもなかなか行けない、丁度又今年もウニ展をやっているウサギノネドコさんで
これ又前回のウニ展をやっていた時から欲しかった ウニ本を購入して来て頂いちゃいました!!
d0318386_17153383.jpg
これ、見ているとほんとまだまだ持っていない知らないウニがあり、
ますます「ほすぃ」病が悪化します。(笑)
d0318386_17161970.jpg
あー、この毛糸で編んだ様な可愛いウニと あるのに(居るのに)地域が違うだけでなかなか入手出来ないブンブクチャガマ。
ほすぃーほすぃーほすぃーーーーーー!!
ものばかり、キレイな画像で紹介されています。(学術図鑑と言うより、美術写真本、と言う感じ)

本当に本当に ご助力ご協力いつもありがとうございます。(涙)

そして、先日のアッシーのウニっぽいの・・・も
やはりウニの様ですね。
d0318386_17195630.jpg
もう、パリパリ方解石化で割れちゃったので補修だらけですが・・・。(^_^;)
やったネ!!  久々の自採ウニ。

そしてそして、こんなのも大人らしくコンプリ。(爆)
d0318386_17225022.jpg
d0318386_17235013.jpg
棘皮動物(ウニ) の裸殻 と言うガチャです。(爆)
マグネットとボールチェーンキーホルダー。
ウニ好き、マグネット好きにはたまらない品物です。

「ローソク出ーせ出ーせーよー♪」と言う歌も一部地域独特のものらしいですが
 (ハロウィンみたく、子供が近所の家を回ってロウソクやお菓子を貰う風習)
ウニ出さないと かっちゃきますよー。(笑)
(北海道弁で、「ひっかく」の意。)


by jurijuri555 | 2018-08-07 18:03 | | Comments(6)

KITA-------------------!!!!!ドングリウニ!!!!

よし、もう やっとほんとに雨はおしまいですねっ。(怒)
結局負けて、寝込みましたよ。

久々の胃腸炎、やっぱりジメジメは合わないわー。(性格とか人も)
はー、私の中の三大痛。(脈打つ頭痛・ひどい歯痛(親不知)・胃腸炎の腹痛)
これは骨折よりも切腹よりも陣痛よりも・・・はわかんないけど痛いと思います。(爆)(爆)
ほんとにコレ、一人暮しとかの人はどうやって対処しているんでしょう。
と言うと 同僚(男)は、どうしようもないのであきらめて寝る。と言っていましたが、
お前本気のこれらの痛みを味わったことがあるのか???
男性は出産の痛みに耐えられないと言うじゃないか。と言うと
そうなんですか(耐えられないもの)?と言うが、え、こっちこそ そうなんですか?
んじゃ、これからは男性が子供を産んで 育てて下さい。よろしこーーーーー!!

痛みを知る男・・・かは知らんが、主人が会社休んで搬送してくれたので助かりました。
自分で行くつもりだったけど、あまりの痛みで動けなかったし。
本当に一人の人や車のない人は救急車とか呼んでも良いのでしょうか???(笑)
命にはすぐには関係なさそうな病気や トイレも耐えられない状態で・・・。(^_^;);;;
どうですか?経験者の方。
ま、たぶん2度の切腹劇で腸が癒着していると思うので、私のは人より痛みが強いのかもしれませんね。ガックシ

それは置いといて、いよいよ夏到来!?
出陣しますよー。

と、
ここで夏本番前のウニネタ。

前にも書いたが、現世も絶滅種(と言うか何億年前)も 全900種ぐらい。と言うのは変わらないだろう と言うウニ。
まさかコンプリは出来ないだろうが、それでもレアと言われている物も最終的には手にしてみたいものだ。
それは蒐集するものが変っても 何にでも誰にでもあるだろうと思います。
あまりにもレア物は確率が低すぎて願う事も叶わないので ものすごいご縁でもあれば・・・と言う辺りでは
現世ウニでは、やはり(?)あこがれはドングリウニ。

ドングリウニとは、
学名 Psychocidaris ohshimai
棘皮動物門ウニ綱フトザオウニ目に属する海産動物。
どんぐりのような奇妙な形の棘をもつウニ。
殻径3.5cm、棘長3cm、棘径1cm。全体に暗黄色で、一部淡緑色を帯びる。
八丈島南方と小笠原諸島近海の水深100~200mから知られる。
本種は棘の外形のほかにいくつかの際だった特徴を備え、1科1属1種の希有な種として分類される。
また、中生代白亜紀産のものと酷似するため、「生きた化石」の一種ともされる。

さすがになかなか無理だろうな~と思っていたが、結構居るらしくって、
海外物はホイホイ(ではないだろうが)手に入る様だ。
入手にお手伝い頂けるスーパーマンを見つけて執拗に(笑)縋り付き、なんとか1つ流して頂いた。
ヤバイ、もう足を向けて寝られる方角が無くなって来た。(苦笑)

ジャジャーーーーーン♡
d0318386_16275746.jpg
下に落ちてる白いのは、どうやらウニヤドリガイの一種・・・
エゾチドリガイに似た微小貝です。
他に着く者が居ないのか 1体のウニにワラワラ付いています。
しかも 1個の貝の上に更に貝がいくつも付いたりしています。(笑)
ルーペで見ると この貝にゴカイも付いています。
1個だけフジツボもついている棘もありました。
ハナカゴではありませんでした。(普通のフジツボ型)

こちら裏(口)側。
d0318386_16411342.jpg
ご覧の様に ドングリとは言え 全てがドングリ型(?)の棘ではなさそうです。
d0318386_17121785.jpg
このピンクの矢印のドングリ型棘。
見ていると りんぞうさんが紹介していた北の「ウニの棘」の化石に似ていませんか?

