my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
Au again
at 2018-09-24 18:47
アナゴー祭り
at 2018-09-21 22:54
Au in Fall
at 2018-09-17 22:28
〇〇怖い
at 2018-09-14 18:40
One ambition's..
at 2018-09-11 17:17
最新のコメント
じゅりあさん、コメントへ..
by chiyodite at 21:38
apogon2さん あ..
by jurijuri555 at 03:17
横になっていると自分のド..
by apogon2 at 22:30
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:45
fossil1129さ..
by jurijuri555 at 20:30
あれ? 川湯温泉の砂湯..
by fossil1129 at 19:36
アッシーやトリパラのコニ..
by fossil1129 at 19:35
chiyoditeさん ..
by jurijuri555 at 23:23
じゅりあさんの「カモメ..
by chiyodite at 23:03
カズキチさん こんにち..
by jurijuri555 at 13:33
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


幻のA鉱山

桜咲きました!!
d0318386_19084999.jpg
GWですね!!

「今年一発目、ドコへ行きますか?」
とサブチーに言われ、
どこでも良いですよ。と答えると
「T鉱山ズリかA鉱山跡はどうでしょう。」
と聞かれ、T鉱山ズリは前も出なかった場所だし、Aも調べてみたけど
えー・・・どっちも何も出なさそう。って究極の選択で
どちらでも良いですよ。と返すと
「A鉱山は僕もまだ行ったことないんですよねー。」
と言われたら、ではA鉱山にしましょうか。としか答えられないではないですか。(笑)
まぁ、私もバライトぐらいしかない。とは聞いていたけど まだ行った事ない場所だったので
早速♡♡たんを飛ばす。GOGO!!

桜が咲きあちこち混み出した公園近隣や水族館を抜けて A山へ。
ここは新第三紀の火山噴火口跡。
詳しくは、こちら。https://www.gsj.jp/data/chishitsunews/94_08_07.pdf
車を停めて 結構な急斜を登ると眼下には水族館周辺が見える。
d0318386_19294967.jpg
せっかくの景色だが、なんだかモヤってるのは中国からからのpm2.5だかのせい。チッ
d0318386_19301019.jpg
かなりの急坂のぼりで心臓はバクバク。
しかし、ここまででまだ半分。(泣)
d0318386_19304537.jpg
火山火口跡(もう埋もれている)を見ながら一山降りて、今度は海岸線を目指す。

山にも、カタクリやエゾエンゴサクなども咲き乱れ 春が来ていた。
d0318386_19333632.jpg
d0318386_19335635.jpg
 
ここはなんでか、ロッククライミングの聖地(?)でもある様で・・・。
d0318386_19353698.jpg
ヒーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!
てな所を普通な けもの道(じゃないけど)を降りる。
d0318386_19370201.jpg
ガレ場みたいな所。
ガレ場は地衣類の天国の様だ。
d0318386_19374614.jpg
名前はわからん。(^_^;)  本買ったのにね。テヘ
 
海岸線には当時の施設の跡が見れる。(と言っても建物は無い)
d0318386_19401024.jpg
d0318386_19402512.jpg
ナントカ楼? 竜宮殿? だかって言う 宿泊施設?があったらしい。(10回ぐらい聞いたのに忘れた)
そこに海上から来る波止場跡か?

海岸線をA鉱山(昭和12年試験操業???)跡を探す。
d0318386_19425812.jpg
かなりの酸性変質をおこしていて まともな鉱物もみられない。
d0318386_19440930.jpg
 
なんとか、バライト(重晶石)
d0318386_19450778.jpg
 
黄銅鉱質の酸化物(?)
d0318386_19463288.jpg
鱗鉄鉱 で良いのかな。キレイな虹色。
 
黄鉄鉱(小粒)
d0318386_19470555.jpg
を目にしただけ。

行ける所まで歩いたが、崩落がひどくてA鉱山跡はみつからなかった。
風化も激しいし、今後も崩落が続き危険な場所だと思われます。
d0318386_19524047.jpg
 
わずかな水晶の被膜結晶を確認したのみで、Auなどの回収は無理だろうな~。(^_^;)
晶洞に育った そこそこのバライト結晶を回収したのみで撤収。
d0318386_19551197.jpg
帰りも 又同じ道を登り降り上り下り・・・
足がガクガクになりました。
サヨナラA山。もう来ないかも。(^_^;)
d0318386_19580890.jpg
d0318386_12163620.jpg

サブチーと同意。
「ひどいリハビリ(山始め)だった。」(苦笑)
 


by jurijuri555 | 2018-04-28 20:07 | 鉱物 | Comments(8)

春爆発中~ウニ

まさに北海道の春!!
爆発的に 近所のモクレンが満開になり、敷地内の桜も午後には開きそうにプクプクに太り
眼の前のシラカバは・・・去年の穂だと思ってたのに1日で青い若葉が出て穂もピチピチに鮮やかに・・・
なぜっ!!??(滝汗)
えーと、窓にガムテで目張りしてもイイですか?(苦笑)

GWも目前ですね。
春を迎えた北海道です!!

