my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
いろいろ取りこぼし記事
at 2018-12-08 22:48
アナパキ
at 2018-12-06 16:43
冬と言えば、サメ?
at 2018-12-03 18:45
冬と言えば、ウニ
at 2018-12-01 23:50
何でもカプセル②
at 2018-11-30 10:00
最新のコメント
〆さば さん 完全に瑪..
by jurijuri555 at 03:46
私は普段さほど気にせずア..
by 〆さば at 21:47
モホロビチッチさん あ..
by jurijuri555 at 23:17
〆さばさん 何度かくっ..
by jurijuri555 at 23:10
良い大きさのパキですね~..
by モホロビチッチ at 22:26
いいユーパキ?キャナド?..
by 〆さば at 18:33
ZX9-Rさん 大きさ..
by jurijuri555 at 04:24
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:18
結構大きそうですね! こ..
by ZX9-R at 22:25
アノマロカリス、時価かよ..
by Macrowavecat at 18:55
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:鉱物( 148 )


美鉱物推進委員会①

今日はとうとう初雪が降る。と周りはおののいていましたが、
朝方は冷え込んでいましたが、日中は降雪は見れませんでした。

しかし、深夜から朝方は とうとうマイナスになる日が出る様で
来週始めには雪マークが予報に付き始めました。
いよいよ、ですかね。(^_^;)

ま、まだ根雪になる時期ではありませんが。
(と思いたい。)

寒くなると クリーニングや整理の時季にもなりますが、
ほんと貯め込み過ぎたので今季は丁度良い(しまくらなければ)時期になりました。
少しでも整理してスッキリさせなくては・・・。(滝汗)

の前に コレクターにとっては、自採出来ない分
蒐集の時季にもなる訳ですが、
そんな時のお勧めは やはり美鉱物。

美しい物をウットリと見て癒されるのも 蒐集家の楽しみです。
私からのお勧めは、やはり結晶や色の美しいフローライトやガーネット。

d0318386_15570601.jpg
大きなフローライトの塊。
パズルの様なモザイク結晶の集まりです。
メキシコ、アメリカ イリノイ州あたりが有名です。(これはメキシコ産)
大きさで言うと わりと大きな塊も出る様で、「ミネラ」にも50kg近くの石も載っていましたよね。

フローライト(ハロゲン化鉱物)と言っても 全てが蛍光する訳ではありません。
が、これはテッパンに紫に蛍光。
d0318386_15595945.jpg
所々、黄色く 又はチカチカと蛍光しています。
d0318386_16003346.jpg
何か別の不純物が入っているのでしょうね。

こちらは透明度が美しいフローライト。
d0318386_16023207.jpg
クリアーなマスカット色が魅力です。

こちらはバイカラー。
d0318386_16031828.jpg
マニアにはこんなのも魅力の1つですよね。
上記2点は中国産。
 
 
そしてこちら 超美柘榴石。
d0318386_16080330.jpg
ヘソナイト と呼ばれていますが、
正式には灰礬柘榴石。グロッシュラーです。Ca3Al2(SiO4)3
この中でオレンジ色っぽいのはヘソナイトと呼ばれる様です。
カナダでは、この様に透明で肌色~オレンジの小粒ですが透明度の良いものが良く出ます。
これもカナダ産。
d0318386_16142809.jpg
小さくても、その美しさは格別です。
キラキラ度 ハンパないですよね。(笑)
 
 
で、キラキラと言えば、貴金属もですが、
こちらはプラチナ。
d0318386_16170197.jpg
なんか歯の詰め物の様ですが・・・。(爆)
銀歯じゃなくてプラチナです。

瓶越しなのでイマイチピントが合っていないが
こちらは最後に採った砂金。
d0318386_05481271.jpg
自然金のその形や模様は、その黄金色も 何回何時間見ていても飽きないです。


宝石の様にそのまま「美しい」石を好む人もいますが、
昔からは水石(すいせき)と言って、岩石の見た目を景色に見立てたり
変った形の奇石を 眺めて楽しむと言う趣旨で好む人も多いです。
石の中の景色・・・と言うと やや化石で言うノジュール的な物も関連してきます。
こちらの方は、又の機会に。


by jurijuri555 | 2018-11-14 16:38 | 鉱物 | Comments(4)