その前に このドングリウニは現世種の乾燥標本ですが、
元々生きているドングリウニの画像の参考は
こちら。http://stat.ameba.jp/user_images/b5/4a/10070829637.jpg

このドングリ棘 プヨプヨしていそうでしょ? カッチカチには見えませんよね。
クシャッとなりそうだから私も現物を強く押してみてはいませんが。(苦笑)
でも各々の化石を見ていると 元はプヨプヨでも軟体として融けていなければそのまま化石として残っていますよね。
そこは本当の融ける軟体ではなくてやはり石灰質なプヨプヨなんでしょうね。
んー、それこそヒトデみたいな???

こんなのもみつけました。
http://www.chalk.discoveringfossils.co.uk/tylocidaris%20clavigera.htm

シダリスの棘にも様々な形がありますが、ここの 21)の左の棘なんか化石の形状が似ていますよね。
そしてそのウニの持つ特徴的な棘がどんな形であれ、初期的?な形態なのか小・中棘系をみんな
この黄緑色の矢印みたいなのも共通して持っていると思います。
オウサマウニ目の特徴なのでしょうかね。
(上記の説明はニッポニカからの記載だが、分類的にはオウサマウニ目ドングリウニ科
(フトザオ目だのホソザオ科だのは現存しない。たぶん。昔の分類。))
(又ちなみに 太いとか細いと言うと フトザオに入るフトザオ系のストレート棘系のウニ、ボウズウニとかダイオウウニとか サテライトウニもこっちに入って
ホソザオ系にコウテイウニなのかな?と私は見解を持っていて、
これらには 特にホソザオは、ヒストシダリスなのでシダリスのオウサマウニ科とは違うのかと思っています。余談ですが。
めんどくさいから書かないけど。
更に更に ドングリウニの学名を Tylocidaris ohshimai と書く所もあるが、たぶんチロシダリスは絶滅種(化石種の属名)。
ドングリウニはチロシダリスの亜種とかも言われており、上記のチロシダリスの検索からも進めるが 現世種ドングリウニに進むとプシコシダリスとなっている。
なので使うのならわかりやすく Tylocidaris (Psychocidaris) ohshimai )

しかし こうして見ると 暖かい時代に北の深海にもドングリウニ(の祖先?)が住んでいた。としても
全然おかしくない話ですよね。
やっぱり、現世だけを見るより 化石だけを見るより、両方を見ているとロマンが広がります。
d0318386_16595728.jpg


by jurijuri555 | 2018-07-16 19:16 | | Comments(10)

ウニ棚

毎年、良い季節になったと思ったら YOSAKOIソーランまつりの頃に雨が降る。
先週でヨサコイは終わったが、やはり週末から雨の雰囲気で、
今週初めまで 雨がちな予報だったので、今週前半はクリーニングや片づけの続きの予定でいた。

この本州の梅雨が始まる頃、春めいた初夏の気温から
又急に気温が下がったりして体調も崩しがちになる。
例に漏れず、先日も冷えたのか(体が)胃腸炎になって倒れていた。(笑)
家の目の前に何の因果か白樺の木が立っていて、それが又雄花で花粉が・・・。
で、家の中に洗濯ものを干すと室内の気温が下がり(笑)、又ストーブを焚いたりもしていた。(^_^;)
蝦夷梅雨 と言うやつで、北海道には梅雨はないが、やはり本州の雲が流れてきたり
前線の関係で雨がちの日が多くなり、6月いっぱいは不安定な天気が続く。

で、本日はずっとこうしてやろう。と思っていた「ウニ棚」作り と言うか、整理をしていた。
まだ仮だが、こんな感じに仕上がった。
d0318386_18385418.jpg
現世のウニ標本と ウニ化石を置いた標本棚だ。
d0318386_18402420.jpg
d0318386_18411302.jpg
もちろんコレクションはこれが全てではないし まだ整理途中だ。
あ、自分で見ていて アレもあった。あれも出してないじゃーん! と気づいた。(笑)
なんかショボイな・・・?と思っていたが、あまりにありすぎて何かあるかも一瞬では思い出せない。
お仲間の方々から提供頂いたウニも沢山ある。ありがたい事です。
ま、今日は「仮」と言う事で、今度又整理続きをしよう。

あとは、クリーニングなどの続き。
まずは、先日のメタプラ。やはりアソコではボッソボソのばかり。
d0318386_18504960.jpg
欠けた部分が多くてモノにならない。(^_^;)
はやり、ちゃんとした所で採りたいな~・・・。
他のノジュールは意外と硬くて割れない。
今度外クリでもした時に ガツン☆と割ってみたい。

あと、ずっと遡って 春に行った美傘の三紀のスナモグリノジュールを割ってみた。
d0318386_18525666.jpg
右は、又もや比べる例としてヤッソのスナモグリ。
ヤッソーでもツイン爪のノジュールを採った事があったが、こちらもなんと珍しく小さいノジュールだったのに
ツイン爪の物だった。
d0318386_18544705.jpg
大きな片爪の隣に小爪の腕が見える。(内側)
その下や周りにゴシャゴシャしているのは他体の一部だろうか。
微妙な立体的な全体(?)の化石ノジュールより やはりこの独特な卵型の「爪ノジュール」が「らしい」。
「カニ玉」ノジュール。