さて、実は前回に載せるつもりだった画像を載せ忘れていたので慌てて。
d0318386_12444407.jpg
サンショウウニです。
左は金沢の大桑層の。真ん中は現世の殻。
右が、先日の北関東の四紀のウニ化石です。
かわゆい♡

がっ、三紀とかになると随分化石らしくなる(擦れたり?)のでそんなモンかとも思うけれど、
四紀のサンショウまでなんか違う。
d0318386_12472586.jpg
これが現世のサンショウの殻のアップで、管足孔は3つ。
市松模様の様な間歩帯の殻板も棘棘沢山ありますが、棘の大きさが違う様な・・・。
d0318386_12494607.jpg
上が現世、下が四紀化石です。
わかりますか? 現世は、ほぼ3つの同じぐらいの大棘が並んでいますが
四紀のは大棘の両隣は小棘ですよね。
下の口周りは変わりありません。(現世も化石も)
これがキタサンショウ(?)だからゆえなのか、進化の結果の変化なのか・・・。(^_^;)

何でもイイけどやっぱ ウニ化石かわゆい♪♪♪
 
 
これだけではつまらないので、
先日、ニポナスター第二弾をりんぞうさん経由でK様から頂いたが、
まだクリーニングしていないから載せられないけど やはり擦れ出しされていないのは
モーライのと同じで、殻は方解石化しているのか分離は悪く 堆積の仕方も化石の状態も
白亜紀と三紀も同じですね~。
これは、陸上の山のウニだって元は海で堆積したものだけど 早くに陸地化して化石になったのと
ずっと海の中に堆積して居るのでは違いが出るのでしょうかね~?

一緒に頂いてしまったキャナド玉? とエニグマたん。(両方ともクリ途中)
d0318386_13131570.jpg
キャナド4兄弟と ジャポたん?も付いてる。下に敷かれたのはネオフィロ。
すごいなー。こんなノジュールを拾えるんだもんな・・・。

私も又ガンバロ!!

クリーニングも道具が足りないので買って来ようっと!
ありがとうございました。



by jurijuri555 | 2018-04-26 14:32 | 化石 | Comments(4)

怪しいウニ講座

間違いなく、春ですね~。(笑)
日中も10℃以上の日が続き、夜間も+です。暖かくは感じないけど・・・。

しかし、目の前には去年のでしょうが、シラカバの穂(雄花)が大量にフサフサゆらゆら揺れていてゾッとすると共に
どうにも気になる体調面があり、GW前に解消するべく病院通いをしているワタクシです。(^_^;)

昨日は長年気になってる親不知を ドーンと抜いてくれ。と一見で歯医者に飛び込んだが、
(いつもの所はノラリクラリと引き伸ばし 歯は虫歯になり しょっちゅう歯茎が腫れるので)
抜けるけど(口腔外科なので)やはり残した方が良いと 虫歯の治療を始められた。
わかるんだけど、本来無い所に歯が生えてると 口腔内の小さい狭い自分は、
歯茎も頬肉も親不知に当たって(と言うか押されて?)痛いんだよねー・・・。

痛いと言えば、十二指腸辺りが痛くて、良く仕事中とかにもぶつけるから アバラかな~。とか思っていたんだけど
丁度その頃に同じ場所に湿疹が出来て痒かったのだが、それがいつまで経っても治らなくて
今度は患部の皮膚の下まで痛いんだよねー。
で、十二指腸だと思えば腰も痛いし すい臓がんか?とか気にしているうちに本当に今度は胃が痛くなっちゃって、
どこへ行って良いかわからなくて家から一番近いのが皮膚科だったので先に皮膚科に行ったが休診日で、
仕方なく内科に行くと 十二指腸は反対側です。と言われ(爆)(爆)
湿疹は帯状疱疹かも?と言われたけど 水ぶくれとかはなっていないし、
本当に痛くなった胃薬だけ貰って帰って来た。
今度は改めて皮膚科と もしかしたら助軟骨骨折かもしれないから整形?も行かなくちゃ・・・か?(苦笑)
まったく、まさに「年寄りの病院回り」をしております。(^_^;)
あちこち痛くて困りますわ。

ま、この際 気になる所は治しておくのは悪い事ではない。と開き直っています。

そんなくだらない話は置いといて、本当は先日の旅行の「おまけ」として採集化石のクリーニング後の話をしたかったのですが、
なかなか時間が取れず進んでいなくて、
関心度は低いでしょうが ビーチコ品のウニについての御話をしたいと思います。

当時、Kさんに これは何ウニ?と聞かれて 普通にバフンとアカウニだと思いましたが、
いや待てよ。キタムラサキって事も北関東なら有り得るのか。とか思い始めると ハッキリ断言出来ず、
帰宅後にルーペで見直して 管足孔の数で、やっとバフンとアカウニと確定出来た。
ここまでは前回の話。

しかし、ここで又 なんだか私の空間認識能力・・・右脳が ウーン???と納得行かない感じがしてモヤモヤ。(^_^;)
人にまでウソ教えて 自分でも間違って覚えたら気になるので、(これが胃痛の原因か?(笑))
化石のクリーニング前に ウニ殻色々引っ張り出して確認してみた。
d0318386_16552613.jpg
まずは軽く バフンウニの方。
上左が道産のエゾバフンウニ。上右が北関東の海岸で拾った物。
下2個が南方のバフンウニ。

下の様に緑色の部分が多く鮮やかなイメージがあったので 北関東のバフンを見て柄で エゾバフンにも見える・・・
と一瞬悩んでしまいました。
しかしこれは患足孔さえ見えればすぐ解決します。
d0318386_17073876.jpg
これがバフンウニの管足孔。
ほぼ横並びに間隔を開けて4つ(4組)です。

