my earth my world


自然と戯れた活動記録
by じゅりあ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
いろいろ取りこぼし記事
at 2018-12-08 22:48
アナパキ
at 2018-12-06 16:43
冬と言えば、サメ?
at 2018-12-03 18:45
冬と言えば、ウニ
at 2018-12-01 23:50
何でもカプセル②
at 2018-11-30 10:00
最新のコメント
〆さば さん 完全に瑪..
by jurijuri555 at 03:46
私は普段さほど気にせずア..
by 〆さば at 21:47
モホロビチッチさん あ..
by jurijuri555 at 23:17
〆さばさん 何度かくっ..
by jurijuri555 at 23:10
良い大きさのパキですね~..
by モホロビチッチ at 22:26
いいユーパキ?キャナド?..
by 〆さば at 18:33
ZX9-Rさん 大きさ..
by jurijuri555 at 04:24
Macrowaveca..
by jurijuri555 at 03:18
結構大きそうですね! こ..
by ZX9-R at 22:25
アノマロカリス、時価かよ..
by Macrowavecat at 18:55
フォロー中のブログ
外部リンク
記事ランキング
検索
メモ帳
ライフログ
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


ガーネット 2

毎日、雨降りですが、晴れるんですよね。(笑)
そして、又すぐ降る。
女心と秋の空、を1日で行ったり来たり×毎日 しているこの2-3日です。

そして、寒くなりました。
日中は、15℃以上にはなりますが、さすがに20℃には届かず。
夜は毎日10℃以下になるようになりました。
朝の職場では、11月中旬までにスタッドレスにしなさい。と言う社長命令が出ていました。(笑)
深夜早朝に出歩く従業員は、霜が降りたり突然雪が降ったりすると 危ないですからね。
ま、そんな職場もあと1日で退陣です。
楽しい仕事だったのですが、やはりとどめは地震ですかね。
会社自体はつぶれる訳ではありません。早朝部門がなくなるのです。
フリーダムな山行き放題の生活は終わりですかね?
明るい時間からは働きたくなかったのですが・・・。(爆) 山に行けないから。(^_^;)
久々に社畜生活に入ります。クソ

さて、それは置いといて、
タイトルに「2」と付けた様に 前々から大体まとめてはいたのですが、

更に掻き集めてまとめてケースに入れました。

d0318386_15405907.jpg
まだ入り切れないのがあるのですが・・・。
イイネ。結晶系カラフル鉱物はイイ。(笑)
それに この半分は国産品と言うのが、又イイよね。
日本にも有名な柘榴石が沢山あるのは誇らしい。

そして、これも先日書いたけど、今日はフローライトを掻き集めて・・・
あぁ、あった。見つけた~!!と大捜索。
今、とりまとめ中。

そんな事(蛍石捜索)していたら 余計な忘れ去られてホカされた鉱物も色々と出て来てため息。
どんだけあるんだ・・・。
作業が増えるばかりですが、整理整頓。がんばります。
&自分採集品も整理しなくちゃね。 の前にこっちも大捜索から始まるんだけど。
こうして来春からはスッキリと 又活動して行きたいですね。
今度からは完全に休みの日しか出られないけど。(泣)
フツーの仕事はツライ・・・。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-10-29 16:30 | 鉱物 | Comments(5)

2018 第19回札幌石の祭典 リベンジバージョン

d0318386_15374400.jpg
わかっていたけど今日から雨天の予報。
夕べから降っていたが、午前から避難警報が出るほどの大雨だった。

一瞬迷ったが、もーりんさんがいらしているのは初日だけと伺っていたので
お顔を拝見しに行きたいと思っていたので 途中まで車で行き、
そこから地下鉄で向った。
途中、低い所は海の様に雨水が溜まるぐらいの豪雨だった。

会場は、いつものテレビ塔とは違い、近隣のビルの貸室でだったが、
地下鉄の出口からのアクセスは悪くなかった。
近くの出口から出て徒歩1-2分てトコで眼の前。
丁度雨もあがり、濡れる事なくたどり着いた。
入口には大きな目印がないので地方から来た人にはわかりづらいかもしれない。
どちらの入り口からも階段で上がって2階・3階。出店も1/3-1/4と言う所か・・・。