昨日、少し北のアンモのクリーニングをしていて、今日もその続きをする予定だったが、
ウニ棚に時間がかかったり 通販が届いたりしているうちに手を付けられなかった。
先日、「沢靴」デビューをしたのだが、なんだか心もとないな~・・・と思っていたが
それもそのはず。ただのスパッツ1枚だからだ。
d0318386_19014640.jpg
沢靴に速乾性のスパッツ・ショートパンツ・靴下 だけだから、衝撃にも弱いし(割った時に飛んだ石片が当たったり 転んだ時)、
薄いから虫にも攻撃され放題だ。(笑)
Fossil1129さんに サポーター(ガード)も売ってるよ。と教えてもらい モンベルのHPよりネット通販で取り寄せていたのが届いた。
(上画像の物は実店舗で購入して来た)
d0318386_19182570.jpg

さて、改めての出陣はいつになるのか。(^_^;)
この天気が過ぎれば北海道も夏本番。
沢靴でジャブジャブ 沢山出掛けられると良いな~・・・。



by jurijuri555 | 2018-06-12 19:19 | | Comments(8)

怪しいウニ講座

間違いなく、春ですね~。(笑)
日中も10℃以上の日が続き、夜間も+です。暖かくは感じないけど・・・。

しかし、目の前には去年のでしょうが、シラカバの穂(雄花)が大量にフサフサゆらゆら揺れていてゾッとすると共に
どうにも気になる体調面があり、GW前に解消するべく病院通いをしているワタクシです。(^_^;)

昨日は長年気になってる親不知を ドーンと抜いてくれ。と一見で歯医者に飛び込んだが、
(いつもの所はノラリクラリと引き伸ばし 歯は虫歯になり しょっちゅう歯茎が腫れるので)
抜けるけど(口腔外科なので)やはり残した方が良いと 虫歯の治療を始められた。
わかるんだけど、本来無い所に歯が生えてると 口腔内の小さい狭い自分は、
歯茎も頬肉も親不知に当たって(と言うか押されて?)痛いんだよねー・・・。

痛いと言えば、十二指腸辺りが痛くて、良く仕事中とかにもぶつけるから アバラかな~。とか思っていたんだけど
丁度その頃に同じ場所に湿疹が出来て痒かったのだが、それがいつまで経っても治らなくて
今度は患部の皮膚の下まで痛いんだよねー。
で、十二指腸だと思えば腰も痛いし すい臓がんか?とか気にしているうちに本当に今度は胃が痛くなっちゃって、
どこへ行って良いかわからなくて家から一番近いのが皮膚科だったので先に皮膚科に行ったが休診日で、
仕方なく内科に行くと 十二指腸は反対側です。と言われ(爆)(爆)
湿疹は帯状疱疹かも?と言われたけど 水ぶくれとかはなっていないし、
本当に痛くなった胃薬だけ貰って帰って来た。
今度は改めて皮膚科と もしかしたら助軟骨骨折かもしれないから整形?も行かなくちゃ・・・か?(苦笑)
まったく、まさに「年寄りの病院回り」をしております。(^_^;)
あちこち痛くて困りますわ。

ま、この際 気になる所は治しておくのは悪い事ではない。と開き直っています。

そんなくだらない話は置いといて、本当は先日の旅行の「おまけ」として採集化石のクリーニング後の話をしたかったのですが、
なかなか時間が取れず進んでいなくて、
関心度は低いでしょうが ビーチコ品のウニについての御話をしたいと思います。

当時、Kさんに これは何ウニ?と聞かれて 普通にバフンとアカウニだと思いましたが、
いや待てよ。キタムラサキって事も北関東なら有り得るのか。とか思い始めると ハッキリ断言出来ず、
帰宅後にルーペで見直して 管足孔の数で、やっとバフンとアカウニと確定出来た。
ここまでは前回の話。

しかし、ここで又 なんだか私の空間認識能力・・・右脳が ウーン???と納得行かない感じがしてモヤモヤ。(^_^;)
人にまでウソ教えて 自分でも間違って覚えたら気になるので、(これが胃痛の原因か?(笑))
化石のクリーニング前に ウニ殻色々引っ張り出して確認してみた。
d0318386_16552613.jpg
まずは軽く バフンウニの方。
上左が道産のエゾバフンウニ。上右が北関東の海岸で拾った物。
下2個が南方のバフンウニ。

下の様に緑色の部分が多く鮮やかなイメージがあったので 北関東のバフンを見て柄で エゾバフンにも見える・・・
と一瞬悩んでしまいました。
しかしこれは患足孔さえ見えればすぐ解決します。
d0318386_17073876.jpg
これがバフンウニの管足孔。
ほぼ横並びに間隔を開けて4つ(4組)です。

比べてエゾバフンウニは5つです。均等に並んでいます。
d0318386_17094114.jpg
これがわかれば大きさ(幼体かとか)や色柄で迷わないと思います。
現地では老眼鏡は持ち歩いていたが、ルーペを持っていなくて見えなかった。(^_^;)
 
 
やっかいなのが、キタムラサキ系。
d0318386_17114684.jpg
上の大きいのが道産のキタムラサキウニ。 左が実は道産の 北米のオオムラサキウニの幼体ではないか?と言ってた物。
右は南方のアカウニで、下が今回北関東で拾ったアカウニと言った物。

北関東のウニを キタムラサキかも。と言った理由は、
キタムラサキウニの幼体に緑の者が居る事。住んでる環境や食べ物で緑の殻の個体も居る事。
ただし、同じ浜に棘残りのウニも落ちていて、棘も緑だった事と棘の長さが短く感じた事でアカウニではないかとも思った。
棘の長さ比べをすると ここを参照して下さい。http://www.jf-ymg.or.jp/zukan/uni.htm
本州のバフンも棘は短いけど エゾバフンはもっと短くて、キタムラサキは黒くて長いんです。
ただし、長いと言ってもガンガゼみたいに長くはないし 極普通にウニって感じ。
幼体からして異常に長い訳ではないだろうけど 紫や赤紫なら考えられるが棘も緑?と思うと
(や、殻も緑なんだから当然アリなんだけど)
南方から生体で貰ったアカウニは、棘が白かったり赤かったりと個性が多く、
本州で拾えるアカウニの殻は緑なのも見た事あったので、アカウニかと結論付けてしまった。