比べてエゾバフンウニは5つです。均等に並んでいます。
d0318386_17094114.jpg
これがわかれば大きさ(幼体かとか)や色柄で迷わないと思います。
現地では老眼鏡は持ち歩いていたが、ルーペを持っていなくて見えなかった。(^_^;)
 
 
やっかいなのが、キタムラサキ系。
d0318386_17114684.jpg
上の大きいのが道産のキタムラサキウニ。 左が実は道産の 北米のオオムラサキウニの幼体ではないか?と言ってた物。
右は南方のアカウニで、下が今回北関東で拾ったアカウニと言った物。

北関東のウニを キタムラサキかも。と言った理由は、
キタムラサキウニの幼体に緑の者が居る事。住んでる環境や食べ物で緑の殻の個体も居る事。
ただし、同じ浜に棘残りのウニも落ちていて、棘も緑だった事と棘の長さが短く感じた事でアカウニではないかとも思った。
棘の長さ比べをすると ここを参照して下さい。http://www.jf-ymg.or.jp/zukan/uni.htm
本州のバフンも棘は短いけど エゾバフンはもっと短くて、キタムラサキは黒くて長いんです。
ただし、長いと言ってもガンガゼみたいに長くはないし 極普通にウニって感じ。
幼体からして異常に長い訳ではないだろうけど 紫や赤紫なら考えられるが棘も緑?と思うと
(や、殻も緑なんだから当然アリなんだけど)
南方から生体で貰ったアカウニは、棘が白かったり赤かったりと個性が多く、
本州で拾えるアカウニの殻は緑なのも見た事あったので、アカウニかと結論付けてしまった。

ここでムラサキウニの事を1mmも思い浮かべなかったのは、ムラサキは管足孔が7-8個だから。
d0318386_17341035.jpg
それに ムラサキウニはナガウニ科で、オオバフンウニ科の上記達とは違うんです。
殻もバフン達もわりとシッカリしているけどムラサキはもっと丈夫な感じで、殻の表面もツヤツヤしています。
(ビーチコ品で擦れて古い物だとわかりづらいかもしれませんが)

で、モヤモヤして良く見ると
d0318386_18005142.jpg
アチャー、これら4つ共全部 管足孔が6つなのでした。(^_^;)テヘ
棘の並びも良く似てる。これは別の所で見分けるしかない。
あとは、歯(アリストテレスの提灯)の付け根 周顎骨って言うの? 殻の口の内部に残る5個の Д 型の骨の形と
生殖板で見るしかない。
同種のせいか このД骨は同じに見えたので 生殖板を並べて見た。

まずはキタムラサキ。
d0318386_18174202.jpg
テッパン的に五稜郭型(星型)ですね。
ついでに比べる為に各部の名前を覚えてしまいましょう。
d0318386_18191204.jpg
生殖孔は1つしか書いていませんが、それぞれの生殖板の穴からシューシュー卵や精子が吐き出されます。
ちなみに眼板と書かれていますが、そこがウニの目ではありません。
体全体の棘などで光などを感知している様です。
実際には眼を持たないウニだが、その視覚的能力はオウムガイやカブトガニなど眼を持つ海生の無脊柱動物に近いと言われているそうですよ。

それは置いといて、比べて行きましょう。
d0318386_18293869.jpg
こちらがアカウニ。
 
d0318386_18303839.jpg
これがちょっと暗くなって見づらいけど 北関東のウニ。
 
d0318386_18314984.jpg
これは謎のオオムラサキウニもどき。

どうですか? わかりますか?

キタムラサキウニの第二生殖板以外の生殖板の根元には、目立つ大棘の跡が1つあります。
比べてアカウニの方は、生殖板全体自体が星型と言うよりドーナツ型で、棘跡はありますが、「大棘」と言う程でもない様な・・・。
そして北関東のウニは小さいながらも星型に張っていて大棘の跡も目立ちます。
と言う事で、アカウニではなくて北関東のウニはやはりキタムラサキウニと言う事になりますね~。(たぶん)

それから謎のオオムラサキについては、生殖板全体の形は五稜郭型になっていますが、第一生殖板以外は大棘(?)跡はなく、
第二生殖板の根元はキタムラサキもアカウニも小棘跡が3列に対して 謎のオオムラサキは5個並んでいます。
ただし、小棘の数は 個体の大きさなどにもよるので、絶対な判別の決め手にはなりません。(^_^;)

あと 良く言われる判別の1つに 殻の高さもありますが、アカウニは平たい。と言われるのですが、
他のウニの中でも 殻の高さも個性があり、必ずしもの決め手にはなりません。
結局 総合的に見て行くしかないのですが、なかなか難しいものですね。(汗)

で、謎のオオムラサキウニもどきの正体はいかに。(笑)

面白いですねー!!
 