2階、入ってすぐ、もーりんさんと文楽さんの出店があり、もーりんさんの方から見つけて頂いてお声かけ頂きました。
d0318386_15210823.jpg
お久しぶりでした。
第2版のアンモ本も売れ行き好調の様で朗報でした。
少しお話させて頂いて お客様も居たので失礼しました。
d0318386_16075841.jpg

会場の様子
d0318386_15304927.jpg
d0318386_15310568.jpg
化石は文楽さんとHさんの所しかありませんでした。
鉱物の方も 気になる物はありましたが、大手のお店はなく、こじんまりした感じ。
迷った品は何点かありましたが、見越して(出店が少ない)ネットで先に買い物もしていたので自粛。
俺ンちの鉱山の。と言う パキスタン?の方のガーネットを1つ2つ買わせて頂きましたが
自分の山のわりには直価ではないのですねー。(笑)
ま、イイでしょう。
d0318386_15365736.jpg
キレイな結晶のを選ばせて頂きました。
母岩付と 成長痕の見える本体の3点。

標本の整理中、と前回でも書きましたが、
そもそもの自分のコレクションのメインテーマからあまり離れるのは自論に添わないので
あちこちにバラけたそれらをまとめたり、その上で足りない物だけを今後の購入目標としないと
アレコレ見て欲しくなったり思いつくまま無駄買いしそうで。(^_^;)
で、ガーネットを購入したのですが。
母岩の・・・たぶんペリドット がキレイですね。パイロープ、かなりの深度から出たとお見受けします。
固体の方は、アルマンディンとスペサルティンですかね。
今回は、あちこち見てもパキスタン産の鉱物が多かったですね。

毎回、フローライトも1つ2つ買わせて頂いていましたが、
これもあちこちに置いててわからなくなったので整理中。
1つのケースにまとめて入れて、買い重ならない様にしている最中ですが、
パキスタンはピンクフローライトが有名ですが、高いですね。
直に拝見出来るのは良い点ですが、ネットの方が良い物が多くて安いです。
上手い買い分けを。(笑)

これから行かれる方は 楽しんで来て下さいね。


by jurijuri555 | 2018-10-27 17:00 | 鉱物 | Comments(4)

難しい金属鉱物

あ゛ーー。又お出掛けの機会を逃したじゅりあです。(泣)
連勤の反動か有休の多い主人に泣かされています。
と言うのは言い訳だけど。出掛ける時は無視して置いて出るし。
もう出動日数は限られているのに いまいち気分のノらない日も多い。

色々とつければ理由もあるのですが、
1つは、中でジックリと考えたり再観察したり整理したい物もあるから。
それは冬になってからゆっくり・・・とも思っていたのですが、
性格から気になったらすぐにしないと又冷めて面倒臭くなって放置になるのでねー。(^_^;)

今、又 フと気になって仕方ないのが金属鉱物。
ハフハフとついて歩いて採ってるのは良いが、実は自分でも良くわかっていない。
見てもわからない。

方鉛鉱だとか黄鉄鉱、黄銅鉱など結晶が見えて独特なのはわかりやすいが、
なんだかベタッとした塊だと 何鉱かは私には見分けはつかない。
もちろん 化石と同じで、もともとそこの鉱山から何が産出されたか。はわかるのだから
(化石だと産地の特徴(多産種)や時代で予想するよね)
そのなかから考察すればおのずと絞れるはず。
が、日本の・・・と言っても良いのかわからないが、は
ミネショや鉱物店で売ってる様な外国産のバリバリきれいな結晶を持った物と違って
ベタッと塊で出てきたり結晶が小さかったりハッキリしなくて 素人ではわかりづらい物も多い。

先日も テルル♪とか安四面銅鉱~♪とか言っても たぶんサブチーに見て貰ってるから 自信持って(?)言ってるだけで、
自分一人で見ると テルルかな?安四面銅鉱・・・かねぇ??(滝汗)て怪しいトコだろう。
この辺は慣れなのかもしれないけど。

で、慣れておこう。と言うか確認しておこう。と言う事で、ネットで資料調べたり
過去の採集品を出して確認したり・・・とやっていたのだけど そもそも もう何年も経つと
いつものごとく、アレどこにやったんだろう・・・。って事でガサガサもさもさしていた。