フローライト

うーん、なかなか生活のリズムがつかめない と言うか
難しいキツイですねー。(^_^;)
たぶん慣れたら前よりは楽なんだと思いますが・・・。

青天続きでしたが、週末からは、又雨の様です。
夜中に冷えると 車の窓が凍る様になりましたよ。
タイヤ交換しました。 じゅりあです。

さてさて、ようやくそろいました。
サブコレクションのフローライト。
d0318386_12350451.jpg
ちょい一部、蛍石ではなくて、同じく蛍光するハロゲン鉱物なんかも入っていますよ。(^_^;)

蛍石(フローライト) CaF2
加熱すると発光、割れてはじける場合もある。
又、不純物として希土類元素を含むものは紫外線を照射すると紫色の蛍光を発する。
へき開が良い鉱物であり、正八面体に割れる。

そして皆さんがおっしゃる通り、広い波長域にわたって焦点距離の差のない極めて安定した光学性能が得られるとして
レンズに利用されたりもしています。お高い様ですね。

一番下、真ん中の無色透明のが、サブチーから貰った日本の有名産地の蛍石です。
その上のも同じ産地。
少し前に「ミネラ」でも蛍石拾いの事が記事になっていましたが、採ってみたいですねー。
他鉱物と共産しても出るので、道産の蛍石もいつか採集してみたいです。

丁度、前号の「ミネラ」でもフローライトの特集でしたね。
d0318386_12482682.jpg
いろんな産地の色んな色のフローライトが出ていますが、
私も もう2-3産地の欲しい蛍石があるので、
ボチボチ コレクションしたいと思います。
レンズよりは標本は安いですが、それでも産地よっては何万もするものもあり
そうホイホイとは購入出来ません。
中国産の八面体結晶にした物などは、数百円で買えますが、
同じ中国産でもクラスター標本になると すごい高い物もあります。

で本と言えば、読書の秋用の本も届きました。
d0318386_12572839.jpg
右2冊は、主にコンクリーション(ノジュール)・亀甲石、セプタリアン(方解石)・ジオード瑪瑙などの本です。
この辺は、ガーネットに続いて第二の研究(?)コレクションです。
特に目新しい物ではないですが、2冊のうちの左は子供向け。右は小さいので、持ち歩いて隙間時間に読むのには最適です。
私のコレクションも 良いのがなくて特に増えてはいません。
又いつか特集組んでブログってみたいですね。


by jurijuri555 | 2018-11-05 17:00 | 鉱物 | Comments(8)

人工鉱物

ふぁー・・・イレギュラーで先走って入れられ、本当にブラック企業並みに14時間働きましたよ。
世の企業戦士を尊敬します。(^_^;)
ま、今日から本番 新生活・・・って別に前にも何度もしていたのですけどね。
改めて異物扱いされると感じ悪いわ。(笑)
色々変えるのも役目かもしれませんが、さわらぬ神にたたりなし。
大人の対応で。ですね。
「仕事」と思えば感情入れない。スマイルスマイル・・・。
挨拶ぐらいしろよ。ちょ、ソレどーでもいいじゃん。おせーよクソカスがっ。
と思ってもアタマの中で回し蹴り入れて ニッコリ。
ウフフ・・・♡ じゅりあです。

さて、前にも書いた事かありますが、世の中には人工の鉱物が沢山あふれています。
ダイヤの人工物のキュービックジルコニア、
ルビーやサファイヤも作れます。
キレイで気に入っていれば それでも良い。
本物と言われても人工処理をしているものも多数。(カラーダイヤなど(素は本物))

の中で、自然物の見劣りが大きいものや じっさいに目に見えない(?)物など
人工的に結晶化したりしている標本も沢山あります。
その中で以前から欲しいな~と思っていた物を入手しました。
d0318386_16225370.jpg
胆礬(たんばん)です。
カルカンサイト CuSO4・5H2O

バックにも青を使ったので見づらいですね。(^_^;)
銅鉱山の坑道の天井に鍾乳石様の塊を形成したり、内壁から霜柱状の結晶が成長する と言われますが、
水によく溶け 加熱すると結晶水を失って白色粉末になる。
と書かれてますが、
d0318386_16281563.jpg
こちらはM鉱山の胆礬。
見つけた時は、キレイな水色で 欲しかったのでヤッター!!と持ち帰りましたが、
洗わなくても色が退化し ポロポロとハゲで来ます・・・。(泣)
d0318386_16294715.jpg
塊の所は 薄っすらと水色っぽく見えますかね?(汗)