ここでムラサキウニの事を1mmも思い浮かべなかったのは、ムラサキは管足孔が7-8個だから。
d0318386_17341035.jpg
それに ムラサキウニはナガウニ科で、オオバフンウニ科の上記達とは違うんです。
殻もバフン達もわりとシッカリしているけどムラサキはもっと丈夫な感じで、殻の表面もツヤツヤしています。
(ビーチコ品で擦れて古い物だとわかりづらいかもしれませんが)

で、モヤモヤして良く見ると
d0318386_18005142.jpg
アチャー、これら4つ共全部 管足孔が6つなのでした。(^_^;)テヘ
棘の並びも良く似てる。これは別の所で見分けるしかない。
あとは、歯(アリストテレスの提灯)の付け根 周顎骨って言うの? 殻の口の内部に残る5個の Д 型の骨の形と
生殖板で見るしかない。
同種のせいか このД骨は同じに見えたので 生殖板を並べて見た。

まずはキタムラサキ。
d0318386_18174202.jpg
テッパン的に五稜郭型(星型)ですね。
ついでに比べる為に各部の名前を覚えてしまいましょう。
d0318386_18191204.jpg
生殖孔は1つしか書いていませんが、それぞれの生殖板の穴からシューシュー卵や精子が吐き出されます。
ちなみに眼板と書かれていますが、そこがウニの目ではありません。
体全体の棘などで光などを感知している様です。
実際には眼を持たないウニだが、その視覚的能力はオウムガイやカブトガニなど眼を持つ海生の無脊柱動物に近いと言われているそうですよ。

それは置いといて、比べて行きましょう。
d0318386_18293869.jpg
こちらがアカウニ。
 
d0318386_18303839.jpg
これがちょっと暗くなって見づらいけど 北関東のウニ。
 
d0318386_18314984.jpg
これは謎のオオムラサキウニもどき。

どうですか? わかりますか?

キタムラサキウニの第二生殖板以外の生殖板の根元には、目立つ大棘の跡が1つあります。
比べてアカウニの方は、生殖板全体自体が星型と言うよりドーナツ型で、棘跡はありますが、「大棘」と言う程でもない様な・・・。
そして北関東のウニは小さいながらも星型に張っていて大棘の跡も目立ちます。
と言う事で、アカウニではなくて北関東のウニはやはりキタムラサキウニと言う事になりますね~。(たぶん)

それから謎のオオムラサキについては、生殖板全体の形は五稜郭型になっていますが、第一生殖板以外は大棘(?)跡はなく、
第二生殖板の根元はキタムラサキもアカウニも小棘跡が3列に対して 謎のオオムラサキは5個並んでいます。
ただし、小棘の数は 個体の大きさなどにもよるので、絶対な判別の決め手にはなりません。(^_^;)

あと 良く言われる判別の1つに 殻の高さもありますが、アカウニは平たい。と言われるのですが、
他のウニの中でも 殻の高さも個性があり、必ずしもの決め手にはなりません。
結局 総合的に見て行くしかないのですが、なかなか難しいものですね。(汗)

で、謎のオオムラサキウニもどきの正体はいかに。(笑)

面白いですねー!!
 
 
と言うお話でした。


by jurijuri555 | 2018-04-24 19:34 | | Comments(2)

博物館三昧旅行Ⅱ-②~大洗水族館 その2

さてさて、続きです。
アクアワールド茨城県大洗水族館には、もちろんサメ以外の飼育展示があります。

d0318386_19001122.jpg
ツガルウニ。
なぜかグソクムシやヒタチオビ、コシオリエビ(?)達と仲良く暮らしています。(笑)

テズルモズル~。
d0318386_19020213.jpg
 
カブトクラゲだっけ?
d0318386_19060136.jpg
などの棘皮。
 
 
d0318386_19045558.jpg
ミドリフクサアンコウ(?)や
フウセンウオ
d0318386_19114915.jpg
ムツゴロウ(?)
d0318386_19132721.jpg
などの可愛い魚から、
デッカーーー!!なマンボウの展示まで。
d0318386_19212148.jpg
実際に近海であがったものだそうですよ。
海はスゴイな~。

そしてカイメンを宿にしちゃうヤドカリに
d0318386_19241012.jpg
ヤシガニまで。(笑)
d0318386_19244855.jpg
となりには、大きなムラサキオカヤドカリも居ました。(^_^;)
こちらのムラサキさんは、うちのデッカさんの4倍ほども大きかったです。ヒエーッ

そして、丁度 企画展の「毒ラボ」をやっていたので見ましたよ。
d0318386_19265871.jpg
 
痛そうなオニヒトデ。
d0318386_19040790.jpg
 
あら、可愛らしいスベスベマンジュウガニにも毒があるんですねぇ~。
d0318386_19281610.jpg
あとは、良く知られるエイやガンガゼも展示されていました。
 
 
そして、見学したのと同じぐらいの時間をかけて(爆) お土産店をジーーーーーックリ堪能。
(お買い物品は後で公開)
 
 
水族館を楽しんだ後は、Kさんにご案内して頂いて こちらの白亜紀層の出た海岸でビーチコ。
d0318386_19390834.jpg
よく調べもしないで行ったので 残念ながら満潮時とか。
それにこういうのは「お日柄」なので 行ったからと言って何か化石等が拾える訳ではありません。
運が良ければ、貝化石やサメ歯などが拾えるそうです。
うーんサメ歯欲しかったー。(笑)