何がわかりづらいって、全部黒~灰色。(笑)
d0318386_17250124.jpg
華やかさがないもので、私も標本化してもその辺の隅に置きっぱで埃だらけにしていた。

安四面銅鉱にしても海外産のはシッカリと結晶があるのでわかりやすい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%9B%9B%E9%9D%A2%E9%8A%85%E9%89%B1
しかし、日本のは、こんなの。
d0318386_18262139.jpg
「金属光沢があり、黒色で、四面体結晶または塊状。」とは言うが、
結晶などわかんなくてただの割り跡。塊状だ。
どれもこれもパッと見はこんな感じ。(^_^;)
見ただけでわかる訳がない。
アレコレ、そうだと言う条件を考えるしかない。
何と共存とか・・・特異だけど私の場合は 手触りとか匂いとかも?(爆)
ヒ素硫化物とか長く触ってるとヒリヒリする。独特の匂い。
がっ、こんなのも同じ鉱山だと同じ成分を持った違う鉱物が出るから やはり違いがわからない。

成分となると同定かけるしかない。
渡辺鉱みたくね。
d0318386_17454062.jpg
見た目は安四面銅鉱に似てるらしい。
安四面銅鉱の元素式は(Cu,Fe,Zn)12Sb4S13
渡辺鉱は、Cu4(As,Sb)2S5
Asはヒ素。
Znは亜鉛、Sbはアンチモン。
まったく元素が違うが(?)輝蒼鉛鉱(Bi2S3)もS(硫黄)で硫化鉱物なのは同じなのでこんがらがる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%9D%E8%92%BC%E9%89%9B%E9%89%B1
輝蒼鉛鉱にしても外国産とか単品結晶(?)だとわかりやすいのに・・・。
テルルだと二次結晶した物が見られるので判断の手掛かりになる。
二次結晶と言う言葉をつかうと定義の説明に難しいが、簡単に言うと酸化?
硫黄の様に黄色い色が見られる事も多い。

まずは、上載画像と同じく山の手博物館の標本。
d0318386_18052637.jpg

自分標本。
d0318386_18075821.jpg
輝蒼鉛鉱。矢印の所の針状結晶があるとわかりやすい。
ビスマスと言うと、あの人工ビスマスの階段式の四角い結晶を思い浮かべるだろうが、実際は針状。
(葉片状(ようへんじょう)、薄くはげやすい構造になっている物もあるらしい。雲母みたいな感じ?)
私の中では、重晶石にからむと輝蒼鉛鉱、水晶にからむとテルル。とザックリ考えている。
d0318386_18152830.jpg
これがテルル。同じ針状結晶だが、実質のテルルは樽状結晶とも聞いた事がある。
黄色いのが俗にテルル石と呼ばれる 二酸化テルル(TeO2)か。
d0318386_18230758.jpg
d0318386_18235110.jpg
で、この2枚目の黒い所は安四面銅鉱。
これは少し角々してて結晶に見えそうな気も・・・。(^_^;)
んで、
このテルルの成分を持った物が手稲石。Cu(TeO3)・2H2O
d0318386_18292039.jpg
d0318386_18292952.jpg
これも素人が見ると藍銅鉱Cu3(CO3)2(OH)2と見分けがつかない。(^_^;)
d0318386_18364313.jpg
d0318386_18400792.jpg
Cu銅が入ってるのでどれに乗っかって来ても不思議がないから。
テルルにも孔雀石がくっついているので(上記画像)、元が手稲石だったかも(酸化した)と言っても通じる?かも。
実際、採った安四面銅鉱にも青い結晶が見えて、混合して出られると 藍銅鉱なんだか手稲石なんだか、テルルなんだか安四面銅鉱だかわからん。(苦笑)
んで、安四面銅鉱なんだか渡辺鉱なんだかもわからん。カオス・・・

針状結晶にしても、こちらも似ている。
d0318386_18545261.jpg
こっちはO市のM鉱山の硫砒銅鉱Cu3AsS4 もちろんT鉱山でも出る。

そして似た物の中にこんなのも。
d0318386_20023254.jpg
AのM鉱山の閃亜鉛鉱。(Zn,Fe)S
キツイ。キツ過ぎる。全部黒灰色。(笑)
同じ閃亜鉛鉱でも ベッコウ亜鉛になってくれればわかるんだけどね。
d0318386_20221415.jpg
鉄に乏しいとこうなるらしい。(O鉱山産)