とにかく、アメリカの自然の物も購入して持っていますが、
博物館に置いている様な人工のバリッとしたのが欲しくて購入しました。
 
 
こちらはシリコン。
d0318386_16321904.jpg
ケイ素 Si
説明が難しいが、いち要素で個別での実態はない???と言う言い方は間違ってるのかな?
地球の主要な構成元素の1つ。
地殻中に大量に存在するため鉱物の構成要素として重要であり、ケイ酸塩鉱物として大きなグループを形成している。
水晶 二酸化ケイ素 (SiO₂) が結晶してできた鉱物。の様にね。
あと放散虫・珪藻・シダ植物・イネ科植物などにおいて二酸化ケイ素のかたちでの骨格への利用に留まるらしいのですが、
生物とのかかわりは薄いらしい。
常温・常圧で安定な結晶構造は、ダイヤモンド構造。
電子工学上重要な元素で、
半導体部品として利用するためには高純度である必要があり、このため精製技術が盛んに研究され、
現在、ケイ素は99.9999999999999 % まで純度を高められる。
日本国内の埋蔵量は2億トンあるとされるが、アルミニウムと同様、酸化物から還元するには大量の電力を必要とするため、
金属シリコンの状態になってから輸入するのが一般的である。
と言う事で、これはそうした99.9%シリコン。

少し前に鉱物界でもブームになり、何年か前にサブチーも欲しかったんだー。とミネショで買ってた。
その時はフーン。と思ったが、改めてコレクションに追加。
 
 
と、時間の隙間に整理中にみつけたショボいノジュールから出た割れメタプラと
(丁度良い所が擦れてた)
もーりんさんから頂いたメヌイをせっかくなので少しだけ見栄え良く整えて棚へ。
整理中に単離結晶とかも出て来たので マイクロマウント用のケースも購入。
d0318386_17060971.jpg
プシルスかわゆい♡
ノジュールの真ん中に入ってて擦れていなかったら そこそこのメタプラだったのにな~。(笑)
なカス。キラキラなだけに残念っ。(泣)


by jurijuri555 | 2018-11-01 17:18 | 鉱物 | Comments(8)

ガーネット 2

毎日、雨降りですが、晴れるんですよね。(笑)
そして、又すぐ降る。
女心と秋の空、を1日で行ったり来たり×毎日 しているこの2-3日です。

そして、寒くなりました。
日中は、15℃以上にはなりますが、さすがに20℃には届かず。
夜は毎日10℃以下になるようになりました。
朝の職場では、11月中旬までにスタッドレスにしなさい。と言う社長命令が出ていました。(笑)
深夜早朝に出歩く従業員は、霜が降りたり突然雪が降ったりすると 危ないですからね。
ま、そんな職場もあと1日で退陣です。
楽しい仕事だったのですが、やはりとどめは地震ですかね。
会社自体はつぶれる訳ではありません。早朝部門がなくなるのです。
フリーダムな山行き放題の生活は終わりですかね?
明るい時間からは働きたくなかったのですが・・・。(爆) 山に行けないから。(^_^;)
久々に社畜生活に入ります。クソ

さて、それは置いといて、
タイトルに「2」と付けた様に 前々から大体まとめてはいたのですが、

更に掻き集めてまとめてケースに入れました。

d0318386_15405907.jpg
まだ入り切れないのがあるのですが・・・。
イイネ。結晶系カラフル鉱物はイイ。(笑)
それに この半分は国産品と言うのが、又イイよね。
日本にも有名な柘榴石が沢山あるのは誇らしい。

そして、これも先日書いたけど、今日はフローライトを掻き集めて・・・
あぁ、あった。見つけた~!!と大捜索。
今、とりまとめ中。

そんな事(蛍石捜索)していたら 余計な忘れ去られてホカされた鉱物も色々と出て来てため息。
どんだけあるんだ・・・。
作業が増えるばかりですが、整理整頓。がんばります。
&自分採集品も整理しなくちゃね。 の前にこっちも大捜索から始まるんだけど。
こうして来春からはスッキリと 又活動して行きたいですね。
今度からは完全に休みの日しか出られないけど。(泣)
フツーの仕事はツライ・・・。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-10-29 16:30 | 鉱物 | Comments(5)