 
と言うお話でした。


by jurijuri555 | 2018-04-24 19:34 | | Comments(2)

博物館三昧旅行Ⅱ-⑤~宇宙航空研究開発機構Jaxa筑波宇宙センター

あ、昨日の地質標本館での購入お土産公開を忘れていました。(^_^;)
d0318386_11045571.jpg
私が購入したのは、まぁどれ同じ様な物なんだけど 記念に鉱物標本の本、水晶のクリアファイル、
アンモと水晶の表紙のノート(笑)、アンモ柄のミニタオルとてぬぐいです。
このタオルハンカチとてぬぐいは色んな柄があり(標本館のHPで見れます)、Kさんも浪士さんも購入されていましたよ。(笑)

昼食後は、浪士さんはお帰りになりました。
浪士さんにもステキなお土産を頂いてしまいましたよ!
朝早くから本当にありがとうございました。お世話になりました。
 
 
浪士さんと別れてからは、又Kさんにお付き合い頂いて 今度はJaxa筑波宇宙センターへ見学に行きました。

ドドーン☆
d0318386_11170581.jpg
カッケーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!

ここは「宇宙兄弟」でも出てきたシーンの構図になります。(笑)
d0318386_11183913.jpg
実は見学と言っても現役の研究センターなので、実際の施設内を見学出来る訳ではなく、
ぶっちゃけ見る所は、展示室と売店あたりしかありません。(^_^;)
事前に申し込めば、管制室を見れたり 食事や簡単な訓練体験(?)みたいのも出来る様ですが、
時間に縛られるのは予定を組むのが大変なので 残念ながらフリーで見学しただけです。

それでも展示ホールに入ると宇宙感満載。
d0318386_11232390.jpg
科博でも衛星の展示はありましたが、こちらにも沢山気象衛星から話題になった
d0318386_11241888.jpg
「はやぶさ」 とかねー。

打ち上げロケットの模型。
d0318386_11250252.jpg
なかなか宇宙開発研究?「らしい」感が満載なのですが・・・。
実は、私は 衛星とかロケット・機械にはそれほど興味はなく、
やはり鉱物関連で 惑星、星に興味があるのですよね~。(^_^;)
すいませーん。

月の石とか隕石とか惑星探査機の展示はありませんでしたー。(汗)
宇宙食の展示はありましたよ。(笑)
d0318386_11291048.jpg

国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」の中を見る事が出来ます。
d0318386_11365350.jpg
船内実験室
d0318386_11384072.jpg
ワタクシ、船外作業をしてまいりました。(爆)
d0318386_11421094.jpg
顔出し宇宙服 有ります。(笑)

他にも色々衛星の展示などがありましたが、
またまたそれより、お土産のお買い物で倍の時間を使いました。(^_^;)
小さい売店なんですけどねー。迷う~。(笑)

結局買って来たのは・・・、
d0318386_11533897.jpg
宇宙食。羊羹と宇宙グミ(宇宙乳酸菌入り。(爆)(爆))、宇宙パン。

d0318386_11552910.jpg
まぁ、お菓子類(箱・缶)と大型ガチャ風の簡易プラモ(惑星(月?)型ケース)、ピンバッチ、
ロケットBOXなんだけど、
このBOXは、
d0318386_11580960.jpg
記念切手シートとフォトカード(?) と実際の部品の一部(証明書付)が入っています。
実は、この部品は同じくガチャケースに入ってコレだけでも販売していました。
(初め そっちを買おうかと見ていたけど このまま飾れるしこちらにした。)

で、プラモの方は、全4種で2個買ったんだけど(ソコソコのお値段する)2個共まさかのカブリでした。(泣)
d0318386_12043869.jpg
中身は希望通りの物だったけど 2個はイラネ・・・。

などなど楽しんで、ここでKさんともお別れ。
本当に本当に お世話になりました!!
感謝感謝です。楽しかった~!!!!

JAXAでお別れしてからレンタカーを返却し 又成田へ。
夕方の便だったので乗り込む前に晩御飯。刀削麺(とうしょうめん)が気になり 中華に。
定刻通り帰りの便に乗り込み 無事に千歳空港へ。
d0318386_13560274.jpg
次の日には、これ又Kさんに とても重くて持ち帰れないので宅配をお願いしていた採集品が届き
(本当に何から何までお世話になりっぱなし・・・。(滝汗))
クリーニングに大わらわ。
d0318386_13585753.jpg
洗ってストーブの前で乾燥中の採集品の山。(^_^;)
d0318386_14002640.jpg
大事大事♡ ウニー♡ (1/3片の方には小さなフジツボが付いてる。(笑))

こちらはビーチコ品。
d0318386_14022397.jpg
アカウニ3個、バフンウニ3個(ルーペで管足孔を確認しアカウニと本州バフンと確定しました。)、
メダカラ(?)などの微小貝たち。
 
 
おかげさまで 本当に楽しい旅でした。
良い思い出が出来、Kさん 浪士さんには 感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。m(_ _)mフカブカー

又1つ 思い残すことが減り、心も軽やか。
これで今回の旅行記は おしまい。


by jurijuri555 | 2018-04-19 18:00 | 宇宙 | Comments(8)

博物館三昧旅行Ⅱ-④~地質標本館 その2

さてさて、地質標本館の続きです。
地質は陸上だけのものではありません。
地球上全土を表すと海底にも堆積はあるのです。
d0318386_12094065.jpg
海底と言えばチムニー鉱床。
d0318386_12113533.jpg
マンガンノジュールなんかがありますが、
d0318386_12124298.jpg
一番右。なんとメガロドンの歯が入っています。ホシーーーーーーッ!!
レアメタルどころか、レア化石ですね。