はー。とにかく、色々と悩みつつ 次回以降の為に勉強し直し&「あの時の」採集品探し。(笑)
どこ行ったかな~。(^_^;) とだいぶゴソゴソしているうちに記憶も蘇ってきたような・・・。
バルス!!


by jurijuri555 | 2018-10-26 20:48 | 鉱物 | Comments(2)

秋のT鉱山攻め

本日も秋晴れの中、先日自分達巡検をする時間がなかったので
キレッキレで攻めるつもりで集合。

手稲石~テルル~キラッキラの安四面銅鉱~!!!!と
欲出し200%
d0318386_18032533.jpg
はいっ!!
d0318386_18035438.jpg
沢に降りて一発目に拾った石でテルル出しました!!
フフーン♪任せとけー。

と言うのはそれ切り。(苦笑)
出ない出ない、いつもの様にまったく出ない。
d0318386_18063408.jpg
坑跡。

出ないので苔観察。(笑)
d0318386_18080018.jpg
d0318386_18082271.jpg
d0318386_18085222.jpg
かなり沢山の苔があり、好きな人は眼福になるかも。

延々登って、飽きて来たのでお腹も空いたので一度上がって昼食。
d0318386_18103459.jpg
今日は久々に姐さんとE氏も参加。
新メンバーの「ガッキー」を迎えての巡検。
小さい頃から好きだった。と 今でも一人で行っちゃう筋金入りの猛者だ。

午後からは又沢攻め。
d0318386_18135570.jpg
d0318386_18143196.jpg
安四面銅鉱と方鉛鉱を採ったのみ。(^_^;)
ま、良い山歩きになりました。

テルル(Te) tellurium
d0318386_18203113.jpg
d0318386_18204893.jpg
 
方鉛鉱(PbS) galena
d0318386_18212049.jpg

安四面銅鉱((Cu,Fe,Zn)12Sb4S13) Tetrahedrite
d0318386_18254412.jpg
d0318386_18262139.jpg

そしてそして、何年通っても出んわーーーー!!!!と暴れて強奪。
手稲石(Cu(TeO3)・2H2O) Teineite
d0318386_18292039.jpg
とりあえず初志貫徹(?)。(笑)


by jurijuri555 | 2018-10-20 18:35 | 鉱物 | Comments(4)

秋のとある1日

本日も秋晴れの1日。
でも気温は低めでしたねー。
お一人様を満喫するつもりでしたが、主人が有休とかで居たので動けず。(^_^;)

どなかの真似ではありませんが、久々のデート・・・ならずランチに。
d0318386_21151665.jpg
初めはカレーの気分。と行ったのですが、なんと臨時休業。チッ
仕方なしに(?)カフェへ。
シンプル過ぎて物足りんわ。とデザートもつけて。(笑)
d0318386_21170208.jpg
秋はやはり栗ですなー。♪(栗のモンブラン)

で、ノジュール入れもドドーンと届いて、組み立てて。と頼んでいたのですが、
やっぱりひっくり返して整理する気分でもなく 後日にしてもらって、
地味に先日の現世貝とかの整理。

d0318386_21305735.jpg
ツメタガイとエゾアワビ
d0318386_21382657.jpg
ツメタの現世のフタと 化石のフタも欲しいな~。(笑) プラパイで出ないかな。
アワビの化石って出るのかな。
化石になってもキラキラしているのかなぁ?(笑)

d0318386_21502896.jpg
カキの繊細なフリルとか 二枚貝なのにクルリとした部分とか合わせの部分とか 萌えポイントが。

d0318386_21533627.jpg
ハスノハカシパン(中央)とハイイロハスノハカシパン(周りの)。
違いは、お尻の穴が真横かちょ上(表面)か。
そしてみなさんが言うように 花弁の頭の開きが、ハスノハカシパンはなんとなく開いてる。と言う感じですが
ハイイロハスノハカシパンの方はバンザイの様に開いてる。
パッと見気づきずらいかもしれないけど、花弁の模様って、二重線になってますよね。
その内側の線が、ハスノハカシパンは外側の線と同じにややカーブを描いているが、
ハイロハスノハカシパンの方は、外側の線は同じくカーブを描いていて花びらの様ですが
内側の線は、逆ハの字の様に直線的に開いている。