2018 第19回札幌石の祭典 リベンジバージョン

d0318386_15374400.jpg
わかっていたけど今日から雨天の予報。
夕べから降っていたが、午前から避難警報が出るほどの大雨だった。

一瞬迷ったが、もーりんさんがいらしているのは初日だけと伺っていたので
お顔を拝見しに行きたいと思っていたので 途中まで車で行き、
そこから地下鉄で向った。
途中、低い所は海の様に雨水が溜まるぐらいの豪雨だった。

会場は、いつものテレビ塔とは違い、近隣のビルの貸室でだったが、
地下鉄の出口からのアクセスは悪くなかった。
近くの出口から出て徒歩1-2分てトコで眼の前。
丁度雨もあがり、濡れる事なくたどり着いた。
入口には大きな目印がないので地方から来た人にはわかりづらいかもしれない。
どちらの入り口からも階段で上がって2階・3階。出店も1/3-1/4と言う所か・・・。

2階、入ってすぐ、もーりんさんと文楽さんの出店があり、もーりんさんの方から見つけて頂いてお声かけ頂きました。
d0318386_15210823.jpg
お久しぶりでした。
第2版のアンモ本も売れ行き好調の様で朗報でした。
少しお話させて頂いて お客様も居たので失礼しました。
d0318386_16075841.jpg

会場の様子
d0318386_15304927.jpg
d0318386_15310568.jpg
化石は文楽さんとHさんの所しかありませんでした。
鉱物の方も 気になる物はありましたが、大手のお店はなく、こじんまりした感じ。
迷った品は何点かありましたが、見越して(出店が少ない)ネットで先に買い物もしていたので自粛。
俺ンちの鉱山の。と言う パキスタン?の方のガーネットを1つ2つ買わせて頂きましたが
自分の山のわりには直価ではないのですねー。(笑)
ま、イイでしょう。
d0318386_15365736.jpg
キレイな結晶のを選ばせて頂きました。
母岩付と 成長痕の見える本体の3点。

標本の整理中、と前回でも書きましたが、
そもそもの自分のコレクションのメインテーマからあまり離れるのは自論に添わないので
あちこちにバラけたそれらをまとめたり、その上で足りない物だけを今後の購入目標としないと
アレコレ見て欲しくなったり思いつくまま無駄買いしそうで。(^_^;)
で、ガーネットを購入したのですが。
母岩の・・・たぶんペリドット がキレイですね。パイロープ、かなりの深度から出たとお見受けします。
固体の方は、アルマンディンとスペサルティンですかね。
今回は、あちこち見てもパキスタン産の鉱物が多かったですね。

毎回、フローライトも1つ2つ買わせて頂いていましたが、
これもあちこちに置いててわからなくなったので整理中。
1つのケースにまとめて入れて、買い重ならない様にしている最中ですが、
パキスタンはピンクフローライトが有名ですが、高いですね。
直に拝見出来るのは良い点ですが、ネットの方が良い物が多くて安いです。
上手い買い分けを。(笑)

これから行かれる方は 楽しんで来て下さいね。


by jurijuri555 | 2018-10-27 17:00 | 鉱物 | Comments(4)

難しい金属鉱物

あ゛ーー。又お出掛けの機会を逃したじゅりあです。(泣)
連勤の反動か有休の多い主人に泣かされています。
と言うのは言い訳だけど。出掛ける時は無視して置いて出るし。
もう出動日数は限られているのに いまいち気分のノらない日も多い。

色々とつければ理由もあるのですが、
1つは、中でジックリと考えたり再観察したり整理したい物もあるから。
それは冬になってからゆっくり・・・とも思っていたのですが、
性格から気になったらすぐにしないと又冷めて面倒臭くなって放置になるのでねー。(^_^;)

今、又 フと気になって仕方ないのが金属鉱物。
ハフハフとついて歩いて採ってるのは良いが、実は自分でも良くわかっていない。
見てもわからない。

方鉛鉱だとか黄鉄鉱、黄銅鉱など結晶が見えて独特なのはわかりやすいが、
なんだかベタッとした塊だと 何鉱かは私には見分けはつかない。
もちろん 化石と同じで、もともとそこの鉱山から何が産出されたか。はわかるのだから
(化石だと産地の特徴(多産種)や時代で予想するよね)
そのなかから考察すればおのずと絞れるはず。
が、日本の・・・と言っても良いのかわからないが、は
ミネショや鉱物店で売ってる様な外国産のバリバリきれいな結晶を持った物と違って
ベタッと塊で出てきたり結晶が小さかったりハッキリしなくて 素人ではわかりづらい物も多い。