海底の白亜紀の地層岩石。
d0318386_12145732.jpg
そのうち、自家用車の様に深海艇を買える様な時代が来たら
週末は〇〇海溝の化石採集に行こうゼ!! とかなるのでしょうか。(笑)

そして海があれば山もある。
d0318386_12174053.jpg
火山弾や溶岩も鉱物です。
d0318386_12183032.jpg
各有名火山の溶岩を展示しておりました。
d0318386_12192861.jpg
出た!!パン皮状溶岩。(笑)
これは樽前のに似ていますね~。
鹿児島県硫黄島の物だそうです。
 
 
あとは、セオリーどおりに元素別鉱物の展示があったり
d0318386_12225690.jpg
d0318386_12250816.jpg
d0318386_12260847.jpg

岩石観察の紹介もあったりした後は、
d0318386_12295022.jpg
 
 
いよいよ本館のコレクションです。
鉱物コレクションの他に 時代別に代表される(?)各化石の展示もあり、圧巻でした。
d0318386_12564880.jpg
d0318386_13001980.jpg
d0318386_13014874.jpg
d0318386_12555462.jpg
d0318386_13031071.jpg
おおー、素晴らしい・・・!!
d0318386_12584253.jpg
d0318386_13050458.jpg
d0318386_13074540.jpg
d0318386_13083781.jpg
d0318386_13121093.jpg
おー、贅沢。稲倉と尾太鉱山の菱マンガンが並べてある~。
どちらもイイ標本ですね!!

そして・・・
d0318386_13144426.jpg
サブチー、ここにあったよ~!!!!(泣)
彷徨って探しても採れなかったミメット鉱。(爆)(爆)

標本館を堪能した後は、3人でファミレスに移動して 昼食を食べながら
そんなお互いの採集の武勇伝などなどをお話して楽しい時間を過ごしました。

地質標本館は、他にも色んな地層の剥ぎ取り標本が展示してあったりして、
活断層(?)を見学出来たり、本日採集した化石堆積のと同じのも見れたり 楽しかったです。
地震にあって ローム層に埋もれなくて良かったよ・・・。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-04-18 18:00 | 鉱物 | Comments(4)

博物館三昧旅行Ⅱ-③~化石採集と地質標本館 その1

2日目。

前日、不眠不休で動いていたので21時過ぎには即落ちした為、またまた3時過ぎには目が覚めてしまった。
(年寄りかっ!!  って、その通りだよ!(爆))
コンビニで買っておいたオニギリを朝食にもしゃもしゃ食べながらニュースを見ていると
いきなり北海道南東で地震警報に続き地震速報。
震度5との報道だったが、一瞬の揺れで収まって被害も無かった様なので安堵。

北海道も30年以内に大きな地震が起こる確率が高い。と言われているが
今は日本の南~東北もいつ大きな地震が起きてもおかしくない状態で
特に海岸近くの都市の壊滅状態を危ぶまれているので
いつも中部出張の時も 当たらなければ良いな~。なんて申し訳ないけれどドキドキしているし
今回も丁度起きたら津波に飲まれて関東ロームの上に堆積するな・・・。
なんて 縁起でもない事を心配していた。(^_^;)

旅行を決めた際に 少しでも時間があれば化石の採集も体験してみたら・・・と
Kさんに勧めてもらっていて、近くの簡単産地を教えて頂いていたので
時間がある・・・と言うと この早朝帯しかないんだけど、予想していた通り早くに起きたので
日の出を待ってから 自分が埋まる前に掘っておくか。(笑) とホテルを出た。

この辺・・・かな~。とキョロキョロしながらフツーの道を行くと
ちょっとした空き地に・・・ん???
d0318386_16320070.jpg
本当に 家一軒二軒建つか・・・な位の草むら空き地の土くれに白い物が見える。
降りて確認すると 貝だ~!!
d0318386_16353003.jpg
カガミガイ。
前日のうちに採集セットをお借りしていたので、チマチマその辺をほじくっていると
Kさんも駆けつけて来てくれた。

土くれを篩うとサメ歯も出るかもよ。と言われたが、水がないのでちょっと・・・。
初めは土だけ持ち帰って自宅でやろうか。とも考えたが、この土は・・・。(^_^;)
丸々ウニも採った人が居るそうですよ。とも聞いて、目標をウニにチェンジ。

Kさんもあちこち掘ってみて こっちが出そうだよ~。と教えて下さったりしたが、
丁度私の掘っていた場所が カガミガイとアカガイ(サトウガイ?)の密集ポイントで手が離せず。(笑)
d0318386_16444956.jpg
掘りながら フト見るとウニ1/3体が。(笑)
「ウニありましたよー。」と言った少し後で 又
フト見ると同じ所に ウニ完体が。
d0318386_16454631.jpg
初め下側(口)から見ていたので ブツブツの棘跡しか見えなかったからバフンかと思ったが、
サンショウウニですね。

Kさんもまだ採った事がなく、いいないいなー。と羨ましがられたが、
本当に掘っていたのは上記の画像の真ん中で、掘った土は右に出していた。
だけどウニは2回とも 左見切れてる茶色い何も触っていない場所にあったの。
もちろん無意識に崩れる穴壁の土をその上にあげていたかもしれないけど
私には土地神様に「ほれ。持ってけ。」と頂いた気になった。(笑)アリガタヤー
てな事で、ここのこの方角側がウニポイントかもよー。(^_^;)