ウニ、ウニはイイね。
今年もブンブクチャガマとキツネブンブクを入手出来ないままで終わりそうだな。
結構落ちてると思うんだけど・・・。
来年は、拾い物旅行でも入れたいな~。



by jurijuri555 | 2018-10-19 22:40 | 日常 | Comments(0)

ブラパイ3クリ 5回目~最終回

続きまして、本日も日中 起きたら思いがけず良い天気で一瞬迷ったのですが
やはり少し出掛けるのには躊躇して お家クリーニング。

とっとと片づけてしまおうとプラパイの最終クリです。
昨日の続きで壊れたイガイとムカシオナガトリガイなどを復元。
d0318386_17303921.jpg
ま、ほぼ原形に戻りました。
殻がなくなった部分はみっともないのですがね・・・。
それでも貴重な「化石」と思えば 当然の行為かと。

え・・・四紀の貝で・・・。と思うでしょうが
「練習」ですから。(^_^;)
いつか本当に貴重なレア化石を採った時に役立つ「かも」しれない。(笑)

で、このイガイは割れたのを持ち帰ったのが2個ありまして、
もう一つの方が手ごわい上に それの部品と思ったもののなんだか違う塊が1つあったので
中の砂を崩して これ又微小貝探しをしてみました。
たかがイガイの1/4の砂です。が、
d0318386_17375126.jpg
イガイにも・・・いや、意外にも結構入ってるものですね。
なんと ブナセンターで見て あるのは知っていましたが、初めてフジツボの化石も見ました。
(その前にダイシャカに付いてるのは見たけど 単品として)
d0318386_17394545.jpg
手前のもフシツボの殻の1つでしょう。
コウダカスカシにコケムシ(?)が付いているのは クスッとしてしまいました。(笑)
重そう。
微小巻貝の中に1つ2つ初めて見るのではと思われる物もあり、
大型の物を得るのは大変でも こうした稚貝の中に新種(初めて見る種と言う意味)を見つけやすいので
やはりこう言う作業も大事です。

てな事で、もう1つイガイは残っているんだけど 少し時間がかかりそうなので
とりあえずプラパイクリはここまで。 お粗末様でした。
 
 
時間が余ったので、ゴソゴソしていたら出てきたものの
いつのどこのノジュールかわからない物を少し手を付けた。
d0318386_17445579.jpg
何で こんなの持ち帰ったんだ・・・って言うような物ばかりで
どこの物かもわからなかったんだけど、アナゴー・・・だよね?
あぁ、頼まれ物の用事で行ったついでに拾ってヘソぐらい出るか?と持って来た
チューロのか。と思い出しました。(笑)
とうとうキタかと思いました。(^_^;) (ケンボー)
しかし庭石にもならんなー。
クリーニングの練習も大事だけど いい加減ゴミは持ち帰らない様にしないと。(汗)

こんな物をするぐらいなら、と何度か手つけてはいたが ノンビリとコツコツ進めていた
Hのユーパキ出して続きをやり始めた。
こちらは出来上がりまで出さないつもりなので(笑) 画像はないのですが、
今までも色々とありまして、
今日はコンコンコンコンやっているうちに「ミシッ」とヒビが入り
!!!!!!!!!!!!(滝汗)
と 割れたかと血の気引いたら(そもそも採った時も真っ二つに割れたのを持ち帰っている)
ガッパリとズラ(殻)が外れました。
!!!!!!!!!!!!(有り得んわー)
こんな事ある~??????(号泣)

本当に フタの様にパックリ外れたので、
とりあえず干渉のない様にその周りをクリーニングしてパコッとはめて接着中。(^_^;)

うーん、そのままくっついてくれれぱ良いんだけど
クリーニング続けているうちに又剥がれそうだな~・・・。(まだ母岩が付いている状態)
今後のクリがもっと難しくなってしまった。テヘ

本当に 時代や産地や状態に合わせたクリテクは難しいものですね。
修行の日々です。


by jurijuri555 | 2018-10-16 18:16 | 化石 | Comments(8)