私が拾ったのは、タカラガイ~。
d0318386_19485749.jpg
小さくて、まぁフツーの物なのでしょうが。(^_^;)
あとはウニ。
d0318386_19501535.jpg
バフンと これは何だろ。アカウニ・・・。キタムラサキの方なのかな~。(^_^;)
殻も緑色で小さくて幼殻なのか 地域性なのかわかりません。
の2種が打ち上がっていました。
(今自宅で漂白していて、なんか本州まで来てエゾバフンとキタムラサキな気がして来てガッカリ・・・?(笑))
本当は、ブンブク類が無いかな~?と思ったのですが・・・。
本州は、場所により ガラス壜とかも打ち上がるそうですが。
そうそう上手くは行きませんよね。(笑)

日が傾いてきたので撤収、散開。
Kさんと分かれ、今夜のホテルに向いました。

途中、晩御飯は何を食べようかな~。とキョロキョロしていると(素泊まりなので)
「山岡家ラーメン」は こちらにもあるけれど、
ぴゅっ飛び餃子だとか いかにも肉汁溢れていそうな、なんともそそられる看板のラーメン屋が目を引きます。(爆)
そう言えば、ケンミンショーで見た事ある様な・・・。
気になって1つの支店に立ち寄ってみました。

中はなんとも不思議な空間・・・。(なぜゲーセン?とか。(笑))
普通に札幌ラーメンとかもメニューにありましたが、ここはやはり「にんたまラーメン」。
d0318386_20044857.jpg
餃子も気になりましたが、さすがにそこまで食べられない・・・。
と思いましたが、今思えば残しても頼んで食べてみれば良かったな~と後悔。

おなかも満たされ、ニンニク臭~くなってホテルに到着しました。

いつもの様に寝るだけ。なのでビジネスホテルを予約していましたが、
予想に反して セミ(?)ダブルベッドで広くて 部屋もキレイ~♪
d0318386_20090872.jpg
ベッドの上のは水族館で買ったお土産の棘皮たちです。(爆)

そう、一番に飛びついたのは、このバフンウニクッションでしたー。(爆)(爆)
こんなのあるんだ~♡
そして、持っているのと違う柄があったのでヒトデのぬいぐるみマグネット。

あとは、Tシャツとかサメとか。(爆)
d0318386_20115892.jpg
 
海岸採集では、化石もブンブクも採れなかったけど
Kさんが、お土産~。って現世貝とかウニの化石を下さって、ホテルで少し広げて見ると
本州のヒタチオビとかその他の貝殻を沢山と なんと四紀ブンブクウニの化石が。
d0318386_21033861.jpg
ワーイ!!
スカシカシパンも今度完品が採れると良いですね。私の為に?(爆)(爆)

ほとんど寝ないで前日から動いていたので こちらもキレイなバスでシャワー浴びたら
速攻でウニクッションを抱いて撃沈しました。


by jurijuri555 | 2018-04-16 21:33 | | Comments(2)

博物館三昧旅行Ⅱ-①~大洗水族館 その1

人生の中でやってみたい事、見てみたい物を叶える終活の中の
「気になる博物館を見る」シリーズその2 として、4月13-14日で北関東方面(?)へ行ってきました。

1泊2日の中で目的は、サメ水族館の1つ 茨城の大洗水族館の見学と
つくばのJaxaと地質標本館の見学、私の好きな 海と鉱物(&化石)宇宙の全てを満喫する旅です♪

本日はその第1弾のレポートを。

1日目、朝一番の便で千歳空港をテイクオフ!!
d0318386_11460410.jpg
休暇を取る、朝一番て事で、もちろん仕事明けの不眠不休です。(^_^;)
てな事で、飛行機の中で爆睡。
アッと言う間に成田空港まで。
d0318386_11483621.jpg
見えてるのは、九十九里浜かな~?
歩いてみたかったけど、今回は立ち寄る時間なし・・・。(泣)

レンタカーに乗り換えてGOGO!!
あー、又「本州の道」だな~。(笑)と思いながら運転し 大洗水族館に到着!!
d0318386_11521278.jpg
ここではいつも貝や化石を分けて下さるKさんと待ち合わせしており、一緒に回って頂きましたー♪

ドドーン☆
d0318386_11583683.jpg
キャーーーーーッ♡
さすが大洗水族館!! いきなり入口からサメです。(笑)
食べられちゃいました。て、自分からイソイソと入ったんだけど。(爆)(爆)

そしてサメ三昧。
d0318386_12070005.jpg
コロザメ~♡
寝てる。(笑)

d0318386_12075420.jpg
上を見上げるとウバザメ?
迫力~。

そしてサメ水槽!!
d0318386_12090580.jpg
 
コバンザメも張り付いてる。(笑)
d0318386_12110731.jpg
 
他にも沢山のサメを飼育しているのですが、ショボイコンデジでは厚いガラス水槽と薄暗い中では
動くサメを上手く撮る事が 取説も読まない私には出来ません。(苦笑)
d0318386_12224857.jpg
これらの種を飼育しているようなのですが・・・。

撮れるのはジッとしているネコザメとか。(^_^;)
d0318386_12253960.jpg
ネコ可愛い♪

これは?
d0318386_12274649.jpg
 
 
シロワニの剥製。
d0318386_12284642.jpg
 
ホホジロの剥製(?)と歯。(イタチの歯も)
d0318386_12320614.jpg
 
メガロドーン!!
d0318386_12333613.jpg
 
そして、なんとなんと!!
d0318386_12351614.jpg
サメの卵を(羽化済の皮)
d0318386_12373549.jpg
触れる~!!!!!
d0318386_12383675.jpg
すごーい♪
 
 
d0318386_12392171.jpg
つづく・・・


by jurijuri555 | 2018-04-15 12:58 | | Comments(4)