ホクホクしていたら なんと浪士さんもスコップ肩に担いで駆けつけて下さって。

向こう側で力強く掘り出すと 大きな白ミルの密集帯で、イタヤガイも出ると呼んで下さり、
掘ってる横で強奪作戦。(爆)
d0318386_03023434.jpg

いやー、ご馳走様でした!!(爆)(爆)
しかし、ウニはラッキーでしたが、サメやカニも欲しかったですね~。
又いつか行けたら・・・。

「ちょっとだけ」。とか言いながら 結局いつものごとく夢中になり、
一応長靴とか持って行ったのに履き替えもしないで夢中になり過ぎて泥だらけに。(汗)
「お出掛け」はこれからなのに どろどろの真っ白・・・。(^_^;)

撤収後は、浪士さんも一緒に3人で つくば市の地質標本館に向いました。
 
 
d0318386_17132288.jpg
地質標本館は、メタセコイヤの立つ中にありました。
d0318386_17141418.jpg
キャー♪ ここも来たかったんだー。鉱物・・・いや、地学マニアの聖地みたいな感じ?
鉱物だけの展示ならどこでもそれなりの物はあるが、地質の事や化石まで地学すべてを網羅して詳しく展示されているのは多くは無い。
とは言え、地方の博物館等では特化してその地の地層の事や採れる物を展示しているので、採集などの時は勉強になりますが。

入口からして ドドーンと荒川鉱山の水晶の生えた岩や明廷鉱山の岩石が展示してあり、
ハァハァしてのっけから写真撮りまくっていた私の横で、淡々と浪士さんとKさんが受付とかして下さっていました。(^_^;)
なにより、ここもこの後に行くJaxaも無料で見学出来ると言うのが素晴らしいです!!!!

興奮Maxで進むと いきなりショーケース。
d0318386_17255882.jpg
d0318386_17265800.jpg
そうそう。そうだよね。
鉱物ってなんだ?って人向けに 取り掛かりやすく宝石見せてコレが鉱物で元はこんな岩石の中にあるんだよ。
って言うのが入りやすいよね。私もブログで使った手だ。(^_^;)

d0318386_17300606.jpg
隕石も岩石で鉱物だよー。とか

d0318386_17321884.jpg
化石(オキナエビスの化石~)ってなんだ?って、
d0318386_17334128.jpg
恐竜なんかも化石だよ。
d0318386_17352759.jpg
こうしてみんなの足の下の昔の地層に埋まっているんだよ。
で、地層って・・・
d0318386_17365966.jpg
ここではチバニアンを含めた近隣の堆積で説明していました。

素晴らしいですね~。
楽しい~!!!!(爆)(爆)
d0318386_03042405.jpg
つづく・・・


by jurijuri555 | 2018-04-17 18:00 | 化石 | Comments(8)

博物館三昧旅行Ⅱ-②~大洗水族館 その2

さてさて、続きです。
アクアワールド茨城県大洗水族館には、もちろんサメ以外の飼育展示があります。

d0318386_19001122.jpg
ツガルウニ。
なぜかグソクムシやヒタチオビ、コシオリエビ(?)達と仲良く暮らしています。(笑)

テズルモズル~。
d0318386_19020213.jpg
 
カブトクラゲだっけ?
d0318386_19060136.jpg
などの棘皮。
 
 
d0318386_19045558.jpg
ミドリフクサアンコウ(?)や
フウセンウオ
d0318386_19114915.jpg
ムツゴロウ(?)
d0318386_19132721.jpg
などの可愛い魚から、
デッカーーー!!なマンボウの展示まで。
d0318386_19212148.jpg
実際に近海であがったものだそうですよ。
海はスゴイな~。

そしてカイメンを宿にしちゃうヤドカリに
d0318386_19241012.jpg
ヤシガニまで。(笑)
d0318386_19244855.jpg
となりには、大きなムラサキオカヤドカリも居ました。(^_^;)
こちらのムラサキさんは、うちのデッカさんの4倍ほども大きかったです。ヒエーッ

そして、丁度 企画展の「毒ラボ」をやっていたので見ましたよ。
d0318386_19265871.jpg
 
痛そうなオニヒトデ。
d0318386_19040790.jpg
 
あら、可愛らしいスベスベマンジュウガニにも毒があるんですねぇ~。
d0318386_19281610.jpg
あとは、良く知られるエイやガンガゼも展示されていました。
 
 
そして、見学したのと同じぐらいの時間をかけて(爆) お土産店をジーーーーーックリ堪能。
(お買い物品は後で公開)
 
 
水族館を楽しんだ後は、Kさんにご案内して頂いて こちらの白亜紀層の出た海岸でビーチコ。
d0318386_19390834.jpg
よく調べもしないで行ったので 残念ながら満潮時とか。
それにこういうのは「お日柄」なので 行ったからと言って何か化石等が拾える訳ではありません。
運が良ければ、貝化石やサメ歯などが拾えるそうです。
うーんサメ歯欲しかったー。(笑)