ブラパイ3クリ 4回目

先日のT鉱山で、初「雪虫」を見ました。
もう夜は10℃を下回る日も多くなり、家では夜にはストーブも付けないと寒くなりました。
冬ももうすぐ。あぁ、嫌だ・・・。

寒いのは嫌いな どさんこらしくないじゅりあです。

さて、プラパイのクリーニングも終了が見えて来ました。

ほとんどの貝はクリーニングも終えて、
あとはどーしようもない物を気まぐれで手をつけたりしています。

まずは、ちょっと面白いな。と思った物。
d0318386_19234865.jpg
微小巻貝の殻が割れて芯だけが残った物がありました。
これって、アレに似ているな~。と思ったら
以心伝心?
波猫さんから丁度頂きました。
「アルキメデス」 コケムシの一種ですね。(笑)
 
 
なんとかクリーニングも形になりました。
まだ雑ですが。
d0318386_19283109.jpg
ダイシャカニシキ(絶滅種) 合弁です。
左はフジツボ付き。
左右両方に付いていましたが、どっちが右、もしくは左殻なんでしょう。(^_^;)
「つ」の耳の方のはほとんど取れてしまいました。(泣)
貝自体は完品。

絶滅種の合弁を採る。と言う目標は、今回みごとに達成出来ました。
ムカシオナガトリガイの方も もう1つ採っていたのですが・・・
それは又後で。

出た砂の中から ちょっとだけ超微小貝探しをしてみました。
d0318386_19325250.jpg
こんなに小さいのも混じっています。
見逃さないで!!
と言う見本。
小さいのだと2mm程の稚貝も。
よーーーーーーく見てピンセット作戦を楽しんで。
残りは関西の子供たちに託します。

あとは、もうエセ復元師の世界。(苦笑)
d0318386_19365375.jpg
8個採ったうちの完全に 1/4~1/2崩れてしまった3個のデカ腕足さんを復元。
(殻が剥げただけでなく、中身の砂も崩れて割れてしまった物)
まぁ、こんな感じの物だったみたいだよ。
と言う、なんとなく元化石の形がわかれば良いな。と言う資料。(汗)
腕骨でも残っていれば、空にして一部分資料に使っても良いんだけど
残っていないのでねー・・・。
でも部分殻なんかも殻の構造が見れたりして面白いので
殻の欠片とかも砂に入っているから拾い出して欲しいな。

残りは本当に半贋作の世界。(笑)
d0318386_19444987.jpg
なんとか組み立てようと必死。(爆)
悪あがき。
新しく採った方が早いって・・・。なんだけど、ね。
ほぼ、部品か揃っている限りは 蘇らせてあげたい。
復元の練習にもなりますしね。(^_^;)

健闘を祈って下さい。
では。


by jurijuri555 | 2018-10-15 20:02 | 化石 | Comments(6)

Oパールの国からの来訪者

本日は、Oパール共和国から 金属鉱物採りたいよー。と
ピッカピカのバスで駆けつけた町民の接待で呼ばれたので、
波猫さんに支援を頼んでみんなでお迎え。

まずは博物館を見学して頂き、
d0318386_19315678.jpg
d0318386_19323799.jpg
その後に鉱山へ向かい、直接職員さんからも説明お聞きし、
d0318386_19390676.jpg
早速現場でゴソゴソ。
d0318386_19403195.jpg
露頭も見学して頂き
d0318386_19492633.jpg
秋晴れの空の下、それぞれなんらかの石をカバンに詰めてお帰りになりました。
d0318386_19552782.jpg
良かった良かった。

ま、あんま採れないので毎回ハラハラするのですが・・・。(大汗)
ついでに自分もザカザカしたが、良品はやはり見つけられず。
d0318386_19565865.jpg
重晶石

d0318386_19573088.jpg
孔雀石

d0318386_19575517.jpg
水晶

ぐらいしか見れませんでした。
が、ここでは重晶石がポイントで、ここにテルルや輝蒼鉛鉱が入って来ます。
d0318386_20384586.jpg
輝蒼鉛鉱(Bismuthinite)
Bi2S3
硫化鉱物
ビスマスと硫黄からなる鉱物。
金属光沢のある銀白または灰白色で、多くは針状の結晶を示す。他、塊状や葉片状。
輝安鉱に似るが、比重は大。斜方晶系。
ビスマスの重要な鉱石。輝ビスマス鉱。
日本では、北海道T鉱山の他、
兵庫県生野鉱山、山口県長登(ながのぼり)鉱山などでの産出例がある。


by jurijuri555 | 2018-10-13 20:57 | 鉱物 | Comments(2)