先日も テルル♪とか安四面銅鉱~♪とか言っても たぶんサブチーに見て貰ってるから 自信持って(?)言ってるだけで、
自分一人で見ると テルルかな?安四面銅鉱・・・かねぇ??(滝汗)て怪しいトコだろう。
この辺は慣れなのかもしれないけど。

で、慣れておこう。と言うか確認しておこう。と言う事で、ネットで資料調べたり
過去の採集品を出して確認したり・・・とやっていたのだけど そもそも もう何年も経つと
いつものごとく、アレどこにやったんだろう・・・。って事でガサガサもさもさしていた。

何がわかりづらいって、全部黒~灰色。(笑)
d0318386_17250124.jpg
華やかさがないもので、私も標本化してもその辺の隅に置きっぱで埃だらけにしていた。

安四面銅鉱にしても海外産のはシッカリと結晶があるのでわかりやすい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%9B%9B%E9%9D%A2%E9%8A%85%E9%89%B1
しかし、日本のは、こんなの。
d0318386_18262139.jpg
「金属光沢があり、黒色で、四面体結晶または塊状。」とは言うが、
結晶などわかんなくてただの割り跡。塊状だ。
どれもこれもパッと見はこんな感じ。(^_^;)
見ただけでわかる訳がない。
アレコレ、そうだと言う条件を考えるしかない。
何と共存とか・・・特異だけど私の場合は 手触りとか匂いとかも?(爆)
ヒ素硫化物とか長く触ってるとヒリヒリする。独特の匂い。
がっ、こんなのも同じ鉱山だと同じ成分を持った違う鉱物が出るから やはり違いがわからない。

成分となると同定かけるしかない。
渡辺鉱みたくね。
d0318386_17454062.jpg
見た目は安四面銅鉱に似てるらしい。
安四面銅鉱の元素式は(Cu,Fe,Zn)12Sb4S13
渡辺鉱は、Cu4(As,Sb)2S5
Asはヒ素。
Znは亜鉛、Sbはアンチモン。
まったく元素が違うが(?)輝蒼鉛鉱(Bi2S3)もS(硫黄)で硫化鉱物なのは同じなのでこんがらがる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E8%92%BC%E9%89%9B%E9%89%B1
輝蒼鉛鉱にしても外国産とか単品結晶(?)だとわかりやすいのに・・・。
テルルだと二次結晶した物が見られるので判断の手掛かりになる。
二次結晶と言う言葉をつかうと定義の説明に難しいが、簡単に言うと酸化?
硫黄の様に黄色い色が見られる事も多い。

まずは、上載画像と同じく山の手博物館の標本。
d0318386_18052637.jpg

自分標本。
d0318386_18075821.jpg
輝蒼鉛鉱。矢印の所の針状結晶があるとわかりやすい。
ビスマスと言うと、あの人工ビスマスの階段式の四角い結晶を思い浮かべるだろうが、実際は針状。
(葉片状(ようへんじょう)、薄くはげやすい構造になっている物もあるらしい。雲母みたいな感じ?)
私の中では、重晶石にからむと輝蒼鉛鉱、水晶にからむとテルル。とザックリ考えている。
d0318386_18152830.jpg
これがテルル。同じ針状結晶だが、実質のテルルは樽状結晶とも聞いた事がある。
黄色いのが俗にテルル石と呼ばれる 二酸化テルル(TeO2)か。
d0318386_18230758.jpg
d0318386_18235110.jpg
で、この2枚目の黒い所は安四面銅鉱。
これは少し角々してて結晶に見えそうな気も・・・。(^_^;)
んで、
このテルルの成分を持った物が手稲石。Cu(TeO3)・2H2O
d0318386_18292039.jpg
d0318386_18292952.jpg
これも素人が見ると藍銅鉱Cu3(CO3)2(OH)2と見分けがつかない。(^_^;)
d0318386_18364313.jpg
d0318386_18400792.jpg
Cu銅が入ってるのでどれに乗っかって来ても不思議がないから。
テルルにも孔雀石がくっついているので(上記画像)、元が手稲石だったかも(酸化した)と言っても通じる?かも。
実際、採った安四面銅鉱にも青い結晶が見えて、混合して出られると 藍銅鉱なんだか手稲石なんだか、テルルなんだか安四面銅鉱だかわからん。(苦笑)
んで、安四面銅鉱なんだか渡辺鉱なんだかもわからん。カオス・・・