私が拾ったのは、タカラガイ~。
d0318386_19485749.jpg
小さくて、まぁフツーの物なのでしょうが。(^_^;)
あとはウニ。
d0318386_19501535.jpg
バフンと これは何だろ。アカウニ・・・。キタムラサキの方なのかな~。(^_^;)
殻も緑色で小さくて幼殻なのか 地域性なのかわかりません。
の2種が打ち上がっていました。
(今自宅で漂白していて、なんか本州まで来てエゾバフンとキタムラサキな気がして来てガッカリ・・・?(笑))
本当は、ブンブク類が無いかな~?と思ったのですが・・・。
本州は、場所により ガラス壜とかも打ち上がるそうですが。
そうそう上手くは行きませんよね。(笑)

日が傾いてきたので撤収、散開。
Kさんと分かれ、今夜のホテルに向いました。

途中、晩御飯は何を食べようかな~。とキョロキョロしていると(素泊まりなので)
「山岡家ラーメン」は こちらにもあるけれど、
ぴゅっ飛び餃子だとか いかにも肉汁溢れていそうな、なんともそそられる看板のラーメン屋が目を引きます。(爆)
そう言えば、ケンミンショーで見た事ある様な・・・。
気になって1つの支店に立ち寄ってみました。

中はなんとも不思議な空間・・・。(なぜゲーセン?とか。(笑))
普通に札幌ラーメンとかもメニューにありましたが、ここはやはり「にんたまラーメン」。
d0318386_20044857.jpg
餃子も気になりましたが、さすがにそこまで食べられない・・・。
と思いましたが、今思えば残しても頼んで食べてみれば良かったな~と後悔。

おなかも満たされ、ニンニク臭~くなってホテルに到着しました。

いつもの様に寝るだけ。なのでビジネスホテルを予約していましたが、
予想に反して セミ(?)ダブルベッドで広くて 部屋もキレイ~♪
d0318386_20090872.jpg
ベッドの上のは水族館で買ったお土産の棘皮たちです。(爆)

そう、一番に飛びついたのは、このバフンウニクッションでしたー。(爆)(爆)
こんなのあるんだ~♡
そして、持っているのと違う柄があったのでヒトデのぬいぐるみマグネット。

あとは、Tシャツとかサメとか。(爆)
d0318386_20115892.jpg
 
海岸採集では、化石もブンブクも採れなかったけど
Kさんが、お土産~。って現世貝とかウニの化石を下さって、ホテルで少し広げて見ると
本州のヒタチオビとかその他の貝殻を沢山と なんと四紀ブンブクウニの化石が。
d0318386_21033861.jpg
ワーイ!!
スカシカシパンも今度完品が採れると良いですね。私の為に?(爆)(爆)

ほとんど寝ないで前日から動いていたので こちらもキレイなバスでシャワー浴びたら
速攻でウニクッションを抱いて撃沈しました。


by jurijuri555 | 2018-04-16 21:33 | | Comments(2)

博物館三昧旅行Ⅱ-①~大洗水族館 その1

人生の中でやってみたい事、見てみたい物を叶える終活の中の
「気になる博物館を見る」シリーズその2 として、4月13-14日で北関東方面(?)へ行ってきました。

1泊2日の中で目的は、サメ水族館の1つ 茨城の大洗水族館の見学と
つくばのJaxaと地質標本館の見学、私の好きな 海と鉱物(&化石)宇宙の全てを満喫する旅です♪

本日はその第1弾のレポートを。

1日目、朝一番の便で千歳空港をテイクオフ!!
d0318386_11460410.jpg
休暇を取る、朝一番て事で、もちろん仕事明けの不眠不休です。(^_^;)
てな事で、飛行機の中で爆睡。
アッと言う間に成田空港まで。
d0318386_11483621.jpg
見えてるのは、九十九里浜かな~?
歩いてみたかったけど、今回は立ち寄る時間なし・・・。(泣)

レンタカーに乗り換えてGOGO!!
あー、又「本州の道」だな~。(笑)と思いながら運転し 大洗水族館に到着!!
d0318386_11521278.jpg
ここではいつも貝や化石を分けて下さるKさんと待ち合わせしており、一緒に回って頂きましたー♪

ドドーン☆
d0318386_11583683.jpg
キャーーーーーッ♡
さすが大洗水族館!! いきなり入口からサメです。(笑)
食べられちゃいました。て、自分からイソイソと入ったんだけど。(爆)(爆)

そしてサメ三昧。
d0318386_12070005.jpg
コロザメ~♡
寝てる。(笑)

d0318386_12075420.jpg
上を見上げるとウバザメ?
迫力~。

そしてサメ水槽!!
d0318386_12090580.jpg
 
コバンザメも張り付いてる。(笑)
d0318386_12110731.jpg
 
他にも沢山のサメを飼育しているのですが、ショボイコンデジでは厚いガラス水槽と薄暗い中では
動くサメを上手く撮る事が 取説も読まない私には出来ません。(苦笑)
d0318386_12224857.jpg
これらの種を飼育しているようなのですが・・・。

撮れるのはジッとしているネコザメとか。(^_^;)
d0318386_12253960.jpg
ネコ可愛い♪

これは?
d0318386_12274649.jpg
 
 
シロワニの剥製。
d0318386_12284642.jpg
 
ホホジロの剥製(?)と歯。(イタチの歯も)
d0318386_12320614.jpg
 
メガロドーン!!
d0318386_12333613.jpg
 
そして、なんとなんと!!
d0318386_12351614.jpg
サメの卵を(羽化済の皮)
d0318386_12373549.jpg
触れる~!!!!!
d0318386_12383675.jpg
すごーい♪
 
 
d0318386_12392171.jpg
つづく・・・


by jurijuri555 | 2018-04-15 12:58 | | Comments(4)