ブラパイ3クリ 2・3回目

先日大きな余震があってから 毎日又震度3や4で揺れています。
またまた気の落ち着かない日々・・・。

今日も起きたら良い天気。
あー・・・。と出掛けたくなりましたが、色々と考え出すと鬱な事も多く
とてもそんな気にもなれず。
ニュースでも流れた様に 地震の何週間も後から被害が出始めた。と言う事も多くて
そんなあおりも受けています。
今後の生活も不安で どうしたものか・・・。

そんな訳でと言うか そんな中で、
画像も撮りもしなかったが毎日の様にボチボチとブラパイのクリも進めていて。
まとめて「2・3回目」として出します。

とは言え、地味な汚い作業風景を見せる訳にもいかず(笑)、
今回の成果の一部をクリ終了したのを(一部は途中)載せてみますね。

ほとんど既出と言うか、もう採集している種なんだけど
より良い物を得られた。と言う成果の中から、
d0318386_19010636.jpg
エゾキンチャク(合弁)・ハイイロタマガイ・エゾチドリガイ
エゾキンチャクは毎回合弁を採っていたが、よりキレイで型の良い物が採れたので既存標本と取り替え。
ハイイロタマガイもエゾチドリガイも大き目の採れたので嬉しい。

d0318386_19035688.jpg
ハスノシカシパンとバフンウニの殻と棘。
初めて割れずに完品のカシパンを採れた。(笑)
(上のは微小貝からのオマケ。コケムシとムシロガイですね。)

d0318386_19070198.jpg
こちらが微小貝等。
ニセサンゴ・コベルトフネガイ・エゾサンショウ・エビスガイ・タマツメタガイ
ツノオリイレ・コウダカスカシ・スゲガサガイ・クチバシチョウチン・
クダマキガイ他・エゾフネガイ 等々の稚貝など

d0318386_19130281.jpg
こちらもいつものエゾワイレガイとウチムラサキ

d0318386_19142788.jpg
ホタテガイとチシマガイ
ホタテは小さ目。でも完品。これより大きいのも採ったが、縁が割れたり(割れてたり)するんですよね。
チシマガイは前回の物より大きくて良標本。

d0318386_19181751.jpg
カメホウズキチョウチン。これはダメダメ。
今回は完品はナシ。(泣) 補修物ばかり。
8個採ったうち3個は崩れ、この5個もツギハギ補修だらけで 裏は復元の跡がバリバリです。(恥)
やはり難しい・・・。
で、同種だと思うんだけど・・・丸型と長型があるのかなぁ?

d0318386_19240627.jpg
ダイシャカニシキ(絶滅種)の合弁+フジツボ。(笑)
右側のは取れてしまった。(泣)
この裏にも付いていたんだけど 全部取れてしまった。ムズカシスー!!
これはまだクリ途中。

d0318386_19275405.jpg
ムカシオナガトリガイ(絶滅種) 合弁。
これも前回この大きさの合弁を採っていたが、片貝割れ だったので、
完品が採れてウレシスー♪

そして今回の新標本、
d0318386_19303580.jpg
ナミガイか?と思ったけど、下が欠けている事を合わせて
ミルクイ Tresus keenae
ではないかと思う。(合弁です)
北海道から九州の砂地、潮間帯~水深20mほどの所に生息し、
15cm以上になる固体もあるそうです。

これは超ウレシス!!
次回は完品を採るのが目標。

3回行って、なんとなく産出種とポイント、採集の仕方、クリーニングのコツ、
が わかって来たので、今度はもっと気合入れていきたいですね。
あまり何度も行きたくもないので(産地保存や新しい物が出ないなら意味もないので)
キメに行くつもりで ノッた時に又行ってみたいです。(^_^;)


by jurijuri555 | 2018-10-09 19:52 | 化石 | Comments(4)

津波コワイ

昨日の続きです。

ヤド水も無事に採集し、次はせっかくだから近隣のどこかへ寄ろう。
と考えて ここは地味にアッツーにでも行こか。と思っていたのですが、
とりあえず流して海岸線のダートを慎重に走っている時に(先日石で腹擦って壊したので)
なんと又 緊急地震警報がビービー鳴り出して・・・。ヒーッ!!!!!????