針状結晶にしても、こちらも似ている。
d0318386_18545261.jpg
こっちはO市のM鉱山の硫砒銅鉱Cu3AsS4 もちろんT鉱山でも出る。

そして似た物の中にこんなのも。
d0318386_20023254.jpg
AのM鉱山の閃亜鉛鉱。(Zn,Fe)S
キツイ。キツ過ぎる。全部黒灰色。(笑)
同じ閃亜鉛鉱でも ベッコウ亜鉛になってくれればわかるんだけどね。
d0318386_20221415.jpg
鉄に乏しいとこうなるらしい。(O鉱山産)

はー。とにかく、色々と悩みつつ 次回以降の為に勉強し直し&「あの時の」採集品探し。(笑)
どこ行ったかな~。(^_^;) とだいぶゴソゴソしているうちに記憶も蘇ってきたような・・・。
バルス!!


by jurijuri555 | 2018-10-26 20:48 | 鉱物 | Comments(2)

秋のT鉱山攻め

本日も秋晴れの中、先日自分達巡検をする時間がなかったので
キレッキレで攻めるつもりで集合。

手稲石~テルル~キラッキラの安四面銅鉱~!!!!と
欲出し200%
d0318386_18032533.jpg
はいっ!!
d0318386_18035438.jpg
沢に降りて一発目に拾った石でテルル出しました!!
フフーン♪任せとけー。

と言うのはそれ切り。(苦笑)
出ない出ない、いつもの様にまったく出ない。
d0318386_18063408.jpg
坑跡。

出ないので苔観察。(笑)
d0318386_18080018.jpg
d0318386_18082271.jpg
d0318386_18085222.jpg
かなり沢山の苔があり、好きな人は眼福になるかも。

延々登って、飽きて来たのでお腹も空いたので一度上がって昼食。
d0318386_18103459.jpg
今日は久々に姐さんとE氏も参加。
新メンバーの「ガッキー」を迎えての巡検。
小さい頃から好きだった。と 今でも一人で行っちゃう筋金入りの猛者だ。

午後からは又沢攻め。
d0318386_18135570.jpg
d0318386_18143196.jpg
安四面銅鉱と方鉛鉱を採ったのみ。(^_^;)
ま、良い山歩きになりました。

テルル(Te) tellurium
d0318386_18203113.jpg
d0318386_18204893.jpg
 
方鉛鉱(PbS) galena
d0318386_18212049.jpg

安四面銅鉱((Cu,Fe,Zn)12Sb4S13) Tetrahedrite
d0318386_18254412.jpg
d0318386_18262139.jpg

そしてそして、何年通っても出んわーーーー!!!!と暴れて強奪。
手稲石(Cu(TeO3)・2H2O) Teineite
d0318386_18292039.jpg
とりあえず初志貫徹(?)。(笑)


by jurijuri555 | 2018-10-20 18:35 | 鉱物 | Comments(4)

Oパールの国からの来訪者

本日は、Oパール共和国から 金属鉱物採りたいよー。と
ピッカピカのバスで駆けつけた町民の接待で呼ばれたので、
波猫さんに支援を頼んでみんなでお迎え。

まずは博物館を見学して頂き、
d0318386_19315678.jpg
d0318386_19323799.jpg
その後に鉱山へ向かい、直接職員さんからも説明お聞きし、
d0318386_19390676.jpg
早速現場でゴソゴソ。
d0318386_19403195.jpg
露頭も見学して頂き
d0318386_19492633.jpg
秋晴れの空の下、それぞれなんらかの石をカバンに詰めてお帰りになりました。
d0318386_19552782.jpg
良かった良かった。