豆ウニ

気になってたマメウニの続き やっとまとめられたので投稿。

まずはおさらい。
「マメウニとは」、
棘皮動物門ウニ綱タコノマクラ目マメウニ科に属する海産動物の総称。
世界最小のウニ類を含むグループ。
直径1cm未満で、表面は微小な棘で覆われる。
口は下面中心に、肛門は口と殻縁の中間部に位置する。体色は白色から淡黄色。
水深数十mの砂泥中に産する。
日本近海には、殻が丸みを帯びたニホンマメウニFibularia japonica、ミナミマメウニF. ovulum、
ナガマメウニFibulariella acuta、殻が平たいボタンウニEchinocyamus crispusなどが産する。

とあるが、種族で表すと正確には、
タコノマクラ目の中の科の1つで、上記では全部マメウニ科の様に読み取れるが、
Echinocyamidae 科 (実は和名は正式に付いていないのだが、付けるなら ボタンウニ科)
とマメウニ科に分かれていて

ボタンウニ科に
  Echinocyamus van Phelsum, 1774 ボタンウニ属があり、
    Echinocyamus crispus Mazzetti, 1893 ボタンウニ が居る。

マメウニ科に マメウニ属と コメツブウニ属があり、
  Fibularia Lamarck, 1816 マメウニ属 には
    Fibularia japonica Shigei, 1982 ニホンマメウニ と
    Fibularia ovulum Lamarck, 1816 マルマメウニ が。

  Fibulariella Mortensen, 1948 コメツブウニ属 には、
    Fibulariella acuta Yoshiwara コメツブウニ が居る。

なので、ボタンウニは別の科だし、
こうして見ると コメツブウニ(ナガマメウニ)は属が違うので「マメウニ」ではないとわかる。
acutaの事を「豆」ウニと言っても良いけど(小さいウニと言う意味でなら)
正確にはマメウニ(科)の一種と書くか 和名で言うならコメツブウニと書いて欲しい。

又、上記ではovulumをミナミマメウニと書いているが今は(?)マルマメウニと言うらしい。
 
d0318386_13230772.jpg
左上がタマゴウニ。(Echinoneus cyclostomus タマゴウニ科でタコノマクラ目でもないEchinoneoida 目)
ま、「豆」ウニの一種として。
右上はボタンウニ。
左下がマルマメウニで
右下がニホンマメウニの一種と言うか和名がないのでカイガイマメウニとか
クリベルムマメウニ(英読み)か・・・。(^_^;) Fibularia cribellumとなるのか・・・。(の意味は後で)

マルマメウニは名の通り丸々していて厚みがある。
d0318386_13233136.jpg

これがコメツブウニ。
d0318386_13234743.jpg
右はタマゴウニだが、
上記のタマゴウニはちいさくてマメウニ類と混同されそうが タマゴウニは本来2cm以上になる大きい物です。
数mmのコメツブウニと比べるとこんなに差が出る。
 
 
又ウィキによると「マメウニ」には、
現世種6種
Fibularia cribellum de Meijere, 1903
Fibularia japonica Shigei, 1982
Fibularia nutriens H.L. Clark, 1909
Fibularia ovulum Lamarck, 1816
Fibularia plateia H.L. Clark, 1928
Fibularia volva L. Agassiz, 1847

化石種21種
Fibularia abrardi Lambert, 1924 †
Fibularia africana Checchia-Rispoli, 1929 †
Fibularia alabamensis Cooke, 1959 †
Fibularia barbadosensis Kier, 1966 †
Fibularia cimex Lambert, 1938 †
Fibularia cyrenaica Checchia-Rispoli, 1929 †
Fibularia damensis Kier, 1972 †
Fibularia dubarensis Kier, 1957 †
Fibularia excavata H. L. Clark, 1945 †
Fibularia farallonensis Cooke, 1961 †
Fibularia gracilis (Tournquist, 1905) †
Fibularia gregata Tate, 1885 †
Fibularia jacksoni Hawkins, 1927 †
Fibularia junior Lambert, 1928 †
Fibularia kieri (Tandon & Srivastava, 1980) †
Fibularia minuta Palmer, 1949 †
Fibularia rhedeni Lambert & Jeannet, 1928 †
Fibularia sadeki Lambert, 1932 †
Fibularia sandalina Szorenyi, 1953 †
Fibularia scrobiculata Lambert, 1931 †
Fibularia sulcata Lambert, 1928 †
があるらしい。

なんでも画像を勝手にお借りする訳には行かないので(汗)
こちらを見て頂くと もう花紋もわからん管足孔の穴あきマメウニだけど
http://www.sciences-de-la-terre.com/Fibulariidae.php
ニホンマメウニFibularia japonica は花紋の穴全体が中央に寄っているが、
みなさんももってる穴あきマメウニも私のも 日本で採れるが
Fibularia cribellum と言う種の方では・・・と思われていて
意外とニホンマメウニを見ない。
なのにコレ(cribellum)には和名はない様だ。(?)

又、このページ内にある
 Echinocyamus platytatus
も日本では見ないのか。
 
 
そして正確ではないかもしれないが、日本で出るマメウニの化石種としては、
Fibularia acuta Yoshiwara
Fibularia australis Desmoulins
Fibularia craniolaris (Leske)
Fibularia cribellum De Meijere
Fibularia ounlum Lamarck
Fibularia species
とある。
Fibularia acuta Yoshiwara はFibulariella acutaの事で何度も言うがマメではなくてコメツブウニ。
ここからして間違ってる・・・。

又、ボタンウニの化石と言えば 瑞浪でも出るらしいが、
誰が検証したのか みなさんEchinocyamus crispusと書いているが 見た目はそうは見えない。
特に裏側のお尻の穴が下過ぎる。
「肛門は口と殻縁の中間部に位置する。」と上記にも書かれているが、
たぶん瑞浪の物は前回も書いたが、Pseudastrodapsisの仲間のミニカシパン類じゃないの?