超アセって津波が来たら怖いからヒーヒー飛ばしてガコガコと高台まで避難・・・。
慎重に走ってたのが台無し。(汗)
胆振中東部 震度5弱と言う事で自宅も心配だったが、
車に乗っていたから気付かなかっただけか 真逆の地に居て小さかったのか、揺れは感じなかった。
TVで確認しても津波の心配は無い。との事だったが、
いざと言う時に逃げるのに時間がかかるので このままこの地は退去。
アッツーも微妙なので って、ドコも危険度は同じなんだけど
フィールドが短めで車も少し高い所にも置けるコターンにした。
d0318386_20465970.jpg
川幅が極端に細くなり、凪いでる海中を覗くと
ワラワラワラワラ海ヤド天国。
d0318386_20493864.jpg
 
向こうを見れば、秋晴れの海辺でカラスからサギからウミウから
エサを狙っている様だ。
d0318386_20572883.jpg
 
疲れるので崖登りはやめて 拾い物に専念する事にしたが、
さて、コターンのノジュールって・・・???と見ても 久々過ぎて落ち物は良くわからない感じに。(^_^;)
台風の後のせいか 穿孔跡のある泥岩がいくつか打ち上げられていたので割ると
カモメガイではないのが入っている。
d0318386_21025806.jpg
カモメガイの抜けた跡?に別の貝とか生き物が住みつくって話も聞いたことあるが、
これはピッタリ埋まっているので 主だよなぁ?
ニオガイ系・・・でなくてコヅツガイ???
なんでしょねー。
d0318386_21512538.jpg
 
横にカモメガイも入っています。
d0318386_21354361.jpg

なんてごまかしていないで、ノジュール~・・・???
あ、落ちてた。
d0318386_22042435.jpg
コロンと出たネジボラが まんまで石の下に転がっていました。

で、海中を覗くと 海底岩盤に直でツノガイがハマっています。(笑)
d0318386_22150444.jpg
これらが剥がれて、打ち上がるのでしょうね~。
d0318386_22303753.jpg
今日も海中はツノガイ天国でした。
海中に長く居る方が珪化しやすいのかな~?
こういうのを調べると 隆起年度とか埋没年数とかわかるんだろうか・・・。

ま、イイや。(爆)
やっとノジュールらしき物も見て・・・
d0318386_08575136.jpg
おっ、ボラ~♪

とか、
d0318386_08582475.jpg
リュウグウハゴロモガイ。きらきら~☆

てな物をボチボチ拾いながら楽しんで 帰宅しました。
d0318386_09011700.jpg
帰りも またまたロイズ寄って~、パン買って食べながら。で
楽しいドライブでした。

しかし、胆振東部地震から1ヶ月。
まだまだ余震は続き、プラパイのクリを今日も家でしていると震度3の地震が。
(書いているのはあくまで現地の震度ですが、「うち」も同じぐらい揺れる)
総被害額は4000億円を超えるそうで、いまだに避難生活をしている人もいます。
今回も出掛ける時になにげ通ると キープアウト地域があり、
迂回すると土地がえぐれ倒れたままの家が残っており、なんとも痛ましい景色が・・・。
うちの敷地内の地割れも先日報告が入っていましたが 調査すらまだ済んでいない様で、
その後見積もりを出してから修理。となるそうです。
補修まではまだ時間がかかるみたいです。土地だけでもそうなのですから家もとなると
倒壊した方は「自宅」に戻れるのはいつになるのでしょうね・・・。
簡易修理も雪が降る前に終われば良いのですが。
(震災後すぐに修理した幹線道路などの歪みも やはり日々又悪化している様に感じます。)
日中は20℃越える日も多いけれど 夜間は10℃を下回る日も出て来て、ストーブを点ける季節になりました。
初雪が降るのも もうすぐ。
少しでも復旧に進展があり、そして大きな余震など、追加の被害もない事を願うばかりです。


by jurijuri555 | 2018-10-06 16:00 | 化石 | Comments(4)