ま、あんま採れないので毎回ハラハラするのですが・・・。(大汗)
ついでに自分もザカザカしたが、良品はやはり見つけられず。
d0318386_19565865.jpg
重晶石

d0318386_19573088.jpg
孔雀石

d0318386_19575517.jpg
水晶

ぐらいしか見れませんでした。
が、ここでは重晶石がポイントで、ここにテルルや輝蒼鉛鉱が入って来ます。
d0318386_20384586.jpg
輝蒼鉛鉱(Bismuthinite)
Bi2S3
硫化鉱物
ビスマスと硫黄からなる鉱物。
金属光沢のある銀白または灰白色で、多くは針状の結晶を示す。他、塊状や葉片状。
輝安鉱に似るが、比重は大。斜方晶系。
ビスマスの重要な鉱石。輝ビスマス鉱。
日本では、北海道T鉱山の他、
兵庫県生野鉱山、山口県長登(ながのぼり)鉱山などでの産出例がある。


by jurijuri555 | 2018-10-13 20:57 | 鉱物 | Comments(2)

Au again

地震も・・・
と 「落ち着いて。」と書こうと思ったら 今又震度3で揺れました。

全然 収まりそうもありませんね。
今もニュースで彼岸の墓参りをしようにも 墓石が倒れたまま。とやっています。
被災した所では進まない復旧でヤキモキしている人も多いです。

ヘコむなー。
なんか遊びに出掛けるのも申し訳なく思ってしまう。

本日は、Auアゲイン。
真聖地へ。
d0318386_18324196.jpg
本日のじゅりあ鉱山。

初めは又先に行って離れた所でやってた隊長。
d0318386_18340466.jpg
もともと粉金中心なんだけど 他の場所では全然出ない。と
じゅりあ鉱山でなんとか2mmキーンが出たので
d0318386_18350567.jpg
最後は横に来て 2人分の寝湯が出来るぐらいまでやりました。
かなり疲れた割にはショボイ成果でした。
でも先日の聖地よりは良い。かな。(^_^;)
d0318386_18372783.jpg
お疲れでした。

楽しかった・・・と思う気持ちを簡単にヘコませて欲しくないわー。
地震はもうお腹いっぱい。

apogon2兄さんも大通り公園のオータムフェストお勧めしていましたが
厚真町の特産品の出店もある様です。
是非、食べに行ってあげて下さい。


by jurijuri555 | 2018-09-24 18:47 | 鉱物 | Comments(4)

Au in Fall

余震の回数も 震度も少なく小さくなり、
やはり1週間が経ち 落ち着いてくれたのだな。
と思った先に今朝は又同じぐらいの時間に震度4。(泣)

もー!!又ぁ~!!??怖い怖い怖い怖い・・・(怒)
とキレる私を見て、長男が無言で主人の部屋を開けてて・・・。(爆)
(前回、全然出て来ない主人にキレてパパパパ叫んでいたので呼び(?)に行った)
もー、ほんとヤダ!!
いい加減やめて欲しいです。(地震)

先日、隊長からも「そろそろおちついたらキーン・・・」とメールが来ていて
その時はまだ余震あるし・・・と躊躇していたんだけど
殆ど感じなくなったから。とリハビリに行きますか?と話をしていた矢先。

そのまま何とか仕事をこなして、気持ちをアゲて・・・と向かう途中に
色々と更に動揺する事があり、完全にヘコみ。
テンション ダダ下がりだったが、
私が仕事あるので先に現地に隊長に行ってもらっていたので
なんとか突貫で整えて気持ち切り替えてGO.

トラブルのおかげで予定より1時間半遅れて到着。トホホ
d0318386_21592472.jpg
秋晴れの聖地。
釣りの人も来ていました。

久々に見たゲンゴロウ?
d0318386_22003142.jpg
水面に青空も映ります。

しかし朝から始めていた隊長もかんばしくない様子・・・。
d0318386_22034918.jpg
じゅりあ鉱山も同じくで現場が定まりません。
d0318386_22050565.jpg
日が傾くまでザクザクしてみましたが芳しくないので撤収。
私は聖地で初の たった4粒と言う大不漁でした。(^_^;)
しかし、今日はリハビリ。
出掛けられた。と言うだけで外を楽しむ事が目的。

ウダウダしているうちに スッカリ秋が進み。
d0318386_22102882.jpg
黄金の畑は刈り入れを待つばかり。

日が傾き暗くなる中帰宅。
d0318386_22112712.jpg
日が落ちるのも早くなりました。

北海道のシーズンもあと一ヶ月半。
少しでも出て歩けると良いな。


by jurijuri555 | 2018-09-17 22:28 | 鉱物 | Comments(6)