ボタンウニでは日本古生物データベースでは、沖縄の
Echinocyamus crispus Mazzetti
Echinocyamus prostratus Nisiyama
が載っている。瑞浪産のボタンウニの表記はない。
瑞浪産のカシパン類が載ってるのは、Kewia minoensis
他にも
K. elongata(Nisiyama、1940)
K. nipponica (Nagao。1928)
K.parva(Nisiyama、1940)
が日本で出ている。
もう一度 調べ直してみては・・・。
決して 化石と現世を離して考えてはいけない。が、又、安易に同じ種とも考えてはいけない。
と最近思います。

コメツブウニなんか 良く見ると形状の違うものがあるのでは・・・と言われているそうで、
米粒型と卵型があると言われていて(難しい判断だが)、こんな感じかな~。
d0318386_13504061.jpg
ええ~・・・っ・・・もうボタンウニの幼体ではないかとも思えるが(私の献体が間違ってるのかもしれないが)
「コメツブウニの卵型個体と米粒型個体における叉棘の形態的相違」と言う論文が出されていて、
要するに感じの違う二者を生体で調べると叉棘(さきょく)
 http://bios.sakura.ne.jp/gf/2003/uni.html
が違うので別種だろ!! って事らしい。
かーーーーっ、もう見えん世界だわ。(汗) 乙です。
 
 
違う・・・と言うのと少し変るが、又化石に戻って、
同時にいつも謎に思っていたが サンショウウニ。

サンショウウニは、
Temnopleuridae A. Agassiz, 1872 サンショウウニ科 の
  Temnopleurus L. Agassiz, 1841 サンショウウニ属のウニで、
    Temnopleurus apodus シロツブサンショウウニ
    Temnopleurus hardwickii キタサンショウウニ
    Temnopleurus reevesii ハリサンショウウニ
    Temnopleurus toreumaticus サンショウウニ
の4種が日本に居るらしい。

サンショウウニは、内湾の砂礫(されき)底に産する暗緑褐色のウニ。殻径4cm、棘長1cm以下。
裸殻の表面に多数の溝や孔が彫り込まれていて、植物のサンショウの木肌に似ているところから名づけられた。
棘の色には変異があり、黒っぽいものから明るい紫紅色のものまであるが、つねに濃淡の横縞を有する。
本州中部以南、インド洋、西太平洋の浅海域に分布する。
近縁種として、棘の根元が黒いキタサンショウウニT. hardwickiiと
肛門が中央 部から外方にずれて開口するハリサンショウウニT. reevesiiがある。
 <参照>
 http://rimi.or.jp/dobutumenu/c/echinodermata/
 キタサンショウウニ
 ちなみにニホンマメウニも載ってる

 http://diving.tank.jp/sports/fish/etc/kyokuhi/u19_harisansyo.htm
 ハリサンショウ

で、化石のサンショウウニをみんな「キタサンショウウニ」Temnopleurus hardwickii
と言うが、どこで普通の緑のサンショウウニと見分けたの???
棘の根元が黒いとか化石で見分けられる訳じゃないのに・・・。
殻の違いを教えて下さい。
サンショウウニの棘は扁平であるが、キタサンショウウニは扁平でない、ってのも見たが
全産地、棘も出ているって事なんですね。ねっ。
キタサンショウウニ、北海道道南まで生息地になっているが、現世を見た事もなくて
かなり疑心暗鬼で神経に触る種なんですよね。(笑)
是非是非 生体を2個欲しいデス!!!(生体標本と殻標本にしてその他のサンショウと比べるのに)
 
 
又余談ですが、サンショウウニ科にはサンショウウニ属の他に
Temnotrema A. Agassiz, 1864 コデマリウニ属があり、
  Temnotrema sculptum A. Agassiz, 1863 コデマリウニが居る。
d0318386_14212092.jpg
これ???
なんか色んな柄と色があるらしく、赤や茶のも持っていた様な気がするんだけど どこへ行ったか・・・。
小さいと コデマリなのか別種の幼体なのかわからないし管理にも困るわー。(^_^;)


参考にその他 ミニウニ・ボタンウニ の参考サイト
http://www.jagvives.jazztel.es/presentaciones/clypeasteroida%201.htm
ただし、私のPCではセキュリティー最強にしているので見られない。(笑) とだけ伝えておきます。
特に脅威はないかと思いますが 自己責任で。

他にも 色々と気になる事はあって、ミニカシパンの話に戻ると
Scaphechinus  ハスノハカシパンの化石についても
なんでもハスノハ S. mirabilis と書かれているが、
S. tsudai(Morishita、1950)
S. griseus(Mortesen、1927)
S. raritalis(Nisiyama、1951)
など他にも ホクヨウもね、日本では出ているので
ちゃんと見てねー。って前回も言ったけどね。
あ、間違った~。なんてアルアルだけど 私みたいなドシロートはすぐ信じて間違いのルーブの始まりになり
あとあと大変苦労するので、ソコんトコよろしく。みたいな。(丸投げ)
ほんとシロートがあれ?と思って調べるのは大変なのよ・・・。デラ疲れた。(笑)
 
 
本日の生体標本。
d0318386_14315342.jpg
マツカサウニ (右は殻)
 今年の私の年賀状のウニですね。(^_^;)
 松と笠とか なんだかめでたそうな気がして・・・。