Let's go・アナゴー・アルビアン展

本日青天なり。

なぜか私の駐車スペースの後ろにもフキノトウが。(^_^;)
d0318386_17545552.jpg
隣のはお菓子の「ふきのとう」。遠軽町の銘菓です。
職場には道東方面出身の方も居て、時々帰省のおみやげを頂きます。
美味しいですよ♪

さて、気が付くとボヤボヤしている場合ではなく、予定が満載でビチビチな雰囲気に・・・。
アセって慌てて所用がてら飛び出した。

用事を済ませたついでにチラと寄り道。
d0318386_17584662.jpg
ううーん。
こちら去年のほぼ同じ日の様子。
d0318386_17592992.jpg
1-2週間ぐらい今年の雪解けは遅れていますね。
札幌は、自然積雪分は無くなりました。(除雪して積み上げた所は残っている)
しかし、現地ではまだまだ道路脇にも残雪が見られました。

そんな訳で 気温は本日10℃以上はありましたので、埋まるのに気を付けながら雪上移動。
ヒーーーーッ!!!!
d0318386_18025855.jpg
絶壁かっ!!!!(滝汗)

ウニ狙いでしたが、1つも見つけられず。かなりガサガサしましたが、岩の裏に越冬中のテントウムシが居るだけ。
d0318386_18064559.jpg
ヒーヒー斜度のキツイ崖に張り付いて探しましたが何も無くて
ちょっと!!!(怒)とキレそうな所に
これで勘弁してくれませんかね。と言う感じでコロンと。
d0318386_18054548.jpg
ブウダア? かと思いましたが、後で学芸員さんに見て頂きましたら
アナゴードリセラス エニグマ Anagaudruceras aenigma
と言う事でした。(ありがとうございました。)

後は、トリゴニアを少しと ボソボソのミニアンモを見つけただけで勘弁してやりました。(笑)
d0318386_18190430.jpg
あらら、いらん所でフラッシュ焚けたり 撮ったのに空のファイルだとか言ってデータが残らなくなり
安いコンデジが不調なので買い換えたのですが、以下は慣れる為に新コンデジでの画像に代わります。(^_^;)

エニグマでごまかされて(?)渋々撤収し、本日もう1つの目的の「アルビアン展」を見て来ましたよ。
d0318386_18232136.jpg
いつもの常設展の奥の部屋。
d0318386_18235426.jpg
北海道にも白亜紀の古めの地層はあるのですが、なにせ「蝦夷地」。
カムイ(羆)の守る山の奥の奥地。
人跡未踏の所が多く そんな所を先人達が苦労して歩いて集めた
貴重な標本を展示してあります。以下、極々一部ですが・・・
d0318386_18294686.jpg
ドゥビレイセラス

d0318386_18300522.jpg
アナゴードリセラス サクヤ

d0318386_18302426.jpg
アンモノセラタイテス

d0318386_18304211.jpg
大きなアンモ。
d0318386_18305649.jpg
素晴らしい突起のハイパープゾシア。ほすぃ・・・

d0318386_18320325.jpg
そして、聞いたことも無い名のアンモ達。(^_^;)
一部、海外のアンモも展示してあります。

d0318386_18330027.jpg
こちらも素晴らしい突起のモルトニセラス。

apo兄さんの武勇伝(アルビ地歩き)も紹介されていた。
d0318386_18444319.jpg

まだまだ見どころ満載のアルビアン展は5月6日まで。
是非、お出掛けして見て下さい。



by jurijuri555 | 2018-04-10 18:59 | 化石 | Comments(12)

メンテナンスデー

寒の戻り・・・と言うのでしょうか? (まだか。(^_^;))
せっかく少し春らしくなって来たと思ったら
昨日一昨日あたりから 一応気温は+あるのですが、1℃2℃と少し寒い日が続いています。

そんな今日は、休日。(全休)
去年から調子の悪かった換気扇(バス周り)の交換を頼んでいたので その工事に合わせて
夜にシッカリ入浴タイムを取る楽しみの為に
限界まで溜まった疲れを取りに こちらもマッサージの予約を入れていたので施術してもらって来ました。

帰りは、せっかくなので もう随分使ったバス用品の買い替え。
イスと洗面器、ボディブラシを新品にし、バスマットも買い、
ボディメンテの仕上げにスタバでティーセットを購入して帰宅。
d0318386_20014331.jpg
今のフワラテ? とシナモンケーキ(?スコーン?)。

「いいですね~。」
d0318386_20032908.jpg

「おすそ分けは・・・」
d0318386_20041305.jpg
ありません。(^_^;)
逆に可愛いお姿、ゴチです!!癒されますわー。
拝みながらティータイム。

そして、ウヘウヘ見て癒されるのは・・・ウニ。
d0318386_20070955.jpg
ジャーン♪
d0318386_20073483.jpg
おおっ?
d0318386_20075643.jpg
ババーン♪
もりもりのタコノマクラ。イタリア。中新世ぐらい?(笑)テキトー

そんなユルユルの日。
あ~癒された。
ってまだだけど。
夜に焼肉食べて、ゆっくり入浴して、タップリ寝ますv(^ー^)v


by jurijuri555 | 2018-04-06 20:18 | 日常 | Comments(4)