こちら、普通は手のひらに乗るサイズが一般的なのですが、たまーにデカイ奴が居て(いや大きくなるんだけど)
15cmオーバー、20cm弱、大きな物で初めはマツカサとは思えないぐらいでした。
殻にしてしまいたい所だけど 小さな個体の生体標本は持っていましたが 見事な枝っぷり(笑)なので
まんま標本に・・・。
生体でしたが、生きウニも超可愛くて どの種より好みの動きでした。ウニウニウニ・・・
失敗したー。早々に設備投資しておけば良かったな~。しかし温帯生物は温度管理も神経使うし
まだ少し難しいかな・・・。

で、その他の部位の観察。
d0318386_15051124.jpg
意外と太い棘。何か付いてる・・・。
初めはフジツボとか???と思ったが
d0318386_15063003.jpg
アンモみたいな・・・有孔虫?ゴカイ?
これは???
d0318386_15072328.jpg
赤いのは何でしょうね。
中身入り有孔虫?


by jurijuri555 | 2018-04-01 06:30 | | Comments(6)

ヤド貝採りに春の海へ

突然日中10℃を越える日が続き、急に春めいて来ました。
札幌は例年より雪が少ないせいか(?) 職場の裏庭の積雪もスッカリ融けて フキノトウが芽を出しています。
d0318386_14195170.jpg
あ、でも街中の話で 山はまだまだ真っ白ですけどね。(^_^;)

札幌市は降雪が少なかった(ドカンと大雪が降る日が少なかったので降っては融けしていたのでそう感じる)上に
除雪・排雪がメチャクチャ早くて行き届いているので(個人住宅街は別。町内会費で排雪依頼しているのでその町内の資金力による。)
幹線道路近くはほとんどストレスフリーです。

そんな春を感じる中、むらさんがガサゴソ落ち着かなくて、脱皮か???と気になるが、
気が付くとアレコレと入れ替えながら常時数個の替え貝を入れてあるのに デッカさんでさえお着替え遊びもしなくなり
最近は誰も宿替えをしていません。
これはいざという時に困りますね~・・・。と思っていたので
ここはそのまま春を求めて 南の海に貝殻採りに行くべきですね。と出掛けて来ました。

d0318386_14301182.jpg
春~♪な南東の海ですが 気温6℃風速は6-7mです。ヒーーーーーーーーー!!
又ですか。(^_^;)
お天気は良いけど 春一番・・・じゃないけど連日風が強いのですよね~。

一番初めに見つけたのは、獣骨でした。
d0318386_14344528.jpg
アザラシ系かな~。

しばらく歩いて、やっと今年初のヒタチオビを見つけました。
d0318386_14354500.jpg
結構歩いている足跡があるので もうガラス浮きとかは無いのかな~。とガッカリしていると
チビ赤玉の塊が・・・。
d0318386_14375760.jpg
これはいらね。(^_^;)

風がすごくて、ずーっと向こうまでは歩けないかもな~。
どこまでで諦めて戻ろうかなぁ・・・と ヘコたれかけていたら、
はうーーーっ!!!!!???♡
d0318386_14411847.jpg
超デッカ ヒタチオビを拾いました!!!!
コレは今までで最高かも。(ほぼ完品の殻として)
それでも20cmは切れそうです。いつかは20cmオーバーの完品を拾ってみたいです。
近くには、完品なら20cmは超えそうな殻の破片が落ちていました。きっと大物現物は居るのです。
でも・・・

干潮なので潮が引いて来ました。
d0318386_14445742.jpg
ここも沖には岩場があるので、流された貝もぶつかって割れてしまうんですよねー。
そして、あんまりフレッシュな殻は見た事がない。(中身入りとか ものすごくキレイなのとか)

なのに嬉し悲し、実はこの大ヒタチオビの中には少し中身が残っていた様で
ヤッターーー!!と写真撮った後にダラ~・・・と汁が出て来て・・・。
もーーーーーーーのすごく臭くて捨ててしまいたい衝動に襲われました。(爆)(爆)
気付かず、手袋にも汁が付いて臭いし、手も臭いし、
海水で少し洗ったけど もう「くっさ!! 激くっさー!!(泣)」とつぶやきながら 戦意喪失してUターンして戻りました。(苦笑)

帰りは向かい風で、強くて歩いても歩いても進まない感じで
臭い手袋履く気になれないけど 気温はあっても風のせいで手も冷たくて、
かなりブーたれた感じでうつむいて歩いていると(前を見て目をあけてると砂が入る)
おおっ♪
d0318386_14515057.jpg
砂に埋まったガラス浮きを1個だけ見つけました♪
沢山もってるんだけど やっぱり拾えると嬉しいです。
川口でした。

あとは、戻ったついでにスタート地点から反対側も少しだけ見ると
なんと タテゴトナシボラ だっけ?
d0318386_14535655.jpg
割れてたけど 見つけちゃいました。
あるんだー・・・。
あ、正確には、ミギマキタテゴトナシボラ か。(^_^;)

あとは、久々にヒゲマキナワボラも1つ拾って ホクホクで帰途につきました。
速攻で近くのコンビニに寄って手を洗ったけど。(爆)
 
 
本日の成果。
d0318386_15182730.jpg
イソバナみたいな形の海藻(?)の右下にあるのが、エゾオオノガイの現世の殻だと思います。
コレらの他に海獣骨(脊椎骨)が3個。(汚い(茶色)のもあったので速攻で漂白したので写っていない。)

あとは新たに海水もゲット。
ヤド殻はアヤボラが3個のみでした。デッカさんサイズ2つと小さいの1つ・・・。
ボラは沢山落ちてるんだけど、完品がほとんど無いのですよね~。
ヒタチはお気に召さないみたいだし、お好みのを探すのが難題です。トホホ


by jurijuri555 | 2018-03-30 15:43 | | Comments(4)